ショウナンラノビア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 2003年5月19日生
調教師岡田稲男(栗東)
馬主国本 哲秀
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績26戦[6-1-2-17]
総賞金12,552万円
収得賞金3,500万円
英字表記Shonan la Novia
血統 フレンチデピュティ
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Mitterand
ショウナンアクシア
血統 ][ 産駒 ]
ヘクタープロテクター
ショウナンプリティ
兄弟 ショウナンカガリビショウナンマリオン
前走 2010/07/18 アイビスサマーD G3
次走予定

ショウナンラノビアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
10/07/18 新潟 11 アイビスSD G3 芝1000 184820.6126** 牝7 54.0 北村宏司岡田稲男510(0)0.54.2 0.332.0--ケイティラブ
10/07/04 阪神 10 米子S OP 芝1600 188179.8414** 牝7 54.0 岩田康誠岡田稲男510(+8)1.35.0 1.236.5⑦⑨タマモナイスプレイ
10/05/22 京都 10 テレビ愛知 OP 芝1400 1881724.181** 牝7 54.0 岩田康誠岡田稲男502(0)1.20.2 -0.133.9ヘッドライナー
10/04/24 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 161222.6915** 牝7 54.0 丸山元気岡田稲男502(-4)1.50.5 1.638.3レジネッタ
10/04/10 阪神 10 阪神牝馬S G2 芝1400 1871498.9145** 牝7 55.0 岩田康誠岡田稲男506(-2)1.20.7 0.535.2アイアムカミノマゴ
10/03/14 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 1661218.01015** 牝7 54.0 岩田康誠岡田稲男508(-6)1.48.9 1.337.0ニシノブルームーン
10/01/31 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 154719.2914** 牝7 54.0 岩田康誠岡田稲男514(+12)1.37.7 1.335.6⑦⑦ヒカルアマランサス
09/06/14 東京 11 エプソムC G3 芝1800 1871330.964** 牝6 54.0 後藤浩輝岡田稲男502(+2)1.46.2 0.735.4シンゲン
09/05/17 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 181125.373** 牝6 55.0 柴田善臣岡田稲男500(-2)1.33.8 1.435.2ウオッカ
09/04/19 中山 12 卯月S 1600万下 芝1600 1581525.4101** 牝6 52.0 北村友一岡田稲男502(-4)1.33.5 -0.235.8ヤマニンイグナイト
09/03/28 阪神 8 仲春特別 1000万下 芝1600 135719.281** 牝6 55.0 福永祐一岡田稲男506(-4)1.35.3 -0.234.7ディープスピリット
09/03/14 阪神 8 4歳以上1000万下 ダ1400 1651064.4136** 牝6 55.0 小牧太岡田稲男510(-2)1.24.4 1.037.5トーセンマエストロ
09/01/04 京都 9 4歳以上1000万下 ダ1400 1648105.51310** 牝6 55.0 小牧太岡田稲男512(+10)1.25.1 1.236.6⑯⑯ハイエモーション
08/12/13 阪神 12 3歳以上1000万下 ダ1400 1661166.41111** 牝5 54☆ 浜中俊岡田稲男502(0)1.25.5 1.436.2⑭⑬ロードクルーザー
08/11/29 京都 10 山科特別 1000万下 ダ1400 1624150.1154** 牝5 55.0 小牧太岡田稲男502(-4)1.24.9 0.636.4⑫⑪タガノティアーズ
08/11/09 京都 9 衣笠特別 1000万下 芝1800 1681678.21414** 牝5 52.0 池添謙一岡田稲男506(-6)1.48.2 1.336.1タガノグラマラス
08/10/26 京都 7 3歳以上1000万下 ダ1400 1611216.01414** 牝5 55.0 上村洋行岡田稲男512(+16)1.27.0 3.240.6④⑥アドマイヤゴルゴ
08/02/10 京都 8 4歳以上1000万下 ダ1400 168166.344** 牝5 55.0 松岡正海岡田稲男496(-2)1.25.0 0.537.7ベルモントプロテア
08/02/02 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1800 166115.538** 牝5 55.0 小牧太岡田稲男498(-4)1.53.7 1.237.7⑪⑪⑧⑥プログレスエバー
08/01/13 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1800 16486.549** 牝5 55.0 小牧太岡田稲男502(+10)1.52.3 1.936.2⑭⑭⑭⑫トーセンアーチャー

⇒もっと見る


ショウナンラノビアの関連ニュース

 *過去4年が対象

 ◆年齢 連対馬は4歳=6頭、5歳=2頭。3着まで枠を広げても6歳は昨年のショウナンラノビア1頭のみ。出走馬のほとんどが4、5歳ということもあるが、高齢馬は割り引き。

 ◆GI馬 これまで延べ15頭が出走し、【2・2・0・1・1】だが、GI馬が連対しなかったのは07年だけで、ほぼどれかのGI馬が連対。今年は2頭しかおらず、最低でもどちらかの連対が濃厚。

 ◆重賞実績 連対馬8頭のうち重賞未勝利は07年2着アサヒライジングだけ。ただし、同馬はGI2着が2回あった。重賞未出走馬はショウナンラノビアの3着が最高で、減点材料。

 ◆距離・コース実績 連対馬のうちマイル戦で未勝利、または未出走だったのはブラボーデイジーだけ。東京で連対経験がなかったのはブラボーデイジーエイジアンウインズの2頭。

 ◆ローテ 連対馬の前走は、サンスポ杯阪神牝馬S組が3頭、ドバイ組が2頭、その他にマイラーズC、ダービー卿CT、福島牝馬Sがそれぞれ1頭。休み明けの馬はいない。

 ◆結論

 ブエナビスタレッドディザイアの2頭の争いだが、前走で芝を使っていない馬の連対はないため、ブエナを上位と見た。続くのは阪神牝馬S快勝のアイアムカミノマゴと実績上位ブロードストリート。(データ取材班)

【エプソムC】シンゲントップ評価…データ解析2009年6月9日(火) 05:02

 *過去10年が対象

 ◆左回り実績は心強い 連対20頭中17頭に距離、馬場に関係なく左回りで勝利があった。残る3頭のうち、01年トーヨーデヘア(2着)にはGINHKマイルC2着の実績があった。

 ◆距離・重賞実績は必要 全頭に芝1600~2000メートルでV歴。また、16頭に芝1600~2200メートル重賞で3着以内の実績があった。残る4頭のうち、2頭は重賞初挑戦だったが、07年エイシンデピュティは準オープン→オープン特別と連勝、08年ヒカルオオゾラは準オープン2着→同1着と波に乗っていた。勢いがあれば実績の埋め合わせも可能。

 ◆巻き返しに要注意 ステップは新潟大賞典が最多で7連対。3カ月以上の休養明けは02年エアスマップ(2着)のみで、重賞3連勝のクラフトワーク(06年11着)など26頭は結果が出ていないことから割り引き。ただし、前走着順に関しては不問。2ケタ着順からの巻き返しも多く、注意を払いたい。そして注目は連闘組だ。01年バンブーマリアッチ(3着)、04年ダンツジャッジ(2着)と2頭しか例がないが、ともに馬券に絡んでいる。今回はスマイルジャックがこれに該当。出否は未定だが、出走してくるようなら怖い存在だ。

 ◆牝馬は厳しいが… 牝馬は00年トゥザヴィクトリーの5着も含めて【0・0・2・12】とかなり厳しい。しかし、3着の2頭は、02年ジェミードレスが前走2着、99年リワードニンファは前5走で4勝1敗で、そのうち1敗はGI。ショウナンラノビアの勢いなら、活躍しても不思議ではない。

 ◆7歳まで 4歳7連対、5歳9連対で、この2世代が圧倒。連対は4~7歳に限られており、他は減点対象となる。

 ◆結論

 シンゲンはコース5勝を含め左回り6勝、重賞勝ちもあり、トップ評価。次位はダービー2着など実績上位のスマイルジャック。以下ヒカルオオゾラキャプテンベガ。牝馬ショウナンラノビアも注意したい。(データ室)

[もっと見る]

【ヴィクトリアM】圧巻ウオッカ!7馬身差圧勝2009年5月17日() 15:48

 17日、東京競馬場で「第4回ヴィクトリアマイル」(GI、芝1600メートル)が行われ、武豊騎手騎乗で圧倒的1番人気のウオッカ(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)が直線で抜け出し、後続を大きく引き離し圧勝。GI5勝目を挙げた。タイムは1分32秒4(良)。

 レースは18頭が綺麗なスタート。内からブーケフレグランスショウナンラノビアが先手を取った。注目のウオッカは、道中6番手でレースを進め、直線入り口で馬なりのまま先頭に並びかけた。

 その後は、文句のつけようがない内容で、他馬が懸命に追われる中、楽な手応えで後続をどんどん突き放す圧勝劇。“ここでは格が違う”と言わんばかりに2着ブラボーデイジーに7馬身差をつけた。

 ウオッカは父タニノギムレット、母はタニノシスター、母の父ルション。通算21戦8勝(海外3戦0勝)で、重賞は06年阪神JF(GI)、07年チューリップ賞(GIII)、07年日本ダービー(GI)、08年安田記念(GI)、08年天皇賞・秋(GI)に続いて6勝目。

 2着は11番人気ブラボーデイジー(牝4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、3着は7番人気ショウナンラノビア(牝6歳、栗東・岡田稲男厩舎)。

 ウオッカは今回の勝利で、メジロドーベルと並ぶJRA・牝馬最多タイのGI5勝目。さらにメジロドーベル以来牝馬2頭目となる4シーズン連続JRA・GI制覇となった。

[もっと見る]

ショウナンラノビアの関連コラム

閲覧 525ビュー コメント 0 ナイス 10

第184話 「ヴィクトリアM」


07年 34.8-23.4-34.3 =1.32.5 ▼4±0△ 7 平坦戦
08年 35.7-24.3-33.7 =1.33.7 ▼8▼2△ 5 瞬発戦
09年 34.7-23.9-33.8 =1.32.4 ▼7▼4△10 瞬発戦
10年 33.8-23.7-34.9 =1.32.4 ▼4▼3△ 7 平坦戦
11年 33.5-22.4-36.0 =1.31.9 △3△4△ 4 消耗戦

昨年はスタート2F目以降一度もラップが緩まない激流の消耗戦となりましたが牝馬限定戦でもありこれはレアケースと考えてもいいと思います。
基本的には「斬れ重視」で上がり33秒台が使える馬が有利。
そして過去のラップギアを見ると連続した加速というのがポイントかなと思います。
では連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
コイウタ      【瞬3平0消3】
エイジアンウインズ 【瞬3平1消3】
ウオッカ      【瞬9平2消0】
ブエナビスタ    【瞬5平3消0】
アパパネ      【瞬6平1消0】
2着馬
アサヒライジング  【瞬3平2消0】
ウオッカ      【瞬7平0消0】
ブラボーデイジー  【瞬1平5消0】
ヒカルアマランサス 【瞬4平1消0】
ブエナビスタ    【瞬8平5消0】

瞬発戦実績が重要なのはもちろんですが平坦戦実績もそれなりに持ち合わせている印象。
やはり一瞬の加速だけではなく連続加速がポイントなので「長く使える脚≠平坦戦実績」ということなのでしょう。
当たり前ですがやはり「東京コースらしいレース」ということです。
だって、エイジアンウインズブラボーデイジーヒカルアマランサス以外は全て東京芝重賞で連対経験があった馬ばかりですから。
ちなみにエイジアンウインズブラボーデイジーの2頭はその年のヴィクトリアMが東京コース初体験。
ヒカルアマランサスは1600万(2着)の1戦のみの経験でした。
東京芝重賞での勝ち馬というのはポイントが高いでしょう。
アパパネホエールキャプチャアプリコットフィズ
2着経験であれば
アニメイトバイオマイネイサベル
が該当します。
では東京重賞実績以外のファクターはどうか?となりますが、近年では東京コースだけでなく重賞実績が重要となっています。

重賞勝利経験あり 5-4-3-41 勝率9.4% 連対率17.0% 複勝率22.6%
重賞勝利経験なし 0-1-2-33 勝率0.0% 連対率 2.8% 複勝率 8.3%

重賞ウイナーが断然優秀という結果になっています。
重賞勝利経験がないのに2着になったのはアサヒライジング(GⅠ2着2回、3着1回の実績ある)
3着はブルーメンブラット(GⅡ2着1回3着1回)とショウナンラノビア(重賞未経験&条件戦を連勝中)の2頭でした。
重賞ウイナーは上記の5頭以外では
フミノイマージンレディアルバローザマルセリーナドナウブルーグランプリエンゼルクィーンズバーンオールザットジャズ
が該当します。

・斬れ(先週の様な馬場なら重要ではないですがBコース替わりでどうか)
・瞬発戦&平坦戦実績(連続加速ラップ)
・重賞実績
・内枠有利
辺りがポイントかと思います。
内枠有利は特に「1番枠」で1-2-2-7(複勝率41.7%)と好成績を収めています。
最後の直線でかなりの向かい風だった09年はウオッカが独走で勝利となりましたが2着3着にはブラボーデイジーショウナンラノビアが「1番枠」「先行」「大型馬」というコンボで高配当となったのも見逃せないケースでしょう。

私の今のところのイチオシはホエールキャプチャ
クイーンCの勝ち馬でもあるし同舞台はおそらく得意条件。
差しても先行してもちょっとだけ足りないレースが続いたが混戦のメンバーならば主役に躍り出ても不思議はない。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ホエールキャプチャアパパネマイネイサベル


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

ショウナンラノビアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 175ビュー コメント 0 ナイス 13

◎人気データ
1番人気 (3-2-0-4)
2番人気 (2-0-0-7)
3番人気 (0-2-2-5)
4番人気 (1-0-2-6)
5番人気 (1-0-1-7)
6番人気 (0-0-1-8)
7~9人 (0-3-2-22)
10人以下(2-2-1-75)
 
◎馬齢データ
4歳 (6-7-3-66)
5歳 (3-2-4-39)
6歳 (0-0-2-20)
7歳上(0-0-0-9)
  
◎所属データ
美浦(4-2-2-51)
栗東(5-7-7-83)
 
◎枠データ
1枠(1-2-5-10)
2枠(1-2-1-14)
3枠(2-0-0-16)
4枠(0-1-0-17)
5枠(0-1-1-16)
6枠(3-0-0-15)
7枠(1-1-1-23)
8枠(1-2-1-23)

◎馬番データ
1番 (1-0-4-4)
2番 (0-2-1-6)
3番 (0-1-0-8)
4番 (1-1-1-6)
5番 (0-0-0-9)
6番 (2-0-0-7)
7番 (0-0-0-9)
8番 (0-1-0-8)
9番 (0-1-0-8)
10番(0-0-1-8)
11番(2-0-0-7)
12番(1-0-0-8)
13番(0-1-1-7)
14番(1-0-0-8)
15番(0-0-0-9)
16番(1-1-1-6)
17番(0-0-0-9)
18番(0-1-0-7)
  
◎脚質データ
逃げ(1-1-1-6)
先行(3-3-3-23)
差し(5-4-3-58)
追込(0-1-2-47)

◎前走データ
重賞(9-9-8-120)
├阪神牝馬S(2-4-2-45)
├中山牝馬S(1-1-2-10)
├福島牝馬S(0-1-1-36)
├マイラーズC(2-0-1-8)
├産経大阪杯(1-1-0-1)
├京都牝馬S(0-0-0-2)
├高松宮記念(0-0-1-3)
├ダービー卿CT(1-0-1-3)
├東京新聞杯(0-0-0-1)
├中日新聞杯(0-0-0-1)
└海外(2-2-0-2)

OP特別(0-0-0-7)
1600万下(0-0-1-7)

◎前走着順別データ
1着  (1-1-3-25)
2着  (3-1-3-13)
3着  (0-0-2-10)
4着  (1-1-0-12)
5着  (1-0-0-10)
6~9着(2-3-1-35)
10以下(1-3-0-29)

◎前走人気別データ
1番人気 (0-0-2-18)
2番人気 (2-2-1-13)
3番人気 (0-2-1-20)
4番人気 (2-1-2-13)
5番人気 (2-0-0-12)
6~9人 (1-2-1-36)
10人以下(0-0-2-20)
 
[ヴィクトリアマイルデータまとめ]
△単勝50.0~99.9倍
(1-0-1-35)
×単勝100倍以上
(0-0-0-30)
△6歳以上
(0-0-2-29)
×単勝オッズ50倍以上の関西馬
(0-0-0-37)
×前走福島牝馬Sで3着以下
(0-0-0-26)
△前走10番人気以下
(0-0-2-20)
△間隔3週以内
(0-1-1-50)
×間隔10週以上
(0-0-0-9)

《ポイント》
ヴィクトリアマイルは波乱の多い重賞ですね。
割り引きとなるデータがありますが・・・

単勝50.0~99.9倍で馬券に絡んだ2頭
2010年ニシノブルームーン(11番人気)
2007年コイウタ     (12番人気)

6歳以上で馬券に絡んだ2頭
2010年ニシノブルームーン(11番人気)
2009年ショウナンラノビア(7番人気)

前走福島牝馬Sだった馬で馬券に絡んだ2頭
2013年マイネイサベル  (5番人気)
2009年ブラボーデイジー (11番人気)

前走10番人気以下だった馬で馬券に絡んだ2頭
2011年レディアルバローザ(3番人気)
2009年ショウナンラノビア(7番人気)

間隔3週以内で馬券に絡んだ2頭
2013年マイネイサベル  (5番人気)
2009年ブラボーデイジー (11番人気)

前走重賞連対か連勝馬または前々走重賞勝ち。
調子の良い馬、勢いのある馬が好走。
穴馬も好調な馬が狙い目となりそうです。
 

 TERAMAGAZI 2013年5月11日() 19:53
サウンドオブハートが、3連勝でG1戴冠!!!!!!!
閲覧 194ビュー コメント 0 ナイス 0

【京王杯スプリングC】

シルポートは、なぜ逃げなかったのだろう? 

調教師は「何が何でも(途中からでも)ハナに行く」と宣言していたのに。

大逃げを打って、結果惨敗でも納得出来る。

ネコパンチのように。

逃げ馬が逃げないで負けるのは不本意過ぎる。

同世代のエスポワールシチーは逃げて「かしわ記念」で逃げて2着に粘った。

まだ衰えるトシでもないだろう。

調教師に、逃げの指示(途中からでも)をされていたのに(押しまくってでも)逃げなかった坂井ジョッキーは何を考えて騎乗していたのか?

馬券も思い切っり負けたけど、それ以上にレース内容が無念でした。









【第8回ヴィクトリアマイルG1】



【追記】

雨が振って重馬塲になっているので、重馬塲の「エリ女」を勝った

13レインボーダリアをオサエに入れます。











【血統攻略】


東京芝マイルは速い時計で走れるスピードとその持続性に加えて、タフなパワーと底力も要求される。





サンデーサイレンス無しで今の競馬の予想は出来ないがこのレースもまたサンデー系が強い。




昨年の1着ホエールキャプチャ(母父サンデー系)、2着ドナウブルー(父サンデー系)、3着マルセ

リーナ(父サンデー系)の1着~3着独占を始め、過去7年の1着~3着馬の21頭中、9頭がサンデー系の血を持っていた (実に43%)。
 



父はディープインパクト、スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、アグネスタキオン、フジキセ

キ。





また1着~3着馬の21頭中、父が東京芝コースのG1(ダービー、NHKマイルC)を勝っている

馬が21頭中、12頭もいる (実に57%)。




クロフネ(2回)、ディープインパクト(2回)、キングカメハメハ(2回)、スペシャルウィーク(2

回)、タニノギムレット(3回)、アドマイヤベガ(1回)。


アグネスタキオンは4戦4勝で皐月賞を勝ち引退、「幻の3冠馬」と呼ばれる名馬。

フジキセキも4戦4勝で弥生賞を勝ち引退、「皐月賞&ダービーの2冠馬」と呼ばれる名馬。



09年3着のショウナンラノビア(父フレンチデピュティ×母父ヘクタープロテクター(ミスプロ

系))以外の20頭は、全て上記の血統である。




ショウナンラノビアは、1000万特別→1600万特別と逃げて連勝して来た馬で、ヴィクトリ

アマイルも逃げて、3着に粘った。




上記の血統に属なさいで馬券圏内に入るには、「逃げ馬」というコトになる。





「アグネスタキオン×ND系」の◎サウンドオブハート。


「サンデー系×ND系」は先週、「NHKマイルC」を優勝したマイネルホウオウと同じ配合。

血の勢いが後押しする。



昨年の優勝馬ホエールキャプチャは、「クロフネ×ND系」で「NHKマイルC」

2着のインパルスヒーローと同じ配合。血の勢いがある。





1昨年アパパネを優勝に導いたダービー馬キンカメ産駒で、母父がサンデーサイレンスのアロマティコ。

東京コースは初だが、近親にダービー2着インティライミがいる母系は東京に合う。

重勝未勝利だが、秋華賞3着の実績があり、5勝2着6回3着3回と、1番実績のある4歳馬。





「キンカメ×母父サンデー」とアロマティコと全く同じ配合のアドマイヤセプター。

祖母オークス馬ダイナカール→母オークス&天皇賞秋馬エアグルーヴ→エリ女2連覇アドマイヤ

グルーヴと続く日本競馬史上屈指の名門牝系。しかし近走の成績から苦しいか。





「ディープインパクト×ND系」のドナウブルー。

前走「ダービー卿CT」は10着だが、昨年も「中山牝馬S」11着→2着に巻き返している。

牝馬3冠&JC馬ジェンティルドンナの全姉という血統で、牡馬混合G1「マイルCS」3着と実

績も十分。




「ディープインパクト×ND系」のジョワドヴィーヴルは、2戦目でG1「阪神JF」を優勝した天

才少女。姉ブエナビスタはG1・6勝の歴史的名馬で東京コースもオークス、天皇賞秋JCと勝っ

ている。兄アドマイヤオーラは、ダービー3着馬。そろそろ本来の才能を発揮すると見る。





「ディープインパクト×ND系」のヴィルシーナは牝馬3冠全てがジェンティルドンナの2着。

必勝を期した「エリ女」も、2着と勝てなかったが、東京コースは「クイーンC」勝ちがある。









【消去法データ攻略】

◆6歳以上→【0・0・2・24】

→エーシンメンフィス、ザッハトルテ、レインボーダリア、フミノイマージン





◆前走国内ダート→【0・0・0・2】

→メーデイア





◆重勝未勝利で、G1連対無し→【0・0・2・41】

→アドマイヤセプター、イチオクノホシ





◆前走JRAで、10着以下→【0・0・0・19】

→アドマイヤセプター、ホエールキャプチャ、アイムユアーズ、エーシンメンフェス





◆前走ローカル(重賞1着を除く)→【0・0・0・33】

→マイネイサベル、ジョワドヴィーヴル、アロマティコ





◆前走条件戦&オープン特別→【0・0・1・12】

→ザッハトルテ、ゴールデングローブ





◆前走「福島牝馬S」の5歳以上→【0・0・0・18】

→オールザットジャズ










【残った馬】

→サウンドオブハート、ハナズゴール、ヴィルシーナ







◎17サウンドオブハート

○11ヴィルシーナ

▲4ハナズゴール

注8ホエールキャプチャ

△14アロマティコ

△6ドナウブルー

△3ジョワドヴィーヴル









【3連単】フォメ(24点)

17、11、4→17、11、4→8、14、6、3







【3連複】流し(15点)

17→3、4、6、8、11、14







【馬連】BOX(3点)

17=11=4







【ワイド】流し(3点)

17→6、8、14







【単勝】

17サウンドオブハート







【複勝】
6ドナウブルー
14アロマティコ

[もっと見る]

ショウナンラノビアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
     フォロワー:0人 2010年1月31日() 22:21:27
10/01/31 京都牝馬S 出遅れ!

ショウナンラノビアの写真

投稿写真はありません。

ショウナンラノビアの厩舎情報 VIP

2010年7月18日アイビスサマーD G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ショウナンラノビアの取材メモ VIP

2010年7月18日 アイビスサマーD G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。