今週の競馬:注目レース

  • フェブラリー G1
    2/23(
  • 小倉大賞典 G3
    2/23(
  • ダイヤモンド G3
    2/22(
  • 京都牝馬S G3
    2/22(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

日曜日に行われるフェブラリーSの出走馬について、血統的な舞台適性の有無を1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。


ブルドッグボス
3代母バーブスボールドから派生した一族にシーキングザパールなどの名が見られる名門の出自。その牝系にデインヒルとダイワメジャーを重ね、名牝ナタルナ(ノーザンダンサーの母)の多重クロスを創出。優れたスピードの持続力を実現すると同時に、底力をも引き出している。とはいえ、ポテンシャルを最も活かせるのは短距離カテゴリー。1ハロンの距離延長+相手強化の中央G1でパフォーマンスを上げてくることは考えづらい。今回は厳しい戦いが予想される。

アルクトス
アドマイヤオーラは現役時に芝で活躍したが、産駒の重賞勝ちクラはすべてダート戦。母の父シンボリクリスエスは父として2009年の勝ち馬サクセスブロッケンを送り出している。本馬は母の父、ならびに祖母の父であるシーキングザゴールドが強く反映されたスピード優位型のダート馬。東京ダート1600mで4戦4勝という成績もうなずける。持ち味の先行持続力が活きる展開になれば、ここでも大きな差はない。

ワイドファラオ
父のヘニーヒューズは2016年の勝ち馬モーニン、父系祖父のヘネシーは父として2007年の優勝馬サンライズバッカスを輩出。本馬はアグネスタキオン×ノーザンテースト配合馬である母のスピードと、父系の耐久力&馬力がミックスされたバランスタイプといえよう。父系の相性の良さやフローラS2着の母を思えば、府中の根幹距離で真価を発揮してもおかしくないベースは整っている。近走の戦績的にアタマまではどうかも、ヒモ穴としてなら一考の余地はある。

タイムフライヤー
父のハーツクライは、芝とダートの双方で米G1を制したヨシダを輩出。母はジャパンカップダートの勝ち馬タイムパラドックスの全妹。その父ブライアンズタイムはかつてのダートトップリーディング種牡馬と、砂適性については申し分がない。叔父のG1初制覇が6歳の秋であることや、成長力に富む父産駒の特徴を勘案すると老け込むにはまだ早い。巻き返しがあっても驚けない1頭だ。

インティ
牝系をさかのぼるとカララファエラや、その仔であるバーナーディーニなどの米G1勝ち馬がいるものの、近い親族にG1ウイナーはゼロ。本馬が中距離G1で詰めを欠く要因のひとつといえよう。だが、東京マイルのダートなら話は別。父のケイムホームは武蔵野Sをレコードで制したタガノトネールを輩出。自身も昨年のフェブラリーSを制しているように、コース&レース適性の高さは証明済み。自分のリズムで運ぶことができれば、連覇の可能性も十分にあり得る。

ミッキーワイルド
母のワイルドラズベリーはローズS2着などオープンクラスで活躍。近親にオークス2着のベッラレイア、遠縁にはタピッツフライとグランアレグリアの母仔がいる良質の牝系だ。スピードの持続力に優れ、マイルレンジがベストディスタンスと推察される。一方、自分のリズムで運べず揉まれてしまうと前回(根岸S11着)のような淡白なレースになりがち。そのあたりを鑑みると、多頭数のG1で変わり身を望めるかについては甚だ疑問。今回は割り引きが必要だろう。

ヴェンジェンス
カジノドライヴ×スペシャルウィーク×エルハーブの組み合わせ。配合と戦績が示すように、持続力に優れたパワー&スピードタイプと判断できる。父が属するエーピーインディ系、父母父のデピュティミニスターはともに当レースの活躍血統。5代母にソシアルバターフライを持つ牝系についても上質だ。その反面、近い親族に重賞クラスはおらず、ここに入ると活力の面で物足りない。近走の安定感をそのまま評価しての△扱いが妥当とみる。

キングズガード
本馬を除くときょうだいはすべて中央未勝利。近い親族にもコレといった活躍馬はいない。とすれば、シニスターミニスターの汎用性の高さに、爆発力のあるキングヘイローの肌が融合した変異型とみるべきか。ただ、ダート馬らしからぬ軽い走りが特徴だけに、G1で底力を求められると苦しい面がある。加えて、父産駒かつ古馬の当該コース成績も良いとはいえず、今回の舞台は適性外の印象。展開に恵まれたとしても、複勝圏突入は容易ではない。

サンライズノヴァ
ダートトップリーディングのゴールドアリュールと米2冠馬サンダーガルチの組み合わせ。父×米国血統の活躍が顕著なフェブラリーSの傾向に則した好配合といえよう。叔父のサンライズバッカスは2007年の勝ち馬。父×ミスプロ系の配合、かつ母方にリアルシャダイを内包している点は、2014~2015年に連覇を成したコパノリッキーを想起させる。過去2年の当レースで後塵を拝しているが、その一方で相応のポテンシャルを秘めているのも事実。無印にはできない存在だ。

ノンコノユメ
トワイニング×アグネスタキオンという、スピードとパワーに優れた馬同士の掛け合わせ。近い親族をみると、スピードもしくは切れ味に特化した活躍馬が多い。本馬も同様で、スピードを末脚に凝縮したかのような仕様になっている。一昨年の優勝を含め2度の連対を果たしている舞台巧者だが、他力本願的な面があるゆえに過去の実績を鵜呑みにできないのも確か。勝ち負け争いに加わるには、持ち味の決め脚を最大限に活かせる展開がほしいところだ。

モジアナフレイバー
父系祖父のエンパイアメーカーは2012年の北米リーディング種牡馬。孫の代で米三冠馬アメリカンフェローなどG1馬が続出している注目の血脈だ。また、祖母のオブザーヴァントは母として高松宮記念の勝ち馬セイウンコウセイを輩出。一族にはNHKマイルCを制したタイキフォーチュンクラリティスカイがおり、ハイレベルのスピード能力を備えた牝系の持ち主といえよう。構成的には中央のG1でも互角に渡り合える下地が整っている。大駆けあっても不思議はない。

モズアスコット
欧州最強マイラーのフランケルを父に持ち、母父はストームバード系という、パワーが強調された配合。日本の高速芝ならびにダートでも対応できるのは、父の高い適応能力と、北米牝系のマッチングの妙によるものだろう。ハミ取りの浅い点やスタート難などの課題を抱えているゆえに過信は禁物だが、スイッチが入った際の爆発力は強烈。安田記念を制しているように、距離面の不安も少ない。ここでも勝機は十分にある。

デルマルーヴル
祖母は英・仏で芝重賞を3勝。叔母に紫苑S2着など現役で活躍中のカリビアンゴールドがいる。芝要素の強い牝系ではあるものの、本馬は父パイロの影響が濃くダート向きに出たようだ。それはいいとしても、欧州要素の濃い母の配合や近走の戦歴から、中距離により適性を示している印象。マイルG1で速い上がりを要求されると分が悪い。上位進出にはタフな展開や馬場の出現、あるいは自身から早めに動いて体力勝負に持ち込むかたちが必須となる。

ミューチャリー
祖母のゴッドインチーフは重賞戦線で活躍。3代母を基点とする一族にはヌーヴォレコルトがいる。母系だけをみると中央で通用しても不思議はない。ただし、パイロ産駒のJRAかつダート重賞ウイナーはゼロ。相応の相手が集うG1では強調できない。加えて、パワー特化型の構成ゆえに、軽い砂で速い上がりを要求されると確度は落ちる。良さを引き出すためには、馬場や展開など何らかの恩恵がほしい。

ケイティブレイブ
父のアドマイヤマックスは6歳時、母父のサクラローレルは5歳(旧6歳)時にG1初制覇を果たした晩成型同士の配合。加えて、叔父であるビーマイナカヤマの交流重賞で挙げた8勝はすべて5歳以降。こうした血統背景ゆえに、年齢的な衰えを心配する必要はない。その一方、母はサクラローレル×ビーマイゲストというスタミナ優位の配合。一定以上の速力を要求される東京マイルでは追走に窮する可能性が高い。前回以上のパフォーマンスを望むのはどうか。

ワンダーリーデル
父はフェブラリーSで好パフォーマンスを示しているストームバード系で、母は底力に長けたロベルト系×リファール系配合馬。そのうえ、ロベルト4×5のクロスも内包しているのだから、相応の能力を秘めているのは確か。一方で近い親族に一線級の活躍馬は見当たらず、根幹距離のG1では活力的に物足りない印象。そのあたりを鑑みると、一変を見込めるかにどうかについては微妙な線。武蔵野S1着のコース実績は認めても、積極的には手が出ない。



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】フェブラリーS2020 基本的に人気サイドが強いレース!先行勢が好パフォーマンス! 2月22日() 13:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われるフェブラリーSのファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。



【全般】
チャンピオンズカップから直行組の活躍が増えつつある(近年の傾向)

タイムフライヤー

前走根岸S組に注意(近年の傾向)

ワイドファラオ
ミッキーワイルド
モズアスコット
ワンダーリーデル

【人気】
基本的に人気サイド(1~4番人気)を信頼できるレース(2008年以降)
※土曜日12時30分現在の1~4番人気

アルクトス
インティ
サンライズノヴァ
モズアスコット

単勝オッズ3.0倍未満は【7.2.2.1】という抜群の安定感(2000年以降)
※土曜日12時30分現在の単勝オッズ3.0倍未満

モズアスコット

前走2~5番人気で5着以内だった当日5~7番人気馬の好走例が多い(2008年以降)
※土曜日12時30分現在の5~7番人気、かつ条件を満たす馬

ワイドファラオ
ヴェンジェンス
ノンコノユメ

【脚質】
基本的には先行(4角5番手以内)有利(2008年以降)

ブルドッグボス
アルクトス
ワイドファラオ
インティ
デルマルーヴル
ケイティブレイブ

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
外枠(7~8枠)が優勢(2008年以降)

デルマルーヴル
ミューチャリー
ケイティブレイブ
ワンダーリーデル

2枠が好成績(2008年以降)

ワイドファラオ
タイムフライヤー

【血統】
ゴールドアリュール産駒が優秀な成績(2008年以降)

サンライズノヴァ

父ミスプロ系と父エーピーインディ系の上位入線が多い(近年の傾向)

インティ
ミッキーワイルド
ヴェンジェンス
キングズガード
ノンコノユメ
モジアナフレイバー
デルマルーヴル
ミューチャリー

母父ミスプロ系が健闘(近年の傾向)

インティ
サンライズノヴァ


【3項目以上該当馬】
ワイドファラオ(4項目)
インティ(4項目)
サンライズノヴァ(3項目)
モズアスコット(3項目)
デルマルーヴル(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【フェブラリー】ここ照準!絶好調の松山Jとノヴァ突き抜ける 2月22日() 11:00

 最強馬の胸を借りてマイルの頂点へ-。サンライズノヴァが突き抜ける。

 フェブラリーSは一昨年4着、昨年7着。東京マイルで重賞2勝(17年ユニコーンS、18年武蔵野S)のコース巧者ぶりを大一番で発揮できないことから、今年は臨戦過程をひと工夫。根岸Sをあえて見送り、ここ一本に照準を絞ってきた。

 太め残りが心配になる季節に思い切った決断を下したが、これが思わぬ効果を生み出した。次週29日のサウジCに遠征する僚馬クリソベリルと調整過程がリンクしたことから、先週までに坂路で実に4本、最優秀ダートホースのパートナーとしてともに切磋琢磨してきた。

 その内容も絶好だ。1月23日の4F55秒2を皮切りにひと追いごとにスキルアップし、先週12日には4F50秒4の超抜タイムで堂々、2馬身先着した。目を見張る仕上がりに担当の棚江助手も、「覇気のある動きで調子が上がってきた。過去の2回と比べても状態はいい」と“クリソ効果”を笑顔でアピールする。

 新たなスタイルで臨む“三度目の正直”。ノヴァ自身も新たなレーススタイルを手に入れつつある。2走前の南部杯は、末脚一辺倒だったそれまでの型から脱却。4角2番手の積極策で押し切りGI初制覇を飾った。前走の武蔵野Sでも2番手で運ぶ自在性を発揮。59キロで伸びを欠いて5着にとどまったが見せ場は十分だった。

 前年覇者・インティの楽逃げまで考えられる先行勢が手薄なメンバー構成で、手に入れた機動力はアドバンテージ。今年すでに重賞3勝と絶好調な松山騎手のエスコートで、東京ダート1マイルの“本丸”をようやく手に入れる。

 “究極の3連単”はノヴァを1着に固定。2、3着にすんなり前めにつけられる絶好枠をゲットした(5)インティを据える12点で勝負だ。(夕刊フジ)



フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【フェブラリー】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2月22日() 10:53

 1番手はブルドッグボス

 和田騎手を背にした19日は、坂路でまさに唸る勢い。時計が出やすいコンディションだったとはいえ、馬場の大外を回った4F51秒0は優秀で、躍動感あふれるフットワークもインパクト大。8歳を迎えての中央再転入だが、動きはまるで今がピークといわんばかり。

 アルクトスはWコースでは動かない。Pコースでの最終追いは、一杯に追われるパートナーを馬なりの手応えで圧倒して余裕十分に半馬身先着した。さばきの滑らかさも十分で、きっちり態勢は整った。

 デルマルーヴルは序盤から速いペースで運びながら、直線もスッと反応して5F63秒6、ラスト1F12秒5の見事なフィニッシュ。川崎記念(3着)から間隔は詰まっているが、好気配をキープできている。(夕刊フジ)



フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断】フェブラリーS2020 矢作厩舎のフランケル産駒がダート界制圧に向けて好感触!前年の覇者も上々の仕上がり! 2月22日() 05:30

日曜日に行われるフェブラリーSの出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


ブルドッグボス
中央再転入初戦を迎える。栗東坂路での最終追い切りでは4F51秒0を計時。以前の中央在籍時よりもタイムを詰めており、地方でパワーアップした印象を受ける。乗り込み量の不足もなく、調整は至って順調。年齢面や出戻りを理由に軽視するのは危険かもしれない。

アルクトス
1月16日に美浦へ帰厩。その後は入念に調整を重ねてきた。1週前にWコースで強めの負荷をかけた調教を消化。今週はポリトラックで首をリズミカルに使ってノビノビとした走りを見せた。約4カ月ぶりの実戦となるが、ここ目標に仕上がりは上々。自身の力を出せる態勢とみる。

ワイドファラオ
前回は栗東坂路で最終追いを施したが、今回はCWで本追い切りを行った。直線で鞍上に促されるとシャープな伸び脚を披露。この馬なりにいい雰囲気を維持している印象を受ける。ただ、G1で好結果につなげるには、もうひと工夫ほしいところ。鞍上の巧みなハンドリングが不可欠といえよう。

タイムフライヤー
帰栗後は坂路とトラックを織り交ぜて、みっちりと攻め馬を積んできた。Pコースで実施した最終追いでは頭の低い走りで併走馬を一蹴。状態は決して悪くない。ただ、ダート路線に転じてからも勝ち星を挙げることができない現状。その点を鑑みると、あってもヒモまで、というスタンスで構えるのが正解ではないか。

インティ
19日に栗東坂路で実施した追い切りでは、ラチを頼ることなく力強い脚取りで登坂し、4F51秒1を計時。終い1Fも12秒5で収めてきた。前回の最終追い時よりも全体タイムを縮めただけでなく、ラップバランスの改善が見られた点は好感度が高い。連覇に向けてピタリと照準を合わせてきた感を受ける。

ミッキーワイルド
前回の手緩い最終調整から一転して、今回は栗東坂路で4F52秒0を楽な手応えで記録。巻き返しを期す陣営の意欲を感じとることができる。ただし、もともと攻め駆けする馬。平常運転に戻っただけに過ぎない。1度叩いて上向いているのは間違いないが、さらに相手が強化されるG1で足りるかどうか。今回はマイナス評価としたい。

ヴェンジェンス
栗東坂路で行われた今週の本追い切りでは、馬場の真ん中を軽快に駆け上がり、4F52秒8をマーク。前回の最終追い時よりも全体時計を大幅に短縮した。7歳のベテランらしく大一番を前にしても、走りに気負うところがないのは好印象。上位の一角を狙える状態にある。

キングズガード
栗東CWで実施した最終追い切りでは、シャープな伸びを見せて追走先着を果たした。前走後の翌週には時計を出し始めたように、9歳馬だが元気の良さは光るものがある。とはいえ、G1で勝ち負けに持ち込むほどの上積みがあるかといえば微妙な線。善戦の域を超えるイメージは湧いてこない。

サンライズノヴァ
1月下旬から栗東坂路で入念に調整を重ねてきた。今週の本追い切りではしっかりとした脚取りで4F51秒0を計時。終い1Fも12秒6でまとめている。ラップバランスは前回の最終追い時よりも格段に良化しており、リフレッシュの効果がうかがえる。上位争いに届くデキとみたい。

ノンコノユメ
最終追いは18日に小林分場のダートコースで行われ、単走ながらもスピード感あふれる走りを披露。中央在籍時よりもキビキビとした活気のある動きを見せており、メンタル面の充実を感じさせる。一昨年の優勝馬だけに、決して軽んじて扱うことはできない。

モジアナフレイバー
16日に小林分場のダートコースで最終追いを実施。高々と砂を蹴り上げて走るさまは迫力十分。首の角度が良く、体幹がしっかりとしたフォームは見映えがする。状態は高いレベルで安定している印象。芝スタートに戸惑わなければ、好勝負に持ち込むことも可能だろう。

モズアスコット
19日に栗東坂路で4F51秒4を計時。快勝劇を演じた前回の最終追い時よりもタイムを縮めてきた。中2週になるが、もとより間隔は詰まったほうがいいタイプ。勢いを持続したまま、いい雰囲気でレースに向かうことができそうだ。戴冠を意識できる状態とみる。

デルマルーヴル
19日の最終追いは美浦のポリトラックで併せ馬を消化。前回の川崎記念から中2週となるが、最後まで回転の速いフットワークを維持していたように、疲れやデキ落ちは感じられない。距離短縮に対応できれば、浮上の目もあるのではないか。

ミューチャリー
今週の本追い切りは船橋競馬場の本馬場で実施。中2週と間隔が詰まるなか、併せ馬でビッシリと追われて先着を果たした元気の良さは評価できる。ただ、ステッキを入れるもズブい面を出し、馬ナリの3歳僚馬を突き放せなかった点は心配材料。中央のスピード競馬に対応できるかどうかは疑問符が付く。

ケイティブレイブ
11月の浦和記念で戦線復帰してから今回が4戦目。今週の本追い切りは栗東坂路で4F53秒1を計時。目立つタイムではないが、コンスタントに使われているのでこれで十分。デキはいい意味で平行線の印象。あとは、東京マイルに適応できるか否か。それが最大の焦点となる。

ワンダーリーデル
栗東坂路で実施した今週の本追い切りでは、4F50秒0の好タイムをマーク。ジョッキー騎乗とはいえ、重心を低く保って軽快に坂を登るさまは見映えがいい。攻めは良く見せるタイプなので過度の評価は禁物だが、醸し出す雰囲気は上等の部類。軽視できない1頭だ。



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【東西現場記者走る】東京ダ千六4戦4勝!無双アルクトス 2月22日() 05:05

 1週間の密着取材でフェブラリーSの勝ち馬を探る『東西現場記者走る』。担当の大阪サンスポの渡部陽之助記者(41)は連載5日目、美浦トレセンに移動して関東馬アルクトスに注目した。東京ダ1600メートルは4戦4勝。この舞台での強さの理由を探るべく、陣営を直撃した。

 美浦トレセンへ移動した金曜日、大竹厩舎で研修中の辻野技術調教師に遭遇した。角居厩舎の助手時代、取材で大変お世話になった。頑張っている姿に気合をもらい、連載5日目スタートだ。

 関東馬の狙いはアルクトス。昨年はプロキオンSで重賞初Vを飾ると、前走は交流GI・南部杯2着と地力は侮れない。何より東京ダ1600メートルは4戦4勝と舞台適性は抜群で、JRA・GI初出走でも“通用していい”と思わせる存在だ。

 なぜ、この舞台で強いのか。栗田調教師を訪ねると、快く取材に応じてくれた。

 「ストライドが大きいので、コーナー4つだと小出しに脚を使う。逃げると最後に苦しくなり、控えると甘くなってしまう」と東京巧者の理由を説明。「回りの左右は関係ないですね。先行力があって折り合いがつくので、ワンターン(コーナー2つ)の競馬がいい」と続けた。

 前走から中131日で、Vなら1997年にGI昇格して以来最長の間隔。ローテーションも気になるが「チャンピオンズCも選択肢としてあったけど、相手関係やコーナー4つでのいいイメージがなくて、ここ一本にしました」と、狙いすました一戦であることが判明。休み明けは2018年錦秋S1着、昨年のオアシスS1着など実績十分で、全力を発揮できそうだ。

 坂路調教はほとんどしていないが、3歳秋から心肺機能を高めるプールと、リラックスさせるための森林馬道の勾配を利用した運動で補完。 「後肢に力が入るようになってきて、右の背中から腰が力強くなってきた。今までこの舞台を使った中では一番いい動きをしていますね」と自信をうかがわせた。21日はダートのAコースを2周。スピード感あふれるキャンターで、確かに調子は良さそうだ。

 枠順は〔1〕枠(2)番に決定。GI昇格後では1勝(13年グレープブランデー)だが「内に入っていいところ。スタートは速いし、出遅れることはないと思う」と不満はない。

 取材を終えると「結局、無印にするんじゃないの?」と突っ込まれたが、無印にはできない好ムードを感じた。きょうは東京競馬場で到着取材をして結論を出す。 (渡部陽之助)



フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 911ビュー

皆さん、こんにちは。ウマニティU指数攻略チームです。『予想力・回収率UP大作戦!』との連動企画コラム『U指数で斬る今週のひと鞍』をお送りします。U指数が持つ圧倒的なポテンシャルにご期待ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当コラムは『凄馬』のように推奨馬を個々に挙げるのではなく、期待値の高い連勝馬券の組み合わせを推奨するもの。過去データから導き出された回収率の高いパターンに合致するU指数配列のレースに注目し、当週土日に行われるレースのなかからオススメのひと鞍をピックアップします。丸ノリするもよし。アレンジするもよし。馬券購入の際の参考になさってください。
※データは2017年以降の結果をもとに集計。今年については前週までが対象
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今週の推奨レース】
■22日(土)京都12R 4歳以上2勝クラス

今回は、条件に該当する軸馬が12戦続けて馬券圏内に入っている、信頼度ピカイチの鉄板パターンを狙い撃って、今年最初のJRAG1に向けて弾みをつけたいと思います。その条件とは、「京都ダ1800m×4歳以上2勝クラス」のU指数1位です。これに該当する馬はなんと19年2月10日から1年以上3着以内をキープしており、勝率43.6%、連対率56.4%、複勝率74.4%、単回率193.6%、複回率129.0%という圧倒的な数字をマークしています。このレースの1位は②オノリス。近走の走りは安定しており、当該コース実績もありますので、ここも信頼して問題なさそうです。まずは単勝を押さえましょう。

連勝馬券は、2着に下位の馬が激走することが多い点と、上位馬が馬券圏内に来るときは、まとめて3着以内を独占することが多い点を加味し、ワイド流しを推奨します。馬連流しだと、ヌケを食らうケースが出てきてしまう一方、ワイドだとダブル的中のチャンスが広がるからです。推奨するのは、1位から2~6位へのワイド流し。この組み合わせは集計期間内に的中率66.7%、回収率121.0%を記録しています。しかも、軸馬の複勝同様、こちらも12戦連続して的中しているのです。狙うは当然もう一丁。フェブラリーSに向けての資金稼ぎをもくろみましょう!


1位 ②オノリス      92.2
2位 ⑪エングローサー   92.0
3位 ③トップウイナー   90.9
4位 ①ダノンロッソ    90.3
5位 ⑯クレスコブレイブ  89.6
6位 ⑬ハヤブサレジェンド 89.5


★結論★
単勝 ②
ワイド流し ②→①③⑪⑬⑯(5点)


○重賞レースの『U指数』は無料会員向けで開放中!無料会員登録はコチラからどうぞ

○『U指数』掲載のネット新聞『U指数新聞』(PC版)のダウンロードはコチラ
(U指数新聞サンプル)


○『U指数』を全レース、フルに活用したいという方はウマニティVIPクラブへご入会ください

-------------------------------------------------------------------
ウマニティVIPクラブには『U指数』見放題以外にも特典が盛りだくさん!

(その他特典例)
予想に役立つ競馬エイトGallopの取材情報が手に入り・・・
      +
「予想コロシアム」に登録したあなたの予想を自動分析してくれる人気機能「分析データ」をフルで利用可能
・・・etc

といったメリットがある、1開催日あたり約120円でウマニティサイトをフル活用頂ける“ワンランク上”のサービスです。月額934円(税別)⇒入会はこちら(全特典について詳しくはこちら
-------------------------------------------------------------------

2月21日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】今年最初のG1・フェブラリーS展望
閲覧 814ビュー

先週は土日で重賞が3レース、そのうちクイーンC共同通信杯が3歳限定戦。

なぜそこを強調するかというと、相変わらず3歳限定戦で1番人気馬が勝てない流れは変わらず、先週もルナシオンが10着、マイラプソディも断然人気に支持されながら4着と人気を裏切った。これで年明けから3歳重賞の1番人気馬は6連敗。2着も2度あるだけであとはすべて着外、果たしてこの流れは今後のクラシックトライアル戦線でも続くのかどうか。

先週の当コラムでは、「もしマイラプソディ以外から入るならば、安易に2頭軸などに逃げるのは避けておいた方が良いだろう」と書いたが、結果的にはその通りになった……なんて書いたところで当方の軸馬である◎シングンバズーカが馬券に絡まないのでは全く意味がないのだが…。

さて、その共同通信杯を制したのはダーリントンホール。ルメール騎手がスローを見越して早めに動き、最後は後続を封じた。ただ、馬場状態も含めてすべてが上手く行った印象もあり今回の内容でG1に繋がるかというと微妙なところ。牡馬路線を考えると無敗のサリオスは距離に不安があるし、コントレイルも厳しい競馬を経験しないまま本番に突入して行く。なんとなくだが、今年は波乱の牡馬クラシック戦線となる予感がする。


インティ次第では波乱の余地もありそう

さて、今週末はいよいよ今年最初のJRA・G1となるフェブラリーS。注目はやはり昨年の覇者インティだろうか。

というのも、今年はダートの主要路線を制した馬が軒並み回避している。昨年無敗でチャンピオンズカップを制したクリソベリル、3年連続でフェブラリーS連対のゴールドドリーム、JBCクラシック&川崎記念の覇者チュウワウィザード東京大賞典連覇のオメガパフューム東海Sの覇者エアアルマスといった面々が不出走。それぞれの事情はあるにせよ、やや寂しい顔ぶれとなった。

もっとも、インティが盤石かと問われると微妙なところ。昨年は破竹の連勝で臨み本番も逃げ切りを決めたが、なんだかんだそれ以来勝てていないのは気掛かり。前走の東海Sでは控える競馬を試みたが58キロが影響したにせよ3着止まり。最後は伸び負けた印象もあり、果たして巻き返しがなるかどうか。追い風要因としては、目の上のタンコブ的な存在だったドリームキラリが出走できなかったことだろう。相手関係を見渡しても何が何でもハナという存在はなく、スンナリ先手を奪うことができれば、武豊騎手の十八番でもある逃げ切りが決まる可能性もある。

ただ、もし多少とも紛れが生じるならば伏兵勢にも注目したい。インティ以外ならヴェンジェンスの充実ぶりが侮れない。みやこS当時はまだ展開がハマったような印象もあったが、前走の東海Sでは自ら動く競馬で2着確保。内容的にはインティを上回っている印象もあり、初の東京ダート1600mをこなせるようならば好勝負になって良い。できれば包まれない外寄りの枠を引きたいところだろうか。

また、穴馬ならばモジアナフレイバーが侮れない。こちらもとにかく行きたがる馬で、前走の東京大賞典ではやや早仕掛けに見えたがそれでもラストまでよく伸びていた。メンバーが揃った勝島王冠では他馬を圧倒する脚を見せており、掛かる気性を考えればマイルへの短縮もプラスだろう。あとは中央での騎乗経験が少ない鞍上次第だが、本馬の場合は脚を溜めやすい内寄りの枠の方が良いかもしれない。中央ではまだ未知の存在である分そこまで人気にはならないだろうが、実力的には勝ち負けになっても何ら驚けない。

その他にも予定通りのぶっつけ参戦となるアルクトスも怖い。当舞台ではまだ負け知らずで、馬群の中でも競馬ができるのは多頭数のG1では強みになるし、適性の高さを生かせれば出番があるか。もともとフェブラリーSは舞台巧者が強いレースでもある。

いずれにしてもインティ次第では波乱の余地もありそうな一戦。当コラムが公開される頃には枠順も決まっているだろうし、枠の並びを見た上で結論を出したい。


フェブラリーSの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

2月20日(木) 10:10 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020フェブラリーS  
閲覧 948ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



2月23日(日) 東京11R 第37回フェブラリーステークス(G1、4歳以上、ダート1600m)

【フルゲート:16頭】

<優先出走馬>

モズアスコット(B)中2週
休み明けの前走時は、入厩後からすぐに3週連続好時計を出していて牧場での仕上げができていた感じ。この中間はレース翌週の木曜日から軽めに乗られ、1週前は金曜日に坂路で速い時計と、大きな疲れはなさそう。前走時も馬体が減っているくらい仕上がっていたので、直前は馬なりで終いの時計が出ているようなら引き続き良い状態で出走できそう。


<賞金上位馬>

ケイティブレイブ(E)中3週
この中間は川崎記念から中3週での出走。時計を出し始めたのが14日で、1週前追い切りもなく16日に軽めの調整と、疲れが残っているような感じ。

ノンコノユメ(C)中7週
東京大賞典2着から、中7週で久しぶりにJRAのレースに出走。この中間、これまでと比べると調教の時計がかかっていて、この馬としては物足りなく感じる。

インティ(A)中3週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。重心が低い走りで伸び脚良く、昨年の最終追い切りよりも良い動きに見えた。

ブルドッグボス(D)中8週
<1週前追い切り>
栗東坂路併せ馬。前半はスピードのある走りも、終い脚が上がった感じで伸び脚物足りず。

サンライズノヴァ(A)3ヶ月半
<1週前追い切り>
栗東坂路併せ馬。いつもはもっと重い感じに見える馬だが、今回は1週前から重め感のない走りで終いしっかり伸びた。休み明けでの好走実績があり、併せ馬で先着している点も良い。

ヴェンジェンス(D)中3週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。軽い動きだが重心が高く力強さがない。

アルクトス(D)4ヵ月半
<1週前追い切り>
南W3頭併せの中。休み明けでまだ重い感じで伸び脚が物足りず。調教ではもっと時計の出る馬なので、好条件ではあるものの状態面に関しては不満が残る。

デルマルーヴル(B)中3週
<1週前追い切り>
美浦Pコース併せ馬の内。馬なりで相手に併せる内容。使い込まれているが、スピード感のある走りで勢いあり。

ワイドファラオ(A)中2週
栗東坂路単走。中2週と間隔が詰まっているが、1週前に坂路で終い強めに追われて好時計と上積みがありそう。

キングズガード(C)中3週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の外。時計は出ているが、追い比べで終い遅れる。

ワンダーリーデル(B)中2週
休み明けの前走時は、しっかり乗り込まれていて追い切りの動きも良く見えたが、この馬にしては終いの時計が少しかかっていた。中2週のこの中間は、1週前の金曜日に坂路で強めに追われて前走時と同じような時計をマーク。最終追い切りで、終いの時計が出てくるようなら上積みがありそう。

モジアナフレイバー(A)中7週
昨秋も3戦と無理のないローテーションで、今回も東京大賞典からの中7週。3週連続で速い時計が出ていて、16日には強めに追われていつも通りの調教内容を披露している。仕上りは前走時と同じかそれ以上。

ミッキーワイルド(B)中2週
<1週前追い切り>
栗東坂路単走。前走時の最終追い切りと同じような時計は出ているが、今回の方が手応えに余裕があり、一度使われての上積みがありそう。

ミューチャリー(C)中3週
休み明けの前走時にしっかり乗り込まれていて、この中間も1週前に強めに追われ終いの時計も出た。上積みがありそう。

タイムフライヤー(C)3ヶ月
チャンピオンズCプからの休み明け。2週前、1週前とCWを長めから追われて好時計が出ていて調教内容は悪くない。ただ、休み明けの好走実績がなく、これまでもこのぐらいの時計は出ていて、特に今回が特別に良いという感じでもない。


<以下、除外対象馬>

ダノンフェイス(A)中2週
前走時は叩き2戦目で追い切りの動きもかなり良かった。馬体も減っていたがパドックではまだ絞れそうな感じにも見えて、この中間は中2週でも1週前に坂路で速い時計を出してきた。叩き3戦目で、さらに上積みが期待できそう。

ドリームキラリ(E)中2週
前走は休み明け、マイナス体重でパドックでもトモが寂しく見えた。調教での時計も平凡だったので出来自体が良くなかった感じ。この中間も、1週前の金曜日に坂路で軽めの調整で時計平凡と、変わり身は感じられない。

テーオージーニアス(B)中2週※大和Sに登録あり
休み明けの前走を使われて、この中間も1週前にいつも通りCWを長めから速い時計を出してきており、叩き2戦目での上積みがありそう。ただ1600m戦にはこれまで出走したことがない。

ヨシオ(C)中2週※大和Sに登録あり
根岸Sから中2週。14日(金)に坂路を馬なりで速い時計が出ていて、疲れはなさそう。

クリノガウディー阪急杯に出走予定

ラプタス(F)連闘
先週出走していて1番人気で8着。ダートは1400m戦を使われてきており、出走できてもさすがに厳しい。

スマートアヴァロン(D)中2週
昨秋から使い込まれていて、この中間も軽めの調整のみ。1週前も速い時計は出しておらず、状態面での上積みは期待できそうもない。

ロードグラディオ(F)連闘
2月に2戦していてさらに連闘となるので出走はなさそう。



◇今回はフェブラリーS編でした。早くも今年最初のJRAG1のフェブラリーSが行われますが、今年からはサウジアラビアでも2月に国際競走が行われるようになります。3月にはドバイワールドカップデーもあり、ともにアメリカからもヨーロッパからも馬が集まってきます。現在の中東情勢のなか、このようにサウジアラビアとドバイで競馬が普通に開催されるというのはある意味不思議な感じもしますが、何より競馬が開催出来るということは平和なこと。日本でも新型コロナウイルスが猛威を振るい、今後の競馬開催に対してもどのように影響が出てくるか心配な面もあります。近年は地震などの自然災害による被害も多く、競馬が普通に開催されていくことは本当に平和なことだと心のどこかにいつも思って競馬を楽しんでいきたいものです。

それでは次回、弥生賞編でお会いしましょう。

フェブラリーS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2月19日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月19日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(190)
閲覧 1,880ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月22日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【馬番別成績(2016年以降)】
●1~9番 [1-0-1-33](3着内率5.7%)
●10~18番 [3-4-3-20](3着内率33.3%)
→近年は二桁馬番の馬が優勢。今開催の馬場を考えても、外寄りの枠に入った馬を重視すべきでしょう。


▼2020年02月22日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [7-3-3-13](複勝率50.0%)
●なし [0-4-4-64](複勝率11.1%)
→実績馬は堅実。一方“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がない、かつ前走の着順が5着以下だった馬は2013年以降[0-1-0-44](3着内率2.2%)と苦戦していました。


▼2020年02月23日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-7-6-19](3着内率47.2%)
●なし [3-0-1-61](3着内率6.2%)
→1800m以上のレースに実績がある馬を重視したいところ。なお“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において連対経験がない、かつ“JRA、かつ左回り、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が2位以内”となった経験のない馬は、2013年以降[0-0-0-52](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2月19日(水) 16:00 覆面ドクター・英
フェブラリーS・2020
閲覧 1,169ビュー



いよいよ今年一発目のG1がやってきました。今年は有力馬がごっそり、超高額賞金レースのサウジC(1着賞金がなんと約11億円)に向かうため、層が薄くなるのが例年とは違うところです。トップレベルの馬たちは、フェブラリーSとチャンピオンズC(昔はジャパンカップダート)の年2つの中央G1と交流G1を中心にローテーション組むことが多かったのが、海外も選択肢に入ってきたというのは時代の流れなんでしょう。サウジCは高額賞金ももちろん魅力的ではありますが、日本馬の優秀さを世界に見せつけて、海外向けの馬産・海外での種牡馬入りなどの道筋につながるという一面もあります。そうした夢も広がるので、気持ちよく送り出して応援したいと思っています(実力馬たちが日本のG1に出てこないのは寂しいですが)。日高の奥の方はもう、今やインド人の乗り役だらけで(もちろんインド人も歓迎なんですが)、待遇がもう少し良くなって日本人もより多く働ける環境になっていってくれると、道民としても嬉しいんですけどね。

さて、フェブラリーSの今年のポイントですが、大きく以下の2点だと思っています。

#1 昨年覇者のインティ。実力が落ちてきているといっても、一線級がサウジCに行ってしまい、チャンピオン決定戦というには相手が強力ではない状況で、連覇で王座防衛とするのか。

#2 芝のG1馬であるモズアスコットが、初ダートの前走根岸Sでコパノキッキングを本来の短距離路線に押し戻すだけの強い勝ち方。豪快に差し切ったその実力が本物で、ここでも再度好走するのかどうか。


<全頭診断>
1番人気想定 インティ:昨年は6連勝の勢いもあって私自身も本命を打って、1番人気に応えてくれた。ただ今年は逃げても逃げなくてもいまひとつのレースぶりで、前走の東海Sでもエアアルマスには粘られ、ヴェンジェンスには差され、と、だらしない結果。相手が思ったほどG1でも強くならないとはいえ、ゆったりと下り坂状態で、消去法的とはいえ「1番人気になるの?」という感じで......。妙味は全くなし。でも、じゃあどの馬が強いか、というと、「あれ、あんまり居ないなあ・・」というのが悩ましいところ。武豊騎手に競りかける騎手は少ないが、矢作厩舎の逃げ馬のドリームキラリを佐藤友騎手にスイッチしてきたのは、若手の坂井騎手の将来を案じてか(笑)ならば、武騎手と禍根を残さないように地方騎手の起用で遠慮せずに前でガリガリ競らせて、矢作厩舎のモズアスコットの差し切りズドンが決まる、というのが今年のシナリオか?

2番人気想定 モズアスコット:2018年の安田記念馬でその後は低迷が続いた。前走の初ダートの根岸Sではコパノキッキングをズバッと差し切ってみせた。父フランケルはガリレオ×デインヒル×レインボウクエストなので芝配合なのかなあとは思うが、母はヘネシー×ミスワキで東京のマイルなら引き続き強いレースをみせられるのでは。東京マイルのダートは芝的なスピードや瞬発力もプラスで、ちょうどいい配合なのかも。気難しいフランケル産駒だけに連続好走はしないのかもしれないが、能力的には十分足りてアグネスデジタルのように芝ダート両方のG1制覇もあるところまではきていそう(前走同様の出遅れから、やる気を消失するパターンもありえる)。

3番人気想定 アルクトス:昨秋は3連勝でプロキオンSも制した勢いで臨んだ南部杯でも2着(ゴールドドリームには先着)。メキメキ実力をつけてきたが、ここに4ヶ月半のぶっつけというのはいくら鉄砲実績があるとはいえ、ノーザンFの馬でもなく正直マイナスでは。

4番人気想定 ヴェンジェンス:11月にみやこSを勝って臨んだチャンピオンズCは7着と一線級には跳ね返された形だが、東海S2着(1着のエアアルマスは骨折で今回出れず)と7歳にして充実期間に入っている。ただ東京マイル適性はいまひとつでは。

5番人気想定 サンライズノヴァ:似た適性の必要な南部杯で約1年ぶりの勝ち星をあげたが、あのレースは吉原騎手の好騎乗が光った一戦。以前ほど末脚に迫力が無くなってきていて、そう信頼はできない。ただ影の実力者として最近特に活躍している松山騎手を確保できたというのは大きい。

6番人気想定 ノンコノユメ:去勢や地方転出などいろいろあったが、それでもなお高いレベルで頑張っている8歳セン馬。東京マイルは実績通り向くのだが、8歳の今はちょっとスピード的に忙しい可能性もある(実際、最近は1800mや2000mで好成績)。

7番人気想定 ワイドファラオ:芝マイルの重賞勝ち馬でもあり、初ダートのユニコーンSでもいきなり勝ってしまったが、その後はそうでもない結果。例年より弱い相手とはいえ、ちょっと力が足りないのでは。

8番人気想定 モジアナフレイバー:母がセイウンコウセイの半姉で、地方馬でも父バトルプラン(その父エンパイアメーカー)とそれなりのスケール感があり、そう格落ち感は無い。東京大賞典では3着に突っ込んできたが、南部杯で4着だったように東京マイル適性はそう高くないのでは。

9番人気想定 ミッキーワイルド:期待して本命を打った前走根岸Sで11着と惨敗。がっかりだったが、デムーロ騎手が全然合わなかった可能性もあり、主戦の北村友騎手に戻る今回再度期待してみる手はありか。ただマイルより1400mが良い馬で、前走惨敗から1F延びるのは歓迎ではない。

10番人気以下想定
タイムフライヤー:2歳G1ホープフルS勝ちのある馬なのだが、長らく低迷して昨夏からダートに路線変更した。武蔵野Sで2着したようにこの条件への適性はあり、絶好の穴馬として狙えるのでは(モズアスコット同様、勝てば芝ダートの両方制覇となる。まあ頭までは無さそうだが)。

ワンダーリーデル:昨秋の武蔵野Sで横山典騎手の神騎乗で9番人気ながら初重賞制覇となったが、その後もイマイチで7歳でもあり、上がり目には乏しいか。

デルマルーヴル:余談だが、皮膚科医の浅沼先生の馬で、先生自身は千歳のロータリークラブの講演で「馬主はハイリスク、ノーリターン~壮大な無駄遣い」と言っていた(^^; 馬自身は、レパードSで2着した後はダートのステイヤー寄りの交流重賞ばかり使ってきているだけあって人気を落とす要素満載で、確かに母父コマンズから長めの距離が向いているのかもしれないというキャラ。ただ、厳しいペースでスタミナが生きる展開になれば、父パイロ(この条件で強いエーピーインディ系)でもあり、通用しておかしくない。穴として狙える馬では。

スマートアヴァロン:8歳になってもオープン特別で3着を拾い続ける馬主孝行な馬。根岸S3着とそう弱くはないがマイル実績に乏しく、さすがにここでは。

キングズガード:9歳を迎えるも昨年11月にはみやこS2着と元気ではあるが、G1でどうこういう力はもうないのでは。

ダノンフェイス:重賞勝ちは無いが、武蔵野S3着、根岸S4着とそれなりの力はある。ただ、爆発力が無く7歳だけに、一変もないか。

ミューチャリー:羽田盃勝ち、東京ダービー2着、JDD3着と川崎記念4着とそれなりの実力馬だが、地方でも長めの距離を使われており東京マイルのスピード勝負向きでない印象。

クリノガウディー東京新聞杯3着からここへ登録。母父ディアブロとダートをこなせる素地はありそうだが、さすがに初ダートがG1というのは......。

ブルドッグボス:中央でもオープン特別複数勝ち、地方転出後も長く頑張っているが、マイル実績ゼロというのはさすがに厳しい。

ケイティブレイブ:ドバイで開腹手術をして帰国初戦の浦和記念勝ちはびっくりさせられた。その後の2戦は本来の粘りがなく、長岡騎手を乗せてくること自体、期待薄。

ロードグラディオ:準オープンを勝って臨んだ前走のオープン初戦で7着だったように実力不足。

ヨシオ:ジャニュアリーSは1200mが向いたのか1年9か月ぶりの勝利だったが、前走は根岸S15着。ここから巻き返すのは難しい。

ラプタス:1400mで未勝利から準オープンまで4連勝の上り馬だが、オープン初戦で逃げて8着と止まったように、G1でいつもより1F長いマイルでは厳しいのでは。

ドリームキラリ:8歳となり粘りが無くなってきた、逃げないと全くダメな馬だけに要らない。ただ同厩舎のモズアスコットのアシストをすべく(建前上は、チームプレー禁止なので口にしないだろうが)、前半ハイペースを演出してインティと競る重要な役割。出遅れは勘弁してほしい。

テーオージーニアス:昨秋から力をつけてきて重賞でも好走できるようになってきたが、1200m向きで、1400mの前走根岸Sでも終いに鈍っていたように、マイルのここは向かない。


<まとめ>
有力:モズアスコット

ヒモに:アルクトスインティヴェンジェンスサンライズノヴァノンコノユメ

穴で:タイムフライヤーデルマルーヴル

[もっと見る]

2月19日(水) 11:00 【ウマニティ】
【U指数的分析】フェブラリーS2020
閲覧 1,484ビュー

フェブラリーS】2012年以降の傾向

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ


<ポイント①>
・指数上位は絶対的な存在ではないものの、総崩れということはない。指数100.5以上の単勝回収率は131.8%。このラインを超えた馬はしっかり押さえておいたほうがいい。

<ポイント②>
・指数10位以下(ふたケタ順位)の馬は【1 0 2 49】。14年のコパノリッキーは最下位ながらに勝利したが、これは「事故」レベルの例外中の例外。基本的に低指数の馬は軽視できる。

<ポイント③>
・指数1位かつ100.5以上の馬を軸に据え、指数2~9位の馬に流すと、馬連回収率365.9%、3連複回収率151.0%。


フェブラリーSの予想U指数はこちら⇒(フェブラリーS重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!


--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと読む

暖かい

2月23日() 01:49

かげまん56さん

閲覧 13ビュー

明日は福島競馬場に馬券を買うために行きましょうかね‼️
仕事がちょうど競馬場の裏なのでラッキーです。

フェブラリーは穴がきそうな雰囲気だからな。
これまでのメンバーから、層が薄いので‥

モジアナフレイバーか?(笑)

2月23日() 01:36 焼売さん
フェブラリーSの穴勝負
閲覧 26ビュー

3連複で軸はインティから
5-9;12-2;13;16
5;9;12も

4月産まれの馬が勝っているらしい。

[もっと見る]

2月23日() 00:42 ゼファーさん
第37回 フェブラリーステークスGⅠ
閲覧 58ビュー

<馬場状態>

[もっと見る]

2月23日() 00:33 回収率予報官さん
【回収率予報】[G1]フェブラリーS/[G3]小倉大賞典
閲覧 59ビュー

こんばんは。回収率予報官です。
回収率予報をお知らせします。
他のレースの予測回収率は「予想コロシアム」に登録済みです。

■東京11R ダート1600m 4歳上オープン 15:40 [G1]フェブラリーS
*1 50% ・ 63.4倍 ブルドッグボス
*2 80% ・ 8.1倍 アルクトス
*3 90% × 19.6倍 ワイドファラオ
*4 100% ・ 28.2倍 タイムフライヤー
*5 80% ○ 3.8倍 インティ
*6 70% ・ 31.4倍 ミッキーワイルド
*7 80% ・ 17.4倍 ヴェンジェンス
*8 70% ・ 77.1倍 キングズガード
*9 80% ▲ 6.9倍 サンライズノヴァ
10 50% ・ 20.7倍 ノンコノユメ
11 80% ・ 35.2倍 モジアナフレイバー
12 70% ◎ 2.8倍 モズアスコット
13 80% ・ 25.8倍 デルマルーヴル
14 80% ・ 86.3倍 ミューチャリー
15 60% ・ 99.0倍 ケイティブレイブ
16 100% △ 26.5倍 ワンダーリーデル

■小倉11R 芝1800m 4歳上オープン 15:20 [G3]小倉大賞典
*1 50% ・ 22.4倍 アロハリリー
*2 60% △ 14.8倍 カデナ
*3 80% ▲ 12.7倍 テリトーリアル
*4 60% × 15.9倍 レイホーロマンス
*5 50% ・ 90.5倍 サイモンラムセス
*6 80% ◎ 1.8倍 ヴェロックス
*7 70% ・ 30.1倍 ナイトオブナイツ
*8 70% ・ 19.2倍 アンノートル
*9 80% ・ 13.2倍 エメラルファイト
10 60% ・ 34.4倍 アウトライアーズ
11 80% ・ 17.3倍 タニノフランケル
12 70% ・ 27.0倍 ドゥオーモ
13 90% ○ 7.1倍 ジナンボー
14 50% ・ 51.6倍 ランスオブプラーナ

表は左から、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
回収率重視の方は予測回収率を、勝率重視の方は印を見てください。
オッズはデータ作成時点のものです。

[もっと見る]

2月23日() 00:30 ロードけんけんさん
フェブラリーステークス(G1)前夜予想!!!
閲覧 50ビュー

土曜日は日刊スポーツを買わなかったので

コンピ指数は無しです。


スピード・対戦指数(馬場発表後・番号の若い順)

◎7・8・16

○5・6

▲4

△2・9・12

×3

注意 10

買い方の基本

◎○▲ー◎○▲ー◎○△注

×は消し。

昨年は◎ー×ー◎で決まりました。
2着の×はSP指数5位でした。
今年の×はSP指数10位なので不要。

傾向
1~3番人気は○
手を伸ばしても7人気ぐらいまで。
10人気以下は割引。
前走チャンピオンズC以外なら
1~3着馬。
前走1~4人気で敗退した馬で
今回4人気以下なら巻き返しに注意。(9・15番)

4・5歳が中心で6・7以上はG1実績必要。
東京1600mに連対もしくは未経験は割引。
リピーターには注意が必要


リンク
人気 1・4・6人気(昨年は2頭が馬券に来ました)
馬番 6・12・14番

[もっと見る]

2月22日() 23:52 ちびざるさん
【GⅠ】フェブラリーステークスの予想
閲覧 100ビュー

<指数的には、上位2頭がぬけているものの数字的には高くはないので、3位以下でも十分チャンスはアリ>


◎:⑫モズアスコット
〇:⑤インティ
▲:⑨サンライズノヴァ
△:②アルクトス
△:③ワイドファラオ
△:⑬デルマルーヴル


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連フォーメーション
⑬⑤→⑨②③⑬



 ◎は⑫モズアスコットにしました。
 指数1位。某スポーツ紙調教評価2位。
前走の根岸ステークスは、1着でした。
初ダートでスタートで出遅れるも差し切り勝ち。
という圧巻の内容。
一叩きされて状態は上がっていると思います。
一ハロン延長もプラスだと思います。
(千四がベスト距離って可能性も否定ができませんが・・・)
問題はスタートが五分に出られるかですね。
一回使ったので今回はきちんと出られると思います。


 ○は⑤インティにしました。
指数2位。
前走は東海ステークス3着でした。
今年が京都での開催でしたが、3着とまとめました。
右回りより左回りのがパフォーマンスが上がるように
現状は左回りのが得意だと思います。
距離も一ハロン短縮もプラスだと思います。
あとは武豊騎手がこの馬のリズムで走れるように導けるかですね。


 ▲は⑨サンライズノヴァにしました。
指数3位。某スポーツ紙調教評価1位。
前走の武蔵野ステークスは5着でした。
その前走はドリームキラリの2番手追走で共倒れみたいになってしまった感じですね。
前々走のマイルチャンピオンシップ南部杯の時にこれまでの
追い込み一辺倒の競馬から一転して好位からの競馬で金沢の名手吉原寛人騎手の
好騎乗もあって優勝しました。
脚質転換が上手くいったか試金石の一戦になりそう。
そのための鞍上も前に付けれる松山騎手を配してきました。
松山騎手が好調ということもありどういう騎乗するか注目したいですね。


△以下では、⑬デルマルーヴルに注目ですね
前走の川崎記念は3着でした。
前々走は名古屋グランプリと最近はダート中距離戦を使ってきています。
ダートのマイル戦はヒヤシンスステークス以来1年ぶり。
この時は3着でした。全日本2歳優駿でも2着がありマイル適性もありそうですが
久々のマイルで流れに乗れるかがカギになりそう。
復調気配のミルコ・デムーロ騎手の手綱さばきにも注目したいですね。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

日曜日に行われる小倉大賞典の出走馬の追い切り内容について、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。


アロハリリー
19日に小倉への輸送を控えていたこともあって、最終追いは18日の火曜日に栗東坂路で行った。4F51秒8のタイムもさることながら、終い2Fを24秒4-12秒0の加速ラップで収めており、状態面の不安はなさそう。自身の力を出せる態勢とみる。

カデナ
中間は栗東坂路で熱心に調整を重ね、最終追いではリズム良く安定した走りを示した。ただ、重賞で好走を続けた昨夏と比べると、躍動感の面で物足りなさが残る。脚質的にも展開に左右されるだけに、よほどハマらないと首位争いに加わるのは厳しいのではないか。

テリトーリアル
栗東坂路で行われた今週の本追い切りでは、軽やかなフットワークを披露した。6歳の春を迎えながらも、時折ヤンチャなところを見せているが、裏を返せばそれだけ元気があるということ。前回に引き続き上位圏内を狙えるデキとみたい。

レイホーロマンス
昨秋のオクトーバーSで戦線復帰してから5戦を消化したが、栗東坂路で実施した最終追いではキビキビとした動きでタフネスぶりを発揮。終い2F24秒7-12秒3の好ラップを記録した。7歳牝馬とは思えない活発さが目につき、牡馬相手の重賞でも通用しそうな雰囲気はある。一発あっても不思議はない。

サイモンラムセス
休み明けの日経新春杯を叩いて中4週でレースを迎えるが、中間に刻んだ時計は至って地味。栗東坂路で実施した最終追いの動きも緩慢で、10歳の年齢を感じずにはいられない内容だった。活気に乏しく、往時の力を望むのは酷かもしれない。

ヴェロックス
今回の最終追い切りは併せ馬を敢行。外の僚馬を待つ余裕がありながらも、念押しするかのごとく肩ムチを数発入れ、気を抜かせないようにフィニッシュした。初重賞制覇へ向けて、陣営の強い意欲を感じる内容だったのは確か。好勝負可能の状態とみる。

ナイトオブナイツ
栗東CWで行われた今週の本追い切りでは、前半こそ力んだ面が見られたものの、直線半ばで鞍上に促されるとスピード感のある走りを披露した。動き自体に衰えを感じない一方で、昨夏の函館記念以降の成績が奮わない点は気がかり。上位争いに加わるには展開など何らかの恩恵がほしい。

アンノートル
2週間前から栗東に滞在して調整を続けてきた。坂路で実施した最終追いは、併走相手の後ろで我慢するかたちを取り、仕掛けられるとシャープな伸びを見せ、先着を果たした。オープン昇級後は苦戦が続いているが、もつれるようなら陣営の工夫が実を結ぶ場面もありそうだ。

エメラルファイト
1週前に小倉競馬場へ入厩。今週の本追い切りはダートコースで行われた。5F71秒程度の息を整える内容ではあったが、リラックスしてノビノビと走るさまからは滞在の効果が十分にうかがえる。昨秋復帰後の成績は今ひとつだが、状態は決して悪くない。警戒を怠れない1頭といえよう。

アウトライアーズ
3週前に美浦から栗東へ移動。そのまま滞在して調整を続けている。最終追いでは、力強い脚さばきで元気の良さをアピールした。一方で、頭の高い走りは相変わらず。実戦で結果が伴わないひとつの要因だろう。そのあたりが解消されないと、好パフォーマンスを望むのは難しいかもしれない。

タニノフランケル
栗東坂路とトラックを併用して本数を重ね、最終追いが坂路で終い重点というのは、近2走と同じ。終い2Fを24秒8-12秒3で収めたものの、いい頃と比べて活気の面で物足りないように映る。これといった変化が見られないうえに、精彩を欠く近走。一変は厳しいだろう。

ドゥオーモ
連闘とあって中間は軽めの内容に終始。2勝クラスを勝ち上がった直後の格上挑戦となるが、近2戦の好走は小倉大賞典と同じ舞台の芝1800m。今開催の馬場にマッチした適性を備えていると判断できる。勢い&軽量を活かすことができれば、上位争いに割って入る可能性もあり得る。

ジナンボー
2週前から小倉競馬場に入厩し、調整を続けてきた。芝コースで行われた最終追いでは、馬場の外めを気持ちよさそうにシャープな脚さばきで駆け抜けた。気性面に課題のある馬だけに、現地滞在によって得られる効果は大きい。実戦でも落ち着きを保つことができれば、勝機は十分にある。

ランスオブプラーナ
栗東CWで実施した19日の本追い切りでは、6F80秒台をマークした。ただ、攻め駆けする同馬にとって、このくらいのパフォーマンスは日常茶飯事。ここ数走は攻めの良さが結果につながっていない。その点を勘案すると、変わり身を見込めるだけの根拠に欠ける。今回は様子見が賢明ではないか。



ウマニティ重賞攻略チーム

【重賞データ分析】小倉大賞典2020 毎年のように人気薄が上位進出!近10年の3連単平均配当は15万超! 2月22日() 14:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容をもとに、日曜日に行われる小倉大賞典のファクターごとの傾向に注目し、好走パターンに合致する馬をピックアップしました。予想の際にお役立てください。




【全般】
2008年以降、トップハンデは3勝、2着2回とまずまずの成績

カデナ
ヴェロックス

最も信頼できるのは、5勝、2着6回の斤量57キロ以上(2008年以降)

カデナ
ヴェロックス

高齢馬(7歳以上)の活躍が顕著(2008年以降)

レイホーロマンス
サイモンラムセス
ナイトオブナイツ
ドゥオーモ

【人気】
5~9番人気の回収率が高め(2000年以降)
※土曜日13時30分現在の5~9番人気

アロハリリー
カデナ
テリトーリアル
レイホーロマンス
ドゥオーモ

大穴(10番人気以下)の激走がしばしばあり(2008年以降)
※土曜日13時30分現在の10番人気以下

サイモンラムセス
ナイトオブナイツ
アンノートル
アウトライアーズ
ランスオブプラーナ

【脚質】
先行勢が中心(2000年以降)

アロハリリー
サイモンラムセス
ヴェロックス
タニノフランケル
ジナンボー
ランスオブプラーナ

※近走の内容を参考に先行策をとりそうな馬を想定

【枠順】
2011年以降、毎年のように1~3枠が馬券絡み

アロハリリー
カデナ
テリトーリアル
レイホーロマンス

【血統】
父サンデーサイレンス系と父ミスプロ系が堅調(近年の傾向)

アロハリリー
カデナ
サイモンラムセス
ヴェロックス
アンノートル
アウトライアーズ
ドゥオーモ
ジナンボー

サンデーサイレンス系×ミスプロ系配合(逆を含む)馬に注意(近年の傾向)

アロハリリー
ジナンボー


【3項目以上該当馬】
アロハリリー(5項目)
カデナ(5項目)
サイモンラムセス(4項目)
ヴェロックス(4項目)
レイホーロマンス(3項目)
ドゥオーモ(3項目)
ジナンボー(3項目)



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【小倉大賞典】ベスト9F!テリトーリアル重賞Vだ 2月22日() 10:58

 テリトーリアルはOPに上がって(2)(1)(12)(3)着。暮れのチャレンジCで重賞の壁を思わせながら、前走の中山金杯で0秒1差3着と巻き返してきた。【3・2・1・1】とベストの1800メートルなら、重賞を勝って不思議ない。

 「チャレンジCは二走ボケじゃないかな。金杯は苦しいところからよく伸びてきたね。自在に立ち回れるようになったし、けいこもしっかり動けている。力の要る馬場も合っているから楽しみだ」と西浦調教師。6歳でもまだまだ伸びゆく素材だ。

 “究極の3連単”はテリトーリアルを1着に固定。昨年の牡馬クラシックで好走した実力馬ヴェロックスを2、3着に据えた12点で勝負する。(夕刊フジ)



小倉大賞典の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【U指数的考察】小倉大賞典2020 指数上位馬を中心に攻めるのがセオリー!指数9位以下の伏兵に要注意! 2月21日(金) 19:00

小倉大賞典の近年の結果をもとに、U指数を絡めてピックアップした条件に合致する馬や買い目を提示しました。予想の際にお役立てください。

※2014年以降の結果をもとに検証



<ポイント①>
連複の軸にはU指数4位以内の馬が最適。指数トップが9歳馬のスマートギアという、沈滞気味のメンバー構成だった2014年を除くと、毎年必ず最低1頭は馬券に絡んでいる。

U指数4位以内

カデナ
ヴェロックス
ナイトオブナイツ
タニノフランケル

<ポイント②>
指数上位馬が堅実に走る一方で、指数9位以下が2014年以降、毎年のように上位を賑わせている。該当馬をベタ買いした場合の複勝回収率は133.5%とかなり優秀。軽視は禁物だ。

指数9位以下

アロハリリー
サイモンラムセス
アンノートル
エメラルファイト
ドゥオーモ
ランスオブプラーナ

<ポイント③>
ただし、2着連対圏に入った馬の最低指数は2018年の優勝馬トリオンフの92.4。同馬は伸びしろが大きい4歳馬だった。同馬を除いた場合の最低指数は94.7となっている。着付けを考える際に、活用したい傾向といえよう。

指数94.7未満の5歳以上

サイモンラムセス
アンノートル
ドゥオーモ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

【乗り替わり勝負度チェック!】フェブラリーS 非ノーザン系の関東馬で好調のこの男に要注意! 2月21日(金) 15:30

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2016年以降の結果をもとに集計




編集部(以下、編) 先週の共同通信杯はお見事でした。「雨が降って道悪になればアタマで一発も」と評価していたダーリントンホールが、稍重馬場できっちりとアタマ取り。推奨4鞍のなかで1着はこのレースだけでしたが、単勝回収率150%を記録しました。

新良(以下、新) 目標の4打数3安打とはいかなかったものの、少しずつ良い感じになってきていますね。今週はG1を筆頭に4重賞が控えていますので、みなさんのお役に立てるように分析に励みます。

編 そうなんです。今週は4重賞なんですよ。早速、最大の注目レースであるフェブラリーSからお願いします。狙ってみたい乗り替わりはありますか?

新 注目しているのは、マーフィー騎手からM.デムーロ騎手に乗り替わる⑬デルマルーヴルです。

編 上位人気にはならないけれど、決してノーチャンスではないという、なかなか面白そうな狙い目ですね。

新 クリソベリルゴールドドリームチュウワウィザードといったトップクラスの面々が海外に目を向けたので、今年のフェブラリーSはどの馬にもチャンスがあると思います。

編 デルマルーヴルは昨年のジャパンダートダービーで、ダートの現役最強と言われるクリソベリルの2着に入っていますしね。

新 はい。地方重賞周りで突き抜けた結果は残せていませんが、地力が高いことは明らか。このレースはジャパンダートダービー好走馬がよく走る傾向にあるので、そこもプラスに評価できます。もともとマイル前後で良かった馬ですからね。今回の距離短縮は間違いなく歓迎のクチです。

編 M.デムーロ騎手の強調材料を教えてください。

新 まずはコース実績。東京ダ1600mにおける勝率は、2016~2018年が19.6%、2019年以降が18.8%と、高値安定の数字をキープしています。さらに、関東に拠点を移してから非ノーザン系の関東馬で結果を出している点も追い風です。デルマルーヴルには2歳時に一度騎乗していますので、しっかり対応してくれるでしょう。

編 馬は相手なりに走るというか、成績に安定感があるので楽しみですよね。

新 さすがにアタマで自信があるというレベルではありませんが、ヒモでは押さえておくべき1頭だと思います。

編 わかりました。それ以外の3重賞のなかで、フェブラリーSの次に取り上げるとしたらどのレースになるでしょう?

新 小倉大賞典をピックアップしたいですね。私は酒井学騎手から松若風馬騎手に乗り替わる④レイホーロマンスが面白い存在になるとみています。

編 前走の愛知杯は11番人気ながら3着に激走しました。ここはもう一丁がありそうだと?

新 あっても不思議はないでしょう。あれがフロック視されて、再び人気薄になってほしいです。鞍上の松若騎手はこの馬への2回目の騎乗で、溜めてキレる脚を使えるこの馬の良さを理解しているはず。10番人気4着と頑張った前回の万葉S同様、じっくり構えて乗ってくれると思います。

編 ロングラン開催の今の小倉の芝は、完全に外差し馬場になっていますしね。

新 それも歓迎材料ですし、小倉芝1800mはハービンジャー産駒の好走が目立つコースでもあります。ハンデは51キロ。ナメてかかるわけにはいかないでしょう。

編 前走同様、高配当に貢献してほしいですね。

新 松若騎手の落ち着いた騎乗に期待しましょう。

編 了解です。新良さん、今週もありがとうございました。


★その他の注目乗り替わり★
土曜京都11R ①アルーシャ(マーフィ→ルメール)
土曜東京11R ⑬ヴァントシルム田辺裕信M.デムーロ


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

[もっと見る]

【小倉大賞典】厩舎の話 2月21日(金) 05:05

 ◆アウトライアーズ・小島師 「動きは悪くなかった。ササるところがあり、右側だけにブリンカーをつける」

 ◆アロハリリー・高野師 「乗り役(助手)の感触もよかったみたいですし、いい状態で向かえると思う」

 ◆ヴェロックス・猿橋助手 「動きも良く、予定通りの調整ができています。いい意味で、前走からの大きな変化はないです」

 ◆カデナ・中竹師 「この馬らしいバネのある走りができていました。体も張りがあって充実しています」

 ◆テリトーリアル・西浦師 「予定通り。どんな競馬もできるし、小倉の馬場にも対応してくれると思う」

 ◆レイホーロマンス・橋田師 「いい状態は維持しています。短いところじゃなければ、どんな距離もこなす」

小倉大賞典の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,880ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月22日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【馬番別成績(2016年以降)】
●1~9番 [1-0-1-33](3着内率5.7%)
●10~18番 [3-4-3-20](3着内率33.3%)
→近年は二桁馬番の馬が優勢。今開催の馬場を考えても、外寄りの枠に入った馬を重視すべきでしょう。


▼2020年02月22日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [7-3-3-13](複勝率50.0%)
●なし [0-4-4-64](複勝率11.1%)
→実績馬は堅実。一方“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がない、かつ前走の着順が5着以下だった馬は2013年以降[0-1-0-44](3着内率2.2%)と苦戦していました。


▼2020年02月23日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-7-6-19](3着内率47.2%)
●なし [3-0-1-61](3着内率6.2%)
→1800m以上のレースに実績がある馬を重視したいところ。なお“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において連対経験がない、かつ“JRA、かつ左回り、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が2位以内”となった経験のない馬は、2013年以降[0-0-0-52](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 19ビュー

<馬場状態>

12日目の通り、馬場がかなり悪い

<展開>

11
14
1.3.5.13
6

4.8.9.12
2.7.8.10

<馬券>

2月23日() 00:33 回収率予報官さん
【回収率予報】[G1]フェブラリーS/[G3]小倉大賞典
閲覧 59ビュー

こんばんは。回収率予報官です。
回収率予報をお知らせします。
他のレースの予測回収率は「予想コロシアム」に登録済みです。

■東京11R ダート1600m 4歳上オープン 15:40 [G1]フェブラリーS
*1 50% ・ 63.4倍 ブルドッグボス
*2 80% ・ 8.1倍 アルクトス
*3 90% × 19.6倍 ワイドファラオ
*4 100% ・ 28.2倍 タイムフライヤー
*5 80% ○ 3.8倍 インティ
*6 70% ・ 31.4倍 ミッキーワイルド
*7 80% ・ 17.4倍 ヴェンジェンス
*8 70% ・ 77.1倍 キングズガード
*9 80% ▲ 6.9倍 サンライズノヴァ
10 50% ・ 20.7倍 ノンコノユメ
11 80% ・ 35.2倍 モジアナフレイバー
12 70% ◎ 2.8倍 モズアスコット
13 80% ・ 25.8倍 デルマルーヴル
14 80% ・ 86.3倍 ミューチャリー
15 60% ・ 99.0倍 ケイティブレイブ
16 100% △ 26.5倍 ワンダーリーデル

■小倉11R 芝1800m 4歳上オープン 15:20 [G3]小倉大賞典
*1 50% ・ 22.4倍 アロハリリー
*2 60% △ 14.8倍 カデナ
*3 80% ▲ 12.7倍 テリトーリアル
*4 60% × 15.9倍 レイホーロマンス
*5 50% ・ 90.5倍 サイモンラムセス
*6 80% ◎ 1.8倍 ヴェロックス
*7 70% ・ 30.1倍 ナイトオブナイツ
*8 70% ・ 19.2倍 アンノートル
*9 80% ・ 13.2倍 エメラルファイト
10 60% ・ 34.4倍 アウトライアーズ
11 80% ・ 17.3倍 タニノフランケル
12 70% ・ 27.0倍 ドゥオーモ
13 90% ○ 7.1倍 ジナンボー
14 50% ・ 51.6倍 ランスオブプラーナ

表は左から、馬番、予測回収率、印、単勝オッズ、馬名、です。
◎印は回収率とは関係なく、1着の確率が最も高いと思われる馬です。
回収率重視の方は予測回収率を、勝率重視の方は印を見てください。
オッズはデータ作成時点のものです。

[もっと見る]

2月23日() 00:26 ちびざるさん
【GⅢ】小倉大賞典の予想
閲覧 18ビュー

<指数的には、1頭抜けています。2位以下が混戦で下位の台頭もありそう。>


◎:⑥ヴェロックス
〇:⑬ジナンボー
▲:③テリトーリアル
△:④レイホーロマンス
△:①アロハリリー
△:⑪タニノフランケル


【買い目】
※オッズ等により、変更する可能性アリ

馬連フォーメーション
⑥⑬→③④①⑪



 ◎は⑥ヴェロックスにしました。
 指数1位。某スポーツ紙調教評価1位。
前走の有馬記念は、8着でした。
皐月賞2着、ダービー3着、菊花賞3着とクラシック上位馬も
重賞はいまだ未勝利。
本気で重賞を取りに来た感じがします。
斤量も重賞未勝利だからなのかトップハンデタイの57キロで収まりました。
新馬戦でコースと距離を経験しているので
問題はなさそう。どういう勝ち方をするのか注目したいですね。


 ○は⑬ジナンボーにしました。
指数2位。某スポーツ紙調教評価2位
前走はジャパンカップ13着でした。
さすがに強豪が集うジャパンカップでは荷が重かった感じですね。
今回は初の遠征で右回りがどうかがカギになりそう。
これまでのキャリアでは圧倒的に左回りが多い。
唯一の右回りのレースが中山でその時は買っています。
1回だけなので適性は分かりませんが、ひょっとすると右回りのが
走るってこともあるかもしれませんね。(^^;
シュタルケ騎手に乗り替わりとなりその手腕に注目したいと思います。


 ▲は③テリトーリアルにしました。
指数4位。
前走の中山金杯は3着でした。
千八と二千を中心に使われてきました。
鞍上の藤岡康太騎手と2勝していて相性が良いと思います。
内枠を上手く利用して立ち回れれば好走も可能かと思います。


△以下では、⑪タニノフランケルに注目ですね
前走の中山金杯は15着でした。
この馬の場合は逃げれるか否かの1点に尽きますね。
前走も中途半端な位置からの競馬でしたから度外視して良いと思います。
昨年のこのレースでは2番手からの競馬で2着と好走しーています。
行き切ってどこまで粘れるかですね。
吉田隼人騎手にはそういう競馬をしてもらいたいですね。

[もっと見る]

2/23 単複王 No. 18 フェブラリーステークス No...
閲覧 115ビュー

こんばんは明日2/23単複王です
No.114 京都 9レース 春日特別(2勝クラス) 芝 1800m ◎ パトリック ◯ カイザーミノル
No.115 京都 10レース 斑鳩S(3勝クラス) 芝 1600m ◎ フォックスクリーク ◯ ワンダープチュック
No.116 京都 11レース 大和S(OP) ダート 1200m ◎ テーオージーニアス ◯ モンペルデュ
No.117 東京 9レース ヒヤシンスS(L) ダート 1600m ◎ カフェファラオ ◯ タガノビューティー
No.118 東京 10レース アメジストS(3勝クラス) 芝 2000m ◎ ゴータイミング ◯ ウインガナドル
No.119 東京 11レース フェブラリーS(G1) ダート 1600m ◎ インティ ◯ サンライズノヴァ
No.120 東京 12レース 大島特別(2勝クラス) ダート 1400m ◎ アイアムハヤスギル ◯ エピックアン
No.121 小倉 10レース あざみ賞(1勝クラス) 芝 1200m ◎ メメントモリ ◯ ルガーサント
No.122 小倉 11レース 小倉大賞典(G3) 芝 1800m ◎ ヴェロックス ◯ タニノフランケル
No.123 小倉 12レース 皿倉山特別(2勝クラス) 芝 2600m ◎ ノーチカルチャート ◯ サトノシャーク
続いて
No.18 フェブラリーステークス ◎ インティ ○ サンライズノヴァ ▲ モズアスコット ☆ モジアナフレイバー タイムフライヤー
No.19 小倉大賞典 ◎ ヴェロックス ○ ジナンボー ▲ エメラルファイト ☆ レイホーロマンス タニノフランケル
カフェファラオ
https://youtu.be/3h6vtWkODt4
先日お知らせした新企画はうまく行けば来週から始めます
各場のメインレースを予想する企画です
よろしくおねがいします

[もっと見る]

2月22日() 21:37 浪花のクマさん
フェブラリーS/小倉大賞典 最終決断
閲覧 146ビュー


フェブラリーステークス GⅠ
◎ ⑤ インティ
〇 ⑥ ミッキーワイルド
▲ ③ ワイドファラオ
△ ⑫ モズアスコット
△ ⑯ ワンダーリーデル
× ⑪ モジアナフレイバー
☆ ④ タイムフライヤー

◎勝ち星から遠のいているが前走で次に
つながるレースができた、先行可能な
ここなら連覇可能だ!

単勝

3連複
⑤⇒⑥③⑫⑯⇒⑥③⑫⑯⑪④



小倉大賞典 GⅢ
◎ ⑨ エメラルファイト
〇 ⑥ ヴェロックス
▲ ② カデナ
△ ③ テリトーリアル
△ ⑬ ジナンボー
× ⑪ タニノフランケル
☆ ⑤ サイモンラムセス

◎出来の良さならここに入っても遜色なし
千八、小回りで一発あり・・

単勝

3連複
⑨⇒⑥②③⑬⇒⑥②③⑬⑪⑤

[もっと見る]

2月22日() 21:01 すてらとじーさん
今年のフェブラリー変じゃない
閲覧 224ビュー

G1初戦だというのに今年のフェブラリーはなんかしょぼいな。
クリソベルもゴールドドリームもオメガパフュームもいない。
去年ほどでないインティにハマった感のあるモズアスコット
6,7,8歳のピークは越えた馬ばかり。わくわくしない。
チャンピオンズカップ、東海ステークスに出たあたりを上に見たほうがよいのかな?
タイムフライヤ、インティ、キングスガード、ヴェンジェンスなんでしょうかね。
裏ではG1走ってきたヴェロックスが小倉大賞典に出るとは。何か起きそうな明日です。
競馬予想でわくわくする春はまだもうちょっと先かな。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 2月22日の東京11Rで行われた第70回ダイヤモンドステークス(GIII、4歳以上オープン、芝3400メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、木幡巧也騎手騎乗の16番人気ミライヘノツバサ(牡7歳、美浦・伊藤大士厩舎)がメイショウテンゲン(3番人気)との叩き合いをハナ差制した。タイムは3分31秒2(良)。



 昨年の弥生賞の覇者メイショウテンゲンは、スタートをゆっくりと出ると後方を追走。しっかりと脚をためると直線、鞍上のGOサインに応えて懸命に脚を伸ばし先に抜け出した勝ち馬に襲いかかるも写真判定の末、わずかハナ差届かず悔しい2着となった。



 池添謙一騎手「道中は自分のリズムで折り合いがついて、流れに乗れていた。勝負どころでもスッと動いて脚も使っている。(最後は)勝ち馬にぶつけられたけど、頑張っています」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【ダイヤモンド】オセアグレイト上位2頭から5馬身差の3着 野中「最後はスパッと切れる馬にかわされた」 2月22日() 20:09

 2月22日の東京11Rで行われた第70回ダイヤモンドステークス(GIII、4歳以上オープン、芝3400メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、木幡巧也騎手騎乗の16番人気ミライヘノツバサ(牡7歳、美浦・伊藤大士厩舎)がメイショウテンゲン(3番人気)との叩き合いをハナ差制した。タイムは3分31秒2(良)。



 今年初戦の迎春S(3勝クラス)を快勝してオープン入りを果たしたオセアグレイトは、最内枠スタートから好位で積極的にレースを進め直線、内をついて一度は先頭に立って押し切りを図るも上位2頭にあっさりかわされ5馬身差の3着。



 野中悠太郎騎手「イメージ通りのポジション。1周目のゴール前で一瞬ハミをかんだが、その後は落ち着いた。最後はスパッと切れる馬にかわされた感じです」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】1番人気タガノディアマンテは7着 川田「右への逃避がすごく、競馬にならなかったです」 2月22日() 20:08

 2月22日の東京11Rで行われた第70回ダイヤモンドステークス(GIII、4歳以上オープン、芝3400メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、木幡巧也騎手騎乗の16番人気ミライヘノツバサ(牡7歳、美浦・伊藤大士厩舎)がメイショウテンゲン(3番人気)との叩き合いをハナ差制した。タイムは3分31秒2(良)。



 1番人気に支持されたタガノディアマンテは道中、ポツンと大きく離れた最後方を追走。勝負所で徐々にギアを上げて行くも、周りも一斉に動き出してなかなか前との差は縮まらず、最後は力尽きて7着に敗れた。



 川田将雅騎手「左回りは調教再試験になっていますから。きょうも右への逃避がすごく、競馬にならなかったです」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンド】16番人気のミライヘノツバサが重賞初V 2月22日() 16:05

 2月22日の東京11Rで行われた第70回ダイヤモンドステークス(GIII、4歳以上オープン、芝3400メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、木幡巧也騎手騎乗の16番人気ミライヘノツバサ(牡7歳、美浦・伊藤大士厩舎)が接戦を制して重賞初V。中団を追走したミライヘノツバサは、直線、内から3頭目を伸びて、外から追い込んだメイショウテンゲン(3番人気)との叩き合いをハナ差制した。タイムは3分31秒2(良)。

 長い写真判定にもつれこんだ1、2着争いから5馬身離れた3、4着争いも写真判定。3着には好位を立ち回ったオセアグレイト(2番人気)。1番人気のタガノディアマンテはいつも通りの後方待機策。道中はポツンと離れた最後方を進み、2周目の4コーナー手前から大外に出してスパートしたが、伸びを欠き7着に敗れた。

 ダイヤモンドSを勝ったミライヘノツバサは、父ドリームジャーニー、母タムロブライト、母の父シルバーチャームという血統。青森県・諏訪牧場の生産馬で、馬主は三島宣彦氏。通算成績は23戦5勝。重賞初制覇。管理する伊藤大士は開業12年目でJRA重賞初制覇。

 ◆木幡巧也騎手(1着 ミライヘノツバサ)「びっくりです。相手の伸び脚が良く、正直負けたかと思ったし、最後は神様に願って、勝ってたらいいなと。本当に馬に感謝です。脚をためていったら、すごい脚を使った。最後も根性を見せてくれました」

 ◆川田将雅騎手(7着 タガノディアマンテ=1番人気)「左回りは調教再試験になっていますから。今日も右への逃避がすごく、競馬にならなかったです」



★【ダイヤモンドS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダイヤモンドステークス】入線速報(東京競馬場) 2月22日() 15:50

東京11R・ダイヤモンドステークス(1回東京7日目 東京競馬場  芝・左3400m サラ系4歳以上オープン)は、1番手16番ミライヘノツバサ(単勝325.5倍/16番人気)、2番手14番メイショウテンゲン(単勝8.2倍/3番人気)、3番手1番オセアグレイト(単勝4.9倍/2番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連14-16(1287.3倍) 馬単16-14(3518.8倍) 3連複1-14-16(2584.7倍) 3連単16-14-1(35556.0倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020022205010711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【斬って捨てる!】ダイヤモンドS2020 前走4角先頭馬は劣勢!前走5着以下敗退の高齢馬は見込み薄! 2月22日() 11:00

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、ダイヤモンドSの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
7歳以上、かつ前走5着以下敗退馬の連対例は皆無(2009年以降)

ウインテンダネス
リッジマン
ステイブラビッシモ
サトノティターン
ミライヘノツバサ

前走G3戦出走馬の好走例はゼロ(2009年以降)

アドマイヤジャスタ
ダノンキングダム

前走の馬体重が530キロを超えていた馬の連対例はなし(2009年以降)

レノヴァール
サトノティターン

【人気】
7番人気以下、かつ栗東所属馬の連対例は皆無(2009年以降)
※10時30分現在の7番人気以下、かつ栗東所属馬

ウインテンダネス
ポポカテペトル
リッジマン
アドマイヤジャスタ
ダノンキングダム
ヴァントシルム

【脚質】
前走(国内のレースに限る)の4角通過順が1番手だった馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ロサグラウカ

【枠順】
馬番枠11番の連対例は皆無(東京競馬場リニューアルの2004年以降)

タイセイトレイル

3000m以上のレースで勝利経験のある馬を除くと、6枠の連対はゼロ(2000年以降)

タイセイトレイル
ダノンキングダム


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
オセアグレイト
タガノディアマンテ
メイショウテンゲン
バレリオ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 285ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


ダイヤモンドS・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

京都牝馬ステークス・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

2月19日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月19日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(190)
閲覧 1,880ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月22日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【馬番別成績(2016年以降)】
●1~9番 [1-0-1-33](3着内率5.7%)
●10~18番 [3-4-3-20](3着内率33.3%)
→近年は二桁馬番の馬が優勢。今開催の馬場を考えても、外寄りの枠に入った馬を重視すべきでしょう。


▼2020年02月22日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [7-3-3-13](複勝率50.0%)
●なし [0-4-4-64](複勝率11.1%)
→実績馬は堅実。一方“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がない、かつ前走の着順が5着以下だった馬は2013年以降[0-1-0-44](3着内率2.2%)と苦戦していました。


▼2020年02月23日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-7-6-19](3着内率47.2%)
●なし [3-0-1-61](3着内率6.2%)
→1800m以上のレースに実績がある馬を重視したいところ。なお“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において連対経験がない、かつ“JRA、かつ左回り、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が2位以内”となった経験のない馬は、2013年以降[0-0-0-52](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 30ビュー

連投日記でスイマセン。ビックリです(@_@。競馬場やWINSに行かれる方、その他外出される方は十分気をつけて下さい。また、下記以外でも新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号から船内待機期間を終え下船した方が新型ウイルスの感染を確認したと発表しました。←やっぱりと言うか厚労省は何を考えているのか?完全な判断ミスではないでしょうか?

**************************************
大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号について厚生労働省は22日、必要なウイルス検査をしないまま下船した乗客が23人いたことを明らかにした。加藤勝信厚労相は「国民の健康につながることで、本来許されない。深く反省をしている」と陳謝した。対象者には自宅待機を依頼し、再検査をするという。

2月22日() 23:00 まるたんさん
フェブラリーSサイン馬券2
閲覧 121ビュー

人気馬上位④頭信用できるでしょうか?
前走出遅れながら勝ったモズは信用できるでしょうか?
インティ最近勝ててません、信用できるでしょうか?
アルクトス東京ダート完璧ですが信用できるでしょうか?
サンライズノヴァ南部杯勝ちましたが信用できるでしょうか?
今年は荒れそうな予感がしまくりです🙌🙌
ダイヤモンドS16番人気が激走しました。
コパノリッキーが16番人気で勝ったフェブラリーSを思い出しました。今年のフェブラリーS16番人気はケイティブレイブです。最近衰えてるかもしれませんがG1③勝馬です。騎手が長岡君だから評価は低いかもしれませんが最低人気はひどすぎます。
ブルドッグも去年の地方年度代表馬評価が低すぎる💢💢
皆さんモズとインティに騙されないように🙇
間違いなくこの②頭は潰れます、アルクトスもサンライズも沈むでしょう。今年のフェブラリーSは高配当間違いなしと見ます。
競馬には絶対はありません👁️👁️

[もっと見る]

2月22日() 20:47 ちびざるさん
【GⅢ】ダイヤモンドステークスの結果
閲覧 39ビュー


1着:⑯ミライヘノツバサ
2着:⑭メイショウテンゲン
3着:①オセアグレイト


私の◎にした⑦タガノディアマンテは7着でした。
1着の⑯ミライヘノツバサは無印
2着の⑭メイショウテンゲンは△
3着の①オセアグレイトは〇

でした。

買い目は
馬連フォーメーション
⑦①→⑪③⑥⑭

でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○


 まずはに⑦タガノディアマンテに関して。
スタートは出遅れてはいないものの最後方からの競馬を選択。
常に少し離れた最後方を追走。
直線で脚を伸ばすも7着まで押し上げるのが精一杯でした。
流れもあるかもしれませんが、後ろすぎましたね。
あれでは届きませんね。
後ろから行くのはこの馬の競馬かもしれませんが
もう少し早めに動いていかないと流石に厳しいですね。
距離も長かったかもしれませんね。


1着の⑯ミライヘノツバサについて
スタートはまずまずのスタートでした。
道中は中団の後ろを追走。
直線ではインを選択し、鋭く脚を伸ばし
早めに抜け出ました。
一旦は2着馬に先頭を許しましたが、再度差し返しました。
この馬がこれほどのスタミナがあるとは思いませんでした。
長距離路線に向かうのでしょうか。
次走、フロックかどうか見てみたいですね。


2着の⑭メイショウテンゲンについて。
スタートはまずまずのスタートでした。
道中の位置取りは勝ち馬と同じような中団やや後ろの位置からの競馬。
直線では外に持ち出し、脚を伸ばしましたが
外を回った分、最後の最後、負けてしまいました。
この差は位置取りの差だと思います。

3着の①オセアグレイトについて
惜しかったですね。
最内枠を生かして終始好位のインで競馬をしていました。
最後の直線でもラチ沿いを選択で脚を伸ばしましたが
馬場の差もあったかもしれませんね。
ただ、野中騎手の騎乗は悪くなかったと思います。
それでも前に行って残ったわけですから、力はあると思います。
次走も楽しみですね・

的中された方々、本当におめでとうございます。

[もっと見る]

2月22日() 19:17 はななるくんさん
👙フェブラリーS🐡小倉大賞典節操ないけど当てちゃうよ
閲覧 174ビュー

👙フェブラリーS

前走が圧巻だったモズアスコット。逃げない競馬にメドが立ったインティ。しかしながら2番が効かないモズアスコット、武さん行ってらっしゃいの忖度競馬を今年もさせてもらえるか、インティ。

コロナウイルス🦠の影響で、サンリオピューロランドは暫くお休みだそうです。もちろんキティちゃんも自宅待機。3枠にキティちゃんが隠れているけど走るかな?ミッキーマウスは元気に活躍中だからこっちが走ったりして😁

◎モズアスコット
馬連  12 ー 2 3 4 5 6 7 9

🐡小倉大賞典

今日の💎ダイヤモンドSで摩訶不思議の位置どりで惨敗した川田騎手。2日連続1番人気で消えることはないでしょ。

◎ヴェロックス
馬連 6 ー 1 2 9 10 11

[もっと見る]

2月22日() 16:51 fedo_loveさん
ダイヤモンドS備忘録
閲覧 62ビュー

【予想】
◎6レノヴァール/横山典
〇11タイセイトレイル/中谷
▲14メイショウテンゲン/池添
△7タガノディアマンテ/川田
☆リッジマン/フォーリー
→馬連6-7,11の2点、ワイド6-11・5-6,14の3点、3連複6-11-7,14の2点

【結果】
①ミライヘノツバサ・・!?
②メイショウテンゲン
③オセアグレイト
④レノヴァール
⑤タイセイトレイル
⑦タガノディアマンテ

⑬リッジマン

【的中】
なし。。。

【振返り】
単勝最低人気のミライヘノツバサが1着・・。まいりました。。
2番人気ながら、3400mは他の馬よりも未知かなぁと思ったオセアグレイト。
・・が来なければ、3連複いただけたんですけど、そううまくはいきませんでした(>_

[もっと見る]

2月22日() 16:50 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2020.02.22[結果]
閲覧 51ビュー

東京11R ダイヤモンドステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 タガノディアマンテ…7着
○ 4 ロサグラウカ…12着
▲ 1 オセアグレイト…3着
△11 タイセイトレイル…5着
×12 ☆ダノンキングダム…15着
[結果:ハズレ×]

京都 4R 障害4歳以上未勝利(混合)
◎ 3 リボンナイト…2着
○11 ウインストラグル…4着
× 7 ☆メイショウバイタル…1着
[結果:アタリ○ 複勝 7 240円、馬連 3-7 890円、ワイド 3-7 440円]

京都 6R 3歳1勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 ★ジャスティンリーチ…10着
○ 9 ジゲン…1着
▲ 2 マジックスピーチ…2着
[結果:アタリ△ ワイド 2-9 230円]

京都11R 京都牝馬ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎ 1 アルーシャ…17着
○17 サウンドキアラ…1着
▲13 ☆シゲルピンクダイヤ…7着
△ 5 リバティハイツ…8着
× 3 リナーテ…12着
× 2 ☆ビーチサンバ…5着
[結果:ハズレ×]

京都12R 4歳以上2勝クラス[指定]
◎ 4 ★キングスクロス…8着
○14 モサ…9着
▲ 2 オノリス…3着
△ 9 マースゴールド…5着
× 3 ☆トップウイナー…2着
☆10 メリッサーニ…4着
[結果:アタリ△ 複勝 3 340円]

小倉 2R 3歳未勝利[指定]
◎ 5 ★ヴェルテックス…3着
○ 6 アイルビーメジャー…7着
▲15 テイエムキズナオー…4着
△12 ケイマジェスティ…中止
× 9 ペオース…1着
[結果:アタリ△ 複勝 5 110円]

小倉 6R 4歳以上1勝クラス[指定]
◎ 5 ★ワンダーラジャ…2着
○ 4 ツーエムアロンソ…1着
[結果:アタリ○ 複勝 5 110円、馬連 4-5 200円、ワイド 4-5 130円、馬単 4→5 440円]

小倉11R 帆柱山特別 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 スズカフェラリー…6着
○ 4 コンパウンダー…1着
▲ 6 ラミエル…3着
△18 マッスルマサムネ…13着
×12 ケイアイサクソニー…4着
×17 ウインスピリタス…5着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
競馬をします。
外には、何をしましょうか?

[今日の結果:8戦2勝3敗3分]
しょぼい結果でした。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 2月22日の京都11Rで行われた第55回京都牝馬ステークス(GIII、4歳以上オープン、芝・外1400メートル、別定、牝馬限定、17頭立て、1着賞金=3600万円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気サウンドキアラ(5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が重賞連覇。タイムは1分23秒2(重)。



 昨春のフィリーズレビュー以来のタイトルを狙ったプールヴィルは3戦連続の2着。道中は4番手を追走。4コーナーの下り坂を利用して2番手まで追い上げると、直線半ばで逃げたメイショウショウブをとらえ堂々と抜け出すも勝ち馬の決め手に屈して2着。



 岩田康誠騎手「この馬場もこなして、いいレースをしてくれました。直線では抜け出したと思ったんですが…。悔しいです」



★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【京都牝馬S】13番人気の伏兵メイショウグロッケが3着 大野「リズム良く運べた」 2月22日() 20:07

 2月22日の京都11Rで行われた第55回京都牝馬ステークス(GIII、4歳以上オープン、芝・外1400メートル、別定、牝馬限定、17頭立て、1着賞金=3600万円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気サウンドキアラ(5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が重賞連覇。タイムは1分23秒2(重)。



 13番人気の伏兵メイショウグロッケは、上々のスタートを切ると好位の馬群でしっかりと折り合い、直線は鞍上の渾身の左ステッキに応えグングン伸びるも3着までが精いっぱいだった。



 大野拓弥騎手「距離短縮でもリズム良く運べました。馬場も苦にせずに走れていました」



★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京都牝馬S】重賞ラスト騎乗の四位メイショウショウブは11着「最後はのみ込まれてしまった」 2月22日() 20:06

 2月22日の京都11Rで行われた第55回京都牝馬ステークス(GIII、4歳以上オープン、芝・外1400メートル、別定、牝馬限定、17頭立て、1着賞金=3600万円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気サウンドキアラ(5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が重賞連覇。タイムは1分23秒2(重)。



 メイショウショウブは、最後の重賞騎乗となった四位洋文騎手が騎乗。発馬後、果敢に飛ばしてハナを主張。直線半ばまで先頭を走り見せ場をつくるも最後は力尽きて11着に敗れた。



 四位洋文騎手「マイペースで力むことなく、リラックスして走っていました。直線ではグッと盛り返してくれたけど、最後はのみ込まれてしまいました。残念です」



★【京都牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【京都牝馬S】1番人気サウンドキアラが好位から抜け出し重賞連覇! 2月22日() 15:45

 2月22日の京都11Rで行われた第55回京都牝馬ステークス(GIII、4歳以上オープン、芝・外1400メートル、別定、牝馬限定、17頭立て、1着賞金=3600万円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気サウンドキアラ(5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が好位4、5番手を追走し、2番手から直線で先頭に立ったプールヴィル(6番人気)を大外から一気にかわして重賞連覇を果たした。タイムは1分23秒2(重)。

 1馬身1/4差の2着にはプールヴィル、さらに1馬身1/4差遅れた3着にメイショウグロッケン(13番人気)が続いた。

 京都牝馬Sを勝ったサウンドキアラは、父ディープインパクト、母サウンドバリアー、母の父アグネスデジタルという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は増田雄一氏。通算成績は16戦6勝。重賞は2020年京都金杯・GIIIに次いで2勝目。

 ◆松山弘平騎手(1着 サウンドキアラ)「重馬場もこなせる馬なので気にしていませんでしたし、最終週で“外も伸びるな”と思っていたので問題なかったですね。馬も成長しているなと感じました」



★22日京都11R「京都牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【京都牝馬ステークス】入線速報(京都競馬場) 2月22日() 15:40

京都11R・京都牝馬ステークス(2回京都7日目 京都競馬場  芝・右外1400m サラ系4歳以上オープン)は、1番手17番サウンドキアラ(単勝4.3倍/1番人気)、2番手9番プールヴィル(単勝12.9倍/6番人気)、3番手6番メイショウグロッケ(単勝48.6倍/13番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連9-17(32.0倍) 馬単17-9(53.0倍) 3連複6-9-17(417.3倍) 3連単17-9-6(1454.5倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2020022208020711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【斬って捨てる!】京都牝馬S2020 1枠は苦戦傾向!優勝にはマイル以上の勝利経験が必須条件! 2月22日() 10:30

ウマニティの重賞攻略ページに掲載されている「データ分析」の内容や、京都牝馬Sの近年の結果をもとに、凡走パターンに合致する馬をピックアップするものです。予想の際にお役立てください。




【全般】
前走で非重賞戦に出走、かつ6着以下敗退馬の連対例はなし(2009年以降)

メイショウケイメイ

過去の京都牝馬Sで2着以内の経験がある馬を除くと、前走G2出走馬の連対例はゼロ(2009年以降)

ノーワン

過去の京都牝馬Sで2着以内の経験がある馬を除くと、前走1400m戦出走馬の連対例はみられない(2009年以降)

プールヴィル
ドナウデルタ
ノーワン

前走重賞3着以内の馬を除くと、近3走内に非重賞戦3着以下敗退が複数あった馬の連対例はなし(2009年以降)

アルーシャ
リバティハイツ
アマルフィコースト

マイル以上で勝利経験のない馬の連対例はゼロ(2008年以降)

メイショウケイメイ
メイショウショウブ
プリディカメント
プールヴィル
ディアンドル
ドナウデルタ

【人気】
前走6着以下敗退、かつ当日ふたケタ人気の連対例は皆無(2009年以降)
※10時00分現在の10番人気以下、かつ前走6着以下敗退馬

メイショウケイメイ
リバティハイツ
ディメンシオン
ディアンドル
モアナ

前走2着以内の馬を除くと、近2走ともにG2以下で6番人気以下の低評価だった馬の連対例はなし(2009年以降)

メイショウケイメイ
メイショウグロッケ
メイショウショウブ
ノーワン

【脚質】
前走1着馬を除くと、前走の初角または4角の通過順が1番手だった馬の好走例は皆無(2009年以降)

ビーチサンバ

【枠順】
馬番枠1番の連対例はゼロ(2000年以降)

アルーシャ

前走同コース1着馬を除くと、1枠の連対例は皆無(2000年以降)

アルーシャ
ビーチサンバ

【血統】
ボールドルーラー系を除くと、母父にナスルーラ系種牡馬を配していた馬の連対例はゼロ(2009年以降)

プールヴィル


【上記の凡走パターンに合致しなかった馬(連軸候補)】
リナーテ
シゲルピンクダイヤ
サウンドキアラ



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 285ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


ダイヤモンドS・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

京都牝馬ステークス・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

2月19日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年02月19日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(190)
閲覧 1,880ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、京都牝馬ステークスダイヤモンドステークス・ヒヤシンスステークス・小倉大賞典・大和ステークス・フェブラリーステークスの6レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年02月22日(土) 京都11R 京都牝馬ステークス
【馬番別成績(2016年以降)】
●1~9番 [1-0-1-33](3着内率5.7%)
●10~18番 [3-4-3-20](3着内率33.3%)
→近年は二桁馬番の馬が優勢。今開催の馬場を考えても、外寄りの枠に入った馬を重視すべきでしょう。


▼2020年02月22日(土) 東京11R ダイヤモンドステークス
【“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [7-3-3-13](複勝率50.0%)
●なし [0-4-4-64](複勝率11.1%)
→実績馬は堅実。一方“前年以降、かつJRA、かつG1・G2のレース”において4着以内となった経験がない、かつ前走の着順が5着以下だった馬は2013年以降[0-1-0-44](3着内率2.2%)と苦戦していました。


▼2020年02月23日(日) 東京09R ヒヤシンスステークス
【“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-7-6-19](3着内率47.2%)
●なし [3-0-1-61](3着内率6.2%)
→1800m以上のレースに実績がある馬を重視したいところ。なお“JRA、かつ1800m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”において連対経験がない、かつ“JRA、かつ左回り、かつ1勝クラス以上のレース”において“着順が1着、かつ上がり3ハロンタイム順位が2位以内”となった経験のない馬は、2013年以降[0-0-0-52](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 51ビュー

1着:⑰サウンドキアラ
2着:⑨プールヴィル
3着:⑥メイショウグロッケ


私の◎にした③リナーテは12着でした。
1着の⑰サウンドキアラは△
2着の⑨プールヴィルは〇
3着の⑥メイショウグロッケは無印

でした。

買い目は
馬連フォーメーション
③⑨→⑭①⑬⑰
でしたので、予想は、的中しました。(´▽`) ホッ


 まずはに③リナーテに関して。
今日はこれまでの3戦とは違っていましたね。
スタートは良かったですね。早めに行為につけました。
勝負所でも前目につけて直線では、3番手から4番手くらいにいましたが
最後、脚が止まった感じですね。
今日の馬場が合わなかったのか、やや前にいた2着馬に追いつくどころか
離されてしまいました。
武豊騎手はうまく騎乗していたように思いましたが・・・。
やはり馬場が敗因でしょうかね。


1着の⑰サウンドキアラについて
大外枠も関係なかったですね。
好スタートからスムーズに流れに乗れましたね。
直線背は、外から伸び、先に出た2着馬を
最後かわしました。
強い内容だったと思います。
これで重賞連勝で本格化した感じですね。
松山騎手も乗れていますね。


2着の⑨プールヴィルについて。
馬体重がプラス24キロでしたが、結果から見たら
成長分だったいうことでしょうか。
レースはスタートして好位につけました。
直線で逃げ馬をとらえ、一旦は先頭に立ちましたが
最後は勝ち馬に差し切られました。
大健闘の2着だったと思います。
次が試金石となりそうですね。


的中された方々、本当におめでとうございます。

2月22日() 16:50 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2020.02.22[結果]
閲覧 51ビュー

東京11R ダイヤモンドステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 タガノディアマンテ…7着
○ 4 ロサグラウカ…12着
▲ 1 オセアグレイト…3着
△11 タイセイトレイル…5着
×12 ☆ダノンキングダム…15着
[結果:ハズレ×]

京都 4R 障害4歳以上未勝利(混合)
◎ 3 リボンナイト…2着
○11 ウインストラグル…4着
× 7 ☆メイショウバイタル…1着
[結果:アタリ○ 複勝 7 240円、馬連 3-7 890円、ワイド 3-7 440円]

京都 6R 3歳1勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 ★ジャスティンリーチ…10着
○ 9 ジゲン…1着
▲ 2 マジックスピーチ…2着
[結果:アタリ△ ワイド 2-9 230円]

京都11R 京都牝馬ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎ 1 アルーシャ…17着
○17 サウンドキアラ…1着
▲13 ☆シゲルピンクダイヤ…7着
△ 5 リバティハイツ…8着
× 3 リナーテ…12着
× 2 ☆ビーチサンバ…5着
[結果:ハズレ×]

京都12R 4歳以上2勝クラス[指定]
◎ 4 ★キングスクロス…8着
○14 モサ…9着
▲ 2 オノリス…3着
△ 9 マースゴールド…5着
× 3 ☆トップウイナー…2着
☆10 メリッサーニ…4着
[結果:アタリ△ 複勝 3 340円]

小倉 2R 3歳未勝利[指定]
◎ 5 ★ヴェルテックス…3着
○ 6 アイルビーメジャー…7着
▲15 テイエムキズナオー…4着
△12 ケイマジェスティ…中止
× 9 ペオース…1着
[結果:アタリ△ 複勝 5 110円]

小倉 6R 4歳以上1勝クラス[指定]
◎ 5 ★ワンダーラジャ…2着
○ 4 ツーエムアロンソ…1着
[結果:アタリ○ 複勝 5 110円、馬連 4-5 200円、ワイド 4-5 130円、馬単 4→5 440円]

小倉11R 帆柱山特別 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 スズカフェラリー…6着
○ 4 コンパウンダー…1着
▲ 6 ラミエル…3着
△18 マッスルマサムネ…13着
×12 ケイアイサクソニー…4着
×17 ウインスピリタス…5着
[結果:ハズレ×]

今日は、休みです。
競馬をします。
外には、何をしましょうか?

[今日の結果:8戦2勝3敗3分]
しょぼい結果でした。

[もっと見る]

2月22日() 16:40 正義の魂さん
勝っていたのに
閲覧 58ビュー

東京7Rのグラデュエイトと、東京10Rの
マスターフェンサーの単勝等で、
結構なプラスになっていたのであったが、
その後がまったく続かず、今日の私の
馬券収支は、ほんの少しのプラスにとどまった。

特に、いましがた終わった、東京最終では、
3枠から流していたのに、枠連3-8が
抜けていたという失態であった。

東京メインのダイヤモンドステークスでは、
しんがり人気のミライヘノツバサが、
メイショウテンゲンとの競り合いを
ハナ差制して、番狂わせを演じた。

確かに実力の割には人気がないと
思っていたが、もう7歳で、上がり身も
なかろうと考え、馬券では切ってしまった。

複勝100円でも買っておくべきであったか。

京都牝馬ステークスでは、圧勝した
サウンドキアラは、是非京都のマイルで、
サリオスと戦わせたいものである。

[もっと見る]

2月22日() 11:49 ゼファーさん
第55回 京都牝馬ステークスGⅢ
閲覧 122ビュー

<馬場状態>

コース全体に傷みがあります。
5Rから、雨が降り始めた~

<馬券>

ディメンシオン:◎&〇
アマルフィコースト:▲

△=1~5番人気

[もっと見る]

2月22日() 10:38 una_unaさん
2020京都牝馬ステークス
閲覧 117ビュー

2020京都牝馬ステークス
◎14ドナウデルタ
○2ビーチサンバ
▲16ノーワン
×17サウンドキアラ
△1アルーシャ

[もっと見る]

2月22日() 09:34 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2020.02.22
閲覧 115ビュー

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

東京11R ダイヤモンドステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 タガノディアマンテ
○ 4 ロサグラウカ
▲ 1 オセアグレイト
△11 タイセイトレイル
×12 ☆ダノンキングダム

京都 4R 障害4歳以上未勝利(混合)
◎ 3 リボンナイト
○11 ウインストラグル
× 7 ☆メイショウバイタル

京都 6R 3歳1勝クラス(混合)[指定]
◎ 1 ★ジャスティンリーチ
○ 9 ジゲン
▲ 2 マジックスピーチ

京都11R 京都牝馬ステークス GⅢ 4歳以上オープン(国際)牝(特指)
◎ 1 アルーシャ
○17 サウンドキアラ
▲13 ☆シゲルピンクダイヤ
△ 5 リバティハイツ
× 3 リナーテ
× 2 ☆ビーチサンバ

京都12R 4歳以上2勝クラス[指定]
◎ 4 ★キングスクロス
○14 モサ
▲ 2 オノリス
△ 9 マースゴールド
× 3 ☆トップウイナー
☆10 メリッサーニ

小倉 2R 3歳未勝利[指定]
◎ 5 ★ヴェルテックス
○ 6 アイルビーメジャー
▲15 テイエムキズナオー
△12 ケイマジェスティ
× 9 ペオース

小倉 6R 4歳以上1勝クラス[指定]
◎ 5 ★ワンダーラジャ
○ 4 ツーエムアロンソ

小倉11R 帆柱山特別 4歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎ 1 スズカフェラリー
○ 4 コンパウンダー
▲ 6 ラミエル
△18 マッスルマサムネ
×12 ケイアイサクソニー
×17 ウインスピリタス

今日は、休みです。
競馬をします。
外には、何をしましょうか?

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 2月22日(
  • 2月23日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 1回東京7日目
  • 2回京都7日目
  • 1回小倉11日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝1400m
12
 ソーラーフレア
19.1倍 (⑦人気)
3
 スイーズドリームス
3.6倍 (②人気)
7
 エスタジ
2.8倍 (①人気)
払戻
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
16
 クレスコブレイブ
22.1倍 (⑨人気)
3
 トップウイナー
11.0倍 (⑥人気)
2
 オノリス
3.9倍 (①人気)
払戻
小倉
12R
八代特別
4歳以上1勝クラス 芝1200m
16
 シルヴェーヌ
9.2倍 (⑤人気)
8
 タンレイ
143.9倍 (⑰人気)
14
 メイショウナスカ
6.2倍 (④人気)
払戻
東京
11R
ダイヤモンドS G3
4歳以上オープン 芝3400m
16
 ミライヘノツバサ
325.5倍 (⑯人気)
14
 メイショウテンゲン
8.2倍 (③人気)
1
 オセアグレイト
4.9倍 (②人気)
払戻
京都
11R
京都牝馬ステークス G3
4歳以上オープン 芝1400m
17
 サウンドキアラ
4.3倍 (①人気)
9
 プールヴィル
12.9倍 (⑥人気)
6
 メイショウグロッケ
48.6倍 (⑬人気)
払戻
小倉
11R
帆柱山特別
4歳以上2勝クラス 芝1200m
4
 コンパウンダー
5.6倍 (③人気)
14
 ノボベイビー
18.9倍 (⑧人気)
6
 ラミエル
8.5倍 (⑤人気)
払戻
東京
10R
金蹄ステークス
4歳以上3勝クラス ダ2100m
10
 マスターフェンサー
1.8倍 (①人気) 超凄馬
2
 ウラノメトリア
6.4倍 (③人気)
14
 アイファーキングズ
5.7倍 (②人気)
払戻
京都
10R
河原町ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1400m
6
 メイショウアリソン
22.2倍 (⑨人気)
3
 ヒルノサルバドール
7.8倍 (②人気)
1
 ハーグリーブス
9.6倍 (③人気)
払戻
小倉
10R
早鞆特別
4歳以上2勝クラス ダ1700m
1
 サンライズナイト
33.1倍 (⑨人気)
4
 ショウナンパンサー
39.6倍 (⑩人気)
14
 ドルチェリア
6.0倍 (②人気)
払戻
東京
9R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1600m
2
 アフターバーナー
9.9倍 (⑤人気)
11
 オンザロックス
7.0倍 (③人気)
10
 セイヴァリアント
3.1倍 (①人気)
払戻
京都
9R
つばき賞
3歳1勝クラス 芝1800m
8
 マンオブスピリット
3.6倍 (②人気)
1
 ダノンアレー
7.8倍 (④人気)
5
 シルバーエース
8.0倍 (⑤人気)
払戻
小倉
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2600m
6
 ウインレーヴドール
1.7倍 (①人気)
3
 クルミネイト
13.7倍 (⑤人気)
7
 アドマイヤユラナス
4.7倍 (②人気)
払戻
東京
8R
フリージア賞
3歳1勝クラス 芝2000m
3
 サトノフウジン
3.5倍 (②人気)
6
 アメリカンシード
2.2倍 (①人気) 超凄馬
4
 マイネルミンドール
32.1倍 (⑥人気)
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
5
 コンセッションズ
36.5倍 (⑪人気)
3
 タガノジェロディ
45.6倍 (⑬人気)
6
 エイシンネメシス
7.6倍 (④人気)
払戻
小倉
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1000m
12
 メイショウソウビ
2.9倍 (①人気) 超凄馬
9
 エルズリー
13.0倍 (④人気)
7
 スリーチェイサー
4.3倍 (③人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
16
 グラデュエイト
2.1倍 (①人気)
8
 パイオニアバローズ
33.3倍 (⑩人気)
3
 ポップアップスター
5.3倍 (②人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2400m
6
 レオビヨンド
2.3倍 (①人気)
3
 コパノケネディー
2.8倍 (②人気)
5
 ハギノベルエキプ
4.7倍 (③人気) 超凄馬
払戻
小倉
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
10
 ラシェーラ
9.1倍 (④人気)
14
 ノーブルプルート
16.1倍 (⑦人気)
16
 スーパーノーマル
46.3倍 (⑮人気)
払戻
東京
6R
3歳新馬
3歳新馬 芝1800m
8
 レッドサーシャ
5.8倍 (③人気)
2
 ブラックアモーレ
7.1倍 (⑤人気)
6
 ワーウルフ
2.8倍 (①人気)
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
9
 ジゲン
3.0倍 (①人気)
2
 マジックスピーチ
4.1倍 (③人気)
4
 ファストボウラー
6.8倍 (④人気)
払戻
小倉
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ2400m
4
 ツーエムアロンソ
2.8倍 (②人気)
5
 ワンダーラジャ
1.8倍 (①人気)
3
 オーマオ
7.0倍 (③人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
14
 クロノメーター
2.9倍 (①人気)
16
 ノーエクスキューズ
8.3倍 (⑤人気)
5
 ロジアイリッシュ
6.7倍 (④人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
11
 ディヴィナシオン
5.2倍 (③人気)
10
 ノルカソルカ
3.3倍 (①人気)
2
 ユピテルルークス
7.1倍 (④人気)
払戻
小倉
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
10
 ムーンショット
6.5倍 (③人気)
1
 ウインサンフラワー
11.9倍 (⑥人気)
5
 ヤマカツパトリシア
12.6倍 (⑧人気)
払戻
東京
4R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
16
 パイロテクニクス
2.2倍 (①人気)
7
 シングシングシング
4.1倍 (②人気)
15
 マイネルレンカ
54.7倍 (⑨人気)
払戻
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m
7
 メイショウバイタル
5.8倍 (③人気)
3
 リボンナイト
2.7倍 (①人気)
9
 シゲルタケノコ
30.3倍 (⑦人気)
払戻
小倉
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
8
 シャチ
9.1倍 (⑤人気)
13
 ウインジョイフル
6.5倍 (④人気)
14
 ガリレイ
4.2倍 (②人気)
払戻
東京
3R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
15
 プロヴィデンス
4.6倍 (②人気)
12
 ブランクチェック
6.5倍 (④人気)
16
 パルディエス
3.2倍 (①人気)
払戻
京都
3R
3歳新馬
3歳新馬 ダ1800m
6
 メイショウドヒョウ
4.0倍 (①人気)
15
 アルディフルール
8.1倍 (⑤人気)
11
 ウインアポロン
105.7倍 (⑬人気)
払戻
小倉
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
17
 テイエムミラージュ
19.6倍 (⑧人気)
6
 ゼツエイ
1.9倍 (①人気) 極凄馬
5
 マリスドランジュ
12.5倍 (⑤人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
2
 リュードマン
7.8倍 (④人気)
6
 ロドルフォブレイン
5.0倍 (③人気)
11
 トップリーチ
63.9倍 (⑪人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
12
 ファイヤーテーラー
1.5倍 (①人気) 極凄馬
14
 テイエムイダテン
6.9倍 (③人気)
7
 ゴーゴーレイワ
41.5倍 (⑥人気)
払戻
小倉
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
9
 ペオース
5.2倍 (②人気)
13
 キースローガン
195.0倍 (⑬人気)
5
 ヴェルテックス
1.6倍 (①人気) 極凄馬
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
5
 クールマキシマム
3.0倍 (①人気)
4
 ディアコニア
3.3倍 (②人気)
14
 ナーラック
17.2倍 (⑤人気)
払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
6
 アブルハウル
2.0倍 (①人気)
11
 ジロー
3.0倍 (②人気) 超凄馬
1
 エムテイフラッシュ
31.2倍 (⑥人気)
払戻
小倉
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
15
 コパノラクラク
22.2倍 (⑨人気)
2
 ローヌグレイシア
2.2倍 (①人気)
8
 シゲルモクセイ
8.2倍 (③人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝1400m
12
 ソーラーフレア
19.1倍 (⑦人気)
3
 スイーズドリームス
3.6倍 (②人気)
7
 エスタジ
2.8倍 (①人気)
払戻
東京
11R
ダイヤモンドS G3
4歳以上オープン 芝3400m
16
 ミライヘノツバサ
325.5倍 (⑯人気)
14
 メイショウテンゲン
8.2倍 (③人気)
1
 オセアグレイト
4.9倍 (②人気)
払戻
東京
10R
金蹄ステークス
4歳以上3勝クラス ダ2100m
10
 マスターフェンサー
1.8倍 (①人気) 超凄馬
2
 ウラノメトリア
6.4倍 (③人気)
14
 アイファーキングズ
5.7倍 (②人気)
払戻
東京
9R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1600m
2
 アフターバーナー
9.9倍 (⑤人気)
11
 オンザロックス
7.0倍 (③人気)
10
 セイヴァリアント
3.1倍 (①人気)
払戻
東京
8R
フリージア賞
3歳1勝クラス 芝2000m
3
 サトノフウジン
3.5倍 (②人気)
6
 アメリカンシード
2.2倍 (①人気) 超凄馬
4
 マイネルミンドール
32.1倍 (⑥人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
16
 グラデュエイト
2.1倍 (①人気)
8
 パイオニアバローズ
33.3倍 (⑩人気)
3
 ポップアップスター
5.3倍 (②人気)
払戻
東京
6R
3歳新馬
3歳新馬 芝1800m
8
 レッドサーシャ
5.8倍 (③人気)
2
 ブラックアモーレ
7.1倍 (⑤人気)
6
 ワーウルフ
2.8倍 (①人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
14
 クロノメーター
2.9倍 (①人気)
16
 ノーエクスキューズ
8.3倍 (⑤人気)
5
 ロジアイリッシュ
6.7倍 (④人気)
払戻
東京
4R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
16
 パイロテクニクス
2.2倍 (①人気)
7
 シングシングシング
4.1倍 (②人気)
15
 マイネルレンカ
54.7倍 (⑨人気)
払戻
東京
3R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
15
 プロヴィデンス
4.6倍 (②人気)
12
 ブランクチェック
6.5倍 (④人気)
16
 パルディエス
3.2倍 (①人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
2
 リュードマン
7.8倍 (④人気)
6
 ロドルフォブレイン
5.0倍 (③人気)
11
 トップリーチ
63.9倍 (⑪人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
5
 クールマキシマム
3.0倍 (①人気)
4
 ディアコニア
3.3倍 (②人気)
14
 ナーラック
17.2倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
16
 クレスコブレイブ
22.1倍 (⑨人気)
3
 トップウイナー
11.0倍 (⑥人気)
2
 オノリス
3.9倍 (①人気)
払戻
京都
11R
京都牝馬ステークス G3
4歳以上オープン 芝1400m
17
 サウンドキアラ
4.3倍 (①人気)
9
 プールヴィル
12.9倍 (⑥人気)
6
 メイショウグロッケ
48.6倍 (⑬人気)
払戻
京都
10R
河原町ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1400m
6
 メイショウアリソン
22.2倍 (⑨人気)
3
 ヒルノサルバドール
7.8倍 (②人気)
1
 ハーグリーブス
9.6倍 (③人気)
払戻
京都
9R
つばき賞
3歳1勝クラス 芝1800m
8
 マンオブスピリット
3.6倍 (②人気)
1
 ダノンアレー
7.8倍 (④人気)
5
 シルバーエース
8.0倍 (⑤人気)
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
5
 コンセッションズ
36.5倍 (⑪人気)
3
 タガノジェロディ
45.6倍 (⑬人気)
6
 エイシンネメシス
7.6倍 (④人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2400m
6
 レオビヨンド
2.3倍 (①人気)
3
 コパノケネディー
2.8倍 (②人気)
5
 ハギノベルエキプ
4.7倍 (③人気) 超凄馬
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
9
 ジゲン
3.0倍 (①人気)
2
 マジックスピーチ
4.1倍 (③人気)
4
 ファストボウラー
6.8倍 (④人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
11
 ディヴィナシオン
5.2倍 (③人気)
10
 ノルカソルカ
3.3倍 (①人気)
2
 ユピテルルークス
7.1倍 (④人気)
払戻
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m
7
 メイショウバイタル
5.8倍 (③人気)
3
 リボンナイト
2.7倍 (①人気)
9
 シゲルタケノコ
30.3倍 (⑦人気)
払戻
京都
3R
3歳新馬
3歳新馬 ダ1800m
6
 メイショウドヒョウ
4.0倍 (①人気)
15
 アルディフルール
8.1倍 (⑤人気)
11
 ウインアポロン
105.7倍 (⑬人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
12
 ファイヤーテーラー
1.5倍 (①人気) 極凄馬
14
 テイエムイダテン
6.9倍 (③人気)
7
 ゴーゴーレイワ
41.5倍 (⑥人気)
払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
6
 アブルハウル
2.0倍 (①人気)
11
 ジロー
3.0倍 (②人気) 超凄馬
1
 エムテイフラッシュ
31.2倍 (⑥人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
小倉
12R
八代特別
4歳以上1勝クラス 芝1200m
16
 シルヴェーヌ
9.2倍 (⑤人気)
8
 タンレイ
143.9倍 (⑰人気)
14
 メイショウナスカ
6.2倍 (④人気)
払戻
小倉
11R
帆柱山特別
4歳以上2勝クラス 芝1200m
4
 コンパウンダー
5.6倍 (③人気)
14
 ノボベイビー
18.9倍 (⑧人気)
6
 ラミエル
8.5倍 (⑤人気)
払戻
小倉
10R
早鞆特別
4歳以上2勝クラス ダ1700m
1
 サンライズナイト
33.1倍 (⑨人気)
4
 ショウナンパンサー
39.6倍 (⑩人気)
14
 ドルチェリア
6.0倍 (②人気)
払戻
小倉
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2600m
6
 ウインレーヴドール
1.7倍 (①人気)
3
 クルミネイト
13.7倍 (⑤人気)
7
 アドマイヤユラナス
4.7倍 (②人気)
払戻
小倉
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1000m
12
 メイショウソウビ
2.9倍 (①人気) 超凄馬
9
 エルズリー
13.0倍 (④人気)
7
 スリーチェイサー
4.3倍 (③人気)
払戻
小倉
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
10
 ラシェーラ
9.1倍 (④人気)
14
 ノーブルプルート
16.1倍 (⑦人気)
16
 スーパーノーマル
46.3倍 (⑮人気)
払戻
小倉
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ2400m
4
 ツーエムアロンソ
2.8倍 (②人気)
5
 ワンダーラジャ
1.8倍 (①人気)
3
 オーマオ
7.0倍 (③人気)
払戻
小倉
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
10
 ムーンショット
6.5倍 (③人気)
1
 ウインサンフラワー
11.9倍 (⑥人気)
5
 ヤマカツパトリシア
12.6倍 (⑧人気)
払戻
小倉
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
8
 シャチ
9.1倍 (⑤人気)
13
 ウインジョイフル
6.5倍 (④人気)
14
 ガリレイ
4.2倍 (②人気)
払戻
小倉
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
17
 テイエムミラージュ
19.6倍 (⑧人気)
6
 ゼツエイ
1.9倍 (①人気) 極凄馬
5
 マリスドランジュ
12.5倍 (⑤人気)
払戻
小倉
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
9
 ペオース
5.2倍 (②人気)
13
 キースローガン
195.0倍 (⑬人気)
5
 ヴェルテックス
1.6倍 (①人気) 極凄馬
払戻
小倉
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m
15
 コパノラクラク
22.2倍 (⑨人気)
2
 ローヌグレイシア
2.2倍 (①人気)
8
 シゲルモクセイ
8.2倍 (③人気)
払戻

 は会員登録(無料)でご覧頂けます。は月額1008円のVIPクラブ会員専用コンテンツです。


最新レース

⇒超凄馬、極凄馬とは?

  • 全開催競馬場
  • 1回東京8日目
  • 2回京都8日目
  • 1回小倉12日目
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
小倉
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1000m 14頭
9:50
7時間前
 
6
キルシェンロート
11
シャイニールミナス
5
シャルロワ
2.0
5.9
8.6
MY新聞
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m 16頭
9:55
7時間前
 
9
ロビンザフィリー
15
オウケンロジータ
5
レペット
3.4
4.8
5.4
MY新聞
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m 16頭
10:05
7時間前
 
4
タイキラッシュ
10
プリマジア
15
ヨシオドライヴ
2.6
3.0
10.2
MY新聞
小倉
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m 14頭
10:15
8時間前
 
11
クリノヴィンセント
2
ネオボーゲン
8
ニホンピロスクーロ
2.2
4.7
5.5
MY新聞
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m 16頭
10:25
8時間前
 
6
クリノヴジュアル
3
ダイヴィンダート
13
ムーンレース
1.8
4.6
9.2
超凄馬 MY新聞
東京
2R
3歳新馬
3歳新馬 ダ1400m 16頭
10:35
8時間前
 
1
ミティル
16
マベルロンジュ
6
スリーブラザー
2.2
4.8
8.9
MY新聞
小倉
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m 18頭
10:45
8時間前
 
11
スターオブフォース
13
エールヴィフ
6
ナイトコマンダー
3.3
4.1
7.6
MY新聞
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m 15頭
10:55
8時間前
 
9
ボルサリーノ
5
ロジーナ
2
ヴィエントアスール
1.5
7.1
9.0
超凄馬 MY新聞
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m 16頭
11:05
8時間前
 
2
ハイエストエンド
9
ディンブラ
15
アベックフォルス
2.7
2.7
9.2
MY新聞
小倉
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m 12頭
11:15
9時間前
 
1
サトノエスペランサ
10
サマーエモーション
7
メイショウヒトハル
1.3
5.8
9.2
極凄馬 MY新聞
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m 14頭
11:25
9時間前
 
6
ブルーガーディアン
3
モリトシュン
1
タイセイパルサー
2.5
6.1
6.7
MY新聞
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m 16頭
11:35
9時間前
 
2
リスペクト
8
レイコックアビー
11
パーディシャー
1.2
10.7
15.2
超凄馬 MY新聞
小倉
5R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1700m 12頭
12:05
9時間前
 
5
ダイアナブライト
3
ワインレッドローズ
6
カグラヒメ
2.4
3.4
7.5
MY新聞
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m 16頭
12:15
10時間前
 
14
ムジカ
1
ナリタザクラ
8
ヴァリッドブラック
1.7
6.3
6.6
超凄馬 MY新聞
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m 10頭
12:25
10時間前
 
5
アオイクレアトール
1
オーロラフラッシュ
6
エンジェルサークル
1.7
3.2
10.5
MY新聞
小倉
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m 16頭
12:35
10時間前
 
8
ミッキースピリット
15
エスト
11
クルークヴァール
2.7
3.4
8.6
MY新聞
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1400m 11頭
12:45
10時間前
 
3
シャドウブロッサム
11
フェアレストアイル
5
シャレード
2.3
3.8
4.1
超凄馬 MY新聞
東京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ2100m 11頭
12:55
10時間前
 
11
スタンサンセイ
2
デストロイ
9
エグジットラック
1.3
10.7
12.1
超凄馬 MY新聞
小倉
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m 14頭
13:05
10時間前
 
2
ジューンバラード
8
アトミカ
3
ルエヴェルロール
2.4
4.3
6.2
MY新聞
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m 11頭
13:15
11時間前
 
7
ヒミノブルー
5
ロングファイナリー
11
ゴールデンウェル
1.9
5.4
6.4
MY新聞
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m 16頭
13:25
11時間前
 
11
ミスマリア
7
ミトロジー
4
ラレゾン
1.6
6.6
13.9
MY新聞
小倉
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m 15頭
13:35
11時間前
 
5
シュリ
8
マイネルウィルトス
11
クリノオウジャ
1.6
9.5
9.9
超凄馬 MY新聞
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m 16頭
13:45
11時間前
 
13
ベストチャーム
3
ジャミールフエルテ
14
ロークアルルージュ
2.8
3.0
9.6
MY新聞
東京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝2000m 10頭
13:55
11時間前
 
7
コーカス
8
ジャストアジゴロ
4
グレンガリー
1.4
5.5
11.4
超凄馬 MY新聞
小倉
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1700m 10頭
14:05
11時間前
 
9
キタサンチャンドラ
3
ロードマドリード
10
ウインドオブホープ
2.0
2.3
17.6
MY新聞
京都
9R
春日特別
4歳以上2勝クラス 芝1800m 11頭
14:15
12時間前
 
11
プライドランド
2
パトリック
1
カイザーミノル
2.5
3.1
3.2
MY新聞
東京
9R
ヒヤシンスステークス L
3歳オープン ダ1600m 14頭
14:25
12時間前
 
3
カフェファラオ
12
タガノビューティー
8
ロンゴノット
2.6
4.3
5.6
MY新聞
小倉
10R
あざみ賞
3歳1勝クラス 芝1200m 18頭
14:40
12時間前
 
11
メメントモリ
12
シゲルミズガメザ
5
ルガーサント
1.5
7.9
11.9
超凄馬 MY新聞
京都
10R
斑鳩ステークス
4歳以上3勝クラス 芝1600m 13頭
14:50
12時間前
2
フォックスクリーク
4
ワンダープチュック
10
ミエノウインウイン
2.7
3.7
5.3
MY新聞
東京
10R
アメジストステークス
4歳以上3勝クラス 芝2000m 10頭
15:00
12時間前
4
ゴータイミング
10
レッドサイオン
2
ウインガナドル
1.7
5.5
10.2
MY新聞
小倉
11R
小倉大賞典 G3
4歳以上オープン 芝1800m 14頭
15:20
13時間前
6
ヴェロックス
3
テリトーリアル
13
ジナンボー
1.5
11.3
12.0
MY新聞
京都
11R
大和ステークス
4歳以上オープン ダ1200m 16頭
15:30
13時間前
1
モンペルデュ
4
テーオージーニアス
11
ジャスティン
2.7
2.8
4.8
MY新聞
東京
11R
フェブラリーS G1
4歳以上オープン ダ1600m 16頭
15:40
13時間前
12
モズアスコット
5
インティ
9
サンライズノヴァ
2.5
3.0
8.4
MY新聞
小倉
12R
皿倉山特別
4歳以上2勝クラス 芝2600m 12頭
16:00
13時間前
 
5
テーオーフォルテ
2
ヒラボクメルロー
11
サトノシャーク
2.4
5.3
6.3
MY新聞
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m 16頭
16:10
14時間前
 
5
タガノプレトリア
15
ケイアイターコイズ
9
ボンディマンシュ
2.9
3.9
5.4
MY新聞
東京
12R
大島特別
4歳以上2勝クラス ダ1400m 16頭
16:25
14時間前
 
4
コーラルプリンセス
16
アイアムハヤスギル
9
エピックアン
3.6
3.7
5.9
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m 16頭
10:05
7時間前
 
4
タイキラッシュ
10
プリマジア
15
ヨシオドライヴ
2.6
3.0
10.2
MY新聞
東京
2R
3歳新馬
3歳新馬 ダ1400m 16頭
10:35
8時間前
 
1
ミティル
16
マベルロンジュ
6
スリーブラザー
2.2
4.8
8.9
MY新聞
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m 16頭
11:05
8時間前
 
2
ハイエストエンド
9
ディンブラ
15
アベックフォルス
2.7
2.7
9.2
MY新聞
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m 16頭
11:35
9時間前
 
2
リスペクト
8
レイコックアビー
11
パーディシャー
1.2
10.7
15.2
超凄馬 MY新聞
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m 10頭
12:25
10時間前
 
5
アオイクレアトール
1
オーロラフラッシュ
6
エンジェルサークル
1.7
3.2
10.5
MY新聞
東京
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ2100m 11頭
12:55
10時間前
 
11
スタンサンセイ
2
デストロイ
9
エグジットラック
1.3
10.7
12.1
超凄馬 MY新聞
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m 16頭
13:25
11時間前
 
11
ミスマリア
7
ミトロジー
4
ラレゾン
1.6
6.6
13.9
MY新聞
東京
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス 芝2000m 10頭
13:55
11時間前
 
7
コーカス
8
ジャストアジゴロ
4
グレンガリー
1.4
5.5
11.4
超凄馬 MY新聞
東京
9R
ヒヤシンスステークス L
3歳オープン ダ1600m 14頭
14:25
12時間前
 
3
カフェファラオ
12
タガノビューティー
8
ロンゴノット
2.6
4.3
5.6
MY新聞
東京
10R
アメジストステークス
4歳以上3勝クラス 芝2000m 10頭
15:00
12時間前
4
ゴータイミング
10
レッドサイオン
2
ウインガナドル
1.7
5.5
10.2
MY新聞
東京
11R
フェブラリーS G1
4歳以上オープン ダ1600m 16頭
15:40
13時間前
12
モズアスコット
5
インティ
9
サンライズノヴァ
2.5
3.0
8.4
MY新聞
東京
12R
大島特別
4歳以上2勝クラス ダ1400m 16頭
16:25
14時間前
 
4
コーラルプリンセス
16
アイアムハヤスギル
9
エピックアン
3.6
3.7
5.9
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m 16頭
9:55
7時間前
 
9
ロビンザフィリー
15
オウケンロジータ
5
レペット
3.4
4.8
5.4
MY新聞
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m 16頭
10:25
8時間前
 
6
クリノヴジュアル
3
ダイヴィンダート
13
ムーンレース
1.8
4.6
9.2
超凄馬 MY新聞
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m 15頭
10:55
8時間前
 
9
ボルサリーノ
5
ロジーナ
2
ヴィエントアスール
1.5
7.1
9.0
超凄馬 MY新聞
京都
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2910m 14頭
11:25
9時間前
 
6
ブルーガーディアン
3
モリトシュン
1
タイセイパルサー
2.5
6.1
6.7
MY新聞
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m 16頭
12:15
10時間前
 
14
ムジカ
1
ナリタザクラ
8
ヴァリッドブラック
1.7
6.3
6.6
超凄馬 MY新聞
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1400m 11頭
12:45
10時間前
 
3
シャドウブロッサム
11
フェアレストアイル
5
シャレード
2.3
3.8
4.1
超凄馬 MY新聞
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m 11頭
13:15
11時間前
 
7
ヒミノブルー
5
ロングファイナリー
11
ゴールデンウェル
1.9
5.4
6.4
MY新聞
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m 16頭
13:45
11時間前
 
13
ベストチャーム
3
ジャミールフエルテ
14
ロークアルルージュ
2.8
3.0
9.6
MY新聞
京都
9R
春日特別
4歳以上2勝クラス 芝1800m 11頭
14:15
12時間前
 
11
プライドランド
2
パトリック
1
カイザーミノル
2.5
3.1
3.2
MY新聞
京都
10R
斑鳩ステークス
4歳以上3勝クラス 芝1600m 13頭
14:50
12時間前
2
フォックスクリーク
4
ワンダープチュック
10
ミエノウインウイン
2.7
3.7
5.3
MY新聞
京都
11R
大和ステークス
4歳以上オープン ダ1200m 16頭
15:30
13時間前
1
モンペルデュ
4
テーオージーニアス
11
ジャスティン
2.7
2.8
4.8
MY新聞
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m 16頭
16:10
14時間前
 
5
タガノプレトリア
15
ケイアイターコイズ
9
ボンディマンシュ
2.9
3.9
5.4
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
小倉
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1000m 14頭
9:50
7時間前
 
6
キルシェンロート
11
シャイニールミナス
5
シャルロワ
2.0
5.9
8.6
MY新聞
小倉
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1700m 14頭
10:15
8時間前
 
11
クリノヴィンセント
2
ネオボーゲン
8
ニホンピロスクーロ
2.2
4.7
5.5
MY新聞
小倉
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m 18頭
10:45
8時間前
 
11
スターオブフォース
13
エールヴィフ
6
ナイトコマンダー
3.3
4.1
7.6
MY新聞
小倉
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m 12頭
11:15
9時間前
 
1
サトノエスペランサ
10
サマーエモーション
7
メイショウヒトハル
1.3
5.8
9.2
極凄馬 MY新聞
小倉
5R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1700m 12頭
12:05
9時間前
 
5
ダイアナブライト
3
ワインレッドローズ
6
カグラヒメ
2.4
3.4
7.5
MY新聞
小倉
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m 16頭
12:35
10時間前
 
8
ミッキースピリット
15
エスト
11
クルークヴァール
2.7
3.4
8.6
MY新聞
小倉
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1800m 14頭
13:05
10時間前
 
2
ジューンバラード
8
アトミカ
3
ルエヴェルロール
2.4
4.3
6.2
MY新聞
小倉
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m 15頭
13:35
11時間前
 
5
シュリ
8
マイネルウィルトス
11
クリノオウジャ
1.6
9.5
9.9
超凄馬 MY新聞
小倉
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1700m 10頭
14:05
11時間前
 
9
キタサンチャンドラ
3
ロードマドリード
10
ウインドオブホープ
2.0
2.3
17.6
MY新聞
小倉
10R
あざみ賞
3歳1勝クラス 芝1200m 18頭
14:40
12時間前
 
11
メメントモリ
12
シゲルミズガメザ
5
ルガーサント
1.5
7.9
11.9
超凄馬 MY新聞
小倉
11R
小倉大賞典 G3
4歳以上オープン 芝1800m 14頭
15:20
13時間前
6
ヴェロックス
3
テリトーリアル
13
ジナンボー
1.5
11.3
12.0
MY新聞
小倉
12R
皿倉山特別
4歳以上2勝クラス 芝2600m 12頭
16:00
13時間前
 
5
テーオーフォルテ
2
ヒラボクメルロー
11
サトノシャーク
2.4
5.3
6.3
MY新聞

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2020年2月16日、集計数:37,362レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

最新の天気・馬場

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

WIN5 結果速報
1st
2nd
3rd
4th
5th
開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
66,681万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 マカヒキ 牡7
56,210万円
5 キセキ 牡6
55,914万円
6 ワグネリアン 牡5
49,274万円
7 サートゥルナーリア 牡4
43,273万円
8 フィエールマン 牡5
42,004万円
9 サングレーザー 牡6
41,309万円
10 ゴールドドリーム 牡7
40,700万円
» もっと見る

3歳
1 サリオス 牡3
11,145万円
2 コントレイル 牡3
11,127万円
3 レシステンシア 牝3
10,271万円
4 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
5 マイラプソディ 牡3
6,216万円
6 サンクテュエール 牝3
5,746万円
7 ダーリントンホール 牡3
5,574万円
8 コルテジア 牡3
5,555万円
9 ミヤマザクラ 牝3
5,468万円
10 マイネルグリット 牡3
5,467万円
» もっと見る