カイザーバル(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
カイザーバル
カイザーバル
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2013年2月18日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績21戦[5-4-2-10]
総賞金12,747万円
収得賞金2,250万円
英字表記Kaiserball
血統 エンパイアメーカー
血統 ][ 産駒 ]
Unbridled
Toussaud
ダンスインザムード
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
兄弟 シャドウダンサーダンスファンタジア
前走 2019/02/16 京都牝馬ステークス G3
次走予定

カイザーバルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/02/16 京都 11 京都牝馬S G3 芝1400 1881816.6813** 牝6 54.0 四位洋文角居勝彦484(-2)1.22.3 1.335.3⑦⑧デアレガーロ
18/12/15 中山 11 ターコイズS G3 芝1600 1671434.21112** 牝5 53.0 四位洋文中竹和也486(-4)1.33.2 0.535.2⑨⑨⑨ミスパンテール
18/11/25 京都 10 渡月橋S 1600万下 芝1400 14116.321** 牝5 55.0 四位洋文中竹和也490(0)1.21.0 -0.333.3⑦⑦アマルフィコースト
18/10/06 京都 10 久多特別 1000万下 芝1400 116710.051** 牝5 55.0 四位洋文中竹和也490(0)1.21.6 -0.133.5⑧⑦ユアスイスイ
18/09/22 阪神 10 夕月特別 1000万下 芝1800 13115.548** 牝5 55.0 北村友一中竹和也490(+4)1.47.0 0.534.6⑤⑤メサルティム
18/08/11 新潟 9 三面川特別 1000万下 芝1800 1281211.667** 牝5 55.0 石橋脩中竹和也486(+6)1.45.5 0.434.1ディメンシオン
18/07/21 中京 10 長久手特別 1000万下 芝1600 11676.438** 牝5 55.0 幸英明中竹和也480(-2)1.34.2 1.135.6ソーグリッタリング
17/10/14 京都 10 三年坂特別 1000万下 芝1600 9891.912** 牝4 55.0 四位洋文角居勝彦482(0)1.34.0 0.234.1レオナルド
17/09/24 阪神 9 甲東特別 1000万下 芝1600 9444.522** 牝4 55.5 四位洋文角居勝彦482(+6)1.33.3 0.434.2ムーンクエイク
17/07/09 中京 10 有松特別 1000万下 芝1600 1166----** 牝4 55.5 M.デムー角居勝彦476(0)-- ------ミリッサ
17/06/17 阪神 9 小豆島特別 1000万下 芝1600 8441.714** 牝4 55.0 四位洋文角居勝彦476(-2)1.33.2 0.232.6ラプソディーア
17/03/25 阪神 10 天神橋特別 1000万下 芝1600 11441.711** 牝4 55.0 四位洋文角居勝彦478(+12)1.34.9 -0.333.1レインボーフラッグ
16/12/10 阪神 9 摂津特別 1000万下 芝1600 10661.412** 牝3 54.0 四位洋文角居勝彦466(-4)1.34.8 0.034.2ビナイーグル
16/10/16 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 1871521.283** 牝3 55.0 四位洋文角居勝彦470(0)1.58.8 0.234.1⑦⑤⑤⑤ヴィブロス
16/09/18 阪神 11 ローズS G2 芝1800 152320.863** 牝3 54.0 四位洋文角居勝彦470(-14)1.46.8 0.134.4④④シンハライト
16/07/31 札幌 10 道新スポ賞 1000万下 芝1500 13443.616** 牝3 52.0 四位洋文角居勝彦484(+18)1.28.8 0.334.5⑦⑥⑤アールブリュット
16/03/26 阪神 9 君子蘭賞 500万下 芝1800 9221.911** 牝3 54.0 四位洋文角居勝彦466(-2)1.47.6 -0.233.7⑤⑥キンショーユキヒメ
16/03/05 阪神 11 チューリップ G3 芝1600 1671336.796** 牝3 54.0 四位洋文角居勝彦468(0)1.33.2 0.433.1⑮⑬シンハライト
16/02/14 京都 9 こぶし賞 500万下 芝1600 10114.127** 牝3 54.0 M.デムー角居勝彦468(-4)1.39.7 1.138.5ヒルノマゼラン
15/11/29 京都 9 白菊賞 500万下 芝1600 10895.732** 牝2 54.0 四位洋文角居勝彦472(-4)1.34.9 0.234.5アドマイヤリード

⇒もっと見る


カイザーバルの関連ニュース

 2016年の秋華賞3着馬カイザーバル(栗・角居、牝6)が、先週の京都牝馬S13着を最後に引退、繁殖入りすることが18日、所属する社台サラブレッドクラブのホームページで発表された。通算21戦5勝。



カイザーバルの競走成績はこちら

【京都牝馬S】9番人気デアレガーロ重賞初V 2019年2月17日() 05:03

 第54回京都牝馬ステークス(16日、京都11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、別定、芝・外1400メートル、1着本賞金3600万円 =出走17頭)池添謙一騎乗で9番人気のデアレガーロが、中団追走から鋭く伸びて重賞初勝利。32キロの馬体増で昨年2着の雪辱を果たした。池添騎手と大竹正博調教師のコンビは有馬記念ブラストワンピースに続く重賞V。タイム1分21秒0(良)。1/2馬身差2着は7番人気リナーテで、1番人気ミスパンテールは5着に終わった。

 半馬身届かず2着に終わった昨年とは違う。デアレガーロが直線の外めからはじけるように伸び、今年は2着に半馬身差をつけ、先頭で駆け抜けた。6度目の挑戦での重賞初制覇。自身、今年の重賞初Vとなった池添騎手が笑みを浮かべた。

 「きょう(の勝因)は折り合いが一番。去年は惜しい2着でしたし、今年はしっかり去年の借りを返せたと思います」

 発馬を決め、道中は中団の馬群で追走。直線に向くと一気にギアを上げて伸びた。昨年、ブラストワンピース有馬記念を制した池添騎手&大竹調教師のタッグが、検量室前でガッツポーズをつくり、喜びを分かち合った。

 3カ月半ぶりの出走で自己最重量の486キロ。32キロもの馬体増による平地重賞Vは2002年札幌記念テイエムオーシャン(38キロ増)に次ぐ快挙だ。「(前々走から)8キロ減、8キロ減ときていたので数字ほどは(太くなかった)ね。むしろ、このくらいあってもいいのかもしれませんね」と白い歯を見せた大竹師だが、今後については思案顔を浮かべた。

 「ヴィクトリアマイル(昨年16着)は駄目でしたからね。1400メートルのGIがあればいいんですけど…」

 それでも賞金を加算し、春の選択肢が広がったのは大きい。短距離界に舞い降りた遅咲きの新星。今後の動向に注目が集まる。 (渡部陽之助)

★レースを終えて…

 ◆武豊騎手(リナーテ2着) 「スムーズなレースができたし、最後もよく伸びている。1400メートルが合うね」

 ◆坂井騎手(アマルフィコースト3着) 「気分よく走らせることを心掛けました。いい手応えで走れていました」

 ◆ルメール騎手(アルーシャ4着) 「休み明けで短い距離でしたが、いい競馬ができました。次はよくなる」

 ◆横山典騎手(ミスパンテール5着) 「スムーズな競馬はできたかな。残念だったね。よく頑張ってくれた。また次だね」

 ◆M・デムーロ騎手(ワントゥワン6着) 「頑張ってくれている。でも、本当はもっと瞬発力のある馬なんだけど…」

 ◆松山騎手(カラクレナイ8着) 「枠((17)番)が厳しかったです。内枠で脚をためる競馬がしたかったです」

 ◆北村友騎手(リバティハイツ9着) 「一歩目がそこまで出ていけない競馬が続いています。下り坂も上手ではなかったですね」

 ◆和田騎手(エイシンティンクル10着) 「スタートが決まらなかった」

 ◆松田騎手(レーヌミノル11着) 「一瞬、いい感じで伸びかけました」

 ◆川田騎手(ベルーガ12着) 「調教や返し馬はよかったのですが、競馬につながっていません」

 ◆四位騎手(カイザーバル13着) 「(18)番枠だから(中団になったのは)仕方ないね」

 ◆酒井騎手(ライトフェアリー14着) 「ちょっとデキが戻っていないのかな」

 ◆柴田善騎手(ハーレムライン15着) 「突っ張ったような走りになっていた」

 ◆藤岡佑騎手(クリーンファンキー16着) 「平坦の小回りコースが合っていそうです」

 ◆荻野極騎手(オールポッシブル17着) 「リズムよく逃げてはいましたが、最後は止まってしまいました」

デアレガーロ 父マンハッタンカフェ、母スーヴェニアギフト、母の父スーヴェニアコピー。鹿毛の牝5歳。美浦・大竹正博厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績14戦6勝。獲得賞金1億2342万7000円。重賞初勝利。京都牝馬S大竹正博調教師、池添謙一騎手ともに初勝利。馬名は「女神の贈り物(イタリア語)」。

[もっと見る]

【斬って捨てる!】京都牝馬S 1枠苦戦!前走1400m組の連対ゼロ!2019年2月16日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、京都牝馬Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。


【全般】
7歳以上馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ライトフェアリー

前走で非重賞戦に出走、かつ6着以下敗退馬の好走例はなし(2009年以降)

アマルフィコースト
クリーンファンキー

前走G2組の連対例はゼロ(2009年以降)

レーヌミノル
デアレガーロ
ワントゥワン

前走1400m組の連対例はみられない(2009年以降)

レーヌミノル
デアレガーロ
ワントゥワン
アマルフィコースト

マイル以上で勝利経験のない馬の連対例はゼロ(2008年以降)

ベルーガ
オールポッシブル
ライトフェアリー
カラクレナイ

【人気】
前走6着以下敗退、かつ当日ふたケタ人気の好走例は皆無(2009年以降)
※10時00分現在の10番人気以下、かつ前走6着以下敗退馬

レーヌミノル
オールポッシブル
キョウワゼノビア
ライトフェアリー
アマルフィコースト
クリーンファンキー

【脚質】
前走1着馬を除くと、前走の初角または4角の通過順が1番手だった馬の好走例はゼロ(2009年以降)

エイシンティンクル

【枠順】
1枠の連対例は皆無(2008年以降)

ベルーガ

馬番枠7番、9番、16番、17番、18番の好走例はゼロ(2009年以降)

キョウワゼノビア
エイシンティンクル
クリーンファンキー
カラクレナイ
カイザーバル

馬番枠2番の連対例は皆無(2008年以降)

ベルーガ

【血統】
ボールドルーラー系を除き、母父にナスルーラ系種牡馬を配している馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ハーレムライン

サンデーサイレンスを経由しない父ヘイルトゥリーズン系の好走例は皆無(2009年以降)

クリーンファンキー


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
リバティハイツ
アルーシャ
ミスパンテール
リナーテ

※①ディメンシオンは出走取消



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【重賞データ分析】京都牝馬S 連軸は上位人気から!重賞好走実績ならびにマイル以上の勝利経験がある馬を重視!2019年2月16日() 10:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、京都牝馬Sのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。


【全般】
2008年以降の好走馬の大半にマイル以上の勝利経験あり

ハーレムライン
リバティハイツ
レーヌミノル
キョウワゼノビア
エイシンティンクル
デアレガーロ
ワントゥワン
アルーシャ
アマルフィコースト
ミスパンテール
リナーテ
クリーンファンキー
カイザーバル

2008年以降の勝ち馬すべてに重賞5着以内の実績があった

ベルーガ
ハーレムライン
リバティハイツ
レーヌミノル
ライトフェアリー
エイシンティンクル
デアレガーロ
ワントゥワン
アルーシャ
アマルフィコースト
ミスパンテール
カラクレナイ
カイザーバル

【人気】
軸は5番人気以内から選ぶのが賢明(1999年以降)
※9時30分現在の1~5番人気

リバティハイツ
エイシンティンクル
ワントゥワン
アルーシャ
ミスパンテール

【脚質】
好位~中団がベストポジション(2008年以降)

※過度に気にする必要はない

【枠順】
5~7枠が好調(近年の傾向)

エイシンティンクル
デアレガーロ
ワントゥワン
アルーシャ
アマルフィコースト
ミスパンテール
リナーテ

【血統】
1400m変更後の1~3着馬は例外なくサンデーサイレンスの血を内包

ベルーガ
ハーレムライン
レーヌミノル
オールポッシブル
キョウワゼノビア
ライトフェアリー
エイシンティンクル
デアレガーロ
ワントゥワン
アルーシャ
アマルフィコースト
ミスパンテール
リナーテ
カラクレナイ
カイザーバル

父ミスプロ系が活躍(近年の傾向)

リバティハイツ
カイザーバル


【4項目以上該当馬】
エイシンティンクル(5項目)
ワントゥワン(5項目)
アルーシャ(5項目)
ミスパンテール(5項目)
リバティハイツ(4項目)
デアレガーロ(4項目)
アマルフィコースト(4項目)
カイザーバル(4項目)

※①ディメンシオンは出走取消


ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【U指数的考察】京都牝馬S 指数6位以内が中核!指数下位の4歳馬に要注意!2019年2月16日() 09:20

京都牝馬Sの近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降(2014~2015年は芝外回り1600mで施行)の結果をもとに検証

<ポイント①>
指数上位馬は比較的安定しており、指数1~6位馬が揃って2着連対を逃した年はゼロ。とりわけ、マイル以上で勝利経験のある馬の好走率が高い。

指数1~6位馬

ディメンシオン
エイシンティンクル
デアレガーロ
ワントゥワン
ミスパンテール

※①ディメンシオンは出走取消

<ポイント②>
指数7位以下で2着連対圏に入った馬はすべて4歳馬。5歳以上の低指数馬はあっても3着まで。

指数7位以下の5歳以上馬

レーヌミノル
オールポッシブル
キョウワゼノビア
ライトフェアリー
リナーテ
クリーンファンキー
カイザーバル

<ポイント③>
指数10位以下の馬が2頭以上馬券に絡んだケースは皆無。振り回すにしても、指数10位以下同士を組み込んだ攻め方は得策ではない。

指数10位以下

ハーレムライン
リバティハイツ
レーヌミノル
オールポッシブル
キョウワゼノビア
ライトフェアリー
アマルフィコースト
リナーテ
クリーンファンキー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【京都牝馬S】厩舎の話2019年2月15日(金) 05:01

 ◆アマルフィコースト・牧田師 「良馬場で見直せないか」

 ◆アルーシャ・藤沢和師 「調教では落ち着いて走れていた」

 ◆エイシンティンクル・坂口則師 「前々でスムーズな競馬なら」

 ◆オールポッシブル・高橋亮師 「条件はいいと思う」

 ◆カイザーバル・辻野助手 「中身はできている。条件はベスト」

 ◆カラクレナイ・松下師 「しまい勝負の形で。今の京都は合いそう」

 ◆キョウワゼノビア・角田師 「自分のリズムで運べれば」

 ◆クリーンファンキー・鈴木伸師 「1400メートルは走りやすいと思う」

 ◆デアレガーロ・池添騎手 「(調教の)フットワークは良かった」

 ◆ディメンシオン・藤原助手 「調整はしっかりとやれている」

 ◆ハーレムライン・田中清師 「1400メートルでも問題ないと思う」

 ◆ベルーガ・猿橋助手 「雰囲気はいい」

 ◆ミスパンテール・昆師 「牝馬同士ならトップクラス」

 ◆ライトフェアリー・石毛師 「この距離でも以前に勝っている」

 ◆リナーテ・須貝師 「けいこで楽に動いていたし、いい状態」

 ◆リバティハイツ・北村騎手 「動きは良かった。1400メートルはベスト」

 ◆レーヌミノル・古川助手 「集中して走れれば、もっとやれていい」

 ◆ワントゥワン・藤岡師 「流れが速くなってくれれば」

★京都牝馬Sの出馬表はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

カイザーバルの関連コラム

閲覧 937ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は16(日)に京都競馬場でG1秋華賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1秋華賞ビッシュが2.5倍で1番人気、続いてジュエラーが3.9倍、ヴィブロスが6.3倍とここまで10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは各馬大きな出遅れもなく、大方の予想通りクロコスミアが先頭で第1コーナーへ入ります。2番手にネオヴェルザンディ、続いてウインファビラスダイワドレッサーエンジェルフェイスカイザーバルパールコードキンショーユキヒメと先行集団を形成。そこから2馬身ほど間が空いて中団からはヴィブロスフロンテアクイーンジュエラーレッドアヴァンセミエノサクシードと追走。後方からはゲッカコウビッシュデンコウアンジュワンダーピルエットと続いて最後方にパーシーズベストの態勢。
 
クロコスミアが刻んだペースは前半1000mを59秒9(参考)の緩みない流れ、ここで1番人気ビッシュがややまくり気味に進出を開始するとその他各馬もペースアップし、直線コースへ。
 
先頭はクロコスミアでリードは1馬身、2番手にダイワドレッサー、その直後の内にウインファビラス、外からはカイザーバルが前を追って後続はやや離れた形。残り200mを通過、逃げ込みを図るクロコスミアカイザーバルパールコードが迫り、大外からはヴィブロスが良い脚で差を詰めてきます。残り100m、ここでカイザーバルクロコスミアを捉えて先頭に変わると最内からジュエラーが猛追!さらに外からはパールコードヴィブロスも追い込んで大混戦!ゴール前、スパッと切れた大外・ヴィブロスパールコードに半馬身差をつけて優勝しました!勝ちタイムは1分58秒6(良)。2着にパールコード、そこから半馬身差の3着にカイザーバルが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロ他7名が的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ
15(土)新潟8Rで◎○△の印で単勝34倍を2000円、ワイド29.2倍を2000円、3連単1668.1倍を200円的中させ、50万3020円を払い戻しました!同日の東京6Rでは▲フジゴウカイ単勝147.4倍、ワイド55.9倍を本線で仕留め、40万6600円を払い戻しました!週末トータル回収率265%、収支プラス87万710円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
16(日)京都11R秋華賞G1で『軽さのある馬体、走法で高速馬場向き。今の京都はピッタリ。』と狙った◎ヴィブロスの単勝を5000円仕留め、3万1500円の払い戻し!15(土)東京1Rで勝負レースに指定した◎ヴォーガの単勝1万円を的中!週末トータル回収率156%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
15(土)東京7Rで『前走は手応えよく直線も追ってから逃げ馬に離されてしまった。未勝利勝ちが好内容で2000mベスト』と本命に推した◎エフティスパークルライトファンタジアの馬連112.7倍、複勝5.6倍を仕留め、10万4160円を払い戻しました!16(日)京都7Rでは◎▲の本線決着で4万9500円を払い戻しました!週末トータル回収率144%、収支プラス9万3330円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →栗山求プロ
16(日)京都11R秋華賞G1で『母方にヌレイエフ、ブラッシンググルーム、ミスタープロスペクターを併せ持つディープインパクト産駒なので、昨年のこのレースの勝ち馬でオークス(G1)も制したミッキークイーンとも配合構成がよく似ている。ディープインパクト産駒の配合としてきわめて完成度が高い。』と見解を示した◎ヴィブロスパールコードの馬単61.7倍を仕留めました!週末トータル回収率246%をマークしています。

この他にもシムーンプロ(119%)、いっくんプロ(109%)、マカロニスタンダーズプロ(106%)、スガダイプロ(106%)らが回収率100%超の活躍を収めています。
 
※全レースの結果速報はこちら

今週もウマニティ競馬プロ予想MAXにご期待ください!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年10月19日(水) 11:16 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』10/15~10/16の結果(秋華賞・府中牝馬ステークス)
閲覧 739ビュー コメント 0 ナイス 1

10月16日(日)に行われました京都11Rの「秋華賞G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【3位】◎ヴィブロス(6.3倍)
2着:総合ポイント【6位】△パールコード(13.7倍)
3着:総合ポイント【4位】カイザーバル(21.2倍)

第2グループ・総合ポイント3位のヴィブロスが1着、第3グループ・総合ポイント6位のパールコードが2着、第2グループ・総合ポイント4位のカイザーバルが3着という結果でした。

本命の◎ヴィブロスは福永騎手が素晴らしい騎乗で見事1着に導いてくれました(^^)/
なんとか的中はしましたが、総合ポイント4位にも関わらずカイザーバルは完全にノーマークでしたので反省ですね(+_+)

【馬連】
7

1,3,5,8,9,10,14

【3連複流し】
7

5,10

1,3,5,8,9,14

計18点 払い戻し3550円


続いて10月15日(土)に行われました東京11Rの「府中牝馬ステークスG2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。




1着:総合ポイント【4位】△クイーンズリング(6.5倍)
2着:総合ポイント【1位】▲マジックタイム(3.8倍)
3着:総合ポイント【2位】△スマートレイアー(3.3倍)

こちらは前週の馬場傾向からスローでも差し届くとみて◎シュンドルボンの一発を狙ったのですが、1・2・3番人気決着という結果に。好位勢が1~3着を独占するような展開でしたし、ここは仕方なしということで潔く諦めます。◎シュンドルボンは+14キロということでここを叩いての次走に注目したいと思います。

【馬単流し】
◎→印
10→1,2,5,6,7,9,12,13(8点)
【3複流し軸2頭】
◎○=印
5,10=1,2,6,7,9,12,13(7点)

計15点 払い戻し0円

[もっと見る]

2016年10月16日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第216回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~秋華賞 G1
閲覧 1,246ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「秋華賞 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、ビッシュ1頭。
第2グループ(黄)は 、デンコウアンジュから1.0ポイント差(約1馬身差)内のカイザーバルまでの3頭。
第3グループ(薄黄)は、クロコスミアから同差内のフロンテアクイーンまでの8頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間では総合ポイント1位のビッシュデンコウアンジュ間に3.3の大きな溝、総合ポイント4位カイザーバルクロコスミア間に2.0の溝が存在しています。溝がきれいに生まれている分布と言えますので上手く活用したいところです。

私の本命は◎ヴィブロスにしたいと思います。紫苑ステークスのコラムでも本命に推したように2走前のパフォーマンスは強烈な内容。前走も致命的ロスがありながら差を詰めてきているように秋になり、馬が一変しています。血統的にも高速京都はドンピシャですし、ここも期待したいと思います。対抗は○ビッシュ。前走は厳しい流れをねじ伏せる強い競馬。ラップ的にも最後までバテていませんし、ここも好勝負必至です。以下京都代わりで巻き返してきそうな▲レッドアヴァンセ、△デンコウアンジュミエノサクシードパールコードエンジェルフェイスクロコスミアと印を打ちます。

【馬連】
7

1,3,5,8,9,10,14

【3連複流し】
7

5,10

1,3,5,8,9,14

計18点

[もっと見る]

2016年10月14日(金) 16:06 みんなの競馬コラム
【秋華賞】血統考察 byうまカレ
閲覧 3,006ビュー コメント 0 ナイス 6


先週の毎日王冠では、11番人気3着のヒストリカルを大穴として取り上げることができました。外差し馬場がハマッたようで、やはり今の日本競馬は、その日その日の馬場状態が結果に与える影響は非常に大きいなと感じた先週末でした。

今週は秋華賞を考察します。

秋華賞は、淀みのない流れになり易いため、地力のある馬が好走しやすく、持続的な差しが決まりやすいレースです。とはいえ、やはり内回りコースということで、能力で劣る馬が好走するには、枠順の利や「立ち回りの巧さ」が必要となってきます。この部分の兼ね合いがポイントとなるでしょう。簡潔に言い表せば、「人気馬の地力」に「人気薄の立ち回りの巧さ」がどこまで通用するか、それが荒れるか荒れないかの分かれ道と思います。

ビッシュ
ワールドエースエックスマークらを輩出し、これまでJRAでデビューした9頭中6頭が勝ちあがっている、好相性のディープインパンクト×Acatenangoという組み合わせ。現3歳世代では、本馬とサトノキングダム(新馬→特別連勝)だけというのだから、その相性の良さは際立っている。自ら動いて好走したオークスと紫苑Sの内容は、Lyphard4×5らしい持続力を感じさせたし、地力ではジュエラーと双璧かそれ以上のものがあるだろう。紫苑Sを一捲りで快勝したが内回り向きの器用さは感じないから、ここは自力でねじ伏せられるかどうかだ。欲をいえばもう少し外目の枠が欲しかったところだろう。

ジュエラー
通常のファン心理であれば、人気先行ならば嫌いたいと思うところだろう。父ヴィクトワールピサの母母Much Too Riskyの仏血を増幅させた配合で、サンデー系とも異にする仏的な独特の斬れ方をする。昨年のミッキークイーン→クィーンズリングも仏血を持っていたし、馬群を嫌う気性を出させない、桜花賞のような大外に持ち出す競馬をしたいところ。ただ、これはビッシュにも言えることだが、先週の京都がかなりインコース有利だったという点は気掛かりだ。先述したような気性だから、内枠は明らかにマイナスだろう。腹をくくった競馬をしても、さすがに内回りだと届かないだろうから、どこかで大外に持ち出せるかどうか。

ヴィブロス
ヴィルシーナの全妹で、Halo≒Sir Ivor≒Red God3・5×4・5・5に加え、「父中長距離馬×母父マイラー」という配合系だから内回り向きの器用さがある。不利を受けながら3着以下を離した前走は誰がみても強いといえる内容だし、内回り向きの器用さであればビッシュよりこちらの方が上だから、先週の京都の馬場状態を考慮しても、内枠ならば逆転のチャンスがある。真ん中の枠もOK。

カイザーバル
ダンシングキイ牝系×エンパイアメーカーは、フェデラリストと本馬を輩出しているから好相性といえる。気性面の難しさがあるので2走前のような取りこぼしもあるが、「能力だけならG1でもヒケを取らない」といった趣旨のコメントを陣営は出し続けていたし、それは前走だけではなく、ものすごい脚で突っ込んできたチューリップ賞(6着)、キンショーユキヒメ以下をちぎった君子蘭賞の内容からも納得できる。父譲りの少し力馬感を感じさせる走りだから軽い京都の良馬場替わりというのは気にならないでもないが、ヴィブロスとともにアヴェンチュラ的に内から抜け出すイメージが付く馬である……と、書いたものの、さすがにこの枠だと厳しそうだ。

パールコード
叔母に阪神JF2着のシークレットコードがいる血統で、母母Beautiful Petの持つNasrullah4×3とCount Fleet5×5によって、父ヴィクトワールピサの内包するGold Digger(Mr.Prospectorの母)を増幅した、父産駒の定番配合。体質は柔らかめの大飛びで、他の有力馬に比べるとスッと反応できない弱みがあるから、京都内回りという舞台で狙いた馬ではない。

レッドアヴァンセ
お馴染名繁殖エリモピクシーの仔で、ディープインパクトとの配合だとAlzao≒ダンシングブレーヴ3×2という大胆なニアリークロスができる。このニアリークロスは、レドアヴァンセ=サトノルパンのほかにもスマートレイアーアヴニールマルシェが出ているし、ディープインパクトとダンシングブレーヴというのはLyphardらしくない瞬発力を武器にした2頭だから、超大物が出る可能性があるとみている(ちなみに、ビッシュの欄を読んでいただいた方は、オッと思われたかもしれませんがサトノキングダムディープインパクト×AcatenangoでAlzao≒ダンシングブレーヴ3×3)。本馬はSir Ivor(父Sir Gaylord)5×4という形でナスキロ血脈の中でも屈指の柔らかさを誇るSir Gaylordをクロスしているから、非力で春は坂のあるコースでは苦戦していた。ローズSでは、特別パワーが付いた印象は受けなかったが、少なくとも春先より成長しているだろう。内回り向きではないが、「平坦替わり」という点では面白い。

ダイワドレッサー
母母エアリバティーがトニービン×NureyevというHyperionの塊のような馬で、オークスでもジリジリ追い込んで来ているように東京向きの持続力がある。ただ、ネオユニヴァース×エンドスウィープという「父中距離馬×母父スプリンター」という配合系のため、立ち回りの巧さがあり福島のラジオNIKKEI賞でも好走した。「秋華賞らしいG1らしい淀みのない流れ」+「立ち回りの巧さを活かせる内回り」というのは合っているし、立ち回り次第で好走が可能なだけに8枠は残念でならない。

クロコスミア
母デヴェロッペはオープン特別時代の菜の花賞を制し、桜花賞にも出走。その母ショウエイミズキは名繁殖Cape Crossなどを輩出したPark AppealにSadler’s Wells→Nashwanという欧州本格派を配された。Sadler’s WellsやNashwanは父ステイゴールドの内包するノーザンテーストを増幅しているからステイゴールドとしては及第点といえる配合。ステイゴールド×ボストンハーバーという「父中長距離馬×母父スプリンター」という配合系だから、札幌2歳Sで好走しているように立ち回りの巧さも兼備している。今度は逃げることはないだろうが、内枠を引いて馬場バイアスも向けば、再度好走しても驚けない。


デンコウアンジュ
メイショウサムソンは、父オペラハウスの伝える硬派な筋肉を、母マイヴィヴィアンのRoyal
Cherger≒Nasrullah6×4・5(特にSir GaylordやPrincely
Gift)で柔らかくした名馬。デンコウアンジュも、母デンコウラッキーはCaerleon×Darshaanというナスキロ血脈のマリエンバード×サンデーサイレンスという組み合わせで、残りの1/4にあたる3代母トウホーダイヤはAvena=プリメロ4×4という美しい全きょうだいクロスを持つから、明らかな中距離馬。だからマイルであればスローになった方が差し込みやすく、且つ非力だからタフな芝や急坂は苦手で、良馬場スローだったアルテミスは全ての要因が向いた。タフな芝の阪神ではもうワンパンチ足りないが、オークスでは「不利が無ければ3着争い」というところまで追い込んできた。レッドアヴァンセ同様に、内回り向きではないが「平坦替わり」という点では面白いし、ローズSの内容はかなり良かったので注目の1頭。

ミエノサクシード
母系のデインヒルやAureoleやAlibhai(デインヒルとは別でもう1本)で父ステイゴールドの内包するノーザンテーストを増幅しており、重賞を獲れるだけの底力がある好配合。夏を超えてのこの成長は「らしい」ものといえる。ただ、A.P.Indyの影響が強い脚長体型のストライド走法だから内回りでのパフォーマンスアップは見込めそうにない。

エンジェルフェイス
全姉レディアルバローザはLa Troiennneの影響が強い肩が立ったピッチ走法(レディアルバローザエンジェルフェイスはLa Troiennne3本)だったが、エンジェルフェイスは少し完歩が大きくMill ReefとSir Gaylordというナスキロ的なものも感じる。オークスも着順以上に粘っているし、素質は相当なのだろうが、藤原英師も「素質だけで走っている」というコメントを残しているし、まだGIで通用するレベルではないのだろうと思う。

フロンテアクイーン
ソシアルバターフライ牝系のメイショウサムソン×サンデーサイレンスだから、フローラS4着→オークス6着→紫苑S3着というレース内容からも、やはり持続戦になれば突っ込んで来るという、昨年でいうアースライズオークス秋華賞4着)的キャラにうつる。だから淀みない流れになりやすい秋華賞でも確実に脚は使うだろうが、上位陣に比べると瞬時の加速力に欠けるから、遅れて差し込んで来て掲示板争いまでというイメージだ。

パーシーズベスト
Northern Dancer5×5・5・6というサンデーサイレンスを1/4非Northern Dancerとする3/4Northern Dancerという配合系で、母パーシステントリーはMr.Prospector3×4も持つから比較的近親配合でパーシーズベストは仕上がりの早いタイプといえよう。父中長距離馬×母父スプリンターという配合系でLa Troiennneの影響もある肩が立った走法。競馬の形が限られていますが、この枠から完璧に捌いてくることができれば3着争いをしてもおかしくない1頭。

キンショーユキヒメ
母アップルティーは、父サンデーサイレンス×母アドマイスという血統で、これは昨年の3着馬マキシマムドパリの母マドモアゼルドパリの全妹にあたる。アドマイスは母父KashmirのHyperion4×4、Lady Juror4×4という、歴史的大種牡馬と歴史的名繁殖牝馬のクロスによる粘着力(ダイワスカーレットハーツクライキタサンブラックの粘着力≒粘り腰と、同じ血統原理)も伝えるから、マキシマムドパリは厳しい流れだった昨年の秋華賞を3角4番手から粘り込むことができた。上がり勝負ばかり経験してきたが、今回はG1らしい淀みない流れが予測されるので、穴を空けても驚けない。たとえ大外でも人気次第では狙ってみたいほど魅力的。

【まとめ】
有力→ビッシュヴィブロス
穴→パーシーズベストデンコウアンジュクロコスミアキンショーユキヒメ


ブログに方には、秋華賞の有力馬と穴馬について、ハーツクライキタサンブラックといった名馬の配合と関連付けて書いてみましたので、よろしければご覧ください。
秋華賞》ハイインロー(HyperionとSon-in-Law)的な名馬と、ビッシュ/キンショーユキヒメ/レッドアヴァンセ/ダイワドレッサーの話
http://derby6-1.hatenablog.com/entry/2016/10/14/011701


-----


【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年10月13日(木) 11:15 覆面ドクター・英
【覆面ドクター・英のG1プレ診断】~2016秋華賞~
閲覧 990ビュー コメント 0 ナイス 3



今週は秋華賞が行われます。自分のなかでは「まだ比較的新しいG1」という感覚があったのですが、第21回というのを見て、「もうそんなになるのか」と、ちょっとビックリしているところです(笑)。

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

まずは、レース全体の見どころや押さえておくべきポイントを整理していきましょう。

・前哨戦のローズSを完勝し、本来主役になっていたはずのオークスシンハライトが故障で戦線離脱。
→やや混戦模様に。
・そのライバルと目されていた桜花賞ジュエラーが骨折明けとなった秋初戦で期待外れの大敗。
→これを重馬場のせいとみるか、完調には程遠いとみるのかどうか。
オークス3着馬のビッシュが紫苑Sを圧勝し、やや押し出された感はありながらも断然1番人気になりそう。
→低レベルのトライアルだったこのレースが重賞となり、一転してハイレベルな関西馬が集まったなかでのこの圧勝を、いかに評価するか。
ヴィルシーナの下である良血ヴィブロスや名牝ダンスインザムードの仔カイザーバルがトライアルで権利獲得。
→本番で潜在能力を爆発させることができるかどうか。

このあたりを踏まえつつ、各馬の診断を行っていきましょう。

ビッシュ
紫苑S出走時は420kgと春先よりも馬体重が少し増えていましたが、・・・

[もっと見る]

2016年10月10日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年10月10日号】特選重賞データ分析編(16)~2016秋華賞~
閲覧 2,594ビュー コメント 0 ナイス 2

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析!<ピックアップデータ>をはじめ、<追い風データ/向かい風データ>、<注目馬チェック>など貴重な情報満載のウマニティ会員専用コラムを是非あなたの予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1秋華賞 2016年10月16日(日)京都競馬場/芝内回り/2000m


<ピックアップデータ>

【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2012年以降)】
○3位以内 [4-3-3-15](複勝率40.0%)
×4位以下 [0-1-1-44](複勝率4.3%)

 近年は前走で出走メンバー中上位の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬が優勢。ちなみに、前走の4コーナー通過順が1番手だった馬は2012年以降[0-0-0-8](複勝率0.0%)と苦戦しています。先行力の高さを活かしたいタイプよりも、差し馬を重視するべきでしょう。

主な「○」該当馬→カイザーバルビッシュミエノサクシード
主な「×」該当馬→クロコスミアジュエラーダイワドレッサー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

[もっと見る]

⇒もっと見る

カイザーバルの口コミ


口コミ一覧

京都牝馬Sの。。。

 tntn 2019年2月16日() 00:57

閲覧 130ビュー コメント 41 ナイス 170

****************************
今日の京都牝馬ステークス。如何にも揃った18頭!

例年頭数は揃い気味。。。施行距離が1400mに変わり3年経過。
1番人気が勝利を収める。。。今年は?それすら予想できない。(*ノωノ)

@過去5年の共通項は。。。
----------------------------------------------------------------

①関東馬+関西馬
②関西騎手
③4歳/6歳以上
④1番人気(3101)
⑤前走2走で掲示板
⑥父サンデー&母父サンデー
⑦5・6枠vs7枠。
⑧前年1着枠の2隣枠
⑨馬番10番までと10番から外馬番。前年1着馬番か隣馬番

--------------------------------

@U指数
--------------------------------
97.4 ① ミスパンテール
97.0 ② エイシンティンクル
96.4 ③ ワントゥワン
96.3 ④ デアレガーロ
95.9 ⑤ カラクレナイ
95.7 ⑥ ディメンシオン
95.5 ⑦ ベルーガ
95.1 ⑧ アルーシャ
95.0 ⑨ カイザーバル
94.9 ⑩ レーヌミノル
94.9 ⑪ アマルフィコースト
94.4 ⑫ リバティハイツ

---------------------------------------------------------------

昨年の覇者ミスパンテール中心で。

エイシンティンクルとワントゥワン、アルーシャ。
リテーナ、ベルーガ、ディメンシオン。

穴は、カイザーバル!

***********

ダイヤモンドSの。。。

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=770003321b&owner_id=4a85df85ef

**********************************

 穴党専者 2019年2月15日(金) 22:42
京都牝馬S ◎⑱カイザーバル( ̄▽ ̄)✧ラストランの一発!
閲覧 194ビュー コメント 2 ナイス 7

叔父ダンスインザダーク
叔母ダンスパートナー

距離短縮◎⑱カイザーバル

*走破時計遜色なし

*芝7ハロン戦🔜10割!

*ラストランの一発!

💡補足

大外枠の短距離戦の不利やら懸念されておるけど、イン(内側)の芝の状態(芝の傷み)なのであれば、むしろ中~外側枠の面子にもチャンスが
あっていい。( ̄▽ ̄)✧ラストランの一発に期待大!

[もっと見る]

 tntn 2018年12月14日(金) 00:35
何処で見切るか!?【ターコイズS】の過去3 
閲覧 310ビュー コメント 37 ナイス 154

****************************************
土曜日のターコイズステークス。
重賞の格付けから3年。。。初年度が3連単295万!

そこからの2年は落ち着いたように見えますが。。。
昨年は、1着から14着までが0.4秒の中で決着!
ハンデキャッパに上手さが光りました。ヾ(ーー )

その3年の結果とU指数を確認しました。(`・ω・)ゞ
歴史を振り返るのにも。。。どーぞ。
---------------------------------------
 
2017 /  14-⑤-③ 
2016 /  ①-②-④ 
2015 /  16-9-⑥ 

--------------------

①~⑥の1頭は入ってる。

指数下位の人気馬か、指数上位の人気無し馬か。。。
極端な馬を狙ってみたくなる。脚質は差し。

--------------------
96.3 ① デンコウアンジュ。。。。柴田善臣(55.0)同斤
96.3 ② フロンテアクイーン。。。Oマーフィ(55.0)+2Kg
96.1 ③ ミエノサクシード。。。。川島信二(55.0)
96.0 ④ ミスパンテール。。。。。横山典弘(56.0)+3Kg
95.3 ⑤ カワキタエンカ。。。。。池添謙一(55.0)
95.1 ⑥ レッドオルガ。。。。。。Cデムー(54.0)
95.1 ⑦ プリモシーン。。。。。。Wビュイ(55.0)
--------------------
94.9 ⑧ ディメンシオン。。。。。福永祐一(53.0)
94.5 ⑨ フローレスマジック。。。Cルメール(54.0)
94.1 ⑩ リエノテソーロ。。。。。田辺裕信(55.0)
--------------------
94.0 ⑪ カイザーバル。。。。。。四位洋文(53.0)
93.6 ⑫ キョウワゼノビア。。。。田中勝春(52.0)
92.9 ⑬ リナーテ。。。。。。。。三浦皇成(53.0)
92.1 ⑭ リバティハイツ。。。。。北村友一(54.0)
90.4 ⑮ ハーレムライン。。。。。大野拓弥(52.0)
88.3 ⑯ アンコールプリュ。。。。藤岡康太(52.0)
--------------------
※⑥=⑦なので7位で仕切り。

<ぱっと見共通項>

7枠、3歳~5歳、関東騎手、関西馬

--------------------
実績のわりに軽いフロンティアクイーン。

3歳馬プリモシーン、少し見込まれた感じ。
あと3連勝でも53Kgディメンシオン。

クラシック好走の。。。
フローレスマジックの54kgは恵量。。。ただ人気でしょうね。
同じくカイザーバルの53Kgは、軽い気がします。^m^)

リバティハイツも面白い。。。って、オール関西騎手か!
さすがに、外国人3人決着とか無いと思いますけど。。。(・・?
何処で見切るか!指数か脚質か人気か、、、さーこい!ターコイズ!ヾ(ーー )
********************

朝日FSのゲストは。。。虹色感動!

https://umanity.jp/home/view_diary.php?id=58c55aa6e0&owner_id=4a85df85ef

****************************************

[もっと見る]

⇒もっと見る

カイザーバルの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  後方一気⊿46   フォロワー:0人 2018年11月25日() 15:12:37
秋華賞GⅠで3着などの実績、ダンス一族という血統背景からオープンクラスでの活躍が期待されていたカイザーバル。脚部不安で条件クラスが長引いてしまったがここに来て連勝。遂にオープン入りだね。中竹厩舎に移り、環境が変わるなどもありようやくオープンに。残り僅かの現役生活でしょうけどこの馬のオープン入りは大きな意義がある。京都牝馬ステークスGⅢと同じ芝1400m外回りの渡月橋ステークスを快勝。重賞勝ちも期待したいですね、繁殖入りの良いお土産に。
1:
  花太郎   フォロワー:163人 2017年1月7日() 18:32:02
H28年12月10日(土)
渋った馬場は歓迎のタイプ。

カイザーバルの写真

カイザーバル
カイザーバル

カイザーバルの厩舎情報 VIP

2019年2月16日京都牝馬ステークス G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カイザーバルの取材メモ VIP

2019年2月16日 京都牝馬ステークス G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。