アグレアーブル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  青鹿毛 2013年2月12日生
調教師斎藤誠(美浦)
馬主有限会社 シルクレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績13戦[3-2-3-5]
総賞金4,295万円
収得賞金950万円
英字表記Agreable
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
プリティカリーナ
血統 ][ 産駒 ]
Seeking the Gold
Ile de France
兄弟 エクレアスパークルアンタラジー
前走 2019/03/16 4歳以上1000万下
次走予定

アグレアーブルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/16 中山 8 4歳以上1000万下 芝2000 8222.813** 牝6 55.0 岩田康誠斎藤誠500(-2)2.02.6 0.435.4ハナレイムーン
19/02/17 東京 8 4歳以上1000万下 芝2000 9885.243** 牝6 55.0 岩田康誠斎藤誠502(+4)2.01.0 0.134.4ファストアプローチ
18/10/08 東京 9 山中湖特別 1000万下 芝1800 10776.234** 牝5 55.0 吉田隼人斎藤誠498(+6)1.48.6 0.333.0⑥⑦⑧イストワールファム
18/07/29 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 111113.267** 牝5 55.0 J.モレイ斎藤誠492(-12)1.47.4 1.235.3⑤⑥④⑦ディアドラ
18/07/08 函館 12 かもめ島特別 1000万下 芝1800 8883.023** 牝5 55.0 岩田康誠斎藤誠504(+4)1.51.0 0.335.7⑤⑥ティーエスクライ
18/06/16 函館 12 遊楽部特別 500万下 芝1800 10111.911** 牝5 55.0 C.ルメー斎藤誠500(-2)1.48.1 -0.234.8フライングレディ
18/04/22 東京 7 4歳以上500万下 芝2000 157122.912** 牝5 55.0 大野拓弥斎藤誠502(0)2.00.9 0.233.8⑦⑦⑧ハギノアレス
18/04/01 中山 8 4歳以上500万下 芝2000 13696.732** 牝5 55.0 大野拓弥斎藤誠502(+10)2.01.2 0.034.7④④⑤④キャリアベスト
16/07/03 函館 7 3歳以上500万下 芝2000 12674.221** 牝3 52.0 岩田康誠斎藤誠492(+6)2.01.7 -0.135.3⑨⑨⑨⑦ジャポニカーラ
16/05/21 東京 9 カーネーショ 500万下 芝1800 10111.916** 牝3 54.0 福永祐一斎藤誠486(-6)1.48.2 0.433.4クィーンズベスト
16/04/24 東京 11 フローラS G2 芝2000 18248.156** 牝3 54.0 岩田康誠斎藤誠492(+4)2.00.5 0.835.2⑭⑬⑩チェッキーノ
15/11/23 東京 11 東スポ2歳S G3 芝1800 11225.237** 牝2 54.0 岩田康誠斎藤誠488(+2)1.50.1 0.634.0④④スマートオーディン
15/10/17 東京 5 2歳新馬 芝1800 12331.811** 牝2 54.0 岩田康誠斎藤誠486(--)1.53.2 -0.233.8⑨⑧⑧キングオブアームズ

アグレアーブルの関連ニュース

 ◆国分恭騎手(アンドリエッテ5着) 「手応えが良くなかったので、直線は外に出さずに内を狙ったが、前があかなかった」

 ◆四位騎手(エテルナミノル6着) 「本当は馬の後ろにつけたかったけど大外枠は厳しい。ただ、2戦ともゲートを出たのは収穫」

 ◆モレイラ騎手(アグレアーブル7着) 「もっと前のポジションが欲しかったが、ラチを気にしたので無理に行かなかった。自己条件なら違うはず」



 ◆藤岡康騎手(ハッピーユニバンス8着) 「スタートしていいポジションが取れず、流れ込むような形になってしまった」

 ◆吉田隼騎手(ツヅミモン9着) 「勝負どころで後ろから来られて、前の馬には厳しい展開だった。距離も少し長いかも」

 ◆北村友騎手(リバティハイツ10着) 「休み明けでいつもより気が入っていたし、この距離やコーナー4つの競馬に戸惑っていた」

 ◆竹之下騎手(ティーエスクライ11着) 「小細工なしにある程度のペースで。この相手でよく頑張ってくれた」



★29日札幌11R「クイーンS」の着順&払戻金はこちら

【クイーンステークス】有名人の予想に乗ろう!(爆笑・田中ほか)2018年7月29日() 10:43

※当欄では日曜日に開催されるクイーンステークスについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。




【田中裕二(爆笑問題)】
◎③トーセンビクトリー
○②ソウルスターリング
▲⑨ディアドラ
△⑤フロンテアクイーン
△⑥リバティハイツ
△⑧アンドリエッテ
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
③→②⑤⑥⑧⑨

【徳光和夫】
3連単ボックス
アグレアーブル
ツヅミモン
ディアドラ

【安田和博(デンジャラス)】
◎①アグレアーブル
○⑥リバティハイツ
▲③トーセンビクトリー
△②ソウルスターリング
△⑤フロンテアクイーン
△⑨ディアドラ

【土屋伸之(ナイツ)】
◎④ツヅミモン
○①アグレアーブル
▲②ソウルスターリング
△⑤フロンテアクイーン
△⑨ディアドラ
△⑩ハッピーユニバンス

【土井よしお(ワンダラーズ)】
◎②ソウルスターリング
○⑤フロンテアクイーン
▲⑧アンドリエッテ
△③トーセンビクトリー
△⑨ディアドラ
△⑪エテルナミノル

【天童なこ】
◎②ソウルスターリング



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【クイーンステークス】U指数的考察2018年7月29日() 10:16

クイーンステークスの近年の傾向をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2013年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
基本的に指数上位を信頼できるレース。直近5年で2着連対した10頭のうち8頭が指数5位以内。優勝馬は例外なく該当する。

1位→②ソウルスターリング
2位→⑪エテルナミノル
3位→③トーセンビクトリー
4位→⑤フロンテアクイーン
5位→⑩ハッピーユニバンス

<ポイント②>
指数1~3位馬が揃って複勝圏を逃した年はゼロ。なかでも斤量55キロ以下の馬に絞ると、【3.2.3.5】のハイパフォーマンス。

指数1~3位かつ斤量55キロ以下

トーセンビクトリー
エテルナミノル

<ポイント③>
馬券に絡んだ馬の最低指数は92.1。これを下回る馬は、評価を一枚割り引いたほうがいいかもしれない。

指数92.0以下

アグレアーブル
ツヅミモン
リバティハイツ
ティーエスクライ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【クイーンステークス】斬って捨てる!2018年7月29日() 10:07

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、過去のクイーンステークスの結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走G1出走かつ今回の斤量56キロ以上の馬は3着以内ゼロの大不振(2008年以降)

ソウルスターリング

前走で1000万下戦に出走していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

アグレアーブル
ティーエスクライ

【人気】
単勝オッズ帯15.0~19.9倍の連対例はなし(1998年以降)
※9時30分現在の15.0~19.9倍

アンドリエッテ
エテルナミノル

【脚質】
前走で重賞勝利あるいはG1に出走していた馬を除き、前走4角2番手以内で通過していた馬の好走例は皆無(2008年以降)

トーセンビクトリー
ティーエスクライ
エテルナミノル

【枠順】
馬番5番枠と7番枠の好走例はゼロ(函館開催を除く、2008年以降)

フロンテアクイーン
ティーエスクライ

【血統】
父ナスルーラ系で当日3番人気以下の好走例はゼロ(2008年以降)
※9時30分現在の3番人気以下かつ、父ナスルーラ系

ハッピーユニバンス


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
ツヅミモン
リバティハイツ
ディアドラ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【クイーンステークス】取捨即断!血統アナリシス2018年7月28日() 17:00

日曜日に行われるクイーンステークスの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。 予想の際にお役立てください。


アグレアーブル
当該コースと好相性のマンハッタンカフェを父に持つ点は好感が持てる。一方で、サンデーサイレンス系×米国ダート型ミスプロ系の配合馬の当レースにおけるパフォーマンスが今ひとつ。今回の舞台で上位進出するためには、父由来のしぶとさを活かせる馬場あるいは展開がほしい。

ソウルスターリング
フランケル×スタセリタというガチガチの欧州配合でありながら、日本の競馬で実績を残しているのは、父の有する類まれな適応力の賜物だろう。当レースの好走血脈に合致する部分は少ないが、本馬のような血統構成の持ち主の出走例がないのも事実。額面上の洋芝適性だけなら、メンバー随一の存在だ。

トーセンビクトリー
父は当舞台で好成績を残しているキングカメハメハ。当レースと相性の良い、マイルG1馬×サンデーサイレンス系の配合馬である点も好感が持てる。なにより、本馬自身が昨年2着に好走しているのだから、舞台適性の高さは折り紙つき。軽視禁物の1頭と言えよう。

ツヅミモン
マイルG1馬×サンデーサイレンス系の配合馬は当レースと好相性。ただし、父のロベルト系に加え、ニジンスキーの多重クロスも併せ持つ、かなりパワーに偏った血統構成。決め手比べでは分が悪いので、血の良さを存分に活かせる持続質勝負になってほしいところ。

フロンテアクイーン
父はスタミナ血統、対照的に母はスピード&仕上がり早タイプと、双方の弱みを補完した配合が特長の本馬。半面、抜けた要素に欠けるのも事実で、どうしても重賞では最後の詰めが甘くなる。今回の舞台で結果を出すには、父系の特長である洋芝適性の高さを引き出すことが肝要。つまり、上がりを要する競馬、あるいはロングスパートを仕掛けることが必須となる。

リバティハイツ
キングカメハメハクイーンステークスの好走血統のひとつ。ゆえに、父系の舞台適性については文句なし。一方で、3代内の血脈は米G1勝ち馬の母を除くと、欧州型で固められており、速い上がりの決め手比べではワンパンチ足りない印象。血の良さを活かすには、適度に上がりを要する決着が好ましい。

ティーエスクライ
クイーンステークスは瞬発力よりも持続力を求められる舞台だけに、持続力に長けたサンデーサイレンス系を父に持つ点は好材料。ただし、ハーツクライ産駒の当該コースにおける成績はイマイチ。ややダート色の濃い母父ミスプロ系も強調材料に欠ける。当地で勝負強い父母父トニービンの血が騒げば、活路を見出せるかもしれないが……。

アンドリエッテ
ディープインパクトの産駒は札幌芝中距離で好成績。半面、当レースにおける母父ヴァイスリージェント系の成績が停滞気味な点は気がかり。そのあたりを踏まえると、前回並みの結果を期待できるかどうかについては疑問が残る。父のコース相性の良さを評価しての連下扱いまでが妥当ではないか。

ディアドラ
父は名種牡馬デインヒルの血を受け継ぐハービンジャー。その父にスペシャルウィーク×マキャベリアンの肌馬を配することで、優れたスピードの持続力を生み出している。一方で、ややスタミナ色が濃い父系の血脈が影響しているせいか、直線の長いコースの決め手比べではひと押し欠ける。そのあたりを踏まえると、今回の舞台はベストの可能性もある。

ハッピーユニバンス
ジャングルポケット×サンデーサイレンスの組み合わせは、当レースの好走配合のひとつ。ただし、3代内の血脈はスタミナ型に偏りがちで、極端なスピード勝負になった時の不安は残る。血の良さを活かすためには、上がりを要する競馬になるか、自身から早めに動いて持続質勝負に持ち込みたい。

エテルナミノル
当該コースにおけるエンパイアメーカー産駒、なかでも古馬の成績が芳しくないのは気になるところ。また、母父サンデーサイレンス系の近年の好走馬は、現役時にマイルG1で活躍したスピードタイプを父に持つ馬が大勢を占める。持ち味を活かすためには、時計あるいは上がりを要する競馬が望ましい。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【クイーンステークス】ズバリ調教診断!2018年7月28日() 16:00

日曜日に行われるクイーンステークスの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


アグレアーブル
函館ダで行われた1週前追い切りは、先行しながら3歳未勝利馬に遅れをとる物足りない内容。場所を函館Wに移した最終追い切りも時計こそ及第点だが、頭の高い走りで機敏さを欠く印象。相手強化の重賞では強調材料に乏しい。

ソウルスターリング
前走後はここ目標に在厩調整。2週前に南Wで好時計をマーク。札幌移動後の1週前追い切りは札幌芝で長めからマズマズの時計を記録した。同じく札幌芝で実施した今週の追い切りは3Fから軽めの内容。掛かる仕草を見せるのは相変わらずだが、動き自体は悪くない。良くも悪くも平行線といったところか。

トーセンビクトリー
コンスタントに使われているが、キッチリ乗り込まれているので、少なくとも体調面の不安はない。函館Wで行われた最終追い切りは5Fから余力残しで及第点のラップを計時。ピーク時のような、グイグイと伸びるさまは見られないものの、近2走と比べればマシなほう。及第点のデキとみる。

ツヅミモン
函館入厩後は函館Wで丹念に乗り込まれて、2週前と1週前に及第点のラップを計測。今週も好時計をマークした。若干、前捌きに硬さが見られるものの、ひと追いごとに良くなっていることは明らか。函館→札幌の輸送をクリアできれば、かなりいい状態でレースを迎えることができそうだ。

フロンテアクイーン
最終追い切りは函館Wで併せ馬を実施。好時計をマーク&併走先着を果たした。多少ズブい面を出し、併走馬をかわすまで時間を要したものの、醸し出す雰囲気は上々。動ける態勢にあるとみていい。

リバティハイツ
1週前に函館Wでバランスのとれた好ラップを計時。同じく函館Wで行われた今週の追い切りでも上々の伸び脚を見せた。重心の低さと小気味良い走りが目につき、気合乗りも悪くない。攻め巧者だけに、過剰な評価はできないが、臨戦態勢は整っていると判断したい。

ティーエスクライ
最終追い切りは函館Wで軽めの調整。全体時計こそ平凡だが、終いの脚はしっかりと伸ばしており、大きな問題ではない。とくに悪い点が表面化しているわけではなく、この馬なりに順調ととらえてもいいのではないか。

アンドリエッテ
最終追い切りは札幌ダで併せ馬を実施。余力残しでマズマズの時計を記録&追走併入を果たした。頭の位置は低く、四肢の動きも上々の部類。馬体も悪くなく、いい状態をキープしているのではないだろうか。

ディアドラ
最終追い切りは函館Wで5Fから好時計を記録。重心が低く、四肢と馬体が連動するスムーズな動きには目を見張るものがある。半面、緩めの馬体とコーナーリングでスムーズさを欠いた点は気がかり。及第点の仕上がり具合と思われるが、当日の気配はしっかり確認しておいたほうがいいだろう。

ハッピーユニバンス
函館Wで行われた最終追い切りの気配は活気十分。1週前に上々の時計をマークしている点も好感が持てる。半面、約3カ月の休養明けの割に乗り込み量は少なめ。実戦で最後まで息がもつかどうかの不安は残る。

エテルナミノル
最終追い切りは札幌芝で実施。余力残しでマズマズの時計を記録した。頭の位置は低く、脚元の動きも及第点。馬体の見映えも悪くなく、デキ落ちや疲れは感じられない。力を出せるデキとみていいだろう。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと見る

アグレアーブルの関連コラム

閲覧 1,506ビュー コメント 0 ナイス 3

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。先週の皐月賞血統考察では1番手に挙げたリオンディーズが5着。春の東京開催で、インコース・内目有利なダービーでは、ここ2戦先行させたということが活きてくるのではないかと思います。大飛びで間違いなく東京の方が合うタイプですから、巻き返しに期待したいです。

今週はG1の狭間となりますが、府中開催が開幕します。開幕週を飾るのはオークストライアル・フローラSです。
やはり開幕週ということで、内枠の先行馬が有利、差し馬でもやはり内を突いて来る馬の好走が目立っています。
また、競走馬としてまた序盤である「3歳春」という時期のため、緩さ晩成型の中距離馬は厳しく、ある程度の筋力が身に付いていることが求められます。昨年の1着馬の母父はノーザンテースト、2着馬ティアマイダーリンや、2012年の勝ち馬ミッドサマーフェアの母父Kingmamboといったパワー血脈はひとつポイントになるかと思います。

●好相性のディープインパクト×Acatenango
これらの要点に合っているかは微妙なのですが、1番手に取り上げたいのはディープインパクト産駒のビッシュディープインパクト×Acatenangoという組み合わせはかなりの好相性で、ワールドエースエックスマークという2頭のオープン馬、さらにアドマイヤシーマもダービーまでに2勝を挙げています。現3歳世代でこの配合馬はビッシュサトノキングダムしかおらず、この2頭とも2戦2勝。純生ドイツ血脈であるLiteratと、Hyperion、さらにAcatenangoの母AggraavateがTetratema5×3でThe Tetrarchを2本取り込めることが好相性の要因とみています。ビッシュは非常に後駆の関節の柔らかさが目立ちます。前走は中山で勝利を挙げましたが、大飛びで雄大なフットワークは東京コース向き。後述しますが、パールコードは3歳春にGIを狙うには少し動きが怠慢過ぎるので、オークスへ向けて最後の大物候補はビッシュだけでしょう。

●東京向き、距離延長も〇
クイーンC2着のフロンテアクイーンは、名馬トウショウボーイで有名なソシアルバターフライの牝系。メイショウサムソン×サンデーサイレンスという組み合わせで、パワー血脈である母母父ブレイヴェストローマンがこの3歳春での活躍に一役買っているかと思います。メイショウサムソンはやはり自身と同じく東京向きの馬を多く輩出しますし、ここも好走する可能性は高そうです。

●崩れることは無いだろが・・・
フラワーC2着のゲッカコウは、ロージズインメイ産駒で母がシンボリクリスエス×チューニー(=フジマサエンペラー)という血統で、Seattle Slew4×4、Hail to Reason4×4。少しパワーに寄った配合ですが、好枠を引きましたしここも大崩れは無いのでしょう。しかし東京2000のGIIで積極的に推したいかとなると微妙なところです。

●瞬発力勝負に対応できるかが鍵
パールコードヴィクトワールピサ産駒で叔母に阪神JF2着のシークレットコードがいる血統。前走は力が違ったというべきですが、同じ父の産駒のジュエラーとは異なり、動きが怠慢で、東京の瞬発力勝負に対応できるイメージが湧きません。古馬になってからマーメイドSコースでしょうか。一雨降った場合は良いでしょう。

●東京替わり、距離延長は微妙
アネモネSを制したチェッキーノは、機動力を伝えるハッピートレイルズ牝系らしく小刻みなピッチ走法で走るので前走の中山マイルはベストコース。距離も少し長いですから、東京替わりと距離延長で大外となると食指は伸びません。

●パワースピードで粘りたい
ワークフォース産駒のクィーンズベストは、日本でシュヴァルグランヴィルシーナフレールジャックらでお馴染の魅力の名門Ballade牝系で、母はHalo3×4.自身はSadler’s Wells≒Nureyev3×3でまさに「パワースピード」といったところ。ワークフォースの無尽蔵のスタミナを活かすための好配合といえます。距離延長や重い馬場は大歓迎、まともにハナを切って競馬をした時はサトノダイヤモンドと、ひょっとしたら大物の可能性もあるジークカイザーにしか負けていませんし、内回り向きなので勝ち切れるとは思いませんが牝馬限定の2000mなら好走する可能性は高そうです。

●緩さを伝える繁殖牝馬で……
アグレアーブルは母母がSecretariat≒Bold Bidder3×4、さらにサンデー系種牡馬との配合ではPromised Landのクロスも出来るので怠慢な馬になりやすく、ディープ産駒の兄アンタラジーも3歳春は勝ち切れない競馬が続いていました。新馬戦を見ると分かりますが、新馬戦から、押して押してやっと進んでいくような感じだと、筋力が付き切っていない3歳春に重賞を獲ることは厳しいでしょう。

●3歳春に好走しやすい血統
それならばファイアクリスタルの方が魅力的です。母は頑強さを伝えるNothern Dancer+Fair Trial血脈であるDanzig、Lyphard、Nureyevを併せ持ち、母父Danehill Dancerはスプリンター。3歳春の重賞であればこういう方が好走しやすいです。

●大飛びな馬を送り出す優秀な母
エマノンは、ハーツクライ産駒でバンドワゴンの妹。母ピラミマは、母母父Rivermanから3代続けてNasrullah+Princequillo+La Troiennneを継続交配されていて、一歩の大きいストライド走法の馬を送り出す優秀な繁殖牝馬です。昇級初戦で外枠と厳しい条件となりましたが、コース自体は合っています。

●東京で持ち味が活きそう
大穴ではシャララ。3代母が外回り向きの資質を伝えるNasrullah+Princequillo血脈で、母母父Seattle Slew→母父MiswakiとNasrullah+Princequilloに加えて、強靭なパワーを伝えるLa Troiennneという血も継続交配されています。母はこのパワーが前面に出たのが1000mでも勝利を挙げていますが、シャララ自身はメイショウサンムソン産駒ということもあり体質的な柔らかさも伝わっていて東京替わりはプラスとみています。


【まとめ】
最初に挙げたフローラSで好走する要因には当てはまっているとはいえないが、血統的にも期待を込めてビッシュを1番手に取り上げたい。人気を考えてもパールコードの評価は落として、フロンテアクイーンゲッカコウの2頭が有力。穴目では距離延長が良いクィーンズベスト、「3歳春」の重賞で好走しやすい血統のファイアクリスタル、舞台が合うエマノン。爆穴でシャララ


----------


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/


登録済みの方はこちらからログイン

2015年11月17日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2015年11月17日号
閲覧 749ビュー コメント 0 ナイス 4

▼2015年11月22日(日) 京都11R マイルチャンピオンシップ
【血統別成績(2012年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [3-2-3-29](複勝率21.6%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [0-1-0-15](複勝率6.3%)
ディープインパクトの初年度産駒が4歳となった2012年を境に、レースの質が変化した印象。2009~2011年は父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬が[0-1-1-19](複勝率9.5%)と苦戦していたのに対し、その後はサンデーサイレンス直仔が多く出走していた頃と同じような状況へ戻りました。

▼2015年11月21日(土) 京都11R アンドロメダステークス
【同年、かつJRA、かつ芝1800~2000mの重賞において4着以内となった経験の有無別成績(2010年以降)】
●あり [5-2-1-5](複勝率61.5%)
●なし [0-3-4-44](複勝率13.7%)
→年明け以降の重賞で善戦した馬は堅実。なお、父にサンデーサイレンス系以外の種牡馬を持つ馬は2010年以降[0-1-1-22](複勝率8.3%)と勝ち切れていません。

▼2015年11月22日(日) 東京11R 霜月ステークス
【血統別成績(2011年以降)】
●父か母の父がサンデーサイレンス系種牡馬 [0-1-2-24](複勝率11.1%)
●父も母の父もサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [4-3-2-28](複勝率24.3%)
→父か母の父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬は人気を裏切りがち。一方、父も母の父もサンデーサイレンス系以外の種牡馬、かつ父か母の父にミスタープロスペクター系種牡馬を持つ馬は2011年以降[4-2-2-20](複勝率28.6%)と比較的安定しています。

▼2015年11月23日(月) 東京11R 東京スポーツ杯2歳ステークス
【前走の着順ならびに2位入線馬とのタイム差別成績(2009年以降)】
●前走の着順が1着、かつ2位入線馬とのタイム差が0.1秒以上 [6-5-5-28](複勝率36.4%)
●前走の着順が1着、かつ2位入線馬とのタイム差が0.0秒 [0-0-0-11](複勝率0.0%)
●前走の着順が2着以下 [0-1-1-34](複勝率5.6%)
→前走で2着以下に敗れた馬は評価を下げた方が良さそう。また、前走の着順が1着でも、その前走で2位入線馬に大きな着差をつけられなかった馬は過信禁物と見るべきでしょう。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が1着、かつ2位入線馬とのタイム差が0.1秒以上なのは、アグレアーブルキラージョータイセイサミットプロディガルサンロスカボスの5頭だけです。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。今年8月26日には最新刊『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

アグレアーブルの口コミ


口コミ一覧

木幡育也め余計なことを

 正義の魂 2018年6月16日() 16:51

閲覧 77ビュー コメント 0 ナイス 4

今日の東京最終レースで、今日の馬券収支
逆転を賭けて、枠連3-7を買った。

しかし結果は、5枠のキングオブアームズに
2着を奪われ、1着3着となり、非常に悔しい
ハズレとなってしまった。

枠連3-7で決まっていたら、購入300円でも、
28倍ついたので、8,400円も入っていただけに、
木幡育也騎手は、余計なことをしてくれたものだ。

阪神最終レースで、ブルベアトリュフの
馬体重大幅減を見て、切りとしたのであるが、
結果は圧勝となり、馬体重など見なければ
良かった、ということになった。

もっとも、函館最終レースでは、当初は
チカノワールの単勝を、と思っていたのであるが、
同馬が大幅馬体減ということで、
アグレアーブルの単勝に変えたのは、
良かったのであるが。

今日の馬券収支は、マイナスとはいっても、
そう大きなマイナスではなかったし、
明日のグリムとダイアナヘイローで、
倍にして取り戻させてもらおうか。

 エロボン 2016年4月22日(金) 10:44
フローラS
閲覧 104ビュー コメント 0 ナイス 3

一応の中心は、ビッシュ。

この馬以外は、何かしらの不安要素がありますね。

他は横並びといった感じですが、敢えて注目馬を挙げるなら、アグレアーブル、クィーンズベスト、ゲッカコウ、チェッキーノ、シークザフューチャ、パールコード、フロンテアクイーン辺りになりますか。

正直絞り辛くて少し多いですが、後はポイント次第になりますね。

[もっと見る]

 アリマ・キネーン 2015年11月23日(月) 21:06
東スポ2歳 POG ②
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 1


プロディガルサンとアグレアーブル。結果、2着と7着・・・・・。勝ってほしかった。


プロディガルサンは能力だけで2着まできたようなもので、現時点でスマートオーディンには完敗。
さすが新馬戦で騒がれた馬だけあって今回、完成度が高かった感じ。

今回のレースぶりを見る限り休養して来年の東京開催かな?成長してれば逆転も可能。



一方、アグレアーブル。期待できる牝馬がこれしか指名できなかったのですごく注目。


予想通りという印象。相手も強かったし、しょうがないかな。
これで、牡馬重賞にちょっかいを出さずに牝馬路線を地道に歩んでもらいたいところ。レースを使いながらの成長に期待。

ただ、厩舎にヌーボレコルトがいるので距離短縮のマイル、桜花賞路線のイメージが難しいところ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アグレアーブルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

アグレアーブルの写真

投稿写真はありません。

アグレアーブルの厩舎情報 VIP

2019年3月16日4歳以上1000万下3着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アグレアーブルの取材メモ VIP

2019年3月16日 4歳以上1000万下 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。