最新競馬コラム

【山崎エリカのダートグレード攻略】~全日本2歳優駿2019~

 1,318

【山崎エリカのダートグレード攻略】~全日本2歳優駿2019~ | コラム | ウマニティ

 2歳ダートの頂上決戦、全日本2歳優駿。このレースは2歳チャンピオン決定戦らしく、先日の朝日杯FS同様に成長力が重要ポイント。近走で凡退が続いて成長力にやや疑問府がつく馬は、苦戦している傾向があります。つまり、高い能力を持ち、近走成績も良い勢いのある馬を狙うのが基本です。

 実際に過去10年の優勝馬10頭中9頭が、ダートでは無敗の馬(昨年の優勝馬ノーヴァレンダは新馬戦で競走中止)。それも前走では、中央の500万下かダートグレードを勝利していました。また、唯一、前記の条件を満たしていないのは2010年のビックロマンスですが、同馬もダートに転じて未勝利、500万下を連勝し、前走の北海道2歳優駿で2着と好走していた馬。このことからも近走成績も良い勢いのある馬が、活躍していることがおわかり頂けるでしょう。

 また、高い能力があることも重要であることを証明するかのように、前走のダートグレードを含む、ダートで3勝以上の無敗馬が活躍。その成績は過去10年で【5・0・0・1】。1着の該当馬は、2009年のラブミーチャン、2011年のオーブルチェフ、2013年のハッピーズプリント、2015年のサウンドスカイ、2016年のリエノテソーロ。唯一の4着以下は、2017年のハヤブサマカオーですが、同馬は逃げ馬でハナに行けず、2番手からオーバーペースを追い駆けてしまったのが敗因。

 全日本2歳優駿は、スプリント路線組が参戦してくることもあり、例年ハイペースになる逃げ馬苦戦のレース。ハヤブサマカオーのようなハナ限定タイプだと厳しいものがありますが、折り合える馬ならば1着馬候補として信頼できるでしょう。

 他では、3連勝目で前走の兵庫ジュニアグランプリを制した馬も有力。前記したハヤブサマカオーのようにハナ限定タイプではないことが条件で過去10年の成績は【2・2・0・1】。1着の該当馬は、2009年のラブミーチャン、2015年のサウンドスカイ。2着に該当馬は、2010年のリアライズノユメ、2018年のデルマルーヴル。唯一の4着以下は、2013年のニシケンモノノフで、同馬は当時、道営所属。道営のレースでの成績を含むものでした。つまり、中央のレースかダートグレードを連勝し、前走の兵庫ジュニアグランプリを制した馬であれば、連対候補として信頼できるでしょう。

 これは北海道2歳優駿も同じ。ハナ限定タイプではないことと中央のレースかダートグレードを連勝し、前走の北海道2歳優駿を制した馬の成績は過去10年で【1・1・0・0】でした。1着の該当馬はオーブルチェフ、2着の該当馬はドンフォルティスです。

 一方、穴メーカーは、前走の北海道2歳優駿で3コーナー先頭だった馬。北海道2歳優駿は例年スプリント路線馬が多く参戦し、例年ハイペースになるレースだからでしょう。前走で厳しいレースを経験して凡退した馬というのは、疲れを残さずに、持久力を鍛え上げる効果がありからでしょう。このため、このレースではしばしば穴を開けています。

 該当馬は、2012年の2着馬ジェネラルグラント(7番人気)、2013年の3着馬サーモピレ(8番人気)。遡れば2007年の2着馬ディラクエ(3番人気)、2006年の3着馬アンパサンド(9番人気)もこのパターンでした。しかし、前走の北海道2歳優駿で2着か、前々走で道営の重賞に出走し、連対していることが共通項。該当馬が出走していればヒモ穴に狙ってみると面白いでしょう。

 さらに前走南関東の重賞で連対していた馬も、このレースでしばしば穴を開けています。2009年の2着馬ブンブイチドウ(7番人気)は、前走の平和賞の2着馬。2013年の3着馬キスミープリンス(6番人気)は、前走の鎌倉記念の勝ち馬。遡れば2008年の3着馬ナイキハイグレード(3番人気)も、前走のハイセイコー記念の勝ち馬です。この時期の南関東の重賞は、中央の500万下と大差がないので、一発の可能性は十分あります。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走ダートグレードで優勝した、ダート無敗馬。
  (逃げ限定タイプは除く)
 ・前走の兵庫ジュニアグランプリで3連勝目を挙げた馬。
  (逃げ限定タイプと、地方のダートグレード以外のレースを除く)
 ・前走の北海道2歳優駿で3連勝目を挙げた馬。
  (逃げ限定タイプと、地方のダートグレード以外のレースを除く)

 ●穴馬候補
 ・前走の北海道2歳優駿で3コーナー先頭でレースをした馬。
  (前走の北海道2歳優駿で連対しているか、前々走で道営の重賞に出走し、連対していることが条件)
 ・前走、南関東の重賞で連対している馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

 コメント(1

古い順・新しい順

TERAMAGAZINE
2019年12月24日(火) 22:02

【山崎エリカプロ】

【予想購入金額(一般会員) 1000G】
※( G=日本円 )

◎にはデビュー3戦目の前走・兵庫ジュニアグランプリで優勝馬テイエムサウスダンと0.2秒差(2着)の(10)メイショウテンスイを推します。

テイエムサウスダンではなくこちらを◎にしたの、前走はスタート後に外から来られたことで包まれ最後の直線まで進路確保ができなかったから。
またテイエムサウスダンよりもキャリアが浅く大きな上昇力が見込めるのも理由です。

○は前走・鎌倉記念を記念を制して4戦4勝の(4)インペリシャブル
前走はアベニンドリームにクビ差まで迫られました、同馬は次走の北海道2歳優駿で2着したほどの馬。
また前々走の若武者賞で逃げて大差勝ちした後の一戦では厳しいものがありました。
今回はキメラヴェリテの出方が気になりますが、折り合いさえつけば、RA馬が相手でも通用する能力はあります。

▲は1000mでデビューしたものの距離を延ばして追走が楽になり前走・ハイセイコー記念を制した(13)ゴールドビルダー
この馬は折り合いに問題なくどこからでも動けるのが強み。
それだけに内の馬の出方を窺いながら動ける大外枠は大きなマイナス材料ではありません。
また前走で1600mを経験している強みもあります。

https://nar.umanity.jp/professional/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2019121821110311

【山崎エリカプロ】

【予想購入金額(一般会員) 1000G】
※( G=日本円 )


【レース結果】

◎(10)メイショウテンスイ →4着
○(4)インペリシャブル   →11着
▲(13)ゴールドビルダ   →7着

ナイス! (0)

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

11月1日()
天皇賞(秋) G1
10月31日()
毎日スワンS G2
アルテミスS G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

10月25日()
菊花賞 G1
10月24日()
富士S G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
106,381万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 キセキ 牡6
64,756万円
4 グランアレグリア 牝4
58,665万円
5 ラッキーライラック 牝5
58,365万円
6 フィエールマン 牡5
57,306万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 マカヒキ 牡7
56,210万円
9 クロノジェネシス 牝4
53,166万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
67,519万円
2 デアリングタクト 牝3
39,771万円
3 サリオス 牡3
31,789万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
7 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
8 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
9 マルターズディオサ 牝3
13,300万円
10 スマイルカナ 牝3
12,395万円
» もっと見る