ミヤジタイガ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ミヤジタイガ
ミヤジタイガ
写真一覧
現役 牡8 鹿毛 2010年2月27日生
調教師武幸四郎(栗東)
馬主曽我 司
生産者白井牧場
生産地日高町
戦績52戦[6-9-3-34]
総賞金18,559万円
収得賞金2,425万円
英字表記Miyaji Taiga
血統 ネオユニヴァース
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ポインテッドパス
フローレンスガール
血統 ][ 産駒 ]
El Corredor
Launch Site
兄弟 クロフネフリートセシャルマン
前走 2018/03/04 障害4歳以上オープン
次走予定

ミヤジタイガの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/03/04 中山 4 障害4歳以上オープン 芝3200 14692.619** 牡8 61.0 小坂忠士武幸四郎498(-10)3.38.0 3.613.6⑧⑨④⑤ディライトフル
18/01/27 京都 8 牛若丸JS OP 芝3170 10554.832** 牡8 60.0 高田潤岩元市三508(+6)3.33.8 1.313.5⑥⑤タマモプラネット
17/12/23 中山 10 中山大障害 G1 芝4100 155958.9910** 牡7 63.0 小坂忠士岩元市三502(+4)4.41.4 5.313.7オジュウチョウサン
17/12/02 中山 8 イルミネJS OP 芝3570 10334.732** 牡7 60.0 小坂忠士岩元市三498(-4)3.59.5 0.113.4④④マイネルプロンプト
17/11/11 京都 8 京都ジャンプ G3 芝3170 11677.25** 牡7 60.0 林満明岩元市三502(-6)0000 ------マイネルフィエスタ
17/10/08 京都 4 障害3歳以上オープン 芝3170 7771.612** 牡7 62.0 小坂忠士岩元市三508(+10)3.36.3 0.613.6トーアディラン
17/09/16 阪神 8 阪神ジャンプ G3 芝3140 76613.754** 牡7 60.0 小坂忠士岩元市三498(+4)3.30.3 1.013.4アップトゥデイト
17/08/19 小倉 4 障害3歳以上オープン 芝2860 8115.532** 牡7 62.0 小坂忠士岩元市三494(-6)3.10.3 0.413.3シベリアンタイガー
17/06/11 阪神 4 障害3歳以上オープン 芝3110 7445.221** 牡7 60.0 小坂忠士岩元市三500(-2)3.28.8 -0.213.4④④スズカチャンプ
17/05/27 京都 8 京都ハイJ G2 芝3930 116684.9105** 牡7 60.0 小坂忠士岩元市三502(-8)4.35.3 3.114.0マドリードカフェ
17/04/29 新潟 4 障害4歳以上オープン 芝2890 146931.0109** 牡7 60.0 小坂忠士岩元市三510(0)3.09.7 2.013.1④④⑤ツジスーパーサクラ
17/03/25 中山 8 ペガサスJS OP 芝3350 1481415.567** 牡7 60.0 小坂忠士岩元市三510(-10)3.45.3 3.313.5④④メイショウヒデタダ
17/02/26 阪神 4 障害4歳以上未勝利 芝2970 137101.811** 牡7 60.0 小坂忠士岩元市三520(0)3.26.7 -0.013.9スズカグランデ
17/02/05 京都 4 障害4歳以上未勝利 芝2910 11556.022** 牡7 60.0 小坂忠士岩元市三520(0)3.24.0 0.314.0メイショウオトコギ
17/01/08 京都 4 障害4歳以上未勝利 芝2910 12687.167** 牡7 60.0 小坂忠士岩元市三520(+8)3.21.7 1.813.9マジックダイオウ
16/11/20 福島 11 福島民友C OP ダ1700 1581575.01213** 牡6 56.0 国分優作岩元市三512(+8)1.46.3 1.738.8⑬⑬⑭⑭トラキチシャチョウ
16/10/30 京都 11 カシオペアS OP 芝1800 127936.4912** 牡6 56.0 和田竜二岩元市三504(-10)1.48.5 2.436.7④⑥ヒルノマテーラ
16/03/12 阪神 11 仁川S OP ダ2000 124413.6310** 牡6 56.0 和田竜二岩元市三514(0)2.05.7 1.437.6アポロケンタッキー
16/02/06 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 13686.0511** 牡6 55.0 和田竜二岩元市三514(0)1.59.0 1.337.7④⑤⑦⑦ダブルスター
16/01/05 京都 9 初夢S 1600万下 ダ1900 11114.621** 牡6 57.0 和田竜二岩元市三514(+10)1.58.4 -0.036.2テイエムグンカン

⇒もっと見る


ミヤジタイガの関連ニュース

【中山大障害】厩舎の話

2017年12月22日(金) 05:01

 ◆アップトゥデイト・林騎手 「うまく調整できた。絶好調といえるデキ。自分でペースを作るくらいの競馬を」

 ◆ウインヤード・小桧山師 「1度使って元気はいい。まずは無事に走ってきてくれれば…」

 ◆オジュウチョウサン・石神騎手 「体調面はすごくいい。自信を持ってレースに臨みたい」

 ◆クラシックマーク・五十嵐騎手 「馬のリズムを重視して進めたい」

 ◆クランモンタナ・熊沢騎手 「距離が延びるのはいい。胸を借りる気持ちで挑む」

 ◆サムライフォンテン・石毛師 「跳びが上手なので中山の方が合いそう」

 ◆サンレイデューク・難波騎手 「9歳で上がり目はないですが、豊富なキャリアを生かして」

 ◆シンキングダンサー・武市師 「状態は上がってきた。63キロと4100メートルの距離が鍵」

 ◆スズカプレスト・北沢騎手 「ゆったりとしたローテで、状態は悪くない。63キロの斤量がどうかですね」

 ◆テイエムオペラドン・浜田師 「強い馬はいるが、スタミナ勝負がいいタイプ。この馬の競馬をしてどこまで」

 ◆ビコーピリラニ・田村騎手 「相手が強いですし、距離も少し長い感じがするので…」

 ◆マイネルフィエスタ・植野騎手 「状態はいいです。以前より経験を積んでいるし、距離がポイントですね」

 ◆ミヤジタイガ・小坂騎手 「大障害コースは大丈夫だと思う。状態はいいし、前回のような立ち回りができれば」

 ◆ユウキビバワンダー・佐久間騎手 「具合自体はいい。レース慣れしてきたので、そこそこの競馬はできると思う」

 ◆ルペールノエル・高田騎手 「このレースを目標に状態はいいですよ。自分のリズムでレースをするだけです」



中山大障害の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【中山大障害】特別登録馬2017年12月17日() 17:30

[もっと見る]

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等(11月11日)2017年11月11日() 17:50

<今日の出来事>

■第5回東京第3日(11月11日(土曜))

●出走取消
1R4番 ロンサムジョージ号(大野 拓弥騎手)
右前肢跛行のため

●内田 博幸騎手 JRA通算1,100勝達成!
6Rで、6番スウィングビート号に騎乗し第1着となった内田 博幸騎手(美浦:フリー)は、史上30人目・現役14人目のJRA通算1,100勝を達成しました。
コメント
 たくさんの馬に乗せてもらって、無事に競馬に参加できたおかげだと思っています。勝った馬からも、負けた馬からも勉強させてもらいました。それらを積み重ねて1,100勝できたと思っています。経験と引き出しはたくさんあるので、一つ一つのレースに生かし、これからも自分の仕事をきっちりできればと思っています。

●福永 祐一騎手 JRA年間100勝達成!
8Rで、7番ハナレイムーン号に騎乗し第1着となった福永 祐一騎手(栗東・フリー)は、8年連続9回目のJRA年間100勝を達成しました。本年の年間100勝達成は、戸崎 圭太騎手、M.デムーロ騎手、C.ルメール騎手に続く4人目となります。
コメント
 今年は怪我による休養からのスタートで具体的な数字の目標は持たずにやってきましたが、年間100勝という数字を達成できて、あらためて多くの方々に支援していただいていると感じています。R.ムーア騎手を始めとし世界のトップクラスで活躍している騎手が短期免許で来日していますので、彼らから受ける刺激をスキルアップにつなげ、いつかは世界で活躍できる騎手になりたいと思っています。この数年は怪我が多かったので、今年の残りは怪我をすることなく、少しでも多くの騎乗馬を勝利に導けるよう全力を尽くしていきたいです。

●田中 勝春騎手 JRA通算19,000回騎乗達成!
10Rで、13番バウトナカヤマ号に騎乗した田中 勝春騎手(美浦・フリー)は、武 豊騎手、柴田 善臣騎手、蛯名 正義騎手に次ぐ、史上4人目・現役4人目のJRA通算19,000回騎乗を達成しました。
コメント
 19,000回も乗せていただいて、感謝しています。これだけ乗せてもらっても技術はまだまだだと思っています。これからも頑張ります。


<明日の取消・変更等>

■第5回東京第4日(11月12日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>

■第5回京都第3日(11月11日(土曜))

●競走除外
12R13番 クールゼファー号(M.デムーロ騎手)
馬場入場後に左前肢跛行を発症したため

●競走中止
8R7番 ミヤジタイガ号(林 満明騎手)
9号障害着地時につまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし
11R4番 メガリージョン号(M.デムーロ騎手)
疾病を発症したため、3コーナーで競走を中止
馬:右第1趾骨粉砕骨折 ※予後不良
騎手:異状なし


<明日の取消・変更等>

■第5回京都第4日(11月12日(日曜))

●出走取消
12R12番 ドラゴンマジック号(高倉 稜騎手)
左前肢跛行のため


<今日の出来事>

■第3回福島第3日(11月11日(土曜))

●競走中止
4R16番 グランドフサイチ号(菱田 裕二騎手)
発走直後、外側に逃避し騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし
9R9番 クラウンジューン号(西田 雄一郎騎手)
発馬機内で膠着し、発進後に競走を中止
10R9番 テーオーフォルテ号(城戸 義政騎手)
発走直後、他の馬に関係なくつまずいて騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:異状なし

●3Rにおける制裁
12番モシモ号(▲川又 賢治騎手)は、発走後まもなく内側に斜行したため、11番タイセイパルフェ号(☆木幡 巧也騎手)、10番ローズマリア号(中谷 雄太騎手)、9番ノーモアサイレンス号(▲横山 武史騎手)、8番ベルウッドキング号(黛 弘人騎手)、4番サウスアメリカン号(水口 優也騎手)、3番カクテルドレス号(石橋 脩騎手)、2番エイプリルソング号(☆木幡 初也騎手)および1番ディセントファミリ号(▲菊沢 一樹騎手)の進路が狭くなりました。
この件について、継続的な内側への斜行を重大な過失と認め、川又 賢治騎手は、11月18日(土曜)から12月3日(日曜)まで16日間の騎乗停止となりました。


<明日の取消・変更等>

■第3回福島第4日(11月12日(日曜))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


(JRA)

[もっと見る]

【京都ジャンプステークス】特別登録馬2017年11月5日() 17:30

[もっと見る]

【阪神ジャンプ】アップトゥデイトが貫禄勝ち~重賞4勝目 2017年9月16日() 14:13

 9月16日の阪神8Rで行われた第19回阪神ジャンプステークス(障害3歳以上オープン、J・GIII、芝3140メートル、別定、7頭立て、1着賞金=2900万円)は、林満明騎手騎乗の1番人気アップトゥデイト(牡7歳、栗東・佐々木晶三厩舎)が先行策から押し切り勝ち。タイムは1分29秒3(稍重)。ハナを切ったシベリアンタイガーの直後を進んだアップトゥデイトは1周目の向こう正面で早々と先頭。勝負どころの3コーナー過ぎに外からミヤジタイガに並ばれたが、直線では後続を引き離してゴール前では独走態勢。ジャンプGI・2勝馬の貫禄を示した。

 6馬身差の2着には中団から差してきたルペールノエル(4番人気)、さらにクビ差遅れた3着に最後方から直線押し上げたマイネルフィエスタ(6番人気)。

 阪神ジャンプステークスを勝ったアップトゥデイトは、父クロフネ、母リニアミューズ、母の父トニービンという血統。北海道新冠町・ノースヒルズの生産馬で、馬主は前田幸治氏。通算成績は31戦8勝(うち障害16戦6勝)。重賞は2015年中山グランドジャンプ・JGI、中山大障害・JGI、小倉サマージャンプ・JGIIIに次いで4勝目。阪神ジャンプSは、佐々木晶三調教師、林満明騎手ともに初優勝。

 ◆林満明騎手(1着 アップトゥデイト)「いつも3、4コーナーでソラを使うような感じになるけど、直線で手前を替えるとしっかり伸びてくれました。力があるだけにもどかしかったですが、ようやく勝つことができました。これで馬が自信をつけてくれれば」

★16日阪神8R「阪神ジャンプステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪神ジャンプステークス】特別登録馬2017年9月10日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミヤジタイガの関連コラム

閲覧 1,419ビュー コメント 0 ナイス 5

第341話 「弥生賞」


11年 36.3-50.0-34.7 =2.01.0 ▼4▼6△5 瞬発戦
12年 36.2-52.3-35.4 =2.03.9 ▼4▼4△5 平坦戦 稍重
13年 36.5-49.3-35.2 =2.01.0 ▼1▼2△8 平坦戦
14年 35.6-49.4-36.4 =2.01.4 △4▼4△3 平坦戦
15年 36.2-49.2-36.4 =2.01.8 ±0▼2△5 平坦戦 稍重

近年は平坦戦がスタンダードになってきた弥生賞。
しかし、やはりトライアルではあるので本番に向けてダメージは残したくない。
なので前半はゆったり流れて後半の1000mでレースをする、というイメージの内容でいいと思います。
過去5年では前半1000mが後半1000mよりも1~2秒程度遅くなっています。
(ちなみに皐月賞ではもちろん年よって違いますが平均すれば前半の方が速くなっています)
つまり、このレースでは瞬発力よりは先行力と小回り適性が重要になってくると思われます。
2着3着になると差し馬も十分届きますが過去5年の勝ち馬は4コーナー5番以内のポジションにいました。
但し、予想する上で問題となるのは今まで差し馬だったからといって今回も差しとは限らないということ。
実際、サダムパテックカミノタサハラサトノクラウンの勝ち馬は前走では差しでのポジションでした。
前半スローで流れる分、前に行こうと思えば行けるのもポイントでしょう。

過去5年の連対馬を並べてみます。

1着馬
サダムパテック  【瞬2平1消0】
コスモオオゾラ  【瞬3平0消0】
カミノタサハラ  【瞬2平0消0】
トゥザワールド  【瞬2平2消0】
サトノクラウン  【瞬2平0消0】
2着馬
プレイ      【瞬4平1消0】
トリップ     【瞬2平0消0】
ミヤジタイガ   【瞬1平1消0】
ワンアンドオンリー【瞬4平0消0】
ブライトエンブレム【瞬1平1消0】

そして4着以下に敗退した馬には
ウインバリアシオン【瞬1平1消0】
フェノーメノ   【瞬2平0消0】
エピファネイア  【瞬2平1消0】
キズナ      【瞬2平0消0】
などがいます。
トゥザワールドワンアンドオンリーといった馬もいますがその後春のクラシック(特にダービーで)馬券になりそうな馬は弥生賞では敗退しやすいと思った方がいいかもしれません。

今年ははっきりいって3強のレース。
これで他のレースに流れた有力馬も多いんじゃないでしょうか?
それほど3強とその他では現状差があるメンバー構成だと思います。

エアスピネル
先行力と瞬発力を兼ね備えた馬。
抜け出す時の脚はかなりのモノで前走朝日杯FSリオンディーズに負けはしましたが3着馬には4馬身離しての2着で悲観する内容ではなかったでしょう。
最後で差されたのは馬の強さもあるかもしれませんが適性の差ということも十分考えられます。
エアスピネルは母エアメサイヤ、母母がエアデジャヴーで本質的には小回り向きと思えます。
舞台は中山となればここはリオンディーズと着順が逆になるかも。

マカヒキ
2戦2勝のディープ産駒でノーステッキでまだ本気度100%の走りをしたことがない大器。
相手強化、京都以外は初めて、と課題はあるものの難なく突破出来る可能性は十分あります。
中山も問題ないと思いますがどちらかといえばダービー向きの馬なので上記の傾向からすればここは負けてもOKかも。
ディープ産駒は弥生賞では1-0-2-8(複勝率27.3%)とデータ的にはイマイチです。
とはいえここで賞金加算出来なかったらダービーに出走出来なくなる可能性もあるので春盛り上がるためにもここは上位を期待したいところ。
それよりこの馬の最大の問題は本番で騎乗する騎手が決まっていないことでしょうね。

リオンディーズ
エピファネイアに負けず劣らずダイナミックな素質馬。
前走朝日杯FSはミルコらしい豪快な差し切りで2戦2勝でGⅠ奪取。
但し、同じ中山2000mでも皐月賞>弥生賞という適性で前走後方一気というレース内容も弥生賞に限ってはマイナス材料。
成長力とは馬の調子などは不明ですが昨秋に中山2000mでレースをすればエアスピネルより着順は下だったと思います。
適性とはそういうことですから。

日曜雨予報で馬場次第ではタイセイサミットが一角と崩す可能性もありますがとりあえずやっぱりこの3頭で。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
エアスピネルマカヒキリオンディーズ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2015年3月4日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第311話弥生賞(謎解き編)
閲覧 452ビュー コメント 0 ナイス 4

第311話 「弥生賞」


10年 37.1-52.2-36.8 =2.06.1 ▼2▼4△1 平坦戦 重
11年 36.3-50.0-34.7 =2.01.0 ▼4▼6△5 瞬発戦
12年 36.2-52.3-35.4 =2.03.9 ▼4▼4△5 平坦戦 稍
13年 36.5-49.3-35.2 =2.01.0 ▼1▼2△8 平坦戦
14年 35.6-49.4-36.4 =2.01.4 △4▼4△3 平坦戦

一昔前の弥生賞はもっと中盤が緩んでの瞬発戦が多かったのですが近年では中盤が速く流れての平坦戦が多くなり過去5年でも4回の平坦戦となっています。
但し、それでも本番の皐月賞よりは中盤は緩んでいるとは言えます。
→添付画像参照
青い線が弥生賞、赤い線が皐月賞です。
馬場状態が異なるのではっきりとは言い切れませんがテン~中盤は弥生賞の方が緩んでいるというのが分かると思われます。
過去5年の平均ラップは以下の通りです。
・弥生賞平均ラップ
36.34-50.64-35.70 =2.02.68
皐月賞平均ラップ
35.23-48.31-36.38 =1.59.92
流れの異なる両レースを共に制しているのは過去10年ではディープインパクトヴィクトワールピサのスーパーホースの2頭。
弥生賞馬の皐月賞成績は2-2-1-5(弥生賞出走馬は3-4-4-32)なのでまずまずの成績ですが10頭のうち8頭が皐月賞で1番人気だったということを考えると馬券的な妙味あまりないでしょう。
弥生賞を勝った馬は皐月賞では若干評価下げるぐらいの感じがいいのかもしれません。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ヴィクトワールピサ【瞬3平1消0】▼ 6▼2△ 4 ▼ 2± 0△ 6 ▼ 2▼ 8△ 1
サダムパテック  【瞬2平1消0】▼ 2▼3△ 4 △ 2▼ 8△ 1 ▼10▼ 8± 0
コスモオオゾラ  【瞬3平0消0】▼ 2▼5△ 1 ▼10▼ 4△11 ▼11▼ 3△ 3
カミノタサハラ  【瞬2平0消0】▼13▼6△ 3 ▼11△ 1△ 2
トゥザワールド  【瞬2平2消0】▼ 4▼2△ 2 ▼ 8▼10△ 5 ▼11▼ 5△ 3
2着馬
エイシンアポロン 【瞬2平2消0】± 0▼6▼ 1 ▼ 3▼ 4△11 ▼ 6± 0△ 5
プレイ      【瞬4平1消0】▼ 9▼4△ 5 ▼ 2▼ 3△ 5 ▼15▼ 7△ 3
トリップ     【瞬2平0消0】▼ 6△1△ 1 ▼12▼ 8▼ 1
ミヤジタイガ   【瞬1平1消0】± 0▼6△13 ▼ 2▼ 2△ 4
ワンアンドオンリー【瞬4平0消0】▼ 9±0△ 5 △ 1▼ 6▼ 1 ▼10▼10△10

瞬発戦実績と連続加速実績は必須といった感じです。
今年の登録馬では
クラリティスカイコメートサトノクラウンシャイニングレイタガノエスプレッソトーセンバジルベルラップ
の7頭が該当します。

弥生賞は皐月賞TRで有力馬が集まりやすいレースです。
休養明けの馬であれ使っている馬であれ前走6着以下に敗退している馬でなかなか勝負になりません(0-0-0-11)
→上記の7頭からはタガノエスプレッソが該当します。

テン~中盤がソコソコ緩む流れで中山の小回りコースなので直線だけでごぼう抜きというのはなかなか難しい芸当です。
前走4角10番手以下の馬は割り引きが必要でしょう(0-0-1-6)
→残りの6頭からはサトノクラウンが該当します。

クラリティスカイ
前走朝日杯FS組は過去5年では1-1-1-1とまずまず好走しています。
馬券になった3頭には朝日杯以前に1800m戦で勝利経験があったというのも共通しています。
クラリティスカイも1800m戦で勝利して朝日杯FS3着なので十分有力候補になるでしょうが昨年から朝日杯FSは阪神開催に替わったのがどうなるか?でしょう。
小回りコースに不安ありかなと。

コメート
瞬発力がある方ではないので先行して粘るレースが身上でしょう。
前走以上となると流石に厳しいか。

シャイニングレイ
デビュー2戦目で(GⅡに格上げの)ホープフルSを横綱相撲で完勝。
大物感たっぷりの内容。
今回大幅なメンバー強化、道中のペースUPという2つの課題があると思われますがあっさりクリアするようなら今年の主役となるかもしれません。

トーセンバジル
ハービンジャー産駒は2勝目をあげれない馬が多いですが京成杯を勝利したベルーフとこのベルーフの2頭が2勝以上をあげています。
サンデー産駒に比べるとやはり瞬発力が足りないのかなという印象。
ベルーフは【瞬1平3消0】、トーセンバジルは【瞬2平2消0】となっていてトーセンバジルは2勝ともに平坦戦でした。
どちらかといえば本番向きと感じますがこのレースで権利を得ないと出走は厳しいか。
道中速く流れれば出番ありかなと思います。

ベルラップ
先行脚質で2000mを連勝。
大型馬でパワーもありそうでレース適性は十分あるでしょう。
あとは相手関係。
成長力のあるハーツ産駒なので前走よりレベルUPしていれば。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
シャイニングレイベルラップクラリティスカイ


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2014年1月28日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2014年01月28日号
閲覧 269ビュー コメント 0 ナイス 5

▼2014年02月01日(日) 東京11R 白富士ステークス
【年齢別成績(2010~2013年)】
●5歳以下 [4-4-2-4](複勝率71.4%)
●6歳以上 [0-0-2-29](複勝率6.5%)
→2009年以前も基本的に同様の傾向でしたが、近年は若い馬が圧倒的に優勢。特別登録を行った馬のうち、5歳以下なのはエアソミュールクラウンレガーロサムソンズプライドゼロスヒラボクディープミヤジタイガワールドエースの7頭だけです。

▼2014年02月02日(日) 京都11R シルクロードステークス
【芝1200mのJRA重賞で優勝経験がなかった馬の、前走の着順別成績(2010~2013年)】
●5着以内 [0-2-3-19](複勝率20.8%)
●6着以下 [0-0-0-16](複勝率0.0%)
→2010年以降のシルクロードステークスで好走した馬の大半は、芝1200mのJRA重賞を勝ち切ったことがある馬。一方、芝1200mのJRA重賞で優勝経験がなく、なおかつ前走で大敗を喫していた馬は好走例がありません。今年のメンバー構成なら、前走内容を素直に重視すべきだと思います。

▼2014年02月02日(日) 東京11R 根岸ステークス
【前走の着順別成績(2009~2013年)】
●3着以内 [5-5-3-28](複勝率31.7%)
●4着以下 [0-0-2-37](複勝率5.1%)
→こちらも前走で大敗を喫した馬は評価を下げたいところ。なお、同年か前年にダート1400mのJRA重賞、オープン特別、1600万下で優勝経験がなかった馬も2009年以降[0-2-3-36](複勝率12.2%)と苦戦していました。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。『JRAホームページ』内「今週の注目レース」で“データ分析”のコーナーを担当しているほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている。競走馬への一口出資やペーパーオーナーゲーム(POG)などにも造詣が深く、近年はWIN5研究の第一人者としても知られるようになった。近著に『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。全面的に監修した『ウルトラ回収率 2014-2015(競馬王新書EX006)』(ガイドワークス)も好評発売中。

[もっと見る]

2013年5月28日(火) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧~181万馬券的中の☆まんでがんプロ!ダービーも的中!
閲覧 193ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は、26(日)に東京競馬場でG1東京優駿(日本ダービー)が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G1日本ダービーの最終オッズは、キズナが単勝2.9倍で1番人気。差が無く3.0倍でロゴタイプが2番人気。以下6.1倍でエピファネイア、7.6倍でコディーノと続き、5番人気ヒラボクディープから単勝20倍以上を付ける4強の構図となりました。
迎えたスタートは各馬まずまずといった様子で大きな出遅れは無し。内からアポロソニック、外からサムソンズプライドの2頭が出を窺いますが、これをアポロソニックが制してハナへ。3番手以下には、ペプチドアマゾンフラムドグロワールロゴタイプクラウンレガーロらで好位集団を形成。中団にエピファネイアコディーノミヤジタイガタマモベストプレイヒラボクディープメイケイペガスターらが続きます。後方にかけてはラブリーデイマイネルホウオウキズナテイエムイナズマアクションスターが位置取り、最後方にレッドレイヴンの態勢で向う正面へ。
ここで抑えが効かなくなったメイケイペガスターが押し上げていき、一気に先頭へ。先頭メイケイペガスターに代わった馬群は、前半1000mを60秒3の平均ペースで通過していきます。有力どころは、ロゴタイプが中団グループの前方、、コディーノエピファネイアが直後の中団、キズナは依然後方のままで3~4コーナーを回ります。
直線を向いてアポロソニックが再び先頭に立ち、2番手集団は横に広がって一斉に追い出しを開始。ペプチドアマゾンロゴタイプが伸びを見せ、その後ろからはエピファネイアコディーノも迫ります。
しかし、ロゴタイプコディーノは直線半ばを迎えたところで伸びひと息で一歩後退。残り100mで3分どころからエピファネイアが、ペプチドアマゾンアポロソニックを交わして先頭に躍り出ると、大外からはキズナが鋭い伸びで猛追。ゴール直前でエピファネイアキズナが馬体を並べますが、勢いは完全に外のキズナ。結局1/2馬身差でキズナが抜け出してV。2着にはあと僅かのところで戴冠を逃したエピファネイアがそのまま入り、そこから1馬身1/4差の3着にはロゴタイプペプチドアマゾンとの際どい争いを制した8番人気アポロソニックが入っています。勝ち時計は2分24秒3。(良)

公認プロ予想家の中では、導師嵐山プロ☆まんでがんプロ仲谷光太郎プロサラマッポプロ栗山求プロが的中をマークしました。

その他では3連単プリンスプロ夢月プロkmプロdream1002プロ3連複プリンセスプロがスマッシュヒットを見せています。


☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
26(日)京都8Rで▲◎△で3連単181万2780円馬券を見事的中!G1日本ダービーも馬連2点勝負で5000円分的中を記録。土日トータルでは、回収率422%・収支151万7280円のプラスを記録しています!

☆☆☆注目プロ → 3連単プリンスプロ
こちらも26(日)京都8Rで3連単181万2780円馬券を的中しています!週末のトータルでは、回収率657%・収支159万1390円プラスのトップ成績をマーク!

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
25(土)東京5Rで、単勝51.3倍のマイネオレンジ一点勝負的中をマーク!51万3000円払戻しのホームランとなりました。26(日)東京8Rでも13万7000円のスマッシュヒットを記録しています。土日トータル成績は、回収率186%・収支41万4000円のプラスをマークしました!

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
26(日)東京4Rで3連単29万7670円馬券的中のスマッシュヒットを披露!週末のトータルでは、回収率122%・収支10万5970円のプラスをマークしています。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
25(土)東京7Rで単勝一点的中し、17万9000円の払戻しを記録すると、京都8Rでは○△◎で3連複1000円分的中を披露!こちらも17万6800円のスマッシュヒットとなりました。土日トータルでは、回収率125%・収支7万9960円のプラスを記録。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
26(日)京都5Rで馬連208.0倍を的中し、12万4800円払戻しのスマッシュヒットを記録。G1日本ダービーでも、馬連&3連複のW的中をマークしました。

他には、3連複プリンセスプロ馬単マスタープロが土日トータル100%超の好成績を収めています。


※全レースの結果速報はこちら


今週はG1・安田記念!競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご期待下さい。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年4月17日(水) 15:30 【ウマニティ】
先週の回顧~山崎エリカプロ247%を筆頭に8名の予想家が回収率100%超え!
閲覧 140ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、14(日)に中山競馬場で牡馬クラシック第一弾、G1皐月賞が行われました。それでは、いつものように競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣の重賞的中とスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
G1皐月賞の最終オッズは2歳チャンピオンロゴタイプが3.7倍の1番人気で以下エピファネイア(3.9倍)、コディーノ(4.4倍)、カミノタサハラ(7.0倍)と4頭が10倍を切り、他馬を引き離して上位人気を形成。各馬スムーズに収まってスタートの合図。全馬大きな出遅れもなく、その中からダッシュ良くコパノリチャードがハナに立ちます。2番手にクリノヒマラヤオー、続いてラブリーデイミヤジタイガコディーノクラウンレガーロエピファネイアサトノネプチューンロゴタイプタマモベストプレイナリタパイレーツマズルファイヤーと中団までほぼ一団といった形。先団からやや離れてカミノタサハラインパラトールフェイムゲームレッドルーラーテイエムイナズマと続き、メイケイペガスターは最後方からの競馬となり、向こう上面へ差し掛かります。
淀みなくレースは流れて全体に縦長の馬群となり、前半の5F通過は58秒0のタイトな流れとなりましたが、各馬追走の手を緩めず、馬群がぎゅっと詰まって第3コーナーに入ります。ここでクラウンレガーロコディーノエピファネイアロゴタイプと好位組が仕掛けられると人気の一角カミノタサハラも外からまくり気味に進出を開始。各馬一斉に動き出すなか、コパノリチャードが先頭で直線コースへ。
逃げるコパノリチャードクラウンレガーロエピファネイアロゴタイプが並びかけ、内からはコディーノ、馬場の真ん中からタマモベストプレイカミノタサハラも脚を伸ばします。ラスト200m付近でロゴタイプエピファネイア、内のコディーノが抜け出して叩き合いへ。坂上に差し掛かり、エピファネイアを競り落としたロゴタイプがリードを保って半馬身差の完勝。勝ちタイムは1分58秒0(良)のレコード決着となり、2歳チャンピオンの強さ、存在感を見せつける結果となりました。2着にはエピファネイア、そこから1馬身半差の3着にコディーノが入りました。
公認プロ予想家の中では山崎エリカプロ霧プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。

他にも先週は導師嵐山プロkmプロきいいろプロ佐藤洋一郎プロdream1002プロ夢月プロらが活躍を見せています。


☆☆☆注目プロ → 山崎エリカプロ
14(日)は、阪神10Rで馬連1500円分を的中し9万2850円の払戻しをマークすると、続く阪神11Rも的中(6万3300円払戻し)を披露。さらにG1皐月賞もプラス的中と絶好調!土日トータル成績は、回収率トップの247%、収支10万2950円プラスをマークしています。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
13(土)中山9Rで馬連&3連複をゲットし、10万2580円を払戻し!福島12Rでは、○▲◎で馬連291.4倍と3連複1273.2倍の的中で計68万4120円払戻しのホームランを記録!週末トータルでは、回収率138%、収支トップの27万6300円プラスをマークしています。

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
14(日)中山9Rを△◎△で3連単的中!24万6020円馬券的中のスマッシュヒットとなりました。

☆☆☆注目プロ → きいいろプロ
13(土)の中山9Rは馬連的中で12万2700円の払戻しを記録。さらに、14(日)は阪神5Rの馬連&単勝的中、阪神8Rの単勝的中で、それぞれ11万4000円、10万6000円を払戻し!土日トータル回収率116%、収支12万900円プラスの好成績で終えています。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
14(日)福島11Rで◎○△的中を披露。3連単500円分の的中で17万2850円のスマッシュヒットを記録しています。週末トータルでは回収率118%を記録しました。

☆☆☆注目プロ → 夢月プロ
13(土)中山2Rで本命◎ビーナストリックの単勝を的中し18万4000円を払戻し。さらに福島12Rでも12万4000円の払戻しをマークしました。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
13(土)中山2Rで◎○▲のパーフェクト的中!3連単400円分の的中で17万4880円を払戻しました。この日は中山10Rでも○◎×で3連単10万9620円馬券を的中!計17万1480円の払戻しをマークしています。

他には、3連複プリンセスプロ(127%)、仲谷光太郎プロ(121%)、スガダイプロ(104%)、はははふほほほプロ(100%)が土日回収率100%オーバーの活躍を見せてくれました。


※全レースの結果速報はこちら


G1は中休みの今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家の予想にご期待ください。

「ユータ」

[もっと見る]

2013年4月10日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第231話皐月賞(謎解き編)~
閲覧 314ビュー コメント 0 ナイス 11

第231話 「皐月賞


08年 36.2-50.3-35.2 =2.01.7 ▼11△3△10 瞬発戦
09年 34.8-48.3-35.6 =1.58.7 ▼ 1▼1△ 4 平坦戦 稍重
10年 35.4-49.5-35.9 =2.00.8 ▼ 2▼3△ 2 平坦戦
12年 35.8-47.1-38.4 =2.01.3 △ 5△9▼ 5 瞬発戦 稍重

昨年は時計の掛かる馬場にも関わらずメイショウカドマツゼロスがハナ争いをしたおかげで前半59.1秒のハイペース。
ラスト1Fで▼5の加速が生じた特殊ラップのレースとなりました。
ゴールドシップワールドエースというどちらかといえば内回り向きでない2頭のワンツーでこれはレアケースかもしれません。
キャプテントゥーレアンライバルドヴィクトワールピサといった内回り向きの馬が勝利しやすいのがやはり皐月賞ではないかと思います。
ゴールドシップはご存知の通り有馬記念まで制していて適性とは関係のない次元の馬なんだと思います)
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
キャプテントゥーレ 【瞬2平0消0】▼ 4▼10△10 ▼ 6△ 2△ 4
アンライバルド   【瞬3平0消0】▼ 7▼ 9△ 1 ▼17△ 6▼ 9
ヴィクトワールピサ 【瞬3平2消0】▼ 2▼ 4△ 1 ▼ 6▼ 2△ 4
ゴールドシップ   【瞬4平1消0】▼12▼ 9△ 7 ▼ 5▼ 4△ 8
2着馬
タケミカヅチ    【瞬3平0消0】▼ 8▼ 7△ 9 ▼ 4▼10△ 6
トライアンフマーチ 【瞬3平0消0】▼ 6△ 5▼ 2 ▼ 9▼11△12
ヒルノダムール   【瞬2平2消0】△ 2▼ 2▼ 2 ▼11▼ 6▼ 1
ワールドエース   【瞬2平2消0】▼ 4± 0△ 7 ▼ 8▼10△ 8

瞬発戦実績は必須でヴィクトワールピサ以外の連対馬は全て▼10以上の大きな加速実績がありました。
ここはポイントでしょう。
この手の展開で勝ち負けが出来る馬というのが内回りコースでは必要。
ヴィクトワールピサは▼8の加速実績はありましたしラジオNIKKEI&弥生賞の内回りコースで連勝していた馬なので適性としては文句なしだったでしょう。

これは昨年も書いたことですが前走のステップレースもポイントの一つ。
スプリングS、弥生賞、若葉S、共同通信杯、の4レースからのローテが重要。
(距離、レース格、順調さ、辺りかなと思われます)
過去10年を見ても30頭中29頭はこれに当てはまります。
唯一の例外は10年のエイシンフラッシュ(3着)のみとなっています。
上記の4レースからの出走で▼10以上の加速実績のあった馬は
エピファネイアカミノタサハラコディーノサトノネプチューンメイケイペガスター
の5頭となっています。
レッドルーラーロゴタイプの2頭の名前がありませんがどちらも▼9までの加速実績はあって若葉S、スプリングSの勝ち馬でもあります。
思い切って消してしまうか、そんな僅かな差は問題ないだろうと入れるか。

スプリングS
36.8-35.4-35.6 =1.47.8 △2▼9△5 瞬発戦
12.1-12.3-11.4-11.9(ラスト4F)
【弥生賞】
36.5-49.3-35.2 =2.01.0 ▼1▼2△8 平坦戦
11.7-11.6-11.4-12.2(ラスト4F)
【若葉S】
36.7-48.3-35.7 =2.00.7 ▼2▼1△5 平坦戦
12.0-11.8-11.7-12.2(ラスト4F)

スプリングSは中盤が速く先行して押し切ったロゴタイプが強い内容。
しかし、ラスト3F目の12.3秒で若干脚を溜めることが出来たことが大きく距離が1F延長する舞台でスタミナが持つかどうかが課題。
ラスト4Fから11秒台に突入したのは弥生賞だけ。
トライアルの中ではこのレースが最も本番に直結しやすい気がします。
若葉Sは中盤がソコソコ速く流れてラストで前の馬の脚が止まったところに外からレッドルーラーが4角10番手から差し届いたレース。

弥生賞は流れ的には皐月賞に最も近く、弥生賞よりも前半が速くなれば皐月賞の完成といった感じです。
ならば弥生賞の上位馬に重い印を打てばいいのではと思うのですが騎手替わりという状況がどうか。
1着馬のカミノタサハラは3角からマクっての押し切り勝利でプチゴールドシップといった感じの騎乗内容でした。
あれは内田Jだからこそという気がするので蛯名Jがどう騎乗するのか?
2着のミヤジタイガも乗り慣れた和田Jではなく柴田Jへの乗り替わりはマイナスでしょう。
(決して下手と言ってる訳ではありません)
ロゴタイプコディーノは距離が不安。
スローになった方がベターでしょう。
となれば前走外枠で引っ掛かったため最後は脚が止まりはしましたが直線抜け出した斬れはGⅠクラスだった(と感じた)エピファネイア
この馬を本命に指名します。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
エピファネイアレッドルーラーカミノタサハラ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミヤジタイガの口コミ


口コミ一覧

本日の見所(弥生賞)

 山崎エリカ 2018年3月4日() 04:42

閲覧 265ビュー コメント 1 ナイス 15

2018年 弥生賞
_______

昨日のチューチップ賞は、前哨戦らしくスローペースになりやすいことをお伝えしましたが、近年の弥生賞も同じ。5F通過61秒を越えるのがあたりまえで、5F通過63秒2までペースが落ちた昨年は、マイスタイルが逃げて2着に粘りました。今年も小頭数。逃げるのが本来ハナにはこだわらないサンリヴァルかリビーリングとなれば、スローペースの上がりの競馬が濃厚でしょう。

また、2013年の弥生賞で後の皐月賞、ダービーで連対のエピファネイアとキズナがぶっ飛んで万馬券決着となったことがあるように、今回が始動戦の馬が苦戦の傾向。2013年の弥生賞を制したのは前走で同年の500万下を制したカミノタサハラ、2着が前走・若駒Sの4着馬ミヤジタイガだったように、穴を開けるのは、同年の500万下の勝ち馬や若駒Sの上位馬が定番。しばしば京成杯や京同通信杯の敗退馬なども穴を開けています。

弥生賞でとにかく穴を開けているのは、レースを順調に使われている上がり馬たち。今年は同年の500万下勝ち馬や若駒Sの上位馬、京成杯や京同通信杯の敗退馬も出走していませんが、それらと同等の馬は出走しています。無敗の2歳チャンピオン、ダノンレジェンドも、無敗でクラシックの登竜門・東京スポーツ杯2歳Sを制したワグネリアンも、今回が始動戦。ここが本番ではないことがわかっているだけに、レースを順調に使われている馬を本命◎としたいです。

 ひろあやは 2018年3月3日() 21:21
明日 3月4日 中山4レース 妄想予想
閲覧 85ビュー コメント 0 ナイス 14

このレースも幸四郎の馬 ミヤジタイガが人気ですね。今日も2勝してもしかしてこのレースも買っていきなり3連勝ありそうですね。
JRAの話題作りに皆さん付き合えば馬券は当たるかも、という事で私は、ミヤジタイガから人気所に馬連勝負します。笑笑

[もっと見る]

 しんすけ46 2018年1月27日() 05:58
牛若丸ジャンプステークス
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 6

◎⑤ミヤジタイガ
〇④タマモプラネット
△③グッドスカイ
△⑦マイネルヴォーダン
△⑨スプレーモゲレイロ

馬連④ー⑤の1点に400円。
馬単⑤ー④の1点に200円。
三連複④・⑤ー⑦・⑨への2点へ200円。

少頭数である程度実力がはっきりしている組み合わせ。
点数買っても妙味なさそうなんで馬連は1点だけ。
ミヤジタイガは距離短縮とこのメンバーなら巻き返すでしょ?
タマモプラネットも逃げ残れそう。
後は実力最上位のグッドスカイが右回りと直線ダートを苦にしてくれる事をキボンヌ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ミヤジタイガの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  hironish   フォロワー:3人 2012年6月30日() 20:49:43
6/10 好スタートから好位で折り合い、直線ジリジリと伸びて勝利。

ミヤジタイガの写真

ミヤジタイガ
ミヤジタイガ

ミヤジタイガの厩舎情報 VIP

2018年3月4日障害4歳以上オープン9着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ミヤジタイガの取材メモ VIP

2018年3月4日 障害4歳以上オープン 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。