最新競馬コラム

濃霧注意報DX~宝塚記念(2019年)展望~

 2,325

濃霧注意報DX~宝塚記念(2019年)展望~ | コラム | ウマニティ



 先週から函館開催が始まり、競馬的にもいよいよ夏らしくなってきました。
 ……が、梅雨の時期らしく天候は落ち着かず、蒸し暑い日が続いたかと思えば、翌日にはすとーんと気温が下がったりして、虚弱体質のアラフォーの身体は大ダメージ。娘が保育園でもらってきた風邪を見事に貰い、溢れる倦怠感と止まらない咳の中でこの原稿を書いています。
 娘は鼻水を垂らしながらもピンピンしていたように、風邪としては極めて優しいウイルスだったと思うのですが、それですらこの症状……自身の身体の衰えを実感せざるを得ません。
 幸いなのは、今週末のメインレースが宝塚記念であるということ。
“病は気から”ということわざがあるように、ここをびしっと当てて本格的な夏競馬を迎えることができれば、少しは気分も晴れ、体調も上向いてくるはず。そのためにもしっかり有力馬達のイメージを紡いでおきたいところですね。
 それでは早速、上半期最後の濃霧注意報DX・宝塚記念展望、まいります。



 一昨年ほどではないにせよ、このまま行けば少々寂しい頭数となりそうな今年の宝塚記念。個性豊かな面々は揃っているものの、能力や実績といった点においてはかなりのバラつきがあり、海外でも十分に通用する馬から、ローカル重賞やハンデ重賞が精一杯という馬まで様々。全馬をパッと見た印象では、馬券圏内を争えそうな馬は出走予定馬のうち約半数。それほど選択肢は多くなさそうに映ります。

 その中でも上位の人気を集めそうなのがレイデオロ
 一昨年にダービーを制してから、馬券圏外になったのは昨年と今年のドバイシーマクラシックの2戦のみ。国内では展開や条件、舞台を問わず勝ち負けに加わってきており、安定感は現役馬の中でもトップクラスと言えるでしょう。
 ドバイにおける敗戦がいつも以上にテンションが上がってのものという印象がある上、ハイレベルの走りを見せているのがホームの関東圏であることが多いことから、関西圏への長距離輸送がどうかという懸念がありますが、同様の輸送があった3歳時の神戸新聞杯では落ち着き払った競馬で完勝。要はテンションさえ保たれていればしっかりと能力を出せるタイプなのでしょう。
 ただ、もう一点……時期的なものもありますが、週末の天気がはっきりとしないのは本馬にとってかなりの不安材料。

関連キーワード

 コメント(1

古い順・新しい順

TERAMAGAZINE
2019年6月27日(木) 00:24

霧(きり)
 ウマニティには2008年3月から参加。2010年に馬券スタイルを転換すると、高配当馬券の量産モードに突入。25週間にわたり予想コロシアムの最高位「キング・オブ・コロシアム」の座に君臨するという前人未踏の偉業を達成

宝塚記念

https://umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=6acc99eb82&race_id=2019062309030811

ナイス! (0)

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬コラム

新着競馬コラム

人気競馬コラム

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

5月9日()
NHKマイル G1
新潟大賞典 G3
5月8日()
京都新聞杯 G2

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月2日()
天皇賞(春) G1
5月1日()
青葉賞 G2

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
83,051万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
4 グランアレグリア 牝5
74,022万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
7 インディチャンプ 牡6
57,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
26,623万円
2 エフフォーリア 牡3
19,215万円
3 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
4 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
5 メイケイエール 牝3
11,465万円
6 ステラヴェローチェ 牡3
10,428万円
7 ワンダフルタウン 牡3
10,086万円
8 バスラットレオン 牡3
9,791万円
9 グレナディアガーズ 牡3
9,498万円
10 サトノレイナス 牝3
9,338万円
» もっと見る