デストリーライズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録

デストリーライズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
272件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...19 次の15件≫
272:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年10月25日(木) 20:41:46
18.10.25
 美浦トレセン在厩。昨日、ウッドにて3頭併せの後方から追い切られました。
「牧場では障害練習がメインでしたので、ここからはある程度乗っていかないと。取りあえずは平地で乗り込み、レースの前にまた大きな障害を飛ばして確認していきたいですね。試験合格後も思っていたほどの反動はなく、硬さも許容範囲。稽古での遅れを気にする馬ではないですし、ここまで障害ばかりやっていましたから、仕方ない面もあるでしょう。11月11日(日)福島4Rまたは5R 障害未勝利(芝2750m)を目標に進めていきます」(鹿戸調教師)
「調教は動かないタイプですからね。それでも最後まで食い下がっていましたし、この馬なりに頑張っていたと思います。障害に関しては、またレースが近づいてきたところで練習し、福島に向かいましょう」(上野騎手)
271:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年10月18日(木) 22:25:01
18.10.18
 美浦トレセン在厩。昨日、障害試験に合格しています。馬体重505kg(10/16測定)
「着地時に前肢だけで支えようとせず、すぐに後肢でフォローしようとする格好に。よって飛越はあまり上手い方ではありませんが、前向きに躊躇することなく走っていたこともあって合格をもらうことができました。ひとまず今日は楽をさせて、週末からまた速めを。ここからは速めの調教にウエイトをおき、太めの体を良化させていければと思います。出走は福島開催(11/3~)あたりを意識し、機を見て障害練習も行う予定です」(鹿戸調教師)
「どの馬も向正面の5つ目の大きな障害で対応が雑になりがち。本馬もそのようなところがありましたね。飛越というか、着地に課題を残している点がどうかでしょう」(上野騎手)
「普段は大人しく、飼葉喰いも良好。右トモに疲れが出やすい馬ですが、今のところは大丈夫です」(青山厩務員)
270:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年10月5日(金) 01:10:50
18.10.04
 美浦トレセン在厩。昨日より北馬場にて障害練習を開始しています。
「背腰が緩い感じで、まだ着地の感触も掴みきれていない様子。踏み切りの距離感なども含めて、これから慣らしていきたいですね。初めてにしては大きな障害も飛んでくれましたし、その辺は良かったかなと。まずはしっかりと練習を重ねていきましょう」(上野翔騎手)
「とりあえず、捻挫した箇所はもう何ら問題なさそうですよ。きのうは全休日扱いの日でちょっとテンションが高めでしたが、いつもはそれほどでもないですし、前捌きなどもこの馬のいつもの感じ。いい意味で大きく変わった様子はありません。障害飛越に関しては、これから練習を重ねていく中で上達してくれればと思います」(高橋助手)
「きのう障害練習を行いましたので、今日は北馬場で普通キャンター程度。明日また障害を飛ばしてみる予定です」(鹿戸調教師)
269:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年10月1日(月) 13:57:40
18.10.01
 9月29日(土)に美浦トレセンへ帰厩。翌日より坂路入りしています。
「本来は今週以降での帰厩をイメージしていましたが、キャンセル待ちの順番が回ってきましたので、ここからは手元で少しずつ進めていきたいと思います」(鹿戸調教師)
268:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年9月26日(水) 17:55:02
18.09.26
 ミホ分場在厩。引き続き、おもにダク1800m、周回コースにて軽いキャンター3000mを乗り込まれています。
「ペースよりも長めをじっくりと。左右の周回の走りに大きな差こそありませんが、どちらの手前であっても右前肢が出づらいようなところがある分、どうも右にモタれやすい傾向にありますね。全体の歩様そのものは硬くなっていませんので、そこに注意しながら更に乗り進めていきたいと思います。調教師によれば、『(帰厩は)もう少し乗り込んでからの方が良さそうだ』とのことでした」(古西担当)
267:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年9月19日(水) 19:00:25
18.09.19
 ミホ分場在厩。現在はダク1800m、周回コースにて軽いキャンター3000mを消化しています。
「もう捻挫による不安は解消しており、休んだ分だけ筋肉に疲れもない状態。右前を中心とした元来の硬さのようなものがあるとは言え、特に歩様に問題はなく、ここから乗り込み量を満たしていければと思います。調教師によれば、『来週にも馬体確認に行き、その時の感触も含めて、(帰厩に向けての)おおよその目安をつけていきたい』とのことでした」(古西担当)
266:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年9月13日(木) 05:21:38
18.09.12
 ミホ分場在厩。捻挫の症状が落ち着いてきたため、馬場入りを開始しています。
「腫れや痛みがなくなり、もう馬自身も気にならない様子。現在はダクを1800mほど乗り、周回コースにて軽いキャンター1800mを乗っています。徐々に慣らしつつ調教の距離を延ばし、障害練習中心のメニューと頓挫によるお休みによって緩んでいる体を引き締めていきたいと思います」(古西担当)
265:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年9月5日(水) 23:13:55
18.09.05
 ミホ牧場在厩。試験騎乗を行うなどして、捻挫箇所の様子見が続けられています。
「腫れ自体は引いてきましたが、まだ馬が少し気にしている様子。もうしばらくは経過を見守りたいと思います。現在は屋根付きの角馬場でダクをメインとした運動を開始しており、歩様のチェックを兼ねて少し走らせてみることも。引き続き、流水と粘土でアイシングを行い、完全にスッキリしてくるのを待っているところです」(古西担当)
264:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年8月29日(水) 21:55:27
18.08.29
 23日(木)にミホ牧場へ移動。周回コースにてハッキングキャンターまで乗り進められていましたが、今朝の調教中に右前の球節部を捻挫したため、数日は様子を見ることになりました。
「あまり歩様が柔らかい方ではありませんからね。軽く躓くような格好にでもなったのでしょうか。捻ったところがまだ腫れぼったく、僅かに痛みもあるようですので、ひとまず今週一杯は無理をさせずにウォーキングマシンのみで様子を見てもらう予定です。数週ほど乗って帰厩させることも考えていましたが、この分だともう少し先になってしまうかもしれません」(鹿戸調教師)
263:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年8月22日(水) 19:59:55
18.08.22
 筑波スカイラインスティーブル在厩。ウォーキングマシン40分×2回、角馬場にて15~20分ほどの速歩と駈足を消化。週2~3回の障害練習も継続しています。
「一定期間、こちらで障害飛越の練習を繰り返しやってきましたので、『今週末か来週くらいにはミホ分場へ移動させ、今度は通常の乗り込みを進めていく』と調教師。遅くとも月内には移動の運びとなりそうです。障害に対して素直にスッと向かって行ってはくれますので、本馬の場合はそのあと。飛越時のかき分けと着地までの体の使い方がポイントになってくるのではないでしょうか。今度はトレセンの障害で飛ばしてみて、どのような対応を見せてくれるかだと思います」(増山担当)
262:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年8月15日(水) 19:20:56
18.08.15
 筑波スカイラインスティーブル在厩。今週もおもにウォーキングマシン40分×2回、角馬場にて15~20分ほどの速歩と駈足を消化。週2~3回の障害練習を行っています。
「練習の継続により、着地までの感じが少しずつ良くなってきていますよ。物見などせずに何にでも向かっていけるよう、この中間からは横木以外の素材を跨がせるなどして慣らしているところです。最初は少し驚きますが、こうやって慣らしていくことによって対応力が高まるはず。今後に活きてくるのではないでしょうか」(増山担当)
261:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年8月9日(木) 00:16:42
18.08.08
 筑波スカイラインスティーブル在厩。ウォーキングマシン40分×2回、角馬場にて15~20分ほどの速歩と駈足を消化。週2~3回、高さ80cmほどの障害にて飛越練習を続けています。
「高く上へ飛ぶのではなく、鼻面を前に出すようにして、かき分けるように奥行きを飛んでいく形が理想的。まだ背中が張る感じですので、なるべく背を伸ばして飛べるような状況づくりに専念しています。着地なども一度出来てしまえば、どんどん馴染んでくるケースもありますので、馬自身に理想的な飛越を分かってもらえるようトレーニングを続け、理解を求めているところです」(増山担当)
260:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年8月1日(水) 22:25:08
18.08.01
 筑波スカイラインスティーブル在厩。先週同様、ウォーキングマシン40分×2回、角馬場にて15分ほどの速歩と駈足を消化。週2~3回、高さ80cmほどの障害にて飛越練習が行われています。
「障害自体には向かって行ってくれるものの、まだ背中を張って飛ぼうとしますので、着地の感じがひと息に。体の硬さがそうさせるのかもしれませんが、慣れの問題もありますからね。加えてフラットワークの重要性も問われる部分になりますので、普段から体をよくほぐすように、そして背中を使わせるように心掛け、障害練習につなげています」(増山担当)
259:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年7月25日(水) 15:54:54
18.07.25
 筑波スカイラインスティーブル在厩。引き続きウォーキングマシン40分×2回、角馬場にて15分ほどの速歩と駈足を消化。現在は高さ80cmほどの障害にて飛越練習が行われています。
「一段大きめの障害に移行して練習中。高さ自体には対応してくれていますが、まだ慣れておらず、プレッシャーがかかるのでしょう。緊張気味に飛ぶ分、全身をうまく使えていない様子ですので、リラックスしてこなせるように仕向けていきたいですね。その中で飛び方のフォームも教え込んでいければと思っています」(増山担当)
258:
  河内一秀   フォロワー:13人 2018年7月18日(水) 23:13:58
18.07.18
 筑波スカイラインスティーブル在厩。ウォーキングマシン40分×2回、角馬場にて15分ほどの速歩と駈足を消化。引き続き、高さ50cmほどの障害で飛越練習を重ねています。
「何しろこの暑さですから、運動時間を短縮するなどして、様子を見ながら調整を。今のところ体調に問題はありませんよ。障害に対しての警戒心や恐れはなく、気にしないで飛んで行く感じですので、導入部としては及第点を与えられる感じです。この次は、踏み切りの際に力を入れた時の脚捌き。まずは感触を窺いつつ、教えていければと思います」(増山担当)
272件中 1-15件目を表示≪前の15件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ...19 次の15件≫

レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。