最新競馬コラム

【山崎エリカのダートグレード攻略】~日本テレビ盃2020年~

 1,096

【山崎エリカのダートグレード攻略】~日本テレビ盃2020年~ | コラム | ウマニティ

 日本テレビ盃は、JBCクラシックのステップレース。実績馬はこの先のJBCクラシックチャンピオンズカップ東京大賞典へと続く始動戦になります。つまり、実績馬にとって、このレースの位置付けは叩き台。基本的には夏場に順調にレースを使われている上り馬が活躍しています。

 しかし、上がり馬が出走してくることがそれほど多くないのも事実。特にブリーダーズゴールドカップが牝馬限定戦へと様変わりした近年はその傾向がより強く、夏の上がり馬は白山大賞典やこの後行われるシリウスSへと駒を進めることが多くなりました。

 ただし、上がり馬でも同年のマーキュリーカップの優勝馬がここに出走してくれば有力。過去10年では2013年のソリタリーキングの2着のみですが、遡れば2005年のこのレースの優勝馬サカラ―トや2009年のマコトスパルビエロもこのレースの優勝しています。

 また、休養明けの実績馬同士の対戦図式の場合は、直近の6月末に行われる帝王賞の上位馬が優勢となります。帝王賞は上半期のダートの総決算で、日本テレビ盃よりも格上のレースですから、その傾向はより顕著。同年の帝王賞で3着以内だった馬の過去10年の成績は【4・1・4・0】で3連複の軸馬としては信頼できます。

 1着の該当馬は、2010-2011年のフリオーソ、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2018年のケイティブレイブ。2着の該当馬は、2015年のクリソライト。3着馬の該当馬は、2016年と2018年のサウンドトゥルー、2017年のケイティブレイブ、2019年のノンコノユメです。遡れば2008年も帝王賞でワン、ツーを決めたフリオーソとボンネビルレコードが着順が入れ替わる形でともにこのレースで連対しています。またボンネビルレコードは翌年も帝王賞3着、このレースでも3着でした。

 しかし、帝王賞で3コーナー先頭だった馬に限れば、さらに信頼できます。その成績は過去10年で【2・1・0・0】で、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2015年のクリソライトがそのパターンで連対。2008年のフリオーソもそうです。これは単に逃げて上位入線するような馬は強いというのもありますが、帝王賞と比べると日本テレビ盃のほうが、前哨戦らしく前有利の流れになりやすいというのもあるでしょう。

 さらに前走で中央のグレードレースで3着以内だった馬の活躍も【2・1・1・0】と目立ちます。1着の該当馬は、2012年のソリタリーキング、2016年のアウォーディー。2着の該当馬はトランセンド、3着の該当馬は2015年のコパノリッキーです。また2008年には、もともと中距離実績があった馬ではありますが、前走1400mのプロキオンSで3着だったサンライズバッカスが、このレースでも3着と善戦しています。それらも十分に信用できるでしょう。

 また、日本テレビ盃は、2003年以降の16年間も1~4番人気馬が1~3着を独占しており、全て馬複3桁配当で決着。さらに恐ろしいことに1番人気が12年連続で3着以内を死守しており、突き詰めると穴馬が馬券に絡んだことはありません。無条件に1番人気を警戒したほうがいいレベルで、最大の穴馬は4番人気馬ということになります。

 しかし、それだとただの数字遊びになるので、4番人気で3着以内だった馬たちを見ていくと、「逃げ馬」という共通項がありました。4番人気ながらこのレースで3着以内だった2012年のマグニフィカ(3着)、2014年のグラッツィア(3着)、2019年のロンドンタウン(2着)は、このレースで逃げた馬でした。また、前記3頭には過去にダートグレード勝ちの実績があることが共通項。とにかく逃げ馬が好走しやすいレースなので、前記の該当馬が出走していれば、買っておいても損はないでしょう。


 まとめるとこうなります!
 
 ●本命候補
 ・同年のマーキュリーカップ優勝馬。
 ・前走の帝王賞で3着以内だった馬。
  (特に、3コーナー先頭で3着以内だった馬は有力)
 ・前走でダートグレードに出走し、3着以内だった馬。
 
 ●穴馬候補
 ・今回逃げられる可能性が高い馬。
  (ダートグレード勝ちの実績があることが条件)


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

 コメント(1

古い順・新しい順

TERAMAGAZINE
2020年9月30日(水) 20:38


超抜競馬予想クイーン♡
《山崎エリカ『競馬プロ予想プロ』】のゴージャス予想》

--------------------------------------
第67回 日本テレビ盃(Jpn2)
--------------------------------------

◎アナザートゥルース
3走前のダイオライト記念ではウェスタールンド(後のアンタレスSの優勝馬エルムS・2着)を撃破して優勝した(14)アナザートゥルースを推します。

休養明けの前走・エルムSは楽に2番手につけて1700mにも対応しているものの
本来はもっと距離があったほうがいい馬。
前走はこの馬本来の能力を出し切れていないのでここでの前進が期待できるでしょう。


○ミューチャリー
中央馬が相手の3走前の川崎記念で4着
遡れば昨年のジャパンダートダービーで3着の実績がある(6)ミューチャリー
休養明けの前走・マイルグランプリでは前半4F48秒5-後半4F51秒4の超ハイペースを外から動いて
中団の内々をロスなく立ち回ったグレンツェントを2着に降して優勝。

前々走でフェブラリーSに出走しスピード競馬を経験したことでマイルにも対応しました。

ミューチャリーは本質的には距離が長いほうがいいはず。
強豪先行馬が揃ったここはサルサディオーネはある程度飛ばして行くことが推測されるだけに
展開の後押しもありそうです。


https://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=3100000007


---------------------------------------------------------

★山崎エリカ『日本テレビ盃(Jpn2)』 予想購入金額

【一般会員 ★1000 G( ★G=¥日本円 )】

----------------------------------------------------------

◎アナザートゥルース 5着(1番人気)

○ミューチャリー 4着(4番人気)

^^^^^^^^^^^^^^^

◆投資額 5,000円
◆回収額 0円

^^^^^^^^^^^^^

う~ん!
今回(だけは)惜しかったですっ!

初志貫徹!!ブレない《マーベラス競馬プロ予想家山崎エリカ》さま!


さすが!
ゴージャス予想のプロフェッショナルですっ!

プロフェッサー・マーベラス・エリカ

「実に素晴らしい!」


ウチら「#山崎エリカ公認プロファンクラブ」(ファンの集い)
【エリカ競馬《公認プロ》】をいつもずっとずっと応援しております!!

#山崎エリカ #山崎エリカ公認プロ

ナイス! (1)

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

10月25日()
菊花賞 G1
10月24日()
富士S G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月18日()
秋華賞 G1
東京ハイJ G2
10月17日()
府中牝馬S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
64,756万円
4 グランアレグリア 牝4
58,665万円
5 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
6 フィエールマン 牡5
57,306万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 マカヒキ 牡7
56,210万円
9 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
52,786万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
31,789万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
17,541万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
8 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
9 スマイルカナ 牝3
12,395万円
10 ウインマリリン 牝3
12,321万円
» もっと見る