ルフォール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ルフォール
写真一覧
抹消  鹿毛 2013年1月20日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績13戦[3-1-1-8]
総賞金3,836万円
収得賞金1,300万円
英字表記L'Oeuf Or
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
レクレドール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
兄弟 ベルーフクラージュドール
前走 2019/03/16 韓国馬事会杯
次走予定

ルフォールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
19/03/16 中山 10 韓国馬事会杯 1600万下 ダ1800 166112.615** 牝6 55.0 M.デムー堀宣行496(0)1.53.6 0.637.9⑥⑦④④ゴライアス
19/03/02 中山 10 上総S 1600万下 ダ1800 14467.832** 牝6 53.0 M.デムー堀宣行496(+6)1.52.2 0.137.3⑥⑥エイシンセラード
18/03/24 中山 12 4歳以上1000万下 ダ1800 12332.711** 牝5 55.0 M.デムー堀宣行490(-4)1.53.0 -0.036.7⑤⑤⑥⑥ダイワエトワール
18/03/03 中山 8 4歳以上500万下 ダ1800 16116.031** 牝5 55.0 M.デムー堀宣行494(+16)1.54.4 -0.537.4ブライトリビング
17/09/17 中山 9 汐留特別 500万下 芝2000 1761120.3711** 牝4 55.0 丸田恭介堀宣行478(-6)2.03.9 0.336.2⑮⑮⑩⑬ミッキークロス
17/08/27 新潟 7 3歳以上500万下 芝2000 186125.837** 牝4 55.0 石橋脩堀宣行484(+12)2.01.0 0.534.1フェイズベロシティ
17/02/13 小倉 7 4歳以上500万下 芝2000 16232.315** 牝4 54.0 秋山真一堀宣行472(+2)2.00.4 0.536.5トウカイシェーン
17/01/21 中京 12 西尾特別 500万下 芝2000 1651011.153** 牝4 54.0 秋山真一堀宣行470(-2)2.00.9 0.036.0④④ヴェルジョワーズ
16/12/10 中山 12 3歳以上500万下 芝1800 16595.635** 牝3 54.0 戸崎圭太堀宣行472(+4)1.50.5 0.435.6⑥⑤⑥⑥エフティスパークル
16/09/10 中山 11 紫苑S G3 芝2000 18713104.41411** 牝3 54.0 石橋脩堀宣行468(+14)2.01.3 1.636.6⑩⑨⑫⑭ビッシュ
16/03/21 中山 11 フラワーC G3 芝1800 16487.038** 牝3 54.0 岩田康誠堀宣行454(-6)1.49.8 0.535.7④⑥⑥⑥エンジェルフェイス
16/02/13 東京 11 クイーンC G3 芝1600 1681613.538** 牝3 54.0 岩田康誠堀宣行460(-10)1.33.9 1.434.3⑯⑯メジャーエンブレム
15/11/01 東京 4 2歳新馬 芝1600 166123.321** 牝2 54.0 岩田康誠堀宣行470(--)1.36.7 -0.233.8⑦⑧ブレイクマイハート

ルフォールの関連ニュース

<今日の出来事>

■第2回中山第3日(3月3日(土曜))

●競走中止
2R11番 エルモアレッタ号(杉原 誠人騎手)
疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
馬:左第1指節種子骨々折
騎手:異状なし

4R11番 フォーマイセルフ号(武士沢 友治騎手)
疾病を発症したため、3コーナー手前で競走を中止
馬:左第3手根骨複骨折(予後不良)
騎手:異状なし

●競走中疾病
7R6番 クワトロダッシュ号(柴田 大知騎手)
競走中に鼻出血を発症

10R6番 ナンヨープルートー号(北村 友一騎手)
競走中に鼻出血を発症

●騎手変更
3R15番 レデッキー
森 泰斗騎手(54.0kg)⇒柴田 大知騎手(54.0kg)
4R3番 ビレッジキング
森 泰斗騎手(56.0kg)⇒北村 宏司騎手(56.0kg)
5R13番 トミケンミルト
森 泰斗騎手(56.0kg)⇒田辺 裕信騎手(56.0kg)
6R10番 ハンゲキノノロシ
森 泰斗騎手(56.0kg)⇒▲野中 悠太郎騎手(53.0kg)
7R14番 デルマシャンパン
森 泰斗騎手(54.0kg)⇒横山 和生騎手(54.0kg)
8R10番 マダムストーリー
森 泰斗騎手(55.0kg)⇒内田 博幸騎手(55.0kg)
11R6番 ブレイズアトレイル
森 泰斗騎手(56.0kg)⇒内田 博幸騎手(56.0kg)
12R11番 アテンフェスタ
森 泰斗騎手(57.0kg)⇒田辺 裕信騎手(57.0kg)

負傷のため

●2018年 新人騎手デビュー!! 初騎乗を終えて
山田 敬士(やまだ けいし)騎手
美浦:小桧山 悟厩舎所属
1R 12番 バロンボーテ号(出走16頭中14着)
コメント
 一番最初に伝えたいのは、オーナーと青木調教師への感謝です。また、騎手としてデビューさせてくれた小桧山調教師にも感謝しています。レースは前目の競馬を心掛けたものの、ずっと外を回ることになってしまいました。また、コーナーも外へ外へと行ってしまい、今後の課題が見つかるレースでした。プロのシビアな世界なので、今回の経験を今後に生かしていきたいです。

●堀 宣行調教師 JRA通算500勝達成!
8Rで、1番ルフォール号(M.デムーロ騎手)が第1着となり、堀 宣行調教師(美浦)は現役27人目のJRA通算500勝を達成しました。


<明日の取消・変更等>

■第2回中山第4日(3月4日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>

■第1回阪神第3日(3月3日(土曜))

●競走中止
1R3番 シホノキラメキ号(浜中 俊騎手)
スタート直後につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

2R6番 クインズアリエス号(☆荻野 極騎手)
疾病を発症したため、向正面で競走を中止
馬:左後肢跛行
騎手:異状なし

4R9番 イクラトロ号(草野 太郎騎手)
1号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし
14番 ハッピーマテリアル号(田村 太雅騎手)
5号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし
13番 ショウナンダリア号(江田 勇亮騎手)
2周目4号障害飛越着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

12R13番 ユキノカトレア号(四位 洋文騎手)
疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止
馬:左前肢跛行
騎手:異状なし

●武 幸四郎調教師 JRA初出走・初勝利!
武 幸四郎調教師(栗東)は、1Rで8番グアン号(武 豊騎手)が第1着となり、JRA初勝利を挙げました。
なお、JRA初出走・初勝利を挙げた調教師は、2011年の高橋 義忠調教師(栗東)以来で、1975年以降では17人目、現役では6人目のこととなります。
また、弟の管理馬に兄が騎乗して勝利するのは、2018年1月21日(日曜)中京5R サラキア号(池添 謙一騎手)で池添 学調教師が勝利して以来のこととなります。
コメント
 ほっとしています。調教師としての初勝利は騎手の時とはまた違うものを感じています。レースは結果というよりも、まずは無事に戻ってきてほしいという気持ちで見ていました。この初勝利はオーナー、池江調教師のご厚意によって武厩舎でデビューできた馬ですので、嬉しいというよりも、まずは感謝の気持ちで一杯です。まだまだこれからですので、調教師としての仕事に一つ一つ取り組んでいきたいと思います。

●2018年 新人騎手デビュー!! 初騎乗を終えて
西村 淳也(にしむら あつや)騎手
栗東:田所 秀孝厩舎所属
1R 9番 マエガミ号(出走12頭中9着)
コメント
 競馬学校の模擬レースと実際のレースではペースが全然違いました。初騎乗ということもあり、緊張と焦りがありました。もっと経験を積んで落ち着いて騎乗できるようになりたいです。

●川島 信二騎手 JRA通算300勝達成!
3Rで、2番ヒロノライデン号に騎乗し第1着となった川島 信二騎手(栗東:フリー)は、現役49人目のJRA通算300勝を達成しました。
コメント
 あと1勝となってから時間がかかりましたが、やっと勝ててほっとしています。皆からは長かったね、と声を掛けられました。まだGⅠレースに勝利したことがないので、勝ちたいですね。まだまだ元気に頑張りますので、応援よろしくお願いします。


<明日の取消・変更等>

■第1回阪神第4日(3月4日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>

■第1回小倉第7日(3月3日(土曜))

●競走除外
1R1番 サノノバクシン号(柴山 雄一騎手)
馬場入場後に右前肢跛行を発症したため

6R13番 フェリシアルチア号(丹内 祐次騎手)
装鞍所で右前肢跛行を発症したため

11R15番 ウリボー号(幸 英明騎手)
馬場入場後に放馬し、疲労が著しいため

●9Rにおける制裁
3番グリニッチヴィレジ号(▲藤田 菜七子騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行したため、15番スターストリーム号(岩崎 翼騎手)の進路が狭くなりました。
この件について、藤田 菜七子騎手は、3月10日(土曜)から3月18日(日曜)まで9日間の騎乗停止となりました。

●2018年 新人騎手デビュー!! 初騎乗を終えて
服部 寿希(はっとり としき)騎手
栗東:湯窪 幸雄厩舎所属
1R 6番 クリノモリゾ号(出走13頭中13着)
コメント
 緊張はあまりしていなかったのですが、スタートがうまくいきませんでした。道中は一つでも上の着順をとるため、いろいろ考えながら乗っていたのですが、13着となってしまい課題が残るレースとなってしまいました。新人の私を乗せていただき、感謝しております。これからも、初勝利目指して精一杯頑張ります。


<明日の取消・変更等>

■第1回小倉第8日(3月4日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


(JRA)

【紫苑S】厩舎の話2016年9月9日(金) 05:03

 ◆ヴィブロス・安田助手 「いい動き。体に芯が入ってきた」

 ◆ウインファビラス・畠山師 「リフレッシュ効果で落ち着いている」

 ◆エミノマユアク・尾関師 「成長しており、状態もいい」

 ◆エンジェルフェイス・藤原英師 「能力はヒケをとらない」

 ◆ギモーヴ池添学師 「馬場が重くて調教はズブさを見せた」

 ◆クィーンズベスト・大久保師 「ハナにはこだわらないし、3歳牝馬同士なら」

 ◆ゲッカコウ・柴田大騎手 「このひと追いで変わってくれれば」

 ◆シークザフューチャ・渡邉助手 「集中して走れていた」

 ◆スマートルビー・尾関師 「ひと叩きして上積みは十分」

 ◆パーシーズベスト・石坂師 「時計的には動いていた」

 ◆パールコード・中内田師 「徐々にペースアップする調教で動きは文句なし」

 ◆ビッシュ・鹿戸師 「思い通りのけいこができた」

 ◆ファイアクリスタル・小島茂師 「まだ今ひとつですね」

 ◆ファータグリーン・相沢師 「春に比べて成長。動きも良かった」

 ◆フロンテアクイーン・国枝師 「春よりも成長している」

 ◆ルフォール・渡邉助手 「きょうの追い切りで態勢は整った」

紫苑Sの枠順こちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【紫苑S】追って一言2016年9月8日(木) 05:06

 ◆ヴィブロス・安田助手 「坂路でいい動き。体に芯が入ってきた」

 ◆ウインファビラス・畠山師 「リフレッシュ効果で落ち着いている」

 ◆エミノマユアク・尾関師 「成長しているし、状態もいい」

 ◆エンジェルフェイス・藤原英師 「今週は気持ちよく走らせた。能力はヒケをとらない」

 ◆ギモーヴ池添学師 「馬場が重くて調教はズブさを見せた」

 ◆クィーンズベスト・大久保師 「いい動きだった。使っている強みはあるし、中山のコース実績もある」

 ◆クリノラホール・谷師 「攻めの時計、動きは文句なし」

 ◆ゲッカコウ・柴田大騎手 「このひと追いで変わってくれれば」

 ◆シークザフューチャ・渡邉助手 「集中して走れていた」

 ◆スマートルビー・尾関師 「ひと叩きして上積みは十分」

 ◆パーシーズベスト・石坂師 「時計的には動いていた」

 ◆パールコード・中内田師 「徐々にペースアップする調教で動きは文句なし」

 ◆バレエダンサー・尾関師 「具合なら(3頭出しで)これが一番」

 ◆ファイアクリスタル・小島茂師 「まだ今ひとつですね」

 ◆ファータグリーン・相沢師 「春に比べて成長。動きも良かった」

 ◆フロンテアクイーン・国枝師 「先週よりも良かったし、春よりも成長している」

 ◆ルフォール・渡邉助手 「きょうの追い切りで態勢は整った」

紫苑Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【紫苑ステークス】特別登録馬2016年9月4日() 17:30

[もっと見る]

【フラワーC】レースを終えて…関係者談話2016年3月22日(火) 05:05

 ◆秋山騎手(ウインクルサルーテ3着) 「最後はいい伸びを見せてくれたが、(2着以内で)賞金を加算したかっただけに残念。これぐらいは走れる馬だよ」

 ◆シュタルケ騎手(ギモーヴ4着) 「1800メートルの流れでは脚がたまるところがなかった。2000メートル以上の馬だね」

 ◆蛯名騎手(エテルナミノル5着) 「初芝でもスムーズに競馬できた。最後は(直線の)坂で止まったけど、キャリアも浅いし、これからよくなるよ」

 ◆池添騎手(アオイサンシャイン6着) 「逃げ馬の後ろでいい感じで進めた。これから力をつけてくれば…」

 ◆武士沢騎手(ラブリーアモン7着) 「内枠で遅い流れでは仕方ない。最後はよく詰めている」

 ◆岩田騎手(ルフォール8着) 「どんな競馬でもできると思って、型にはめずに競馬したのが裏目に出た」

 ◆武豊騎手(ラルク10着) 「スムーズなレースはできたが、能力を出し切れていない」

 ◆戸崎騎手(フェイズベロシティ11着) 「前残りの展開で、後ろからの競馬ではきつかった」

 ◆内田騎手(ヴィブロス12着) 「思った以上にペースが上がらなかった」

 ◆江田照騎手(フジマサアクトレス13着) 「折り合い重視でリラックスして走らせた。もう少し伸びてもよさそうだったが、距離なのかな」

 ◆鮫島良騎手(ゴッドカリビアン14着) 「馬場が思った以上に重くて、いつもの行きっぷりではなかった」

 ◆柴田大騎手(ペルソナリテ15着) 「4コーナーで外に張られた」

 ◆黛騎手(カジノクイーン16着) 「外枠で終始、外を回らされた」

★21日中山11R「フラワーカップ」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フラワーC】エンジェルフェイス上昇一途2016年3月21日(月) 05:03

 エンジェルフェイスを本命に推す。初勝利まで3戦を要したが、前走は強いの一語。余裕残しだった馬体は徐々に締まり、いい体つきになってきた。牝馬同士ならば、重賞でも見劣らない素質馬で、良化の余地も大きい。レースセンスがいいのも魅力。前々からソツなくレースを運べるので、小回りの中山の芝1800メートルは向いている。中2週の臨戦過程だが、状態は前走以上。重賞初Vを決め、クラシックへ名乗りをあげる。

 ルフォールが相手の筆頭。クイーンC(8着)は休み明けに加え、外枠が影響して、流れに乗れずじまいだった。調子は上向き。追走が楽になるので、距離延長もプラスに働くはずだ。フェイズベロシティが▲。潜在能力はヒケをとらず、決め手の生きる展開になれば、一気に浮上する。

フラワーCの出馬表はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルフォールの関連コラム

閲覧 872ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は中山11R「フラワーカップ G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ペルソナリテから1.0ポイント差(約1馬身差)内のラルクゲッカコウウインクルサルーテまで4頭。
第2グループ(黄)は、ラブリーアモンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のルフォールエンジェルフェイスまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、ゴッドカリビアンから同差内のヴィブロスフジマサアクトレスまでの3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

当初から1勝馬中心の混戦メンバーと言われていた通り、この凄馬出馬表にも上位にはほとんど大きな開きが見られない3歳牝馬同士による争い。13位までが約5ポイント差ということで、この時期の3歳馬であればこのあたりの差は十分にひっくり返せるものと思って、上昇余地に目を向けたほうが良さそうです。

今回の中心はその上昇余地に期待して◎アオイサンシャインとしたいと思います。今回唯一の「調教」「厩舎」評価W加点であること、前走+26キロでの楽勝といったあたりに上昇余地を見出したいと考えての本命です。
○は人気サイドですが、エンジェルフェイス。このレース自体「前走1着かつ当日単勝5倍未満」というシンプルな条件で絞るだけで、過去20年連続で好走していてトータルの複勝率も90%近いことからも期待。無難ですが軸としてどちらが向くかと言えばやはりこちらの方が上といった印象。
以下、▲ウインクルサルーテ、☆ラルク、△ギモーヴゲッカコウルフォールとします。
今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラム買い目としては◎の単勝と◎からの馬連&3連複としたいと思います。


【単勝】

4(1点)

【馬連流し】
◎=印
4=3,5,7,8,9,10(6点)

【3複流し】

◎=印=印
4=3,5,7,8,9,10=3,5,7,8,9,10(15点)


計22点


登録済みの方はこちらからログイン

2016年3月21日(月) 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/フラワーカップ G3(河内一秀プロ)
閲覧 680ビュー コメント 0 ナイス 3

今週は変則の3日間開催ですので、当コーナーは例外的に2日連続のお披露目となります。登場してもらうのは、的中率日本一との呼び声高い予想ソフト『カツラギ』の開発者にして、ウマニティ公認プロきってのヒットメーカーとして知られる河内一秀さんです。本日は「過酷な抽選をくぐり抜けた1勝馬が中心の大混戦。成長力と適性がポイント」と分析したフラワーCの見解を聞かせてもらいました。

本命は⑨エンジェルフェイス。「デビュー2戦はハイレベルかつ、未勝利勝ちの前走では重賞レベルの指数をマーク。血統的に晩成なので本格化は来年以降だろうが、1勝馬中心のメンバーであれば成長力でクリアできる」と太鼓判を押してくれました。
対抗は「距離延長+良馬場と条件が一変する」⑦ラルク。単穴は③ゲッカコウ。以下、⑧ルフォール、①ラブリーアモンの順に押さえ、馬券は馬連流し⑨→①③⑦⑧で勝負です。

本レース以外の河内プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2016年2月13日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第159回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~デイリー杯クイーンカップ GIII
閲覧 866ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「クイーンカップ GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、メジャーエンブレム1頭。
第2グループ(黄)は、ペルソナリテから1.0ポイント差(約1馬身差)内のソロフライトビービーバーレルまで3頭。
第3グループ(薄黄)は、エクラミレネールから同差内のダイワドレッサーまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

メジャーエンブレムが5.2ポイントと2位以下に大差をつけ、他にも第3G→第4G間に1.1ポイント、その下にも1.0ポイント、2.2ポイント、1.0ポイント等々、各所に1.0ポイント以上の溝が点在している構図となっています。
しかし、いつも言っているようにまだまだキャリアの浅い3歳牝馬同士の闘い。一気に指数を跳ね上げる可能性には注意したほうが良さそうです。

今回、一応の本命は◎メジャーエンブレムで仕方ないかなという印象。先週まで同様の馬場なら脚質的にも有利で、好枠を引いて、ということで馬券内1議席はこの馬で堅いと見ています。
以下、中間絶好で更なる上昇が見込め先行力武器の○ビービーバーレル、2走前葉牡丹賞高評価でこちらも馬場の恩恵がありそうな▲ダイワドレッサーと、唯一の関西馬☆サプルマインドを上位に取り、今回の私の馬券は◎=○▲からの3連複としたいと思います。
相手△にはペルソナリテラブリーアモンルフォールフロンテアクイーンナックビーナスを選びます。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
6=7,11,13=2,5,7,8,11,13,14,16(18点)


ちょっと気になるのは先行勢が揃った上に、先週の競馬で植え付けられた明らかな内先行有利馬場の印象...。もしかして、Hペース→ズブズブ決着なんてオチがあったりして。

[もっと見る]

ルフォールの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

ルフォールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ルフォールの写真

ルフォール

ルフォールの厩舎情報 VIP

2019年3月16日韓国馬事会杯5着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ルフォールの取材メモ VIP

2019年3月16日 韓国馬事会杯 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。