エーデルワイス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牝4 栗毛 2014年4月17日生
調教師斉藤崇史(栗東)
馬主河原 義宏
生産者桑田フアーム
生産地浦河町
戦績 4戦[0-1-0-3]
総賞金200万円
収得賞金60万円
英字表記Edelweiss
血統 サウスヴィグラス
血統 ][ 産駒 ]
End Sweep
Darkest Star
ハナショウブ
血統 ][ 産駒 ]
マリエンバード
ショウエイミズキ
兄弟 ナイフエッジ
前走 2018/04/21 4歳以上500万下
次走予定

エーデルワイスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/04/21 京都 9 4歳以上500万下 ダ1200 16245.7311** 牝4 55.0 藤岡康太斉藤崇史480(-12)1.14.6 1.538.3⑦⑨キョウワエステル
18/04/08 阪神 6 4歳以上500万下 ダ1400 165105.6313** 牝4 55.0 岩田康誠斉藤崇史492(+4)1.25.4 1.939.4アシャカリアン
17/09/16 中山 4 3歳未勝利 ダ1200 168164.928** 牝3 53☆ 井上敏樹高木登490(-8)1.13.3 1.038.6⑦⑦ダノンイーグル
17/08/27 札幌 3 3歳未勝利 ダ1000 122236.582** 牝3 53☆ 井上敏樹高木登498(--)1.00.2 1.236.3⑨⑧デルマオフクロサン

エーデルワイスの関連ニュース

 第23回エルムステークス(12日、札幌11R、GIII、3歳上オープン国際(指)、別定、ダ1700メートル、1着本賞金3600万円 =出走14頭)横山和生騎乗で2番人気のハイランドピークが好位追走から早めに仕掛けて押し切り、重賞初制覇。横山和騎手はデビュー8年目でJRA重賞初勝利を飾った。タイム1分42秒0(重)。1馬身1/4差の2着には3番人気のドリームキラリが逃げ粘った。

 直線半ばで2着以下を引き離しても、手綱をしごき続けた。無我夢中の激励に応えたハイランドピークが押し切り、重賞初制覇。うれしいJRA重賞初制覇に、横山和騎手の顔がほころんだ。

 「馬に感謝という気持ちしかない。最後、ダサい乗り方になったんですけど、よく頑張ってくれました」

 好スタートから3番手へ。勝負どころでドリームキラリに並びかけて直線で抜け出し、1馬身1/4差の完勝だ。検量室で見守っていた弟・武史騎手と熱い抱擁。5着だった父・典弘騎手にも祝福された。「いろいろな方や馬に感謝したいです」と感慨深げ。2013年にフクノドリームで交流GIIIエーデルワイス賞を制したが、JRA重賞Vの喜びはひと味違った。

 待望のタイトルを手にした25歳の若武者はすぐに気を引き締め、「成長はしていますが、まだ足りない。それだけの期待がかかっている馬ですからね」。北の大地で花開いた大器ハイランドピークとともに、秋に向けて大きく羽ばたいていく。(山口大輝)

★12日札幌11R「エルムS」の着順&払戻金はこちら

ハイランドピーク 父トーセンブライト、母ハイランドダンス、母の父ゼンノロブロイ。青鹿毛の牡4歳。美浦・土田稔厩舎所属。北海道日高町・(有)エスティファームの生産馬で、馬主は島川隆哉氏。戦績14戦6勝。獲得賞金1億2344万2000円。重賞初勝利。エルムS土田稔調教師が1998年タイキシャーロックに次いで2勝目。横山和生騎手が初勝利。馬名は「母名の一部+山頂」。

【スパーキングLC】リエノテソーロ、GI制した舞台で復活V! 2018年7月5日(木) 20:32

 7月5日の川崎11Rで行われた第22回スパーキングレディーC(交流GIII、3歳以上オープン、牝馬、別定、ダート・左1600メートル、1着賞金=2500万円)は、吉田隼人騎手騎乗で3番人気に支持されたリエノテソーロ(牝4歳、美浦・武井亮厩舎)が道中2番手追走から4コーナー手前で先頭に立つと、直線ではオウケンビリーヴとの競り合いを制し勝利を果たした。2歳時にデビュー4連勝で交流GI・全日本2歳優駿を制した舞台で見事な復活を果たした。タイムは1分40秒8(良)。

 半馬身差の2着に1番人気のオウケンビリーヴが入線し、更に1馬身1/2差の3着に4番人気のラビットランが入った。



 スパーキングレディーCを勝ったリエノテソーロは、父Speightstown、母Akilina、母の父Langfuhrという血統。米国・Oak Bluff Stables, LLCの生産馬で、馬主は了德寺健二ホールディングス(株)。通算成績は14戦5勝。重賞は16年エーデルワイス賞(GIII)、16年全日本2歳優駿(GI)に次いで3勝目。



★【スパーキングLC】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【めざせクラシック】ヴェイズ春楽しみ 2018年2月7日(水) 05:02

 デスク 一時期と比べて、美浦の冷え込みはましだろう。

 山川 まだまだ寒いです…。U社のステテコは必須のアイテムとなっております。

 デスク 動き回った成果はあったか。

 山川 はい。きさらぎ賞で勝ち馬とハナ差の2着と好走したグローリーヴェイズは、「内容は良かったし、成長を見せてくれたと思う」と尾関調教師。次走については「様子を見て考えたい」とのことでした。

 デスク どこからでも競馬ができる強みがあるし、春のクラシックに向けて楽しみだな。千葉はどうだ。

 千葉 前走のシクラメン賞で2歳コースレコードで圧勝したオブセッションが、弥生賞(3月4日、中山、GII、芝2000メートル)に向けて1月31日に帰厩しました。「順調にきている。今週からやっていきます」と藤沢和調教師は笑顔でした。

 デスク 弥生賞は面白くなりそうだな。残り少なくなってきた新馬戦に向けた面白い馬はいないのか。

 千葉 サトノユニゾンは母が交流GIIIエーデルワイス賞の勝ち馬で、2月25日か3月3日の中山ダ1200メートルを目指しています。「母が短距離重賞を勝っているし、スピードのある血統で楽しみ」と古賀慎調教師は期待していました。

 デスク 栗東の様子も教えてくれ。

 斉藤 無傷の3連勝で阪神JFを制したラッキーライラックが3日、放牧先のノーザンファームしがらきから帰厩しました。松永幹調教師は「510キロ近くある(前走は484キロ)し、全体的に大きくなりました」と成長を感じています。今後は始動戦のチューリップ賞(3月3日、阪神、GII、芝1600メートル)に向けて、調整が進められます。

 デスク 大一番に向けて、面白くなるな。きさらぎ賞で1番人気で9着と敗れたダノンマジェスティの情報はあるか。

 斉藤 この後は放牧をはさんで大寒桜賞(3月24日、中京、500万下、芝2200メートル)に向かいます。レースで左に張る面を見せていましたし、音無調教師は「左回りを使いたい」と話していました。内田騎手とのコンビで巻き返しを狙います。

[もっと見る]

エーデルワイスの関連コラム

関連コラムはありません。

エーデルワイスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 96ビュー コメント 0 ナイス 3

JRA唯一の2勝馬に死角あり!
ここは高配当GETのチャンスか?
_______________

お知らせするのを忘れていました(''◇'')ゞ。


今週のダートグレードは、全日本2歳優駿の前哨戦、兵庫ジュニアグランプリ。2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、過去10年で地方馬が5勝2着10回と優勢。次のG3・北海道2歳優駿も地方馬が4勝2着4回と中央馬とほぼ五分五分。(2008 年~2017年終了現在) しかし、3度目の兵庫ジュニアグランプリとなると、過去10年で地方馬が3勝2着3回と中央馬との逆転現象が起こります。

なぜ、このタイミングで逆転現象が起こるのかというと、JRAでは秋になるとダートの500万下が行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからです。キャリアを何戦も積んで大きな上積みが見込めない地方馬と、キャリアの浅い時点で2勝した中央馬の対戦図式になれば、後者に軍配が上がることがほとんど。競走馬はデビューしてから5戦目くらいまではレースに慣れて大きな上昇を見せるものだからです。


続きは、こちら!
→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9637


予想は、こちら!
→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?race_id=2017112127180110&user_id=3100000007

 山崎エリカ 2017年10月31日(火) 02:59
北海道2歳優駿の予想
閲覧 274ビュー コメント 3 ナイス 18

プラタナス賞の勝ち馬不在
ここは門別勢が優勢か?
____________

2歳最初のG3・エーデルワイス賞は、デビュー時期が早く、キャリアが豊富な地方(門別)勢が断然有利であることを説明しました。そして、今年も門別勢がワン、ツー、スリーを決めました。しかし、第2戦目の北海道2歳優駿となると中央勢がやや優勢となってきます。JRAでは秋になるとダートの500万下が行われるようになり、中央勢もある程度のキャリアを積むことが出来るからです。

よって、門別のオープン上位馬vs中央の500万下上位馬の対戦図式で競われることがほとんど。そうなると優勢なのは…


続きは、こちら!
→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9531


予想は、こちら!
→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2017103136150110


私事ですが、10年くらい前からプロフィールの写真を変えていなかったので、写真を変えてみました(^▽^)/。

[もっと見る]

 シャルロット 2017年10月13日(金) 22:45
エーデルワイス賞回顧
閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 0

エーデルワイス賞狙っていたラインギャラントは出遅れて前に追いつけませんでした笑
走りを見るからにダートが悪いわけではなさそうですので
次人気落とすなら買いです。
もうここまで推すと私が個人的に好きなだけかもしれないですね笑
ただ本当に狙えるとは思います!

[もっと見る]

⇒もっと見る

エーデルワイスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エーデルワイスの写真

投稿写真はありません。

エーデルワイスの厩舎情報 VIP

2018年4月21日4歳以上500万下11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エーデルワイスの取材メモ VIP

2017年9月16日 3歳未勝利 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。