今週の競馬:注目レース

  • 中山記念 G2
    3/1(
  • 阪急杯 G3
    3/1(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

中山記念3連覇に挑むウインブライト JRA重賞初Vを狙うF.ミナリク騎手が騎乗



 ウインブライト(牡6歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が、中山記念3連覇を狙う。同馬は昨年の中山記念優勝後、クイーンエリザベスII世C(香港)を制し、暮れには香港C(香港)を制覇。海外GIで2勝を挙げ、JRA賞最優秀4歳以上牡馬を受賞した。ウインブライトは中山で9戦5勝、2着2回という成績を残しているが、今年も中山記念を制すことができるかどうか。Vなら、中山記念3勝は年1回の実施となった1952年以降では初となる(※中山記念は1951年まで年2回実施されており、モアーザンが1937年(春)、1938年(春)(秋)に3勝を挙げている)。

 また、ウインブライトに騎乗するF.ミナリク騎手には、JRA重賞初制覇がかかる。同騎手は2018年から3年連続で短期免許を取得して日本で騎乗しているが、JRA重賞では昨年の中山牝馬S、今年の共同通信杯での2着が最高成績。ミナリク騎手は今回が35回目のJRA重賞騎乗となるが、初勝利を挙げることができるかどうか。



★昨年2着の雪辱なるか、ラッキーライラック 帰国初戦となる香港国際競走組が4頭出走



 今年の中山記念には、香港C勝馬ウインブライト(牡6歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、香港ヴァーズ2着のラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、香港マイル5着のぺルシアンナイト(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)、同7着のインディチャンプ(牡5歳、栗東.音無秀孝厩舎)と香港国際競走からの帰国初戦となる馬が4頭出走する。2017年の中山記念では、前年の香港マイル9着以来の出走となったネオリアリズムが勝利を挙げているが、今年の“香港国際競走組”は帰国初戦でどんな走りを見せてくれるだろうか。

 また、ラッキーライラックは昨年の中山記念で、勝馬ウインブライトからクビ差の2着となっており、前年の雪辱なるか注目される。ラッキーライラックには中山記念で3勝を挙げているM.デムーロ騎手が騎乗し、同馬が勝てば、牝馬の中山記念制覇は2015年ヌーヴォレコルト以来5年ぶり、デムーロ騎手は歴代最多タイの中山記念4勝目となる。



★出走馬中、唯一のGI馬ステルヴィオ ダイアトニックは芝1400メートル戦で連対率100%



 2018年のマイルCS勝馬ステルヴィオ(牡5歳、美浦・木村哲也厩舎)が、阪急杯に出走する。同馬は、出走馬中、唯一のGI馬だが、マイルCSを制した後は勝利から遠ざかっている。ステルヴィオは、これまでの12戦はすべて芝1600メートル以上のレースに出走しており、芝1400メートル戦への出走は今回が初めて。昨年の阪急杯では、芝1400メートル以下のレースに出走経験がなかったスマートオーディンが勝ったが、ステルヴィオはGI馬の実力を示し、久しぶりの勝利を挙げることができるかどうか。なお、同馬には丸山元気騎手が騎乗する。

 また、ダイアトニック(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)は、昨年のスワンSで重賞初制覇を遂げるなど、芝1400メートル戦では6戦5勝、2着1回で連対率100%を誇る。ダイアトニックは、今年初戦で芝1600メートルの京都金杯でも2着に入っているが、好成績を挙げる芝1400メートル戦で重賞2勝目を挙げることができるかどうか。同馬には北村友一騎手が騎乗する。なお、ステルヴィオダイアトニックは2013年の阪急杯優勝馬ロードカナロアの産駒で、同レースの父子制覇がかかる(※ロードカナロア産駒は、アンヴァル(牝5歳、栗東・藤岡健一厩舎)も出走する)。



四位洋文騎手は29日の騎乗を最後に引退 調教師2名は今週がラストウィーク



 四位洋文騎手は、29日の阪神での騎乗を最後に引退し、調教師に転身する。同騎手は1991年にデビューし、2月24日現在、歴代14位のJRA通算1585勝を挙げている。JRA・GIでは15勝を挙げており、2007年にはウオッカ、翌2008年にはディープスカイでダービーを制し、武豊騎手に次ぐ史上2人目のダービー連覇を果たしている。果たして、四位騎手は騎手生活最後の日に勝利を挙げることができるかどうか。なお、当日の阪神競馬場では、最終レース終了後に四位騎手の引退式が実施される。

 また、作田誠二調教師(栗東)、山内研二調教師(栗東)は、3月3日をもって定年のため引退する。作田調教師は2006年東海S、2009年札幌2歳SでJRA重賞2勝をマーク。山内調教師はJRA・GI6勝を含むJRA重賞48勝を記録しており、クラシック競走はイシノサンデー皐月賞チアズグレイスアローキャリー桜花賞シルクプリマドンナオークスを制している。29日の仁川Sには、作田調教師がヒストリーメイカー(牡6歳)、山内調教師がアポロテネシー(牡5歳)、ビスカリア(牝8歳)を出走させるが、調教師としてのラストウィークで勝利を挙げることができるかどうか。



★今年デビューの新人騎手は4名 アイルランド大使特別賞は泉谷楓真騎手が受賞



 今年デビューの新人騎手は、秋山稔樹騎手(美浦)、泉谷楓真騎手(栗東)、小林脩斗騎手(美浦)、原優介騎手(美浦)の4名。このうち、小林脩斗騎手は、元騎手の小林久晃氏を父にもち、泉谷楓真騎手は、競馬学校において最も騎乗技術が優秀な生徒に贈られる「アイルランド大使特別賞」を受賞した。昨年の新人騎手では、斎藤新騎手(42勝)、岩田望来騎手(37勝)、菅原明良騎手(31勝)が30勝以上をマークし、斎藤新騎手、岩田望来騎手は1年目からJRA・GIに騎乗したが、今年の新人騎手はどのような活躍を見せるだろうか。なお、4名のデビューは3月1日となる。



中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ズバッと!言いたい放題】大王、得意の中山ウインブライト信頼 2月27日(木) 11:42

 しの 伝統のGIIは今年も少頭数ながら豪華メンバーです。

 大王 GI馬が5頭もそろったからね。連覇中のウインブライトは昨年の香港カップ制覇以来。中山は5勝と最も得意だし、58キロも昨年の中山金杯を勝った斤量だから心配はいらない。

 東京サンスポ・片岡 3週連続でミナリクが騎乗。しっかりと乗り込まれているから仕上がりに不足はなく、力は出せそうだ。史上初の3連覇へ視界は良好やね。

 大王 昨年のエリザベス女王杯ラッキーライラックはミルコと新コンビ。昨年の中山記念でクビ差2着とコース適性は十分だ。

 水谷 昨年は「いかにも休み明けという感じだった」らしいで。そのときより「状態は上」と、松永幹調教師は自身ありそうやったな。

 しの ダノンキングリー毎日王冠など9Fで2戦2勝。皐月賞がタイム差なしの3着なら中山に苦手意識はないはず。

 東京サンスポ・漆山 休み明けでも馬体の張り、動きとも文句なしで成長が感じられる。性能は優にGI級。ウインブライトに2キロもらいなら逆転があっていい。

 大王 17年のマイルCSペルシアンナイト皐月賞で2着だったが、現在ではマイラー色が濃くなっている。9Fは微妙に長いかも。

 水谷 池江調教師は「しっかりやれている」と言いつつ、「叩き良化型なので…」と休み明けを危惧しとったな。

 大王 最優秀短距離馬インディチャンプは58キロで安田記念を制しているので斤量は気にならないが、【0・0・2・0】の9Fがカギかな。

 しの 好位差しキャラなので中山なら距離を克服できるかも。

 漆山 オークスソウルスターリングはここで引退。藤沢和調教師は「蹄の問題もなく順調に乗り込めた。見た感じ状態はいい」とのこと。同期のモズアスコットに続いてフランケル産駒の復活があるかも。

 しの 阪神は7F。高松宮記念に向けての戦いです。

 大王 ダイアトニックフィアーノロマーノの争いじゃないかな。特にダイアトニックは7Fで5勝のスペシャリスト。マイルの京都金杯でも2着に踏ん張って、地力強化がうかがえる。

 片岡 フィアーノロマーノは豪州産の8月生まれ。明け6歳でもまだこれからグングン良くなってきそう。こっちは阪神で【2・1・0・0】の巧者やね。

 大王 ステルヴィオは初めての7F。集中力が持続できると考えれば、好材料かも。

 片岡 クリノガウディーは昨年の中京記念2着以来、5走ぶりに森裕騎手。彼自身も悔しい思いをしていたと思うので、結果を出してくれるはず。

 漆山 ライラックカラーのカーバンクルSは急仕上げだったことを思えば価値あるV。「以前とは馬が変わってきて能力がどんどん上がっています」と木幡育騎手。先週のダイヤモンドSを勝った兄・巧也騎手に続く大穴Vも。

 しの 大穴といえば水谷さん、先週はGIですごい馬プレを成功しましたね。

 水谷 年間黒字もクリアしたことやし、これで今年は寝ていても大丈夫やろ。

 しの トドみたいな人が寝てたら邪魔なだけですよ。(夕刊フジ)

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】厩舎の話 2月27日(木) 11:41

インディチャンプ・福永騎手「コーナー4つにも対応してくれるはず」

ウインブライト・ミナリク騎手「馬はリラックス。自信を持って乗る」

エンジニア・大野騎手「ブリンカーの効果かハミがかりも良かった」

ゴールドサーベラス・清水英調教師「1週前にしっかり。展開向けば」

ソウルスターリング・藤沢和調教師「久々はハンデも頑張ってほしい」

ダノンキングリー・萩原調教師「体重は増えている。中山も問題ない」

ペルシアンナイト・池江調教師「休み明け初戦としては好仕上がり」

マルターズアポジー・武士沢騎手「自分の競馬をするだけ」

ラッキーライラック・松永幹調教師「いい競馬をして大阪杯へ」

(夕刊フジ)

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】ウインブライト弾んだ!一番時計 2月27日(木) 05:11

 GI馬5頭が集結した中山記念の追い切りが26日、東西のトレセンで行われた。美浦では、レース史上初の3連覇がかかるウインブライトが、弾むようなフォームで好調をアピール。調教評価は最高の『S』となった。栗東では、昨年2着でエリザベス女王杯の勝ち馬ラッキーライラックが同じく『S』評価となった。

 リズミカルに首を使い、弾むように芦毛の馬体が疾走した。昨年の最優秀4歳以上牡馬ウインブライトが、Wコースで6ハロン80秒7の一番時計を軽々とマーク。中山記念3連覇へ向け、盤石のパフォーマンスを披露だ。

 「先週にしっかり併せ馬でやって動きも精神面もいいので、きょうは単走でその状態をキープする感じ。馬はリラックスしてハッピーな状態。自信を持ってポジティブにレースを迎えられる」

 3週連続で追い切りに騎乗したミナリク騎手が満面の笑みを浮かべた。雨上がりで時計がかかる馬場にもかかわらず、馬なりでラスト1ハロン12秒3をたたき出し、調教評価は最高の『S』。昨年、香港でGI2勝を挙げた実力馬は、やはり搭載エンジンが違う。

 中央競馬の平地同一重賞3連覇となれば、史上8頭目の快挙。それ以上に、畠山調教師にはこの中山記念に並々ならぬ思い入れがある。祖父が生産し、母の名義で走ったカネミカサは、3連覇がかかった1980年にクビ差の2着に敗れた。

 「当時、勝ったときは口取りにいきましたし、負けたときは悔しかった。何とかブライトで3連覇をしたいですね」

 あれから40年。「具合がすごく良かった昨年の中山金杯(1着)くらいのデキにあると思う。馬の能力も間違いなく高くなっている」と、自身にとっての大一番に満足のいく状態で送り出す。

 落馬負傷した松岡騎手に替わって手綱を託されたミナリク騎手も、JRA重賞制覇の大きなチャンス。「私も日本に来たのは3回目だし、日本の重賞を勝つのが夢。3年越しの夢をかなえたい」と意欲満々だ。

 この後はドバイターフ(3月28日、メイダン、GI、芝1800メートル)に、連覇がかかるクイーンエリザベスIIC(4月26日、香港、GI、芝2000メートル)と海外GI2戦が控えているが、まずは今年初戦に全力投球。94回目を迎える伝統のGIIで、史上初となる偉業を達成だ。(板津雄志)

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】ラッキーライラック、軽快ラスト11秒6 2月27日(木) 05:10

 ラッキーライラックはCWコースでの併せ馬で躍動感ある走りを披露した。M・デムーロ騎手を背に、勝負どころで自らハミを取って加速し、ダンスディライト(2勝クラス)に3馬身半先着。馬なりで6ハロン82秒0-11秒6をマークし、最高の調教評価『S』となった。

 初コンビを組む鞍上は「反応がすごく速い。ストライドが大きくて思ったより体も大きい。印象は良かったよ」と笑顔。松永幹調教師は「余裕がある中でそれなりの時計も出ていて、いい状態。また大きいところを目指していきたい」と結んだ。

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【中山記念】インディチャンプ、2馬身先着 2月27日(木) 05:10

 インディチャンプは福永騎手を背に坂路で併せ馬。パワフルな動きで好仕上がりをアピールした。直線半ばで楽な手応えのまま並びかけると、四肢を回転させてグングン加速。4ハロン51秒5-12秒2でジョニーズララバイ(1勝クラス)に悠々と2馬身先着した。

 2週連続で手綱を取った鞍上は「順調で、雰囲気もいい。毎日王冠前より負荷をかけてきて、休み明けとして十分な仕上がり。そんなに不器用じゃないので、コーナー4つのコースも対応できそう」とうなずいた。

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 978ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、マーガレットステークス・仁川ステークス・すみれステークス・阪急杯中山記念の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月29日(土) 阪神10R マーガレットステークス
【前走の馬体重別成績(2018年以降)】
●460kg未満 [0-0-0-5](3着内率0.0%)
●460kg以上490kg未満 [1-1-0-5](3着内率28.6%)
●490kg以上 [1-1-2-0](3着内率100.0%)
→施行時期が移った2018年以降は大型馬が優勢。馬格のない馬は評価を下げるべきでしょう。


▼2020年02月29日(土) 阪神11R 仁川ステークス
【“前年以降、かつJRA、かつ1900m以上のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [8-6-6-36](3着内率35.7%)
●なし [0-2-2-49](3着内率7.5%)
→距離適性がポイント。1900m以上のレースを使ってこなかった馬は苦戦しています。


▼2020年03月01日(日) 阪神10R すみれステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2015年以降)】
●4番手以内 [5-4-2-13](3着内率45.8%)
●5番手以下 [0-1-3-12](3着内率25.0%)
→前走で先行していない馬は過信禁物。特別登録を行った馬のうち、前走の4コーナー通過順が4番手以内なのは、オールザワールドサンデーミラージュハギノエスペラントブルーミングスカイレクセランスの5頭だけです。


▼2020年03月01日(日) 阪神11R 阪急杯

[もっと見る]

2月24日(月) 10:29 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】中山記念2020・GIIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 604ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第94回 中山記念 GIIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

2月23日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月23日号】特選重賞データ分析編(191)~2020年中山記念~
閲覧 1,626ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 中山記念 2020年03月01日(日) 中山芝1800m内


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2014年以降)】
○17戦以内 [6-6-4-16](3着内率50.0%)
×18戦以上 [0-0-2-35](3着内率5.4%)

 キャリア17戦以内の馬は非常に堅実。一方、出走数が18戦以上だった馬は苦戦していました。高齢馬など、キャリアが豊富過ぎる馬は過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→インディチャンプダノンキングリーラッキーライラック
主な「×」該当馬→ウインブライトブレスジャーニーマルターズアポジー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“前年以降、かつJRA、かつ2000m以下、かつG1のレース”において12着以内となった経験がある」馬は2014年以降[6-4-6-20](3着内率44.4%)
主な該当馬→ダノンキングリーラッキーライラック

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 34ビュー

今週の競馬はコロナウイルスのせいでまさかの無観客試合(無観客競馬と言うらしい)です

中山記念はG2で今回たった9頭のレースなのにラッキーライラック、ソウルスターリング、インディチャンプの国内G1二勝馬と国内G1一勝馬ペルシアンナイト、香港G1二勝馬で中山記念三連覇がかかるウインブライトで半分以上がG1馬という豪華メンバーだというのに。他にもG2一勝皐月賞3着ダービー2着のダノンキングリーやG3三勝のマスターズアポジーまでいるのに!絶対客いっぱい来たのにコロナのせいで!

無人じゃあ馬も騎手も違和感ありすぎて力発揮しないで伏兵来てしまうかもしれないなあ

今週もビリ人気が絡むか?無観客で違和感ありまくりでゴールドサーベラス来ちゃう?ラッキーライラックからビリ人気2,3着で買っちゃう?

2月27日(木) 21:48 穴馬言さん
中山記念(G2)・阪急杯(G3)その2
閲覧 89ビュー

前走絞り
中山記念

〇インディチャンプ・〇ウインブライト・〇ペルシアンナイト・〇ラッキーライラック
〇マルターズアポジー
〇ダノンキングリー

※9頭立ての、6頭残りで絞り切れませんでした。

阪急杯
〇フィアーノロマーノ
〇ジョイフル・〇ハッピーアワー・〇ラヴィングアンサー
〇ダイアトニック
〇クリノガウディー

[もっと見る]

2月27日(木) 13:34 自慢さん
シルクR(中山記念)
閲覧 148ビュー

中山記念に出走予定のインディチャンプ。
シルクホースクラブの募集馬なんですね。

15年程前でしょうか、過去に会員だったもので
シルクには多少思い入れがあります。

しかし最近のシルクは凄いですな
昨年馬主ランキング1位!

シルクで勝ち上がる馬を見つける方が
大変だった時代の会員からすると
夢のような成績です。

ちなみにシルク歴は7、8年。
10頭ほど持ちまして勝ち上がったのは3頭。
最後は補填で3万くらいあったけど
買いたい馬もおらず、会費だけを支払う状況が
半年くらい続きまして退会しました。

電話口のお姉さんに退会を告げるとき、
あの方の、一瞬の間が辛かったなあー。
もうね、募集馬軒並み走らず
オススメの募集馬も居ない状況でしたからねえ。

あの可愛い声の主の方は、
まだいらっしゃるのかな?

さて、中山記念。
馬券はラッキーライラック◎
こちらはサンデーRですな。
インディチャンプは気持ち1ハロン長く
コース的に気持ちよく走れないと見ました。
○はウインブライト。これはウインの募集馬。

[もっと見る]

2月27日(木) 07:37 まっきー@高知ファイさん
中山記念2020 考察
閲覧 188ビュー

インディチャンプ
約3ヶ月弱の休み明け。休み明け自体は悪くないかなと思いますがどちらかと言うと叩いて集中力を上げてくる側面が強いので休み明け少頭数のダウン戦なら「単」はないかなと思える臨戦過程。1800mは少し長いイメージもある方もいそうですが非根幹距離への延長なら対応可能でしょう。まぁ纏まってるので大崩れも考えにくい局面で。

ウインブライト
約3ヶ月弱の休み明け。気の良さもあるけど叩いて良くなる側面も持ち合わせているのでその辺がどうかなと?インディチャンプよりは気の良さが強目で非根幹距離への短縮1800mも悪くないですし中距離実績も申し分ないのでいきなり通用しても不思議ではない。

エンジニア
馬が硬くなってる印象でここも強力なライバル多くて苦しいか?ただ硬直化した馬が打破しやすい少頭数のレースは悪くなくて今回は1800m⇒2000m⇒1800mの臨戦でペースも緩そうなので前付けして硬直化を打破してしまう可能性もなくはなくって穴馬としての資質と一発ありそうな下地は揃ってるかも?大振りならここか笑。

ゴールドサーベラス
無事に走り切って下さい…さすがに苦しい。

ソウルスターリング
少頭数自体は悪くないでしょう。ただ調子を崩したフランケル産駒なので休み明けリフレッシュしたからと言ってここで一変する方に賭けるのは違うかなと。リズムも悪いですし強調材料に欠ける現状では厳しいかなと思います。

ダノンキングリー
休み明けダウン戦少頭数のレース。鮮度要求高くスムーズな競馬を好むディープ産駒なので普通に走ってこられるかなと思います。中距離実績も十分で後ろ過ぎる競馬でさえなければ開幕週の中山コース中団から前目の競馬ならここは切りづらいですね。

ペルシアンナイト
この馬も少し硬直化してるのでダウン戦の少頭数は悪くないでしょう。内枠から距離延長を前付けして走る気を戻してくる事が出来れば巻き返してくるかも知れないかなと思います。ただそこに賭けるのなら5人気を考えるとリスクの方が高いかなと思います。

マルターズアポジー
前走は大敗で疲れは残ってないので肉体面では問題ないかなと思いますが少頭数のレースで逃げて逃げ切れるのか?と聞かれたら厳しいと思います。やはり基本は多頭数の広いコースの人気薄でこそ狙った方が破壊力が増すと思うので。

ラッキーライラック
休み明けですし内枠で上手く高ぶる気持ちをコントロール出来れば…外枠だとかなり危ないかなと思います。今回は休み明けなので馬体重は軽く増えてきた方がいいと思います。しつこいようですが枠がとても重要だと考えてます。

@Y9iYRhj9f207jdz

[もっと見る]

2月27日(木) 07:00 Hayaさん
【~術はある~】(2020.2.27.)(中山記念、阪急杯)
閲覧 168ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

日増しに暖かになりましたが、昨日まで暖かさがウソみたいな寒さ?
来週火曜日3日は、ひな祭り。木曜日(5日)は、”啓蟄”。

何故でしょう?我が懐だけでしょうか?
冬将軍が居座り続けているのは…。 (@_@;)

<啓蟄(けいちつ)とは?>
今年は、3月5日(木曜日)。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」に は「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味がある。暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日目の3月6日頃に当たります。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第2期 最終結果】
第2期(2月2~23日)6日間(根岸S~小倉大賞典:全11戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3ダイヤモンドSでは、7番タガノディアマンテ軸で勝負!
馬連(7⇒4,11,13)ワイド(7⇒13)

結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ダイヤモンドS」の軸馬タガノディアマンテは、最後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択?レース後の騎手コメントで川田将雅騎手「調教再審査を受けているように、左回りだと右のほうへ逃避してしまって、今日は競馬になっていない形でした」曰く。レース前に教えて!!まったく、知らない情報に驚いた。狙い方は、やはり推定後半3ハロン上位の争い!


土曜、G3京都牝馬Sでは、14番ドナウデルタ軸で勝負!
ワイド(14⇒3,8,9,12,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京都牝馬S」の軸馬ドナウデルタは、痛恨の出遅れスタートで中団追走、直線で弾けて優勝…
のはずが13着惨敗。反省点として、 軸馬の選択?前走(重賞実績)から勢いのある馬を無視しては当てることはできない。馬場の傾向より、まず決め手!!推定後半3ハロン上位馬は侮れない。



日曜、G1フェブラリーSでは、5番インティ軸で勝負!
馬連(5⇒3,4,9,12)馬単(3⇒5)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「フェブラリーS」の軸馬インティは、スタート鈍く先行4,5番手追走から直線で弾けて優勝…のはずがズルズル後退、馬群に沈み込み14着惨敗。反省点として、軸馬の選択?昨年のイメージ(残像)から切り替えが出来ていなかった。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ケイティブレイブに関しては、想定外!?


日曜、G3小倉大賞典では、6番ヴェロックス軸で勝負!
馬連(6⇒2,3,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「小倉大賞典」の軸馬ヴェロックスは、先行5、6番手追走から直線で弾けて優勝…のはずが伸びず9着惨敗。反省点として、軸馬の選択?圧倒的な人気に惑わされた結果。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ドゥオーモに関しては、想定外!?

【第2期 総 括】
前期に続き、マイナス収支!? 軸馬の選択はもちろん見直す必要があるが、馬券種の買い方も、今後見直す必要がある状況。金欲が溢れ、オッズに惑わされ、肝心な馬券が当たらない…反省。来期は、当てる事だけに集中!!


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
中山記念=中山(芝)1800=C(70)Sペースの前残り
阪急杯=阪神(芝)1400=D(66)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【何故3ハロンなのか!?】
サラブレッドに限らず、哺乳類が全速力で走れる期間は40秒!?

この40秒を競馬の距離に換算すると、大体3ハロンに相当。
上がり3ハロンというのは、ゴールから逆算して全速力で走ることの出来る最大距離と言える。

競馬には3ハロン以内で行われるレースは存在せず、それ以前に相応の距離を走っているので、
40秒丸々全速力というのは不可能なので、残されている力を絞りきって走るのが、最後の3ハロンと言える。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(中山記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数3位"

過去10年(3-2-2-3/10)勝率30%/連対率50%/複勝率70% と3着内率は高い!!
近5年(2-1-0-2/5)勝率40%/連対率60%/複勝率60% と微妙!?
ただ、近2年は馬券に絡んでいないだけに、逆に狙い目!?


(阪急杯)
注目したのは、"馬番コンピ指数値56-55-54"

上記の並びが出現した場合、指数値56-55を複勝2点。
近3年連続で出現している並びだが、過去10年内4回のみ!?
19年55-⑰馬番790円
18年×
17年56-④馬番600円/55-②馬番980円
12年56-⑪馬番300円


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

2月27日(木) 06:49 あらこんさん
中山記念は☆彡
閲覧 149ビュー

中山記念☆彡
ダノンキングリー
ウインブライト
ラッキーライラック
インディチャンプ
この4頭でしょうか?
あえてF騎手買いましょう!!
マルターズアポジー大逃げ( ゚∀゚)o彡°ワッショイ

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

中山記念3連覇に挑むウインブライト JRA重賞初Vを狙うF.ミナリク騎手が騎乗



 ウインブライト(牡6歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が、中山記念3連覇を狙う。同馬は昨年の中山記念優勝後、クイーンエリザベスII世C(香港)を制し、暮れには香港C(香港)を制覇。海外GIで2勝を挙げ、JRA賞最優秀4歳以上牡馬を受賞した。ウインブライトは中山で9戦5勝、2着2回という成績を残しているが、今年も中山記念を制すことができるかどうか。Vなら、中山記念3勝は年1回の実施となった1952年以降では初となる(※中山記念は1951年まで年2回実施されており、モアーザンが1937年(春)、1938年(春)(秋)に3勝を挙げている)。

 また、ウインブライトに騎乗するF.ミナリク騎手には、JRA重賞初制覇がかかる。同騎手は2018年から3年連続で短期免許を取得して日本で騎乗しているが、JRA重賞では昨年の中山牝馬S、今年の共同通信杯での2着が最高成績。ミナリク騎手は今回が35回目のJRA重賞騎乗となるが、初勝利を挙げることができるかどうか。



★昨年2着の雪辱なるか、ラッキーライラック 帰国初戦となる香港国際競走組が4頭出走



 今年の中山記念には、香港C勝馬ウインブライト(牡6歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、香港ヴァーズ2着のラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、香港マイル5着のぺルシアンナイト(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)、同7着のインディチャンプ(牡5歳、栗東.音無秀孝厩舎)と香港国際競走からの帰国初戦となる馬が4頭出走する。2017年の中山記念では、前年の香港マイル9着以来の出走となったネオリアリズムが勝利を挙げているが、今年の“香港国際競走組”は帰国初戦でどんな走りを見せてくれるだろうか。

 また、ラッキーライラックは昨年の中山記念で、勝馬ウインブライトからクビ差の2着となっており、前年の雪辱なるか注目される。ラッキーライラックには中山記念で3勝を挙げているM.デムーロ騎手が騎乗し、同馬が勝てば、牝馬の中山記念制覇は2015年ヌーヴォレコルト以来5年ぶり、デムーロ騎手は歴代最多タイの中山記念4勝目となる。



★出走馬中、唯一のGI馬ステルヴィオ ダイアトニックは芝1400メートル戦で連対率100%



 2018年のマイルCS勝馬ステルヴィオ(牡5歳、美浦・木村哲也厩舎)が、阪急杯に出走する。同馬は、出走馬中、唯一のGI馬だが、マイルCSを制した後は勝利から遠ざかっている。ステルヴィオは、これまでの12戦はすべて芝1600メートル以上のレースに出走しており、芝1400メートル戦への出走は今回が初めて。昨年の阪急杯では、芝1400メートル以下のレースに出走経験がなかったスマートオーディンが勝ったが、ステルヴィオはGI馬の実力を示し、久しぶりの勝利を挙げることができるかどうか。なお、同馬には丸山元気騎手が騎乗する。

 また、ダイアトニック(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)は、昨年のスワンSで重賞初制覇を遂げるなど、芝1400メートル戦では6戦5勝、2着1回で連対率100%を誇る。ダイアトニックは、今年初戦で芝1600メートルの京都金杯でも2着に入っているが、好成績を挙げる芝1400メートル戦で重賞2勝目を挙げることができるかどうか。同馬には北村友一騎手が騎乗する。なお、ステルヴィオダイアトニックは2013年の阪急杯優勝馬ロードカナロアの産駒で、同レースの父子制覇がかかる(※ロードカナロア産駒は、アンヴァル(牝5歳、栗東・藤岡健一厩舎)も出走する)。



四位洋文騎手は29日の騎乗を最後に引退 調教師2名は今週がラストウィーク



 四位洋文騎手は、29日の阪神での騎乗を最後に引退し、調教師に転身する。同騎手は1991年にデビューし、2月24日現在、歴代14位のJRA通算1585勝を挙げている。JRA・GIでは15勝を挙げており、2007年にはウオッカ、翌2008年にはディープスカイでダービーを制し、武豊騎手に次ぐ史上2人目のダービー連覇を果たしている。果たして、四位騎手は騎手生活最後の日に勝利を挙げることができるかどうか。なお、当日の阪神競馬場では、最終レース終了後に四位騎手の引退式が実施される。

 また、作田誠二調教師(栗東)、山内研二調教師(栗東)は、3月3日をもって定年のため引退する。作田調教師は2006年東海S、2009年札幌2歳SでJRA重賞2勝をマーク。山内調教師はJRA・GI6勝を含むJRA重賞48勝を記録しており、クラシック競走はイシノサンデー皐月賞チアズグレイスアローキャリー桜花賞シルクプリマドンナオークスを制している。29日の仁川Sには、作田調教師がヒストリーメイカー(牡6歳)、山内調教師がアポロテネシー(牡5歳)、ビスカリア(牝8歳)を出走させるが、調教師としてのラストウィークで勝利を挙げることができるかどうか。



★今年デビューの新人騎手は4名 アイルランド大使特別賞は泉谷楓真騎手が受賞



 今年デビューの新人騎手は、秋山稔樹騎手(美浦)、泉谷楓真騎手(栗東)、小林脩斗騎手(美浦)、原優介騎手(美浦)の4名。このうち、小林脩斗騎手は、元騎手の小林久晃氏を父にもち、泉谷楓真騎手は、競馬学校において最も騎乗技術が優秀な生徒に贈られる「アイルランド大使特別賞」を受賞した。昨年の新人騎手では、斎藤新騎手(42勝)、岩田望来騎手(37勝)、菅原明良騎手(31勝)が30勝以上をマークし、斎藤新騎手、岩田望来騎手は1年目からJRA・GIに騎乗したが、今年の新人騎手はどのような活躍を見せるだろうか。なお、4名のデビューは3月1日となる。



中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ズバッと!言いたい放題】大王、得意の中山ウインブライト信頼 2月27日(木) 11:42

 しの 伝統のGIIは今年も少頭数ながら豪華メンバーです。

 大王 GI馬が5頭もそろったからね。連覇中のウインブライトは昨年の香港カップ制覇以来。中山は5勝と最も得意だし、58キロも昨年の中山金杯を勝った斤量だから心配はいらない。

 東京サンスポ・片岡 3週連続でミナリクが騎乗。しっかりと乗り込まれているから仕上がりに不足はなく、力は出せそうだ。史上初の3連覇へ視界は良好やね。

 大王 昨年のエリザベス女王杯ラッキーライラックはミルコと新コンビ。昨年の中山記念でクビ差2着とコース適性は十分だ。

 水谷 昨年は「いかにも休み明けという感じだった」らしいで。そのときより「状態は上」と、松永幹調教師は自身ありそうやったな。

 しの ダノンキングリー毎日王冠など9Fで2戦2勝。皐月賞がタイム差なしの3着なら中山に苦手意識はないはず。

 東京サンスポ・漆山 休み明けでも馬体の張り、動きとも文句なしで成長が感じられる。性能は優にGI級。ウインブライトに2キロもらいなら逆転があっていい。

 大王 17年のマイルCSペルシアンナイト皐月賞で2着だったが、現在ではマイラー色が濃くなっている。9Fは微妙に長いかも。

 水谷 池江調教師は「しっかりやれている」と言いつつ、「叩き良化型なので…」と休み明けを危惧しとったな。

 大王 最優秀短距離馬インディチャンプは58キロで安田記念を制しているので斤量は気にならないが、【0・0・2・0】の9Fがカギかな。

 しの 好位差しキャラなので中山なら距離を克服できるかも。

 漆山 オークスソウルスターリングはここで引退。藤沢和調教師は「蹄の問題もなく順調に乗り込めた。見た感じ状態はいい」とのこと。同期のモズアスコットに続いてフランケル産駒の復活があるかも。

 しの 阪神は7F。高松宮記念に向けての戦いです。

 大王 ダイアトニックフィアーノロマーノの争いじゃないかな。特にダイアトニックは7Fで5勝のスペシャリスト。マイルの京都金杯でも2着に踏ん張って、地力強化がうかがえる。

 片岡 フィアーノロマーノは豪州産の8月生まれ。明け6歳でもまだこれからグングン良くなってきそう。こっちは阪神で【2・1・0・0】の巧者やね。

 大王 ステルヴィオは初めての7F。集中力が持続できると考えれば、好材料かも。

 片岡 クリノガウディーは昨年の中京記念2着以来、5走ぶりに森裕騎手。彼自身も悔しい思いをしていたと思うので、結果を出してくれるはず。

 漆山 ライラックカラーのカーバンクルSは急仕上げだったことを思えば価値あるV。「以前とは馬が変わってきて能力がどんどん上がっています」と木幡育騎手。先週のダイヤモンドSを勝った兄・巧也騎手に続く大穴Vも。

 しの 大穴といえば水谷さん、先週はGIですごい馬プレを成功しましたね。

 水谷 年間黒字もクリアしたことやし、これで今年は寝ていても大丈夫やろ。

 しの トドみたいな人が寝てたら邪魔なだけですよ。(夕刊フジ)

中山記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪急杯】厩舎の話 2月27日(木) 11:31

 アンヴァル・助田助手「折り合いの心配はないが、距離がどうか」

 クリノガウディー・藤沢則調教師「ロケットスタートが決まれば」

サフランハート・北出調教師「久々だが、仕上がりは悪くない」

ジョイフル・吉村調教師「この舞台では速い時計で勝っている」

ステルヴィオ・木村調教師「体型的に距離を短縮する。今回が試金石」

ストーミーシー・相田助手「よく乗り込めている。展開ひとつ」

スマートオーディン・池江調教師「腹をくくって自分の競馬に徹する」

ダイアトニック・北村友騎手「7Fなので流れに乗せたい」

ディープダイバー・吉澤助手「状態は上向き。7Fのほうがいい」

ニシノラッシュ・宮本調教師「開幕週の馬場は合うと思う」

ハッピーアワー・武幸調教師「開幕週で7Fへの距離延長に期待」

ベストアクター・鹿戸調教師「中1週でも硬くなっていないし、元気」

マイスタイル・昆調教師「無理に控えず馬の行く気に任せる形がいい」

ライラックカラー・藤沢和調教師「力をつけているし、7Fもいい」

ラヴィングアンサー石坂正調教師「展開が向いてくれれば」

レインボーフラッグ・小崎調教師「追い切りは気合をつけた。元気」

ロジクライ・須貝調教師「今度は56キロなので巻き返しを期待する」

(夕刊フジ)

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪急杯】キーマンズトーク・フィアーノロマーノ 高野友和調教師 2月27日(木) 11:28

 いよいよ春競馬が開幕する。阪神は「第64回阪急杯」がメーン。前走、今回と同じ舞台の阪神Cで2着になったフィアーノロマーノが、ダービー卿CTに続く重賞2勝目を狙っている。高野友和調教師(44)も手応え十分だ。

 --前走の阪神Cは、グレンアレグリアには引き離されたが、しっかり2着を確保した

 高野友和調教師「出遅れながら、最後は馬ごみを割って伸びてきた。ダービー卿CTを勝ったころはまだもまれ弱いところがあって、馬ごみを避けていた。ウイークポイントが解消された、収穫の多いレースぶりだったね」

 --6歳になってもなお、成長しているように見える

 「今回は馬体重が増えての出走になると思うけど、首差しが太くなったし、トモも厚みが出てきた。馬体そのものが違ってきて、心身ともに成長を感じる。充実期に入ったね」

 --最終追いは坂路単走でしまい仕掛けて、4F51秒5、ラスト1F11秒8

 「1週前、2週前としっかりやっているので、無理をしない内容にした。状態はさらに良くなっている」

 --4走ぶりにコンビを組む川田騎手とは【3・0・0・3】の好相性

 「この馬のいいときも悪いときも知っているので、レースでは任せるだけだね」

 --ダービー卿CTに次ぐ2つ目の重賞制覇へ万全の態勢

 「このあと、(高松宮記念かマイルなど)どのレースを選択するかは決めていない。だからこそここでどんなレースをするか。楽しみにしているんだ」(夕刊フジ)

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪急杯】フィアーノロマーノ、迫力満点グイグイ! 2月27日(木) 05:08

 春の阪神競馬開幕を飾る阪急杯の追い切りが26日、東西トレセンで行われた。栗東では、重賞2勝目を狙うフィアーノロマーノが坂路で3週連続の好時計。調教評価は最高の『S』で、重賞2勝目へ態勢は万全だ。美浦では、ただ1頭のGI馬ステルヴィオが、Wコースの3頭併せで最先着。9カ月ぶりながら好仕上がりをアピールした。

 550キロを誇る迫力満点の馬体が、グイグイと急勾配を駆け上がる。フィアーノロマーノのパワフルな脚取りに、高野調教師が胸を張った。

 「2週前、1週前もやっているので、無理せずスッと伸ばして、いい動きでした。もともと出る馬なので時計に驚きはないけど、調教がしっかりできる状態にあります」

 いつも通り坂路で1本目をゆったりとキャンターで上がって体を暖めると、2本目は序盤から14秒5-13秒1-12秒1と理想的な加速ラップを刻む。前夜の雨を含んだ重馬場をものともせず、ラスト1ハロンで軽く追われると鋭く伸びて11秒8(4ハロン51秒5)。動き、時計ともに申し分なく、調教評価は最高の『S』だ。12日の2週前に自己ベスト4ハロン49秒7をたたき出し、19日の1週前は50秒9-11秒6。調整過程も文句なしだ。

 「筋肉のボリュームを感じます。体重も増えているし、全体的に大きくなりました。特に肩回りや首差しの上半身が分厚くなっています」

 前走から2カ月の短期間での急上昇ぶりに、指揮官も目を細める。南半球産の8月生まれで、明け6歳とはいえ実質的には“5歳半ば”。「生まれも遅いし、この馬自体の成長曲線もゆっくりです」とトレーナーがいうように、ようやく本格化の時期を迎えた。

 2走前のマイルCSまでは【6・0・0・7】の成績が示す通り、“勝利か惨敗か”が極端だった。ところが、前走の阪神Cは初の2着。出遅れて中団馬群に包まれる苦しい形から、直線でしぶとく脚を伸ばして激しい2着争いを制した。「ああいう競馬でも走れたのは収穫。以前は嫌なことがあると集中できないところがありましたが、ストレスに強くなりました。いろいろ充実してきましたね」と高野調教師。馬体に加え、精神面も大人になりつつある。

 「阪神も合っているし、条件はベスト。ここを走って、その結果次第で(今後を)考えたい」

 次走は未定だが、2つめの重賞タイトルを手にすれば、再びGIの大舞台も見えてくる。充実一途の豪州産の大器が、短距離界の新星に躍り出る。(斉藤弘樹)

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【阪急杯】ダイアトニック、順調坂路馬なり 2月27日(木) 05:07

 ダイアトニックは北村友騎手を背に坂路で単走。馬場の外めを真っすぐ進み、馬なりで4ハロン51秒9-12秒0をマークした。2週続けて騎乗した鞍上は「1週前に目いっぱい負荷をかけたし、きょうはリズムを作りながら最後の反応を見る程度。予定通り順調にきています」と満足げだった。

 前走はマイルの京都金杯で2着に好走したが、今回は【5・1・0・0】の戦績を誇る1400メートル。「ベストだと思う。少しずつ芯が入ってきてるし、阪神でもいいパフォーマンスを見せてくれると思います」と力を込めた。

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 978ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、マーガレットステークス・仁川ステークス・すみれステークス・阪急杯中山記念の5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月29日(土) 阪神10R マーガレットステークス
【前走の馬体重別成績(2018年以降)】
●460kg未満 [0-0-0-5](3着内率0.0%)
●460kg以上490kg未満 [1-1-0-5](3着内率28.6%)
●490kg以上 [1-1-2-0](3着内率100.0%)
→施行時期が移った2018年以降は大型馬が優勢。馬格のない馬は評価を下げるべきでしょう。


▼2020年02月29日(土) 阪神11R 仁川ステークス
【“前年以降、かつJRA、かつ1900m以上のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [8-6-6-36](3着内率35.7%)
●なし [0-2-2-49](3着内率7.5%)
→距離適性がポイント。1900m以上のレースを使ってこなかった馬は苦戦しています。


▼2020年03月01日(日) 阪神10R すみれステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2015年以降)】
●4番手以内 [5-4-2-13](3着内率45.8%)
●5番手以下 [0-1-3-12](3着内率25.0%)
→前走で先行していない馬は過信禁物。特別登録を行った馬のうち、前走の4コーナー通過順が4番手以内なのは、オールザワールドサンデーミラージュハギノエスペラントブルーミングスカイレクセランスの5頭だけです。


▼2020年03月01日(日) 阪神11R 阪急杯

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 89ビュー

前走絞り
中山記念

〇インディチャンプ・〇ウインブライト・〇ペルシアンナイト・〇ラッキーライラック
〇マルターズアポジー
〇ダノンキングリー

※9頭立ての、6頭残りで絞り切れませんでした。

阪急杯
〇フィアーノロマーノ
〇ジョイフル・〇ハッピーアワー・〇ラヴィングアンサー
〇ダイアトニック
〇クリノガウディー

2月27日(木) 11:26 グラニースミスさん
本気度 ~阪急杯GⅢ~
閲覧 188ビュー

どうやら、指定席のネット予約を中止したので、無観客で実施しそうな競馬
こんな有事でも、やるんだなぁとぼんやり思う。
震災の時でも、やっていたしね

関係者や馬のことを考えると懸命な判断なのかなぁと感じています。
とりあえず、競馬があるのでホッとしていますが、

今朝は、会社の支店で コロナの疑いのある社員が2名出て大騒ぎ。
ただ検査をしてもらえないらしい。
政府の発表を見る限り、本気でこの問題に取り組んでいるとは感じない。
数値を誤魔化して、五輪で儲けたいんだろう


さて気を取り直して、今週から3月に入り、指定戦が多く組まれています。

トライアル戦 やステップ戦が始まります。
この違いが分からないと、競馬予想は絶望的かも知れません。
優先出走権の有無なので、今週からはそんなことを考えようと思います。

今年は 高松宮記念もスプリンターズSも賞金が、増額されます。

高松宮記念  11,000万円 → 13000万円
阪急杯    GⅢ 4100万円
オーシャンS GⅢ 4100万円

スプリンターズS 11,000万円 → 13000万円
キーンランドC   GⅢ 4100万円
産経賞セントウルS GⅡ 5900万円


斤量は重症別定戦で増量馬
条件戦を知らない GⅠ馬 ステルヴィオ
条件戦を1段ずつ上ってきたGⅡ馬 ダイアトニック

なんだかとっても対照的な2頭
ここを勝たなくても、本番に出走できそうなので、狙いたくないなぁと感じます。

ちなみにGⅢ既勝歴は
スマートオーディン (前年1着馬)
ティーハーフ     (かなり遠い過去)
ハッピーアワー    (第33回ファルコンS)
フィアーノロマーノ  (ダービー卿CT)
マイスタイル     (第55回函館記念)
ロジクライ      (一昨年富士S)

阪急杯は、2015年以来の3月開催です。

3月開催の2014年と2015年は、いずれもキャリアの浅い馬が連対している
2014年 コパノリチャード 11戦目 1着
2015年 ミッキーアイル  11戦目 2着

11戦目といえば、クリノガウディーだけど、、、
この馬は1勝馬で 上記2頭は重賞勝ちがあった。

6歳馬なのに、これが15戦目で重賞勝ち馬で、唯一の○外 しかも豪産だからデビューや成長も遅い
フィアーノロマーノ
とりあえず この辺から入ろうかなぁ
あんまり強気にはなれませんが・・・


では

[もっと見る]

2月27日(木) 07:00 Hayaさん
【~術はある~】(2020.2.27.)(中山記念、阪急杯)
閲覧 168ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

日増しに暖かになりましたが、昨日まで暖かさがウソみたいな寒さ?
来週火曜日3日は、ひな祭り。木曜日(5日)は、”啓蟄”。

何故でしょう?我が懐だけでしょうか?
冬将軍が居座り続けているのは…。 (@_@;)

<啓蟄(けいちつ)とは?>
今年は、3月5日(木曜日)。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」に は「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味がある。暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日目の3月6日頃に当たります。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第2期 最終結果】
第2期(2月2~23日)6日間(根岸S~小倉大賞典:全11戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3ダイヤモンドSでは、7番タガノディアマンテ軸で勝負!
馬連(7⇒4,11,13)ワイド(7⇒13)

結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ダイヤモンドS」の軸馬タガノディアマンテは、最後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択?レース後の騎手コメントで川田将雅騎手「調教再審査を受けているように、左回りだと右のほうへ逃避してしまって、今日は競馬になっていない形でした」曰く。レース前に教えて!!まったく、知らない情報に驚いた。狙い方は、やはり推定後半3ハロン上位の争い!


土曜、G3京都牝馬Sでは、14番ドナウデルタ軸で勝負!
ワイド(14⇒3,8,9,12,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京都牝馬S」の軸馬ドナウデルタは、痛恨の出遅れスタートで中団追走、直線で弾けて優勝…
のはずが13着惨敗。反省点として、 軸馬の選択?前走(重賞実績)から勢いのある馬を無視しては当てることはできない。馬場の傾向より、まず決め手!!推定後半3ハロン上位馬は侮れない。



日曜、G1フェブラリーSでは、5番インティ軸で勝負!
馬連(5⇒3,4,9,12)馬単(3⇒5)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「フェブラリーS」の軸馬インティは、スタート鈍く先行4,5番手追走から直線で弾けて優勝…のはずがズルズル後退、馬群に沈み込み14着惨敗。反省点として、軸馬の選択?昨年のイメージ(残像)から切り替えが出来ていなかった。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ケイティブレイブに関しては、想定外!?


日曜、G3小倉大賞典では、6番ヴェロックス軸で勝負!
馬連(6⇒2,3,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「小倉大賞典」の軸馬ヴェロックスは、先行5、6番手追走から直線で弾けて優勝…のはずが伸びず9着惨敗。反省点として、軸馬の選択?圧倒的な人気に惑わされた結果。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ドゥオーモに関しては、想定外!?

【第2期 総 括】
前期に続き、マイナス収支!? 軸馬の選択はもちろん見直す必要があるが、馬券種の買い方も、今後見直す必要がある状況。金欲が溢れ、オッズに惑わされ、肝心な馬券が当たらない…反省。来期は、当てる事だけに集中!!


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
中山記念=中山(芝)1800=C(70)Sペースの前残り
阪急杯=阪神(芝)1400=D(66)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【何故3ハロンなのか!?】
サラブレッドに限らず、哺乳類が全速力で走れる期間は40秒!?

この40秒を競馬の距離に換算すると、大体3ハロンに相当。
上がり3ハロンというのは、ゴールから逆算して全速力で走ることの出来る最大距離と言える。

競馬には3ハロン以内で行われるレースは存在せず、それ以前に相応の距離を走っているので、
40秒丸々全速力というのは不可能なので、残されている力を絞りきって走るのが、最後の3ハロンと言える。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(中山記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数3位"

過去10年(3-2-2-3/10)勝率30%/連対率50%/複勝率70% と3着内率は高い!!
近5年(2-1-0-2/5)勝率40%/連対率60%/複勝率60% と微妙!?
ただ、近2年は馬券に絡んでいないだけに、逆に狙い目!?


(阪急杯)
注目したのは、"馬番コンピ指数値56-55-54"

上記の並びが出現した場合、指数値56-55を複勝2点。
近3年連続で出現している並びだが、過去10年内4回のみ!?
19年55-⑰馬番790円
18年×
17年56-④馬番600円/55-②馬番980円
12年56-⑪馬番300円


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

2月27日(木) 06:18 しんすけ48さん
春麗ジャンプステークス&阪急杯&中山記念④
閲覧 126ビュー

おはようございます!

月末直前。

洗濯物を畳んだんで会社行く準備。

明日の出馬表にて競馬モードに入りますよー。

ではではぁ~。

[もっと見る]

2月26日(水) 22:41 天火明命さん
阪急杯
閲覧 173ビュー

ロードカナロア産句のワンツースリーで。
アンヴァル、ステルヴィオ、ダイアトニック。

[もっと見る]

2月26日(水) 19:08 穴馬言さん
阪急杯(G3)
閲覧 164ビュー

前走レース編
過去10年

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
阪神カッG2: 3- 3- 3-17/26: 11.50% 23.10% 34.60%
シルクロHG3: 2- 2- 0-22/26: 7.70% 15.40% 15.40%
香スプG1: 2- 0- 0- 0/ 2: 100.00% 100.00% 100.00%
京都金杯HG3: 1- 2- 0- 8/11: 9.10% 27.30% 27.30%
東京新聞G3: 1- 0- 2-16/19: 5.30% 5.30% 15.80%
洛陽S: 1- 0- 0- 3/ 4: 25.00% 25.00% 25.00%
京都牝馬G3: 0- 2- 0- 3/ 5: 0.00% 40.00% 40.00%
JBCスプG1: 0- 1- 0- 0/ 1: 0.00% 100.00% 100.00%
マイルチG1: 0- 0- 2- 4/ 6: 0.00% 0.00% 33.30%
京阪杯G3: 0- 0- 1- 4/ 5: 0.00% 0.00% 20.00%
タンザナH: 0- 0- 1- 1/ 2: 0.00% 0.00% 50.00%
大和SH: 0- 0- 1- 0/ 1: 0.00% 0.00% 100.00%

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 2月29日(
  • 3月1日(
2回中山1日目 1回中京1日目 1回阪神1日目
1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1400m

1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1200m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1900m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1400m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 芝1200m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

4

3歳1勝クラス

3歳1勝クラス ダ1800m

4

3歳未勝利

3歳未勝利 芝2000m

4

3歳新馬

3歳新馬 ダ1200m

5

3歳未勝利

3歳未勝利 芝1600m

5

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1400m

5

3歳未勝利

3歳未勝利 芝2400m

6

3歳新馬

3歳新馬 芝2000m

6

3歳未勝利

3歳未勝利 芝1600m

6

3歳1勝クラス

3歳1勝クラス ダ1200m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1800m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1800m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1400m

8

春麗ジャンプS

障害4歳以上オープン 障3200m

8

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1200m

8

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス 芝1800m

9

デイジー賞

3歳1勝クラス 芝1800m

9

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1900m

9

うずしおステークス

4歳以上3勝クラス 芝1600m

10

富里特別

4歳以上2勝クラス 芝1800m

10

はこべら賞

3歳1勝クラス ダ1400m

10

マーガレットS L

3歳オープン 芝1200m

11

サンシャインS

4歳以上3勝クラス 芝2500m

11

中京スポニチ賞

4歳以上2勝クラス 芝2000m

11

仁川ステークス L

4歳以上オープン ダ2000m

12

4歳以上2勝クラス

4歳以上2勝クラス ダ1200m

12

豊橋特別

4歳以上1勝クラス 芝1400m

12

4歳以上2勝クラス

4歳以上2勝クラス 芝1600m

2回中山2日目 1回中京2日目 1回阪神2日目
1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1400m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1200m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 芝2000m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1200m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1200m

4

3歳新馬

3歳新馬 ダ1200m

4

障害4歳以上未勝利

障害4歳以上未勝利 障3000m

4

3歳未勝利

3歳未勝利 芝1800m

5

3歳未勝利

3歳未勝利 芝2000m

5

障害4歳以上未勝利

障害4歳以上未勝利 障3000m

5

3歳新馬

3歳新馬 芝2000m

6

3歳1勝クラス

3歳1勝クラス 芝1600m

6

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

6

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1800m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1200m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス 芝2000m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1200m

8

4歳以上2勝クラス

4歳以上2勝クラス ダ1800m

8

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1800m

8

4歳以上2勝クラス

4歳以上2勝クラス 芝1800m

9

水仙賞

3歳1勝クラス 芝2200m

9

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1400m

9

伊丹ステークス

4歳以上3勝クラス ダ1800m

10

ブラッドストーンS

4歳以上3勝クラス ダ1200m

10

茶臼山高原特別

4歳以上1勝クラス 芝2200m

10

すみれステークス L

3歳オープン 芝2200m

11

中山記念 G2

4歳以上オープン 芝1800m

11

豊明ステークス

4歳以上3勝クラス 芝1200m

11

阪急杯 G3

4歳以上オープン 芝1400m

12

4歳以上2勝クラス

4歳以上2勝クラス 芝1200m

12

伊勢特別

4歳以上2勝クラス ダ1900m

12

4歳以上2勝クラス

4歳以上2勝クラス ダ1200m

先週の競馬:注目レース

  • フェブラリー G1
    2/23(
  • 小倉大賞典 G3
    2/23(
  • ダイヤモンド G3
    2/22(
  • 京都牝馬S G3
    2/22(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 GI・フェブラリーS4着のワンダーリーデル(栗・安田翔、牡7)は、黒船賞(3月10日、高知、交流GIII、ダ1400メートル)に向かう。鞍上は引き続き、横山典騎手。「レース後も元気なので、黒船賞に使うことにします」と安田翔調教師。

ワンダーリーデルの競走成績はこちら

モズアスコット一夜明け 玉井助手「いつものレース後と変わりないです」 2月24日(月) 12:58

 23日のフェブラリーSで史上5頭目となる芝&ダートGI制覇の快挙を成し遂げたモズアスコット(栗・矢作、牡6)は一夜明けた24日朝、栗東トレセンの自厩舎で疲れを癒やした。

 「さすがに疲れてはいますが、元気はありますし、いつものレース後と変わりないです。状態も良かったし、ダート適性も高いですね」と玉井助手は喜びを口にした。

 次走はオーストラリアGI・ドンカスターマイル(4月4日、ランドウィック競馬場、芝1600メートル)を予定している。

★23日東京「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フェブラリー】モズアスコット、砂GIも勝った! 2月24日(月) 05:07

 今年のJRA・GI開幕戦、フェブラリーSが23日、東京競馬場で16頭によって争われ、ルメール騎乗で1番人気のモズアスコットが豪快に差し切ってV。2018年安田記念以来のGI2勝目で、史上5頭目の芝&ダートGI制覇の快挙を達成した。2着に16番人気のケイティブレイブ、3番人気のサンライズノヴァが3着で、3連単は46万4920円の高額配当となった。

 砂煙と大歓声に包まれながら、東京競馬場の直線501・6メートルを駆け抜けた。2018年安田記念勝ち馬モズアスコットが、今度はダートのGIも鮮やかに差し切り。史上5頭目となる芝&ダートGI制覇の快挙で、新たな砂の王者を襲名した。

 「いいスタートでしたし、素晴らしい走りでしたね。砂をかぶっても大丈夫でした。コンディションが良かったので、勝つ自信はありました」

 この日6勝目と会心の一日となったルメール騎手が、笑みを浮かべた。検量室前で地方の短期免許を取得して来日中のミカエル・ミシェル騎手(24)=フランス=から祝福を受け、「『いい騎乗でしたね』と言われました」と笑った。

 アルクトスワイドファラオが2頭でレースを引っ張り、前半3ハロンは34秒6のハイペース。道中は昨年の覇者インティのやや後ろを追走。直線では馬場のやや内めから残り200メートル付近で抜け出すと、鞍上が後続を振り返る余裕さえあった。

 「状態、条件も、前走から好転してかなり自信があったので緊張しました」と矢作調教師。これで有馬記念リスグラシュー)、ホープフルSコントレイル)に続くJRA・GI実施機会3連勝。04年の松田調教師以来2人目の快挙に「ちょうど駒がそろっていたのもあるけど、スタッフが仕事をしてくれていますからね。バラエティーに富んでいるのがうちの厩舎らしいですね」と喜びをかみしめた。

 次走はオーストラリアGI・ドンカスターマイル(4月4日、ランドウィック競馬場 芝1600メートル)に参戦。再び芝でGI制覇を狙ったうえで、秋には米挑戦プランも浮上している。

 この優勝で今年のブリーダーズカップ(BC)クラシック(11月7日、米GI、キーンランド、ダ2000メートル)への優先出走権を獲得したが、矢作師は「距離に限界があって、ダート1800メートルや2000メートルは厳しい。秋は、BCであればダートのマイルを考えています」と、BCダートマイル(同、ダ1600メートル)を視野に入れていることを明かした。

 「芝、ダート問わずに本格的な二刀流として育てていきたい」

 芝で14戦全勝のフランケル産駒だが、母インディアは米ダートGIIなど6勝。血統的にも期待の大きいアスコットが、次は世界でその名をとどろかせる。 (渡部陽之助)

モズアスコット 父フランケル、母インディア、母の父ヘネシー。栗毛の牡6歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。米国産。馬主は(株)キャピタル・システム。戦績21戦7勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金4億1171万4000円(JRAのみ)。重賞は2018年GI安田記念、20年GIII根岸Sに次いで3勝目。フェブラリーS矢作芳人調教師、クリストフ・ルメール騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+英国の競馬場の名前」。

★23日東京「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フェブラリー】北側オーナー代理「やはり強過ぎ」 2月24日(月) 05:06

 今年のJRA・GI開幕戦、フェブラリーSが23日、東京競馬場で16頭によって争われ、ルメール騎乗で1番人気のモズアスコットが豪快に差し切ってV。2018年安田記念以来のGI2勝目で、史上5頭目の芝&ダートGI制覇の快挙を達成した。

 北側雅司オーナー=(株)キャピタル・システム代表=の代理として応援に駆けつけていた子息の司さん(NHKマイルCなどを勝ったグランプリボスの馬主)はレース中、自信たっぷりに愛馬の動きを凝視し続けていた。

 「いや、期待通り勝ってくれましたが、ダート2戦目にしてこの結果(GI制覇)。やはり強過ぎ。びっくりしてしまいます」と、満面に笑みをたたえて喜んだ。

 「(オーストラリアに在住の)父も喜んでくれていると思う」と続けた司さんは「この結果は大事に仕上げてくれた厩舎の皆さんのおかげ。特に矢作先生が“ダートも大丈夫”と言ってくれたことには頭が下がる思いです」と話した。すでに種牡馬としての道も開けており、「今後を見据え、大事にしていきたいと思います」と締めた。

★23日東京「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フェブラリー】矢作師、GI3連勝! 2月24日(月) 05:06

 今年のJRA・GI開幕戦、フェブラリーSが23日、東京競馬場で16頭によって争われ、ルメール騎乗で1番人気のモズアスコットが豪快に差し切ってV。2018年安田記念以来のGI2勝目で、史上5頭目の芝&ダートGI制覇の快挙を達成した。2着に16番人気のケイティブレイブ、3番人気のサンライズノヴァが3着で、3連単は46万4920円の高額配当となった。

★アラカルト

 ○…矢作芳人調教師 延べ6頭目の出走で初勝利。これまでの最高着順は2010年(グロリアスノア)の5着。JRA・GIは19年有馬記念(12月22日、リスグラシュー)、ホープフルS(12月28日、コントレイル)に続く実施機会3連勝で、通算10勝目。JRA重賞は通算40勝目。

 ○…クリストフ・ルメール騎手 9度目の挑戦で初勝利。これまでの最高着順は16年(ノンコノユメ)、19年(ゴールドドリーム)の2着。JRA・GIは通算28勝目。

 ○…ダート2戦目でV 05年(メイショウボーラー)の3戦目を抜くダート戦最少キャリア。

 ○…フランケル産駒 初出走初勝利。JRA・GI勝ちは18年安田記念モズアスコット)以来で通算4勝目。JRA重賞は通算7勝目。

 ○…馬主・(株)キャピタル・システム 初出走初勝利。JRA・GIは18年安田記念以来で通算3勝目。JRA重賞は通算8勝目。

 ○…生産者・Summer Wind Farm 初出走初勝利。JRA・GI勝ちは18年安田記念以来で通算2勝目。JRA重賞は通算3勝目。

 ○…最高払戻金 ワイド(9)(15)1万8320円、3連複9万5310円で本レースの最高払戻金額を更新。

 ○…関西馬の勝利 19年(インティ)に次ぐ2年連続。通算成績は関西馬20勝、関東馬3勝、地方馬1勝。

 ○…牡馬の勝利 18年(騙馬のノンコノユメ)以外すべてで、通算23度目。

 ○…6歳馬の勝利 18年以来2年ぶり。通算5度目。

 ○…外国産馬の勝利 16年(モーニン)以来4年ぶり。通算5度目。

 ○…〔6〕枠の勝利 18年以来2年ぶり。通算4度目。

 ○…馬番(12)の勝利 18年以来2年ぶり。通算4度目で、(14)番と並ぶ最多勝タイ。

 ○…1番人気馬の勝利 19年に次ぐ2年連続。通算11度目。

★売り上げ

 フェブラリーSの売り上げは137億8134万6400円で、前年比91・3%のダウン。入場人員5万985人も、前年比83・4%の大幅減だった。

★23日東京「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【フェブラリー】サンライズノヴァ、最速末脚3着 2月24日(月) 05:05

 後方を進んだ3番人気サンライズノヴァが、3着に食い込んだ。直線で大外から上がり3ハロン最速の35秒3を駆使し、持ち味を発揮した。

 松山騎手が「すごくいい脚を使ってくれました。4コーナーで少し外に振られる面はあったけど、強い競馬をしてくれたと思います」とねぎらえば、音無調教師も「位置取りがもう少し中団くらいだったら良かったかな。競馬だから仕方ない」とサバサバした様子だった。

★23日東京「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,449ビュー

皆さん、こんにちは。ウマニティU指数攻略チームです。『予想力・回収率UP大作戦!』との連動企画コラム『U指数で斬る今週のひと鞍』をお送りします。U指数が持つ圧倒的なポテンシャルにご期待ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当コラムは『凄馬』のように推奨馬を個々に挙げるのではなく、期待値の高い連勝馬券の組み合わせを推奨するもの。過去データから導き出された回収率の高いパターンに合致するU指数配列のレースに注目し、当週土日に行われるレースのなかからオススメのひと鞍をピックアップします。丸ノリするもよし。アレンジするもよし。馬券購入の際の参考になさってください。
※データは2017年以降の結果をもとに集計。今年については前週までが対象
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今週の推奨レース】
■22日(土)京都12R 4歳以上2勝クラス

今回は、条件に該当する軸馬が12戦続けて馬券圏内に入っている、信頼度ピカイチの鉄板パターンを狙い撃って、今年最初のJRAG1に向けて弾みをつけたいと思います。その条件とは、「京都ダ1800m×4歳以上2勝クラス」のU指数1位です。これに該当する馬はなんと19年2月10日から1年以上3着以内をキープしており、勝率43.6%、連対率56.4%、複勝率74.4%、単回率193.6%、複回率129.0%という圧倒的な数字をマークしています。このレースの1位は②オノリス。近走の走りは安定しており、当該コース実績もありますので、ここも信頼して問題なさそうです。まずは単勝を押さえましょう。

連勝馬券は、2着に下位の馬が激走することが多い点と、上位馬が馬券圏内に来るときは、まとめて3着以内を独占することが多い点を加味し、ワイド流しを推奨します。馬連流しだと、ヌケを食らうケースが出てきてしまう一方、ワイドだとダブル的中のチャンスが広がるからです。推奨するのは、1位から2~6位へのワイド流し。この組み合わせは集計期間内に的中率66.7%、回収率121.0%を記録しています。しかも、軸馬の複勝同様、こちらも12戦連続して的中しているのです。狙うは当然もう一丁。フェブラリーSに向けての資金稼ぎをもくろみましょう!


1位 ②オノリス      92.2
2位 ⑪エングローサー   92.0
3位 ③トップウイナー   90.9
4位 ①ダノンロッソ    90.3
5位 ⑯クレスコブレイブ  89.6
6位 ⑬ハヤブサレジェンド 89.5


★結論★
単勝 ②
ワイド流し ②→①③⑪⑬⑯(5点)


○重賞レースの『U指数』は無料会員向けで開放中!無料会員登録はコチラからどうぞ

○『U指数』掲載のネット新聞『U指数新聞』(PC版)のダウンロードはコチラ
(U指数新聞サンプル)


○『U指数』を全レース、フルに活用したいという方はウマニティVIPクラブへご入会ください

-------------------------------------------------------------------
ウマニティVIPクラブには『U指数』見放題以外にも特典が盛りだくさん!

(その他特典例)
予想に役立つ競馬エイトGallopの取材情報が手に入り・・・
      +
「予想コロシアム」に登録したあなたの予想を自動分析してくれる人気機能「分析データ」をフルで利用可能
・・・etc

といったメリットがある、1開催日あたり約120円でウマニティサイトをフル活用頂ける“ワンランク上”のサービスです。月額934円(税別)⇒入会はこちら(全特典について詳しくはこちら
-------------------------------------------------------------------

2月21日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】今年最初のG1・フェブラリーS展望
閲覧 1,635ビュー

先週は土日で重賞が3レース、そのうちクイーンC共同通信杯が3歳限定戦。

なぜそこを強調するかというと、相変わらず3歳限定戦で1番人気馬が勝てない流れは変わらず、先週もルナシオンが10着、マイラプソディも断然人気に支持されながら4着と人気を裏切った。これで年明けから3歳重賞の1番人気馬は6連敗。2着も2度あるだけであとはすべて着外、果たしてこの流れは今後のクラシックトライアル戦線でも続くのかどうか。

先週の当コラムでは、「もしマイラプソディ以外から入るならば、安易に2頭軸などに逃げるのは避けておいた方が良いだろう」と書いたが、結果的にはその通りになった……なんて書いたところで当方の軸馬である◎シングンバズーカが馬券に絡まないのでは全く意味がないのだが…。

さて、その共同通信杯を制したのはダーリントンホール。ルメール騎手がスローを見越して早めに動き、最後は後続を封じた。ただ、馬場状態も含めてすべてが上手く行った印象もあり今回の内容でG1に繋がるかというと微妙なところ。牡馬路線を考えると無敗のサリオスは距離に不安があるし、コントレイルも厳しい競馬を経験しないまま本番に突入して行く。なんとなくだが、今年は波乱の牡馬クラシック戦線となる予感がする。


インティ次第では波乱の余地もありそう

さて、今週末はいよいよ今年最初のJRA・G1となるフェブラリーS。注目はやはり昨年の覇者インティだろうか。

というのも、今年はダートの主要路線を制した馬が軒並み回避している。昨年無敗でチャンピオンズカップを制したクリソベリル、3年連続でフェブラリーS連対のゴールドドリーム、JBCクラシック&川崎記念の覇者チュウワウィザード東京大賞典連覇のオメガパフューム東海Sの覇者エアアルマスといった面々が不出走。それぞれの事情はあるにせよ、やや寂しい顔ぶれとなった。

もっとも、インティが盤石かと問われると微妙なところ。昨年は破竹の連勝で臨み本番も逃げ切りを決めたが、なんだかんだそれ以来勝てていないのは気掛かり。前走の東海Sでは控える競馬を試みたが58キロが影響したにせよ3着止まり。最後は伸び負けた印象もあり、果たして巻き返しがなるかどうか。追い風要因としては、目の上のタンコブ的な存在だったドリームキラリが出走できなかったことだろう。相手関係を見渡しても何が何でもハナという存在はなく、スンナリ先手を奪うことができれば、武豊騎手の十八番でもある逃げ切りが決まる可能性もある。

ただ、もし多少とも紛れが生じるならば伏兵勢にも注目したい。インティ以外ならヴェンジェンスの充実ぶりが侮れない。みやこS当時はまだ展開がハマったような印象もあったが、前走の東海Sでは自ら動く競馬で2着確保。内容的にはインティを上回っている印象もあり、初の東京ダート1600mをこなせるようならば好勝負になって良い。できれば包まれない外寄りの枠を引きたいところだろうか。

また、穴馬ならばモジアナフレイバーが侮れない。こちらもとにかく行きたがる馬で、前走の東京大賞典ではやや早仕掛けに見えたがそれでもラストまでよく伸びていた。メンバーが揃った勝島王冠では他馬を圧倒する脚を見せており、掛かる気性を考えればマイルへの短縮もプラスだろう。あとは中央での騎乗経験が少ない鞍上次第だが、本馬の場合は脚を溜めやすい内寄りの枠の方が良いかもしれない。中央ではまだ未知の存在である分そこまで人気にはならないだろうが、実力的には勝ち負けになっても何ら驚けない。

その他にも予定通りのぶっつけ参戦となるアルクトスも怖い。当舞台ではまだ負け知らずで、馬群の中でも競馬ができるのは多頭数のG1では強みになるし、適性の高さを生かせれば出番があるか。もともとフェブラリーSは舞台巧者が強いレースでもある。

いずれにしてもインティ次第では波乱の余地もありそうな一戦。当コラムが公開される頃には枠順も決まっているだろうし、枠の並びを見た上で結論を出したい。


フェブラリーSの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2月20日(木) 10:10 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020フェブラリーS  
閲覧 1,227ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月23日(日) 東京11R 第37回フェブラリーステークス(G1、4歳以上、ダート1600m)

【フルゲート:16頭】

<優先出走馬>

モズアスコット(B)中2週
休み明けの前走時は、入厩後からすぐに3週連続好時計を出していて牧場での仕上げができていた感じ。この中間はレース翌週の木曜日から軽めに乗られ、1週前は金曜日に坂路で速い時計と、大きな疲れはなさそう。前走時も馬体が減っているくらい仕上がっていたので、直前は馬なりで終いの時計が出ているようなら引き続き良い状態で出走できそう。


<賞金上位馬>

ケイティブレイブ(E)中3週
この中間は川崎記念から中3週での出走。時計を出し始めたのが14日で、1週前追い切りもなく16日に軽めの調整と、疲れが残っているような感じ。

ノンコノユメ(C)中7週
東京大賞典2着から、中7週で久しぶりにJRAのレースに出走。この中間、これまでと比べると調教の時計がかかっていて、この馬としては物足りなく感じる。

インティ(A)中3週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。重心が低い走りで伸び脚良く、昨年の最終追い切りよりも良い動きに見えた。

ブルドッグボス(D)中8週
<1週前追い切り>
栗東坂路併せ馬。前半はスピードのある走りも、終い脚が上がった感じで伸び脚物足りず。

サンライズノヴァ(A)3ヶ月半
<1週前追い切り>
栗東坂路併せ馬。いつもはもっと重い感じに見える馬だが、今回は1週前から重め感のない走りで終いしっかり伸びた。休み明けでの好走実績があり、併せ馬で先着している点も良い。

ヴェンジェンス(D)中3週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。軽い動きだが重心が高く力強さがない。

アルクトス(D)4ヵ月半
<1週前追い切り>
南W3頭併せの中。休み明けでまだ重い感じで伸び脚が物足りず。調教ではもっと時計の出る馬なので、好条件ではあるものの状態面に関しては不満が残る。

デルマルーヴル(B)中3週
<1週前追い切り>
美浦Pコース併せ馬の内。馬なりで相手に併せる内容。使い込まれているが、スピード感のある走りで勢いあり。

ワイドファラオ(A)中2週
栗東坂路単走。中2週と間隔が詰まっているが、1週前に坂路で終い強めに追われて好時計と上積みがありそう。

キングズガード(C)中3週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の外。時計は出ているが、追い比べで終い遅れる。

ワンダーリーデル(B)中2週
休み明けの前走時は、しっかり乗り込まれていて追い切りの動きも良く見えたが、この馬にしては終いの時計が少しかかっていた。中2週のこの中間は、1週前の金曜日に坂路で強めに追われて前走時と同じような時計をマーク。最終追い切りで、終いの時計が出てくるようなら上積みがありそう。

モジアナフレイバー(A)中7週
昨秋も3戦と無理のないローテーションで、今回も東京大賞典からの中7週。3週連続で速い時計が出ていて、16日には強めに追われていつも通りの調教内容を披露している。仕上りは前走時と同じかそれ以上。

ミッキーワイルド(B)中2週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。前走時の最終追い切りと同じような時計は出ているが、今回の方が手応えに余裕があり、一度使われての上積みがありそう。

ミューチャリー(C)中3週
休み明けの前走時にしっかり乗り込まれていて、この中間も1週前に強めに追われ終いの時計も出た。上積みがありそう。

タイムフライヤー(C)3ヶ月
チャンピオンズCプからの休み明け。2週前、1週前とCWを長めから追われて好時計が出ていて調教内容は悪くない。ただ、休み明けの好走実績がなく、これまでもこのぐらいの時計は出ていて、特に今回が特別に良いという感じでもない。


<以下、除外対象馬>

ダノンフェイス(A)中2週
前走時は叩き2戦目で追い切りの動きもかなり良かった。馬体も減っていたがパドックではまだ絞れそうな感じにも見えて、この中間は中2週でも1週前に坂路で速い時計を出してきた。叩き3戦目で、さらに上積みが期待できそう。

ドリームキラリ(E)中2週
前走は休み明け、マイナス体重でパドックでもトモが寂しく見えた。調教での時計も平凡だったので出来自体が良くなかった感じ。この中間も、1週前の金曜日に坂路で軽めの調整で時計平凡と、変わり身は感じられない。

テーオージーニアス(B)中2週※大和Sに登録あり
休み明けの前走を使われて、この中間も1週前にいつも通りCWを長めから速い時計を出してきており、叩き2戦目での上積みがありそう。ただ1600m戦にはこれまで出走したことがない。

ヨシオ(C)中2週※大和Sに登録あり
根岸Sから中2週。14日(金)に坂路を馬なりで速い時計が出ていて、疲れはなさそう。

クリノガウディー阪急杯に出走予定

ラプタス(F)連闘
先週出走していて1番人気で8着。ダートは1400m戦を使われてきており、出走できてもさすがに厳しい。

スマートアヴァロン(D)中2週
昨秋から使い込まれていて、この中間も軽めの調整のみ。1週前も速い時計は出しておらず、状態面での上積みは期待できそうもない。

ロードグラディオ(F)連闘
2月に2戦していてさらに連闘となるので出走はなさそう。



◇今回はフェブラリーS編でした。早くも今年最初のJRAG1のフェブラリーSが行われますが、今年からはサウジアラビアでも2月に国際競走が行われるようになります。3月にはドバイワールドカップデーもあり、ともにアメリカからもヨーロッパからも馬が集まってきます。現在の中東情勢のなか、このようにサウジアラビアとドバイで競馬が普通に開催されるというのはある意味不思議な感じもしますが、何より競馬が開催出来るということは平和なこと。日本でも新型コロナウイルスが猛威を振るい、今後の競馬開催に対してもどのように影響が出てくるか心配な面もあります。近年は地震などの自然災害による被害も多く、競馬が普通に開催されていくことは本当に平和なことだと心のどこかにいつも思って競馬を楽しんでいきたいものです。

それでは次回、弥生賞編でお会いしましょう。

フェブラリーS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2月19日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月19日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(190)
閲覧 2,239ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月22日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【馬番別成績(2016年以降)】
●1~9番 [1-0-1-33](3着内率5.7%)
●10~18番 [3-4-3-20](3着内率33.3%)
→近年は二桁馬番の馬が優勢。今開催の馬場を考えても、外寄りの枠に入った馬を重視すべきでしょう。


▼2020年02月22日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [7-3-3-13](複勝率50.0%)
●なし [0-4-4-64](複勝率11.1%)
→実績馬は堅実。一方“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がない、かつ前走の着順が5着以下だった馬は2013年以降[0-1-0-44](3着内率2.2%)と苦戦していました。


▼2020年02月23日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-7-6-19](3着内率47.2%)
●なし [3-0-1-61](3着内率6.2%)
→1800m以上のレースに実績がある馬を重視したいところ。なお“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において連対経験がない、かつ“JRA、かつ左回り、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が2位以内”となった経験のない馬は、2013年以降[0-0-0-52](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2月19日(水) 16:00 覆面ドクター・英
フェブラリーS・2020
閲覧 1,501ビュー



いよいよ今年一発目のG1がやってきました。今年は有力馬がごっそり、超高額賞金レースのサウジC(1着賞金がなんと約11億円)に向かうため、層が薄くなるのが例年とは違うところです。トップレベルの馬たちは、フェブラリーSとチャンピオンズC(昔はジャパンカップダート)の年2つの中央G1と交流G1を中心にローテーション組むことが多かったのが、海外も選択肢に入ってきたというのは時代の流れなんでしょう。サウジCは高額賞金ももちろん魅力的ではありますが、日本馬の優秀さを世界に見せつけて、海外向けの馬産・海外での種牡馬入りなどの道筋につながるという一面もあります。そうした夢も広がるので、気持ちよく送り出して応援したいと思っています(実力馬たちが日本のG1に出てこないのは寂しいですが)。日高の奥の方はもう、今やインド人の乗り役だらけで(もちろんインド人も歓迎なんですが)、待遇がもう少し良くなって日本人もより多く働ける環境になっていってくれると、道民としても嬉しいんですけどね。

さて、フェブラリーSの今年のポイントですが、大きく以下の2点だと思っています。

#1 昨年覇者のインティ。実力が落ちてきているといっても、一線級がサウジCに行ってしまい、チャンピオン決定戦というには相手が強力ではない状況で、連覇で王座防衛とするのか。

#2 芝のG1馬であるモズアスコットが、初ダートの前走根岸Sでコパノキッキングを本来の短距離路線に押し戻すだけの強い勝ち方。豪快に差し切ったその実力が本物で、ここでも再度好走するのかどうか。


<全頭診断>
1番人気想定 インティ:昨年は6連勝の勢いもあって私自身も本命を打って、1番人気に応えてくれた。ただ今年は逃げても逃げなくてもいまひとつのレースぶりで、前走の東海Sでもエアアルマスには粘られ、ヴェンジェンスには差され、と、だらしない結果。相手が思ったほどG1でも強くならないとはいえ、ゆったりと下り坂状態で、消去法的とはいえ「1番人気になるの?」という感じで......。妙味は全くなし。でも、じゃあどの馬が強いか、というと、「あれ、あんまり居ないなあ・・」というのが悩ましいところ。武豊騎手に競りかける騎手は少ないが、矢作厩舎の逃げ馬のドリームキラリを佐藤友騎手にスイッチしてきたのは、若手の坂井騎手の将来を案じてか(笑)ならば、武騎手と禍根を残さないように地方騎手の起用で遠慮せずに前でガリガリ競らせて、矢作厩舎のモズアスコットの差し切りズドンが決まる、というのが今年のシナリオか?

2番人気想定 モズアスコット:2018年の安田記念馬でその後は低迷が続いた。前走の初ダートの根岸Sではコパノキッキングをズバッと差し切ってみせた。父フランケルはガリレオ×デインヒル×レインボウクエストなので芝配合なのかなあとは思うが、母はヘネシー×ミスワキで東京のマイルなら引き続き強いレースをみせられるのでは。東京マイルのダートは芝的なスピードや瞬発力もプラスで、ちょうどいい配合なのかも。気難しいフランケル産駒だけに連続好走はしないのかもしれないが、能力的には十分足りてアグネスデジタルのように芝ダート両方のG1制覇もあるところまではきていそう(前走同様の出遅れから、やる気を消失するパターンもありえる)。

3番人気想定 アルクトス:昨秋は3連勝でプロキオンSも制した勢いで臨んだ南部杯でも2着(ゴールドドリームには先着)。メキメキ実力をつけてきたが、ここに4ヶ月半のぶっつけというのはいくら鉄砲実績があるとはいえ、ノーザンFの馬でもなく正直マイナスでは。

4番人気想定 ヴェンジェンス:11月にみやこSを勝って臨んだチャンピオンズCは7着と一線級には跳ね返された形だが、東海S2着(1着のエアアルマスは骨折で今回出れず)と7歳にして充実期間に入っている。ただ東京マイル適性はいまひとつでは。

5番人気想定 サンライズノヴァ:似た適性の必要な南部杯で約1年ぶりの勝ち星をあげたが、あのレースは吉原騎手の好騎乗が光った一戦。以前ほど末脚に迫力が無くなってきていて、そう信頼はできない。ただ影の実力者として最近特に活躍している松山騎手を確保できたというのは大きい。

6番人気想定 ノンコノユメ:去勢や地方転出などいろいろあったが、それでもなお高いレベルで頑張っている8歳セン馬。東京マイルは実績通り向くのだが、8歳の今はちょっとスピード的に忙しい可能性もある(実際、最近は1800mや2000mで好成績)。

7番人気想定 ワイドファラオ:芝マイルの重賞勝ち馬でもあり、初ダートのユニコーンSでもいきなり勝ってしまったが、その後はそうでもない結果。例年より弱い相手とはいえ、ちょっと力が足りないのでは。

8番人気想定 モジアナフレイバー:母がセイウンコウセイの半姉で、地方馬でも父バトルプラン(その父エンパイアメーカー)とそれなりのスケール感があり、そう格落ち感は無い。東京大賞典では3着に突っ込んできたが、南部杯で4着だったように東京マイル適性はそう高くないのでは。

9番人気想定 ミッキーワイルド:期待して本命を打った前走根岸Sで11着と惨敗。がっかりだったが、デムーロ騎手が全然合わなかった可能性もあり、主戦の北村友騎手に戻る今回再度期待してみる手はありか。ただマイルより1400mが良い馬で、前走惨敗から1F延びるのは歓迎ではない。

10番人気以下想定
タイムフライヤー:2歳G1ホープフルS勝ちのある馬なのだが、長らく低迷して昨夏からダートに路線変更した。武蔵野Sで2着したようにこの条件への適性はあり、絶好の穴馬として狙えるのでは(モズアスコット同様、勝てば芝ダートの両方制覇となる。まあ頭までは無さそうだが)。

ワンダーリーデル:昨秋の武蔵野Sで横山典騎手の神騎乗で9番人気ながら初重賞制覇となったが、その後もイマイチで7歳でもあり、上がり目には乏しいか。

デルマルーヴル:余談だが、皮膚科医の浅沼先生の馬で、先生自身は千歳のロータリークラブの講演で「馬主はハイリスク、ノーリターン~壮大な無駄遣い」と言っていた(^^; 馬自身は、レパードSで2着した後はダートのステイヤー寄りの交流重賞ばかり使ってきているだけあって人気を落とす要素満載で、確かに母父コマンズから長めの距離が向いているのかもしれないというキャラ。ただ、厳しいペースでスタミナが生きる展開になれば、父パイロ(この条件で強いエーピーインディ系)でもあり、通用しておかしくない。穴として狙える馬では。

スマートアヴァロン:8歳になってもオープン特別で3着を拾い続ける馬主孝行な馬。根岸S3着とそう弱くはないがマイル実績に乏しく、さすがにここでは。

キングズガード:9歳を迎えるも昨年11月にはみやこS2着と元気ではあるが、G1でどうこういう力はもうないのでは。

ダノンフェイス:重賞勝ちは無いが、武蔵野S3着、根岸S4着とそれなりの力はある。ただ、爆発力が無く7歳だけに、一変もないか。

ミューチャリー:羽田盃勝ち、東京ダービー2着、JDD3着と川崎記念4着とそれなりの実力馬だが、地方でも長めの距離を使われており東京マイルのスピード勝負向きでない印象。

クリノガウディー東京新聞杯3着からここへ登録。母父ディアブロとダートをこなせる素地はありそうだが、さすがに初ダートがG1というのは......。

ブルドッグボス:中央でもオープン特別複数勝ち、地方転出後も長く頑張っているが、マイル実績ゼロというのはさすがに厳しい。

ケイティブレイブ:ドバイで開腹手術をして帰国初戦の浦和記念勝ちはびっくりさせられた。その後の2戦は本来の粘りがなく、長岡騎手を乗せてくること自体、期待薄。

ロードグラディオ:準オープンを勝って臨んだ前走のオープン初戦で7着だったように実力不足。

ヨシオ:ジャニュアリーSは1200mが向いたのか1年9か月ぶりの勝利だったが、前走は根岸S15着。ここから巻き返すのは難しい。

ラプタス:1400mで未勝利から準オープンまで4連勝の上り馬だが、オープン初戦で逃げて8着と止まったように、G1でいつもより1F長いマイルでは厳しいのでは。

ドリームキラリ:8歳となり粘りが無くなってきた、逃げないと全くダメな馬だけに要らない。ただ同厩舎のモズアスコットのアシストをすべく(建前上は、チームプレー禁止なので口にしないだろうが)、前半ハイペースを演出してインティと競る重要な役割。出遅れは勘弁してほしい。

テーオージーニアス:昨秋から力をつけてきて重賞でも好走できるようになってきたが、1200m向きで、1400mの前走根岸Sでも終いに鈍っていたように、マイルのここは向かない。


<まとめ>
有力:モズアスコット

ヒモに:アルクトスインティヴェンジェンスサンライズノヴァノンコノユメ

穴で:タイムフライヤーデルマルーヴル

[もっと見る]

2月19日(水) 11:00 【ウマニティ】
【U指数的分析】フェブラリーS2020
閲覧 1,768ビュー

フェブラリーS】2012年以降の傾向

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ


<ポイント①>
・指数上位は絶対的な存在ではないものの、総崩れということはない。指数100.5以上の単勝回収率は131.8%。このラインを超えた馬はしっかり押さえておいたほうがいい。

<ポイント②>
・指数10位以下(ふたケタ順位)の馬は【1 0 2 49】。14年のコパノリッキーは最下位ながらに勝利したが、これは「事故」レベルの例外中の例外。基本的に低指数の馬は軽視できる。

<ポイント③>
・指数1位かつ100.5以上の馬を軸に据え、指数2~9位の馬に流すと、馬連回収率365.9%、3連複回収率151.0%。


フェブラリーSの予想U指数はこちら⇒(フェブラリーS重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!


--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 168ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

日増しに暖かになりましたが、昨日まで暖かさがウソみたいな寒さ?
来週火曜日3日は、ひな祭り。木曜日(5日)は、”啓蟄”。

何故でしょう?我が懐だけでしょうか?
冬将軍が居座り続けているのは…。 (@_@;)

<啓蟄(けいちつ)とは?>
今年は、3月5日(木曜日)。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」に は「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味がある。暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日目の3月6日頃に当たります。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。<(_ _)>

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第2期 最終結果】
第2期(2月2~23日)6日間(根岸S~小倉大賞典:全11戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3ダイヤモンドSでは、7番タガノディアマンテ軸で勝負!
馬連(7⇒4,11,13)ワイド(7⇒13)

結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ダイヤモンドS」の軸馬タガノディアマンテは、最後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択?レース後の騎手コメントで川田将雅騎手「調教再審査を受けているように、左回りだと右のほうへ逃避してしまって、今日は競馬になっていない形でした」曰く。レース前に教えて!!まったく、知らない情報に驚いた。狙い方は、やはり推定後半3ハロン上位の争い!


土曜、G3京都牝馬Sでは、14番ドナウデルタ軸で勝負!
ワイド(14⇒3,8,9,12,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京都牝馬S」の軸馬ドナウデルタは、痛恨の出遅れスタートで中団追走、直線で弾けて優勝…
のはずが13着惨敗。反省点として、 軸馬の選択?前走(重賞実績)から勢いのある馬を無視しては当てることはできない。馬場の傾向より、まず決め手!!推定後半3ハロン上位馬は侮れない。



日曜、G1フェブラリーSでは、5番インティ軸で勝負!
馬連(5⇒3,4,9,12)馬単(3⇒5)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「フェブラリーS」の軸馬インティは、スタート鈍く先行4,5番手追走から直線で弾けて優勝…のはずがズルズル後退、馬群に沈み込み14着惨敗。反省点として、軸馬の選択?昨年のイメージ(残像)から切り替えが出来ていなかった。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ケイティブレイブに関しては、想定外!?


日曜、G3小倉大賞典では、6番ヴェロックス軸で勝負!
馬連(6⇒2,3,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「小倉大賞典」の軸馬ヴェロックスは、先行5、6番手追走から直線で弾けて優勝…のはずが伸びず9着惨敗。反省点として、軸馬の選択?圧倒的な人気に惑わされた結果。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ドゥオーモに関しては、想定外!?

【第2期 総 括】
前期に続き、マイナス収支!? 軸馬の選択はもちろん見直す必要があるが、馬券種の買い方も、今後見直す必要がある状況。金欲が溢れ、オッズに惑わされ、肝心な馬券が当たらない…反省。来期は、当てる事だけに集中!!


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
中山記念=中山(芝)1800=C(70)Sペースの前残り
阪急杯=阪神(芝)1400=D(66)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【何故3ハロンなのか!?】
サラブレッドに限らず、哺乳類が全速力で走れる期間は40秒!?

この40秒を競馬の距離に換算すると、大体3ハロンに相当。
上がり3ハロンというのは、ゴールから逆算して全速力で走ることの出来る最大距離と言える。

競馬には3ハロン以内で行われるレースは存在せず、それ以前に相応の距離を走っているので、
40秒丸々全速力というのは不可能なので、残されている力を絞りきって走るのが、最後の3ハロンと言える。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(中山記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数3位"

過去10年(3-2-2-3/10)勝率30%/連対率50%/複勝率70% と3着内率は高い!!
近5年(2-1-0-2/5)勝率40%/連対率60%/複勝率60% と微妙!?
ただ、近2年は馬券に絡んでいないだけに、逆に狙い目!?


(阪急杯)
注目したのは、"馬番コンピ指数値56-55-54"

上記の並びが出現した場合、指数値56-55を複勝2点。
近3年連続で出現している並びだが、過去10年内4回のみ!?
19年55-⑰馬番790円
18年×
17年56-④馬番600円/55-②馬番980円
12年56-⑪馬番300円


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

2月25日(火) 22:17 低リスクさん
即パット
閲覧 122ビュー

実は最近即パットをやり始ました。
操作に慣れていないので少しやりずらいと感じながらも
使っています。
あまり買わない日はパットで購入、交通費も馬鹿にならないので・・
土曜日京都最終レース、買った気がするが不安だったがしばらくすると1万チョイ増えていて買ってた・・良かったと後から喜んだ。
フェブラリーはWINSにいましたがパットにそのお金があったので出来るだけそれで楽しもうとしていました。
フェブラリーが終わり、多分馬連買っているような・・
調べようとしましたが慣れていないので調べることが出来ませんでした。
3複はWINSで買ったBOX【5・12・15・16】
あと日記に書いた3複8点と馬連⑦⑮-⑦⑫⑮の5点。
もうちょっとで3複的中だったのに・・(>_д

[もっと見る]

2月25日(火) 20:45 かじやまてつやさん
フェブラリーステークスを観戦しました。
閲覧 130ビュー

始発に乗って東京競馬場へ。

開門ダッシュが不要なくらいのガラガラを期待していたのですが、
西門はいつも通りの開門待ち。

そして、報道によると5万人を超える入場者数。

昨年と比べると1万人減ですが、昨年は菜七子効果で
前年比1万人増だったことを考えると、客入りに関しては
新型肺炎の影響はなかったということでしょう。

モズアスコットの完勝といっていいレースでした。
私が応援していたワンダーリーデルは4着。無念。

[もっと見る]

2月25日(火) 11:17 こんこんだいすきさん
フェブラリーステークス
閲覧 184ビュー

ネットでは15番ケイティブレイブ複勝買って当たりました。

[もっと見る]

2月25日(火) 05:48 クレイジーチケットさん
ダート路線を考えていくうえで
閲覧 89ビュー

2020年最初のG1が終わりましたね。馬券はハズレましたが今回は事前に私の予想を見てくれた人も多かったので、少し回顧をしてみようと思います。
折角なので、巷で行われているものとは少し違った趣で行ってみます。


馬場硬度±0で風の影響を受けない条件での私の個人的な東京ダート1600メートルの基準タイムは59.1-36.4で1:35.5。
2/23は1日を通して北よりの微風。負荷は3~4角で多くても+0.2程度。
この日の他のダート競走の走破タイムを見ても、硬度は±0の標準的な馬場だったのではないでしょうか。

フェブラリーSの計時は58.7-36.5で1:35.2。前半に対して上がりはマズマズ優秀。勝ち馬のモズアスコットは風の影響を受けにくい内を選択しての競馬でした。
2着ケイティブレイブは0.4遅れでの入線。3着サンライズノヴァ、4着ワンダーリーデルは更に0.2遅れでの入線。ここまでは内を回し中段より後方に位置した馬で決まりました。


先行馬は5着のタイムフライヤーを除けば惨敗。私は予想でのコメントにも書いたのですが、今年はマイルまでがギリギリの馬が多かった印象。追走は問題がなくてもスタミナに不安がある馬がやはり多かった。

というのも、例年と違い中距離路線の主力馬がほぼ不在というなかで、オッズにも歪みがあったと思います。
さほど厳しいペースではなかったはずなのに、中距離路線で実績最上位のケイティブレイブが最低人気を覆して2着という事実。これまでマイルでのパフォーマンスは決して良くないケイティブレイブを私も軽視はしましたが、この辺をどう判断するかが今後のダート路線を考えていくうえでのポイントになるかと思います。


今回のフェブラリーSの内容、出走した各馬を皆さんはどう評価しますか?
こんな感じの日記内容なので、良ければ忌憚のない御意見お聞かせください。
フランクなものも辛辣なものでもなんでもOKです。

[もっと見る]

2月24日(月) 22:59 ロードけんけんさん
フェブラリーステークス 覚え書き!!!
閲覧 80ビュー

競馬予想TVで例年に比べメンバーレベルが

低いって言ってましたが、

当日買った日刊スポーツのコンピ指数も

1位が12番で79複勝の境46(47)が

15番で13位と平場なら見のレース。

コンピは1位ー15位ー3位

SP対戦指数は

△ー無印ー△でした。

来年も根岸の1・2着、東海SとチャンピオンズCの馬券になった馬は

注意が必要と思います。

4歳は上位人気馬(1~3人気)
7歳以上は穴馬で
日記にも書いた前走人気(1~4人気)で
負けた馬で今回も人気が無い馬(ただし二桁着順は除く)

ダートの有力馬が多数ドバイ等の海外に行くなら
来年以降も混戦になると思います。

リアル馬券は、日記に書いた手前9と15の複勝は買いましたが
もちろんトリガミ(*´Д`)=3
毎度ながらのタラレバ馬券。3着が16番なら3連複は持ってたのに…

土曜の現場で予想談義をした方々は馬券上手で
私の大穴は15番を信じたらしく
週末は御馳走してくれるそうですp(^-^)q

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 小倉大賞典は23日、小倉競馬場で14頭によって争われ、鮫島駿騎乗で4番人気のカデナが重賞3勝目。道中は後方のインをロスなく進み、直線で外に持ち出すとメンバー最速の末脚で鮮やかに突き抜けた。

 6年目で初の重賞制覇となった鮫島駿騎手はゴールの瞬間、左手を突き上げて喜びを爆発。「今週は内が有利な馬場だったので、枠((2)番)を生かしたレースをしました。いつもいい脚を使ってくれますし、力を出し切ってくれましたね」と話した。1番人気のヴェロックスは9着に敗れた。

カデナ 父ディープインパクト、母フレンチリヴィエラ、母の父フレンチデピュティ。鹿毛の牡6歳。栗東・中竹和也厩舎所属。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬。馬主は前田幸治氏。戦績22戦4勝。獲得賞金1億8043万1000円。重賞は2016年GIII京都2歳S、17年GII弥生賞に次いで3勝目。小倉大賞典中竹和也調教師、鮫島克駿騎手ともに初勝利。馬名は「南京錠(仏語)」。

★23日小倉「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら

【小倉大賞典】ドゥオーモが52キロの軽量生かして2着 勝浦「いい形の競馬ができた」 2月23日() 19:16

 2月23日の小倉11Rで行われた第54回小倉大賞典(GIII、4歳以上オープン、芝1800メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=4100万円)は、鮫島克駿騎手騎乗の4番人気カデナ(牡6歳、栗東・中竹和也厩舎)が快勝。タイムは1分48秒3(良)。



 10番人気のドゥオーモは、52キロの軽量を生かして2着に入った。まずまずのスタートも急かせず後方2番手を追走。大外を回って徐々に進出を開始すると、脚色衰えず勢いそのまま直線を駆け上がり、外から追い上げてきたカデナに何とか食い下がるも、ゴール前さらに突き放されてしまった。



 勝浦正樹騎手「いい枠でしたし、馬場の悪い部分を通らずに、いい感じで運べました。スタートはそこまで良くなかったですが、楽に上がっていっていい形の競馬ができました。直線もいい脚で伸びているのですが、勝ち馬にはさらにいい脚を使われてしまいましたね。この馬場でもよく頑張ってくれています」



★【小倉大賞典】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【小倉大賞典】断然人気のヴェロックスは9着 川田「何事もなく次走を迎えられたら」 2月23日() 19:13

 2月23日の小倉11Rで行われた第54回小倉大賞典(GIII、4歳以上オープン、芝1800メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=4100万円)は、鮫島克駿騎手騎乗の4番人気カデナ(牡6歳、栗東・中竹和也厩舎)が快勝。タイムは1分48秒3(良)。



 昨年のクラシックにフル参戦し、皐月賞2着、日本ダービー3着、菊花賞3着と好走したヴェロックスは、単勝オッズ1.4倍の断然人気に支持されるもまさかの9着。スッとゲートを出ると5番手あたりの外を追走。ジワリと進出を開始するも、早くも手ごたえが怪しくなり、直線でエンジンかからずゴールへなだれ込んだ。



 川田将雅騎手「返し馬から雰囲気が良く、具合も良さそうでしたが、あまりにも結果が出ませんでした。何事もなく次走を迎えられたらいいと思います」



★【小倉大賞典】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【小倉大賞典】4番人気のディープ産駒カデナが復活走で重賞3勝目! 2月23日() 15:34

 2月23日の小倉11Rで行われた第54回小倉大賞典(GIII、4歳以上オープン、芝1800メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=4100万円)は、鮫島克駿騎手騎乗の4番人気カデナ(牡6歳、栗東・中竹和也厩舎)が後方から徐々にポジションを上げ、4コーナーを回って先頭に躍り出た10番人気のドゥオーモをゴール前で差し切って快勝した。タイムは1分48秒3(良)。

 1馬身3/4差の2着にはドゥオーモ、さらにクビ差遅れた3着にジナンボー(2番人気)が続き、圧倒的1番人気に支持されたヴェロックスは中団から伸びず9着大敗した。

 小倉大賞典を勝ったカデナは、父ディープインパクト、母フレンチリヴィエラ、母の父フレンチデピュティという血統。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬で、馬主は前田幸治氏。通算成績22戦4勝。重賞は2016年京都2歳S・GIII、17年弥生賞・GIIに次いで3勝目。

 ◆鮫島克駿騎手(1着 カデナ)「今週は内が有利な馬場だったので、枠を生かしたレースをしました。この馬の形にはめ込み過ぎないように運びました。いつもいい脚を使ってくれますし、力を出し切ってくれましたね。今回チャンスを頂いた関係者の方々には、感謝しています」



★23日小倉11R「小倉大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【小倉大賞典】入線速報(小倉競馬場) 2月23日() 15:23

小倉11R・小倉大賞典(1回小倉12日目 小倉競馬場  芝・右1800m サラ系4歳以上オープン)は、1番手2番カデナ(単勝18.1倍/4番人気)、2番手12番ドゥオーモ(単勝40.5倍/10番人気)、3番手13番ジナンボー(単勝8.6倍/2番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-12(224.6倍) 馬単2-12(539.6倍) 3連複2-12-13(357.5倍) 3連単2-12-13(3239.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020022310011211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【斬って捨てる!】小倉大賞典2020 近2戦ともローカル出走馬は不振!ハービンジャー産駒の相性悪し! 2月23日() 09:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、小倉大賞典の近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
9歳以上の連対例はゼロ(2009年以降)

サイモンラムセス

斤量53キロ以下の牡馬(せん馬を含む)はすべて3着以下に敗れている(2009年以降)

サイモンラムセス
ドゥオーモ

斤量52キロ以下の牝馬の好走例はゼロ(2009年以降)

レイホーロマンス

前回から斤量が3キロ以上減っていた馬の連対例は皆無(2009年以降)

ドゥオーモ

前走で非重賞戦に出走、かつ4着以下敗退馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ナイトオブナイツ
アウトライアーズ

前走で1800m以上のOP特別戦に出走していた馬の連対例は皆無(2009年以降)

ナイトオブナイツ
アウトライアーズ

前走ダート戦出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)

ランスオブプラーナ

近2走ともにローカル戦出走馬の好走例は皆無(2009年以降)

アロハリリー
ドゥオーモ

【人気】
4番人気以下、かつ4歳馬の連対例はゼロ(2009年以降)
※8時30分現在の4番人気以下、かつ4歳馬

エメラルファイト
ランスオブプラーナ

10番人気以下、かつ重賞3着以内未経験馬の連対例は皆無(2009年以降)
※8時30分現在の10番人気以下、かつ重賞3着以内未経験馬

ナイトオブナイツ
ドゥオーモ

単勝オッズ帯50.0~99.9倍の好走例はなし(2009年以降)
※8時30分現在の単勝オッズ50.0~99.9倍

サイモンラムセス
ランスオブプラーナ

近2走ともに10番人気以下だった馬の連対例は皆無(2009年以降)

レイホーロマンス
サイモンラムセス
アンノートル
エメラルファイト

【枠順】
馬番枠9番の好走例はゼロ(小倉競馬場リニューアルの2000年以降、かつ小倉開催時)

エメラルファイト

馬番枠8番の連対例は皆無(小倉競馬場リニューアルの2000年以降、かつ小倉開催時)

アンノートル

【血統】
ハービンジャー産駒の好走例はゼロ(産駒初出走以降)

レイホーロマンス
ナイトオブナイツ


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
カデナ
テリトーリアル
ヴェロックス
タニノフランケル
ジナンボー



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 2,239ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月22日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【馬番別成績(2016年以降)】
●1~9番 [1-0-1-33](3着内率5.7%)
●10~18番 [3-4-3-20](3着内率33.3%)
→近年は二桁馬番の馬が優勢。今開催の馬場を考えても、外寄りの枠に入った馬を重視すべきでしょう。


▼2020年02月22日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [7-3-3-13](複勝率50.0%)
●なし [0-4-4-64](複勝率11.1%)
→実績馬は堅実。一方“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がない、かつ前走の着順が5着以下だった馬は2013年以降[0-1-0-44](3着内率2.2%)と苦戦していました。


▼2020年02月23日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-7-6-19](3着内率47.2%)
●なし [3-0-1-61](3着内率6.2%)
→1800m以上のレースに実績がある馬を重視したいところ。なお“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において連対経験がない、かつ“JRA、かつ左回り、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が2位以内”となった経験のない馬は、2013年以降[0-0-0-52](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 168ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

日増しに暖かになりましたが、昨日まで暖かさがウソみたいな寒さ?
来週火曜日3日は、ひな祭り。木曜日(5日)は、”啓蟄”。

何故でしょう?我が懐だけでしょうか?
冬将軍が居座り続けているのは…。 (@_@;)

<啓蟄(けいちつ)とは?>
今年は、3月5日(木曜日)。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」に は「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味がある。暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日目の3月6日頃に当たります。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。<(_ _)>

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第2期 最終結果】
第2期(2月2~23日)6日間(根岸S~小倉大賞典:全11戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3ダイヤモンドSでは、7番タガノディアマンテ軸で勝負!
馬連(7⇒4,11,13)ワイド(7⇒13)

結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ダイヤモンドS」の軸馬タガノディアマンテは、最後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択?レース後の騎手コメントで川田将雅騎手「調教再審査を受けているように、左回りだと右のほうへ逃避してしまって、今日は競馬になっていない形でした」曰く。レース前に教えて!!まったく、知らない情報に驚いた。狙い方は、やはり推定後半3ハロン上位の争い!


土曜、G3京都牝馬Sでは、14番ドナウデルタ軸で勝負!
ワイド(14⇒3,8,9,12,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京都牝馬S」の軸馬ドナウデルタは、痛恨の出遅れスタートで中団追走、直線で弾けて優勝…
のはずが13着惨敗。反省点として、 軸馬の選択?前走(重賞実績)から勢いのある馬を無視しては当てることはできない。馬場の傾向より、まず決め手!!推定後半3ハロン上位馬は侮れない。



日曜、G1フェブラリーSでは、5番インティ軸で勝負!
馬連(5⇒3,4,9,12)馬単(3⇒5)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「フェブラリーS」の軸馬インティは、スタート鈍く先行4,5番手追走から直線で弾けて優勝…のはずがズルズル後退、馬群に沈み込み14着惨敗。反省点として、軸馬の選択?昨年のイメージ(残像)から切り替えが出来ていなかった。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ケイティブレイブに関しては、想定外!?


日曜、G3小倉大賞典では、6番ヴェロックス軸で勝負!
馬連(6⇒2,3,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「小倉大賞典」の軸馬ヴェロックスは、先行5、6番手追走から直線で弾けて優勝…のはずが伸びず9着惨敗。反省点として、軸馬の選択?圧倒的な人気に惑わされた結果。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ドゥオーモに関しては、想定外!?

【第2期 総 括】
前期に続き、マイナス収支!? 軸馬の選択はもちろん見直す必要があるが、馬券種の買い方も、今後見直す必要がある状況。金欲が溢れ、オッズに惑わされ、肝心な馬券が当たらない…反省。来期は、当てる事だけに集中!!


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
中山記念=中山(芝)1800=C(70)Sペースの前残り
阪急杯=阪神(芝)1400=D(66)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【何故3ハロンなのか!?】
サラブレッドに限らず、哺乳類が全速力で走れる期間は40秒!?

この40秒を競馬の距離に換算すると、大体3ハロンに相当。
上がり3ハロンというのは、ゴールから逆算して全速力で走ることの出来る最大距離と言える。

競馬には3ハロン以内で行われるレースは存在せず、それ以前に相応の距離を走っているので、
40秒丸々全速力というのは不可能なので、残されている力を絞りきって走るのが、最後の3ハロンと言える。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(中山記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数3位"

過去10年(3-2-2-3/10)勝率30%/連対率50%/複勝率70% と3着内率は高い!!
近5年(2-1-0-2/5)勝率40%/連対率60%/複勝率60% と微妙!?
ただ、近2年は馬券に絡んでいないだけに、逆に狙い目!?


(阪急杯)
注目したのは、"馬番コンピ指数値56-55-54"

上記の並びが出現した場合、指数値56-55を複勝2点。
近3年連続で出現している並びだが、過去10年内4回のみ!?
19年55-⑰馬番790円
18年×
17年56-④馬番600円/55-②馬番980円
12年56-⑪馬番300円


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

2月25日(火) 20:15 アイざんさん
小倉大賞典考察
閲覧 125ビュー

小倉大賞典の結果はディープ産駒の特徴が詰まっている結果となりました。
カデナはハンデ戦に強いディープ産駒の象徴的存在。ドゥオーモは昇級初戦に強いディープ産駒の
特徴が出ました。ジナンボーはレース間隔を3ヶ月空けており、フレッシュな状態でレースをすると
好成績を上げるディープ産駒の特徴が出ました。こういう条件もしっかり見ないと馬券が取れない
レースは今後出てくるので、今回の馬券が取れなかったことを反省し、臨みたいと思います。

[もっと見る]

2月25日(火) 09:33 グラニースミスさん
漆黒 ~先週の競馬~
閲覧 209ビュー

もう世の中、新型肺炎コロナウイルスで大騒ぎ
政府の対応がまずかったわけだが、
朝からアメリカの株価が大幅下落、当然日経も大幅下落
こういう時に、見えてくるモノがある
企業の姿勢
現在、企業独自に社員や顧客にHPで対応を公表する企業は、下落は一次的
対応しないのか、公表していない企業は、売られても買い戻されることは少ない
今日は価値のある企業の底を見定めて、いつ買うのかを見る状況のようです。

ちなみにとあるサイトにブラック企業のランキングが乗っていたが、
私の勤務する会社は、厳選された漆黒のブラック企業148社にノミネートされていた。
今更ながら、納得してしまった。

https://black-company.biz/


【京都牝馬S GⅢ】 ドナウデルタ 13着
スタート出負け、後方から大外ぶん回して終了
サウンドキアラ 京都の開幕で重賞勝ちなら当然かぁ・・・
1着馬と8枠同枠15着 ノーワン
5枠9番2着 プールヴィル 
この2頭は、昨年のフィリーズレビューGⅡの同着1着馬同士だった。

【ダイヤモンドステークス】 GⅢ タガノディアマンテ 7着
この馬も道中最後方で、追い上げるも終了
1着馬 ミライヘノツバサ は何故か小倉大賞典と同時登録していた唯一の出走馬
2着馬 メイショウテンゲンは、最後の弥生賞GⅡ1着馬

土曜日の東西重賞の2着は、前年3歳重賞トライアル指定戦の連対馬だった。

【小倉大賞典】 GⅢ テリトーリアル 6着
最後の直線で見せ場ばあったけど、内から追い込んで、外から差されて終了
テリトーリアルの3枠同枠レイホーロマンスは、前日のダイヤモンドSと同時登録で狙ったが・・・
1着馬 カデナ の前田幸治オーナーは、誕生日だった。(知ってたのになぁ)
2着馬 ドゥオーモの7枠同枠馬 タニノフランケルは、昨年の2着馬だった。

【フェブラリーステークス】 GⅠ アルクトス 9着
直線先頭で勝ったと思ったけど・・・そんなにあまくなく終了
考えてみれば、東海Sも根岸Sも○外馬が勝っていた。片方が出走しなければ、しかも根岸と同枠なら
2着馬は、ノーマークの馬で、私には無理です

重賞全て外して漆黒の4連敗となりました。

予想コロシアムは、レベルが1アップしたが、現状に限界を感じています。
なんか改革しないとダメですね

その漆黒のブラック企業は、今夜、飲み会が予定されているが、
今朝、任意の自由参加になった。
当然オレは行かない。


では

[もっと見る]

2月23日() 18:38 ゴルゴさん
16番人気
閲覧 157ビュー

ダイヤモンドSのミライヘノツバサ(16番人気)①着
フェブラリーSのケイティブレイブ(16番人気)②着

府中の土日重賞は16番人気がトレンドでしたが、土日のメイン競走は二桁人気が激走しました。

京都牝馬S メイショウグロッケ(13番人気)③着
小倉大賞典 ドゥオーモ(10番人気)②着
大和S   テーオーヘリオス(11番人気)③着

まぁこんな日もある・・・。

的中された方々はおめでとうございます!

[もっと見る]

2月23日() 18:26 ちびざるさん
【GⅢ】小倉大賞典の結果
閲覧 69ビュー


1着:②カデナ
2着:⑫ドゥオーモ
3着:⑬ジナンボー


私の◎にした⑥ヴェロックスは9着でした。
1着の②カデナは無印
2着の⑫ドゥオーモは無印
3着の⑬ジナンボーは〇

でした。

買い目は
馬連フォーメーション
⑥⑬→③④①⑪
でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○


 まずはに⑥ヴェロックスに関して。
スタートは五分にでましたが、位置取りは中団の外からの競馬。
4コーナーから直線にかけてポジションを上げて、直線では良い位置にいましたが
直線で全く伸びを欠きました。
今日の馬場が合わなかったのか。今一つ敗因が分かりませんね。
今後に不安が残るレースでしたね。


1着の②カデナについて
強かったですね。
外から差し切りましたね。
先に動いた2着の後から動いていきました。
前が流れたことも良かったかもしれませんね。
今日の馬場もあっていたかもしれません。


2着の⑫ドゥオーモについて。
大健闘の2着だったと思います。
スタート後の位置取りは中団やや後ろでしたが
3コーナー辺りから捲り気味に上がっていき
直線で一旦は先頭に立ちましたが、勝ち馬に切れ負けしましたね。
今日の馬場も味方したように思いました。



的中された方々、本当におめでとうございます。

[もっと見る]

2月23日() 17:11 fedo_loveさん
小倉大賞典備忘録
閲覧 50ビュー

【予想】
◎6ヴェロックス/川田
〇11タニノフランケル/吉田隼
▲13ジナンボー/シュタルケ
△2カデナ/鮫島克
 3テリトーリアル/藤岡康
 9エメラルファイト/石川
→馬連6-11、馬単6→11、3連複6軸に10点

【結果】
①カデナ
②ドゥオーモ・・!
③ジナンボー
⑥テリトーリアル
⑨ヴェロックス・・・
⑪エメラルファイト
⑫タニノフランケル

【的中】
なし。。。

【振返り】
ヴェロックス、まさかの9着( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)
ハンデ確認のためにシルクロードSに登録までして、川田騎手まで確保したのに、向う正面でかかって折り合いに苦労して、直線に入ってもまったく見どころなく沈んでしまいました。最終週の荒れた馬場が合わなかったのでは、とはいえ負けすぎ、この結果はファンも、関係者も相当ショックでしょう。難しくなりました。
タニノフランケル、中間いい出来できているとのことで、ずっと追いかけてきた馬なので期待したんですが、10kg増の530kg、さすがに無理がありましたか。こちらはそろそろ、ですね。
勝ったカデナ、ヴェロックスと同じトップハンデ57kgを背負いながら、こちらは注文通り後方で脚をためてコーナーを回って一気に押し出して、強い競馬。勝ち切るまでは想像できませんでした、鮫島騎手おめでとうございます。
3着のジナンボーはいち早く抜け出して先頭に立ちましたが、久々と+20kg、右回りが響いたかな?でもこちらは次走以降に期待が膨らみました。そして驚きの2着ドゥオーモ!この小倉開催で1800mすでに2戦して3着→1着。しかし7歳馬、さすがにここでは・・と思ったら、激走でした。ハンデの恩恵もありましたが、スゴイ。新たな小倉巧者襲名ですね。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 ダイヤモンドS(芝3400メートル)が22日、東京競馬場で16頭によって争われ、木幡巧騎乗でしんがり16番人気のミライヘノツバサが3番人気メイショウテンゲンとの叩き合いをハナ差制してV。大波乱を呼んだ。ミライを管理する伊藤大士調教師(47)=美浦=は開業12年目でのうれしい重賞初勝利となった。

 3400メートルを走り切った先に、感動の復活Vが待っていた。7歳馬ミライヘノツバサが、メイショウテンゲンと芦毛同士の壮絶な競り合いをハナ差で制し、悲願の重賞初勝利。16頭立て16番人気の大激走は、JRA重賞史上3位の単勝3万2550円という高配当で、東京競馬場は大きなどよめきに包まれた。

 「びっくりです。相手の伸び脚が良く、正直負けたかと思ったし、最後は神様に願って、勝ってたらいいなと。本当に馬に感謝です」

 検量室に引き揚げてきた木幡巧騎手が驚きの表情で相棒をたたえた。中団でじっくり進め「脚をためていったら、すごい脚を使った。最後も根性を見せてくれて…」と脱帽する奮闘ぶりだった。

 もともと、ミライヘノツバサは非凡な力を秘めていた。だが、4歳を迎えてAJCC3着、日経賞2着と軌道に乗った矢先に、右前脚の浅屈腱炎を発症。1年半におよぶ戦線離脱を強いられた。

 復帰後も脚元を考えながらの調整。輝きを取り戻せずにいたが、「思い切って(強い調教を)やってみよう…と。長い距離でバテないしぶとさも生かせたね」という伊藤大調教師の決断が功を奏した。「長かったね…」という言葉にも実感がこもる。復活への道のり、そして厩舎開業12年目での重賞初勝利。喜びをしみじみとかみ締めた。

 父ドリームジャーニーに初の重賞をプレゼントし、青森県産馬としても2008年ローズSマイネレーツェル以来となる重賞V。多くの明るいニュースを届けたミライヘノツバサが、次に目指すのは天皇賞・春(5月3日、京都、GI、芝3200メートル)だ。長距離の最高峰へ、輝く未来へ、大きく翼を広げて羽ばたく。 (板津雄志)

★22日東京11R「ダイヤモンドS」の着順&払戻金はこちら

ミライヘノツバサ 父ドリームジャーニー、母タムロブライト、母の父シルバーチャーム。芦毛の牡7歳。美浦・伊藤大士厩舎所属。青森県・諏訪牧場の生産馬。馬主は三島宣彦氏。戦績23戦5勝。獲得賞金1億4486万8000円。重賞初勝利。ダイヤモンドS伊藤大士調教師、木幡巧也騎手ともに初勝利。馬名は「未来への翼」。

【ダイヤモンド】レースを終えて…関係者談話 2月23日() 05:06

 ◆池添騎手(メイショウテンゲン2着)「道中は自分のリズムで折り合いがついて、流れに乗れていた。勝負どころでもスッと動いて脚も使っている。(直線は)勝ち馬にぶつけられたけど頑張っています」

 ◆野中騎手(オセアグレイト3着)「イメージ通りのポジションは取れた。一瞬、ハミをかんだけど、その後は落ち着いた。最後はスパッと切れる馬にかわされた感じです」

 ◆鮫島師(タガノディアマンテ7着)「左回りで終始、外へ外へ張りながら走っていた」

★22日東京11R「ダイヤモンドS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ダイヤモンド】メイショウテンゲンはハナ差届かず2着 池添謙「(最後は)勝ち馬にぶつけられたけど…」 2月22日() 20:09

 2月22日の東京11Rで行われた第70回ダイヤモンドステークス(GIII、4歳以上オープン、芝3400メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、木幡巧也騎手騎乗の16番人気ミライヘノツバサ(牡7歳、美浦・伊藤大士厩舎)がメイショウテンゲン(3番人気)との叩き合いをハナ差制した。タイムは3分31秒2(良)。



 昨年の弥生賞の覇者メイショウテンゲンは、スタートをゆっくりと出ると後方を追走。しっかりと脚をためると直線、鞍上のGOサインに応えて懸命に脚を伸ばし先に抜け出した勝ち馬に襲いかかるも写真判定の末、わずかハナ差届かず悔しい2着となった。



 池添謙一騎手「道中は自分のリズムで折り合いがついて、流れに乗れていた。勝負どころでもスッと動いて脚も使っている。(最後は)勝ち馬にぶつけられたけど、頑張っています」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】オセアグレイト上位2頭から5馬身差の3着 野中「最後はスパッと切れる馬にかわされた」 2月22日() 20:09

 2月22日の東京11Rで行われた第70回ダイヤモンドステークス(GIII、4歳以上オープン、芝3400メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、木幡巧也騎手騎乗の16番人気ミライヘノツバサ(牡7歳、美浦・伊藤大士厩舎)がメイショウテンゲン(3番人気)との叩き合いをハナ差制した。タイムは3分31秒2(良)。



 今年初戦の迎春S(3勝クラス)を快勝してオープン入りを果たしたオセアグレイトは、最内枠スタートから好位で積極的にレースを進め直線、内をついて一度は先頭に立って押し切りを図るも上位2頭にあっさりかわされ5馬身差の3着。



 野中悠太郎騎手「イメージ通りのポジション。1周目のゴール前で一瞬ハミをかんだが、その後は落ち着いた。最後はスパッと切れる馬にかわされた感じです」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】1番人気タガノディアマンテは7着 川田「右への逃避がすごく、競馬にならなかったです」 2月22日() 20:08

 2月22日の東京11Rで行われた第70回ダイヤモンドステークス(GIII、4歳以上オープン、芝3400メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、木幡巧也騎手騎乗の16番人気ミライヘノツバサ(牡7歳、美浦・伊藤大士厩舎)がメイショウテンゲン(3番人気)との叩き合いをハナ差制した。タイムは3分31秒2(良)。



 1番人気に支持されたタガノディアマンテは道中、ポツンと大きく離れた最後方を追走。勝負所で徐々にギアを上げて行くも、周りも一斉に動き出してなかなか前との差は縮まらず、最後は力尽きて7着に敗れた。



 川田将雅騎手「左回りは調教再試験になっていますから。きょうも右への逃避がすごく、競馬にならなかったです」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】16番人気のミライヘノツバサが重賞初V 2月22日() 16:05

 2月22日の東京11Rで行われた第70回ダイヤモンドステークス(GIII、4歳以上オープン、芝3400メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、木幡巧也騎手騎乗の16番人気ミライヘノツバサ(牡7歳、美浦・伊藤大士厩舎)が接戦を制して重賞初V。中団を追走したミライヘノツバサは、直線、内から3頭目を伸びて、外から追い込んだメイショウテンゲン(3番人気)との叩き合いをハナ差制した。タイムは3分31秒2(良)。

 長い写真判定にもつれこんだ1、2着争いから5馬身離れた3、4着争いも写真判定。3着には好位を立ち回ったオセアグレイト(2番人気)。1番人気のタガノディアマンテはいつも通りの後方待機策。道中はポツンと離れた最後方を進み、2周目の4コーナー手前から大外に出してスパートしたが、伸びを欠き7着に敗れた。

 ダイヤモンドSを勝ったミライヘノツバサは、父ドリームジャーニー、母タムロブライト、母の父シルバーチャームという血統。青森県・諏訪牧場の生産馬で、馬主は三島宣彦氏。通算成績は23戦5勝。重賞初制覇。管理する伊藤大士は開業12年目でJRA重賞初制覇。

 ◆木幡巧也騎手(1着 ミライヘノツバサ)「びっくりです。相手の伸び脚が良く、正直負けたかと思ったし、最後は神様に願って、勝ってたらいいなと。本当に馬に感謝です。脚をためていったら、すごい脚を使った。最後も根性を見せてくれました」

 ◆川田将雅騎手(7着 タガノディアマンテ=1番人気)「左回りは調教再試験になっていますから。今日も右への逃避がすごく、競馬にならなかったです」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 360ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


ダイヤモンドS・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

京都牝馬ステークス・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

2月19日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月19日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(190)
閲覧 2,239ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月22日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【馬番別成績(2016年以降)】
●1~9番 [1-0-1-33](3着内率5.7%)
●10~18番 [3-4-3-20](3着内率33.3%)
→近年は二桁馬番の馬が優勢。今開催の馬場を考えても、外寄りの枠に入った馬を重視すべきでしょう。


▼2020年02月22日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [7-3-3-13](複勝率50.0%)
●なし [0-4-4-64](複勝率11.1%)
→実績馬は堅実。一方“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がない、かつ前走の着順が5着以下だった馬は2013年以降[0-1-0-44](3着内率2.2%)と苦戦していました。


▼2020年02月23日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-7-6-19](3着内率47.2%)
●なし [3-0-1-61](3着内率6.2%)
→1800m以上のレースに実績がある馬を重視したいところ。なお“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において連対経験がない、かつ“JRA、かつ左回り、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が2位以内”となった経験のない馬は、2013年以降[0-0-0-52](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 168ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

日増しに暖かになりましたが、昨日まで暖かさがウソみたいな寒さ?
来週火曜日3日は、ひな祭り。木曜日(5日)は、”啓蟄”。

何故でしょう?我が懐だけでしょうか?
冬将軍が居座り続けているのは…。 (@_@;)

<啓蟄(けいちつ)とは?>
今年は、3月5日(木曜日)。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。「啓」には「ひらく、開放する、(夜が)明ける」などの意味、「蟄」に は「冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、とじこもる」という意味がある。暦の二十四節気のひとつで、雨水後15日目の3月6日頃に当たります。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。<(_ _)>

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第2期 最終結果】
第2期(2月2~23日)6日間(根岸S~小倉大賞典:全11戦)

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3ダイヤモンドSでは、7番タガノディアマンテ軸で勝負!
馬連(7⇒4,11,13)ワイド(7⇒13)

結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「ダイヤモンドS」の軸馬タガノディアマンテは、最後方追走から直線で弾けて優勝…のはずが7着惨敗。反省点として、軸馬の選択?レース後の騎手コメントで川田将雅騎手「調教再審査を受けているように、左回りだと右のほうへ逃避してしまって、今日は競馬になっていない形でした」曰く。レース前に教えて!!まったく、知らない情報に驚いた。狙い方は、やはり推定後半3ハロン上位の争い!


土曜、G3京都牝馬Sでは、14番ドナウデルタ軸で勝負!
ワイド(14⇒3,8,9,12,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京都牝馬S」の軸馬ドナウデルタは、痛恨の出遅れスタートで中団追走、直線で弾けて優勝…
のはずが13着惨敗。反省点として、 軸馬の選択?前走(重賞実績)から勢いのある馬を無視しては当てることはできない。馬場の傾向より、まず決め手!!推定後半3ハロン上位馬は侮れない。



日曜、G1フェブラリーSでは、5番インティ軸で勝負!
馬連(5⇒3,4,9,12)馬単(3⇒5)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「フェブラリーS」の軸馬インティは、スタート鈍く先行4,5番手追走から直線で弾けて優勝…のはずがズルズル後退、馬群に沈み込み14着惨敗。反省点として、軸馬の選択?昨年のイメージ(残像)から切り替えが出来ていなかった。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ケイティブレイブに関しては、想定外!?


日曜、G3小倉大賞典では、6番ヴェロックス軸で勝負!
馬連(6⇒2,3,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「小倉大賞典」の軸馬ヴェロックスは、先行5、6番手追走から直線で弾けて優勝…のはずが伸びず9着惨敗。反省点として、軸馬の選択?圧倒的な人気に惑わされた結果。狙い方として、推定後半3ハロン上位馬中心。ただ、2着入線ドゥオーモに関しては、想定外!?

【第2期 総 括】
前期に続き、マイナス収支!? 軸馬の選択はもちろん見直す必要があるが、馬券種の買い方も、今後見直す必要がある状況。金欲が溢れ、オッズに惑わされ、肝心な馬券が当たらない…反省。来期は、当てる事だけに集中!!


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
中山記念=中山(芝)1800=C(70)Sペースの前残り
阪急杯=阪神(芝)1400=D(66)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【何故3ハロンなのか!?】
サラブレッドに限らず、哺乳類が全速力で走れる期間は40秒!?

この40秒を競馬の距離に換算すると、大体3ハロンに相当。
上がり3ハロンというのは、ゴールから逆算して全速力で走ることの出来る最大距離と言える。

競馬には3ハロン以内で行われるレースは存在せず、それ以前に相応の距離を走っているので、
40秒丸々全速力というのは不可能なので、残されている力を絞りきって走るのが、最後の3ハロンと言える。

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(中山記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数3位"

過去10年(3-2-2-3/10)勝率30%/連対率50%/複勝率70% と3着内率は高い!!
近5年(2-1-0-2/5)勝率40%/連対率60%/複勝率60% と微妙!?
ただ、近2年は馬券に絡んでいないだけに、逆に狙い目!?


(阪急杯)
注目したのは、"馬番コンピ指数値56-55-54"

上記の並びが出現した場合、指数値56-55を複勝2点。
近3年連続で出現している並びだが、過去10年内4回のみ!?
19年55-⑰馬番790円
18年×
17年56-④馬番600円/55-②馬番980円
12年56-⑪馬番300円


詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

2月27日(木) 00:08 競馬場の神様さん
ダイヤモンドステークス回顧
閲覧 63ビュー

 見事、今年のダイヤモンドステークスを制したのは、伊藤大士厩舎が管理する毛色が芦毛のミライヘノツバサだった。

 「伊藤」大士 = 洗礼名が翌日のフェブラリーSを制したモズアスコット(※)の父親であるフランケル、ではなく、フランシスコの大友宗麟によってローマに派遣された主席正使・「伊東」マンショ。それにしても、せっかくこの馬の単勝を持っていたにも関わらず、肝心な◎との組み合わせが買い目に一切無いとは!
 普段は◎と〇しか印を打たない私が、昨年の有馬同様、なぜ今回は⑮まで印を回したのか?それは、私が芦毛に注目していることを強調せんがためで、そうであれば、このレースに出走してきた芦毛の馬は計4頭いますが、その4頭の馬連&ワイドBOXを最後に各組100円だけでも買い足しておくべきでした。およそ20年振りとなる単勝オッズ300倍台の馬券を的中できたのは嬉しい反面、これにより、リターンが一気に193670円(2582%)へと跳ね上がったことを思うと、買えなかったのは非常に残念だとしか言いようがない(ちなみに、単勝オッズ300倍以上の勝利は、98年日経賞の「テン」ジン「ショウ」グン以来とのこと)。それはさて置き、芦毛が勝って、本当に良かった。令和天皇、改めてお誕生日おめでとうございます。

※過去の予想でも書いたように、騎乗した「クリスト」フ・ルメールJ = クリスト = 神。そして、2着した16番人気のケイティブレイブはアリ「マハル」ノブ(有馬晴信)= スギヤ「マハル」キ(杉山晴紀)厩舎の管理馬。母はケイティローレルかあ…


〖訂正〗
×正史 → 〇正使

[もっと見る]

2月25日(火) 09:33 グラニースミスさん
漆黒 ~先週の競馬~
閲覧 209ビュー

もう世の中、新型肺炎コロナウイルスで大騒ぎ
政府の対応がまずかったわけだが、
朝からアメリカの株価が大幅下落、当然日経も大幅下落
こういう時に、見えてくるモノがある
企業の姿勢
現在、企業独自に社員や顧客にHPで対応を公表する企業は、下落は一次的
対応しないのか、公表していない企業は、売られても買い戻されることは少ない
今日は価値のある企業の底を見定めて、いつ買うのかを見る状況のようです。

ちなみにとあるサイトにブラック企業のランキングが乗っていたが、
私の勤務する会社は、厳選された漆黒のブラック企業148社にノミネートされていた。
今更ながら、納得してしまった。

https://black-company.biz/


【京都牝馬S GⅢ】 ドナウデルタ 13着
スタート出負け、後方から大外ぶん回して終了
サウンドキアラ 京都の開幕で重賞勝ちなら当然かぁ・・・
1着馬と8枠同枠15着 ノーワン
5枠9番2着 プールヴィル 
この2頭は、昨年のフィリーズレビューGⅡの同着1着馬同士だった。

【ダイヤモンドステークス】 GⅢ タガノディアマンテ 7着
この馬も道中最後方で、追い上げるも終了
1着馬 ミライヘノツバサ は何故か小倉大賞典と同時登録していた唯一の出走馬
2着馬 メイショウテンゲンは、最後の弥生賞GⅡ1着馬

土曜日の東西重賞の2着は、前年3歳重賞トライアル指定戦の連対馬だった。

【小倉大賞典】 GⅢ テリトーリアル 6着
最後の直線で見せ場ばあったけど、内から追い込んで、外から差されて終了
テリトーリアルの3枠同枠レイホーロマンスは、前日のダイヤモンドSと同時登録で狙ったが・・・
1着馬 カデナ の前田幸治オーナーは、誕生日だった。(知ってたのになぁ)
2着馬 ドゥオーモの7枠同枠馬 タニノフランケルは、昨年の2着馬だった。

【フェブラリーステークス】 GⅠ アルクトス 9着
直線先頭で勝ったと思ったけど・・・そんなにあまくなく終了
考えてみれば、東海Sも根岸Sも○外馬が勝っていた。片方が出走しなければ、しかも根岸と同枠なら
2着馬は、ノーマークの馬で、私には無理です

重賞全て外して漆黒の4連敗となりました。

予想コロシアムは、レベルが1アップしたが、現状に限界を感じています。
なんか改革しないとダメですね

その漆黒のブラック企業は、今夜、飲み会が予定されているが、
今朝、任意の自由参加になった。
当然オレは行かない。


では

[もっと見る]

2着買えず
閲覧 147ビュー

フェブラリーステークス2着買えてなかった。騎手で切ってしまった。昨日のダイヤモンドステークスに続いてまたビリ人気が絡むっていう

ダイヤモンドステークスは2,3着でミライヘノツバサ買ってたのに、うまくいかないもんやね。来週はビリ人気2,3着で買ってみるか。2度あることは3度くらいはあるやろ

[もっと見る]

2月23日() 09:27 joker.jrさん
悔しくて、悔しくて、眠れない!ダイヤモンドステークス
閲覧 67ビュー

穴と、本線から、
⑯⑥①⑪流したのに、
⑭だけ、バタバタして、消した(笑)
400円を削っただけで
128370円
351980円

もう、くそ下手くそだわ
2着の①な、240000万円馬券!
くそー(_`Д´)_クッソォォォォォ!!

[もっと見る]

2月23日() 00:35 イータンさん
おい!おい!!
閲覧 194ビュー

連投日記でスイマセン。ビックリです(@_@。競馬場やWINSに行かれる方、その他外出される方は十分気をつけて下さい。また、下記以外でも新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号から船内待機期間を終え下船した方が新型ウイルスの感染を確認したと発表しました。←やっぱりと言うか厚労省は何を考えているのか?完全な判断ミスではないでしょうか?

**************************************
大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号について厚生労働省は22日、必要なウイルス検査をしないまま下船した乗客が23人いたことを明らかにした。加藤勝信厚労相は「国民の健康につながることで、本来許されない。深く反省をしている」と陳謝した。対象者には自宅待機を依頼し、再検査をするという。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 京都牝馬S(芝1400メートル)が22日、京都競馬場で17頭によって争われ、松山騎乗で1番人気のサウンドキアラが鮮やかに差し切って快勝。京都金杯に続く重賞V2を飾った。1馬身1/4差の2着は6番人気プールヴィル。3着には13番人気のメイショウグロッケが入った。

 まさに末脚一閃だ。ずらりと各馬が横に広がった直線の攻防を、サウンドキアラが外から一気に差し切った。京都金杯での重賞初制覇に続き、返す刀で連勝だ。

 「重馬場もこなせる馬なので(荒れた馬場も)気にしていませんでした。最終週で“外も伸びるな”と思っていたので問題なかったですね」

 2月にして早くも自身最多の年間重賞4勝目となった松山騎手が笑みを浮かべた。約2年ぶりの7ハロン戦だったが、スタートから流れに乗り、中団前めをキープ。昼過ぎまで降った雨の影響で重馬場まで悪化した芝も気にせず、リズムよく進む。直線で先頭に立ってからは後続を突き放し、1馬身1/4差の快勝だ。

 京都芝は8戦6勝と無類の強さ。ただ、鞍上は「相性の良さもあると思いますが、馬も成長しているなと感じました」と充実ぶりを強調し、安達調教師も「今なら他の競馬場でも走ってほしいですね」と目を細めた。

 直行か、前哨戦を挟むかは様子を見て決められるが、今後はヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)が最大目標。格上挑戦ながら7着に健闘した昨年より、ひと回りもふた回りも成長した今年は、胸を張って大舞台へ向かう。 (山口大輝)

★22日京都11R「京都牝馬S」の着順&払戻金はこちら

サウンドキアラ 父ディープインパクト、母サウンドバリアー、母の父アグネスデジタル。鹿毛の牝5歳。栗東・安達昭夫厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は増田雄一氏。戦績16戦6勝。獲得賞金1億6013万5000円。重賞は2020年GIII京都金杯に次いで2勝目。京都牝馬S安達昭夫調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+『輝く』の意味を持つ人名より」。

【京都牝馬S】重賞ラスト騎乗の四位、ショウブで11着 2月23日() 05:04

 29日で引退して調教師に転身する四位騎手がメイショウショウブで現役最後の重賞に挑み11着。果敢に逃げたが、最後は力尽きた。「スタートが良かったし、マイペースでリラックスして走っていました。直線はグッと盛り返してくれたけど、最後はのみ込まれてしまいました。残念です」とサバサバした表情で振り返っていた。

★22日京都11R「京都牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都牝馬S】レースを終えて…関係者談話 2月23日() 05:04

 ◆岩田康騎手(プールヴィル2着)「いいレースをしてくれました。直線は抜け出したと思ったんですが…。悔しいです」

 ◆大野騎手(メイショウグロッケ3着)「距離を短縮してもリズム良く運べました。馬場も苦にせず走れました」

 ◆幸騎手(アマルフィコースト4着)「勝ち馬が動いたときに対応できませんでしたが、その後も詰め寄っています。こういう馬場は合っています」

 ◆和田騎手(シゲルピンクダイヤ7着)「ゲートを出てから、ずっと内にササっていました。最後はきていますが、この馬場で1400メートルでもあったので…」

 ◆北村友騎手(ドナウデルタ13着)「スタートを伸び上がって出てしまった。4コーナーで外へはじかれたし、リズム良く走れませんでした」

★22日京都11R「京都牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都牝馬S】プールヴィルが3戦連続2着 岩田康「いいレースをしてくれた」 2月22日() 20:07

 2月22日の京都11Rで行われた第55回京都牝馬ステークス(GIII、4歳以上オープン、芝・外1400メートル、別定、牝馬限定、17頭立て、1着賞金=3600万円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気サウンドキアラ(5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が重賞連覇。タイムは1分23秒2(重)。



 昨春のフィリーズレビュー以来のタイトルを狙ったプールヴィルは3戦連続の2着。道中は4番手を追走。4コーナーの下り坂を利用して2番手まで追い上げると、直線半ばで逃げたメイショウショウブをとらえ堂々と抜け出すも勝ち馬の決め手に屈して2着。



 岩田康誠騎手「この馬場もこなして、いいレースをしてくれました。直線では抜け出したと思ったんですが…。悔しいです」



★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京都牝馬S】13番人気の伏兵メイショウグロッケが3着 大野「リズム良く運べた」 2月22日() 20:07

 2月22日の京都11Rで行われた第55回京都牝馬ステークス(GIII、4歳以上オープン、芝・外1400メートル、別定、牝馬限定、17頭立て、1着賞金=3600万円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気サウンドキアラ(5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が重賞連覇。タイムは1分23秒2(重)。



 13番人気の伏兵メイショウグロッケは、上々のスタートを切ると好位の馬群でしっかりと折り合い、直線は鞍上の渾身の左ステッキに応えグングン伸びるも3着までが精いっぱいだった。



 大野拓弥騎手「距離短縮でもリズム良く運べました。馬場も苦にせずに走れていました」



★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京都牝馬S】重賞ラスト騎乗の四位メイショウショウブは11着「最後はのみ込まれてしまった」 2月22日() 20:06

 2月22日の京都11Rで行われた第55回京都牝馬ステークス(GIII、4歳以上オープン、芝・外1400メートル、別定、牝馬限定、17頭立て、1着賞金=3600万円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気サウンドキアラ(5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が重賞連覇。タイムは1分23秒2(重)。



 メイショウショウブは、最後の重賞騎乗となった四位洋文騎手が騎乗。発馬後、果敢に飛ばしてハナを主張。直線半ばまで先頭を走り見せ場をつくるも最後は力尽きて11着に敗れた。



 四位洋文騎手「マイペースで力むことなく、リラックスして走っていました。直線ではグッと盛り返してくれたけど、最後はのみ込まれてしまいました。残念です」



★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 360ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


ダイヤモンドS・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

京都牝馬ステークス・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

2月19日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月19日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(190)
閲覧 2,239ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月22日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【馬番別成績(2016年以降)】
●1~9番 [1-0-1-33](3着内率5.7%)
●10~18番 [3-4-3-20](3着内率33.3%)
→近年は二桁馬番の馬が優勢。今開催の馬場を考えても、外寄りの枠に入った馬を重視すべきでしょう。


▼2020年02月22日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [7-3-3-13](複勝率50.0%)
●なし [0-4-4-64](複勝率11.1%)
→実績馬は堅実。一方“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がない、かつ前走の着順が5着以下だった馬は2013年以降[0-1-0-44](3着内率2.2%)と苦戦していました。


▼2020年02月23日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-7-6-19](3着内率47.2%)
●なし [3-0-1-61](3着内率6.2%)
→1800m以上のレースに実績がある馬を重視したいところ。なお“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において連対経験がない、かつ“JRA、かつ左回り、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が2位以内”となった経験のない馬は、2013年以降[0-0-0-52](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 72ビュー

1着:⑰サウンドキアラ
2着:⑨プールヴィル
3着:⑥メイショウグロッケ


私の◎にした③リナーテは12着でした。
1着の⑰サウンドキアラは△
2着の⑨プールヴィルは〇
3着の⑥メイショウグロッケは無印

でした。

買い目は
馬連フォーメーション
③⑨→⑭①⑬⑰
でしたので、予想は、的中しました。(´▽`) ホッ


 まずはに③リナーテに関して。
今日はこれまでの3戦とは違っていましたね。
スタートは良かったですね。早めに行為につけました。
勝負所でも前目につけて直線では、3番手から4番手くらいにいましたが
最後、脚が止まった感じですね。
今日の馬場が合わなかったのか、やや前にいた2着馬に追いつくどころか
離されてしまいました。
武豊騎手はうまく騎乗していたように思いましたが・・・。
やはり馬場が敗因でしょうかね。


1着の⑰サウンドキアラについて
大外枠も関係なかったですね。
好スタートからスムーズに流れに乗れましたね。
直線背は、外から伸び、先に出た2着馬を
最後かわしました。
強い内容だったと思います。
これで重賞連勝で本格化した感じですね。
松山騎手も乗れていますね。


2着の⑨プールヴィルについて。
馬体重がプラス24キロでしたが、結果から見たら
成長分だったいうことでしょうか。
レースはスタートして好位につけました。
直線で逃げ馬をとらえ、一旦は先頭に立ちましたが
最後は勝ち馬に差し切られました。
大健闘の2着だったと思います。
次が試金石となりそうですね。


的中された方々、本当におめでとうございます。

2月22日() 16:50 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2020.02.22[結果]
閲覧 63ビュー

東京11R ダイヤモンドステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 タガノディアマンテ…7着
○ 4 ロサグラウカ…12着
▲ 1 オセアグレイト…3着
△11 タイセイトレイル…5着
×12 ☆ダノンキングダム…15着
[結果:ハズレ×]

京都 4R 障害4歳以上未勝利(混合)
◎ 3 リボンナイト…2着
○11 ウインストラグル…4着
× 7 ☆メイショウバイタル…1着
[結果:アタリ○ 複勝 7 240円、馬連 3-7 890円、ワイド 3-7 440円]

京都 6R 3歳1勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 ★ジャスティンリーチ…10着
○ 9 ジゲン…1着
▲ 2 マジックスピーチ…2着
[結果:アタリ△ ワイド 2-9 230円]

京都11R 京都牝馬ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎ 1 アルーシャ…17着
○17 サウンドキアラ…1着
▲13 ☆シゲルピンクダイヤ…7着
△ 5 リバティハイツ…8着
× 3 リナーテ…12着
× 2 ☆ビーチサンバ…5着
[結果:ハズレ×]

京都12R 4歳以上2勝クラス[指定]
◎ 4 ★キングスクロス…8着
○14 モサ…9着
▲ 2 オノリス…3着
△ 9 マースゴールド…5着
× 3 ☆トップウイナー…2着
☆10 メリッサーニ…4着
[結果:アタリ△ 複勝 3 340円]

小倉 2R 3歳未勝利[指定]
◎ 5 ★ヴェルテックス…3着
○ 6 アイルビーメジャー…7着
▲15 テイエムキズナオー…4着
△12 ケイマジェスティ…中止
× 9 ペオース…1着
[結果:アタリ△ 複勝 5 110円]

小倉 6R 4歳以上1勝クラス[指定]
◎ 5 ★ワンダーラジャ…2着
○ 4 ツーエムアロンソ…1着
[結果:アタリ○ 複勝 5 110円、馬連 4-5 200円、ワイド 4-5 130円、馬単 4→5 440円]

小倉11R 帆柱山特別 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 スズカフェラリー…6着
○ 4 コンパウンダー…1着
▲ 6 ラミエル…3着
△18 マッスルマサムネ…13着
×12 ケイアイサクソニー…4着
×17 ウインスピリタス…5着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
競馬をします。
外には、何をしましょうか?

[今日の結果:8戦2勝3敗3分]
しょぼい結果でした。

[もっと見る]

2月22日() 16:40 正義の魂さん
勝っていたのに
閲覧 79ビュー

東京7Rのグラデュエイトと、東京10Rの
マスターフェンサーの単勝等で、
結構なプラスになっていたのであったが、
その後がまったく続かず、今日の私の
馬券収支は、ほんの少しのプラスにとどまった。

特に、いましがた終わった、東京最終では、
3枠から流していたのに、枠連3-8が
抜けていたという失態であった。

東京メインのダイヤモンドステークスでは、
しんがり人気のミライヘノツバサが、
メイショウテンゲンとの競り合いを
ハナ差制して、番狂わせを演じた。

確かに実力の割には人気がないと
思っていたが、もう7歳で、上がり身も
なかろうと考え、馬券では切ってしまった。

複勝100円でも買っておくべきであったか。

京都牝馬ステークスでは、圧勝した
サウンドキアラは、是非京都のマイルで、
サリオスと戦わせたいものである。

[もっと見る]

2月22日() 11:49 ゼファーさん
第55回 京都牝馬ステークスGⅢ
閲覧 132ビュー

<馬場状態>

コース全体に傷みがあります。
5Rから、雨が降り始めた~

<馬券>

ディメンシオン:◎&〇
アマルフィコースト:▲

△=1~5番人気

[もっと見る]

2月22日() 10:38 una_unaさん
2020京都牝馬ステークス
閲覧 127ビュー

2020京都牝馬ステークス
◎14ドナウデルタ
○2ビーチサンバ
▲16ノーワン
×17サウンドキアラ
△1アルーシャ

[もっと見る]

2月22日() 09:34 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2020.02.22
閲覧 122ビュー

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京11R ダイヤモンドステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 タガノディアマンテ
○ 4 ロサグラウカ
▲ 1 オセアグレイト
△11 タイセイトレイル
×12 ☆ダノンキングダム

京都 4R 障害4歳以上未勝利(混合)
◎ 3 リボンナイト
○11 ウインストラグル
× 7 ☆メイショウバイタル

京都 6R 3歳1勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 ★ジャスティンリーチ
○ 9 ジゲン
▲ 2 マジックスピーチ

京都11R 京都牝馬ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎ 1 アルーシャ
○17 サウンドキアラ
▲13 ☆シゲルピンクダイヤ
△ 5 リバティハイツ
× 3 リナーテ
× 2 ☆ビーチサンバ

京都12R 4歳以上2勝クラス[指定]
◎ 4 ★キングスクロス
○14 モサ
▲ 2 オノリス
△ 9 マースゴールド
× 3 ☆トップウイナー
☆10 メリッサーニ

小倉 2R 3歳未勝利[指定]
◎ 5 ★ヴェルテックス
○ 6 アイルビーメジャー
▲15 テイエムキズナオー
△12 ケイマジェスティ
× 9 ペオース

小倉 6R 4歳以上1勝クラス[指定]
◎ 5 ★ワンダーラジャ
○ 4 ツーエムアロンソ

小倉11R 帆柱山特別 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 スズカフェラリー
○ 4 コンパウンダー
▲ 6 ラミエル
△18 マッスルマサムネ
×12 ケイアイサクソニー
×17 ウインスピリタス

今日は、休みです。
競馬をします。
外には、何をしましょうか?

[もっと見る]

先週の競馬:番組表

開催日
  • 2月22日(
  • 2月23日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 1回東京7日目
  • 2回京都7日目
  • 1回小倉11日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
小倉
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
15
 コパノラクラク
22.2倍 (⑨人気)
2
 ローヌグレイシア
2.2倍 (①人気)
8
 シゲルモクセイ
8.2倍 (③人気)
払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
6
 アブルハウル
2.0倍 (①人気)
11
 ジロー
3.0倍 (②人気) 超凄馬
1
 エムテイフラッシュ
31.2倍 (⑥人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
5
 クールマキシマム
3.0倍 (①人気)
4
 ディアコニア
3.3倍 (②人気)
14
 ナーラック
17.2倍 (⑤人気)
払戻
小倉
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
9
 ペオース
5.2倍 (②人気)
13
 キースローガン
195.0倍 (⑬人気)
5
 ヴェルテックス
1.6倍 (①人気) 極凄馬
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
12
 ファイヤーテーラー
1.5倍 (①人気) 極凄馬
14
 テイエムイダテン
6.9倍 (③人気)
7
 ゴーゴーレイワ
41.5倍 (⑥人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
2
 リュードマン
7.8倍 (④人気)
6
 ロドルフォブレイン
5.0倍 (③人気)
11
 トップリーチ
63.9倍 (⑪人気)
払戻
小倉
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
17
 テイエムミラージュ
19.6倍 (⑧人気)
6
 ゼツエイ
1.9倍 (①人気) 極凄馬
5
 マリスドランジュ
12.5倍 (⑤人気)
払戻
京都
3R
3歳新馬
3歳新馬 ダ1800m
6
 メイショウドヒョウ
4.0倍 (①人気)
15
 アルディフルール
8.1倍 (⑤人気)
11
 ウインアポロン
105.7倍 (⑬人気)
払戻
東京
3R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
15
 プロヴィデンス
4.6倍 (②人気)
12
 ブランクチェック
6.5倍 (④人気)
16
 パルディエス
3.2倍 (①人気)
払戻
小倉
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
8
 シャチ
9.1倍 (⑤人気)
13
 ウインジョイフル
6.5倍 (④人気)
14
 ガリレイ
4.2倍 (②人気)
払戻
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m
7
 メイショウバイタル
5.8倍 (③人気)
3
 リボンナイト
2.7倍 (①人気)
9
 シゲルタケノコ
30.3倍 (⑦人気)
払戻
東京
4R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
16
 パイロテクニクス
2.2倍 (①人気)
7
 シングシングシング
4.1倍 (②人気)
15
 マイネルレンカ
54.7倍 (⑨人気)
払戻
小倉
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
10
 ムーンショット
6.5倍 (③人気)
1
 ウインサンフラワー
11.9倍 (⑥人気)
5
 ヤマカツパトリシア
12.6倍 (⑧人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
11
 ディヴィナシオン
5.2倍 (③人気)
10
 ノルカソルカ
3.3倍 (①人気)
2
 ユピテルルークス
7.1倍 (④人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
14
 クロノメーター
2.9倍 (①人気)
16
 ノーエクスキューズ
8.3倍 (⑤人気)
5
 ロジアイリッシュ
6.7倍 (④人気)
払戻
小倉
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ2400m
4
 ツーエムアロンソ
2.8倍 (②人気)
5
 ワンダーラジャ
1.8倍 (①人気)
3
 オーマオ
7.0倍 (③人気)
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
9
 ジゲン
3.0倍 (①人気)
2
 マジックスピーチ
4.1倍 (③人気)
4
 ファストボウラー
6.8倍 (④人気)
払戻
東京
6R
3歳新馬
3歳新馬 芝1800m
8
 レッドサーシャ
5.8倍 (③人気)
2
 ブラックアモーレ
7.1倍 (⑤人気)
6
 ワーウルフ
2.8倍 (①人気)
払戻
小倉
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
10
 ラシェーラ
9.1倍 (④人気)
14
 ノーブルプルート
16.1倍 (⑦人気)
16
 スーパーノーマル
46.3倍 (⑮人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2400m
6
 レオビヨンド
2.3倍 (①人気)
3
 コパノケネディー
2.8倍 (②人気)
5
 ハギノベルエキプ
4.7倍 (③人気) 超凄馬
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
16
 グラデュエイト
2.1倍 (①人気)
8
 パイオニアバローズ
33.3倍 (⑩人気)
3
 ポップアップスター
5.3倍 (②人気)
払戻
小倉
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1000m
12
 メイショウソウビ
2.9倍 (①人気) 超凄馬
9
 エルズリー
13.0倍 (④人気)
7
 スリーチェイサー
4.3倍 (③人気)
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
5
 コンセッションズ
36.5倍 (⑪人気)
3
 タガノジェロディ
45.6倍 (⑬人気)
6
 エイシンネメシス
7.6倍 (④人気)
払戻
東京
8R
フリージア賞
3歳1勝クラス 芝2000m
3
 サトノフウジン
3.5倍 (②人気)
6
 アメリカンシード
2.2倍 (①人気) 超凄馬
4
 マイネルミンドール
32.1倍 (⑥人気)
払戻
小倉
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2600m
6
 ウインレーヴドール
1.7倍 (①人気)
3
 クルミネイト
13.7倍 (⑤人気)
7
 アドマイヤユラナス
4.7倍 (②人気)
払戻
京都
9R
つばき賞
3歳1勝クラス 芝1800m
8
 マンオブスピリット
3.6倍 (②人気)
1
 ダノンアレー
7.8倍 (④人気)
5
 シルバーエース
8.0倍 (⑤人気)
払戻
東京
9R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1600m
2
 アフターバーナー
9.9倍 (⑤人気)
11
 オンザロックス
7.0倍 (③人気)
10
 セイヴァリアント
3.1倍 (①人気)
払戻
小倉
10R
早鞆特別
4歳以上2勝クラス ダ1700m
1
 サンライズナイト
33.1倍 (⑨人気)
4
 ショウナンパンサー
39.6倍 (⑩人気)
14
 ドルチェリア
6.0倍 (②人気)
払戻
京都
10R
河原町ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1400m
6
 メイショウアリソン
22.2倍 (⑨人気)
3
 ヒルノサルバドール
7.8倍 (②人気)
1
 ハーグリーブス
9.6倍 (③人気)
払戻
東京
10R
金蹄ステークス
4歳以上3勝クラス ダ2100m
10
 マスターフェンサー
1.8倍 (①人気) 超凄馬
2
 ウラノメトリア
6.4倍 (③人気)
14
 アイファーキングズ
5.7倍 (②人気)
払戻
小倉
11R
帆柱山特別
4歳以上2勝クラス 芝1200m
4
 コンパウンダー
5.6倍 (③人気)
14
 ノボベイビー
18.9倍 (⑧人気)
6
 ラミエル
8.5倍 (⑤人気)
払戻
京都
11R
京都牝馬ステークス G3
4歳以上オープン 芝1400m
17
 サウンドキアラ
4.3倍 (①人気)
9
 プールヴィル
12.9倍 (⑥人気)
6
 メイショウグロッケ
48.6倍 (⑬人気)
払戻
東京
11R
ダイヤモンドS G3
4歳以上オープン 芝3400m
16
 ミライヘノツバサ
325.5倍 (⑯人気)
14
 メイショウテンゲン
8.2倍 (③人気)
1
 オセアグレイト
4.9倍 (②人気)
払戻
小倉
12R
八代特別
4歳以上1勝クラス 芝1200m
16
 シルヴェーヌ
9.2倍 (⑤人気)
8
 タンレイ
143.9倍 (⑰人気)
14
 メイショウナスカ
6.2倍 (④人気)
払戻
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
16
 クレスコブレイブ
22.1倍 (⑨人気)
3
 トップウイナー
11.0倍 (⑥人気)
2
 オノリス
3.9倍 (①人気)
払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝1400m
12
 ソーラーフレア
19.1倍 (⑦人気)
3
 スイーズドリームス
3.6倍 (②人気)
7
 エスタジ
2.8倍 (①人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
5
 クールマキシマム
3.0倍 (①人気)
4
 ディアコニア
3.3倍 (②人気)
14
 ナーラック
17.2倍 (⑤人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
2
 リュードマン
7.8倍 (④人気)
6
 ロドルフォブレイン
5.0倍 (③人気)
11
 トップリーチ
63.9倍 (⑪人気)
払戻
東京
3R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
15
 プロヴィデンス
4.6倍 (②人気)
12
 ブランクチェック
6.5倍 (④人気)
16
 パルディエス
3.2倍 (①人気)
払戻
東京
4R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
16
 パイロテクニクス
2.2倍 (①人気)
7
 シングシングシング
4.1倍 (②人気)
15
 マイネルレンカ
54.7倍 (⑨人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
14
 クロノメーター
2.9倍 (①人気)
16
 ノーエクスキューズ
8.3倍 (⑤人気)
5
 ロジアイリッシュ
6.7倍 (④人気)
払戻
東京
6R
3歳新馬
3歳新馬 芝1800m
8
 レッドサーシャ
5.8倍 (③人気)
2
 ブラックアモーレ
7.1倍 (⑤人気)
6
 ワーウルフ
2.8倍 (①人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
16
 グラデュエイト
2.1倍 (①人気)
8
 パイオニアバローズ
33.3倍 (⑩人気)
3
 ポップアップスター
5.3倍 (②人気)
払戻
東京
8R
フリージア賞
3歳1勝クラス 芝2000m
3
 サトノフウジン
3.5倍 (②人気)
6
 アメリカンシード
2.2倍 (①人気) 超凄馬
4
 マイネルミンドール
32.1倍 (⑥人気)
払戻
東京
9R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1600m
2
 アフターバーナー
9.9倍 (⑤人気)
11
 オンザロックス
7.0倍 (③人気)
10
 セイヴァリアント
3.1倍 (①人気)
払戻
東京
10R
金蹄ステークス
4歳以上3勝クラス ダ2100m
10
 マスターフェンサー
1.8倍 (①人気) 超凄馬
2
 ウラノメトリア
6.4倍 (③人気)
14
 アイファーキングズ
5.7倍 (②人気)
払戻
東京
11R
ダイヤモンドS G3
4歳以上オープン 芝3400m
16
 ミライヘノツバサ
325.5倍 (⑯人気)
14
 メイショウテンゲン
8.2倍 (③人気)
1
 オセアグレイト
4.9倍 (②人気)
払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝1400m
12
 ソーラーフレア
19.1倍 (⑦人気)
3
 スイーズドリームス
3.6倍 (②人気)
7
 エスタジ
2.8倍 (①人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
6
 アブルハウル
2.0倍 (①人気)
11
 ジロー
3.0倍 (②人気) 超凄馬
1
 エムテイフラッシュ
31.2倍 (⑥人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
12
 ファイヤーテーラー
1.5倍 (①人気) 極凄馬
14
 テイエムイダテン
6.9倍 (③人気)
7
 ゴーゴーレイワ
41.5倍 (⑥人気)
払戻
京都
3R
3歳新馬
3歳新馬 ダ1800m
6
 メイショウドヒョウ
4.0倍 (①人気)
15
 アルディフルール
8.1倍 (⑤人気)
11
 ウインアポロン
105.7倍 (⑬人気)
払戻
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m
7
 メイショウバイタル
5.8倍 (③人気)
3
 リボンナイト
2.7倍 (①人気)
9
 シゲルタケノコ
30.3倍 (⑦人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
11
 ディヴィナシオン
5.2倍 (③人気)
10
 ノルカソルカ
3.3倍 (①人気)
2
 ユピテルルークス
7.1倍 (④人気)
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
9
 ジゲン
3.0倍 (①人気)
2
 マジックスピーチ
4.1倍 (③人気)
4
 ファストボウラー
6.8倍 (④人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2400m
6
 レオビヨンド
2.3倍 (①人気)
3
 コパノケネディー
2.8倍 (②人気)
5
 ハギノベルエキプ
4.7倍 (③人気) 超凄馬
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
5
 コンセッションズ
36.5倍 (⑪人気)
3
 タガノジェロディ
45.6倍 (⑬人気)
6
 エイシンネメシス
7.6倍 (④人気)
払戻
京都
9R
つばき賞
3歳1勝クラス 芝1800m
8
 マンオブスピリット
3.6倍 (②人気)
1
 ダノンアレー
7.8倍 (④人気)
5
 シルバーエース
8.0倍 (⑤人気)
払戻
京都
10R
河原町ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1400m
6
 メイショウアリソン
22.2倍 (⑨人気)
3
 ヒルノサルバドール
7.8倍 (②人気)
1
 ハーグリーブス
9.6倍 (③人気)
払戻
京都
11R
京都牝馬ステークス G3
4歳以上オープン 芝1400m
17
 サウンドキアラ
4.3倍 (①人気)
9
 プールヴィル
12.9倍 (⑥人気)
6
 メイショウグロッケ
48.6倍 (⑬人気)
払戻
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
16
 クレスコブレイブ
22.1倍 (⑨人気)
3
 トップウイナー
11.0倍 (⑥人気)
2
 オノリス
3.9倍 (①人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
小倉
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
15
 コパノラクラク
22.2倍 (⑨人気)
2
 ローヌグレイシア
2.2倍 (①人気)
8
 シゲルモクセイ
8.2倍 (③人気)
払戻
小倉
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
9
 ペオース
5.2倍 (②人気)
13
 キースローガン
195.0倍 (⑬人気)
5
 ヴェルテックス
1.6倍 (①人気) 極凄馬
払戻
小倉
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
17
 テイエムミラージュ
19.6倍 (⑧人気)
6
 ゼツエイ
1.9倍 (①人気) 極凄馬
5
 マリスドランジュ
12.5倍 (⑤人気)
払戻
小倉
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
8
 シャチ
9.1倍 (⑤人気)
13
 ウインジョイフル
6.5倍 (④人気)
14
 ガリレイ
4.2倍 (②人気)
払戻
小倉
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
10
 ムーンショット
6.5倍 (③人気)
1
 ウインサンフラワー
11.9倍 (⑥人気)
5
 ヤマカツパトリシア
12.6倍 (⑧人気)
払戻
小倉
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ2400m
4
 ツーエムアロンソ
2.8倍 (②人気)
5
 ワンダーラジャ
1.8倍 (①人気)
3
 オーマオ
7.0倍 (③人気)
払戻
小倉
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
10
 ラシェーラ
9.1倍 (④人気)
14
 ノーブルプルート
16.1倍 (⑦人気)
16
 スーパーノーマル
46.3倍 (⑮人気)
払戻
小倉
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1000m
12
 メイショウソウビ
2.9倍 (①人気) 超凄馬
9
 エルズリー
13.0倍 (④人気)
7
 スリーチェイサー
4.3倍 (③人気)
払戻
小倉
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2600m
6
 ウインレーヴドール
1.7倍 (①人気)
3
 クルミネイト
13.7倍 (⑤人気)
7
 アドマイヤユラナス
4.7倍 (②人気)
払戻
小倉
10R
早鞆特別
4歳以上2勝クラス ダ1700m
1
 サンライズナイト
33.1倍 (⑨人気)
4
 ショウナンパンサー
39.6倍 (⑩人気)
14
 ドルチェリア
6.0倍 (②人気)
払戻
小倉
11R
帆柱山特別
4歳以上2勝クラス 芝1200m
4
 コンパウンダー
5.6倍 (③人気)
14
 ノボベイビー
18.9倍 (⑧人気)
6
 ラミエル
8.5倍 (⑤人気)
払戻
小倉
12R
八代特別
4歳以上1勝クラス 芝1200m
16
 シルヴェーヌ
9.2倍 (⑤人気)
8
 タンレイ
143.9倍 (⑰人気)
14
 メイショウナスカ
6.2倍 (④人気)
払戻

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 1回東京8日目
  • 2回京都8日目
  • 1回小倉12日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
小倉
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1000m
2
 テーオープライム
11.1倍 (⑥人気)
5
 シャルロワ
8.0倍 (④人気)
3
 ゴッドカーヌスティ
25.5倍 (⑨人気)
払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
15
 オウケンロジータ
3.4倍 (①人気)
14
 ピエナラプソディ
32.7倍 (⑫人気)
2
 メイショウトラヒメ
10.6倍 (④人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
10
 プリマジア
2.8倍 (①人気)
4
 タイキラッシュ
3.5倍 (②人気)
8
 ダイシンウィット
11.3倍 (⑤人気)
払戻
小倉
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
8
 ニホンピロスクーロ
5.0倍 (③人気)
11
 クリノヴィンセント
2.8倍 (①人気)
14
 メイショウキンカク
4.4倍 (②人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
4
 ワイドソロモン
7.1倍 (④人気)
6
 クリノヴジュアル
2.9倍 (①人気) 超凄馬
14
 ドスハーツ
12.0倍 (⑤人気)
払戻
東京
2R
3歳新馬
3歳新馬 ダ1400m
1
 ミティル
2.0倍 (①人気)
8
 チョーズンワン
9.3倍 (④人気)
11
 ジュンハルト
16.6倍 (⑦人気)
払戻
小倉
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
5
 ソフィアバローズ
6.5倍 (③人気)
11
 スターオブフォース
4.1倍 (②人気)
13
 エールヴィフ
3.5倍 (①人気)
払戻
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
9
 ボルサリーノ
2.1倍 (①人気) 超凄馬
11
 メイショウオーギシ
21.9倍 (⑨人気)
1
 ロワマージュ
21.5倍 (⑧人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
4
 ブレイクザボーダー
10.4倍 (⑤人気)
12
 サイモンルグラン
10.4倍 (⑥人気)
16
 サウンドトラック
8.4倍 (④人気)
払戻
小倉
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
9
 ソツナサ
81.3倍 (⑨人気)
3
 マイネルポインター
10.3倍 (④人気)
10
 サマーエモーション
3.0倍 (②人気)
払戻
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m
12
 トップアスリート
12.5倍 (⑥人気)
8
 ラフレシアレディ
160.4倍 (⑫人気)
2
 タガノアンピール
8.7倍 (⑤人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m
2
 リスペクト
1.6倍 (①人気) 超凄馬
16
 プモリテソーロ
4.5倍 (②人気)
15
 コスモレペティール
72.5倍 (⑧人気)
払戻
小倉
5R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1700m
5
 ダイアナブライト
2.6倍 (①人気)
6
 カグラヒメ
5.2倍 (③人気)
3
 ワインレッドローズ
3.9倍 (②人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
8
 ヴァリッドブラック
4.9倍 (③人気)
14
 ムジカ
2.7倍 (①人気) 超凄馬
1
 ナリタザクラ
7.1倍 (④人気)
払戻
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
1
 オーロラフラッシュ
2.8倍 (②人気)
5
 アオイクレアトール
2.1倍 (①人気)
3
 レッドライデン
11.0倍 (⑤人気)
払戻
小倉
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
8
 ミッキースピリット
4.0倍 (②人気)
11
 クルークヴァール
5.7倍 (③人気)
4
 バカラクイーン
9.2倍 (⑤人気)
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1400m
1
 フィオリキアリ
19.1倍 (⑥人気)
7
 クーファイザナミ
21.7倍 (⑧人気)
9
 メイショウベッピン
27.9倍 (⑨人気)
払戻
東京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ2100m
11
 スタンサンセイ
1.4倍 (①人気) 超凄馬
2
 デストロイ
11.5倍 (④人気)
5
 シャイニーロケット
177.6倍 (⑪人気)
払戻
小倉
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m
7
 マイエンフェルト
9.1倍 (⑤人気)
6
 イルマタル
5.8倍 (③人気)
8
 アトミカ
3.4倍 (①人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
5
 ロングファイナリー
4.0倍 (②人気)
7
 ヒミノブルー
1.7倍 (①人気)
3
 キングサムソン
46.9倍 (⑨人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m
11
 ミスマリア
1.7倍 (①人気)
14
 カナロアガール
18.6倍 (⑥人気)
7
 ミトロジー
5.1倍 (②人気)
払戻
小倉
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
5
 シュリ
1.8倍 (①人気) 超凄馬
8
 マイネルウィルトス
5.3倍 (②人気)
9
 マリノジュリア
42.5倍 (⑪人気)
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
9
 ウェイクール
34.7倍 (⑩人気)
10
 ムーンオブバローダ
20.5倍 (⑨人気)
15
 クリノアントニヌス
106.5倍 (⑫人気)
払戻
東京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝2000m
4
 グレンガリー
7.2倍 (③人気)
1
 アーチキング
9.5倍 (④人気)
7
 コーカス
2.0倍 (①人気) 超凄馬
払戻
小倉
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1700m
9
 キタサンチャンドラ
2.2倍 (①人気)
4
 ファイナルマズル
17.3倍 (⑥人気)
8
 アンシャンテシチー
18.2倍 (⑦人気)
払戻
京都
9R
春日特別
4歳以上2勝クラス 芝1800m
9
 ペガーズ
14.0倍 (④人気)
2
 パトリック
2.3倍 (①人気)
1
 カイザーミノル
3.4倍 (③人気)
払戻
東京
9R
ヒヤシンスステークス L
3歳オープン ダ1600m
3
 カフェファラオ
2.1倍 (①人気)
12
 タガノビューティー
3.1倍 (②人気)
10
 ヤウガウ
6.0倍 (③人気)
払戻
小倉
10R
あざみ賞
3歳1勝クラス 芝1200m
14
 ニシノストーム
45.9倍 (⑭人気)
8
 ジュニパーベリー
9.1倍 (④人気)
10
 ワンダーカタリナ
8.1倍 (③人気)
払戻
京都
10R
斑鳩ステークス
4歳以上3勝クラス 芝1600m
8
 テーオービクトリー
9.5倍 (④人気)
4
 ワンダープチュック
4.4倍 (③人気)
9
 クリアザトラック
17.8倍 (⑦人気)
払戻
東京
10R
アメジストステークス
4歳以上3勝クラス 芝2000m
5
 アトミックフォース
7.0倍 (③人気)
2
 ウインガナドル
9.4倍 (④人気)
10
 レッドサイオン
3.5倍 (②人気)
払戻
小倉
11R
小倉大賞典 G3
4歳以上オープン 芝1800m
2
 カデナ
18.1倍 (④人気)
12
 ドゥオーモ
40.5倍 (⑩人気)
13
 ジナンボー
8.6倍 (②人気)
払戻
京都
11R
大和ステークス
4歳以上オープン ダ1200m
9
 スズカコーズライン
15.5倍 (⑥人気)
6
 ヒデノヴィーナス
11.0倍 (④人気)
5
 テーオーヘリオス
41.0倍 (⑪人気)
払戻
東京
11R
フェブラリーS G1
4歳以上オープン ダ1600m
12
 モズアスコット
2.8倍 (①人気)
15
 ケイティブレイブ
142.6倍 (⑯人気)
9
 サンライズノヴァ
6.8倍 (③人気)
払戻
小倉
12R
皿倉山特別
4歳以上2勝クラス 芝2600m
12
 シャイニーゲール
7.0倍 (④人気)
2
 ヒラボクメルロー
4.2倍 (②人気)
11
 サトノシャーク
4.9倍 (③人気)
払戻
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m
5
 タガノプレトリア
3.6倍 (①人気)
9
 ボンディマンシュ
4.2倍 (③人気)
15
 ケイアイターコイズ
3.9倍 (②人気)
払戻
東京
12R
大島特別
4歳以上2勝クラス ダ1400m
4
 コーラルプリンセス
5.6倍 (③人気)
8
 ドウドウキリシマ
7.5倍 (④人気)
3
 スズカゴーディー
27.6倍 (⑩人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
10
 プリマジア
2.8倍 (①人気)
4
 タイキラッシュ
3.5倍 (②人気)
8
 ダイシンウィット
11.3倍 (⑤人気)
払戻
東京
2R
3歳新馬
3歳新馬 ダ1400m
1
 ミティル
2.0倍 (①人気)
8
 チョーズンワン
9.3倍 (④人気)
11
 ジュンハルト
16.6倍 (⑦人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
4
 ブレイクザボーダー
10.4倍 (⑤人気)
12
 サイモンルグラン
10.4倍 (⑥人気)
16
 サウンドトラック
8.4倍 (④人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m
2
 リスペクト
1.6倍 (①人気) 超凄馬
16
 プモリテソーロ
4.5倍 (②人気)
15
 コスモレペティール
72.5倍 (⑧人気)
払戻
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
1
 オーロラフラッシュ
2.8倍 (②人気)
5
 アオイクレアトール
2.1倍 (①人気)
3
 レッドライデン
11.0倍 (⑤人気)
払戻
東京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ2100m
11
 スタンサンセイ
1.4倍 (①人気) 超凄馬
2
 デストロイ
11.5倍 (④人気)
5
 シャイニーロケット
177.6倍 (⑪人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m
11
 ミスマリア
1.7倍 (①人気)
14
 カナロアガール
18.6倍 (⑥人気)
7
 ミトロジー
5.1倍 (②人気)
払戻
東京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝2000m
4
 グレンガリー
7.2倍 (③人気)
1
 アーチキング
9.5倍 (④人気)
7
 コーカス
2.0倍 (①人気) 超凄馬
払戻
東京
9R
ヒヤシンスステークス L
3歳オープン ダ1600m
3
 カフェファラオ
2.1倍 (①人気)
12
 タガノビューティー
3.1倍 (②人気)
10
 ヤウガウ
6.0倍 (③人気)
払戻
東京
10R
アメジストステークス
4歳以上3勝クラス 芝2000m
5
 アトミックフォース
7.0倍 (③人気)
2
 ウインガナドル
9.4倍 (④人気)
10
 レッドサイオン
3.5倍 (②人気)
払戻
東京
11R
フェブラリーS G1
4歳以上オープン ダ1600m
12
 モズアスコット
2.8倍 (①人気)
15
 ケイティブレイブ
142.6倍 (⑯人気)
9
 サンライズノヴァ
6.8倍 (③人気)
払戻
東京
12R
大島特別
4歳以上2勝クラス ダ1400m
4
 コーラルプリンセス
5.6倍 (③人気)
8
 ドウドウキリシマ
7.5倍 (④人気)
3
 スズカゴーディー
27.6倍 (⑩人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
15
 オウケンロジータ
3.4倍 (①人気)
14
 ピエナラプソディ
32.7倍 (⑫人気)
2
 メイショウトラヒメ
10.6倍 (④人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
4
 ワイドソロモン
7.1倍 (④人気)
6
 クリノヴジュアル
2.9倍 (①人気) 超凄馬
14
 ドスハーツ
12.0倍 (⑤人気)
払戻
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
9
 ボルサリーノ
2.1倍 (①人気) 超凄馬
11
 メイショウオーギシ
21.9倍 (⑨人気)
1
 ロワマージュ
21.5倍 (⑧人気)
払戻
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m
12
 トップアスリート
12.5倍 (⑥人気)
8
 ラフレシアレディ
160.4倍 (⑫人気)
2
 タガノアンピール
8.7倍 (⑤人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
8
 ヴァリッドブラック
4.9倍 (③人気)
14
 ムジカ
2.7倍 (①人気) 超凄馬
1
 ナリタザクラ
7.1倍 (④人気)
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1400m
1
 フィオリキアリ
19.1倍 (⑥人気)
7
 クーファイザナミ
21.7倍 (⑧人気)
9
 メイショウベッピン
27.9倍 (⑨人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
5
 ロングファイナリー
4.0倍 (②人気)
7
 ヒミノブルー
1.7倍 (①人気)
3
 キングサムソン
46.9倍 (⑨人気)
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
9
 ウェイクール
34.7倍 (⑩人気)
10
 ムーンオブバローダ
20.5倍 (⑨人気)
15
 クリノアントニヌス
106.5倍 (⑫人気)
払戻
京都
9R
春日特別
4歳以上2勝クラス 芝1800m
9
 ペガーズ
14.0倍 (④人気)
2
 パトリック
2.3倍 (①人気)
1
 カイザーミノル
3.4倍 (③人気)
払戻
京都
10R
斑鳩ステークス
4歳以上3勝クラス 芝1600m
8
 テーオービクトリー
9.5倍 (④人気)
4
 ワンダープチュック
4.4倍 (③人気)
9
 クリアザトラック
17.8倍 (⑦人気)
払戻
京都
11R
大和ステークス
4歳以上オープン ダ1200m
9
 スズカコーズライン
15.5倍 (⑥人気)
6
 ヒデノヴィーナス
11.0倍 (④人気)
5
 テーオーヘリオス
41.0倍 (⑪人気)
払戻
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m
5
 タガノプレトリア
3.6倍 (①人気)
9
 ボンディマンシュ
4.2倍 (③人気)
15
 ケイアイターコイズ
3.9倍 (②人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
小倉
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1000m
2
 テーオープライム
11.1倍 (⑥人気)
5
 シャルロワ
8.0倍 (④人気)
3
 ゴッドカーヌスティ
25.5倍 (⑨人気)
払戻
小倉
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
8
 ニホンピロスクーロ
5.0倍 (③人気)
11
 クリノヴィンセント
2.8倍 (①人気)
14
 メイショウキンカク
4.4倍 (②人気)
払戻
小倉
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
5
 ソフィアバローズ
6.5倍 (③人気)
11
 スターオブフォース
4.1倍 (②人気)
13
 エールヴィフ
3.5倍 (①人気)
払戻
小倉
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
9
 ソツナサ
81.3倍 (⑨人気)
3
 マイネルポインター
10.3倍 (④人気)
10
 サマーエモーション
3.0倍 (②人気)
払戻
小倉
5R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1700m
5
 ダイアナブライト
2.6倍 (①人気)
6
 カグラヒメ
5.2倍 (③人気)
3
 ワインレッドローズ
3.9倍 (②人気)
払戻
小倉
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
8
 ミッキースピリット
4.0倍 (②人気)
11
 クルークヴァール
5.7倍 (③人気)
4
 バカラクイーン
9.2倍 (⑤人気)
払戻
小倉
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m
7
 マイエンフェルト
9.1倍 (⑤人気)
6
 イルマタル
5.8倍 (③人気)
8
 アトミカ
3.4倍 (①人気)
払戻
小倉
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
5
 シュリ
1.8倍 (①人気) 超凄馬
8
 マイネルウィルトス
5.3倍 (②人気)
9
 マリノジュリア
42.5倍 (⑪人気)
払戻
小倉
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1700m
9
 キタサンチャンドラ
2.2倍 (①人気)
4
 ファイナルマズル
17.3倍 (⑥人気)
8
 アンシャンテシチー
18.2倍 (⑦人気)
払戻
小倉
10R
あざみ賞
3歳1勝クラス 芝1200m
14
 ニシノストーム
45.9倍 (⑭人気)
8
 ジュニパーベリー
9.1倍 (④人気)
10
 ワンダーカタリナ
8.1倍 (③人気)
払戻
小倉
11R
小倉大賞典 G3
4歳以上オープン 芝1800m
2
 カデナ
18.1倍 (④人気)
12
 ドゥオーモ
40.5倍 (⑩人気)
13
 ジナンボー
8.6倍 (②人気)
払戻
小倉
12R
皿倉山特別
4歳以上2勝クラス 芝2600m
12
 シャイニーゲール
7.0倍 (④人気)
2
 ヒラボクメルロー
4.2倍 (②人気)
11
 サトノシャーク
4.9倍 (③人気)
払戻

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2020年2月23日、集計数:37,431レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 モズアスコット 牡6
41,171万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る