今週の競馬:注目レース

  • ヴィクトリア G1
    5/16(
  • 京王杯SC G2
    5/15(
  • 京都ハイJ J G2
    5/15(
  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

★昨年1~3着独占のロードカナロア産駒 今年はグルーヴィットなど4頭が登録/京王杯SC



 15日の東京では京王杯SCが実施される。同レースは安田記念の前哨戦として位置づけられており、1着馬には安田記念の優先出走権が与えられる。今年はGI馬のセイウンコウセイ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)、ラウダシオン(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)など19頭が登録しているが、どのような結果になるだろうか。



 昨年の京王杯SCダノンスマッシュが1着、ステルヴィオが2着、グルーヴィットが3着に入り、3頭出走したロードカナロア産駒が1~3着を独占した。今年の京王杯SCには、昨年3着のグルーヴィット(牡5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、マイラーズC3着のカイザーミノル(牡5歳、栗東・北出成人厩舎)を含む4頭のロードカナロア産駒が登録しているが、今年も好成績を挙げることができるかどうか。なお、グルーヴィットには石橋脩騎手、カイザーミノルにはJRA重賞初勝利がかかる荻野極騎手が騎乗する予定。



★平地&障害双方での重賞V狙うトラスト 障害競走歴代最多勝が迫る熊沢騎手が騎乗予定/京都ハイジャンプ



 2016年札幌2歳S以来の重賞制覇を狙うトラスト(牡7歳、栗東・長谷川浩大厩舎)が、京都ハイジャンプに登録している。同馬は障害競走で通算8戦4勝という成績を残しており、今回が4回目の障害重賞挑戦となる。平地&障害双方で重賞を勝てば、昨年の阪神ジャンプS京都ジャンプSを制したタガノエスプレッソ(2014年デイリー杯2歳S勝ち馬)以来で、史上14頭目となるが、トラスト札幌2歳Sから重賞勝利間隔「4年8カ月11日」での重賞制覇となるかどうか。Vなら、同馬を管理する長谷川浩大調教師はJRA重賞初制覇となる。



 トラストに騎乗予定の熊沢重文騎手には歴代最多タイの京都ハイジャンプ5勝目がかかる。同騎手は障害競走で通算251勝を挙げており、星野忍元騎手が持つ障害競走歴代最多勝記録(254勝)の更新も迫っているが、マドリードカフェで制した2017年以来、4年ぶりの京都ハイジャンプ制覇を遂げることができるかどうか。



★リーディング首位に立った友道康夫調教師 3週連続JRA重賞制覇&JRA重賞通算50勝なるか



 友道康夫調教師は、5月2日の天皇賞・春ワールドプレミア)→8日の京都新聞杯レッドジェネシス)と2週連続でJRA重賞を制しており、16日のヴィクトリアマイルでは自身初の3週連続JRA重賞制覇がかかる。同調教師は先週のJRA競走で3勝を挙げ、調教師リーディングで首位に立ったが、今週も重賞を制すことができるかどうか。なお、同調教師は、ヴィクトリアマイルデゼル(4歳)、ランブリングアレー(5歳)の“2頭出し”で挑む予定で、VならJRA重賞通算50勝となる。



 また、調教師リーディング2位の矢作芳人調教師もJRA重賞通算50勝まであと1勝となっている。同調教師は16日の京王杯SCミッキーブリランテ(牡5歳)を登録しているが、節目の重賞制覇を遂げることができるかどうか。なお、同馬に騎乗予定の和田竜二騎手はJRA重賞通算50勝まであと2勝に迫り、16日のヴィクトリアマイルではシゲルピンクダイヤ(5歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)に騎乗する予定。



京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★京都ハイジャンプの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★【京王杯SC】レース展望



★【ヴィクトリアM】グランアレグリアの1強ムードに待ったをかけるのは?春の古馬マイル女王決定戦の注目点はこちら!★【ヴィクトリアM】レース展望

【ヴィクトリア】グランアレグリアの1強ムードに待ったをかけるのは?春の古馬マイル女王決定戦の注目点はこちら! 5月12日(水) 10:56

★JRA・GI5勝目を狙うグランアレグリア “古馬の芝マイルGI”完全制覇なるか



 グランアレグリア(5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、ヴィクトリアマイルでJRA・GI5勝目を狙う。同馬は2019年の桜花賞、昨年の安田記念スプリンターズSマイルCSと4つのGIタイトルを獲得しており、2020年度JRA賞最優秀短距離馬を受賞した。グランアレグリアはデビュー以来初めての芝2000メートル戦出走となった前走の大阪杯では4着に敗れたが、重賞4勝を挙げている芝1600メートル戦で巻き返すことができるかどうか。Vなら、ヴィクトリアマイルが創設された2006年以降では初となる“古馬の芝マイルGI”3競走の完全制覇となる。なお、グランアレグリアにはヴィクトリアマイル連覇がかかるC.ルメール騎手が騎乗する予定。



ダノンファンタジーレシステンシア 阪神JF以来のGI制覇なるか



 2018年のJRA賞最優秀2歳牝馬ダノンファンタジー(5歳、栗東・中内田充正厩舎)、2019年のJRA賞最優秀2歳牝馬レシステンシア(4歳、栗東・松下武土厩舎)は、いずれも2歳時の阪神JF以来となるJRA・GI制覇がかかる。ダノンファンタジーレシステンシアは今年、阪急杯高松宮記念と同じローテーションを歩んでおり、阪急杯ではレシステンシアが1着、ダノンファンタジーが5着、高松宮記念ではレシステンシアが2着、ダノンファンタジーが12着という結果だった。阪神JF勝ち馬がヴィクトリアマイルを勝てば、2011年アパパネ以来、10年ぶり4頭目となるが、ダノンファンタジーレシステンシアは久々のGI制覇を遂げることができるかどうか。なお、ダノンファンタジーが勝てば阪神JF以来、勝利間隔「2年5カ月6日」でのGI勝利となり、グレード制が導入された1984年以降、牝馬のGI勝利間隔としては最長となる。



★今年の“古馬牝馬重賞”勝ち馬がすべて参戦 13年ぶりのV狙う社台ファーム生産馬に注目



 ヴィクトリアマイルには、今年実施された“古馬牝馬重賞”5レースの勝ち馬すべてが出走する予定。愛知杯の実施時期が1月になった2016年以降、ヴィクトリアマイルに同年の“古馬牝馬重賞”5レースの勝ち馬がすべて顔を揃えるのは初めてのこととなるが、ヴィクトリアマイルはどのような結果になるだろうか。なお、今年の“古馬牝馬重賞”勝ち馬を見ると、マジックキャッスル愛知杯)、ランブリングアレー中山牝馬S)、デゼルサンスポ杯阪神牝馬S)と社台ファームの生産馬が3勝を挙げている。



 ヴィクトリアマイルには、サウンドキアラ(6歳、栗東・安達昭夫厩舎)、デゼル(4歳、栗東・友道康夫厩舎)、プールヴィル(5歳、栗東・庄野靖志厩舎)、マジックキャッスル(4歳、美浦・国枝栄厩舎)、ランブリングアレー(5歳、栗東・友道康夫厩舎)と5頭の社台ファーム生産馬が登録している。同牧場は、ヴィクトリアマイルが創設された2006年から2008年まで3年連続で同レースを制して以来、勝利を挙げていないが、13年ぶりに勝利を挙げることができるかどうか。Vなら、社台ファーム生産馬のJRA・GI制覇は2018年のフェブラリーSノンコノユメ)以来、3年ぶりとなる。



★登録馬20頭中10頭がディープインパクト産駒 歴代最多タイのヴィクトリアマイル4勝目なるか



 今年のヴィクトリアマイルには20頭の登録があるが、そのうちの10頭がディープインパクト産駒。同産駒はGI馬のグランアレグリア(5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、ダノンファンタジー(5歳、栗東・中内田充正厩舎)、昨年2着のサウンドキアラ(6歳、栗東・安達昭夫厩舎)などが登録しているが、2018年ジュールポレール以来3年ぶりのヴィクトリアマイル制覇を遂げることができるかどうか。ディープインパクト産駒が勝てば、フジキセキ産駒と並ぶ同レース最多タイのヴィクトリアマイル4勝目となる。



 なお、サウンドキアラは今年の登録馬で唯一の6歳馬。同馬は2019年(7着)、2020年(2着)に続く3年連続のヴィクトリアマイル参戦だが、三度目の正直で勝利を挙げることができるかどうか。ヴィクトリアマイルを6歳以上馬が勝てば、2015年(6歳)、16年(7歳)に連覇したストレイトガール以来2頭目となる。



★4連勝でダービー卿CTを制覇 勢いに乗るテルツェットがGI初挑戦



 テルツェット(4歳、美浦・和田正一郎厩舎)は、村上特別→国立特別→節分S→ダービー卿CTと芝1600メートル戦で連勝を続けており、今回がGI初挑戦となる。同馬の通算成績は6戦5勝で、キャリア7戦目でヴィクトリアマイルを勝てばレース史上最少キャリアでの勝利となるが、テルツェットは連勝の勢いをGIの舞台でも発揮することができるかどうか。同馬にはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。なお、テルツェットを管理する和田正一郎調教師は、オジュウチョウサンで障害レースの最高峰であるJ・GIを7勝しているが、平地のGI競走挑戦はオジュウチョウサンで挑んだ2018年有馬記念(9着)以来で、今回が2回目となる。



国枝栄調教師&友道康夫調教師 歴代最多タイのヴィクトリアマイル3勝目なるか



 マジックキャッスル(4歳)を登録している国枝栄調教師と、デゼル(4歳)、ランブリングアレー(5歳)を登録している友道康夫調教師には、藤原英昭調教師に並ぶ歴代最多タイのヴィクトリアマイル3勝目がかかる。国枝調教師は昨年に続く連覇、友道調教師には2014年以来7年ぶりの勝利がかかるが、3度目のヴィクトリアマイル制覇を遂げることができるかどうか。なお、3頭はいずれも今年の“古馬重賞勝ち馬”で、マジックキャッスル愛知杯デゼルサンスポ杯阪神牝馬Sランブリングアレー中山牝馬Sを制している。



 国枝調教師はJRA・GI通算19勝、牝馬限定JRA・GIは現役トップの9勝を挙げており、ヴィクトリアマイルを勝てば、グレード制が導入された1984年以降で4人目のJRA・GI通算20勝、牝馬限定JRA・GIはグレード制が導入された1984年以降で松田博資元調教師以来2人目の10勝到達となる。また、友道調教師は5月10日現在、JRA通算600勝、JRA重賞49勝を挙げており、JRA重賞通算50勝まであと1勝に迫っている。



高橋祥泰調教師はスマイルカナを登録 25年ぶりのJRA・GI制覇なるか



 スマイルカナ(4歳)を管理する高橋祥泰調教師には、1996年のNHKマイルC(タイキフォーチュン)以来のJRA・GI制覇がかかる。同調教師は1983年に厩舎を開業しており、今年が39年目と現役調教師で最長のキャリアを誇る。高橋祥泰調教師は来年2月末に定年を迎えるため、残る調教師生活は約10力月となったが、ヴィクトリアマイルで久々のビッグタイトルを手にすることができるかどうか。Vなら、同調教師の1996年NHKマイルCからのJRA・GI勝利間隔は「25年0カ月3日」となり、グレード制が導入された1984年以降で最も間隔の長いJRA・GI勝利となる。



 スマイルカナの通算成績は13戦5勝だが、5勝はすべて芝1600メートル戦で挙げており、同距離でフェアリーS1着、ターコイズS1着、桜花賞3着などの成績を残している。スマイルカナは前走のダービー卿CTでは15頭立ての14着に敗れているが、GIの舞台で巻き返すことができるかどうか。なお、同馬には柴田大知騎手が騎乗する予定。



★逃げ切り勝ちで今年の“古馬牝馬重賞”V イベリスディアンドルの戦法に注目



 イベリス(5歳、栗東・角田晃一厩舎)、ディアンドル(5歳、栗東・奥村豊厩舎)はいずれも2019年スプリンターズS以来のGI挑戦となる。イベリスは2019年のアーリントンC以降、ディアンドルは2019年の葵S以降勝利から遠ざかっていたが、今年に入りイベリス京都牝馬Sディアンドル福島牝馬Sを制した。イベリスディアンドルはいずれも逃げ切り勝ちで久々の勝利を挙げており、今回の戦法が注目されるが、2頭は久々の大舞台でどのような走りを見せるだろうか。なお、イベリスを管理する角田晃一調教師、ディアンドルを管理する奥村豊調教師にはJRA・GI初勝利がかかる。



★牝馬限定JRA・GI完全制覇狙う福永祐一騎手 斎藤新騎手、団野大成騎手は最年少Vに挑戦



 リアアメリア(4歳、栗東・中内田充正厩舎)に騎乗予定の福永祐一騎手は、ヴィクトリアマイルを勝てば、武豊騎手、蛯名正義騎手、C.ルメール騎手に続く4人目の現在実施している牝馬限定JRA・GIの完全制覇となる。福永騎手はヴィクトリアマイル創設以来、2017年を除くすべての年で騎乗しており、同レースの最多騎乗回数を記録している。同騎手は5月10日現在、JRA・GI29勝を挙げ、グレード制が導入された1984年以降で5人目のJRA・GI通算30勝に王手をかけているが、ヴィクトリアマイル初制覇となるかどうか。



 また、クリスティ(4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)に騎乗予定の斎藤新騎手、ディアンドル(5歳、栗東・奥村豊厩舎)に騎乗予定の団野大成騎手にはヴィクトリアマイル最年少優勝がかかる。同レースの最年少優勝記録は松岡正海騎手(2007年)の「22歳9カ月26日」で、レース当日の年齢が20歳3カ月8日の斎藤騎手、20歳10カ月25日の団野騎手が勝てば、同記録を更新する。斎藤騎手、団野騎手はどちらも今回が4回目のJRA・GI騎乗となるが、ヴィクトリアマイルでJRA・GI初制覇を遂げることができるかどうか。



★今年は関東馬8頭、関西馬12頭が登録 創設以来初の関東馬3連勝なるか



 ヴィクトリアマイルは2006年に創設され、今年が16回目となる。過去15回の優勝馬の所属を見ると、関東馬が6勝、関西馬が9勝で関西馬が勝ち越しているが、2019、20年と関東馬が現在2連勝中。今年のヴィクトリアマイルには、関東馬8頭、関西馬12頭の計20頭が登録しているが、勝利を挙げるのはどの馬だろうか。なお、今年も関東馬が勝てば、創設以来初の3連勝となる。



 また、ヴィクトリアマイルでは1番人気馬の勝利は4回にとどまっており、フタ桁人気馬の好走も多く見られる。2015年には12番人気のケイアイエレガントが2着、18番人気のミナレットが3着に入り、3連単の払戻金はJRA・GI史上最高の2070万5810円を記録した。今年の“古馬牝馬重賞”5レースの結果を見ると、1番人気馬が勝利を挙げたのはサンスポ杯阪神牝馬Sだけだが、ヴィクトリアマイルはどのような結果になるだろうか。



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★【ヴィクトリアM】レース展望

[もっと見る]

【ヴィクトリア】ルメール太鼓判!アレグリア12秒7 5月12日(水) 10:32

 大阪杯4着からの巻き返しを狙う昨年の最優秀短距離馬グランアレグリアは、ルメール騎手を背に美浦Wコースへ。先行したレッドサイオンの内に入れると、馬なりのまま6F82秒1、3F37秒9-12秒7で併入した。

 「最初は我慢していたけど、3~4コーナーから自分から行き出して、元気ですね。すごくいい追い切りでした」と、満足の笑みを見せるルメール。前走の敗因は「距離は大丈夫だし、(悪い)馬場でもフットワークは良かった。でもその両方のコンビネーションが悪かった」と説明し、「今回は1600メートルなのでいい結果が出せると思う」と自信の表情だった。(夕刊フジ)



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ヴィクトリア】レシステンシア鋭伸11秒7 5月12日(水) 10:32

 初の6Fだった高松宮記念で2着になったレシステンシアが、昨年のNHKマイルC2着の舞台に戻る。栗東坂路で単走。滑らかなフットワークで14秒8-13秒7-12秒7とペースを上げ、ラスト1Fも手綱は絞られたまま11秒7とシャープに伸びた。

 「前走時の最終追いと同じように申し分ない動き。この春はいい状態をキープしている。逃げ先行型が多いが、マイルでリズム良く行けば、前走よりも前めにはなる。マイルCS(8着)でグランアレグリアにつけられた差をどれだけ縮められるか」と、松下調教師は逆転を期待している。(夕刊フジ)



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ヴィクトリア】デゼル坂路で馬なり、気配上々 5月12日(水) 10:31

 デゼルは連勝で前走のサンスポ杯阪神牝馬Sを制覇。オークスで2番人気(11着)になった性能を改めてアピールした。栗東坂路で単走。終始馬なりでラスト2Fは13秒4-13秒2と、ゆったりと仕上げた。

 「先週(川田)ジョッキーに乗ってもらい、CWコース併せ馬でしっかり負荷をかけたので、けさは坂路で息を整える程度。リズム良く走っていたし、息づかいもいい。マイルは少し短めだが、阪神より東京のほうが競馬はしやすい」と友道調教師。本格化した逸材に期待は高まるばかりだ。(夕刊フジ)



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ヴィクトリア】ランブリングCWでソフト仕上げ 5月12日(水) 10:30

 道悪の中山牝馬Sを差し切ったランブリングアレーは、栗東CWコースでの単走。1週前にビッシリ追い、直前はソフトに仕上げるいつもどおりのパターンだ。

 「3、4歳時は気持ちの面でモロかったのが、ここへきてしっかりしてきた。マイルは少し忙しそうだけど、東京なら競馬はしやすいと思う」と友道調教師。勢いは侮れない。(夕刊フジ)



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 337ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、都大路ステークス・京王杯スプリングカップ・青竜ステークス・栗東ステークス・ヴィクトリアマイルの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年05月15日(土) 中京11R 都大路ステークス
【馬齢別成績(2017年以降)】
●4歳 [0-0-0-8](3着内率0.0%)
●5~6歳 [3-3-4-19](3着内率34.5%)
●7歳以上 [1-1-0-11](3着内率15.4%)
→4歳勢は期待を裏切りがち。なお、馬齢が7歳以上、かつ前走の着順が7着以下だった馬も2017年以降[0-0-0-11](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中京芝2000m×ダイワメジャー×前走4角5番手以下
→3着内率42.9%、複勝回収率266%


▼2021年05月15日(土) 東京11R 京王杯スプリングカップ
【前走の条件別成績(2014年以降)】
●重賞 [6-7-6-55](3着内率25.7%)
●重賞以外 [1-0-1-32](3着内率5.9%)
→臨戦過程がポイント。オープン特別や条件クラスのレースを経由してきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。


▼2021年05月16日(日) 東京10R 青竜ステークス

[もっと見る]

5月10日(月) 10:23 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】ヴィクトリアマイル2021・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 591ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第16回 ヴィクトリアマイル GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

5月9日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年05月09日号】特選重賞データ分析編(253)~2021年ヴィクトリアマイル
閲覧 1,529ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 ヴィクトリアマイル 2021年05月16日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2017年以降)】
○13戦以内 [4-3-2-25](3着内率26.5%)
×14戦以上 [0-1-2-32](3着内率8.6%)

 キャリアの浅い馬が優勢。出走数が14戦以上だった馬はあまり上位に食い込めていません。古牝馬限定のレースですし、今年も比較的若い馬を重視すべきでしょう。

主な「○」該当馬→スマイルカナデゼルテルツェットリアアメリア
主な「×」該当馬→イベリスサウンドキアラ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年の阪神牝馬ステークス”において7着以内となった経験がある」馬は2017年以降[2-3-3-11](3着内率42.1%)
主な該当馬→イベリスデゼル

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 20ビュー

ヴィクトリアマイル

コラムの【注目馬】

△ランブリングアレー
吉田隼騎手とのコンビ。友道厩舎とのタッグでは昨年以降、【10・4・2・24】で単勝回収率211%をマークしているだけに要注意だ

△デゼル
1800メートル以下で負けなし。舞台設定は絶好だ

△テルツェット
破竹の4連勝でダービー卿CTを制した。小柄なだけに初めて背負う55キロが鍵だが、勢いは侮れない

◎グランアレグリア
→○▲☆→△△△△

5月12日(水) 23:12 ちびざるさん
【雑感】ディープポンドの凱旋門賞挑戦について・・・。
閲覧 58ビュー

先週の日曜のメインからNHKマイルカップを回顧。
勝ったのは、シュネルマイスターでした。
五分のスタートから道中は中団やや後ろを追走。
勝負所でペースを上げて直線へ。
直線では、一完歩ずつ差を詰め、ゴール前でキッチリ差し切りました。
3歳マイル王にはなったものの秋に古馬一線級との対戦で
どれだけの通用するのかという点。
現状では何か足りない気がします。
ひと夏越してどういう成長を遂げるかですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、ディープポンドの凱旋門賞挑戦について。
先の天皇賞春で2着だったディープポンドが凱旋門賞に挑戦するという記事が出ていました。
このコロナ渦の中、良く決断したと思います。
海外遠征もなかなか難しい時なので、日本馬の参戦はうれしいことですね。
ただ、個人的には、クリンチャー臭がしてならないのが現状。
このイメージを払拭してほしいものです。
そのためには、まず、前哨戦を勝ってほしいですね。(ここは2着ではダメなんです。(笑))
前哨戦を勝って初めて勝負のスタートラインに立てると思っています。
脚質的には期待したいですね。3番手辺りを追走して直線で抜け出すのが理想です。
まずは、うまく調整をしてもらった上で、コロナが収束に向かっていることが前提の話ですね。


最後に、ヴィクトリアマイルについて。現時点での私の注目馬は、リアアメリアですね。
(本来なら、前年のアーモンドアイに続いて、グランアレグリア1強でいいのですが・・・。(^^;)
前走の阪神牝馬ステークスは9着でした。
前々走の中山牝馬ステークスも7着と凡走が続いていますが、
現状は左回りに良績があるので、前2走の右回りは凡走でも仕方ないかな・・・と思っています。
しかも前走は出遅れてしまったことも重なってのもの。
今回、ようやく願ってた左回りのマイル戦。(マイル戦でなくても良かったのですが・・。)
しかも今回は、これまでの気性を考慮してのソフトな調教ではなく
強めに追っているのは、プラスになると思います。
あとは輸送もあるので、当日のパドックの雰囲気次第ですね。
もう一つは、出来れば内枠が欲しいところですね。
条件が揃えば、走ってもおかしくはないと思います。

[もっと見る]

5月12日(水) 20:30 ヒロポン1215さん
マイル繋がりで~
閲覧 114ビュー

今週末はヴィクトリアマイルなんだけどマイル繋がりでマイルチャンピオンシップのオグリvsバンブーの激闘を思い出した、一度は離されかけたオグリがゴール直前に差し返しす、あれは離された時点で終わりのレースだったのに再度、加速するオグリにビックリしました。こういう競馬をする馬が海外に、もう1頭いたんだよな~。たしか凱旋門だったと思うけど馬の名前までは出てこない。圧勝も見応えあるけど一騎打ちも見応えあるよね、さて今年のヴィクトリアマイルは、どっち寄りのレースになるだろう??

[もっと見る]

5月12日(水) 20:08 浪花のクマさん
今週の武豊J騎乗予定馬(想定)
閲覧 80ビュー


今週は土曜、中京、日曜は東京で騎乗予定です!

5/15(土)中京
② レーニア (3歳未勝利)
③ クリノドラゴン (3歳未勝利)
⑤ ヘネラルカレーラ (3歳未勝利)
⑦ サウンドプリズム (4歳以上1勝クラス)
⑨ アルバーシャ (あずさ賞) ⑦
⑩ ロワマージュ (遠州灘ステークス) ①
⑪ マイラプソディ (都大路ステークス)(L) ②
⑫ テンテキセンセキ (4歳以上2勝クラス)

5/16(日)東京
⑩ ゲンパチフォルツァ (青竜ステークス) ④
⑪ レシステンシア (第16回 ヴィクトリアマイル)(GⅠ) ②
⑫ デピュティプライム (BSイレブン賞) ⑰

[もっと見る]

5月12日(水) 13:11 グラニースミスさん
Vマイル・イヴ ~京王杯スプリングカップ~
閲覧 203ビュー

先週3重賞は、JRA注目馬が完全掲載
あらためてスゴイ威力
でもスゴイのはオレじゃなくて、JRAのHP(笑)

安田記念 = マイラーズC ・ 京王杯SC
マイルCS = スワンS ・ 富士S
昨年、富士SがGⅡ昇格で、マイルGⅠ戦の前哨戦はすべてGⅡになった

そうしたら4/18 JRA発表
【旧】 毎日放送賞スワンステークス(GⅡ)
【新】 MBS賞スワンステークス(GⅡ)
京王杯と同じ1,400mGⅡ戦のひっそり名称変更
なんかあるんですかねぇ?

その古馬1,400mGⅡ戦
京王杯SC → ヴィクトリアマイル前日
スワンS → 天皇賞(秋)前日
阪神カップ → 有馬記念前日
土曜重賞かぁ~

【昨年の京王杯SC 注目馬の結果】
1着 ダノンスマッシュ (注目馬) (土)オーシャンGⅢ①
2着 ステルヴィオ (注目馬)  (土)サウジRC GⅢ②
3着 グルーヴィット (掲載なし) (土)ファルコンS GⅢ②

【京王杯SC 注目馬 土曜重賞の戦歴】
ラウダシオン → 富士S GⅡ②・ファルコンS GⅢ②・クロッカスS (L)①
タイセイビジョン → アーリントンGⅢ①・京王杯2歳GⅡ①
ラヴィングアンサー → 重賞連対なし
シャインガーネット → ファルコンS GⅢ①
カイザーミノル → 重賞連対なし
エアアルマス → エニフS (L) ①
グルーヴィット → 昨年当③・ファルコンS GⅢ②
ミッキーブリランテ → ニューイヤーS (L) ①

ラウダシオンは、富士S GⅡ昇格元年、翌日は菊花賞

ちなみに昨年の芝1,400mGⅡ戦
京王杯SC 枠連8-8、スワンS 枠連2-8、阪神C 3-8 です
いろいろ妄想して枠順を待ちたいと思います

では

[もっと見る]

5月12日(水) 08:00 あらこんさん
*ヴィクトリアマイル❶*
閲覧 357ビュー

*ヴィクトリアマイル*
-JRA注目馬-
グランアレグリア
レシステンシア
デゼル
マジックキャッスル
ダノンファンタジー
サウンドキアラ
テルツェット
ランブリングアレー
☆好走データ☆
*東京芝1600mで勝利実績あり10年連続馬券内→ グランアレグリア、テルツェット
*牡馬混合の国内古馬GI勝ち馬【2-1-1-0】→グランアレグリア
ルメール騎手で仕方ないですかね

[もっと見る]

  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

★昨年1~3着独占のロードカナロア産駒 今年はグルーヴィットなど4頭が登録/京王杯SC



 15日の東京では京王杯SCが実施される。同レースは安田記念の前哨戦として位置づけられており、1着馬には安田記念の優先出走権が与えられる。今年はGI馬のセイウンコウセイ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)、ラウダシオン(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)など19頭が登録しているが、どのような結果になるだろうか。



 昨年の京王杯SCダノンスマッシュが1着、ステルヴィオが2着、グルーヴィットが3着に入り、3頭出走したロードカナロア産駒が1~3着を独占した。今年の京王杯SCには、昨年3着のグルーヴィット(牡5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、マイラーズC3着のカイザーミノル(牡5歳、栗東・北出成人厩舎)を含む4頭のロードカナロア産駒が登録しているが、今年も好成績を挙げることができるかどうか。なお、グルーヴィットには石橋脩騎手、カイザーミノルにはJRA重賞初勝利がかかる荻野極騎手が騎乗する予定。



★平地&障害双方での重賞V狙うトラスト 障害競走歴代最多勝が迫る熊沢騎手が騎乗予定/京都ハイジャンプ



 2016年札幌2歳S以来の重賞制覇を狙うトラスト(牡7歳、栗東・長谷川浩大厩舎)が、京都ハイジャンプに登録している。同馬は障害競走で通算8戦4勝という成績を残しており、今回が4回目の障害重賞挑戦となる。平地&障害双方で重賞を勝てば、昨年の阪神ジャンプS京都ジャンプSを制したタガノエスプレッソ(2014年デイリー杯2歳S勝ち馬)以来で、史上14頭目となるが、トラスト札幌2歳Sから重賞勝利間隔「4年8カ月11日」での重賞制覇となるかどうか。Vなら、同馬を管理する長谷川浩大調教師はJRA重賞初制覇となる。



 トラストに騎乗予定の熊沢重文騎手には歴代最多タイの京都ハイジャンプ5勝目がかかる。同騎手は障害競走で通算251勝を挙げており、星野忍元騎手が持つ障害競走歴代最多勝記録(254勝)の更新も迫っているが、マドリードカフェで制した2017年以来、4年ぶりの京都ハイジャンプ制覇を遂げることができるかどうか。



★リーディング首位に立った友道康夫調教師 3週連続JRA重賞制覇&JRA重賞通算50勝なるか



 友道康夫調教師は、5月2日の天皇賞・春ワールドプレミア)→8日の京都新聞杯レッドジェネシス)と2週連続でJRA重賞を制しており、16日のヴィクトリアマイルでは自身初の3週連続JRA重賞制覇がかかる。同調教師は先週のJRA競走で3勝を挙げ、調教師リーディングで首位に立ったが、今週も重賞を制すことができるかどうか。なお、同調教師は、ヴィクトリアマイルデゼル(4歳)、ランブリングアレー(5歳)の“2頭出し”で挑む予定で、VならJRA重賞通算50勝となる。



 また、調教師リーディング2位の矢作芳人調教師もJRA重賞通算50勝まであと1勝となっている。同調教師は16日の京王杯SCミッキーブリランテ(牡5歳)を登録しているが、節目の重賞制覇を遂げることができるかどうか。なお、同馬に騎乗予定の和田竜二騎手はJRA重賞通算50勝まであと2勝に迫り、16日のヴィクトリアマイルではシゲルピンクダイヤ(5歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)に騎乗する予定。



京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★京都ハイジャンプの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★【京王杯SC】レース展望



★【ヴィクトリアM】グランアレグリアの1強ムードに待ったをかけるのは?春の古馬マイル女王決定戦の注目点はこちら!★【ヴィクトリアM】レース展望

ラヴィングアンサーが京王杯SCを回避 5月12日(水) 14:18

 ラヴィングアンサー(栗・石坂、牡7)は、左トモ(後肢)の捻挫のため、登録している京王杯SCを回避することになった。12日、石坂調教師は「日曜(9日)の調教で軽く捻挫しました。使えないことはないが、無理をせず、9月以降の復帰を目指します」と語った。

京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯SC】エアアルマス2年ぶりに芝のレース挑戦 5月12日(水) 04:56

 <美浦トレセン>

 ダ1400メートルの名鉄杯8着から芝に戻すシャインガーネット。栗田調教師は「あの手応えでこなかったのは適性ですかね。中間は順調だし、調教でクロス鼻革を試して折り合いもついた。この条件で改めて」と巻き返しを期待している。

 <栗東トレセン>

 エアアルマスが2年ぶりに芝のレースに挑む。「芝が駄目でダートで走らせたわけではありませんし、1400メートルの距離はいいので。状態もいいですよ」と池添学調教師は前向きだ。



京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯SC】レース展望 5月10日(月) 16:44

 東京の土曜メインは京王杯スプリングC(15日、GII、芝1400メートル)。1着馬に安田記念(6月6日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦だが、今年は抜けた存在が見当たらず、大混戦の様相だ。

 実績的には昨年のNHKマイルC勝ち馬ラウダシオン(栗東・斉藤崇史厩舎、牡4歳)が上位。東京ではその他にクロッカスS勝ちと富士S2着があり、適性もかなり高い。昨秋のマイルチャンピオンシップでは15着と、スローの瞬発力勝負で完全に切れ負けしてしまい、スピードを生かせないともろい面を出してしまった。今年もシルクロードSで3着とひと息で、続く前走の高松宮記念では重馬場にも泣かされて14着に大敗。まずは良馬場が条件になる。

 タイセイビジョン(栗東・西村真幸厩舎、牡4歳)は、同舞台の京王杯2歳Sをレコード勝ちした実績がある。朝日杯フューチュリティSはサリオスの2馬身半差の2着、続くアーリントンCを快勝と3歳春までは将来を嘱望された存在だったが、その後は気性面の難しさが顔を出して勝ち切れないレースが続いている。折り合いを考えれば前走の京都金杯(4着)から200メートルの短縮は好材料。京王杯2歳S以来のルメール騎手とのコンビで復活を狙う。

 16番人気だった高松宮記念で4着に健闘したトゥラヴェスーラ(栗東・高橋康之厩舎、牡6歳)。その前走ではそれまでとは違った待機策でいい末脚を発揮した。昨年2月以降は全て1200メートル戦に出走。距離克服がポイントになるが、前走で抑えて競馬した内容から1ハロンの延長はクリアできそうだ。

 前走のマイラーズCで3着だったカイザーミノル(栗東・北出成人厩舎、牡5歳)。オープン昇級後の夕刊フジ賞オーシャンS5着、前走の内容から、重賞でも戦えるめどが立った。これまではマイル路線中心だったが、3走前の斑鳩S(3勝クラス)で1400メートルを経験して快勝。このときから着用しているブリンカーの効果もあり、安定して力を発揮できるようになった。今なら上位争いも可能だろう。

 昨年のフィリーズレビュー勝ち馬エーポス(栗東・北出成人厩舎、牝4歳)は桜花賞9着以来1年ぶりの出走だった前走のサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sで小差の5着に善戦。叩かれた今回は変わり身が見込めそうだ。

 3勝クラスの心斎橋Sを圧勝したエングレーバー(栗東・中内田充正厩舎、牡5歳)、2勝クラス、3勝クラスを連勝中のビオグラフィー(栗東・藤岡健一厩舎、牝4歳)、阪急杯2着の実績があるミッキーブリランテ(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)なども上位進出は十分に考えられる。

 ほかでは近況はひと息ながら2017年の高松宮記念優勝馬セイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡8歳)などの登録もある。

京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯SC】ラウダシオンGI馬の底力見せつける 5月10日(月) 10:39

 東京では15日、安田記念につながる「第66回京王杯スプリングC」が行われる。昨年のNHKマイルC馬ラウダシオンが2勝をあげている7Fに参戦。GI制覇以来、約1年ぶりの重賞タイトル奪取を目論んでいる。

 ◇

 3歳マイル王に輝いてからは富士S2着、シルクロードS3着とGII、IIIで上位に食い込んでいるが、GIのマイルCS高松宮記念では2ケタ着順に惨敗。今回は【2・1・0・0】と連対率100%の7F戦。きっちりと結果を出し、さらなる上のステージへ臨みたい。

 前走の高松宮記念14着のあとは放牧で心身をリセット。1週前追い切りはCWコースを軽快に駆け抜け、6F82秒1、ラスト1F11秒6を馬なりでマークして仕上がりの良さを印象付けている。

 「いつもどおりのいい動きで、さすがGIホースという感じ。前走は馬場も悪かったし、1200メートルも忙しかった。東京の1400メートルでは結果を出しているし、改めて期待したい」と斉藤崇調教師。実績のある舞台でGIウイナーが底力を見せつけるか。(夕刊フジ)

京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯スプリングカップ】特別登録馬 5月9日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 337ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、都大路ステークス・京王杯スプリングカップ・青竜ステークス・栗東ステークス・ヴィクトリアマイルの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年05月15日(土) 中京11R 都大路ステークス
【馬齢別成績(2017年以降)】
●4歳 [0-0-0-8](3着内率0.0%)
●5~6歳 [3-3-4-19](3着内率34.5%)
●7歳以上 [1-1-0-11](3着内率15.4%)
→4歳勢は期待を裏切りがち。なお、馬齢が7歳以上、かつ前走の着順が7着以下だった馬も2017年以降[0-0-0-11](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中京芝2000m×ダイワメジャー×前走4角5番手以下
→3着内率42.9%、複勝回収率266%


▼2021年05月15日(土) 東京11R 京王杯スプリングカップ
【前走の条件別成績(2014年以降)】
●重賞 [6-7-6-55](3着内率25.7%)
●重賞以外 [1-0-1-32](3着内率5.9%)
→臨戦過程がポイント。オープン特別や条件クラスのレースを経由してきた馬は過信禁物と見るべきでしょう。


▼2021年05月16日(日) 東京10R 青竜ステークス

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 35ビュー

今週(土)の重賞、京王杯スプリングカップ

予想ではありませんが

毎年、このレースになると思いだす馬がいます。

皆さんの中にもおられるのでは?

馬の名前は、「ケイワンバイキング」

京王杯・・・ケイワンバイと読めますよね(笑)

この馬は、京王杯に2回出ています。

1回目は、あのグラスワンダーが勝った時の3着でした。

単勝人気は、当然グラスワンダーが1番人気(2.1)でケイワンバイキングは2番人気(4.8)

でも複勝は、グラスワンダーが140円、ケイワンバイキングが130円でした。

このレース、他にも懐かし馬が。

ファレノプシス・エアジハード・ブロードアピール・アメリカンボスなんかも出ていました。

で、馬券は? 今のように3連系とかワイドは無いので馬連1点買いで外しました(笑)

懐かし思い出話でした。

5月12日(水) 13:11 グラニースミスさん
Vマイル・イヴ ~京王杯スプリングカップ~
閲覧 203ビュー

先週3重賞は、JRA注目馬が完全掲載
あらためてスゴイ威力
でもスゴイのはオレじゃなくて、JRAのHP(笑)

安田記念 = マイラーズC ・ 京王杯SC
マイルCS = スワンS ・ 富士S
昨年、富士SがGⅡ昇格で、マイルGⅠ戦の前哨戦はすべてGⅡになった

そうしたら4/18 JRA発表
【旧】 毎日放送賞スワンステークス(GⅡ)
【新】 MBS賞スワンステークス(GⅡ)
京王杯と同じ1,400mGⅡ戦のひっそり名称変更
なんかあるんですかねぇ?

その古馬1,400mGⅡ戦
京王杯SC → ヴィクトリアマイル前日
スワンS → 天皇賞(秋)前日
阪神カップ → 有馬記念前日
土曜重賞かぁ~

【昨年の京王杯SC 注目馬の結果】
1着 ダノンスマッシュ (注目馬) (土)オーシャンGⅢ①
2着 ステルヴィオ (注目馬)  (土)サウジRC GⅢ②
3着 グルーヴィット (掲載なし) (土)ファルコンS GⅢ②

【京王杯SC 注目馬 土曜重賞の戦歴】
ラウダシオン → 富士S GⅡ②・ファルコンS GⅢ②・クロッカスS (L)①
タイセイビジョン → アーリントンGⅢ①・京王杯2歳GⅡ①
ラヴィングアンサー → 重賞連対なし
シャインガーネット → ファルコンS GⅢ①
カイザーミノル → 重賞連対なし
エアアルマス → エニフS (L) ①
グルーヴィット → 昨年当③・ファルコンS GⅢ②
ミッキーブリランテ → ニューイヤーS (L) ①

ラウダシオンは、富士S GⅡ昇格元年、翌日は菊花賞

ちなみに昨年の芝1,400mGⅡ戦
京王杯SC 枠連8-8、スワンS 枠連2-8、阪神C 3-8 です
いろいろ妄想して枠順を待ちたいと思います

では

[もっと見る]

5月12日(水) 05:37 しんすけ49さん
京都ハイジャンプ&京王杯スプリングカップ&ヴィクトリアマ...
閲覧 143ビュー

おはよ~♪

5月12日ですね!

いよいよ締め切りまで後3日。

なのに何にも決まらない。

枠順決まるまでほっときますか。

イチケイのカラスに集中しよっと!

[もっと見る]

5月11日(火) 08:52 ブルースワンさん
今週の重賞 気になる馬
閲覧 391ビュー

ヴィクトリアマイル

サウンドキアラ

昨年2着
そらそろ馬券に絡みそうな

テルツェット

デゼルと悩みましたが末脚活かしてどこまで


京王杯SC

シャインガーネット
ミッキーブリランテ

一発に期待


京都ハイジャンプ

ボナパルト

強敵相手に中京コースの相性活かしてどこまで

[もっと見る]

5月11日(火) 06:46 しんすけ49さん
京都ハイジャンプ&京王杯スプリングカップ&ヴィクトリアマ...
閲覧 176ビュー

おはよ~♪

5月11日ですね!

平穏無事であります様に・・・。

さてヴィクトリアマイルですが今のところ稍重までならグランアレグリアから行こうかな?と。

ただ金曜日中に予想送らなきゃいかんので馬場状態も予想しなきゃだわ。

そう考えると競馬紙の予想家さん達は大変だね、改めて思いました。お疲れ様です。

相手はサウンドキアラ・ディアンドル・デゼル・テルツェット・マジックキャッスル・

マルターズディオサ・レシステンシアと今のところ盛りだくさん。

ここから如何に絞って行くかが課題だね。

穴はディアンドルかな?このレースは前目が穴開けるしね。

ハナ切れれば良いけど番手でも競馬が出来るタイプ。競り合いさえなければ

あれよあれよと残しそうな気が?

まあまた今日の夕刊等で色々勉強していきます。

洗濯物は既に畳んであるから大丈夫ですよ、奥さま(^^♪

[もっと見る]

5月10日(月) 06:11 しんすけ49さん
京都ハイジャンプ&京王杯スプリングカップ&ヴィクトリアマ...
閲覧 212ビュー

おはよ~♪

しっかし長いですなぁ~。

日本一長い川、信濃川より長い連敗街道・・・。

日本一長い道路、国道4号より長い連敗街道・・・。

今日は5月10日ですね!

立直平和(リーチピンフ)なんで静かな静かな立ち上がりですね。

さて、いよいよ紙面デビューなんで穴狙いして爪痕でも残しとこ♪と思ったけど・・・。

ヴィクトリアマイルはどう見ても人気サイドで決まりそう。

グランアレグリア
デゼル
マジックキャッスル
レシステンシア
テルツェット

かな?

せめて絞って買うか?

まあも少し穴馬探してみるけど見つける自信無し子チャン(^^♪

ではではぁ~。

[もっと見る]

  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

★昨年1~3着独占のロードカナロア産駒 今年はグルーヴィットなど4頭が登録/京王杯SC



 15日の東京では京王杯SCが実施される。同レースは安田記念の前哨戦として位置づけられており、1着馬には安田記念の優先出走権が与えられる。今年はGI馬のセイウンコウセイ(牡8歳、美浦・上原博之厩舎)、ラウダシオン(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)など19頭が登録しているが、どのような結果になるだろうか。



 昨年の京王杯SCダノンスマッシュが1着、ステルヴィオが2着、グルーヴィットが3着に入り、3頭出走したロードカナロア産駒が1~3着を独占した。今年の京王杯SCには、昨年3着のグルーヴィット(牡5歳、栗東・松永幹夫厩舎)、マイラーズC3着のカイザーミノル(牡5歳、栗東・北出成人厩舎)を含む4頭のロードカナロア産駒が登録しているが、今年も好成績を挙げることができるかどうか。なお、グルーヴィットには石橋脩騎手、カイザーミノルにはJRA重賞初勝利がかかる荻野極騎手が騎乗する予定。



★平地&障害双方での重賞V狙うトラスト 障害競走歴代最多勝が迫る熊沢騎手が騎乗予定/京都ハイジャンプ



 2016年札幌2歳S以来の重賞制覇を狙うトラスト(牡7歳、栗東・長谷川浩大厩舎)が、京都ハイジャンプに登録している。同馬は障害競走で通算8戦4勝という成績を残しており、今回が4回目の障害重賞挑戦となる。平地&障害双方で重賞を勝てば、昨年の阪神ジャンプS京都ジャンプSを制したタガノエスプレッソ(2014年デイリー杯2歳S勝ち馬)以来で、史上14頭目となるが、トラスト札幌2歳Sから重賞勝利間隔「4年8カ月11日」での重賞制覇となるかどうか。Vなら、同馬を管理する長谷川浩大調教師はJRA重賞初制覇となる。



 トラストに騎乗予定の熊沢重文騎手には歴代最多タイの京都ハイジャンプ5勝目がかかる。同騎手は障害競走で通算251勝を挙げており、星野忍元騎手が持つ障害競走歴代最多勝記録(254勝)の更新も迫っているが、マドリードカフェで制した2017年以来、4年ぶりの京都ハイジャンプ制覇を遂げることができるかどうか。



★リーディング首位に立った友道康夫調教師 3週連続JRA重賞制覇&JRA重賞通算50勝なるか



 友道康夫調教師は、5月2日の天皇賞・春ワールドプレミア)→8日の京都新聞杯レッドジェネシス)と2週連続でJRA重賞を制しており、16日のヴィクトリアマイルでは自身初の3週連続JRA重賞制覇がかかる。同調教師は先週のJRA競走で3勝を挙げ、調教師リーディングで首位に立ったが、今週も重賞を制すことができるかどうか。なお、同調教師は、ヴィクトリアマイルデゼル(4歳)、ランブリングアレー(5歳)の“2頭出し”で挑む予定で、VならJRA重賞通算50勝となる。



 また、調教師リーディング2位の矢作芳人調教師もJRA重賞通算50勝まであと1勝となっている。同調教師は16日の京王杯SCミッキーブリランテ(牡5歳)を登録しているが、節目の重賞制覇を遂げることができるかどうか。なお、同馬に騎乗予定の和田竜二騎手はJRA重賞通算50勝まであと2勝に迫り、16日のヴィクトリアマイルではシゲルピンクダイヤ(5歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)に騎乗する予定。



京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★京都ハイジャンプの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★【京王杯SC】レース展望



★【ヴィクトリアM】グランアレグリアの1強ムードに待ったをかけるのは?春の古馬マイル女王決定戦の注目点はこちら!★【ヴィクトリアM】レース展望

【京都ハイジャンプ】特別登録馬 5月9日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 143ビュー

おはよ~♪

5月12日ですね!

いよいよ締め切りまで後3日。

なのに何にも決まらない。

枠順決まるまでほっときますか。

イチケイのカラスに集中しよっと!

5月11日(火) 08:52 ブルースワンさん
今週の重賞 気になる馬
閲覧 391ビュー

ヴィクトリアマイル

サウンドキアラ

昨年2着
そらそろ馬券に絡みそうな

テルツェット

デゼルと悩みましたが末脚活かしてどこまで


京王杯SC

シャインガーネット
ミッキーブリランテ

一発に期待


京都ハイジャンプ

ボナパルト

強敵相手に中京コースの相性活かしてどこまで

[もっと見る]

5月11日(火) 06:46 しんすけ49さん
京都ハイジャンプ&京王杯スプリングカップ&ヴィクトリアマ...
閲覧 176ビュー

おはよ~♪

5月11日ですね!

平穏無事であります様に・・・。

さてヴィクトリアマイルですが今のところ稍重までならグランアレグリアから行こうかな?と。

ただ金曜日中に予想送らなきゃいかんので馬場状態も予想しなきゃだわ。

そう考えると競馬紙の予想家さん達は大変だね、改めて思いました。お疲れ様です。

相手はサウンドキアラ・ディアンドル・デゼル・テルツェット・マジックキャッスル・

マルターズディオサ・レシステンシアと今のところ盛りだくさん。

ここから如何に絞って行くかが課題だね。

穴はディアンドルかな?このレースは前目が穴開けるしね。

ハナ切れれば良いけど番手でも競馬が出来るタイプ。競り合いさえなければ

あれよあれよと残しそうな気が?

まあまた今日の夕刊等で色々勉強していきます。

洗濯物は既に畳んであるから大丈夫ですよ、奥さま(^^♪

[もっと見る]

5月10日(月) 06:11 しんすけ49さん
京都ハイジャンプ&京王杯スプリングカップ&ヴィクトリアマ...
閲覧 212ビュー

おはよ~♪

しっかし長いですなぁ~。

日本一長い川、信濃川より長い連敗街道・・・。

日本一長い道路、国道4号より長い連敗街道・・・。

今日は5月10日ですね!

立直平和(リーチピンフ)なんで静かな静かな立ち上がりですね。

さて、いよいよ紙面デビューなんで穴狙いして爪痕でも残しとこ♪と思ったけど・・・。

ヴィクトリアマイルはどう見ても人気サイドで決まりそう。

グランアレグリア
デゼル
マジックキャッスル
レシステンシア
テルツェット

かな?

せめて絞って買うか?

まあも少し穴馬探してみるけど見つける自信無し子チャン(^^♪

ではではぁ~。

[もっと見る]

5月10日(月) 03:32 ベスト タイムズさん
京都ハイジャンプ JG2
閲覧 60ビュー


トラスト

.

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 5月15日(
  • 5月16日(
2回新潟3日目 2回東京7日目 3回中京3日目
8

京都ハイジャンプ J G2

障害4歳以上オープン 障3900m

9

日吉特別

4歳以上2勝クラス ダ1400m

9

あずさ賞

3歳1勝クラス 芝2000m

10

わらび賞

3歳1勝クラス ダ1800m

10

緑風ステークス

4歳以上3勝クラス 芝2400m

10

遠州灘ステークス

4歳以上3勝クラス ダ1800m

11

八海山ステークス

4歳以上3勝クラス ダ1200m

11

京王杯スプリングC G2

4歳以上オープン 芝1400m

11

都大路ステークス L

4歳以上オープン 芝2000m

12

胎内川特別

4歳以上2勝クラス 芝1800m

2回新潟4日目 2回東京8日目 3回中京4日目
9

テレ玉杯

4歳以上2勝クラス 芝1800m

9

寒狭川特別

4歳以上2勝クラス 芝2200m

10

春日山特別

4歳以上1勝クラス 芝2000m

10

青竜ステークス

3歳オープン ダ1600m

10

朱雀ステークス

4歳以上3勝クラス 芝1200m

11

弥彦ステークス

4歳以上3勝クラス 芝1800m

11

ヴィクトリアマイル G1

4歳以上オープン 芝1600m

11

栗東ステークス L

4歳以上オープン ダ1400m

12

中ノ岳特別

4歳以上2勝クラス ダ1800m

12

BSイレブン賞

4歳以上3勝クラス ダ1400m

先週の競馬:注目レース

  • NHKマイル G1
    5/9(
  • 京都新聞杯 G2
    5/8(
  • 新潟大賞典 G3
    5/9(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

★JRA・GI5勝目を狙うグランアレグリア “古馬の芝マイルGI”完全制覇なるか



 グランアレグリア(5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が、ヴィクトリアマイルでJRA・GI5勝目を狙う。同馬は2019年の桜花賞、昨年の安田記念スプリンターズSマイルCSと4つのGIタイトルを獲得しており、2020年度JRA賞最優秀短距離馬を受賞した。グランアレグリアはデビュー以来初めての芝2000メートル戦出走となった前走の大阪杯では4着に敗れたが、重賞4勝を挙げている芝1600メートル戦で巻き返すことができるかどうか。Vなら、ヴィクトリアマイルが創設された2006年以降では初となる“古馬の芝マイルGI”3競走の完全制覇となる。なお、グランアレグリアにはヴィクトリアマイル連覇がかかるC.ルメール騎手が騎乗する予定。



ダノンファンタジーレシステンシア 阪神JF以来のGI制覇なるか



 2018年のJRA賞最優秀2歳牝馬ダノンファンタジー(5歳、栗東・中内田充正厩舎)、2019年のJRA賞最優秀2歳牝馬レシステンシア(4歳、栗東・松下武土厩舎)は、いずれも2歳時の阪神JF以来となるJRA・GI制覇がかかる。ダノンファンタジーレシステンシアは今年、阪急杯高松宮記念と同じローテーションを歩んでおり、阪急杯ではレシステンシアが1着、ダノンファンタジーが5着、高松宮記念ではレシステンシアが2着、ダノンファンタジーが12着という結果だった。阪神JF勝ち馬がヴィクトリアマイルを勝てば、2011年アパパネ以来、10年ぶり4頭目となるが、ダノンファンタジーレシステンシアは久々のGI制覇を遂げることができるかどうか。なお、ダノンファンタジーが勝てば阪神JF以来、勝利間隔「2年5カ月6日」でのGI勝利となり、グレード制が導入された1984年以降、牝馬のGI勝利間隔としては最長となる。



★今年の“古馬牝馬重賞”勝ち馬がすべて参戦 13年ぶりのV狙う社台ファーム生産馬に注目



 ヴィクトリアマイルには、今年実施された“古馬牝馬重賞”5レースの勝ち馬すべてが出走する予定。愛知杯の実施時期が1月になった2016年以降、ヴィクトリアマイルに同年の“古馬牝馬重賞”5レースの勝ち馬がすべて顔を揃えるのは初めてのこととなるが、ヴィクトリアマイルはどのような結果になるだろうか。なお、今年の“古馬牝馬重賞”勝ち馬を見ると、マジックキャッスル愛知杯)、ランブリングアレー中山牝馬S)、デゼルサンスポ杯阪神牝馬S)と社台ファームの生産馬が3勝を挙げている。



 ヴィクトリアマイルには、サウンドキアラ(6歳、栗東・安達昭夫厩舎)、デゼル(4歳、栗東・友道康夫厩舎)、プールヴィル(5歳、栗東・庄野靖志厩舎)、マジックキャッスル(4歳、美浦・国枝栄厩舎)、ランブリングアレー(5歳、栗東・友道康夫厩舎)と5頭の社台ファーム生産馬が登録している。同牧場は、ヴィクトリアマイルが創設された2006年から2008年まで3年連続で同レースを制して以来、勝利を挙げていないが、13年ぶりに勝利を挙げることができるかどうか。Vなら、社台ファーム生産馬のJRA・GI制覇は2018年のフェブラリーSノンコノユメ)以来、3年ぶりとなる。



★登録馬20頭中10頭がディープインパクト産駒 歴代最多タイのヴィクトリアマイル4勝目なるか



 今年のヴィクトリアマイルには20頭の登録があるが、そのうちの10頭がディープインパクト産駒。同産駒はGI馬のグランアレグリア(5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、ダノンファンタジー(5歳、栗東・中内田充正厩舎)、昨年2着のサウンドキアラ(6歳、栗東・安達昭夫厩舎)などが登録しているが、2018年ジュールポレール以来3年ぶりのヴィクトリアマイル制覇を遂げることができるかどうか。ディープインパクト産駒が勝てば、フジキセキ産駒と並ぶ同レース最多タイのヴィクトリアマイル4勝目となる。



 なお、サウンドキアラは今年の登録馬で唯一の6歳馬。同馬は2019年(7着)、2020年(2着)に続く3年連続のヴィクトリアマイル参戦だが、三度目の正直で勝利を挙げることができるかどうか。ヴィクトリアマイルを6歳以上馬が勝てば、2015年(6歳)、16年(7歳)に連覇したストレイトガール以来2頭目となる。



★4連勝でダービー卿CTを制覇 勢いに乗るテルツェットがGI初挑戦



 テルツェット(4歳、美浦・和田正一郎厩舎)は、村上特別→国立特別→節分S→ダービー卿CTと芝1600メートル戦で連勝を続けており、今回がGI初挑戦となる。同馬の通算成績は6戦5勝で、キャリア7戦目でヴィクトリアマイルを勝てばレース史上最少キャリアでの勝利となるが、テルツェットは連勝の勢いをGIの舞台でも発揮することができるかどうか。同馬にはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。なお、テルツェットを管理する和田正一郎調教師は、オジュウチョウサンで障害レースの最高峰であるJ・GIを7勝しているが、平地のGI競走挑戦はオジュウチョウサンで挑んだ2018年有馬記念(9着)以来で、今回が2回目となる。



国枝栄調教師&友道康夫調教師 歴代最多タイのヴィクトリアマイル3勝目なるか



 マジックキャッスル(4歳)を登録している国枝栄調教師と、デゼル(4歳)、ランブリングアレー(5歳)を登録している友道康夫調教師には、藤原英昭調教師に並ぶ歴代最多タイのヴィクトリアマイル3勝目がかかる。国枝調教師は昨年に続く連覇、友道調教師には2014年以来7年ぶりの勝利がかかるが、3度目のヴィクトリアマイル制覇を遂げることができるかどうか。なお、3頭はいずれも今年の“古馬重賞勝ち馬”で、マジックキャッスル愛知杯デゼルサンスポ杯阪神牝馬Sランブリングアレー中山牝馬Sを制している。



 国枝調教師はJRA・GI通算19勝、牝馬限定JRA・GIは現役トップの9勝を挙げており、ヴィクトリアマイルを勝てば、グレード制が導入された1984年以降で4人目のJRA・GI通算20勝、牝馬限定JRA・GIはグレード制が導入された1984年以降で松田博資元調教師以来2人目の10勝到達となる。また、友道調教師は5月10日現在、JRA通算600勝、JRA重賞49勝を挙げており、JRA重賞通算50勝まであと1勝に迫っている。



高橋祥泰調教師はスマイルカナを登録 25年ぶりのJRA・GI制覇なるか



 スマイルカナ(4歳)を管理する高橋祥泰調教師には、1996年のNHKマイルC(タイキフォーチュン)以来のJRA・GI制覇がかかる。同調教師は1983年に厩舎を開業しており、今年が39年目と現役調教師で最長のキャリアを誇る。高橋祥泰調教師は来年2月末に定年を迎えるため、残る調教師生活は約10力月となったが、ヴィクトリアマイルで久々のビッグタイトルを手にすることができるかどうか。Vなら、同調教師の1996年NHKマイルCからのJRA・GI勝利間隔は「25年0カ月3日」となり、グレード制が導入された1984年以降で最も間隔の長いJRA・GI勝利となる。



 スマイルカナの通算成績は13戦5勝だが、5勝はすべて芝1600メートル戦で挙げており、同距離でフェアリーS1着、ターコイズS1着、桜花賞3着などの成績を残している。スマイルカナは前走のダービー卿CTでは15頭立ての14着に敗れているが、GIの舞台で巻き返すことができるかどうか。なお、同馬には柴田大知騎手が騎乗する予定。



★逃げ切り勝ちで今年の“古馬牝馬重賞”V イベリスディアンドルの戦法に注目



 イベリス(5歳、栗東・角田晃一厩舎)、ディアンドル(5歳、栗東・奥村豊厩舎)はいずれも2019年スプリンターズS以来のGI挑戦となる。イベリスは2019年のアーリントンC以降、ディアンドルは2019年の葵S以降勝利から遠ざかっていたが、今年に入りイベリス京都牝馬Sディアンドル福島牝馬Sを制した。イベリスディアンドルはいずれも逃げ切り勝ちで久々の勝利を挙げており、今回の戦法が注目されるが、2頭は久々の大舞台でどのような走りを見せるだろうか。なお、イベリスを管理する角田晃一調教師、ディアンドルを管理する奥村豊調教師にはJRA・GI初勝利がかかる。



★牝馬限定JRA・GI完全制覇狙う福永祐一騎手 斎藤新騎手、団野大成騎手は最年少Vに挑戦



 リアアメリア(4歳、栗東・中内田充正厩舎)に騎乗予定の福永祐一騎手は、ヴィクトリアマイルを勝てば、武豊騎手、蛯名正義騎手、C.ルメール騎手に続く4人目の現在実施している牝馬限定JRA・GIの完全制覇となる。福永騎手はヴィクトリアマイル創設以来、2017年を除くすべての年で騎乗しており、同レースの最多騎乗回数を記録している。同騎手は5月10日現在、JRA・GI29勝を挙げ、グレード制が導入された1984年以降で5人目のJRA・GI通算30勝に王手をかけているが、ヴィクトリアマイル初制覇となるかどうか。



 また、クリスティ(4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)に騎乗予定の斎藤新騎手、ディアンドル(5歳、栗東・奥村豊厩舎)に騎乗予定の団野大成騎手にはヴィクトリアマイル最年少優勝がかかる。同レースの最年少優勝記録は松岡正海騎手(2007年)の「22歳9カ月26日」で、レース当日の年齢が20歳3カ月8日の斎藤騎手、20歳10カ月25日の団野騎手が勝てば、同記録を更新する。斎藤騎手、団野騎手はどちらも今回が4回目のJRA・GI騎乗となるが、ヴィクトリアマイルでJRA・GI初制覇を遂げることができるかどうか。



★今年は関東馬8頭、関西馬12頭が登録 創設以来初の関東馬3連勝なるか



 ヴィクトリアマイルは2006年に創設され、今年が16回目となる。過去15回の優勝馬の所属を見ると、関東馬が6勝、関西馬が9勝で関西馬が勝ち越しているが、2019、20年と関東馬が現在2連勝中。今年のヴィクトリアマイルには、関東馬8頭、関西馬12頭の計20頭が登録しているが、勝利を挙げるのはどの馬だろうか。なお、今年も関東馬が勝てば、創設以来初の3連勝となる。



 また、ヴィクトリアマイルでは1番人気馬の勝利は4回にとどまっており、フタ桁人気馬の好走も多く見られる。2015年には12番人気のケイアイエレガントが2着、18番人気のミナレットが3着に入り、3連単の払戻金はJRA・GI史上最高の2070万5810円を記録した。今年の“古馬牝馬重賞”5レースの結果を見ると、1番人気馬が勝利を挙げたのはサンスポ杯阪神牝馬Sだけだが、ヴィクトリアマイルはどのような結果になるだろうか。



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載★【ヴィクトリアM】レース展望

【ヴィクトリア】グランアレグリア・ルメールトーク 5月11日(火) 04:59

 --前走の大阪杯は4着だった

 ルメール騎手「残念ながら当日の馬場はすごく重かった。プラス、距離も長かったので、4着でも頑張ってくれたと思います」

 --4コーナーまではいい手応えに見えた

 「道中はずっと冷静に走っていたけど、あの馬場で休み明け。瞬発力を発揮することができず、最後は疲れてしまいました。きれいな馬場だったら違ったと思います」

 --今回は4戦3勝の東京芝1600メートルが舞台

 「マイルは彼女にとってベストな距離だと思います。中間も順調そうですし、コンディションも良さそう」

 --勝てば自身、NHKマイルC(シュネルマイスター)に続いて2週連続GI制覇

 「今回はグランアレグリアにとって改めてビッグチャンスです。みんなテレビを見て応援してください」



ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯SC】レース展望 5月10日(月) 16:44

 東京の土曜メインは京王杯スプリングC(15日、GII、芝1400メートル)。1着馬に安田記念(6月6日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要前哨戦だが、今年は抜けた存在が見当たらず、大混戦の様相だ。

 実績的には昨年のNHKマイルC勝ち馬ラウダシオン(栗東・斉藤崇史厩舎、牡4歳)が上位。東京ではその他にクロッカスS勝ちと富士S2着があり、適性もかなり高い。昨秋のマイルチャンピオンシップでは15着と、スローの瞬発力勝負で完全に切れ負けしてしまい、スピードを生かせないともろい面を出してしまった。今年もシルクロードSで3着とひと息で、続く前走の高松宮記念では重馬場にも泣かされて14着に大敗。まずは良馬場が条件になる。

 タイセイビジョン(栗東・西村真幸厩舎、牡4歳)は、同舞台の京王杯2歳Sをレコード勝ちした実績がある。朝日杯フューチュリティSはサリオスの2馬身半差の2着、続くアーリントンCを快勝と3歳春までは将来を嘱望された存在だったが、その後は気性面の難しさが顔を出して勝ち切れないレースが続いている。折り合いを考えれば前走の京都金杯(4着)から200メートルの短縮は好材料。京王杯2歳S以来のルメール騎手とのコンビで復活を狙う。

 16番人気だった高松宮記念で4着に健闘したトゥラヴェスーラ(栗東・高橋康之厩舎、牡6歳)。その前走ではそれまでとは違った待機策でいい末脚を発揮した。昨年2月以降は全て1200メートル戦に出走。距離克服がポイントになるが、前走で抑えて競馬した内容から1ハロンの延長はクリアできそうだ。

 前走のマイラーズCで3着だったカイザーミノル(栗東・北出成人厩舎、牡5歳)。オープン昇級後の夕刊フジ賞オーシャンS5着、前走の内容から、重賞でも戦えるめどが立った。これまではマイル路線中心だったが、3走前の斑鳩S(3勝クラス)で1400メートルを経験して快勝。このときから着用しているブリンカーの効果もあり、安定して力を発揮できるようになった。今なら上位争いも可能だろう。

 昨年のフィリーズレビュー勝ち馬エーポス(栗東・北出成人厩舎、牝4歳)は桜花賞9着以来1年ぶりの出走だった前走のサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sで小差の5着に善戦。叩かれた今回は変わり身が見込めそうだ。

 3勝クラスの心斎橋Sを圧勝したエングレーバー(栗東・中内田充正厩舎、牡5歳)、2勝クラス、3勝クラスを連勝中のビオグラフィー(栗東・藤岡健一厩舎、牝4歳)、阪急杯2着の実績があるミッキーブリランテ(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)なども上位進出は十分に考えられる。

 ほかでは近況はひと息ながら2017年の高松宮記念優勝馬セイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡8歳)などの登録もある。

京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ヴィクトリア】レース展望 5月10日(月) 14:41

 春の東京5週連続GIの2戦目は、マイルの女王決定戦・ヴィクトリアマイル(16日、東京、GI、芝1600メートル)。昨年はアーモンドアイが4馬身差で圧勝して格の違いを見せつけた。そして今年も超大物が登場する。

 昨年のJRA賞最優秀短距離馬グランアレグリア(美浦・藤沢和雄厩舎、5歳)が、大阪杯4着から巻き返しを図る。一昨年の桜花賞馬で能力の高さは確かだが、本格化した昨年は高松宮記念2着の後、安田記念スプリンターズSマイルチャンピオンシップと牡馬混合のGIを3連勝。特に安田記念アーモンドアイに2馬身半差をつける完勝で、マイルで現役最強を印象づけるものだった。今年は中距離路線も視野に入れて大阪杯に出走し、好位で運んだが伸びきれなかった。距離の壁というよりも「休み明けでこういう馬場(重馬場)は大変だった」とルメール騎手が話したように、馬場状態に持ち味の末脚を封じられてしまった。放牧から帰厩して1週前の追い切りは美浦Wコースで6ハロン81秒1、上がり3ハロン37秒5-12秒9の好反応を見せており、タフな道悪競馬の疲れを感じさせない動きだった。「このコースなら言い訳できない」と藤沢和調教師も自信を持って送り出す。

 高松宮記念2着から臨むレシステンシア(栗東・松下武士厩舎、4歳)は、一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズをレコード勝ちしているように高速決着に強く、前走は重馬場で持ち味のスピードを生かせなかった。ただ、これまでにない中団に控える競馬で崩れなかったのは収穫。昨年の桜花賞NHKマイルCともに2着とマイルでは詰めがやや甘くなる点がポイントだが、馬場さえ良ければチャンスは出てくる。

 前哨戦のサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sを制したのはデゼル(栗東・友道康夫厩舎、4歳)。デビューが3歳3月と遅かったが、未勝利戦とスイートピーSを連勝してオークスに挑んだ(11着)ように、素質は高い。中距離路線を進んでいたが、前走で初めてマイル戦に出走。ペースが遅かったこともあり、中団で流れに乗って切れる末脚を披露した。速い流れを経験していないのは気になるが、実績がある東京なら持ち味を発揮できそうだ。

 阪神牝馬Sでクビ差2着だったマジックキャッスル(美浦・国枝栄厩舎、4歳)は、上がり3ハロンの時計が勝ったデゼルを0秒1上回る32秒4。内めの枠で追い出しを待たざるを得なかったのが痛かったが、桜花賞(12着)以来のマイル戦にも対応した。今回は輸送距離の短い東京。広いコースでこそ、この馬の末脚が存分に生かせる。

 1勝クラスから一気の4連勝でダービー卿チャレンジTを制したテルツェット(美浦・和田正一郎厩舎、4歳)が上がり馬として魅力的な存在だ。420キロ前後の小柄な馬体で、これまではゆったり間隔をあけて使われてきた。今回の中5週はこの馬としては初めての詰まった間隔での出走。最終追い切りで状態面を確認したい。

 不良馬場の中山牝馬Sを勝ったランブリングアレー(栗東・友道康夫厩舎、5歳)は、時計のかかる馬場になったときに台頭。福島牝馬S勝ちのディアンドル(栗東・奥村豊厩舎、5歳)は、2歳から3歳春にかけて5連勝した素質馬。その後はスランプに陥ったが、久々の勝利で勢いを取り戻している可能性もある。

 ほかでは2018年の2歳女王ダノンファンタジー(栗東・中内田充正厩舎、

5歳)、近況不振ながら同厩の重賞2勝馬リアアメリア(4歳)あたりも上位争いをしても不思議はない。

ヴィクトリアMの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【京王杯SC】ラウダシオンGI馬の底力見せつける 5月10日(月) 10:39

 東京では15日、安田記念につながる「第66回京王杯スプリングC」が行われる。昨年のNHKマイルC馬ラウダシオンが2勝をあげている7Fに参戦。GI制覇以来、約1年ぶりの重賞タイトル奪取を目論んでいる。

 ◇

 3歳マイル王に輝いてからは富士S2着、シルクロードS3着とGII、IIIで上位に食い込んでいるが、GIのマイルCS高松宮記念では2ケタ着順に惨敗。今回は【2・1・0・0】と連対率100%の7F戦。きっちりと結果を出し、さらなる上のステージへ臨みたい。

 前走の高松宮記念14着のあとは放牧で心身をリセット。1週前追い切りはCWコースを軽快に駆け抜け、6F82秒1、ラスト1F11秒6を馬なりでマークして仕上がりの良さを印象付けている。

 「いつもどおりのいい動きで、さすがGIホースという感じ。前走は馬場も悪かったし、1200メートルも忙しかった。東京の1400メートルでは結果を出しているし、改めて期待したい」と斉藤崇調教師。実績のある舞台でGIウイナーが底力を見せつけるか。(夕刊フジ)

京王杯SCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【NHKマイル】令和の黒船シュネルマイスターが大接戦制す! 5月10日(月) 05:00

 NHKマイルCが9日、東京競馬場で18頭によって争われ、ルメール騎乗で2番人気のシュネルマイスターがハナ差で差し切り、3歳マイル王に輝いた。外国産馬による優勝は2001年クロフネ以来20年ぶり。2着に7番人気ソングラインが入り、1番人気グレナディアガーズは3着。3番人気バスラットレオンはスタート直後に騎手が落馬し、競走を中止した。

 最後まであきらめない“ゲルマン魂”で、ハナ差の激戦をものにした。レースレコードに0秒2差の高速決着を制したのは、ルメール騎手が導いたドイツ産馬のシュネルマイスター。かつて“(外)のダービー”とも呼ばれた一戦に、20年ぶりの外国産馬Vをもたらした。

 「最後、(2着の)ソングラインがちょっと内にモタれたので、シュネルマイスターにラストエフォート(奮闘)をお願いしたね。“あともうちょっと、頑張ってください”と言った。彼も“はい”と言ってました」

 今年2度目のGI勝ちを決めたルメール騎手は満面の笑みだ。世界を知る名手らしく「ドイツの馬は血統が良くて、すごくタフ。きょうのシュネルマイスターにもそれが見られた」と頑張りをたたえると、ドイツの歴史的名牝を引き合いに出して将来性にも太鼓判。「デインドリームは2歳時にフランスの小さい競馬場で走っていたのに、その後に凱旋門賞を勝った。シュネルマイスターはまだ(体が)柔らかくて子供っぽい。もうちょっとタフになったら、もっともっと強くなれる」と今後に期待を込めた。

 弥生賞ディープインパクト記念で2着となり、皐月賞の優先出走権を獲得しながらのマイル参戦に「きょうはすごいチャレンジだったと思うので結果が出て良かった」と手塚調教師は感無量の面持ち。「日本にない血統なので、GIという勲章が手に入って、彼の今後は明るくなったと思う。秋もマイルで走らせるのが、一番いいパフォーマンスを発揮できるのかなと思います」と秋に備える方針も明かした。

 父が欧州でマイルGIを4連勝したキングマンで、母はドイツオークス馬。将来は種牡馬としての成功も期待される舶来の若き才能は、今後もマイル路線を軸に天賦のスピードに磨きをかけていく。 (内海裕介)



シュネルマイスター 父キングマン、母セリエンホルデ、母の父ソルジャーホロウ。鹿毛の牡3歳。美浦・手塚貴久厩舎所属。ドイツ産。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績4戦3勝。獲得賞金1億4838万2000円。重賞は初勝利。NHKマイルCは手塚貴久調教師が初勝利、クリストフ・ルメール騎手は2016年メジャーエンブレムに次いで2勝目。馬名は「スピードの名人(ドイツ語)」。



≪アラカルト&売り上げ≫

★ドイツ産(外)馬のJRA・GI初制覇…外国産馬による優勝は2001年(クロフネ)以来20年ぶりで、ドイツ産(外)馬のJRA・GI制覇は初めて。

★キングマン産駒…初出走で初勝利。JRA・GIではこれまで桜花賞エリザベスタワー)の13着が最高で、延べ2頭の出走で初勝利。

★最少キャリアV…4戦目での制覇は12年カレンブラックヒルに並ぶ最少キャリア。

★同一馬主による1~3着独占…1着シュネルマイスター、2着ソングライン、3着グレナディアガーズと(有)サンデーレーシングの所有馬が上位独占。同一馬主によるJRA・GIの1~3着独占は12年ジャパンC(1着ジェンティルドンナ、2着オルフェーヴル、3着ルーラーシップ)以来、史上2回目。

手塚貴久調教師…管理馬延べ6頭の出走で初勝利。JRA・GIは昨年の天皇賞・春フィエールマン)以来の7勝目で、18年から4年連続のJRA・GI勝利。

★着差…ハナ差の決着は00年(1着イーグルカフェ、2着トーヨーデヘア)以来、21年ぶり2回目。



◆売り上げ…NHKマイルCの売り上げは152億4582万300円で、前年比108・9%だった。



★9日東京11R「NHKマイルC」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 2,097ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、メトロポリタンステークス・谷川岳ステークス・京都新聞杯・プリンシパルステークス・橘ステークス・ブリリアントステークス・新潟大賞典・鞍馬ステークス・NHKマイルカップの9レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年05月08日(土) 東京10R メトロポリタンステークス
【馬齢別成績(2017~2018年・2020年)】
●4歳 [1-0-0-6](3着内率14.3%)
●5~6歳 [2-2-3-9](3着内率43.8%)
●7歳以上 [0-1-0-11](3着内率8.3%)
→5~6歳馬が優勢。高齢馬はもちろん、4歳勢も期待を裏切りがちでした。


▼2021年05月08日(土) 新潟11R 谷川岳ステークス
【前走の馬体重別成績(2016年以降)】
●480kg未満 [2-0-0-32](3着内率5.9%)
●480kg以上 [3-5-5-30](3着内率30.2%)
→馬格を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち、前走の馬体重が480kg以上だったのは、エントシャイデンサクセッションシュリプラチナムバレットミラアイトーンの5頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
新潟芝1600m外×ハーツクライ×6歳以下
→3着内率40.0%、複勝回収率132%


▼2021年05月08日(土) 中京11R 京都新聞杯
【“JRA、かつ芝、かつ1勝クラス以上のレース”において7着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [4-4-4-32](3着内率27.3%)
●なし [0-0-0-12](3着内率0.0%)
→2017年以降の3着以内馬12頭は、いずれも1勝クラス以上のレースで善戦したことがあった馬。新馬・未勝利のレースを勝ち上がったばかりの馬は強調できません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中京芝2200m×ルーラーシップ×前走6着以内
→3着内率51.7%、複勝回収率173%


▼2021年05月08日(土) 東京11R プリンシパルステークス
【“中山芝1800~2000mのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [3-3-3-8](3着内率52.9%)
●なし [0-0-0-22](3着内率0.0%)
→近年は中山のレースを避けてきた馬が不振。コース適性を評価する際は注意しましょう。


▼2021年05月09日(日) 中京10R 橘ステークス
【“JRA、かつ1400~1600m、かつオープンクラスのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
●あり [5-3-4-15](3着内率44.4%)
●なし [0-2-1-25](3着内率10.7%)
→実績や距離適性を素直にジャッジした方が良さそう。1400m未満のレース、新馬・未勝利・1勝クラスのレースでしか好走していない馬は苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

5月3日(月) 10:20 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】NHKマイルカップ2021・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 752ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第26回 NHKマイルカップ GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

5月2日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年05月02日号】特選重賞データ分析編(252)~2021年NHKマイルカップ
閲覧 2,065ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 NHKマイルカップ 2021年05月09日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2017年以降)】
×1着 [0-0-0-18](3着内率0.0%)
○2~5着 [4-4-4-16](3着内率42.9%)
×6着以下 [0-0-0-26](3着内率0.0%)

 大敗直後の馬は割り引きが必要。ただし、近年は前走を勝ち切った馬も上位に食い込めていません。主要な前哨戦とは求められる資質が微妙に異なるのでしょう。

主な「○」該当馬→ヴェイルネビュラグレナディアガーズタイムトゥヘヴンリッケンバッカー
主な「×」該当馬→アナザーリリックホウオウアマゾン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“阪神芝1600m外、かつ重賞のレース”において4着以内となった経験がある」馬は2017年以降[2-1-4-15](3着内率31.8%)
主な該当馬→グレナディアガーズホウオウアマゾンリッケンバッカー

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 359ビュー

NHKマイルカップはバスラットレオンの豪快な落馬祭りで始まり、結局はルメールのシュネルマイスターが優勝!
グレナディアガーズは明らかに早仕掛けだった。
G前400M地点で先頭に立ったらダメでしょ~

2着には牝馬のソングラインが入線し馬連は中穴配当になりました。

このレースより印象に残ったのが中京メインの鞍馬S!

これパトロールVを見れば判りますけど、G前の岩田康(クリノガウディー)の横っ飛びがハンパない!
これを見てオークスのトールポピーを思い出した人も多いと思う。

そしてその横っ飛びの先のターゲットは藤懸騎乗のケイアイサクソニー(黄帽)
岩田と藤懸といえばつい先日、岩田が返し馬で馬で幅寄せして暴言を吐いた事件があったばかり。

復帰した早々にまた同じ相手に対してやるか?? みたいな感じです^^;

実は岩田康はこのレースでスギノボルケーノ(若松フーマ)を横っ飛びで葬っております。

つまり最後の直線で2頭をぶっ飛ばしたわけです!

まぁ私個人としては岩田康は嫌いじゃないんですけどね。
優等生的な騎乗をする騎手より地方競馬で培われた気骨溢れる騎乗する騎手の方が好きです。

ただ・・・これはまたネットで叩かれそうな予感がします^^

5月9日() 17:30 ヒロポン1215さん
GⅠ街道 爆進中~!!
閲覧 133ビュー

NHKマイルまで当たりました~!!
昨日の大失態で3連複に手が出ず馬連ですが、またまた当たりました。
裏の新潟記念も2000円くらい賭けましたが、こちらはハズレなので少し儲けが減りましたがヨシとしましょう!!

[もっと見る]

5月9日() 16:30 ジュン☆彡さん
🐎今週のMy POG馬レース結果②🎠📰
閲覧 74ビュー

 
🐴リッケンバッカー
05月09日(日)
東京11R 
NHKマイルカップ
(芝・1600m)
15:40発走
4着
⑤リッケンバッカー
牡3 横山武史 57.0
栗 西村真幸 466(-2)
48.0倍(11番人気)
1.32.2 1/2
33.9

📰前走のアーリントンCで
10番人気ながらも
2着に入り、1勝馬の身で
GIに駒を進めてきた
リッケンバッカー(11番人気)は、
後方待機策で脚を溜めると、
直線では上がり最速の3ハロン
33秒9の末脚を繰り出して
馬群の間から追い込み4着。
2戦連続で人気以上に激走し力が
あるところを示した。

💬3F上がり最速33.9•••😲
 まぁ爪痕は
 残したかなぁ~😔
 去年のMy POG馬
 タイセイビジョンと
 同じく4着ってのが
 デジャビュ~🎠🐎
   

[もっと見る]

5月9日() 16:17 覆面ドクター・英さん
ヴィクトリアマイル・2021 NHKマイルカップの回顧も
閲覧 522ビュー

NHKマイルCはダメでした。逃げると思われた藤岡佑騎手がいきなり落馬したのもあって、前がガチャガチャ厳しいペースになって本命打ったホウオウアマゾンは直線で早め先頭となり、沈んでしまいました。それにしても池添騎手は大一番での好騎乗すごいですね。あまり考えずに、G1でよく来る騎手を買ってたら簡単に当たる馬券でした(笑)切り替えて来週頑張ります。

ヴィクトリアマイルは去年はアーモンドアイの強さを楽しむレースで、きっちり当たったので今年も当てたい。有力馬のほとんどがディープインパクト産駒で(レシステンシアがダイワメジャー産駒なくらい)、女王のグランアレグリアに上り馬がどう立ち向かうかという構図か。

<全頭診断>
1番人気想定 グランアレグリア:前走の大阪杯は距離だけでなく馬場も合わなかったと思われる。タフなレースだった疲れ残っていないかが心配だが、実力的には普通に中心馬。

2番人気想定 レシステンシア:前走の高松宮記念はダノンスマッシュに競り負けたが短距離での強さ見せつけた。ただローテ的に1200M使った後の東京マイルは案外難しいかもしれない。

3番人気想定 デゼル:8戦4勝で前走は阪神牝馬Sを勝った。末脚鋭く、充実期間のここは当然楽しみ。

4番人気想定 マジックキャッスル:昨秋は秋華賞2着、今年に入っても愛知杯勝ち、阪神牝馬S2着と活躍馬多数の母系の良さも出て、ここにきて充実してきていて楽しみ。

5番人気想定 テルツェット:母母ラヴズオンリーミーはリアルスティールやラヴズオンリーユーの母だけあり、良血の能力開花でここ4連勝でダービー卿CTを勝っての参戦。勢いあり、楽しみ。あとは出遅れ癖あるがポンと出てほしい。

6番人気想定 サウンドキアラ:昨年は京都金杯、京都牝馬S、阪神牝馬Sと三連勝の勢いのままにアーモンドアイの2着まで来た。ただ今年は昨年ほどの勢いは無く、ちょっと衰えてきたかなあという印象。

7番人気想定 リアアメリア:中内田厩舎らしく早い時期に稼いで、その後はぱっとしないタイプ。休み明け鮮やかだったりはするが、人気根強く買わない予定。

8番人気想定 シゲルピンクダイヤ:半妹のシゲルピンクルビーが最近は頑張っているが、この馬は昨年このレースで11番人気で6着とそれなりに頑張るも最近は気難しい感じがより出てきて、着順も冴えない状況だけに厳しいのでは。

9番人気想定 ダノンファンタジー:昨年のこのレースでは5着止まりで、毎度関東に輸送すると成績が下がる傾向にあり、あまり期待できない。

10番人気以下想定
スマイルカナ:小回りでの逃げ先行で結果出してきたが、東京の長い直線が向かないタイプで不要。

ディアンドル:ここ2戦は小倉大賞典で12番人気3着、前走福島牝馬Sでも7番人気1着と連続激走した。小回りでの逃げ先行タイプで、ここは適性が違いそう。

マルターズディオサ:昨年はG1本番より前哨戦であるチューリップ賞や紫苑Sを勝った。弱い相手にきっちり結果出すタイプと思われ、速い末脚も無くここは道悪にでもならないと厳しいか。

クリスティ:ゆっくり力をつけてきて前走はリステッド競走の六甲Sを勝った。馬場が渋った時に相対的に好走しており、ここも道悪になるとチャンスか。

ランブリングアレー:1800~2000Mで成績の良い馬で東京も初めて。ディープインパクト産駒らしい優等生ぶりで毎度堅実に走るが、ここ一番での激走というのは無いタイプでは。

シャドウディーヴァ:昨年は東京新聞杯2着、府中牝馬Sでも2着、今年の東京新聞杯でも3着と東京マイルの得意な馬ではある。ただ昨年のこのレースで10着だったように、ちょっと足りなさどうでもあるし、昨秋から出遅れ癖が出てきたので昨年以上は望めないのでは。

イベリス:今年は阪神開催だった京都牝馬Sを逃げ切った。ここも逃げられたら案外しぶといかもしれない。

レッドベルディエス:2月の3勝クラス勝ちでようやくオープン入りしたが、血統的にもわりと人気になりそう、かつ激走無さそうなタイプで期待薄。

プールヴィル:フィリーズレビュー勝ち後はイマイチで早熟なのかと思わせた時期もあったが、じわじわ力をつけて、体重もデビュー当初より40kg近く増えて、瞬発力いまいちではあるが、着順悪い時でもそう大きく負けないタイプで流れに乗れれば激走期待もありか。

エーポス:桜花賞からちょうど1年の長期休養明けだった前走は5着だったが0.2秒差で、3歳時のような出遅れ癖もでなくて、反動でないで上積みあれば穴馬として面白い存在。G2フィリーズレビュー勝ち馬で賞金も足りるのでは。

アフランシール:昨年夏に3勝クラスを勝ちあがってオープン入りするも、壁に当たっている現況ではG1での激走期待できない。

<まとめ>
有力:テルツェット、グランアレグリア

ヒモに:デゼル、レシステンシア、マジックキャッスル、サウンドキアラ

穴で:エーポス、プールヴィル、イベリス

[もっと見る]

5月9日() 14:48 お美沙@爆益舎さん
NHKマイルCは1:31前後の高速決着か?
閲覧 138ビュー

先ほど終了した東京9R湘南S(3勝クラス)の勝ちタイムが1:32フラット!
これは速いです!

本番のNHKマイルは1:31秒前後・・・場合によっては一昨年のノームコアのコースレコード1:30.5に迫る高速決着になるかもしれません。

馬券戦略上言えることは、この高速馬場への対応力の有無・・・これに尽きると思う。

マイルの持ち時計上位はグレナディアガーズとホウオウアマゾン!
共に1:32秒台
この両馬にとってこの高速馬場は歓迎材料に違いない。

人気馬の一角シュネルマイスター・・
僅か3戦のキャリアなので持ち時計で比較するのは酷ですが、ひいらぎ賞、弥生賞ともに時計は遅いです。
キングマン産駒だけに高速馬場は得意なのかもしれませんが、これまで高速馬場を経験していない点はややマイナス点か・・。

それと、これだけ時計が速いと外から差すのは難しいですね。
インをセコく回ってきて直線も内を突く馬が絶対有利な馬場かと・・


爆益舎の本命ヴェイルネピュラですが、高速馬場だろうが道悪だろうが、どう考えてもこの馬は無理でしょ・・
ヾ(-_-;)
だったら最初から馬券買うなよ!って話なわけですが、まぁ馬券代800円は観戦料のつもりでゲートオープンを待つことにします♪

[もっと見る]

5月9日() 12:31 末三さん
いつもの出かける前に予想でも・・・ 末三の第26回NHKマ...
閲覧 285ビュー

今日は東京競馬場にてGⅠレース・第26回NHKマイルカップが

行われますね。

 ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪



いつものミニバスの練習で出かける末三です。

では、さっそく。

 ヽ( ´ ▽ ` )ノ 



東京 11R 第26回 NHKマイルカップより

◎ 15番 シュネルマイスター        引き続き好調キープ。

〇  8 番 グレナディアガーズ        一度使った上積みあり。

▲  5 番 リッケンバッカー         マイルとデキから。

△  7 番 タイムトゥヘヴン         展開ハマれば。

× 12番 ランドオブリバティ        折り合えば。

×  2 番 アナザーリリック         牝馬といえど。

馬券は3連複6頭ボックス15-8-5-7-12-2番で

さぁ、それで張り切っていってみよっ

 (* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 京都新聞杯で重賞初制覇を飾ったレッドジェネシス(栗・友道、牡3)は、日本ダービー(30日、東京、GI、芝2400メートル)へ駒を進める。

 友道調教師は「このままダービーへ行きます。緩いところがありましたが、もともと能力はありましたからね。一戦ごとにジョッキーがレースを教えてくれて、良くなっています」と話した。



レッドジェネシスの競走成績はこちら

【京都新聞杯】ダービー堂々参戦だ!ジェネシス初重賞ゲット 5月9日() 04:51

 京都新聞杯が8日、中京競馬場で11頭によって争われ、3番人気で川田騎乗のレッドジェネシスが差し切って重賞初勝利。賞金を加算し、日本ダービー(30日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。川田騎手はJRA通算1600勝、友道調教師は同600勝の節目をダブルで飾った。

 一戦ごとに力をつけてきたレッドジェネシスが、日本ダービーへの東上最終便の切符をつかみ取った。JRA通算1600勝を飾った川田騎手は、充実一途のパートナーをねぎらった。

 「道中のリズムが良くて、直線に入ったときには『届くな』と思えるくらい雰囲気が良かったです。いろんな形で結果を出してくれて、とてもえらいなと思います」

 虎視眈々、という表現がぴったりのレースだ。よどみない流れの道中は中団インでロスなく運び、勝負どころから馬群を縫うように進出。直線は力強く伸び、ラスト50メートルで僚馬ルペルカーリアを捕らえた。重賞初挑戦Vで賞金を加算し、大一番への道を切り開いた。

 JRA通算600勝を達成した友道調教師は「新馬のときから素質は感じていたけど、後肢が緩くてゲートを出なかった。体が良くなって、精神的にも成長した」と目を細めた。父ディープインパクト、母父ストームキャットの配合は、2013年にこの一戦を勝った勢いそのままに、日本ダービーも制したキズナと同じ。レッドジェネシスが、その再現を狙って晴れ舞台に向かう。(川端亮平)



レッドジェネシス 父ディープインパクト、母リュズキナ、母の父ストームキャット。鹿毛の牡3歳。栗東・友道康夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(株)東京ホースレーシング。戦績7戦3勝。獲得賞金7416万9000円。重賞は初勝利。京都新聞杯友道康夫調教師が初勝利、川田将雅騎手は2015年サトノラーゼンに次いで2勝目。馬名は「冠名+創世記、起源」。

★8日中京11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】ルペルカーリア2着で次は秋か 5月9日() 04:50

 同じ友道厩舎のルペルカーリアが2着に逃げ粘った。「2番手でもいいと思っていたけど、(1)番の馬と接触してガッとなりました」と福永騎手。収得賞金1500万円となったが、日本ダービー出走について友道調教師は「賞金的に厳しいと思うので次は秋でいいんじゃないかなと思う」と語った。

★8日中京11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】レースを終えて…関係者談話 5月9日() 04:49

 ◆浜中騎手(マカオンドール3着)「スタートから50~100メートルで決まりました。勝ち馬のポジションが欲しかった」

 ◆和田竜騎手(トーホウバロン4着)「思った位置を取れ、勝負どころもついていけました。この先が面白い馬ですよ」

 ◆西村淳騎手(ヴェローチェオロ5着)「いいポジションでレースができましたが、ラストは止まりました」

★8日中京11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】シーザリオ産駒のルペルカーリアは2着 福永「強力な先行馬になると思います」 5月8日() 18:15

 5月8日の中京11Rで行われた第69回京都新聞杯(GII、3歳オープン、芝2200メートル、11頭立て、1着賞金=5400万円)は、川田将雅騎手騎乗の3番人気レッドジェネシス(牡、栗東・友道康夫厩舎)が中団から直線鋭く弾け、粘るルペルカーリア(1番人気)をゴール前で差し切り勝利。重賞初制覇を飾るとともに、賞金を加算して日本ダービー(30日、東京、GI、芝2400メートル)出走に大きく前進した。タイムは2分11秒2(良)。



 名牝シーザリオの産駒で福永祐一騎手騎乗のルペルカーリアは、好スタートから押し出されるように1コーナーで先頭に立つと、そのまま逃げの競馬を展開。4コーナーから他馬を力強く突き放して押し切りを図るも、ゴール直前で僚馬の強襲に合い3/4馬身差の2着。重賞初制覇とはならなかった。



 ◆福永祐一騎手「2番手からでもいいと思っていましたけど、1番の馬(ワイドエンペラー)と接触して、ガッとなりました。でも、ハナに立ってからはいいリズムでした。最後に苦しくなったけど、バテたというよりも体がついてこなかった感じ。そのあたり(体力)が整えば、強力な先行馬になると思います」

★8日中京11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都新聞杯】マカオンドールは追い込み届かず3着 浜中「勝ち馬のポジションが欲しかった」 5月8日() 18:11

 5月8日の中京11Rで行われた第69回京都新聞杯(GII、3歳オープン、芝2200メートル、11頭立て、1着賞金=5400万円)は、川田将雅騎手騎乗の3番人気レッドジェネシス(牡、栗東・友道康夫厩舎)が中団から直線鋭く弾け、粘るルペルカーリア(1番人気)をゴール前で差し切り勝利。重賞初制覇を飾るとともに、賞金を加算して日本ダービー(30日、東京、GI、芝2400メートル)出走に大きく前進した。タイムは2分11秒2(良)。



 前走に同コースの大寒桜賞を制し、連勝での重賞初制覇を狙った浜中俊騎手騎乗のマカオンドール(2番人気)は、まずまずのスタートから道中は後方3番手を追走。直線では大きな完歩で末脚を伸ばして前をとらえにかかるも、勝ち馬から3/4+3/4馬身差届かず3着に敗れた。



 ◆浜中俊騎手「スタートから50~100メートルで決まりました。勝ち馬のポジションが欲しかったです」

★8日中京11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 335ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


京都新聞杯・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

5月5日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2021年05月05日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(252)
閲覧 2,097ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、メトロポリタンステークス・谷川岳ステークス・京都新聞杯・プリンシパルステークス・橘ステークス・ブリリアントステークス・新潟大賞典・鞍馬ステークス・NHKマイルカップの9レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年05月08日(土) 東京10R メトロポリタンステークス
【馬齢別成績(2017~2018年・2020年)】
●4歳 [1-0-0-6](3着内率14.3%)
●5~6歳 [2-2-3-9](3着内率43.8%)
●7歳以上 [0-1-0-11](3着内率8.3%)
→5~6歳馬が優勢。高齢馬はもちろん、4歳勢も期待を裏切りがちでした。


▼2021年05月08日(土) 新潟11R 谷川岳ステークス
【前走の馬体重別成績(2016年以降)】
●480kg未満 [2-0-0-32](3着内率5.9%)
●480kg以上 [3-5-5-30](3着内率30.2%)
→馬格を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち、前走の馬体重が480kg以上だったのは、エントシャイデンサクセッションシュリプラチナムバレットミラアイトーンの5頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
新潟芝1600m外×ハーツクライ×6歳以下
→3着内率40.0%、複勝回収率132%


▼2021年05月08日(土) 中京11R 京都新聞杯
【“JRA、かつ芝、かつ1勝クラス以上のレース”において7着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [4-4-4-32](3着内率27.3%)
●なし [0-0-0-12](3着内率0.0%)
→2017年以降の3着以内馬12頭は、いずれも1勝クラス以上のレースで善戦したことがあった馬。新馬・未勝利のレースを勝ち上がったばかりの馬は強調できません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中京芝2200m×ルーラーシップ×前走6着以内
→3着内率51.7%、複勝回収率173%


▼2021年05月08日(土) 東京11R プリンシパルステークス
【“中山芝1800~2000mのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [3-3-3-8](3着内率52.9%)
●なし [0-0-0-22](3着内率0.0%)
→近年は中山のレースを避けてきた馬が不振。コース適性を評価する際は注意しましょう。


▼2021年05月09日(日) 中京10R 橘ステークス
【“JRA、かつ1400~1600m、かつオープンクラスのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
●あり [5-3-4-15](3着内率44.4%)
●なし [0-2-1-25](3着内率10.7%)
→実績や距離適性を素直にジャッジした方が良さそう。1400m未満のレース、新馬・未勝利・1勝クラスのレースでしか好走していない馬は苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 45ビュー

ダービーの切符をかけた戦いは、人気馬3頭の見応えのありレースとなりました。1番人気の素質馬ルペルカーリアがハナを切っての自力勝負に出ると、同きゅう舎のもう一頭の素質馬レッドジェネシスは少し離れてペースに乗った走りを見せる。もう1頭のマカオンドールはその後ろで、レッドジェネシスの動き出すのをじっくり待つという、真の力比べ、他の馬には申し訳ありませんが、この3頭が今回は力上位でした。一歩先に仕掛けたレッドジェネシスが僚馬のルペルカーリアをかわいがりながらもしっかり抜け出して優勝。これでダービー出走権は獲得しました。馬体は成長していますが、デビューから少しここまで使いすぎている感は否めません。それでも馬主の夢であるダービーには馬の状態が良ければ使って欲しいと思います。

 2着にはルペルカーリアが残りました。この馬も素質馬で、今後は必ず走ってくる馬ですが、春のクラシックには縁がなかったのかも。ここはじっくりリフレッシュに当てて成長を即して欲しいところです。

 3着のマカオンドールは着実に自力強化して臨んできましたが、現時点ではこれが精いっぱいといったレースでした。高速馬場は疑問ですが、パワー型の馬場になれば浮上してきそうな馬です。

5月10日(月) 22:26 グラニースミスさん
外車 ~先週の競馬~
閲覧 374ビュー

日曜新潟6R パドック中継で
前走から66kg増の592kg
はぁー?

その馬の馬主は「ゴドルフィン」で
2度ビックリしました(笑)
〇外 ボンディングタイム
前走タイムオーバー
今回またしてもタイムオーバーの15着
ウマザップですねぇ

【京都新聞杯の注目馬の結果】
結果は1~3着完全掲載でした。
3頭出走回避して注目馬5頭
ディープモンスター → 除外で新馬2度経験
フォルテデイマルミ → 2歳デビューも4/25未勝利勝ち
アナレンマ → 3歳デビュー新馬勝ち
馬券になった馬3頭は、2歳で1度きりの新馬戦に出走
フォルテデイマルミ はプリンシパル2着
3歳新馬戦は完全になくなるかも知れませんねぇ

【新潟大賞典の注目馬の結果】
結果は1~3着完全掲載でした。
1着馬 サンレイポケット と〇地トーセンスーリヤ
は新馬戦に出走していなかった。
〇地馬はおいて、サンレイポケットのデビューは3歳未勝利

【NHKマイルCの注目馬の結果】
結果は1~3着完全掲載でした。
その昔、〇外馬はクラシックに出走不可
このレースは、〇外のダービー戦色が濃かった。
そこへ皐月賞の〇優を持った〇外が出走してきた。
シュネルマイスター = スピードの名人(独)
馬名の意味なんて、そのものですねぇ

2頭出走の〇外馬が7枠に同居
ショックアクション → ゴドルフィン

ドイツ産の馬が勝ったのはJCランド以来だとか
ランド の父は アカテナンゴ
先週天皇賞(春) ワールドプレミア の母父だったする

さて、先週の3重賞は、表10番が全て連対でした
鞍馬Sのクリノガウディーも10番だから 
日曜日のメインは、10番が連対ともいう
しかし、あれは審議にならないんですねぇ💦

皐月も桜もNHKも今年の3歳GⅠ戦は、
〇優を持たない馬が1着馬
オークス・ダービーの参考にします

では

[もっと見る]

5月10日(月) 13:40 競馬場の神様さん
第26回 NHKマイルカップ回顧
閲覧 104ビュー

 見事、今年のNHKマイルカップを制したのは、ホウオウアマゾンと同居したC.ルメール騎手騎乗のシュネルマイスターだった。

1.このレースが行われた5月9日は、ルメールJの母国であるフランスの外務大臣だったシューマンが「ホウオウ」アマゾン =【訪欧】「ヨーロッパ」の地をたずねること =「ヨーロッパ」石炭鉄鋼共同体(ECSC)の設立を提唱したことに因み制定された[ヨーロッパの日]。
2.見事、前日の京都新聞杯を制した勝ち馬 = レッドジェネシス
3.シューマン = 第二次世界大戦でレジスタンスを展開したメンバーの1人。そうであれば、当然、勝つのはド・ゴールの自由フランス政府ではなく、「シューマ」ン =「シュ」ネル「マ」イスタ「ー」ということになる(サービス問題!)。ドイツ出身のバッハ氏が会長を務めるIOC主催の東京オリンピックは果たして開催されるのか?今後の旧枢軸国側の動向に注目していきたい。


〖訂正〗
①✕ 京都新聞杯(京都11R)→ 〇(中京11R)
②✕「ゴールドギア」→ 〇「ゴールド」ギア
③✕ 7⃣8⃣オークス回顧 → 〇 7⃣8⃣オークス予想

[もっと見る]

5月10日(月) 11:42 たぶお統括本部長さん
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 64ビュー

《今週の推奨馬》

★土曜日・中京10R・遠州灘S(4歳以上3勝クラス・ダート1800m)
・サンダーブリッツ
前走は2月に府中ダート1600mの白嶺Sを2着に好走で、これで昇級してから2戦連続2着に好走中で現級では明らかに実力上位の存在。
先週の府中・立夏Sを除外されて1週スライドする形になるが、ダート1800mは[0.1.0.1]で前々走に昇級初戦で中山のアレキサンドライトSで2着してるから距離は問題ない。
中京も初めてになるが、全3勝が同じ左回りの府中だから問題なく勝ち負け必至。

★土曜日・東京10R・緑風S(4歳以上3勝クラス芝2400m)
・リリーピュアハート
(前走に続いて2度目の推奨)
前走は3月に阪神芝2400mの御堂筋Sで1番人気に支持されたが6着に敗退。
やはり阪神は向かなかったようで、これで芝2400mは[2.1.0.3]と全3勝中2勝を挙げて大得意だが、府中に限ると[2.1.0.1]で唯一の着外はGⅠオークスの9着だけだ。
ベストの府中2400mに戻るなら勝ち負け必至。

★日曜日・東京10R・青竜S(3歳オープン・ダート1600m)
・ラペルーズ
前走は2月に2ヶ月ぶりで今回と同じ府中ダート1600mのオープン特別ヒヤシンスSを1馬身半差で快勝した。
これで地方時代から3連勝中と絶好調で、ダート成績は地方時代も含めて[4.1.0.0]の連対率100%で全く底を見せてない。
今回も3ヶ月ぶりになるが間隔が開いても問題ないタイプだし引き続き同じ舞台なら勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・東京9R・立夏S
2着コラルノクターン
複勝110円

★日曜日・中京9R・三方ヶ原S
2着エヒト
複勝110円

★日曜日・新潟12R・三条S
1着リネンファッション
単勝170円
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[17.7.4.20]
勝率・0.354
連対率・0.500
複勝率・0.583

単複回収率(48戦)
単勝・72.9%(3500円)
複勝・76.8%(3690円)
総合・74.8%

《先週の重賞レース◎成績》

★京都新聞杯(GⅡ)
3着マカオンドール
複勝120円

★新潟大賞典(GⅢ)
5着ボッケリーニ

★NHKマイルカップ(GⅠ)
3着グレナディアガーズ
複勝140円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔12.12.6.23〕
勝率・0.226
連対率・0.452
複勝率・0.566

単複回収率(53戦)
単勝・72.0%(3820円)
複勝・77.7%(4120円)
総合・74.9%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★谷川岳S
1着シュリ
単勝270円
複勝120円

★プリンシパルS
4着ヴァイスメテオール

★鞍馬S
2着ナランフレグ
複勝160円

成績・[14.5.8.28]
勝率・0.254
連対率・0.345
複勝率・0.490

単複回収率(55戦)
単勝・93.8%(5160円)
複勝・77.6%(4270円)
総合・85.7%

[もっと見る]

5月9日() 10:44 すみぺ~にゃさん
本日の買い目👀
閲覧 155ビュー

↑は、私の予想してる時のテーブル(爆)
クッキーは頭に糖分補給する為!
いい感じにブレてるのが、私らしいのです。


昨日の京都新聞杯は的中🎯
予想にかかった時間は15分くらい?
何も考えないで買ったものが当たると、考えたものがハズレる確率が上がっちゃう??

で、今日の買い目!
考えない方は 新潟大賞典です。

三連単 軸一頭流し
⑩→①②⑪ の6点

NHKマイル

馬連
③④ー②③⑩⑫⑱

馬単
⑧⑬⇔④⑦⑧⑬⑮ (裏表)

三連複、三連単はコロシアムに!

ホウオウアマゾン・バスラットレオンを軸にしました。
後は、ピクシーナイト・グレナディアガーズ・タイムトゥヘヴンを重めに。

とにかく手広くトリガミを恐れず!🤣

個人的にランドオブリバティとアナザーリリックに注目してます♪

コロナはやはり怖いですね😰
明後日からの感染者数に注目したいと思います。

ちなみにワクチン、息子は会社から(微妙な医療関係)接種日が決まったらしく14日と来月1日。
母は25日で2回目は未定。

私は…いつになるんだろ(笑)
まぁ気長に待たないとですね😃

[もっと見る]

5月9日() 00:22 正義の魂さん
ほほうレッドジェネシス勝ったか
閲覧 38ビュー

今回の京都新聞杯で、奇跡が起きた。

私が指名した瞬間に、期間内での活躍が
なくなると決まっている、某POGにて、
私が指名した、レッドジェネシスが、
不可能を可能にした。

しかも、同じく指名した、ルペルカーリアが
逃げ粘って2着になるという、おまけ付き。

オヌールがそうであったように、
いくら世界最強の騎手でも、
レッドジェネシスを勝たせ、日本ダービーに
連れて行くのは、無理に決まっている、
と思っていたのであったが、
今回の結果には驚いた。

道中は後方を進み、4コーナー当たりで
早めに進出し、最後の直線で、
逃げたルペルカーリアを捕らえ、
そのままゴールしたという、
なかなか強い勝ち方だったではないか。

ただ、レッドジェネシスは、
牝馬を気にする気性故に、
サトノレイナスが出てくる、日本ダービーでは、
好走は少し難しいところである。

しかし、京都新聞杯を勝ったとなれば、
POG馬としては、当たりという評価を
下すべきであろう。

POG期間の、最後の方に来て、
その私の万年下位POGも、少しだけ
面白くなったといえる。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 新潟大賞典が9日、新潟競馬場で14頭によって争われ、鮫島駿騎乗で3番人気のサンレイポケットが後方待機策から直線で末脚を伸ばし、2着の1番人気ポタジェとの接戦をクビ差で制し、19戦目で待望の重賞初勝利をマークした。

 ◇

 1000メートル通過が57秒1のハイペースで、サンレイポケットは後方で自分の走りに徹した。10番手で迎えた4コーナーで早々とムチが入り、鮫島駿騎手が659メートルの長い直線で追いまくる。最後は4頭が並んでの末脚比べのなか、ポタジェの追い上げをクビ差で振り切った。慌てず、しまいにかけた鞍上の執念が、6歳馬に念願の重賞タイトルをもたらした。

 「(ペースが)速いと思ったので、深追いせずにリズムを大事にして進めた。他のレースを見ても、騎手の意識が外にいっていたので、内があくと思った。レース前から混戦だと思い、追い負けないように馬を鼓舞しました。勝てて良かったです」。3歳6月のレース中に骨盤を骨折。1年4カ月のブランクを余儀なくされた。その後も懸命に立て直し、鍛え上げた関係者の努力が実った5勝目となった。



サンレイポケット 父ジャングルポケット、母アドマイヤパンチ、母の父ワイルドラッシュ。黒鹿毛の牡6歳。栗東・高橋義忠厩舎所属。北海道様似町・様似共栄牧場の生産馬。馬主は永井啓弐氏。戦績19戦5勝。獲得賞金1億5551万9000円。重賞は初勝利。新潟大賞典高橋義忠調教師、鮫島克駿騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+父名の一部」。

★9日新潟11R「新潟大賞典」の着順&払戻金はこちら

【新潟大賞典】レースを終えて…関係者談話 5月10日(月) 04:53

 ◆西村淳騎手(ポタジェ2着)「いいポジションで(1)番(ボッケリーニ)を見ながら進めて、直線もうまくいいところに出せましたが…。着差が着差だけに悔しいです」

 ◆秋山真騎手(サトノソルタス3着)「早めに動こうと思っていたので外枠で良かった。うまく自分のリズムで押し上げることができたし、頑張っています」

 ◆横山和騎手(トーセンスーリヤ4着)「緩い馬場で脚を取られながらでしたが、パンパンの良馬場なら勝っていたと思います。この後、順調にいけばまたチャンスはありますよ」

 ◆吉田隼騎手(ボッケリーニ5着)「いい位置で折り合いがついたし、差はなかったけど、ばねがある馬で、もう少しきれいな馬場の方がいいですね」

★9日新潟11R「新潟大賞典」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新潟大賞典】サンレイポケット、ゴール前の激戦制し重賞初V 5月9日() 15:35

 5月9日の新潟11Rで行われた第43回新潟大賞典(4歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=4100万円)は鮫島克駿騎手騎乗の3番人気サンレイポケット(牡6歳、栗東・高橋義忠厩舎)がゴール前に4頭が並ぶ激戦を制し快勝。6度目の重賞挑戦で初タイトルを獲得した。タイムは1分59秒3(良)。



 クビ差の2着に1番人気のポタジェ、さらにクビ差遅れた3着には7番人気のサトノソルタスが入った。



 ◆鮫島克駿騎手(1着 サンレイポケット)「馬場を考えれば若干、ペースは流れているのかなと思っていたのでそこまで深追いせずに、僕とサンレイポケットのリズムだけを意識して向こう正面を進めました。前半のレースを見ていても、各騎手の動きが外の方に意識がいっていたので、内はあくだろうと思っていましたし、この馬自身、パワーのいる馬場もこなせるので内から進路を選択しました。レース前から混戦だと思っていて、あとは追い負けないようにしっかり馬を鼓舞して、頑張ってくれと思って追っていました」



 新潟大賞典を制したサンレイポケットは、父ジャングルポケット、母アドマイヤパンチ、母の父ワイルドラッシュという血統。北海道様似町・様似共栄牧場の生産馬で、馬主は永井啓弍氏。通算成績は19戦5勝。重賞は初制覇。新潟大賞典は、管理する高橋義忠調教師、騎乗した鮫島克駿騎手ともに初勝利。



★【新潟大賞典】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【新潟大賞典】入線速報(新潟競馬場) 5月9日() 15:28

新潟11R・新潟大賞典(2回新潟2日目 新潟競馬場  芝・左外2000m サラ系4歳以上オープン)は、1番手2番サンレイポケット(単勝5.5倍/3番人気)、2番手10番ポタジェ(単勝3.5倍/1番人気)、3番手14番サトノソルタス(単勝19.0倍/7番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連2-10(11.5倍) 馬単2-10(27.7倍) 3連複2-10-14(60.1倍) 3連単2-10-14(313.4倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2021050904020211
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【馬場の有利不利、教えます!】新潟大賞典2021 天気の推移や風による傾向変化に注意!状況に合わせて柔軟に対応するのがベター! 5月9日() 09:16

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は新潟大賞典・馬場の有利不利、教えます! をお届けします!


土曜日の新潟芝のレース結果、近年の新潟大賞典の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。

この中間は水曜日に4.5ミリの雨が降ったものの、大勢に影響を与えるほどではなく、土曜日の芝コースは終日良馬場(JRA発表)でレースが行われた。

メインR・谷川岳S(オープン・芝1600m外回り)の決着タイムは1分33秒9。代替競馬を経て芝の傷みが進んでいる反面、路盤の締まりが良くなってきたこともあってか、見た目以上に時計が出ているように思える。

土曜日の結果を検証すると、脚質に関しては差しがやや優勢。その一方で、枠順の有利不利は少ない印象。1枠および外枠の好走が多いように映るが、展開や進路取りによるものが大きく、過度の信頼は危険だろう。

ただ、日曜日の天気予報は雨のち晴れ。雨量が少なければ土曜日の傾向を踏襲する可能性は高いが、多く降るようだと路盤が緩み、状況が様変わりすることも考えられる。

加えて、西または西南西の風(スタンド前の直線が向かい風)が強くなる見通しなのも、悩ましいところ。判断に難しいが、脚質や枠順に捉われることなく、その時の状況に合わせて柔軟に対応するのが正解ではないか。

血統面については、近年の新潟大賞典を振り返ると、身体能力に優れた欧州血統の好走が目立つ。そのなかでも目を引くのは父キングマンボ系の活躍。近3年で4頭が馬券に絡んでおり、今年も該当する馬は積極的に狙っていきたい。

今回の出走メンバーで要点を満たしているのは、①ボッケリーニ、⑤ムイトオブリガード。従って当欄では、この2頭を注目株として推奨する。


【馬場予想からの注目馬】
ボッケリーニ ⑤ムイトオブリガード

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】新潟大賞典2021 波乱傾向が強いハンデ重賞!仕留めるのは誰!? 5月9日() 06:30


※当欄では新潟大賞典について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎⑩ポタジェ
○②サンレイポケット
▲⑭サトノソルタス
△①ボッケリーニ
△⑤ムイトオブリガード
△⑥ヒュミドール
△⑨サトノエルドール

【杉本清】
◎⑬マイスタイル
○⑩ポタジェ
▲①ボッケリーニ
☆⑥ヒュミドール
△②サンレイポケット
△④トーセンスーリヤ
△⑪ダノンマジェスティ
△⑭サトノソルタス

【小木茂光】
注目馬
バイオスパーク

【安田和博(デンジャラス)】
◎①ボッケリーニ

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑭サトノソルタス

【原奈津子】
◎⑪ダノンマジェスティ
○④トーセンスーリヤ
▲⑧バイオスパーク

【天童なこ】
◎⑨サトノエルドール
○①ボッケリーニ
▲⑩ポタジェ
☆⑥ヒュミドール
△②サンレイポケット
△④トーセンスーリヤ
△⑪ダノンマジェスティ
△⑭サトノソルタス

【目黒貴子】
◎②サンレイポケット



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 2,097ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、メトロポリタンステークス・谷川岳ステークス・京都新聞杯・プリンシパルステークス・橘ステークス・ブリリアントステークス・新潟大賞典・鞍馬ステークス・NHKマイルカップの9レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2021年05月08日(土) 東京10R メトロポリタンステークス
【馬齢別成績(2017~2018年・2020年)】
●4歳 [1-0-0-6](3着内率14.3%)
●5~6歳 [2-2-3-9](3着内率43.8%)
●7歳以上 [0-1-0-11](3着内率8.3%)
→5~6歳馬が優勢。高齢馬はもちろん、4歳勢も期待を裏切りがちでした。


▼2021年05月08日(土) 新潟11R 谷川岳ステークス
【前走の馬体重別成績(2016年以降)】
●480kg未満 [2-0-0-32](3着内率5.9%)
●480kg以上 [3-5-5-30](3着内率30.2%)
→馬格を重視したい一戦。特別登録を行った馬のうち、前走の馬体重が480kg以上だったのは、エントシャイデンサクセッションシュリプラチナムバレットミラアイトーンの5頭だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
新潟芝1600m外×ハーツクライ×6歳以下
→3着内率40.0%、複勝回収率132%


▼2021年05月08日(土) 中京11R 京都新聞杯
【“JRA、かつ芝、かつ1勝クラス以上のレース”において7着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [4-4-4-32](3着内率27.3%)
●なし [0-0-0-12](3着内率0.0%)
→2017年以降の3着以内馬12頭は、いずれも1勝クラス以上のレースで善戦したことがあった馬。新馬・未勝利のレースを勝ち上がったばかりの馬は強調できません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
中京芝2200m×ルーラーシップ×前走6着以内
→3着内率51.7%、複勝回収率173%


▼2021年05月08日(土) 東京11R プリンシパルステークス
【“中山芝1800~2000mのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [3-3-3-8](3着内率52.9%)
●なし [0-0-0-22](3着内率0.0%)
→近年は中山のレースを避けてきた馬が不振。コース適性を評価する際は注意しましょう。


▼2021年05月09日(日) 中京10R 橘ステークス
【“JRA、かつ1400~1600m、かつオープンクラスのレース”において6着以内となった経験の有無別成績(2016年以降)】
●あり [5-3-4-15](3着内率44.4%)
●なし [0-2-1-25](3着内率10.7%)
→実績や距離適性を素直にジャッジした方が良さそう。1400m未満のレース、新馬・未勝利・1勝クラスのレースでしか好走していない馬は苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 41ビュー

マイルスタイルが暴走気味に逃げるレースとなり、他の馬は翻弄されないようにじっくり待機という競馬となりました。いくら何でも残り目のない逃げに出たマイスタイルは次走以降、抑えがきいた逃げが打てるかが心配になるくらいの走り。やはりこの馬は田中勝春騎手が似合います。

そんな中で直線は激しいたたき合いとなり、仕掛けどころが明暗を分けました。テン乗りとなった鮫島克騎手騎乗のサンレイポケットが重賞初制覇。昨年の毎日王冠の好走がフロックではなかったことを見せつけました。夏にもっと力を付けて秋にはスターホースとの対決を見せて欲しいものです。

 2着にはクビ差で1番人気のポタジェ。間違いなくボッケリーニマークの競馬をしており、早めに動いた分末が甘くなり惜敗。それでも重賞で好走できる力はついてきました。人気先行の馬ですが、今後も成長を続け、早めに重賞制覇をして欲しいと思います。

 3着もクビ差。サトノソルタスはまたあと一歩で重賞に届きませんでしたが、レースぶりが良くなってきました。6歳でも使い減りしていないだけに、今後も注意したい馬です。

 所長◎のボッケリーニは少し仕掛けが早かった印象。もう一段ギアを上げられるようになれば、そこを見せていないだけに強めの相手でも崩れはなさそうです。

5月11日(火) 07:07 うま歴41さん
複勝ころがし3日目
閲覧 66ビュー

複勝ころがし3日目にトライします。これまで5/8土曜日新潟メインでミラアイトーンの複勝を1000円、そして京都新聞杯で3人気レッドジェネシスの複勝を1000円買い。結果はともに的中で2000円が2800円に。二日目5/9日曜日は新潟大賞典で8枠2頭横山と秋山の馬に2800円の半額1400円を700円づつ買い。半額の1400円をNHK杯で10番7番人気ソングラインを買い。ともに的中で新潟が2870円になり。東京が4480円になり。
やったぁ。2000円が合計7350円になりました。枠連馬券から複勝馬券に移行して順調なすべりだし、今週もトライします。

[もっと見る]

5月10日(月) 22:26 グラニースミスさん
外車 ~先週の競馬~
閲覧 374ビュー

日曜新潟6R パドック中継で
前走から66kg増の592kg
はぁー?

その馬の馬主は「ゴドルフィン」で
2度ビックリしました(笑)
〇外 ボンディングタイム
前走タイムオーバー
今回またしてもタイムオーバーの15着
ウマザップですねぇ

【京都新聞杯の注目馬の結果】
結果は1~3着完全掲載でした。
3頭出走回避して注目馬5頭
ディープモンスター → 除外で新馬2度経験
フォルテデイマルミ → 2歳デビューも4/25未勝利勝ち
アナレンマ → 3歳デビュー新馬勝ち
馬券になった馬3頭は、2歳で1度きりの新馬戦に出走
フォルテデイマルミ はプリンシパル2着
3歳新馬戦は完全になくなるかも知れませんねぇ

【新潟大賞典の注目馬の結果】
結果は1~3着完全掲載でした。
1着馬 サンレイポケット と〇地トーセンスーリヤ
は新馬戦に出走していなかった。
〇地馬はおいて、サンレイポケットのデビューは3歳未勝利

【NHKマイルCの注目馬の結果】
結果は1~3着完全掲載でした。
その昔、〇外馬はクラシックに出走不可
このレースは、〇外のダービー戦色が濃かった。
そこへ皐月賞の〇優を持った〇外が出走してきた。
シュネルマイスター = スピードの名人(独)
馬名の意味なんて、そのものですねぇ

2頭出走の〇外馬が7枠に同居
ショックアクション → ゴドルフィン

ドイツ産の馬が勝ったのはJCランド以来だとか
ランド の父は アカテナンゴ
先週天皇賞(春) ワールドプレミア の母父だったする

さて、先週の3重賞は、表10番が全て連対でした
鞍馬Sのクリノガウディーも10番だから 
日曜日のメインは、10番が連対ともいう
しかし、あれは審議にならないんですねぇ💦

皐月も桜もNHKも今年の3歳GⅠ戦は、
〇優を持たない馬が1着馬
オークス・ダービーの参考にします

では

[もっと見る]

5月10日(月) 11:42 たぶお統括本部長さん
今週の推奨馬+先週の◎成績
閲覧 64ビュー

《今週の推奨馬》

★土曜日・中京10R・遠州灘S(4歳以上3勝クラス・ダート1800m)
・サンダーブリッツ
前走は2月に府中ダート1600mの白嶺Sを2着に好走で、これで昇級してから2戦連続2着に好走中で現級では明らかに実力上位の存在。
先週の府中・立夏Sを除外されて1週スライドする形になるが、ダート1800mは[0.1.0.1]で前々走に昇級初戦で中山のアレキサンドライトSで2着してるから距離は問題ない。
中京も初めてになるが、全3勝が同じ左回りの府中だから問題なく勝ち負け必至。

★土曜日・東京10R・緑風S(4歳以上3勝クラス芝2400m)
・リリーピュアハート
(前走に続いて2度目の推奨)
前走は3月に阪神芝2400mの御堂筋Sで1番人気に支持されたが6着に敗退。
やはり阪神は向かなかったようで、これで芝2400mは[2.1.0.3]と全3勝中2勝を挙げて大得意だが、府中に限ると[2.1.0.1]で唯一の着外はGⅠオークスの9着だけだ。
ベストの府中2400mに戻るなら勝ち負け必至。

★日曜日・東京10R・青竜S(3歳オープン・ダート1600m)
・ラペルーズ
前走は2月に2ヶ月ぶりで今回と同じ府中ダート1600mのオープン特別ヒヤシンスSを1馬身半差で快勝した。
これで地方時代から3連勝中と絶好調で、ダート成績は地方時代も含めて[4.1.0.0]の連対率100%で全く底を見せてない。
今回も3ヶ月ぶりになるが間隔が開いても問題ないタイプだし引き続き同じ舞台なら勝ち負け必至。

《先週の推奨馬成績》
★土曜日・東京9R・立夏S
2着コラルノクターン
複勝110円

★日曜日・中京9R・三方ヶ原S
2着エヒト
複勝110円

★日曜日・新潟12R・三条S
1着リネンファッション
単勝170円
複勝110円

これで今年の推奨馬成績は
成績・[17.7.4.20]
勝率・0.354
連対率・0.500
複勝率・0.583

単複回収率(48戦)
単勝・72.9%(3500円)
複勝・76.8%(3690円)
総合・74.8%

《先週の重賞レース◎成績》

★京都新聞杯(GⅡ)
3着マカオンドール
複勝120円

★新潟大賞典(GⅢ)
5着ボッケリーニ

★NHKマイルカップ(GⅠ)
3着グレナディアガーズ
複勝140円

これで今年の重賞◎成績は
成績・〔12.12.6.23〕
勝率・0.226
連対率・0.452
複勝率・0.566

単複回収率(53戦)
単勝・72.0%(3820円)
複勝・77.7%(4120円)
総合・74.9%

《先週の重賞以外のメイン◎成績》

★谷川岳S
1着シュリ
単勝270円
複勝120円

★プリンシパルS
4着ヴァイスメテオール

★鞍馬S
2着ナランフレグ
複勝160円

成績・[14.5.8.28]
勝率・0.254
連対率・0.345
複勝率・0.490

単複回収率(55戦)
単勝・93.8%(5160円)
複勝・77.6%(4270円)
総合・85.7%

[もっと見る]

5月10日(月) 00:14 ヒゲなべさん
大笑点(^^)ゲットしました。
閲覧 75ビュー

新潟大賞典
サンレイポケット〜ポタジェで決まりました。(^_^)

予想は

このレース数字でいきま〜す。
1,BR…ボッケリー②…5着
2,SP…③⓪ポケット…1着
4,TS…十,千、スーリヤ…4着
12,ND…②④のデイジー…12着(狙いすぎ)
この4頭中心に、押さえは
棚からポタジェ?(^_^)…2着

[もっと見る]

5月9日() 19:48 今日も馬なりさん
良かった~。
閲覧 89ビュー

お疲れ様です。みんな~~、競馬の方は楽しめましたか?馬券の方はどうでしたか?

自分の方は、新潟大賞典の吉田兄弟馬券はダメでした😢 

そして、NHKマイルの矢作厩舎馬券。これもダメでした😢 言わなくても分かりますよね⁉(笑)

当たった方々おめでとうございます!

最終レースも騎乗してたけど、大丈夫なのかなぁ。

まぁ、スタート直後でスピード出てなかったのがよかったのかな?

こんな終わり方は、やだやだやだ~~😩

そんな訳で最終12レース!

一人反省会用のお酒代1000円で勝負👊 今日はお酒を我慢しよう・・・。

数分後・・・。テレビの前でガッツポーズしている自分がいた。

反省会が祝勝会に変わった瞬間だ(笑)

いや~良かった。本当に嬉しかったです。

今日も一日楽しめました!お疲れ様でした。

また、来週~~。

[もっと見る]

先週の競馬:番組表

開催日
  • 5月8日(
  • 5月9日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 2回新潟1日目
  • 2回東京5日目
  • 3回中京1日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
障害4歳以上オープン
障害4歳以上オープン 障2890m
8
 サーブルオール
13.8倍 (⑥人気)
10
 フィールインラヴ
31.4倍 (⑪人気)
12
 ホッコーメヴィウス
8.9倍 (④人気)
払戻
中京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
14
 キャリアリズム
1.4倍 (①人気)
6
 サワヤカコーズサン
4.4倍 (②人気)
12
 ライム
70.4倍 (⑨人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
12
 エアーレジーナ
3.1倍 (②人気)
13
 ララパピヨンドメル
2.8倍 (①人気)
4
 アドヴェントイヴ
6.4倍 (③人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
6
 コスモコラッジョ
3.1倍 (③人気)
2
 ヴィスコンティ
24.9倍 (⑤人気)
15
 ヴェノム
2.6倍 (①人気)
払戻
中京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
16
 エイシンギアアップ
1.5倍 (①人気)
15
 リーベサンライズ
110.0倍 (⑩人気)
7
 ノーブルグレイス
26.1倍 (⑦人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1300m
6
 フォックススリープ
3.3倍 (③人気)
12
 キュムロンニンバス
2.3倍 (①人気) 超凄馬
11
 キュートラン
14.4倍 (④人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
13
 タツリュウオー
29.1倍 (⑥人気)
11
 ピットフォル
4.9倍 (③人気)
1
 トニーヒアロ
32.4倍 (⑦人気)
払戻
中京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1900m
4
 ペプチドナイル
5.8倍 (③人気)
8
 グランメテオール
2.3倍 (②人気)
9
 シゲルバクハツ
2.1倍 (①人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
3
 ハッピーアナザー
5.7倍 (③人気)
10
 サイレントナイト
2.1倍 (①人気)
9
 ステディシュシュ
5.2倍 (②人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
5
 アーバンキッド
5.2倍 (④人気)
12
 ミラビリア
4.4倍 (③人気)
2
 キーパンチ
4.3倍 (②人気)
払戻
中京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
11
 ミスフィガロ
4.0倍 (②人気)
1
 イリマ
5.4倍 (③人気)
10
 エリカヴァレリア
23.9倍 (⑥人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
3
 ラヴォラーレ
3.6倍 (②人気)
7
 ディヴァインゲート
3.1倍 (①人気)
10
 セブンデイズ
9.6倍 (⑤人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
10
 アンセーニュ
4.6倍 (③人気)
11
 スキピオ
6.8倍 (④人気)
1
 ブラックライフ
17.3倍 (⑦人気)
払戻
中京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
13
 ナンヨーアイボリー
24.8倍 (⑧人気)
9
 サマートゥリスト
7.6倍 (④人気)
3
 メイショウシンウチ
10.7倍 (⑤人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
13
 ヴルカーノ
4.3倍 (③人気)
1
 エンブレムコード
2.1倍 (①人気)
7
 コスモスケアヘッド
117.7倍 (⑨人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
1
 キトゥンズマーチ
15.6倍 (⑦人気)
2
 ブリングミージョイ
57.4倍 (⑩人気)
5
 ウインシュクラン
28.3倍 (⑧人気)
払戻
中京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1900m
2
 マサハヤサン
4.7倍 (③人気)
8
 ゲンパチハマジ
2.7倍 (①人気)
5
 ダッシュダクラウン
3.3倍 (②人気)
払戻
東京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1400m
12
 アビッグチア
4.5倍 (③人気)
9
 ペイシャフェスタ
122.8倍 (⑪人気)
14
 ブルメンダール
2.1倍 (①人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
3
 アドマイヤメティス
1.7倍 (①人気) 超凄馬
4
 ルミナスナイト
13.9倍 (⑤人気)
2
 フォギーデイ
4.2倍 (②人気)
払戻
中京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
5
 キムケンドリーム
2.1倍 (①人気) 超凄馬
6
 メイショウアサヒ
5.2倍 (③人気)
1
 タマモパッション
2.9倍 (②人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
5
 ブラックトマホーク
9.0倍 (⑤人気)
7
 タシロ
41.5倍 (⑧人気)
1
 ウインジョイフル
12.2倍 (⑥人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2200m
7
 ウシュバテソーロ
1.9倍 (①人気)
11
 ポールトゥウィン
7.1倍 (④人気)
10
 ハギノエスペラント
5.7倍 (②人気)
払戻
中京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
7
 スリーコーズクライ
14.8倍 (⑤人気)
3
 メイショウカリスマ
59.7倍 (⑨人気)
11
 ナムラボス
2.4倍 (①人気)
払戻
東京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝1400m
7
 キタイ
6.1倍 (③人気)
10
 セイウンパワフル
15.6倍 (⑧人気)
8
 ヤマニンプレシオサ
12.1倍 (⑥人気)
払戻
新潟
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
7
 ジャックオレンジ
31.1倍 (⑪人気)
12
 ケイアイメープル
3.8倍 (①人気)
4
 テイエムメロディー
27.5倍 (⑨人気)
払戻
中京
9R
安城特別
4歳以上2勝クラス 芝2000m
8
 サターン
2.4倍 (①人気)
1
 ホウオウエクレール
5.1倍 (③人気)
2
 イロゴトシ
9.6倍 (⑤人気)
払戻
東京
9R
立夏ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1600m
12
 ダンツキャッスル
3.3倍 (②人気)
14
 コラルノクターン
1.8倍 (①人気)
9
 トラストロン
29.2倍 (⑦人気)
払戻
新潟
10R
はやぶさ賞
3歳1勝クラス 芝1000m
15
 キモンブラウン
3.8倍 (①人気)
16
 ホーキーポーキー
7.4倍 (③人気)
12
 ミエリ
13.9倍 (⑥人気)
払戻
中京
10R
鞍ケ池特別
4歳以上2勝クラス 芝1600m
1
 ジュンライトボルト
1.4倍 (①人気)
8
 ダノンアレー
6.9倍 (③人気)
7
 サヴァイヴ
12.0倍 (④人気)
払戻
東京
10R
メトロポリタンS L
4歳以上オープン 芝2400m
7
 ゴールドギア
14.8倍 (④人気)
3
 パルティアーモ
1.9倍 (①人気)
5
 ディアマンミノル
8.2倍 (③人気)
払戻
新潟
11R
谷川岳ステークス L
4歳以上オープン 芝1600m
2
 シュリ
2.7倍 (①人気)
1
 スマートリアン
3.8倍 (②人気)
8
 ミラアイトーン
5.0倍 (③人気)
払戻
中京
11R
京都新聞杯 G2
3歳オープン 芝2200m
10
 レッドジェネシス
4.3倍 (③人気)
4
 ルペルカーリア
2.7倍 (①人気)
8
 マカオンドール
3.3倍 (②人気)
払戻
東京
11R
プリンシパルS L
3歳オープン 芝2000m
2
 バジオウ
2.7倍 (②人気)
6
 ディオスバリエンテ
6.9倍 (③人気)
14
 タイソウ
56.2倍 (⑨人気)
払戻
新潟
12R
五泉特別
4歳以上2勝クラス ダ1800m
7
 リーピングリーズン
15.5倍 (⑥人気)
3
 キンノマサカリ
1.9倍 (①人気)
11
 オンリーワンボーイ
6.3倍 (②人気)
払戻
中京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1200m
15
 ラホーヤノキセキ
2.8倍 (①人気)
4
 メラナイト
8.4倍 (⑤人気)
5
 サンビショップ
64.5倍 (⑫人気)
払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m
13
 シゲルタイタン
5.6倍 (②人気)
15
 オルクリスト
21.9倍 (⑨人気)
16
 ミフトゥーロ
10.0倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
障害4歳以上オープン
障害4歳以上オープン 障2890m
8
 サーブルオール
13.8倍 (⑥人気)
10
 フィールインラヴ
31.4倍 (⑪人気)
12
 ホッコーメヴィウス
8.9倍 (④人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
6
 コスモコラッジョ
3.1倍 (③人気)
2
 ヴィスコンティ
24.9倍 (⑤人気)
15
 ヴェノム
2.6倍 (①人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
13
 タツリュウオー
29.1倍 (⑥人気)
11
 ピットフォル
4.9倍 (③人気)
1
 トニーヒアロ
32.4倍 (⑦人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
5
 アーバンキッド
5.2倍 (④人気)
12
 ミラビリア
4.4倍 (③人気)
2
 キーパンチ
4.3倍 (②人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
10
 アンセーニュ
4.6倍 (③人気)
11
 スキピオ
6.8倍 (④人気)
1
 ブラックライフ
17.3倍 (⑦人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
1
 キトゥンズマーチ
15.6倍 (⑦人気)
2
 ブリングミージョイ
57.4倍 (⑩人気)
5
 ウインシュクラン
28.3倍 (⑧人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
3
 アドマイヤメティス
1.7倍 (①人気) 超凄馬
4
 ルミナスナイト
13.9倍 (⑤人気)
2
 フォギーデイ
4.2倍 (②人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2200m
7
 ウシュバテソーロ
1.9倍 (①人気)
11
 ポールトゥウィン
7.1倍 (④人気)
10
 ハギノエスペラント
5.7倍 (②人気)
払戻
新潟
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
7
 ジャックオレンジ
31.1倍 (⑪人気)
12
 ケイアイメープル
3.8倍 (①人気)
4
 テイエムメロディー
27.5倍 (⑨人気)
払戻
新潟
10R
はやぶさ賞
3歳1勝クラス 芝1000m
15
 キモンブラウン
3.8倍 (①人気)
16
 ホーキーポーキー
7.4倍 (③人気)
12
 ミエリ
13.9倍 (⑥人気)
払戻
新潟
11R
谷川岳ステークス L
4歳以上オープン 芝1600m
2
 シュリ
2.7倍 (①人気)
1
 スマートリアン
3.8倍 (②人気)
8
 ミラアイトーン
5.0倍 (③人気)
払戻
新潟
12R
五泉特別
4歳以上2勝クラス ダ1800m
7
 リーピングリーズン
15.5倍 (⑥人気)
3
 キンノマサカリ
1.9倍 (①人気)
11
 オンリーワンボーイ
6.3倍 (②人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
12
 エアーレジーナ
3.1倍 (②人気)
13
 ララパピヨンドメル
2.8倍 (①人気)
4
 アドヴェントイヴ
6.4倍 (③人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1300m
6
 フォックススリープ
3.3倍 (③人気)
12
 キュムロンニンバス
2.3倍 (①人気) 超凄馬
11
 キュートラン
14.4倍 (④人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
3
 ハッピーアナザー
5.7倍 (③人気)
10
 サイレントナイト
2.1倍 (①人気)
9
 ステディシュシュ
5.2倍 (②人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
3
 ラヴォラーレ
3.6倍 (②人気)
7
 ディヴァインゲート
3.1倍 (①人気)
10
 セブンデイズ
9.6倍 (⑤人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
13
 ヴルカーノ
4.3倍 (③人気)
1
 エンブレムコード
2.1倍 (①人気)
7
 コスモスケアヘッド
117.7倍 (⑨人気)
払戻
東京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1400m
12
 アビッグチア
4.5倍 (③人気)
9
 ペイシャフェスタ
122.8倍 (⑪人気)
14
 ブルメンダール
2.1倍 (①人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
5
 ブラックトマホーク
9.0倍 (⑤人気)
7
 タシロ
41.5倍 (⑧人気)
1
 ウインジョイフル
12.2倍 (⑥人気)
払戻
東京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝1400m
7
 キタイ
6.1倍 (③人気)
10
 セイウンパワフル
15.6倍 (⑧人気)
8
 ヤマニンプレシオサ
12.1倍 (⑥人気)
払戻
東京
9R
立夏ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1600m
12
 ダンツキャッスル
3.3倍 (②人気)
14
 コラルノクターン
1.8倍 (①人気)
9
 トラストロン
29.2倍 (⑦人気)
払戻
東京
10R
メトロポリタンS L
4歳以上オープン 芝2400m
7
 ゴールドギア
14.8倍 (④人気)
3
 パルティアーモ
1.9倍 (①人気)
5
 ディアマンミノル
8.2倍 (③人気)
払戻
東京
11R
プリンシパルS L
3歳オープン 芝2000m
2
 バジオウ
2.7倍 (②人気)
6
 ディオスバリエンテ
6.9倍 (③人気)
14
 タイソウ
56.2倍 (⑨人気)
払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m
13
 シゲルタイタン
5.6倍 (②人気)
15
 オルクリスト
21.9倍 (⑨人気)
16
 ミフトゥーロ
10.0倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
14
 キャリアリズム
1.4倍 (①人気)
6
 サワヤカコーズサン
4.4倍 (②人気)
12
 ライム
70.4倍 (⑨人気)
払戻
中京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
16
 エイシンギアアップ
1.5倍 (①人気)
15
 リーベサンライズ
110.0倍 (⑩人気)
7
 ノーブルグレイス
26.1倍 (⑦人気)
払戻
中京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1900m
4
 ペプチドナイル
5.8倍 (③人気)
8
 グランメテオール
2.3倍 (②人気)
9
 シゲルバクハツ
2.1倍 (①人気)
払戻
中京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
11
 ミスフィガロ
4.0倍 (②人気)
1
 イリマ
5.4倍 (③人気)
10
 エリカヴァレリア
23.9倍 (⑥人気)
払戻
中京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
13
 ナンヨーアイボリー
24.8倍 (⑧人気)
9
 サマートゥリスト
7.6倍 (④人気)
3
 メイショウシンウチ
10.7倍 (⑤人気)
払戻
中京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1900m
2
 マサハヤサン
4.7倍 (③人気)
8
 ゲンパチハマジ
2.7倍 (①人気)
5
 ダッシュダクラウン
3.3倍 (②人気)
払戻
中京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
5
 キムケンドリーム
2.1倍 (①人気) 超凄馬
6
 メイショウアサヒ
5.2倍 (③人気)
1
 タマモパッション
2.9倍 (②人気)
払戻
中京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
7
 スリーコーズクライ
14.8倍 (⑤人気)
3
 メイショウカリスマ
59.7倍 (⑨人気)
11
 ナムラボス
2.4倍 (①人気)
払戻
中京
9R
安城特別
4歳以上2勝クラス 芝2000m
8
 サターン
2.4倍 (①人気)
1
 ホウオウエクレール
5.1倍 (③人気)
2
 イロゴトシ
9.6倍 (⑤人気)
払戻
中京
10R
鞍ケ池特別
4歳以上2勝クラス 芝1600m
1
 ジュンライトボルト
1.4倍 (①人気)
8
 ダノンアレー
6.9倍 (③人気)
7
 サヴァイヴ
12.0倍 (④人気)
払戻
中京
11R
京都新聞杯 G2
3歳オープン 芝2200m
10
 レッドジェネシス
4.3倍 (③人気)
4
 ルペルカーリア
2.7倍 (①人気)
8
 マカオンドール
3.3倍 (②人気)
払戻
中京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1200m
15
 ラホーヤノキセキ
2.8倍 (①人気)
4
 メラナイト
8.4倍 (⑤人気)
5
 サンビショップ
64.5倍 (⑫人気)
払戻

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 2回新潟2日目
  • 2回東京6日目
  • 3回中京2日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
10
 レスプロンディール
2.9倍 (①人気) 超凄馬
7
 ラブカプチーノ
3.3倍 (②人気)
4
 グレイシャーパーク
5.8倍 (③人気)
払戻
中京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
14
 ワイドアウェイク
2.0倍 (①人気)
7
 ウインブランカ
10.4倍 (④人気)
13
 グッドインパクト
3.4倍 (②人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
10
 インヴァネス
4.9倍 (③人気)
8
 サンフィニティ
6.4倍 (④人気)
12
 エガオガキュート
34.5倍 (⑦人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
6
 リスカム
5.7倍 (②人気)
14
 キョウジ
10.9倍 (⑤人気)
8
 スカーレットジンク
2.4倍 (①人気)
払戻
中京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
3
 イマジンヨウコ
5.8倍 (③人気)
6
 ボルケーノペスカ
4.6倍 (②人気)
9
 シゲルリジ
6.0倍 (④人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
15
 アルバミノル
1.7倍 (①人気) 超凄馬
7
 メリオダス
6.5倍 (③人気)
16
 パノティア
5.0倍 (②人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
14
 ワイドモーゼ
5.1倍 (③人気)
6
 タイセイマーベル
3.3倍 (②人気)
5
 カドカラハジマル
373.5倍 (⑭人気)
払戻
中京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
11
 メイショウキリモン
1.8倍 (①人気)
7
 ニホンピロハーバー
32.1倍 (⑥人気)
10
 シーフードパイセン
94.2倍 (⑨人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2300m
6
 エクセレントタイム
3.7倍 (②人気)
11
 シングマイハート
3.0倍 (①人気)
5
 マリノアズラ
15.1倍 (⑤人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
5
 タイセイソニック
2.7倍 (①人気)
4
 カフジジュピター
8.5倍 (③人気)
9
 シェーンクラート
3.4倍 (②人気)
払戻
中京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
9
 コスモホクシン
6.7倍 (③人気)
1
 リフレーミング
3.2倍 (①人気) 超凄馬
14
 ウォーターアークス
32.5倍 (⑪人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
5
 レイモミ
2.9倍 (①人気)
2
 メイレンシュタイン
84.5倍 (⑪人気)
7
 フォレスタ
18.6倍 (⑥人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
7
 アイコンテーラー
47.6倍 (⑨人気)
9
 マテンロウアレス
2.7倍 (①人気)
4
 ガンバンテイン
6.3倍 (④人気)
払戻
中京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
6
 ワールドバローズ
1.6倍 (①人気)
4
 イッツユアタイム
32.7倍 (⑦人気)
7
 ブレーヴジャッカル
6.1倍 (③人気)
払戻
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1600m
14
 クリーンスレイト
58.7倍 (⑪人気)
1
 アナンシエーション
2.0倍 (①人気)
2
 ノーブルシルエット
14.3倍 (⑥人気)
払戻
新潟
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
9
 レッドレビン
1.9倍 (①人気)
4
 クリアショット
4.3倍 (②人気)
13
 タイムモーメント
38.8倍 (⑧人気)
払戻
中京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
14
 スカーレットスカイ
4.0倍 (②人気)
12
 シャークスポット
29.6倍 (⑫人気)
11
 プレジールミノル
5.7倍 (③人気)
払戻
東京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1300m
3
 エリモグリッター
9.7倍 (③人気)
6
 アポロセイラン
12.4倍 (⑥人気)
16
 ホテルカリホルニア
1.8倍 (①人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
12
 サトノジヴェルニー
2.8倍 (①人気) 超凄馬
13
 ローレルアイリス
22.0倍 (⑨人気)
16
 グランチェイサー
28.6倍 (⑩人気)
払戻
中京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1600m
3
 ヴェルザスカ
16.6倍 (⑥人気)
2
 セイイーグル
2.9倍 (①人気)
1
 アーニングフェイム
9.8倍 (④人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1400m
13
 カフェサンドリヨン
3.9倍 (①人気)
16
 ボマイェ
5.8倍 (③人気)
12
 スワーヴドン
5.0倍 (②人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
15
 マリスドランジュ
19.2倍 (⑦人気)
12
 スイーツビュッフェ
9.9倍 (④人気)
4
 サーストンネイジュ
75.4倍 (⑬人気)
払戻
中京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
1
 シャイニングデイズ
6.7倍 (④人気)
8
 ブロフェルド
4.9倍 (③人気)
5
 サダムラピュタ
3.1倍 (①人気)
払戻
東京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝2000m
1
 サトノジェネシス
2.8倍 (②人気)
4
 キタノインパクト
2.1倍 (①人気)
3
 ガロシェ
6.1倍 (③人気)
払戻
新潟
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m
7
 ブラックデビル
23.1倍 (⑧人気)
11
 ナムラドン
20.2倍 (⑦人気)
8
 ウィスパリンホープ
7.9倍 (④人気)
払戻
中京
9R
三方ヶ原ステークス
4歳以上3勝クラス 芝2200m
2
 ジェットモーション
4.6倍 (③人気)
4
 エヒト
2.3倍 (①人気)
5
 シャイニーゲール
7.4倍 (④人気)
払戻
東京
9R
湘南ステークス
4歳以上3勝クラス 芝1600m
14
 ハーメティキスト
48.7倍 (⑩人気)
11
 モンブランテソーロ
10.5倍 (⑥人気)
17
 カルリーノ
75.0倍 (⑬人気)
払戻
新潟
10R
邁進特別
4歳以上2勝クラス 芝1000m
12
 オルダージュ
3.7倍 (②人気)
13
 タピオカ
2.2倍 (①人気) 極凄馬
8
 ワンモアバイト
43.9倍 (⑩人気)
払戻
中京
10R
橘ステークス L
3歳オープン 芝1400m
6
 ダディーズビビッド
10.6倍 (⑦人気)
11
 ヴィジュネル
5.3倍 (②人気)
4
 カイトゲニー
13.8倍 (⑧人気)
払戻
東京
10R
ブリリアントS L
4歳以上オープン ダ2100m
11
 ヒロイックテイル
9.5倍 (⑤人気)
7
 バンクオブクラウズ
5.6倍 (③人気)
9
 サクラアリュール
17.1倍 (⑥人気)
払戻
新潟
11R
新潟大賞典 G3
4歳以上オープン 芝2000m
2
 サンレイポケット
5.5倍 (③人気)
10
 ポタジェ
3.5倍 (①人気)
14
 サトノソルタス
19.0倍 (⑦人気)
払戻
中京
11R
鞍馬ステークス
4歳以上オープン 芝1200m
10
 クリノガウディー
4.3倍 (②人気)
5
 ナランフレグ
4.1倍 (①人気)
11
 タイセイアベニール
17.9倍 (⑨人気)
払戻
東京
11R
NHKマイルカップ G1
3歳オープン 芝1600m
15
 シュネルマイスター
3.7倍 (②人気)
10
 ソングライン
16.9倍 (⑦人気)
8
 グレナディアガーズ
3.4倍 (①人気)
払戻
新潟
12R
三条ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1800m
13
 リネンファッション
1.7倍 (①人気) 超凄馬
2
 メイショウササユリ
120.3倍 (⑮人気)
1
 レッドシルヴァーナ
68.0倍 (⑬人気)
払戻
中京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1900m
8
 ダッチマン
4.8倍 (②人気)
7
 ブルーコンパクタ
2.5倍 (①人気)
3
 ユウゲン
7.9倍 (⑤人気)
払戻
東京
12R
立川特別
4歳以上2勝クラス ダ1600m
2
 ニュートンテソーロ
2.6倍 (②人気)
8
 エースレイジング
20.8倍 (⑥人気)
9
 ストームガスト
12.1倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
10
 レスプロンディール
2.9倍 (①人気) 超凄馬
7
 ラブカプチーノ
3.3倍 (②人気)
4
 グレイシャーパーク
5.8倍 (③人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
6
 リスカム
5.7倍 (②人気)
14
 キョウジ
10.9倍 (⑤人気)
8
 スカーレットジンク
2.4倍 (①人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
14
 ワイドモーゼ
5.1倍 (③人気)
6
 タイセイマーベル
3.3倍 (②人気)
5
 カドカラハジマル
373.5倍 (⑭人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
5
 タイセイソニック
2.7倍 (①人気)
4
 カフジジュピター
8.5倍 (③人気)
9
 シェーンクラート
3.4倍 (②人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
7
 アイコンテーラー
47.6倍 (⑨人気)
9
 マテンロウアレス
2.7倍 (①人気)
4
 ガンバンテイン
6.3倍 (④人気)
払戻
新潟
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
9
 レッドレビン
1.9倍 (①人気)
4
 クリアショット
4.3倍 (②人気)
13
 タイムモーメント
38.8倍 (⑧人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
12
 サトノジヴェルニー
2.8倍 (①人気) 超凄馬
13
 ローレルアイリス
22.0倍 (⑨人気)
16
 グランチェイサー
28.6倍 (⑩人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
15
 マリスドランジュ
19.2倍 (⑦人気)
12
 スイーツビュッフェ
9.9倍 (④人気)
4
 サーストンネイジュ
75.4倍 (⑬人気)
払戻
新潟
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m
7
 ブラックデビル
23.1倍 (⑧人気)
11
 ナムラドン
20.2倍 (⑦人気)
8
 ウィスパリンホープ
7.9倍 (④人気)
払戻
新潟
10R
邁進特別
4歳以上2勝クラス 芝1000m
12
 オルダージュ
3.7倍 (②人気)
13
 タピオカ
2.2倍 (①人気) 極凄馬
8
 ワンモアバイト
43.9倍 (⑩人気)
払戻
新潟
11R
新潟大賞典 G3
4歳以上オープン 芝2000m
2
 サンレイポケット
5.5倍 (③人気)
10
 ポタジェ
3.5倍 (①人気)
14
 サトノソルタス
19.0倍 (⑦人気)
払戻
新潟
12R
三条ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1800m
13
 リネンファッション
1.7倍 (①人気) 超凄馬
2
 メイショウササユリ
120.3倍 (⑮人気)
1
 レッドシルヴァーナ
68.0倍 (⑬人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
10
 インヴァネス
4.9倍 (③人気)
8
 サンフィニティ
6.4倍 (④人気)
12
 エガオガキュート
34.5倍 (⑦人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
15
 アルバミノル
1.7倍 (①人気) 超凄馬
7
 メリオダス
6.5倍 (③人気)
16
 パノティア
5.0倍 (②人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2300m
6
 エクセレントタイム
3.7倍 (②人気)
11
 シングマイハート
3.0倍 (①人気)
5
 マリノアズラ
15.1倍 (⑤人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
5
 レイモミ
2.9倍 (①人気)
2
 メイレンシュタイン
84.5倍 (⑪人気)
7
 フォレスタ
18.6倍 (⑥人気)
払戻
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1600m
14
 クリーンスレイト
58.7倍 (⑪人気)
1
 アナンシエーション
2.0倍 (①人気)
2
 ノーブルシルエット
14.3倍 (⑥人気)
払戻
東京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1300m
3
 エリモグリッター
9.7倍 (③人気)
6
 アポロセイラン
12.4倍 (⑥人気)
16
 ホテルカリホルニア
1.8倍 (①人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1400m
13
 カフェサンドリヨン
3.9倍 (①人気)
16
 ボマイェ
5.8倍 (③人気)
12
 スワーヴドン
5.0倍 (②人気)
払戻
東京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝2000m
1
 サトノジェネシス
2.8倍 (②人気)
4
 キタノインパクト
2.1倍 (①人気)
3
 ガロシェ
6.1倍 (③人気)
払戻
東京
9R
湘南ステークス
4歳以上3勝クラス 芝1600m
14
 ハーメティキスト
48.7倍 (⑩人気)
11
 モンブランテソーロ
10.5倍 (⑥人気)
17
 カルリーノ
75.0倍 (⑬人気)
払戻
東京
10R
ブリリアントS L
4歳以上オープン ダ2100m
11
 ヒロイックテイル
9.5倍 (⑤人気)
7
 バンクオブクラウズ
5.6倍 (③人気)
9
 サクラアリュール
17.1倍 (⑥人気)
払戻
東京
11R
NHKマイルカップ G1
3歳オープン 芝1600m
15
 シュネルマイスター
3.7倍 (②人気)
10
 ソングライン
16.9倍 (⑦人気)
8
 グレナディアガーズ
3.4倍 (①人気)
払戻
東京
12R
立川特別
4歳以上2勝クラス ダ1600m
2
 ニュートンテソーロ
2.6倍 (②人気)
8
 エースレイジング
20.8倍 (⑥人気)
9
 ストームガスト
12.1倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
14
 ワイドアウェイク
2.0倍 (①人気)
7
 ウインブランカ
10.4倍 (④人気)
13
 グッドインパクト
3.4倍 (②人気)
払戻
中京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
3
 イマジンヨウコ
5.8倍 (③人気)
6
 ボルケーノペスカ
4.6倍 (②人気)
9
 シゲルリジ
6.0倍 (④人気)
払戻
中京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
11
 メイショウキリモン
1.8倍 (①人気)
7
 ニホンピロハーバー
32.1倍 (⑥人気)
10
 シーフードパイセン
94.2倍 (⑨人気)
払戻
中京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
9
 コスモホクシン
6.7倍 (③人気)
1
 リフレーミング
3.2倍 (①人気) 超凄馬
14
 ウォーターアークス
32.5倍 (⑪人気)
払戻
中京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
6
 ワールドバローズ
1.6倍 (①人気)
4
 イッツユアタイム
32.7倍 (⑦人気)
7
 ブレーヴジャッカル
6.1倍 (③人気)
払戻
中京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
14
 スカーレットスカイ
4.0倍 (②人気)
12
 シャークスポット
29.6倍 (⑫人気)
11
 プレジールミノル
5.7倍 (③人気)
払戻
中京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1600m
3
 ヴェルザスカ
16.6倍 (⑥人気)
2
 セイイーグル
2.9倍 (①人気)
1
 アーニングフェイム
9.8倍 (④人気)
払戻
中京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
1
 シャイニングデイズ
6.7倍 (④人気)
8
 ブロフェルド
4.9倍 (③人気)
5
 サダムラピュタ
3.1倍 (①人気)
払戻
中京
9R
三方ヶ原ステークス
4歳以上3勝クラス 芝2200m
2
 ジェットモーション
4.6倍 (③人気)
4
 エヒト
2.3倍 (①人気)
5
 シャイニーゲール
7.4倍 (④人気)
払戻
中京
10R
橘ステークス L
3歳オープン 芝1400m
6
 ダディーズビビッド
10.6倍 (⑦人気)
11
 ヴィジュネル
5.3倍 (②人気)
4
 カイトゲニー
13.8倍 (⑧人気)
払戻
中京
11R
鞍馬ステークス
4歳以上オープン 芝1200m
10
 クリノガウディー
4.3倍 (②人気)
5
 ナランフレグ
4.1倍 (①人気)
11
 タイセイアベニール
17.9倍 (⑨人気)
払戻
中京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1900m
8
 ダッチマン
4.8倍 (②人気)
7
 ブルーコンパクタ
2.5倍 (①人気)
3
 ユウゲン
7.9倍 (⑤人気)
払戻

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2021年5月9日、集計数:41,335レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 クロノジェネシス 牝5
87,342万円
2 コントレイル 牡4
83,051万円
3 オジュウチョウサン 牡10
78,846万円
4 グランアレグリア 牝5
74,022万円
5 キセキ 牡7
66,926万円
6 ダノンスマッシュ 牡6
58,435万円
7 インディチャンプ 牡6
57,504万円
8 ブラストワンピース 牡6
57,236万円
9 マカヒキ 牡8
56,210万円
10 ワグネリアン 牡6
51,244万円
» もっと見る

3歳
1 ソダシ 牝3
26,623万円
2 エフフォーリア 牡3
19,215万円
3 シュネルマイスター 牡3
14,838万円
4 タイトルホルダー 牡3
13,738万円
5 ダノンザキッド 牡3
12,555万円
6 グレナディアガーズ 牡3
12,152万円
7 メイケイエール 牝3
11,465万円
8 ステラヴェローチェ 牡3
10,428万円
9 ワンダフルタウン 牡3
10,086万円
10 バスラットレオン 牡3
9,791万円
» もっと見る