プランスシャルマン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
プランスシャルマン
写真一覧
現役 セ6 栗毛 2013年3月8日生
調教師畠山吉宏(美浦)
馬主村野 康司
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績25戦[2-2-0-21]
総賞金3,800万円
収得賞金450万円
英字表記Prince Charmant
血統 ジャングルポケット
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ダンスチャーマー
カラフルトーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
シングライクトーク
兄弟 アサクサマジックランダムトーク
前走 2019/09/21 3歳以上1勝クラス
次走 2019/12/15 3歳以上1勝クラス

プランスシャルマンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/09/21 中山 6 3歳以上1勝クラス 芝2200 1357173.91212** セ6 57.0 田中勝春畠山吉宏464(+2)2.16.1 1.335.7ヴァイスブリッツ
19/08/31 新潟 9 糸魚川特別 1勝クラス 芝2000 15815267.31313** セ6 57.0 武藤雅畠山吉宏462(-6)2.01.2 1.535.8④④パルティアーモ
19/05/19 東京 7 4歳以上500万下 芝2000 11225.539** 牡6 57.0 戸崎圭太畠山吉宏468(+2)2.01.0 0.834.5⑧⑩⑩ウインスラーヴァ
19/03/31 中山 8 4歳以上500万下 芝2000 107717.064** 牡6 57.0 三浦皇成畠山吉宏466(-8)2.03.3 0.935.6⑧⑧⑥⑦ヒシヴィクトリー
19/03/17 中山 8 4歳以上500万下 芝2000 1381328.185** 牡6 57.0 三浦皇成畠山吉宏474(-12)2.01.0 1.035.9⑧⑧⑧⑤ダイワメモリー
19/01/19 中山 7 4歳以上500万下 芝2200 1671399.0139** 牡6 57.0 北村宏司畠山吉宏486(+30)2.15.1 1.036.8⑪⑪⑫⑧サトノシャーク
18/05/20 東京 7 4歳以上500万下 芝2000 124411.659** 牡5 57.0 北村宏司畠山吉宏456(+4)2.01.1 0.935.2⑧⑨⑧コンフィデンス
18/05/05 東京 6 4歳以上500万下 芝2400 85510.544** 牡5 57.0 北村宏司畠山吉宏452(+10)2.29.8 0.533.6⑤⑤⑥⑦ヴァンクールシルク
18/04/14 福島 12 飯盛山特別 500万下 芝2000 11449.254** 牡5 57.0 吉田隼人畠山吉宏442(-20)2.03.6 0.936.4キングパール
18/03/18 中山 8 4歳以上500万下 芝2000 145824.6104** 牡5 57.0 北村宏司畠山吉宏462(-10)2.02.5 0.635.3⑫⑫⑫⑫スパイラルダイブ
18/01/06 中山 7 4歳以上500万下 芝2000 16611182.81412** 牡5 57.0 北村宏司畠山吉宏472(+20)2.02.2 0.834.9⑪⑬⑬⑬ベイビーステップ
17/07/15 福島 12 3歳以上500万下 芝1800 1671426.7811** 牡4 57.0 石橋脩斎藤誠452(0)1.48.6 1.737.1シャララ
17/06/25 東京 8 3歳以上500万下 芝1800 1371012.6712** 牡4 57.0 石橋脩斎藤誠452(-4)1.49.4 1.135.4ピッツバーグ
17/06/10 東京 8 3歳以上500万下 芝2400 118116.446** 牡4 57.0 田辺裕信斎藤誠456(-8)2.29.1 1.337.3⑥⑦④⑤ヘリファルテ
17/01/29 東京 12 4歳以上1000万下 芝1800 1681630.6814** 牡4 56.0 大野拓弥斎藤誠464(+8)1.49.6 1.335.1⑧④④スモークフリー
16/10/01 中山 10 習志野特別 1000万下 芝2000 13577.139** 牡3 55.0 田辺裕信斎藤誠456(+4)2.02.2 0.635.4⑩⑩⑦⑧ミライヘノツバサ
16/09/03 新潟 10 弥彦特別 1000万下 芝1800 146103.118** 牡3 54.0 田辺裕信斎藤誠452(+2)1.46.0 0.635.0⑤⑤トーセンデューク
16/05/07 東京 11 プリンシパル OP 芝2000 175106.356** 牡3 56.0 内田博幸斎藤誠450(-10)1.59.7 0.534.6⑩⑫⑩アジュールローズ
16/03/20 中山 11 スプリングS G2 芝1800 117860.394** 牡3 56.0 内田博幸斎藤誠460(-6)1.48.4 0.336.2⑦⑦マウントロブソン
16/01/17 中山 11 京成杯 G3 芝2000 154715.487** 牡3 56.0 柴山雄一斎藤誠466(+2)2.01.9 0.534.7⑨⑦⑧⑩プロフェット

⇒もっと見る


プランスシャルマンの関連ニュース

 ★フジテレビ賞スプリングSで2着に粘ったマイネルハニー(美・栗田博、牡)は、200万円の追加登録料を支払って、未登録だったクラシックに出走する。オーナーサイドによると、ダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)を目指すが、皐月賞への出否は未定。

 ★フラワーC2着ゲッカコウ(美・高橋博、牝)は、桜花賞には向かわず、サンケイスポーツ賞フローラS(4月24日、東京、GII、芝2000メートル)からオークスへ。

 ★ファルコンSを快勝したトウショウドラフタ(美・萱野、牡)は、NHKマイルC(5月8日、東京、GI、芝1600メートル)に直行。

 ★チューリップ賞8着レッドアヴァンセ(栗・音無、牝)は武豊騎手で桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)へ。フィリーズレビュー8着のメイショウスイヅキ(栗・本田、牝)は、松山騎手で桜花賞に参戦。

 ★フジテレビ賞スプリングS4着プランスシャルマン(美・斎藤誠、牡)は青葉賞(4月30日、東京、GII、芝2400メートル)へ。

 

【スプリングS】レースを終えて…関係者談話2016年3月21日(月) 05:03

 ◆内田騎手(プランスシャルマン4着) 「道中はうまく運べたし、3着にこられればよかったが…。もうひと押しだった」

 ◆ルメール騎手(ミッキーロケット5着) 「ゲート内でチャカチャカして出遅れ。最後は脚を使っているが…」

 ◆松岡騎手(プレイヤーサムソン6着) 「折り合いが課題で、1~2コーナーでハミをかみ気味。しまいは確実に伸びるし、次はもっといい結果が出そう」

 ◆武豊騎手(ドレッドノータス7着) 「きょうが一番折り合いはついたが、勝負どころで1回も反応がなかった」

 ◆吉田豊騎手(ハレルヤボーイ8着) 「いい感じで走れたが、距離が長いのか、伸び切れなかった」

 ◆藤田騎手(モウカッテル9着) 「思ったよりもスタートで出てくれたので、あの位置(5番手)から。直線も頑張ってくれたけど、伸び切れませんでした」

 ◆戸崎騎手(ケンホファヴァルト10着) 「リズム良く運べたが、最後はいっぱいになった」

 ◆田辺騎手(アドマイヤモラール11着) 「攻め馬の感じから少し重かったし、早々と手応えが怪しくなった」

★20日中山11R「スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】マウントロブソン3連勝でいざ皐月賞! 2016年3月20日() 15:55

 20日の中山11Rで行われた第65回フジテレビ賞スプリングステークス(3歳オープン、GII、芝1800メートル、11頭立て、1着賞金=5400万円、1~3着馬に皐月賞の優先出走権)は、アンドレアシュ・シュタルケ騎手騎乗の4番人気マウントロブソン(牡、美浦・堀宣行厩舎)がゴール寸前で差し切ってV。重賞初制覇を飾り、2着マイネルハニー、3着ロードクエストとともに皐月賞(4月17日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分48秒1(良)。

 逃げ込みを図る相手を、測ったように差し切った。3連勝での重賞初制覇を決めて皐月賞切符を獲得したのは4番人気の芦毛馬マウントロブソン。堀厩舎のディープインパクト産駒が、大きな1勝を手に入れた。

 レースはマイネルハニーが予想通り先行。外からケンホファヴァルトが2番手に押し上げ、好スタートを切ったアドマイヤモラールは好位のインに控える。レース中盤からはプランスシャルマンも好位に取り付いた。人気のロードクエストは後方2番手からの競馬。藤田菜七子騎手の重賞初騎乗で注目されたモウカッテルも中団で流れに乗った。マイネルハニーは軽快なペースで逃げ、直線に向いても後続の追撃を許さず、逃げ込みを図る。しかし、道中で5番手にいたマウントロブソンがじわじわと詰め寄り、さらに大外からようやくロードクエストも猛追。ゴール前は3頭の争いとなったが、最後の最後でわずかにマウントロブソンがクビ差かわして重賞初Vを決めた。この勝利によってディープインパクト産駒は7週連続重賞Vとなり、先週樹立した新記録を更新している。また、弥生賞(マカヒキ)、若葉S(アドマイヤダイオウ)に続いて、皐月賞のトライアルレースは全てディープインパクト産駒の勝利となった。

 クビ差2着は5番人気のマイネルハニーロードクエストは2着からクビ差の3着に終わっている。藤田菜七子騎手のモウカッテルは勝ち馬から1秒0差の9着だった。

 マウントロブソンは、父ディープインパクト、母ミスパスカリ、母の父Mr.Greeleyという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、金子真人ホールディングス(株)の所有馬。通算成績は5戦3勝。重賞初勝利。堀宣行調教師は2010年アリゼオに次いでフジテレビ賞スプリングS2勝目、アンドレアシュ・シュタルケ騎手は初勝利。

 一昨年のマイラーズCワールドエース)以来、日本で2度目の重賞勝ちを果たしたシュタルケ騎手は「アリガトウゴザイマス。これまでのレースをビデオで何度も見て研究していました。思っていた通り、スタートが良く、乗り難しさもなくて、うまく立ち回ってくれました。とてもいい馬です。道中いろいろあったので、そのあたりがクリアに進んでいたら、もう1馬身くらい離して勝てたかもしれません。まだまだこれから成長する馬なので楽しみです」とクラシック戦線に向けての太鼓判を押していた。

★20日中山11R「スプリングステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】うまやの話2016年3月20日() 05:04

〔1〕マウントロブソン・渡邉助手「重賞で相手も強力。まだ未知の部分もあるし、どこまで通用するかな」

〔2〕ハレルヤボーイ・田村康師「体がしっかりした。本番の権利を取りたい」

〔3〕アドマイヤモラール・上原博師「ここを目標に調整。距離は大丈夫。器用さがあるし、権利を取りたい」

〔4〕マイネルハニー・横田助手「今回もいい状態で出せる。1ハロン短縮はプラスだし、馬場が渋っても大丈夫。当日のテンションが鍵」

〔5〕モウカッテル・日高助手「芝の中距離に対する適性はある。ただ、前走が力負けだっただけにね」

〔6〕プレイヤーサムソン大和田成師「速いペースになれば、楽に運べるはず」

〔7〕ミッキーロケット・音無秀師「前走はスタートがひと息で、流れも不向き。調子は良さそう」

〔8〕プランスシャルマン斎藤誠師「操縦性の高い馬。自分でレースをつくる形で改めて期待」

〔9〕ケンホファヴァルト・日高助手「順調に調整できている。相手はそろったが、距離短縮はプラス」

〔10〕ロードクエスト・土明助手「体が締まってきたし、精神的にも成長してどっしりしてきた。勝って本番に向かいたい」

〔11〕ドレッドノータス・矢作芳師「体がひと回り成長し、今週の動きは良かった。中山千八は先行力を生かせる舞台。いい結果を出して皐月賞に向かいたい」

スプリングSの出馬表はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】厩舎の話2016年3月18日(金) 05:05

 ◆アドマイヤモラール・上原師 「併せてしっかり追えた。距離は問題ないし、先行して粘り強さを生かしたい」

 ◆ケンホファヴァルト・日高助手 「間隔が詰まっているので、それほどやらなかった。いい意味で平行線。距離短縮はプラス」

 ◆ドレッドノータス・矢作師 「メンコを着けてテンションの高さはましになってきた。前に行けるから中山も合いそう」

 ◆ハレルヤボーイ吉田豊騎手 「いい動き。うまくためられれば、しまいはいい脚が使える。重賞でも」

 ◆プランスシャルマン・内田騎手 「乗りやすいね。よく調教されていると思う。乗った感触は悪くない」

 ◆プレイヤーサムソン・大和田師 「追い切りの動きはまずまず。折り合い重視で、うまく脚をためられれば…」

 ◆マイネルハニー・栗田博師 「いい感じだった。週末は“傘マーク”がついているけど、道悪は鬼だからね」

 ◆ミッキーロケット・ルメール騎手 「追い切りはとてもいい感じ。乗りやすく、チャンスはある」

 ◆ロードクエスト・池添騎手 「先週、強めにやっているのでほぼ馬なりで。多少、伸びしろを残しながらの仕上げだけど、いい動き」

[もっと見る]

【スプリングS】追って一言2016年3月17日(木) 05:07

 ◆アドマイヤモラール・上原師 「併せてしっかり追えた。距離は問題ないし、先行して粘り強さを生かしたい」

 ◆プランスシャルマン・内田騎手 「乗りやすいね。よく調教されていると思う。乗った感触は悪くない」

 ◆プレイヤーサムソン・大和田師 「追い切りの動きはまずまず。折り合い重視で、うまく脚をためられれば…」

スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

プランスシャルマンの関連コラム

閲覧 1,469ビュー コメント 0 ナイス 6

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。先週のスプリングステークスでは、軸として推奨したロードクエストが3着、相手として妙味有りとみたプランスシャルマンが9番人気4着。特にプランスシャルマンは内田騎手の積極的な騎乗で持ち味を出すことができたと思います(先週のコラムはこちらhttp://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7001)。今週もよろしくお願いします。

今週はいよいよG1高松宮記念
週中にエアロヴェロシティダンスディレクターの回避が発表され、難解さを増した1戦となりました。

中京改修後はタフな馬場、直線の長いコースということもあり、「1200mでも1400m型を狙え」などということも良く言われています。これは確かに間違っていないのですが、展開などにより一概的にはいえないと思います。

たとえば、昨年のスプリンターズステークスでは、ハクサンムーンが前半3F34秒1というスローペースの逃げをしたために1400mベストと思えるサクラゴスペルの脚が貯まり、馬群が凝縮したためウキヨノカゼの捲りが決まりました。

これと逆の現象が起こったのが昨年のヴィクトリアマイルです。これまでのヴィクトリアマイルはスローペースになり、マイル戦なのにも関わらず中距離馬の脚が貯まり、中距離馬の差し込みが決まっていました。しかし昨年のヴィクトリアマイルでは1400m型であるミナレットの逃げによりペースが締まり、1800m型というよりは1400m型のストレイトガールが勝利しました。

今年の高松宮記念は、ハクサンムーンが前哨戦のオーシャンステークスで前半3F32秒7の逃げで結果を残したことである程度締まった流れが予想されます。となると、1400m、マイル寄りに適性がある馬の脚が貯まらずに、生粋のスプリント適性が求められることになると考えます。

スプリンターらしい逃げで
この前提で注目したいのはやはりハクサンムーン。スタートしてからのダッシュ力、あの天性のスピードはおそらく母母メガミゲランのTom Fool5×6から受け継いでいるものだと思いますが、このスピードこそが生粋のスプリンターの証であると思います。ロードカナロアの2着に好走した3年前のスプリンターズステークスでは前半3F32秒9、前走のオーシャンステークスは前半3F32秒7の逃げ。馬場差や風向きなどがあり一概には言えませんが、1200mらしいペースでこそ好走していることも、この馬がスプリンターであることを証明していると思います。このように最もスプリンターらしい馬がスプリンターらしい逃げをすれば結果を残しているわけで、今回も大外枠からであれば競馬はしやすいだろうし悲願のG1制覇に期待したいです。

●魅力的な配合で父の後継者に
前走から一転2枠4番の好枠を引き当てたビッグアーサーサクラバクシンオー産駒。サクラバクシンオー産駒父サクラユタカオー天皇賞(秋)などを制した中距離馬で、Nasrullah3×4、父父Princely Giftもスピードが持ち味ではありますが、パワーで突進するような硬派なスピードではなく、柔らかな、美しいスピードを伝えます。そのため、グランプリボスサンクスノートのような1200mよりも少し長めの距離を走る馬も輩出しますし、母からパワーを取り込めばベルカントカノヤザクラのようなパワースプリンターも輩出します。ビッグアーサーの場合は母がNureyev≒Sadler’s Wells3×2というワークフォースのような、エルコンドルパサーのような強力な近親配合からパワーを受け継いでいて、ムッチリとした馬体を見てもスプリンターです。前走は枠の差ですし、血統的な期待を込めても相手筆頭に挙げたいです。

●世界的な超良血馬
アルビアーノは直仔に種牡馬トワイニング、他にもForeign CournerからはGreen Desert→Cape Cross、ダークシャドウ、バラダからはワンアンドオンリーグレイトジャーニー、ノーザリーズン、Aquilegiaからはジェンティルドンナの母父として有名なBertoliniらを輩出している超名門Coutly Dee牝系で、本馬は日本ではヤマニンパラダイス→ヤマニンセラフィム母子が有名なAltheaの分岐。しかもそのAltheaにDanzig→Unbridledと超一流種牡馬が配されている良血馬で、パドックでの気品ある姿は良血ならではのものでしょう。前走のパフォーマンスは能力の高さを証明したものではありますが、あのハクサンムーンの作る流れについていけないあたりがスプリンターではないことを証明しているともいえ、1200mのG1を勝ち切るイメージが湧きません。しかし、超良血馬ですから3番手以下には落とせません(ちなみに筆者はNHKマイルカップでもマイルチャンピオンシップでも◎でした)。

●中京替わりはプラスか
前走のオーシャンステークスで重賞初制覇を決めたエイシンブルズアイは、Sir Gaylord≒Secretariat5・5×5・5、Secrettame≒Weekend Surprise4×4とも表記でき、この血統は柔らかさ≒緩さを伝えるので、徐々に筋力がついてきて距離適性が短いところにシフトしてきたのも納得といえます。直線の長いコースの方が良いタイプだと思うのでここは好走の可能性は高そうです。

●1200mでは頂点を極められない
ミッキーアイルハーツクライダイヤモンドビコーと同じMy Bupers牝系で、母はBusanda7×7などを持つパワー型。ディープインパクトにこのようなパワー型を配してもスプリンターにせずマイラーに出ることが多いですし、場合にによっては中距離をこなすタイプをも輩出してしまうのがスーアーサイアー、ディープインパクト。だからやはりミッキーアイルスプリンターではないし、確かに気性面では1200mの方が走らせやすいのかもしれないけれど、この距離で頂点を極めることは厳しいでしょう。ここも好走止まりだと思います。同じディープインパキト産駒のウリウリも、1400mベスト型なので1200mならば脚が貯まるスローペースの方が好走しやすく、この枠だと流れ込んでの掲示板止まりかなという読みです。

●紐で抑えたい
スノードラゴンサッカーボーイステイゴールドショウナンパンドラ、タマモ○○〇プレイなどを輩出する名門ロイヤルサッシュ牝系で、スプリントG1覇者まで輩出したのは牝系の優秀さを思い知らされました。やはり直線の長い中京替わりでは侮れない1頭。ブラヴィッシモは最内枠で横山典弘騎手であれば面白そうです。

【まとめ】
出走馬の中でG1級のスプリンターは?と問われれば、ミッキーアイルアルビアーノスプリンターではないし、ローレルベローチェでは器不足だから、ハクサンムーンビッグアーサーということになる。スプリントGIでスプリントG1らしい流れが予想されるのであれば三連系の馬券を買うのであれば別だが、ここではハクサンムーンビッグアーサー、G1級のスプリンター2頭の1点予想としたい。


----------

【参考】
『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2016年3月23日(水) 17:15 【ウマニティ】
先週の回顧~(3/19~3/21)伊吹雅也プロが的中率60%・回収率290%の高精度!
閲覧 1,116ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、19(土)に中京競馬場でG3中日スポーツ賞ファルコンステークスが、20(日)に中山競馬場でG2スプリングステークスが、阪神競馬場でG2阪神大賞典が、21(月)に中山競馬場でG3フラワーカップ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
 
G3中日スポーツ賞ファルコンステークスミスキララが先頭で直線コースへ。先頭のミスキララを2番手につけていたシゲルノコギリザメが交わして200mを通過、人気のシュウジはここで早くも後退すると内を突いて追い込んできたブレイブスマッシュが2番手に浮上、大外からはトウショウドラフタが豪快なストライドで追い込んできます。ゴール前、シゲルノコギリザメブレイブスマッシュが叩き合うところ、外から一気の脚でトウショウドラフタがこの2頭を捉えると最後は流しての完勝!1馬身3/4差の2着にブレイブスマッシュ、そこから半馬身差の3着にシゲルノコギリザメが入っています。
 
公認プロ予想家では伊吹雅也プロら8名が的中しています。
 
 
G2スプリングステークスマイネルハニーが先頭で直線コースへ。軽快に逃げ込みを図るマイネルハニーのリードは2馬身、2番手に
プランスシャルマン、その外にマウントロブソン、1番人気のロードクエストは大外に進路を取ります。残り100mを切っても依然先頭はマイネルハニー、2番手にはマウントロブソンが浮上して一間歩くごとに前に迫ります!ロードクエストは懸命に前を追いますが、伸びきれません。ゴール前まで続いた叩き合いはクビの上げ下げの接戦となりましたが、僅かにマウントロブソンマイネルハニーを捉えて優勝しました!クビ差の2着にマイネルハニー、そこからクビ差の3着にロードクエストが入っています。
 
公認プロ予想家ではサラマッポプロら15名が的中しています。


G2阪神大賞典カレンミロティックが先頭で直線コースへ。直線に入ると4コーナーから併せ馬の形でまくり気味に進出したタンタアレグリアシュヴァルグランの2頭が早々と先行勢を捉えて抜け出します。残り200mを通過、ここでタンタアレグリアを振り切ったシュヴァルグランが最後までしっかり伸びきって2馬身半差の楽勝!2着にタンタアレグリア、そこから3馬身差の3着にアドマイヤデウスが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロら7名が的中しています。


G3フラワーカップエンジェルフェイスが先頭で直線コースへ。逃げるエンジェルフェイスのリードは1馬身、その後ろにエテルナミノルアオイプリンセスアオイサンシャインと前を追います。残り100mを通過、まだまだ手応えに余裕のエンジェルフェイスに後続勢からは内を突いてゲッカコウ、外からはウインクルサルーテも差を詰めてきますが、2番手争いまで。結果、逃げたエンジェルフェイスが後続に詰め寄られることなく、完勝しました!1馬身1/4差の2着にゲッカコウ、そこからハナ差の3着いウインクルサルーテが入っています。
 
 
公認プロ予想家では伊吹雅也プロら8名が的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
19(土)中京11Rで『内寄りの枠に入った馬を重視したい一戦。コース替わりがプラスに働くと思いますし、枠順も申し分ありません。』と本命に抜擢した◎ シゲルノコギリザメからの3連複を800円的中させ、10万3680円を払い戻しました!21(月)中山9Rでも○◎▲の大本線!3連複23倍を2300円的中させ、6万4400円を払い戻しました!この他にも的中を連発させ、週末トータル回収率290%、収支プラス19万80円の好成績を収めています。

☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
19(土)中京7Rで、▲×○の3連複1224.9倍の大波乱を見事的中!同日の阪神1Rでも単勝25.7倍、馬連52.9倍、3連複149倍を的中させ、4万900円を払い戻しました!週末のトータルでは、回収率147%、収支プラス13万9730円をマークしています!

☆☆☆注目プロ →馬券生活プロ
20(日)阪神8Rで◎ファシーノの単複、馬連を本線で仕留め、11万2000円を払い戻し!21(月)中山4Rでも『前走着順は芝なので度外視。人気は無くとも力上位』とコメントした単勝26.4倍◎ミッテルレギからの単複、馬連を的中させ、11万9880円を払い戻しました!週末トータル回収率133%、収支プラス9万3390円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースに指定した21(月)中京10Rで『この組み合わせは好調度がくっきり。本命戦とみた。パワーウーマンは中京巧者ですこし荒れた馬場も好み。先行できる組み合わせで3番枠で絶好の狙い』と本命に推した◎パワーウーマンからの馬単を5000円的中させ、13万2500円を払い戻し!20(日)阪神8Rでは馬連268.8倍を1000円的中させ、26万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率130%、収支プラス22万500円をマークしています。


※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年3月20日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/フジテレビ賞スプリングステークス G2(スガダイプロ)
閲覧 801ビュー コメント 0 ナイス 2

 本日はウマニティ公認プロ予想家軍団の不動の大エースとして、ユーザーから絶大な支持を集めているスガダイさんに登場してもらいます。当コーナーでも過去に数々のヒットを飛ばしてきたスガダイさんが狙いを定めたのはスプリングSです。ウマニティの第一人者が導き出した結論に注目しましょう。
 本命に推すのは②ハレルヤボーイ。「中山で未勝利戦を勝ったときがケタ違いに強かった。折り合いを欠いた朝日杯FSでは大きく崩れたが、重賞で2度の入着歴があり、条件さえ噛み合えばもっとやれていいはず。強い勝ち方をした中山で相性のいい鞍上なら期待できる」と推奨根拠をあげてくれました。
 対抗は「実績上位」の⑩ロードクエスト。単穴は「前2走は不完全燃焼だった」⑧プランスシャルマン。以下、①④⑦⑪まで押さえ、馬券は単勝②、馬連流し②→①④⑦⑧⑩⑪、3連複2頭軸流し②⑩→①④⑦⑧⑪で勝負します。
 本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAX でご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年3月17日(木) 17:32 みんなの競馬コラム
【フジテレビ賞スプリングステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 2,304ビュー コメント 0 ナイス 5

先週のフィリーズレビューでは、軸として推奨したアットザシーサイドが2着となりました。しかし、Fair Trialという血の話をしておきながらFair Trial的な血を強く持つソルヴェイグについて一切触れていませんでした。これは痛恨のミスです・・・。(先週のコラムはこちらhttp://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6987)

スプリングステークスはご存知のように、内回り1800mを使用します。コーナー部分が非常に多く立ち回りの巧さが求められます。過去3年の勝ち馬、ロゴタイプロサギガンティアキタサンブラックなどは現役でも屈指の器用さ、機動力を持っている馬でしょう。

ポイントとなる血は先週と同じように、スタミナ至上主義だったイギリスで、短距離で活躍する産駒が多いにも関わらず1950年にリーディングサイアーとなったFair Trialとその母Lady Jurorという血。非常に遺伝力がある血で、Nothern Dancer系で良く名前が挙がる、Danzig、Nureyev、Sadler’s Wells、Lyphardなども母系にこの血を引いており、影響は大です。

たとえば、
ロゴタイプは、母母スターバレリーナがBold Ruler3×4で、自身がHalo4×3、Sadler’s Wells≒Nureyevの3/4同血クロス4×4、Bold RulerやHaloは優秀なスピードや器用さを伝えますし、Sadler’s Wells≒NureyevのFair Trial血脈でパワー面を補強。同期の大物エピファネイアキズナらを相手に、ダービーや菊花賞ではなく内回り2000mの皐月賞を制したのは極めて順当といえます。
ロサギガンティアは母父Big Shuffleの母母がLady Juror3×4をはじめとする近親交配馬で、このスピードの影響が大きいと思われます。重賞2勝目となった阪神カップも、内回り1400mでしたし、器用さが求められるコース向き。東京などの直線の長いコースではスローペースで驚異的な上がりを出しますが、ハイペースで差し馬向きに流れになったときは案外すぐ脚が上がるタイプといえます。
キタサンブラックはLyphard4×4、そしてあのコーナーでのフワッとしたスピードの乗りはBold Ruler系、母母父ジャッジアンジェルーチの影響と思われます。
このように、器用さが求められるコースのためLady Juror→Fair Trial血脈の優越がみられます。

●コース適性が高そうな2頭
そんな中、注目したいのはハレルヤボーイプランスシャルマン
ハレルヤボーイは、ルーラーシップドゥラメンテなど望田潤先生のいう「野太い斬れ」を生み出すキングカメハメハとトニービンによるHornbeam5×7を持ちますが、母のNureyev、LyphardというFair Trial血脈や、ノーザンテースト4×5の影響か小刻みなピッチ走法で走るので、中山の未勝利戦で見せたような加速力が魅力的な馬です。ですから直線の長いコースだと脚の使いどころが難しいですが、中山内回りであればコーナリングで一気に加速できるのでこのコース替わりは大幅なプラスでしょうシュンドルボンで同コースの中山牝馬ステークスを制したばかりの吉田豊騎手とも手が合いそうです。
プランスシャルマンジャングルポケットに、母カラフルトークがノーザンテーストを持つので、コパノリッキーのようにトニービン、Nureyev、ノーザンテーストを併せ持ちHyperionが濃い血統構成。ある程度の位置からしぶとさを活かしたいタイプで、前走はスタート後の不利で位置取りが後ろになりながらもラストは目立つ脚で追い込んできましたし、前々走のホープフルステークスでは内枠がアダとなり4角で動くに動けない不完全燃焼の競馬。今回は強気な騎乗が目立つ内田騎手が騎乗ですし、この馬のしぶとさを活かす乗り方をしてくれるはずです。

●ベストコースではないが力上位で
注目のロードクエストは、Bold BidderとSecretariatの3/4同血クロス4×5の影響か、あまり器用さは無く競馬の形が限られるタイプ。内回り1800mというコース形態は不向きですが、さすがにここでは力上位で馬券圏内は堅いのではないかと思います。

●押さえておきたい1頭
京都2歳ステークス以来となるドレッドノータスは、レースで行きたがってた(=重賞で掛かるほどの脚力の持ち主)というのが良いですね。ただ典型的なハービンジャー産駒の域は抜けていないでしょうから内回りの方がベター、となるとここは抑えが必要でしょう。

●魅力的な血統背景
ロードクエストと同じマツリダゴッホ産駒で、東京のフリージア賞を逃げ切ったマイネルハニーは面白い血統構成をしています。まず何といっても産駒頭数が少ない母父ナリタブライアンですし、Nothern Dancerを持たないマツリダゴッホにNothern Dancer3×3の母、そして自身はHail to Reason4×5、Bold Ruler5×5、Graustark5×5と相似配合系になっているのです。更に母母クインリマンドはリマンド×イコマエイカンという配合ですから、アグネスタキオンの母母アグネスレディーの全姉で、Lady Juror5×5を持つのです。パワーと粘りが持ち味の馬で、変にスローペースに巻き込まれるならば自分でよどみない流れを作ってしまった方が良いタイプで、コース替わりも歓迎でしょう。

●素質上位だが疑ってみたい2頭
マウントロブソンはあすなろ賞こそ、素質の違いでねじ伏せましたが重賞レベルで中山1800mはまだ疑ってみたく、ここ凡走→青葉賞からのダービー出走に期待したいです。ミッキーロケットはNureyev4×4、更にトライマイベスト、Caerleon、Never BendとLa Troiennneの血を引く馬を多く持つためやや肩が立っています。内回りでも極端にパフォーマンスを落とすタイプではないでしょうが、まだ緩さがある馬で坂は微妙かなと思います。この2頭は素質で馬券圏内の可能性がありますが、血統背景、鞍上から過剰人気するでしょうから今回は嫌ってみたいですね。

●大穴なら
大穴ではプレイヤーサムソン。High Top=Camden Town4×4という全きょうだいクロスを持ち、この2頭はCourt Martial(父Fair Trial)を持ちます。走法的にも気性的にも内回り替わりはプラスです。

【まとめ】
勝ち切る可能性は高いとは言えないが、軸はロードクエストで良さそう。相手には妙味も考慮するとハレルヤボーイプランスシャルマンが面白く、ドレッドノータスマイネルハニーも切れない。メウントロブソンとミッキーロケットは割り引いてみたく、大穴ではプレイヤーサムソン

----------

【参考】
『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)


「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年3月17日(木) 00:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第343話スプリングS(謎解き編)
閲覧 1,623ビュー コメント 0 ナイス 6

第343話 「スプリングS


12年 37.5-36.8-36.4 =1.50.7 ±0▼4△6 平坦戦 重
13年 36.8-35.4-35.6 =1.47.8 △2▼9△5 瞬発戦
14年 35.8-36.6-36.0 =1.48.4 ±0▼4△5 平坦戦
15年 36.7-37.9-34.5 =1.49.1 ▼2▼6△3 瞬発戦

近年は瞬発戦2回、平坦戦2回となっていてテン~中盤の流れでどちらにもなるレース傾向。
直線に入ったラスト2F目に▼4~▼9の加速が生じるということが共通点となっています。
中盤が速くなった13年でもスローの瞬発戦となった15年でも4コーナー3番手以内の馬が勝利していて先行馬有利のレース傾向となっています。
では過去5年のラップギアを見てみましょう。

1着馬
グランデッツァ   【瞬2平1消0】△ 1▼11△ 7 ▼ 9▼5▼ 1
ロゴタイプ     【瞬2平1消0】▼ 7▼ 2△ 2 ▼ 2▼5△ 2
ロサギガンティア  【瞬3平0消0】▼ 9± 0△ 2 ▼11▼5△ 4
キタサンブラック  【瞬2平0消0】▼ 1△ 5▼ 5 ▼12▼3△ 2
2着馬
ディープブリランテ 【瞬3平0消0】▼12△ 1△ 7 ▼10▼7△ 7
タマモベストプレイ 【瞬2平2消0】▼ 5▼ 8△10 ▼ 2▼8△ 4
アジアエクスプレス 【瞬1平2消0】△ 4▼ 4△ 3 ▼ 6▼2△10
リアルスティール  【瞬2平0消0】▼ 8▼ 8△ 7 ▼17▼5△10

瞬発戦実績と連続加速実績は必須という感じです。
またロゴタイプアジアエクスプレス朝日杯FS勝利馬以外の馬には1800m戦での勝利経験がありました。
1800m戦での適性は結構重要かもしれません。

上記にも書いた通り近年はとにかく先行馬有利となっていて前走で4コーナー5番手以内だった馬の成績が4-3-3-26という数字で勝ち馬は全てこの条件をクリアしていました。
この条件で更に前走3着以内という条件を加えると4-3-3-17と更に数字は上昇。
この2つをクリアしている今年の登録馬は
ドレッドノータスハレルヤボーイマイネルハニーマウントロブソンモンスターキング
の5頭です。
1800m戦で勝利経験があった馬は
ケンホファヴァルトプランスシャルマンプレイヤーサムソンミッキーロケット
の4頭です。
今年は全ての条件をクリアしている馬は1頭もいません。

1番人気が予想されるロードクエストはこのメンバーなら力は上位だと思われますが追い込み馬なのでレース傾向からは外れているので不安があります。
勝ちきれず2着3着という気がしますがこのメンバーなら突き抜けて本番へと行きたいところ。

2番人気が予想されるドレッドノータスは2戦2勝でどちらも先行押し切りというレース内容。
2戦共に上り3位以内をマーク出来ていないので京都で勝利してはいるもののおそらく速い上り勝負になると斬れ負けする可能性大だと思います。
上りが掛かるような馬場や展開になるかどうかが鍵。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
マウントロブソンロードクエストミッキーロケット
マウントロブソンは先行タイプではありませんが前走の様なマクリが出来るのであればここも行ける。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2016年3月15日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2016年03月15日号
閲覧 2,730ビュー コメント 0 ナイス 4

▼2016年03月19日(土) 中京11R 中日スポーツ賞 ファルコンステークス
【JRAの重賞において8着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [3-3-3-22](複勝率29.0%)
●なし [1-1-1-38](複勝率7.3%)
→中京競馬場がリニューアルオープンした2012年以降は、JRAの重賞で善戦した経験のある馬が優勢。オープン特別や条件クラスのレースにしか出走経験がない馬は過信禁物と見るべきでしょう。

▼2016年03月19日(土) 阪神11R 若葉ステークス
【同年、かつJRA、かつ芝のレースにおける優勝経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-3-5-21](複勝率38.2%)
●なし [0-2-0-27](複勝率6.9%)
→前年やダートのレースでしか優勝経験のない馬は不振。また、前走の単勝人気順が3番人気以下だった馬も2011年以降[0-3-0-38](複勝率7.3%)と安定感を欠いていました。

▼2016年03月20日(日) 中山10R 千葉ステークス
【前年か同年、かつ中央場所、かつ1600万下から上のクラス、かつ1400m以下のレースにおける優勝経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-4-4-32](複勝率28.9%)
●なし [0-1-1-29](複勝率6.5%)
→しばらく優勝から遠ざかっている馬は評価を下げて良さそう。あとは短距離や中央場所のレースに対する適性を重視すべきだと思います。

▼2016年03月20日(日) 阪神11R 阪神大賞典
【JRA、かつ3歳限定、かつ2400m以上のGⅠかGⅡにおいて4着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-2-5-7](複勝率63.2%)
●なし [0-3-0-31](複勝率8.8%)
→3歳時から長距離の重賞で好走していた馬は堅実。一方、古馬になってからこの路線で台頭してきたようなタイプは信頼できません。

▼2016年03月20日(日) 中山11R フジテレビ賞 スプリングステークス
【JRA、かつ芝1800mのレースにおいて4着以内となった経験の有無別成績(2011年以降)】
●あり [5-4-4-27](複勝率32.5%)
●なし [0-1-1-33](複勝率5.7%)
→今回と同じ芝1800mのレースを主戦場としてきた馬が優勢。特別登録を行った馬のうち、JRA、かつ芝1800mのレースにおいて4着以内となった経験があるのは、ケンホファヴァルトハレルヤボーイプランスシャルマンプレイヤーサムソンミッキーロケットの5頭だけです。

▼2016年03月21日(月) 中山11R フラワーカップ
【JRAの重賞において連対経験がなかった馬の、前走の着順別成績(2013年以降)】
●1着 [3-2-2-14](複勝率33.3%)
●2着以下 [0-0-0-19](複勝率0.0%)
→近年は前走を勝ち切っていた馬が中心。たとえオープンクラスのレースに挑戦していたとしても、直近のレースで2着以下に敗れた馬は評価を下げるべきでしょう。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。昨年12月4日には制作総指揮を務めている人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2016-2017』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

⇒もっと見る

プランスシャルマンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 52ビュー コメント 0 ナイス 3

9月21日(土)中山・阪神
【★=今週一番】

中山11RながつきS(★)
◎13.ゴールドクイーン  17
○4.ラインシュナイダー  16.5
▲16.ヴァニラアイス  16
・7.カフジテイク (16)
・15.アポロノシンザン  15.5
・8.シュウジ  15

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【参考買い目】
単勝◎=1点
馬連◎―〇=1点
馬単◎→○=1点
3連複◎―○―▲=1点
3連単◎→〇→▲=1点

【本日の厳選一頭】
中山6R
7.プランスシャルマン

以上

 ターフィーTD 2019年5月19日() 00:00
タフィスポ(5月19日号)
閲覧 257ビュー コメント 0 ナイス 6

5月19日(日)東京・京都・新潟
【★=今週一番】

東京11Rオークス
◎3.コントラチェック  16.5
○17.メイショウショウブ  15.5
▲13.ラヴズオンリーユー  15.5
・6.アクアミラビリス  15
・1.ジョディー  14.5
・2.クロノジェネシス  14.5
・11.シゲルピンクダイヤ  14

~レーティングについて~
 馬名右の数値は、該当馬の実力に騎手の巧拙、枠順やコーナーの有利不利を加味して算出した独自のレーティングです。1ポイント=0.2秒の差を示し、5ポイントで入線タイム差が約1秒と想定しています。(カッコ)付き数値は長期休養馬、もしくは8カ月以上前のレースぶりを見て算出したものです。予想の参考としてご覧ください。

【参考買い目】
単勝◎=1点
馬連◎―〇=1点
馬単◎→○=1点
ワイドBOX◎○▲=3点
3連複◎―○―▲=1点
3連単◎→〇→▲=1点

<勝負レース回収率=43%>

【本日の厳選1頭】
東京7R
2.プランスシャルマン

以上

[もっと見る]

 ターフィーTD 2018年5月20日() 06:18
タフィスポ(5月20日号)
閲覧 249ビュー コメント 0 ナイス 2

5月20日(日)東京・京都・新潟

【★★=本日一番、★=勝負レース】

東京11Rオークス(★★)
◎アーモンドアイ
○ランドネ
▲オールフォーラヴ
★サトノワルキューレ
△1、2、7、12

【短評】
 桜花賞覇者のアーモンドアイは別格も2着以下は並のレベル。スイートピーS組はフローラS組より上位で桜花賞組に割って入る。印上位4頭抜けるも△以下は混戦で三単は手広く。

【本日の注目馬】
京都6R
ラセット

東京7R
プランスシャルマン

新潟8R
アシュワガンダ

新潟10R
ヒロシゲグローリー

新潟11R
タイムトリップ

京都11R
ガンサリュート
スズカルパン

京都12R
エルデュクラージュ

東京12R
クラウンシャイン

【参考買い目】
[単勝]
◎○=2点
[馬単]
◎○▲★=12点
△→◎○=(8点)
[三連単]
◎○→◎○▲★→◎○▲★△=36点

以上

[もっと見る]

⇒もっと見る

プランスシャルマンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

プランスシャルマンの写真

プランスシャルマン

プランスシャルマンの厩舎情報 VIP

2019年9月21日3歳以上1勝クラス12着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

プランスシャルマンの取材メモ VIP

2019年5月19日 4歳以上500万下 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。