アイダホ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
アイダホ
写真一覧
抹消  鹿毛 2013年3月14日生
調教師A.オブライエン(アイルランド)
馬主M.テイバー,D.スミス&J.マグニア夫人
生産者
生産地
戦績 1戦[0-0-0-1]
総賞金3,000万円
収得賞金0万円
英字表記Idaho
血統 (No Data) (No Data)
(No Data)
(No Data) (No Data)
(No Data)
兄弟
前走 2017/11/26 ジャパンカップ G1
次走予定

アイダホの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/26 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 17714101.2105** 牡4 57.0 R.ムーアA.オブラ480(--)2.24.7 1.035.1⑭⑭⑭⑬シュヴァルグラン

アイダホの関連ニュース

 ◆内田騎手(マカヒキ4着) 「4コーナーで、外に持ち出したときに(横の)2頭に寄ってしまった。いい形でレースさせたいと思っていたんだけど…」

 ◆ムーア騎手(アイダホ5着) 「今までで一番いいレースができた。どこかでペースが落ち着いてくれればよかったが、結果には満足している」

 ◆岩田騎手(レインボーライン6着) 「ダッシュがつかなくてああいう形(最後方)。直線もよく伸びてくれた」

 ◆C・デムーロ騎手(ソウルスターリング7着) 「道中で力んでいた。力みのロスで(早めに)手応えがなくなった」

 ◆池添騎手(ヤマカツエース8着) 「外枠で内に入るまでに時間がかかった」

 ◆ミナリク騎手(ギニョール9着) 「いい形で進められたが、最後は伸び切れなかった」

 ◆福永騎手(シャケトラ11着) 「やりたい競馬はできて、4コーナーでも手応えはあったが、伸び切れなかった」

 ◆田辺騎手(サウンズオブアース12着) 「(脚を)ためる競馬をしたが、4コーナーでの反応はひと息だった」

 ◆パリッシュ騎手(ブームタイム12着) 「他馬が速くてタフなレースになった」

 ◆戸崎騎手(ラストインパクト14着) 「内で脚をためたかったが、外枠で外を回らされた。枠順が大きかった」

 ◆ポルク騎手(イキートス15着) 「スタートで挟まれていい位置が取れなかった」

 ◆橋口師(ワンアンドオンリー16着) 「ジョッキー(横山典騎手)の判断で前々の競馬。悔いはないです」

 ◆柴山騎手(ディサイファ17着) 「道中はリズムよく走れたが、後続が来ると耳を絞っていた」



★26日東京11R「ジャパンC」の着順&払戻金はこちら

【ジャパンC】キタサンブラックが1番人気/前日最終オッズ 2017年11月25日() 18:06

 日曜東京のメインは、世界の強豪馬が集うジャパンC(26日、GI、芝2400メートル)。年内2戦で引退が決まっているキタサンブラックが注目を集めるも、天皇賞・秋で僅差の2着だったサトノクラウン、今年の日本ダービーを制した3歳馬のレイデオロにも大きな期待がかかっており、前日最終オッズは三つ巴の様相となっている。



枠番-馬番 馬名       単勝オッズ1- 1 シュヴァルグラン   19.81- 2 レイデオロ       3.42- 3 ギニョール      56.72- 4 キタサンブラック    2.33- 5 サウンズオブアース 101.93- 6 イキートス     103.54- 7 ディサイファ    358.64- 8 ソウルスターリング  10.85- 9 レインボーライン   48.95-10 ブームタイム    258.76-11 マカヒキ       12.36-12 サトノクラウン     5.67-13 シャケトラ      37.97-14 アイダホ       75.58-15 ワンアンドオンリー 184.68-16 ヤマカツエース    91.88-17 ラストインパクト  215.5



ジャパンCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ジャパンC】外国馬の前日調整~東京競馬場2017年11月25日() 09:26

 ジャパンカップ(11月26日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)に出走予定の外国馬4頭、イキートス(独)、ギニョール(独)、ブームタイム(豪)、アイダホ(愛)は、レース前日の11月25日(土)に、東京競馬場でのダクやキャンター、あるいは国際厩舎での引き運動などで調整した。

 各陣営のコメントは以下のとおり。

イキートス(牡5歳、独・H.グリューシェル厩舎)】

 国際厩舎内で引き運動。

〈ヤニナ・レーゼ調教助手〉

「今朝は引き運動にとどめましたが、馬の状態はとても良いです。レースに向けて準備万端で、万全の状態で臨めると思います」

【ギミョール(牡5歳、独・J.カルヴァロ厩舎】

 芝コースでキャンター1周。

〈ジャンピエール・カルヴァロ調教師〉

「フレッシュな状態を維持するために、今朝は芝でキャンターをしました。馬はとても落ち着いていて、状態はとても良いです」

ブームタイム(牡6歳、豪・D.ヘイズ厩舎)】

 ダートコースでキャンター1周と1/4。

〈デヴィッド・ヘイズ馬主兼調教師〉

「今朝はリラックスさせるための軽い運動だけでしたが、馬は非常に落ち着いています。日本馬も強敵ぞろいであることは承知していますが、これまでの調整も順調に進んでいるので、良いレースをしてくれると信じています」

アイダホ(牡4歳、愛・A.オブライエン厩舎)】

 ダートコースをダク半周(右回り)、キャンター3/4周(左回り)。

〈トーマス・コマフォード調教助手〉

「昨日と同様に、コースに出る前に装鞍所やパドックを30分歩いてきました。馬は日に日に落ち着いてきています。環境に慣れており、調教での動きも良化しているので、非常に満足しています」

ジャパンCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ジャパンC】最新ナマ情報2017年11月25日() 05:03

◆疲れもなく順調〔1〕シュヴァルグラン

 昨年3着馬は坂路を4ハロン63秒0-15秒7で駆け上がった。「疲れもなくいい感じですよ。前走はある程度余裕残しもあった。枠もいいし、キタサン(ブラック)や外国馬の出方を見ながらレースができれば」と友道調教師はまとめた。

◆仕上がりに自信〔3〕ギニョール

 逃げてGI連勝中のドイツ馬は、東京競馬場の芝コースをキャンターで1周。この日も強い負荷をかけることはなかったが「前回のレースから間隔も短いし、日曜に白井で強めの運動をしている。すごく状態はいいし、ピリッとしてきた」とカルヴァロ調教師は仕上がりに自信を見せた。

◆気合乗ってきた〔4〕キタサンブラック

 GI7勝目を狙う昨年の覇者は、4ハロン63秒9-16秒6で登坂したあと、ゲート練習。清水久調教師は「ゲートにいくとやっぱり違いますね。気持ちが入っているなという感じでした。馬が競馬だとわかっていますね」と頼もしそうに話した。

◆藤岡師デキ強調〔5〕サウンズオブアース

 調教後馬体重が前走時から10キロ増の510キロだったが「前走が減っていたからね(12キロ減)。プラスになるだろうね」と藤岡調教師。むしろ好材料とみてよさそうだ。「追い切ったあとも硬さはみられないし、いい状態」と万全を強調した。

◆昨年より手応え〔6〕イキートス

 2年連続の参戦となるドイツの末脚自慢は、東京競馬場のダートコースで3ハロン45秒0-12秒7。「前回のレースから間隔があまりないので、ちょっとだけ強めに。去年(7着)と比べて感触がいいし、本当に良くなっている。東京に来ても自分の家にいるような感じで落ち着いているよ」とグリューシェル調教師は目を細めた。

◆引き続き好気配〔7〕ディサイファ

 坂路1本→南Wコースでキャンター調整。天皇賞・秋(7着)から中3週になるが、「追い切りの後もいい感じ。枠も(〔4〕枠(7)番なら)悪くないし、いつでも変わらないのが、この馬のいいところだね」と矢崎厩務員は好気配を伝える。

◆昨年6着の雪辱〔9〕レインボーライン

 天皇賞・秋3着馬は、Pコースを1周した。若松厩務員は「いつも通りです。順調にきています。いつも一生懸命に走ってくれますからね」と目を細めた。3歳で挑戦した昨年は6着だったが、成長した姿を見せられるか。

◆「気分が前面に」〔10〕ブームタイム

 2走前にGI初制覇をを果たした豪州馬は、東京競馬場の芝コースを1周。パリッシュ騎手を背に7ハロン95秒7、3ハロン39秒8-13秒5を馬なりでマークした。「末脚を伸ばす感じで1ハロン14秒程度。すごく前に行きたいという気分が前面に出ていた。これが日曜のレースでも出てくれれば」とヘイズ調教師は期待を込めた。

◆有力馬見ながら〔11〕マカヒキ

 角馬場で体をほぐした後、CWコースで態勢を整えた。友道調教師は「前走、あの馬場(不良)でもしまいはしっかりきているし、ダービーの頃の雰囲気に戻ってきた。有力馬が内にいるし、それを見ながら行ってくれれば」と話した。

◆「体絞れ素軽く」〔13〕シャケトラ

 坂路を4ハロン63秒0-14秒6で登坂した。「順調にきています。体もしっかり絞れてきて、素軽くなっている。右回りとか左回りとかは関係ない。使った効果はあるし、しまいを生かしたい」と角居調教師は意気込んだ。

◆仕上がり太鼓判〔14〕アイダホ

 3カ国でGI6勝のハイランドリールの全弟は、前日同様、東京競馬場の装鞍所、パドックを見せてからダートコース入り。1ハロン15秒前後のキャンターでラスト1ハロン14秒7をマークした。「動きは満足のいくもの。体温がすぐに上がる馬だが、リラックスして汗はかいていない」とコマフォード助手は順調な仕上がりに胸を張った。

◆行きっぷりよし〔15〕ワンアンドオンリー

 坂路を4ハロン60秒7-14秒4で駆け上がった。「行きっぷりもいい感じですし、だいぶ気持ちも乗ってきています。あとはジョッキーがうまく乗ってくれると思うし、中団くらいでスッと内に入れれば」と橋口調教師は見通しを口にした。

◆馬体重増もOK〔16〕ヤマカツエース

 CWコースを1周し、体をほぐした。調教後の馬体重が前走から22キロ増だったが「輸送でそれぐらい減るからね。カイバは(輸送車の中でも)食べるみたいなんだけど。前走と同じぐらいで出られそう」と池添兼調教師は説明した。

◆大外でも前向き〔17〕ラストインパクト

 坂路で4ハロン64秒0-15秒2をマークして土曜の輸送に備えた。角居調教師は「リフレッシュ放牧から帰厩して、順調にきています。体重も維持できている。枠は仕方がないし、結果(一昨年2着)が出ているコースなので」と前向きに語った。



★ジャパンCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東西現場記者走る】アイダホ本気度疑問 2017年11月24日(金) 05:02

 GI連載『東西現場記者走る』でジャパンC出走馬に密着する東京サンスポの板津雄志記者(38)は、栗東トレセンから東京競馬場へ移動。4日目は芝コースで追い切りを行ったアイダホをはじめ、外国馬4頭をチェックした。動き、陣営の声を通じて勝負気配を感じたのはどの馬か-。

 外国馬取材へ向かった木曜の東京競馬場は、あいにくの雨。それでもGI6勝ハイランドリールの全弟アイダホが芝で追い切るということで、4コーナーの外ラチ沿いにある小屋からじっくり観察した。

 だが、はっきり言うとピンと来ない。重馬場の芝で7ハロン94秒9、3ハロン40秒0-13秒2。フットワークの伸びはまずまずでもスピード感がもうひとつで、良馬場で切れる脚を使えるイメージはわかなかった。

 英GI“キングジョージ”3着の実績は光るものの、近走成績は今ひとつ。6月から7戦目という使い詰めで遠征も多く、大きな上積みは見込めない。日本にいるムーア騎手が追い切りに乗りに来なかった点で、本気度にも疑問符がつく。

 ドイツのギニョールは地元GI連勝の勢いは認めないといけない。今年のバーデン大賞を勝っており、JC優勝なら200万ドルのボーナス(2着40万ドル、3着は25万ドル)が出る。やる気満々だろう。ただ、今年の勝利は全て逃げ切りにもかかわらず、カルヴァロ調教師は「ドイツの競馬と違って日本はテンポが速い。4、5番手くらいで行ければ」と先手争いには自信がなさそう。逃げ馬は自分の形が取れないともろいもの。〔2〕枠(3)番を引いたとはいえ、強くは推せなくなった。

 豪州馬ブームタイムも調教の印象は特に強調できない。コーフィールドCは、ハンデ52キロでの勝利。57キロでは苦しい。

 外国馬で選ぶなら、ドイツのイキートスだ。相変わらず調教では頭を振るなど気難しさを出しているが、この日のダートでのキャンターはきびきびとして軽快。グリューシェル調教師も「すごくいい状態。長旅の影響は出ていないと確信している。シーズンごとに成長しているし、昨年よりいい走りを期待」と色気たっぷりだ。

 その昨年は、後方からメンバー2位タイの上がり3ハロン34秒4をマークして0秒6差の7着。展開次第で馬券圏内に食い込むだけの可能性を秘めている。



ジャパンCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ジャパンC】外国馬の調教状況~23日・東京競馬場 2017年11月23日(木) 18:15

 ジャパンカップ(11月26日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)に出走予定のイキートス(独)、ギニョール(独)、ブームタイム(豪)、アイダホ(愛)は23日(木)、東京競馬場でのダクやキャンター、あるいは国際厩舎での引き運動などで調整した。

 各陣営のコメントは以下のとおり。

イキートス(牡5歳、独・H.グリューシェル厩舎)】〈ヴェルナー・ゲルホルト馬主代表〉「2年連続で出走できてうれしいです。昨年は優勝馬から0秒6差(7着)だったので、今年もいい成績を収めたいと思っています。昨年はヨーロッパから来た馬の中で最先着だったので、今年も同様の成績を収められたらうれしいです」

〈ハンスユルゲン・グリューシェル調教師〉「ドイツを出発してから10日ぶりに見ましたが、馬の状態の良さに驚いています。旅の疲れや影響は全く感じられません。レースでは、もともと先行するタイプではないので、後方から他馬の様子を見ながら進めるつもりです。天候や馬場状態は気にしない馬ですので、期待しています。レースに出るたびに成長しており、今年は昨年よりいい走りをしたいと思っています。枠順は中央寄りがいいです」(〔3〕枠(6)番に決定)

[もっと見る]

⇒もっと見る

アイダホの関連コラム

閲覧 2,705ビュー コメント 0 ナイス 5



東京芝2400m左回りで行われるジャパンカップ
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■レースの特徴■
直線を迎えるとすぐに急坂があり、そのまま長い直線のため瞬発力と持続力を同時に求められるコース。
内をロスなく立ち回ってどれだけスタミナを温存出来るかが鍵となります。
なので内を通りやすい内枠の馬が有利と言えるでしょう。
またどの馬も内を回りたいということもあり、1コーナーまでの距離がそれなりにある東京2400mではメンバー次第でいつも以上に前半のペースがキツくなる可能性があります。
普段キツい逃げに耐えられる馬でも、この舞台で逃げ馬複数の場合は割り引いて考えた方が良さそうです。
レアな状況だった昨年とは異なり、今年は例年通り前走天皇賞(秋)組が多くなかなか穴馬にはありつけないかと思うところですが、前走はこれまた何とも珍しい超道悪の天皇賞(秋)。
このレースを入念に分析することで妙味を得られるとみて間違いないはずです。
馬券とは別に最高獲得賞金更新が掛かっているキタサンブラックや、まだ底が見えないレイデオロと注目する点が多く、かなり楽しめるレースとなるのではないでしょうか。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


■前走の分析■

アイダホ
●前走カナディアンインターナショナル G1 4着 (経由1頭)
直線で内にササってしまい進路変更をするロス。
ムーアの剛腕で追われるも1番人気を裏切る形となった。
時計の掛かる馬場でそれなりに活躍しているが、実は3走前に高速馬場のアメリカ競馬も走っている。
結果は1番人気を裏切り惨敗で、この事から日本競馬への適性はないと言えるだろう。
ここは軽視が妥当。

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月24日(金) 22:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017ジャパンカップ
閲覧 1,754ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回からはシンプルに前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。
尚、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください


◇賞金順◇

サトノクラウン(B)
久しぶりの中3週での競馬になりますが、間隔が詰まっていることもあるのかいつもは併せ馬で行われている1週前追い切りが単走で行われています。前走道悪で疲れが心配なところもありますがレースでは内枠でロスなく走っていますし、疲れがあれば1週前追い切りで無理に時計を出すこともないと思いますので、それほど心配することもないと思います。

サウンズオブアース(D)
今回は1週前に一杯に追われて前走よりは上積みがありそうですが、良い頃のように毎週長めから一杯に追われて好時計を出してくることがなくなってきています。年齢的なものなのか、状態面でのことなのか勢いは感じられません。

ソウルスターリング(B)
この馬は桜花賞天皇賞(秋)と道悪に泣かされている感じで運が味方してくれていないところがあるように思います。中2週だった前走も、かなりハードに追われていて状態面で悪いところはなかったと思いますので馬場がすべてだと思います。前走時にかなり仕上げた感じなのでこの中間はさすがに単走で軽めの調整ですが、状態はキープできていそうなので、良馬場でのこの馬の本来の力を見せてもらいたいものです。

ラストインパクト(E)
間隔も空いて前走時よりも少し良くなった感じがしますが、2年前2着に来た時とは別馬のようになってしまっているので年齢的にそこまで期待するのは厳しそう。

マカヒキ(A)
これまではゆったりしたローテーションで使われてきた馬ですが、今年の秋は毎日王冠天皇賞(秋)ジャパンカップと中2週、中3週でレースに出走できていて、馬がしっかりしてきたということだと思います。休み明けの毎日王冠時にはかなり入念乗り込んでいながら馬体を減らすことはなかったですし、前走の天皇賞(秋)ではプラス体重での出走。そして道悪の競馬のあとで疲れが残っていそうなこの中間ですが、9日には坂路でそこそこの時計を出し始めて、1週前にはCWで長めから単走馬なりではあるもののかなり良い時計が出ていました。走りを見ても使われるごとに良くなってきているように思いますので、昨年のダービー馬の復活は近いかもしれません。

ヤマカツエース(C)
昨年よりもしっかり乗り込まれての出走だった前走でしたが、パドックでもやや集中力を欠くところも見られましたし雨の中での競馬と馬場状態がモロに影響してしまったように思います。この中間は1週前に池添騎手騎乗でCWを単走で追い切られているので状態面での不安は特にないと思いますが、本質的に1800mから2000mが向く馬だと思いますので、スタミナ勝負になった時の2400mでは伸びきれないような気がします。

ディサイファ(C)
札幌記念の追い切りを目の前で見た時には今年の秋はかなり厳しい戦いになるのではないかと思った馬。実際、札幌記念から12着、6着、7着と物足りない競馬が続いています。追い切りの動きに関して言えば緩やかながら良くなっているようには感じますが、年齢的にここでガラッと変わるということはなさそうです。

シャケトラ(B)
前走時の追い切りは明らかに太いといった感じで、抜群に良かった宝塚記念とは別馬と言ってもいいくらいまだ仕上り途上だったと思います。この中間は4日には坂路で時計を出し始めて8日にはCWを長めから3頭併せで速い時計。1週前にも福永騎手騎乗で、こちらもCWを長めから3頭併せで一杯に追われており、前走の疲れどころか天皇賞(秋)も調教代わりで使っていたといってもいいくらい乗り込まれています。今回は坂路での時計も出ているので前走のようなことはないと思いますが、どこまで良くなっているかは最終追い切りを見ての判断になります。

ワンアンドオンリー(E)
毎日王冠の時に少し良いところを見せてくれるかとも思いましたが見せ場なく。前走も道悪が影響したとしても走らなすぎで、この中間も横山典騎手が栗東まで追い切りに乗りに行っていますが、ここまでくるとさすがに走りそうな理由も見つからず。

レインボーライン(D)
前走はロスなく走らせた好騎乗と道悪適性が重なりあれだけ走れたのではないかと思います。ただ乗り込み量は少なかったですしこの中間も乗り込み量は少なく今回もということはないと思います。


◇外国招待馬◇

アイダホ(アイルランド)119ポンド 
オブライエン厩舎でR・ムーア騎手が5戦騎乗経験あるが勝ち鞍なし。ガリレオ産駒もジャパンカップでは実績がなく、データ的に厳しい。

イキートス(ドイツ)118ポンド 
昨年出走し、直線末脚のあるところを見せたものの長くいい脚を使うというよりは一瞬の脚が良い馬。府中の長い直線は脚の使いどころが難しいので、仕掛けるタイミングがうまくハマらないと厳しい。

ギニョール(ドイツ)119ポンド   
強力な逃げ馬という印象はなく、強力な先行馬の揃う日本馬相手では厳しい。

ブームタイム(オーストラリア)112ポンド
久しぶりのオーストラリアからの参戦も、ジョッキーが日本での騎乗経験がなく今週の騎乗予定もジャパンカップのみと不安材料多い。


キタサンブラックレイデオロシュヴァルグランについてはシューナカコラムにてコメントしていますので、そちらをご覧ください。



◇先週の15日、浜松市内のショッピングセンターで武豊騎手のトークショーが行われました。調教中の落馬の影響で騎乗を取りやめた翌週ということもあり、開催されるのかどうかという不安もありましたが無事開催されました。静岡県にはJRA関係の施設はエクセル浜松しかなく、なかなか競馬関係のイベントが行われること自体少ないのですが、調教の合間の水曜日の夕方という忙しい時間にこのイベントのためだけに関西から浜松まで来てくれて、静岡県の競馬ファンの一人としてとても感謝しております。地味な活動ではあると思いますが、競馬場が近くにない地域ではなかなか会うことのできない方ですから影響力は大きいでしょうし、新たな競馬ファンの開拓や眠っている競馬ファンを起こすことにもつながる活動だと思います。今後も日本全国まだまだ競馬が普及していない地域はたくさんあるので、ぜひ続けていってほしいと思っています。ちなみにこのイベントには仕事の終わる時間の関係で間に合わなかったのですが、帰りの浜松駅には間に合い忙しい中武豊騎手にはサインをして頂きました。今週はキタサンブラック騎乗で全国からとても注目されることになると思いますので、新しい競馬ファンを引き寄せるような良いレースを期待しています。
そして、その前日土曜日にはウマニティ主催の『第3回競馬好き飲み会』が行われます。今回は地方競馬のジョッキーや競馬関係の方々の参加も多いようなので前回参加された方もされていない方も是非参加して頂きたいと思います。私も地味に参加していますので会場では気軽に声をかけていただければ幸いです、お待ちしていますヽ(^o^)丿
それではまた、次回阪神ジュベナイルフィリーズ編でお会いしましょう。


ジャパンカップ出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年11月24日(金) 17:30 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】~2017ジャパンカップ~
閲覧 2,414ビュー コメント 0 ナイス 8



ジャパンCは強い馬が勝つというのは昔の常識。
今は、立ち回りひとつで勝ち負けになる!

__________________________


 先週、このコラムでマイルCSは“チャンスボール”と綴りましたが、しっかりと的中できてホッとしています。勝ち馬ペルシアンナイトは大外枠で出脚が悪いなか、外を諦めて後方の内を選択。直線でも詰まらずに馬群を捌いたM・デムーロ騎手の騎乗ぶりは、本当に素晴らしいものがありました。これが木幡兄弟だったら(マイルCS同日の福島最終を始め、ひど過ぎるので名指し(;''∀''))、ただ大外を回して2着か3着。あるいは直線で詰まりまくって馬券に絡めていなかった可能性さえあります。


■2017秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=9354


 私の考える一流騎手の条件とは、直線で詰まることが少ない騎手。直線で詰まらないようにするためには、どの馬の直後につけるかなど、各馬の動きを読み切る予測力と瞬間的に馬を動かせる技術が必要となります。知力と技術、さらにギャンブルな騎乗をせざるを得ない状況のなかでも、一番リスクの少ない騎乗を選択できる騎手は超一流でしょう。超一流の条件を満たしている現役騎手で、パッと出てくるのは、R・デットーリ騎手とM・デムーロ騎手くらい。

 しかし、最近のM・デムーロ騎手は、騎乗以上にすごいと思うことがあります。それはマイルCSではレッドファルクスを捨ててペルシアンナイトを選択するなど、馬の取捨選択が恐ろしく上手いこと。マイルCSの前哨戦・富士Sで何度か馬場のいい外に出せるタイミングがあったのに、それをやり過ごして馬場の悪い内側に入れて5着に失速したあたりから、M・デムーロ騎手はマイルCSペルシアンナイトに騎乗するに違いないと思っていましたが、本当にそうしました。

 今週もたぶん、天皇賞(秋)でぶっ放したサトノクラウンは捨てて、シュヴァルグランを選択してくると見ていたのですが、物事は順風満帆にはいかないようで、ジャパンCではサトノクラウンに騎乗することに。M・デムーロ騎手自身は、シュヴァルグランに乗りたかったようですが、サトノクラウンに乗る予定だったムーア騎手が、アイダホに乗らなければならなくなったため(オブライエン厩舎の主戦騎手のため)、それまでの堀厩舎への恩義からサトノクラウンに騎乗することになった模様。

 私の予想スタイルは、前走で展開に恵まれて自己ベスト、あるいはそれに準ずる高指数を叩き出した馬というのは、その他の条件が最高だったとしても、基本的に買わないのが予想スタイル。不発率がとても高いからです。3歳馬ならば今年の菊花賞ミッキースワローのように、成長力を加味してヒモに加える場合もありますが、少なからずとも本命にすることはありません。

 そういった観点から、前走の天皇賞(秋)で昨年の香港ヴァーズと同等の高指数を叩き出したサトノクラウンは、ジャパンCでは有馬記念と似たような結果になると見ているのですが…。果たして、M・デムーロ騎手は、「オークスのアドマイヤミヤビからG1レース10回連続3着以内」と騒がれる中で、記録を続行することが出来るのでしょうか? それとも注目度が高い中で、記録が途切れるのでしょうか? 個人的には近年、面白くなくなってきているジャパンCの見物のひとつです。

 面白くなくなってきているジャパンC――。ジャパンCを面白くなくしているのは、やはり一流外国馬の不在でしょう。そんなジャパンCを自ら盛り上げようと、ほぼ毎年、外国馬の調教を見に行っていますが、陣営から飛び出す本音が、シングスピールのように日本で種牡馬入りを目指す目的があるならまだしも、「自国が競馬シ―ズン終わりでレースを使うところがないから」とか「香港へ向けての叩き台」という馬ばかり。

 今年、本気でジャパンCを狙いに来ていたのは・・・

[もっと見る]

2017年11月22日(水) 15:00 覆面ドクター・英
ジャパンカップ・2017
閲覧 2,827ビュー コメント 0 ナイス 12

マイルCS観るとやっぱりG1はミルコを買っていればいいんですね、先週の発言撤回します(笑)ミルコ&ハービンジャー旋風すごいですね。ミルコはサトノクラウンなのか他なのか、嫌でも注目せざるをえないですね。ハービンジャー産駒はトーセンバジルだけです。
昔は外国馬が圧倒的に強くてシンボリルドルフ後の6年間外国馬にやられっぱなしで、日本馬トウカイテイオー(しかもシンボリルドルフの仔)が勝ったら感動したくらいで、この10年くらいは外国馬は瞬発力勝負についてこられず用無しという状況だったが、今年は雨が多く、超高速馬場でないので外国馬もチャンスありそうで馬券的には面白く、かつ難しい。

思い出としては1993年のセン馬の先駆者レガシーワールドが、大学の非公認サークル競馬部の1年目として各学年教室に掲示した競馬新聞でひとりだけ◎打って12.5倍ついたし、1番人気のコタシャーン相手でも馬連34倍もついて(馬単あったらかなりついたはず)、誇らしかったのですが、あれから25年近く経ったのが信じられないし、競馬やめちゃった人が大半で残念な限りです。負けが混むと続けられなくなるだけに、なんとか続けてこられて幸せです。昔(学生時代)は馬連2点とかで、指数が行き渡っていなかっただけに簡単に勝てて、回転寿司とかに行けたんですが、最近は厳しくなりました。時々WIN5で帯封の大勝ちしても住宅ローンの口座に入れるだけで夢がないからかもしれません(笑)

恒例の1週前の全頭診断へ。

キタサンブラック:出遅れた秋の天皇賞はやらかしたかと思ったが、他の騎手が内をぽっかり開けているところを縫って4角でもう先頭に立つ勢い。騎手も巧かったが、馬も悪そうな内をめげずに走って立派(ただあんなに内を避ける他の騎手のボーンヘッドにも思えるが)。距離は、このくらいあった方が、逃げなくても途中先頭など様々な対応可能で当然有力。

サトノクラウン:香港でG1を勝ってからは今年は宝塚記念勝ちと秋の天皇賞2着と結果出しており、適距離のここも当然好勝負。スローからの瞬発力勝負となると分が悪いが、JCはある程度流れるのでやれるのでは。ここを勝って種牡馬入りすれば非SS系だけにSS系繁殖牝馬につけ放題で、明るい未来が待っている。

レイデオロ:ダービー勝ちは多分に恵まれたかなあと思っていたが、神戸新聞杯完勝で6戦5勝とした。しかも倒したキセキ菊花賞を制したことからも実力は本物。あとはレベルが低いと言われている(個人的には特にそうでもないと思っているが)世代だけに、古馬の壁に当たってもおかしくない状況で人気次第か。

シャケトラ:今春の天皇賞・春で3番人気9着、宝塚記念2番人気4着と期待ほど走れていないが、前走15着はマンハッタンカフェ産駒苦手の道悪だっただけに今回適度に人気落としてくれれば。

シュヴァルグラン:瞬発力が無いだけに逃げた福永騎手の判断はそう悪くなかった(ただ福永騎手は滅多に逃げないように逃げ得意ではない)と思うが、大魔神との仲違いの原因ともいわれているとか。そろそろやれてもおかしくないが……。

レインボーライン:昨秋の菊花賞以来、久々に馬券に絡んだ前走の秋の天皇賞3着だが、極端な馬場だっただけに、道悪で再度激走があるかどうか程度では。

ソウルスターリングオークス勝ちの舞台ではあるが、この秋は人気より走れておらず、斤量や距離はいいのだろうがまだ人気先行気味になりそうで妙味はあまりない。

マカヒキ:ダービー馬だが今年は1勝もできていない伸び悩みの近況で、本来得意距離であろう前走の秋の天皇賞は道悪でノーカウントにしても、あまり期待できない。

サウンズオブアース:堅実派が前走で大敗したが、不利があったのも事実。ただ札幌記念にしても迫力が無くなってきた感じがあり、田辺騎手だと思い切った騎乗は楽しみではあるが、難しいか。

トーセンバジル:ほとんど覚えている人は居ないだろうが、実は昨年3連勝した後にJCに参戦していて12番人気11着。どう考えても無茶に思えたが、強い相手にぶつけつつ、阪神大賞典3着、京都大賞典2着などじわじわ力をつけてきている。今秋大旋風のハービンジャー産駒でもありスタミナ向きの流れになったら一発あるか。

ヤマカツエース:昨年有馬記念で4着したように距離をこなせる素地あり、前走の道悪大敗で人気を落とすようなら、得意の左回りで距離さえどうにかこなせば食い込みがあるのでは。

タンタアレグリアオールカマー3着、今年1月のAJCC勝ちと実績は中山寄りだが、青葉賞2着もあり、スタミナを問われた流れになった時の穴候補か。

ディサイファ:8歳秋で前走の天皇賞・秋で7着。と言っても後方から、レースが終わったころに前を交わしたというだけで、7着賞金ゲットは立派だがここで期待できる内容ではない。

ラストインパクト:2年前のJCで2着したが、さすがに7歳秋で衰えてきており厳しい。

ワンアンドオンリー:3年半前にダービーを勝ったのが人生(馬生?)のピークで、その次の神戸新聞杯を勝ったあとは3年間みじめな状態。ハンカチ王子的な状況だが前走惨敗は道悪で気持ちが萎えたか。着順は悪いが指数的にはひどくは衰えてはおらず、今度はダート挑戦などを見てみたい。

ここからは外国馬~今年の雨多めの馬場状態からしても、例年よりやれる可能性十分で無視は禁物。

アイダホ:ガリレオ×デインヒルのいかにもな欧州王道配合で有馬記念ならやれそうだが、JCの東京の長い直線は向かなそう。ただ、オブライエン厩舎&ムーア騎手で世界トップレベルのタッグだけにどうにかしてしまうかも。

イキートス:レベルは高くはないがドイツ国内で好走して凱旋門賞(日本と正反対の適性)で凡走しており、昨年のJCで外国馬最先着の7着でキタサンブラックとは0.6秒差でやれておかしくない。

ギニョールロジユニヴァースの母父として知られるCape Cross産駒で母父モンズンでもあり道悪要員か。60kg背負って2400mを連勝中で激走あってもおかしくないが。

ブームタイム:デインヒル×スニペッツで前走メルボルンCで惨敗しているがコーフィールドC(2400m)を勝っているように、ステイヤーというより中距離馬なのだろう。今年の馬場ならやれてもいいのでは。


<まとめ>
有力馬:キタサンブラックサトノクラウン

穴で:トーセンバジルヤマカツエース、外国馬4頭

[もっと見る]

アイダホの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

アイダホの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アイダホの写真

アイダホ

アイダホの厩舎情報 VIP

2017年11月26日ジャパンカップ G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アイダホの取材メモ VIP

2017年11月26日 ジャパンカップ G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。