今週の競馬:注目レース

  • 朝日杯FS G1
    12/15(
  • ターコイズS G3
    12/14(
  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

★新馬→サウジアラビアRCを連勝 前走馬体重540キロの大型馬サリオス



 サリオス(牡、美浦・堀宣行厩舎)は、6月2日の東京で新馬戦を勝ち、続くサウジアラビアRCでは東京・芝1600メートルの2歳コースレコードを更新(1分32秒7)して連勝を飾った。歴代の朝日杯FS優勝馬のうち、最もデビューが早かったのは2002年優勝のエイシンチャンプ(6月15日)で、サリオスが勝てばこれを更新するが、3連勝でGI制覇を遂げることができるかどうか。同馬には、R.ムーア騎手が騎乗する予定。なお、サリオス以外の登録馬では、タイセイビジョン(牡、栗東・西村真幸厩舎)が6月2日、トリプルエース(牡、栗東・斉藤崇史厩舎)が6月8日にデビューしている。



 また、サリオスサウジアラビアRC出走時の馬体重が540キロで、2歳重賞における最高体重優勝記録を更新。成績公報に馬体重が掲載されるようになった1970年以降、朝日杯FSの最高体重優勝記録は528キロ(2013年アジアエクスプレス)となっており、同馬のレース当日の馬体重にも注目が集まる。



★2年連続で無敗馬が優勝 今年も無敗のGI馬誕生なるか



 朝日杯FSでは、2017年ダノンプレミアム(レース前の成績:2戦2勝)、2018年アドマイヤマーズ(レース前の成績:3戦3勝)と2年連続で無敗馬が勝利を挙げている。今年の朝日杯FSには、2戦2勝の重賞勝ち馬サリオス(牡、美浦・堀宣行厩舎)、レッドベルジュール(牡、栗東・藤原英昭厩舎)、デビューからダートで2戦2勝のタガノビューティー(牡、栗東・西園正都厩舎)と3頭の無敗馬が登録しているが、今年の朝日杯FSでも無敗のGI馬が誕生するだろうか。



 レッドベルジュールは新馬→デイリー杯2歳Sを連勝したが、デイリー杯2歳Sでの勝利は同馬を管理する藤原英昭調教師にとって初の2歳重賞制覇。藤原調教師は今回が朝日杯FS初出走となるが、自身初の2歳GI制覇を遂げることができるかどうか。



武豊騎手はタイセイビジョンに騎乗予定 20回目の挑戦で初制覇なるか



 タイセイビジョン(牡、栗東・西村真幸厩舎)に騎乗予定の武豊騎手には、朝日杯FS初制覇がかかる。同騎手は現在JRAで実施されているGI競走24レースのうち、22レースで計77勝を挙げており、完全制覇へ残すは2歳GIの朝日杯FSホープフルSとなっている。武豊騎手は朝日杯FSに過去19回騎乗し2着が4回あるが、20度目の挑戦で同レース初制覇を果たし、JRA・GI完全制覇に王手をかけることができるかどうか。なお、タイセイビジョンは、これまで新馬1着、函館2歳S2着、京王杯2歳S1着という成績を残しており、今回、テン乗りとなる武豊騎手とのコンビでGI初制覇を目指す。



★登録馬中、唯一の3勝馬 小倉2歳Sを制したマイネルグリット



 新馬→フェニックス賞→小倉2歳Sとデビューから3連勝を飾ったマイネルグリット(牡、栗東・吉田直弘厩舎)は、今年の朝日杯FS登録馬中、唯一の3勝馬。同馬は前走の京王杯2歳Sでは9着に敗れたが、3連勝した夏の勢いを取り戻すことができるかどうか。なお、昨年の朝日杯FSでは3勝馬のアドマイヤマーズが優勝している。



 また、マイネルグリットに騎乗予定の国分優作騎手には、JRA・GI初制覇がかかる。2009年デビューの同騎手は、これまでにJRA・GIに8回騎乗しており、2015年、2017年の高松宮記念4着が最高成績。2009年デビューの騎手では、松山弘平騎手がJRA・GIを制しているが、国分優作騎手は9回目の挑戦でJRA・GI初制覇を遂げることができるかどうか。Vなら、マイネルグリットを所有する(株)サラブレッドクラブ・ラフィアンは歴代トップタイの朝日杯FS3勝目となる。



★調教師リーディングの首位を独走 安田隆行調教師はぺールエールを登録



 12月9日現在、今年のJRA調教師リーディングでは、安田隆行調教師(栗東)が62勝を挙げ、2位の矢作芳人調教師(栗東)に10勝差をつけてトップに立っている。安田調教師は朝日杯FSには、ペールエール(牡)を登録しているが、今年初のJRA・GI制覇を決めることができるかどうか。なお、ペールエールは昨年の優勝馬アドマイヤマーズと同じダイワメジャー産駒で、通算3戦1勝という成績だが、新潟2歳S2着、デイリー杯2歳S3着と重賞で堅実な走りを見せている。



 また、調教師リーディング3位の堀宣行調教師は、サウジアラビアRCの勝ち馬サリオス(牡)を登録している。堀調教師の朝日杯FS参戦は2010年リアルインパクト(2着)以来、9年ぶりとなるが、同レース初制覇を遂げることができるかどうか。



キズナ産駒初のJRA重賞勝ち馬 函館2歳Sを制したビアンフェ



 今年の新種牡馬キズナは、12月9日現在、JRAで29勝を挙げており、1990年以降の新種牡馬の2歳戦勝利数では5位となっている。朝日杯FSには、函館2歳Sを制してキズナ産駒初のJRA重賞勝ち馬となったビアンフェ(牡、栗東・中竹和也厩舎)、秋明菊賞(1勝クラス)勝ち馬エグレムニ(牡、栗東・加用正厩舎)と2頭のキズナ産駒が登録しているが、初年度産駒からGIホースが誕生するかどうか。なお、1990年以降の新種牡馬の2歳戦最多勝記録はディープインパクト(2010年)の41勝。



 ビアンフェは、初勝利を挙げたデビュー2戦目以降はレース序盤から積極的に逃げており、函館2歳S1着、京王杯2歳S2着と重賞でも好走している。朝日杯FSでは、舞台を阪神に移した2014年以降、逃げ切り勝ちは1度もないが、ビアンフェはどんな戦法で挑むだろうか。同馬には引き続き藤岡佑介騎手が騎乗する予定。



 なお、過去10年の朝日杯FS1~3着馬の前走を見ると、京王杯2歳S組は1勝、2着3回、3着3回という成績を挙げている。

【東西現場記者走る】ペールエール、デビュー以来最高のデキ 12月10日(火) 05:05

 密着取材でGI勝ち馬を探る連載『東西現場記者走る』。朝日杯FSは、大阪サンスポの斉藤弘樹記者(40)が担当する。栗東トレセンで迎えた初日は、ダイワメジャー産駒のペールエールに注目。父譲りの力強さを備え、状態面もピークに近い。ゲート、レースセンスともに高く、今の馬場にも合いそうだ。

 前回密着を担当したジャパンCワグネリアン)から、チャンピオンズC(インティ)、阪神JFクラヴァシュドール)と、GIの本命馬が3週連続で3着…。もどかしい気持ちだが、40歳を迎えて最初の密着担当。何とかスカッと勝ち馬を導き出して、詰めの甘さを払拭したい。

 朝日杯FSと同舞台の阪神JFは、レシステンシアが1分32秒7の2歳コースレコードで圧逃。連載初日は、同じダイワメジャー産駒のペールエールに注目した。

 3番手から横綱相撲で抜け出した昨年の勝ち馬も同産駒のアドマイヤマーズ。脚質的にも似た存在で、先行馬が簡単に止まらない今の馬場は合いそう。山下助手を直撃すると、「馬格があってしっかりしているし、ダイワメジャーらしい力強さがありますね」というコメント。500キロ近くある迫力十分の好馬体からも、父の良さを受け継いでいるようだ。

 前走のD杯2歳Sは、好位から伸びきれず3着。それでも、インをロスなく立ち回った差し馬が上位になった展開を思えば、悲観する内容ではない。加えて、最大目標の一戦に向けて、中間は攻めの姿勢を貫いているのは強調材料。1週前はCWコースの3頭併せで一杯に追われて、6ハロン79秒8-11秒8の猛時計。年長馬で重賞ウイナーのトロワゼトワルを豪快に抜き去った。「初めてあそこまでやりました。まだ伸びしろがあるなかで、あれだけ動けますからね」と同助手。まさに勝負仕上げで、デビュー以来最高のデキで臨めそう。

 今回、人気が予想されるライバル勢は末脚を伸ばすタイプが多く、「ゲートセンスが良く、操縦性が高い」と山下助手が話すセールスポイントが生きそう。展開面で優位に立てそうで、確実に上位争いに顔をのぞかせてきそうな1頭だ。 (斉藤弘樹)



朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【漆山“教授”のGI因数分解】穴っぽいのはジュンライトボルト 12月10日(火) 05:04

 中山から阪神に移設されて5年が経過。上位馬の傾向には、明らかに変化が見られる。

 (1)絶好ステップ

 阪神移設後の5回で、前走を東京芝1600メートルで走った馬は【3・1・2・5】。連対率36・4%、複勝率54・5%の好成績を残している。1986~2013年の中山開催28回では、前走、東京芝マイル組が5勝しか挙げていなかった。トリッキーなおむすび形コースから直線の長い外回りに替わったことで、広々とした東京での同距離戦が絶好の“足慣らし”になっている。

 (2)無敗の重賞V馬

 過去10年、無敗の重賞ウイナーは【3・2・1・6】連対率41・7%。これだけでも魅力的な数字だが、芝1600メートル以上の重賞を勝っていた馬(白抜き馬名)に限ると【3・2・1・1】同71・4%とさらに好走確率が跳ね上がる。先週の阪神JFではレシステンシアがデビューV3で女王に輝いたが、これで無敗のGIウイナーは今年4頭目。“無敗V”の当たり年なのかもしれない。

 (3)大ブレーク

 当たり年といえば、現2歳世代のハーツクライ産駒も当てはまる。芝の1勝クラス&オープン戦でトップの【7・1・1・4】連対率61・5%は驚異的といえる。ハーツ産駒といえば晩成のイメージがつきまとうが、実は2歳戦での連対率は16年22・1%→17年24・1%→18年27・0%→19年30・1%と上昇一途。育成方法が確立されてきたのか、はたまた種牡馬としての“キャラ変”か。いずれにしても興味深い現象だ。

★注目馬

 ハーツクライ産駒で、サウジアラビアRCをレコードV。サリオスにはあらがいがたいムードが漂う。同じくデビュー2連勝でD杯2歳Sを制したレッドベルジュールがどこまで対抗するか。穴っぽいのはジュンライトボルトだ。前5年で2頭の勝ち馬を送り出しているベゴニア賞で2着。半兄に中京記念勝ちのグルーヴィット(父ロードカナロア)、曽祖母に名牝エアグルーヴと血統的な魅力も大きい。 (漆山貴禎)



朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【われかく戦う】斉藤崇師、ラウダシオンは長く脚&トリプルエースは一瞬の脚 12月10日(火) 05:04

 2歳王者を決める朝日杯フューチュリティステークス(FS)が15日、阪神競馬場で行われる。ここにラウダシオントリプルエースの2頭出しで挑むのが斉藤崇史調教師(37)=栗東。ともに重賞は未勝利だが、潜在能力は一級品。上位互角の混戦を制して、クラシックへ弾みをつけたい。 (取材・構成=宇恵英志)

 ――ラウダシオントリプルエースの精鋭2頭でGIにアタックする

 「どちらも大きいところを目指したい素材です。まだ完成形の馬ではありませんし、これから良くなる部分を残しています。将来を見据えた一戦といえますね」

 ――ラウダシオンは前走、もみじSを快勝して2勝目を挙げた

 「馬場の悪いなかで最後までよく走ってくれました。(前2走の1200メートルより)1400メートル戦の方が道中の追走が楽だったですね。いい形で競馬ができました」

 ――トリプルエースは前走のD杯2歳Sが4着

 「終始、後手、後手に回る競馬になりました。流れに乗りきれずに終わった感じですが、1600メートルは大丈夫と判断できる内容でしたね」

 ――前走後は、ここを目標に調整

 「上昇度という意味ではラウダでしょう。デビュー時と比べれば“ここまで変わるのかな”と思うくらいの変化です。体形が変わり、しっかりとしましたね。トリプルは、体が上がる面の矯正を課題に調教していますが、前に体が出るようになってきています」

 ――それぞれの長所は

 「スピードがあって乗りやすいのは共通していますね。ラウダは長く脚、トリプルは一瞬の脚、を使えるタイプですね」

 ――4日に栗東トレセンで1週前調教を行った

 「ラウダ(CWコース6ハロン85秒3-11秒8)は順調ですし、最終追いをきっちりと行えれば態勢は整います。トリプル(CWコース6ハロン81秒9-12秒2)はビュイック騎手に感触を確かめてもらいました。『いいよ』というコメントをいただきました。2頭とも“ばっちり”といえます」

 ――最後に抱負を

 「どちらも、阪神コース、1600メートルともに問題ない。ラウダはルメール騎手が続けて乗ってくれるのが心強いですね。(トリプルに騎乗する)ビュイック騎手も、調教に騎乗してもらった様子から、うまく乗ってくれていましたし、さすがですね。2頭には自分の競馬に徹して力を出し切ってもらいたい」

斉藤 崇史(さいとう・たかし) 1982年8月29日生まれ、37歳。神奈川県出身。2008年2月に栗東・松永幹厩舎で厩務員となり、調教助手を経て15年に調教免許を取得。16年3月に厩舎を開業した。9日現在、JRA通算72勝で重賞は今年のGI秋華賞、GIIIクイーンC(ともにクロノジェネシス)の2勝。地方交流では、18年にGI全日本2歳優駿(ノーヴァレンダ)を制している。



朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【GI血ェック】朝日杯FS 12月10日(火) 05:03

 最近はサンデーサイレンス系種牡馬の活躍が顕著。同じ舞台で行われた8日の阪神JFでも、サンデー系種牡馬の産駒が1~4着を占めた。時計が速い決着に対応できる血統背景が必要で、今年もサンデー系種牡馬の産駒を上位に推したい。

 S評価はディープインパクト産駒のレッドベルジュール。全姉のレッドベルローズレッドベルディエスは2歳時に勝利を挙げており、早くから活躍できる下地がある。前走のD杯2歳Sは馬体重28キロ増で勝っており、成長力も十分にありそうだ。母の父アンブライドルズソングは米GIBCジュベナイルなどの勝ち馬。力強いスピードを伝えるので直線が長く坂がある阪神コースにも対応できる。

 ディープインパクト×アンブライドルズソングの配合は、2014年の優勝馬ダノンプラチナと同じ。今回の舞台では信頼できる血統だ。ハーツクライ産駒のサリオスダイワメジャー産駒のペールエールも差はない。



朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【朝日杯FS】レース展望 12月9日(月) 18:24

 阪神競馬場では日曜メインに朝日杯フューチュリティS(15日、芝1600メートル)が行われる。年末のホープフルS(28日、中山、芝2000メートル)と並んで2歳王者を争うGIだ。

 今年の主役はデビュー2戦2勝のサリオス(美浦・堀宣行厩舎、牡)が務める。6月東京の新馬戦の勝ちっぷりが鮮烈だったが、前走のサウジアラビアロイヤルCも圧巻の2歳コースレコードV。初陣と比べて3ハロンの通過ラップが3秒2も速かったにもかかわらず、ラスト3ハロンを同じ33秒1でまとめてくるのだから潜在能力だけでなく、成長力も素晴らしい。540キロの馬体も迫力満点。初の長距離輸送や右回りに課題はあるが、それすらあっさりクリアできそうな逸材だ。

 デイリー杯2歳Sを勝ったレッドベルジュール(栗東・藤原英昭厩舎、牡)も2戦2勝馬。出負けしたGIIの前走は後方2番手から最内を突いて鮮やかに抜け出した。Vタイム1分34秒5は開催が10月から11月になってからの6回では最速。今回も乗り替わりとなるが、鞍上がエリザベス女王杯ラッキーライラック)、香港マイルアドマイヤマーズ)を制したクリストフ・スミヨン騎手なら頼もしい。

 タイセイビジョン(栗東・西村真幸厩舎、牡)も秘めたスピードと瞬発力は前記2頭に引けを取らない。前走の京王杯2歳Sは2歳コースレコードの1分20秒8で快勝。函館2歳Sでも2着に入ったほどのスピードがあるが、1200メートルは忙しそうに映っただけに、距離は短くするよりも延びた方が良さそう。初のマイルもこなせそうだ。この馬と初コンビを組む武豊騎手にとっても、JRA・GIコンプリートはこの朝日杯FSホープフルSだけで、勝てば完全制覇にリーチがかかる。

 函館2歳王者のビアンフェ(栗東・中竹和也厩舎、牡)は前走の京王杯2歳Sで2着に入り、1400メートルまでにはめどを立てた。あと1ハロンの距離延長が大きな鍵となるが、この2歳世代が初年度のキズナ産駒は大活躍で、マルターズディオサが前週の阪神ジュベナイルフィリーズ2着に入り、底力も示しており、チャンスは十分だ。

 未知の存在がデビュー2戦2勝のタガノビューティー(栗東・西園正都厩舎、牡)。芝の経験はないが、同様にダート2戦2勝で挑んだ2013年のアジアエクスプレスが勝ったこともある(当時の舞台は中山芝1600メートル)。同じヘニーヒューズ産駒だけに侮れない。

 他にもデイリー杯2歳S2~4着のウイングレイテスト(美浦・青木孝文厩舎、牡)、ペールエール(栗東・安田隆行厩舎、牡)、トリプルエース(栗東・斉藤崇史厩舎、牡)に、ききょうSを勝ったプリンスリターン(栗東・加用正厩舎、牡)、もみじS快勝のラウダシオン(栗東・斉藤崇史厩舎、牡)など、伏兵のレベルもなかなか高い。



朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 944ビュー

朝日杯フューチュリティステークス2019】2012年以降の傾向

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは朝日杯フューチュリティステークスです。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ
●U指数に関する書籍が発売されました! ⇒詳細はこちら


<ポイント①>
・U指数下位の激走はほとんど見られず、2012年以降で馬券に絡んだ21頭のうち18頭は指数8位以内。指数9位以下は【1.1.1.56】。基本的に指数をそのまま信頼できるレースで、シンプルに指数上位8頭のボックスを買うと、馬連回収率は152.3%、3連複回収率は233.4%。

<ポイント②>
・軸を決めるならU指数87以上かつ3位以内。2012年以降、この条件を満たす馬が必ず馬券に絡んでおり、相手もほぼ指数8位以内に絞られる。指数87以上の1~3位を1列目、指数1~8位を2列目に配置したワイドフォーメーションを購入した際の回収率は146.8%。

<ポイント③>
・U指数85未満は大苦戦を強いられており、まったく底を見せていない、新馬戦を1番人気で勝利した1戦1勝馬と、無敗の2勝以上馬を除くと【0.1.0.40】。敗戦経験のある低指数馬は原則的に不要



朝日杯FSの予想U指数はこちら⇒(朝日杯FS重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

12月9日(月) 10:38 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】朝日フューチュリティ2019・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 376ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第71回 朝日杯フューチュリティステークス GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

12月8日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年12月08日号】特選重賞データ分析編(180)~2019年朝日杯フューチュリティステークス~
閲覧 1,270ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 朝日杯フューチュリティステークス 2019年12月15日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつ重賞以外のレース”において3着以下となった経験の有無別成績(2014年以降)】
×あり [0-0-2-31](複勝率6.1%)
○なし [5-5-3-37](複勝率26.0%)

 戦績の安定感がポイント。2014年以降の連対馬10頭は、いずれも重賞以外のレースで3着以下に敗れたことのない馬でした。勝ち上がる前のレースはもちろん、1勝クラスやオープン特別のレースで崩れたことがある馬も評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→ウイングレイテストタイセイビジョンレッドベルジュール
主な「×」該当馬→グランレイジュンライトボルトプリンスリターン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“同年9月21日以降、かつJRA、かつ芝1400m以上のレース”において優勝経験がある」馬は2014年以降[5-4-5-29](複勝率32.6%)
主な該当馬→タイセイビジョンレッドベルジュール

[もっと見る]

12月4日(水) 12:18 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2019) ~第10回ワールド上位者レビュー2~
閲覧 443ビュー

 11月23日の京都2歳ステークス(2歳G3・京都芝2000m内)をもって、2019年に施行されるG1競走以外のJRA2歳重賞はすべて終了。また、12月8日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳G1・阪神芝1600m外)と12月15日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳G1・阪神芝1600m外)は既に特別登録馬が発表されています。12月28日のホープフルステークス(2歳G1・中山芝2000m内)を含む一連のビッグレースは、「ウマニティPOG 2019」における最初の山場。皆さんもさまざまな思いともに戦況を見守っていることでしょう。

 もっとも、日本ダービー施行週までに施行される“JRA、かつ2歳・3歳のレース”のうち、2歳限定の競走で動く賞金額は全体の4割強に過ぎません。しかも、GI・GII・GIII・オープンの各ワールドは、12月3日に新たな仮想オーナー募集枠が解放されたばかり。最終的な順位を左右するようなレースはまだ先ですし、スペシャルワールド以外はすべての2歳馬を獲得できる(可能性がある)わけですから、どのプレイヤーにも上位進出のチャンスはあるはずです。

 今回は12月1日終了時点における各ワールドの戦況と、優秀な成績を収めているプレイヤーの指名馬をチェックしてみました。来シーズン以降に向けた反省はもちろん、今シーズンの一発逆転に向けた策を練るうえでも、トップランカーたちの立ち回りは良いヒントになるはず。ぜひ参考にしてみてください。

 なお、12月1日終了時点における現2歳世代の本賞金額ランキングは下記の通りとなっております(集計対象はJRAのレースのみ)。

【牡およびセン】
●1位 タイセイビジョン(ソムニアの2017) 5700万円
●2位 マイラプソディ(テディーズプロミスの2017) 5600万円
●3位 マイネルグリット(マイネショコラーデの2017) 5400万円
●4位 ビアンフェ(ルシュクルの2017) 5380万円
●5位 レッドベルジュール(レッドファンタジアの2017) 4500万円
●6位 サリオス(サロミナの2017) 4000万円
●6位 コントレイル(ロードクロサイトの2017) 4000万円
●8位 ブラックホール(ヴィーヴァブーケの2017) 3880万円
●9位 ラインベックアパパネの2017) 3130万円
●10位 プリンスリターン(プリンセスプライドの2017) 3080万円
●10位 ラウダシオン(アンティフォナの2017) 3080万円

【牝】
●1位 ウーマンズハート(レディオブパーシャの2017) 3800万円
●2位 リアアメリア(リアアントニアの2017) 3600万円
●2位 レシステンシア(マラコスタムブラダの2017) 3600万円
●4位 エレナアヴァンティドリームカムカムの2017) 2610万円
●5位 オータムレッド(ティッカーコードの2017) 2590万円
●6位 ケープコッド(ハーロンベイの2017) 2380万円
●7位 ビッククインバイオアニメイトバイオの2017) 2340万円
●8位 ルーチェデラヴィタ(トウカイライフの2017) 2300万円
●8位 マジックキャッスルソーマジックの2017) 2300万円
●10位 エヴァーガーデン(モエレカトリーナの2017) 2140万円
●10位 ヤマカツマーメイド(ヤマカツマリリンの2017) 2140万円

 1頭1オーナー制のスペシャルワールドでトップに立っているのは村吉さん。6月30日の函館2歳ステークス(2歳G3・函館芝1200m)をビアンフェが、10月26日のアルテミスステークス(2歳G3・東京芝1600m)をリアアメリアが制しました。この他にも11月30日の葉牡丹賞(2歳1勝クラス・中山芝2000m内)を勝ったグランデマーレ(グランデアモーレの2017)、11月2日のファタジーステークス(2歳G3・京都芝1400m外)で3着となったクリアサウンド(アンコンソールドの2017)がいますし、非常にバランスの良いラインナップと言えるんじゃないでしょうか。また、既に11頭の指名馬が勝ち上がっている点も素晴らしいポイント。2位以下との差はそれほどありませんが、このまま押し切ってもまったく不思議はありません。
 2位の中(ナカ)さんは、もみじステークス(2歳オープン・京都芝1400m外)を勝ったラウダシオン、カンナステークス(2歳オープン・中山芝1200m外)の優勝馬アルムブラスト(ヴァンフレーシュの2017)などを指名。ヤマカツマーメイドも既に2勝をマークしています。こういう、渋いポイントゲッターを的確に押さえるタイプのプレイヤーって、一般的なドラフト制のPOGもめちゃめちゃ強いんですよね……。ぜひ皆さんも参考にしてみてください。
 3位につけているサウスさんは、マイラプソディが京都2歳ステークスを制したばかり。大物との呼び声も高く、順調ならばさらに獲得ポイントを伸ばしてくるでしょう。この馬を第1回の入札でしっかり競り落としていらっしゃいましたから、さすがと言うほかありません。

 G1ワールドはCaltechさんが3億1684万円でトップに立っているものの、2位の(じ~ じ)さんも3億1656万円を獲得しています。Caltechさんはアルムブラストウーマンズハートオーソリティ(ロザリンドの2017)・サリオスマイラプソディラインベックリアアメリアワーケア(チェリーコレクトの2017)と、既に9頭の指名馬がオープンクラスのレースを制覇。(じ~ じ)さんの指名馬も1勝クラス以上のレースで多数の好走例があり、非常に層の厚いラインナップとなっていました。今後もこのお二方を中心に、激しい首位争いが繰り広げられそうです。

 G2ワールドはアルムブラストタイセイビジョンビアンフェらを指名している蘇我馬子さんと蒼井光太郎さんがやや抜けた存在。前出の3頭が被っている一方、このお二方は全体的なラインナップや総出資PPが大きく異なっていますから、ここから年末へ向けてどう動くのかが気になります。

 G2ワールドはマイラプソディを指名しているのむのむごっくんさん・oharuさん・亀虎馬さんらが上位グループを形成。指名馬20頭すべてをデビュー前の入札で獲得しているのむのむごっくんさんを、追加指名で少しずつラインナップを固めてきた他のプレイヤーが追う構図です。

 オープンワールドはサリオスマイラプソディらを指名した藍色さん、サリオスコントレイルらを指名した亀の介さんが首位争いを繰り広げているところ。ただ、まだ仮想オーナー枠を上限いっぱいまで使っていないプレイヤーも多く、今後の入札やレース結果次第では大きく戦況が動くかもしれません。

 各プレイヤーのマイページにアクセスすれば、過去の入札結果などを含む詳しいデータを参照することができます。トッププレイヤーたちの戦術を学び、今後の改善に役立てていきましょう!

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを、TCKホームページ内『データ&コラム』で「分析レポート」を担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる血統大全 2019-2020』(ガイドワークス)、『ウルトラ回収率 2019-2020』(ガイドワークス)、『WIN5攻略全書 回収率150%超! "ミスターWIN5"のマインドセット』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全2018秋~2019』(ガイドワークス)など。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、「ウマニティPOG 2014」では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

12月3日(火) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019阪神ジュベナイルフィリーズ
閲覧 1,293ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



12月8日(日) 阪神11R 第71回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1、2歳牝馬、芝1600m)


【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)

ウーマンズハート<B>(3ヶ月半)
新潟2歳Sからの休み明けで乗り込みは豊富。これまでは新馬戦の1週前追い切りがCWだった以外は坂路で乗られてきた馬だが、この中間は2週前、1週前と2週連続CWを併せ馬での追い切りと内容を変えてきた。終いの伸び脚は坂路での追い切りの時と比べると物足りない感じあり。
<1週前追い切り>
CW3頭併せの外。かなり行きたがる感じで直線も力みがある走りだったが、追われてからバネの効いた伸び脚。

リアアメリア<A>(中5週)
前走+20キロも太め感はなく成長分といった感じ。レースでも追い切りでも無理に押さえ込もうとすると頭を上げて嫌がるところを見せるが、今回は多頭数でペースも速くなりそう。ここ2戦のような展開にはならない可能性が高く、1週前追い切りさながらに気分よく追走できるのではないかと思う。
<1週前追い切り>
CW単走。今回は押さえ込むことはせず気分よく走らせながら折り合いをつける内容。力強さがあり、終いまでしっかり伸びて迫力のある走りに見えた。

レシステンシア<A>(中4週)
この中間は中4週で、1週前に一杯に追うことができた点は順調といって良い。これなら最終追い切りは馬なりで十分。
<1週前追い切り>
坂路単走。終いをビッシリと追われての伸び脚は、前2走と比べても一番良い。

エレナアヴァンティ<C>(中4週)
前走時はデビューからの3戦と違い、本数を乗られている割に終いの時計が優秀な追い切りがなかった。この中間は1週前に終い速い時計が出ていて、前走時よりは良さそう。
<1週前追い切り>
南W3頭併せの中。ほぼ馬なりで先着も走りに硬さあり。

オータムレッド <E>(中5週)
新馬、クローバー賞の時は強めに追われていたが前走、今回と強めに追われた追い切りがなく、前走-8キロでトモのあたりが寂しく映った。今回、関西への長距離輸送も控えていてこれ以上馬体重を減らしたくないのかもしれない。
<1週前追い切り>
南W3頭併せの中。左回りの追い切りに比べれば、まだ走りは良いが手応えもそれほどなく力強さに欠ける。

クラヴァシュドール<B>(中8週)
前走時と比べても間隔に余裕があり、2週前、1週前とCWを長めから併せ馬で追われて先着と余裕がある内容。
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。終い軽く押すとスッと伸びて先着。

ルーチェデラヴィタ<C>(中5週)
新馬戦時から坂路では一杯に追われれば好時計の出る馬。この中間は1週前に一杯に追われていながら、終いの時計は物足りない。
<1週前追い切り>
坂路単走。力みがある感じだが重心が低い走りで伸び脚も良く、時計は物足りないが前走時より動きは良い。

マルターズディオサ<D>(中9週)
これまでの3戦は坂路やPコースで終い好時計が出ていたが、この中間は乗り込み量の割に南Wでの時計は平凡で目立つ追い切りがない。
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。外2頭と比べると手応えで見劣る。

ヤマカツマーメイド<C>(中4週)
ここ2戦のパドックを見ると、馬体重の割に細く見えて馬体は減らしたくない感じ。これまで追い切りで遅れていることがあると負けているので、併せ馬では先着している時のほうが良い。
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。併せて先着も前脚が高く、地面をしっかり踏み込めていない走りで力強さがない。

ヴィースバーデン<E>(中5週)
小柄な馬で前2走は1週前にCWでの併せ馬だったが、この中間は坂路のみでの調整。これ以上馬体重を減らしたくないため、坂路で控えめに乗られているような感じ。
<1週前追い切り>
映像なし

カワキタアジン<B>(中2週)
2走前は緩い感じの馬体に見えたが、+16キロの前走時は乗り込まれていたので緩さは感じなかったが、まだ絞れる馬体という印象。今回、中2週で馬体が絞れてくるようなら、前2走より走れそう。
<1週前追い切り>
坂路で併せ馬。楽な手応えで持ったままグーンと伸びて、一度使われての上積みがありそう。

クリスティ<B>(中6週)
前走時は+18キロも太め感はなかったが、やや集中力を欠くようなところがあった。それでも2着に好走しており、1週前追い切りでは素軽く先着していて、叩き2戦目での上積みがありそう。
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。スッと反応できていて、追われてからも前に伸びる感じの走りで素軽さもあり。

サノハニー<E>(中3週)
未勝利勝ちの前走時は、多少良い時計が出ていたが、この中間は南Wで追い切られて先着こそ果たすも時計は平凡。輸送もあるので直前は強めに追えないことを考えると、1週前にこの時計では仕上がりに不安あり。
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。先着も走りに硬さがあり、伸び脚イマイチ。

ジェラペッシュ<D>(中2週)
前走時の追い切りでは併走相手の動きがかなり良かったこともあるが、この馬に関してはもうひと伸びほしい感じだった。新馬、未勝利とおとなしかったパドックでは、ここ2戦間隔が詰まっていることが影響しているのか、カリカリした面が出ている。今回、中2週で長距離輸送があることを考えると、さらにイレ込みがきつくなる可能性が高い。
<1週前追い切り>
映像なし

スウィートメリナ<D>(中3週)
新馬戦から調教では目立つ時計が出ていない馬だが、今回の1週前追い切りでは好時計が出ていて調子は良さそう。パドックでは、新馬戦、2戦目と落ち着いて歩けていたところから、前走時はチャカチャカした面が出てきていて、今回関西への輸送もありさらにうるさくなる可能性あり。
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。併せて先着も見た目で分かるくらい小柄で、非力な感じの走り。

ヒメサマ<E>(中2週)
小柄な馬で、前走時は休み明けで馬体が増えていたが緩い感じに見えた。今回、中2週で馬体は締まってくると思うが、そのぶん力強さを欠くことにはなりそう。
<1週前追い切り>
映像なし

ボンボヤージ <D>(中2週)
もともと坂路では時計の出る馬だが、この中間は終いの時計がかかっている点が物足りない。
<1週前追い切り>
坂路で併せ馬。軽量の見習い騎手が騎乗して勢いよく駆け上がってきたが、終い脚が上がって走りのバランスが崩れる。

メデタシメデタシ<D>(連闘)
先週の万両賞に出走し5着。調教では時計が出ていたが末脚不発に終わっている。切れる馬なので、直線の短いコースのほうがその武器が活きる感じ。
<1週前追い切り>
坂路で併せ馬。終い先着も併走相手の手応えを見ると何とか先着といった感じで、動きは重い印象。

ロータスランド<B>(中7週)
角居厩舎の馬だが坂路中心に乗られてきた馬。この中間は1週前にCWで併せ馬、日曜日に坂路で好時計と、この厩舎流の調整内容できていて順調そう。最終追い切りもCWで併せ馬なら、期待が持てるかもしれない。
<1週前追い切り>
CW3頭併せの中。ゆったり入って直線で追われると、反応良く一気に突き放す。



◇今回は阪神ジュベナイルフィリーズ編でした。
先月インフルエンザの予防接種を受けたのですが、そこから体調を崩してしまい熱が下がらない日が2週間ほど続きました。点滴を打ってもらったり、血液検査やMRI、エコー、尿検査などなどいろいろ検査して、結局は異常なしとのことでひと安心。どうやら、私の場合は疲れが溜まっていたところにインフルエンザのワクチンが入ってきて、体の中で大暴れしてしまった、という感じだったようです。体調を崩しやすい季節ですので、皆様も健康には気をつけて下さいね。
さて、早いもので12月となりました。今年も「ウマニティ杯くりーく賞(第4回)」「河内一秀記念(第2回)」の2レースを開催することとなりましたのでここでお知らせをさせて頂きます。今年は【12月30日(月)】に、笠松競馬場(当日のメインレースは、2歳牝馬重賞ライデンリーダー記念)で行いますので、お楽しみに。昨年同様に、予想コンテストなど何か賞品付きの企画もできたらと考えています(詳細は今後のこのコラムで発表していきますのでご期待下さい)。

それでは次回、朝日杯フューチュリティステークス編でお会いしましょう。


阪神JF出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 48ビュー

今週の朝日杯FSに出走するペールエール♪

これまで新潟2歳S2着とデイリー杯2歳S3着の重賞でも実績がありまだ馬券圏内を外していない安定感☆

今回も上位進出が期待されます!

人気が下がるようなら狙い目です(o^^o)

12月10日(火) 20:09 馬券のAエースさん
朝日杯FS≪データ攻略ポイント≫
閲覧 178ビュー

【朝日杯フューチュリティ】阪神芝1600m

『阪神』での施行に替わって6年目☆///
中山マイルの枠番による不利(外枠不利)を解消する為のものです。
先週の2歳牝馬「阪神JF」と同じ条件。
下記の≪消去法≫≪好走条件≫の絞り込みで近5年とも
☆3つ以上の中から阪神JF・朝日杯FSどちらも必ず連対馬が出てます。
プラス朝日杯には絞り込みと能力判別で『絶対条件』と呼べる条件がある。
阪神外回りに適した先週の≪消去法≫でまずは絞り込み♪

≪消去法≫
(その1)芝での連対率50%以上(ダートを外して考える)

(その2)前走-0.6秒以上離されて負けた馬または2ケタ着順

(その3)新馬戦、未勝利組は前走1600m以上かつ上がり1位が必要

(その4)過去10年で全頭が1600m以上で2着馬に着差〔-0.1〕以上をつけた経験があった。
 勝った距離が1400m以下の場合はスーパーホーネット以外〔-0.2秒〕以上の差があった!

(その5)前走または前々走どちらかで“上がり3F”3位以内は不可欠

(その6)前走が新馬・未勝利戦勝ちの3着以内は2001年以降1頭(警戒は①人気1着のみでOK)

【朝日杯条件】
(その7)新馬戦で3番人気以内か上り3位以内《新馬の時から素質があった》(3着以内馬全馬)

≪好走条件≫
☆近2走以内に『1着かつ上がり最速』の馬が毎年1頭は絡む
○サリオス○タイセイビジョン○ラウダシオン○レッドベルジュール

☆1800m以上距離の連対経験
○ウイングレイテスト○ジュンライトボルト○レッドベルジュール

☆近2走ともに上がり1.2位の馬
○サリオス○ジュンライトボルト○タイセイビジョン○ラウダシオン○レッドベルジュール

☆2走前が「①人気1着」
○ウイングレイテスト○エグレムニ

≪騎手≫
☆3戦以上で同一騎手が乗った
○ウイングレイテスト○トリプルエース○ビアンフェ○ペールエール
☆単勝1ケタ人気馬の外国人ジョッキー騎乗【7-5-4-12】
○サリオス○レッドベルジュール

≪≪有力候補≫≫
【☆5つ】
なし
【☆4つ】
☆レッドベルジュール
【☆3つ】
☆サリオス ☆ウイングレイテスト
【☆2つ】
☆タイセイビジョン ☆ペールエール ☆ラウダシオン ☆ジュンライトボルト

【見解】
今年は阪神JF同様、朝日杯FSも☆5つ以上はナシ
昨年は☆5つ、アドマイヤマーズの勝利でした。
先週の阪神JFでレシステンシアに該当したデータ【5-2-1-3】(阪神JFでのデータ)
・キャリア3戦以内
・前走重賞連対
・ノーザンF生産馬
に当てはまる馬は
☆サリオス ☆タイセイビジョン ☆レッドベルジュールの3頭
どれも人気通りですね、ですが阪神JFほどは社台グループだけで決まる確率は低いレース。
上記の3頭のうち何頭絡むか?

[もっと見る]

12月10日(火) 14:47 ブルースワンさん
朝日杯FS 予想 今のところ
閲覧 257ビュー

◎タイセイビジョン
○サリオス
▲ウイングレイテスト
△エグレムニ
△グランレイ
△ジュンライトボルト
△ビアンフェ
△メイショウチタン
△レッドベルジュール
×タガノビューティー

高速馬場で先行馬が有利ですが
先行馬が多く差し馬にもチャンスあるかも

距離延長がカギですが
タイセイビジョンを本命にします。

レッドベルジュールは
京都向きの気がしますので△です。

穴はロードカナロア産駒のメイショウチタンと馬場が向かない気がしますがタガノビューティーです。     

[もっと見る]

12月10日(火) 12:46 ブルースワンさん
朝日杯FS 過去5年 
閲覧 186ビュー

新しい順から

6→1→2
1→10→3
17→10→4
15→11→13
2→6→14

3着まで

枠だと

1枠3回
2枠3回
3枠1回
4枠1回
5枠2回
6枠1回
7枠2回
8枠2回

1・2枠が3回ずつ
5・7・8枠が2回ずつ

内枠と外枠が有利

2着まで

1番2回
2番1回
6番2回
10番2回
11番1回
15番1回
17番1回

過去5年なので
なんとも言えませんが
1・6・10番が2回ずつなので
良さそうです。

人気の馬がよく絡むレースなので
大穴狙いはあまりしない方がいいかも

5番人気までで考えるべきかな

4着にきたりしてるので
穴馬が全く絡まないわけではないので
1・2頭穴馬絡めてもいいと思います。

中山と阪神ではコース形態違うので
過去10年でなく過去5年にしました。

どっちにしても1・2枠が有利っぽいですが・・

[もっと見る]

12月10日(火) 08:10 ジュン☆彡さん
🐎朝日杯フューチュリティステークス(G1👑)予想~🎠
閲覧 294ビュー

朝日杯フューチュリティステークス(G1)
日程:2019年12月15日(日)
阪神/芝1600m

💬予想印🎵

◎タイセイビジョン
○サリオス
▲レッドベルジュール

3連複一点勝負~👍

多分3強決着予想~😔

3連単は止めとこ・・・😖

ちなみに

タイセイビジョンとサリオスは

自分のPOG馬です~🙌😁🙌

連複買いなら

タイセイビジョン&サリオスに

しとくかなぁ~(私情絡みまくり・・・😅)

自分のPOG馬が早くもG1👑の大舞台で

ワン・ツー・フィニッシュとか

最高の妄想ネタ💤だったりして~😁

ホープフルSでもワーケア出走予定

楽しみです~o(^o^)o

・・・予想自体は前回の
日記📔と変わんねぇ~😁
(ブラウザ版ならクリック👇可)
https://umanity.jp/sp/home/view_diary.php?id=0cc2f29e04&owner_id=35f92588d5

アプリでウマニティ閲覧👓☑してる方
多いと思いますけどね~💻ヽ(・∀・)ノ📱
   

[もっと見る]

12月10日(火) 06:20 しんすけ48さん
朝日杯フューチュリティステークス&ターコイズステークス②
閲覧 236ビュー

おはよーさんでごじゃりまする。

昨日は奥さまが子供とママ友とお食事と言う事で・・・、

久々に投入しました、レッドホットチキン(^^♪

ただ年取ったせいか3ピース&サンドを買ったけど1ピース残してもうた💦

まあ今日夜食べましょ!

さて、朝日杯フューチュリティステークスは今のところ・・・、

サリオス
タイセイビジョン
ビアンフェ
レッドベルジュール
かな?

後は
ウイングレイテスト
ペールエール
ラウダシオン
をどうするか?

今のところはレッドベルジュールに気がありまする。

馬券の相性が悪い豊さんと思っていたらスミヨン君に乗り替わり、やったね(^^♪

では、せんたくものをたたんできまッス!

[もっと見る]

  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 中山では土曜メインにターコイズS(14日、GIII、芝1600メートル)が行われる。暮れの名物オープン特別が2015年に重賞に昇格。15年は3連単295万馬券、昨年は同69万馬券が飛び出しており、牝馬同士のハンデ戦は波乱必至だ。

 トロワゼトワル(栗東・安田隆行厩舎、4歳)は、同じ舞台で争われた京成杯オータムHを1分30秒3(良)の芝1600メートル世界レコードで逃げ切り、父ロードカナロアから受け継いだ豊かなスピードを満天下に知らしめた。4日にはCWコース3頭併せで6ハロン81秒0-12秒0(一杯に追う)をマーク。3カ月ぶりでも態勢は整っている。「カリカリしているのでもう少し落ち着いてほしい。ハンデが重くなるのもどうでしょう」と安田隆調教師は慎重だが、前走比3キロ増でも55キロなら許容範囲だ。

 シゲルピンクダイヤ(栗東・渡辺薫彦厩舎、3歳)=54キロ=は牝馬3冠に“皆勤”。オークスこそ12着と振るわなかったが、強烈な末脚を武器に桜花賞2着、秋華賞3着と善戦した。距離適性を考慮してエリザベス女王杯には向かわず、【1・2・1・0】と好成績を残すマイル戦で重賞初Vを狙いにきた。4日の1週前追い切りはCWコース6ハロン80秒2-12秒6(馬なり)で僚馬に大きく先着し、「もう脚元の不安も全くありませんし、しっかりやれたのはいい」と渡辺調教師は仕上がりに自信を示す。

 エスポワール(栗東・角居勝彦厩舎、3歳)=53キロ=は7戦4勝の素質馬。重賞初挑戦で3番人気に推された秋華賞は9着に終わったが、続く修学院Sは牡馬を相手に先行して堂々と押し切り、オープン入りを果たした。7戦は1800メートル以上のためマイルが鍵になりそうだが、「距離には対応できる状態にもってこられていますし、前めでレースができるので十分に太刀打ちできると思います」と辻野泰之調教助手。全4勝の手綱を取っているミルコ・デムーロ騎手とのコンビで重賞タイトルに王手だ。

 コントラチェック(美浦・藤沢和雄厩舎、3歳)=54キロ=は秋華賞で15着と大敗したが、休み明けに加えて激しい先行争いになったことも影響したか。フラワーC優勝など【2・1・0・0】の良績を残す中山でスムーズなレース運びができれば、巻き返しの余地は十分ある。

 フロンテアクイーン(美浦・国枝栄厩舎、6歳)=56キロ=は今年、中山牝馬Sで待望の重賞初制覇を飾り、府中牝馬Sでも2着。6歳でもまだまだ盛んだ。エリザベス女王杯は10着に終わったが、適距離に戻れば安定した走りが期待できる。

 同じ舞台のフェアリーSを制しているフィリアプーラ(美浦・菊沢隆徳厩舎、3歳)=53キロ、米子S勝ちのオールフォーラヴ(栗東・中内田充正厩舎、4歳)=55キロ=なども差はない。



ターコイズS(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ターコイズS】シゲルピンクダイヤ、マイルで堅実 12月9日(月) 11:30

 14日の中山では「第5回ターコイズS」が行われる。牝馬同士のハンデ重賞は波乱必至だ。

 シゲルピンクダイヤ桜花賞2着、秋華賞3着と牝馬3冠路線をにぎわせた。距離適性を考慮してエリザベス女王杯には向かわず、ひと息入れてここを目標に仕上げられてきた。【1・2・1・0】と堅実に戦うマイル戦で待望の重賞初Vを狙う。(夕刊フジ)

ターコイズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ターコイズステークス】特別登録馬 12月8日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】サンライズノヴァ、放牧挟んでフェブラリーSへ 11月14日(木) 05:00

 ★武蔵野S5着サンライズノヴァ(栗・音無、牡5)は、放牧を挟んでフェブラリーS(2月23日、東京、GI、ダ1600メートル)に挑む。

 ★JBCクラシックを制したチュウワウィザード(栗・大久保、牡4)は、次走のチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)で福永騎手とコンビを組む。同レースには、みやこS5着ワイドファラオ(栗・角居、牡3)も参戦する。

 ★エリザベス女王杯9着サトノガーネット(栗・矢作、牝4)は、中日新聞杯(12月7日、中京、GIII、芝2000メートル)に向かう。12着ゴージャスランチ(美・鹿戸、牝4)は、年内にもう1戦する予定でターコイズS(12月14日、中山、GIII、芝1600メートル)などが選択肢に含まれる。15着シャドウディーヴァ(美・斎藤誠、牝3)は、自己条件の元町S(12月15日、阪神、3勝クラス、芝1600メートル)で仕切り直し。

 ★美浦・国枝厩舎は次の通り。プロディガルサン(牡6)とサトノキングダム(牡6)はキャピタルS(23日、東京、L、芝1600メートル)へ。プロディガルはM・デムーロ騎手、サトノは石橋騎手。ダノングレース(牝4)はターコイズSへ。

 ★栗東の角居厩舎で、修学院Sを完勝したエスポワール(牝3)と、小倉記念4着後から戦列を離れているタニノフランケル(牡4)は、中日新聞杯に向かう。

 ★JBCクラシック7着ロードゴラッソ(栗・藤岡、牡4)は、浦和記念(28日、浦和、交流GII、ダ2000メートル)へ。

 ★福島記念2着ステイフーリッシュ(栗・矢作、牡4)は、チャレンジC(30日、阪神、GIII、芝2000メートル)を目指す。

[もっと見る]

【古馬次走報】ワンダーリーデル、チャンピオンズCへ 11月13日(水) 05:00

 ★エリザベス女王杯10着フロンテアクイーン(美・国枝、牝6)は、ターコイズS(12月14日、中山、GIII、芝1600メートル)に向かう。

 ★武蔵野Sで初の重賞Vを飾ったワンダーリーデル(栗・安田翔、牡6)は、引き続き横山典騎手でチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)に向かう。同4着ダンツゴウユウ(栗・谷、牡5)は、師走S(12月7日、中山、L、ダ1800メートル)へ。

 ★オーロC11着トウショウピスト(美・土田、牡7)はラピスラズリS(12月1日、中山、L、芝1200メートル)へ。同15着ウインファビラス(美・畠山、牝6)はターコイズSかディセンバーS(12月15日、中山、L、芝1800メートル)を最後に繁殖入りする予定。

 ★観月橋Sを勝ってOP入りしたメモリーコウ(栗・松永幹、牝4)は、クイーン賞(12月11日、船橋、交流GIII、ダ1800メートル)に登録する。

 ★昨年の日本ダービー13着以来、戦列から離れていたサンリヴァル(栗・藤岡、牡4)は、チャレンジC(30日、阪神、GIII、芝2000メートル)かディセンバーSで復帰する。

 ★オパールS11着ミラアイトーン(栗・池江、牡5)はタンザナイトS(12月14日、阪神、OP、芝1200メートル)に向かう。

[もっと見る]

【古馬次走報】シゲルピンクダイヤ、ターコイズSへ 10月23日(水) 05:01

 ★秋華賞3着シゲルピンクダイヤ(栗・渡辺、牝3)はターコイズS(12月14日、中山、GIII、芝1600メートル)に向かう。

 ★南部杯を制したサンライズノヴァ(栗・音無、牡5)は戸崎騎手とのコンビで武蔵野S(11月9日、東京、GIII、ダ1600メートル)の予定。6着ミツバ(栗・加用、牡7)はチャンピオンズC(12月1日、中京、GI、ダ1800メートル)へ。

[もっと見る]

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 11ビュー

ターコイズステークス

中山競馬場
芝1600M3歳以上牝馬ハンデ

荒れるレースでもあると思うので、狙い目は何なのかが明確にわかればいいんですが

個人的な登録馬の評価

56
デンコウアンジュ
(コース相性もいいし追い込みですが得意な舞台。斤量だけ少し気掛かりかな)

フロンテアクイーン
(この馬もコースとの相性はいい。G1後での状態がどうかと斤量は背負う分直線の伸びがあるかどうか)

55
トロワゼトワル
(今回も自分の競馬が出来るかどうか同じような番号で逃げたいかな?逃げなくても勝ててはいるが、前走逃げているので)

オールフォーラヴ
(前走の相手より弱くなってるが、小回りコースで不安は大きいかな、距離短縮はプラスと思う)

リバティハイツ
(上積みあるみたいで距離延長は最近実績ないが、常に0.5秒以内の競馬はしているので嵌まれば不気味ですね)

54
コントラチェック
(能力は上位ですが多頭数が不安かなと、逃げが理想と思うが距離も合ってはいるが、揉まれない競馬が出来るかどうか)

シゲルピンクダイヤ
(距離短縮でキレが増すと思うしどういう展開でも実績はある。不安は輸送だと思う)

ディメンシオン
(距離短縮で期待出来るはず。マーフィー騎手で更に前進もあるので1発ここでということかな)

ハーレムライン
(ここ2戦で更に人気はないでしょうね。去年も着外だが、アネモスステークスは勝利しているから穴馬には限りないが)

モアナ
(上がり馬で初めての重賞で相手強化、厳しいがうまくスムーズなレースが出来れば通用してもいいんだが騎手がまだ決まってないのがしんどいかも)

53
ウインシャトレーヌ
(前走は参考外、今回叩いてダメージがないかと状態が上向いているかどうか、松岡騎手で先行できればしぶといはずなので穴馬としては面白いかな?馬主と騎手は香港と同じ)

エスポワール
(上がり馬でこっちは重賞は経験済み、案外ハンデもいいので上手く進めればあっさり勝利もあるとは思っているが、距離短縮というのが微妙に影響するかも)

フィリアプーラ
(時計面で実績がないので厳しいと思うけど、前走紫苑ステークスもさほど差のない5着で馬も強くなっていると思う。1発あってもおかしくはない)

メイショウグロッケ
(連勝中の上がり馬で不気味ですね。小回りになるのが不安ですが父メイショウサムソンで狙いたくはなる)

除外ですが出れるかもしれないので
順に

54
アマルフィコースト
(牝馬限定GⅢはかなり実績あるので不気味ですね)

53
メイショウショウブ
(取り消し明けで状態次第ですね、コース実績はあるので)

メイショウオワラ
(1秒以内の競馬はしているので、小回りの牝馬限定なら穴馬になるかも程度)

12月10日(火) 21:18 チュパぺんこさん
ターコイズステークス
閲覧 43ビュー

爆荒れの予想します。
ピンかパーです。当たればデカイがハズレはかすりもしないです。
三連複、ワイドを買う予定です。

[もっと見る]

12月10日(火) 06:20 しんすけ48さん
朝日杯フューチュリティステークス&ターコイズステークス②
閲覧 236ビュー

おはよーさんでごじゃりまする。

昨日は奥さまが子供とママ友とお食事と言う事で・・・、

久々に投入しました、レッドホットチキン(^^♪

ただ年取ったせいか3ピース&サンドを買ったけど1ピース残してもうた💦

まあ今日夜食べましょ!

さて、朝日杯フューチュリティステークスは今のところ・・・、

サリオス
タイセイビジョン
ビアンフェ
レッドベルジュール
かな?

後は
ウイングレイテスト
ペールエール
ラウダシオン
をどうするか?

今のところはレッドベルジュールに気がありまする。

馬券の相性が悪い豊さんと思っていたらスミヨン君に乗り替わり、やったね(^^♪

では、せんたくものをたたんできまッス!

[もっと見る]

12月9日(月) 23:02 ユウキ先生さん
☆ターコイズS(数年前には二桁×3頭が)☆
閲覧 111ビュー

土曜日には中山競馬場でターコイズSが行われます♪

今年で5回目というまだ新しいレース!!!

なのでなかなか傾向という面では信用に欠けますね~~

堅い時もあれば波乱も~~~

特に4年前は1着=11番人気 2着=16番人気 3着=15番人気で決着( ゚Д゚)

11番人気が勝つだけでもびっくりなのに2着、3着が16番人気と15番人気~~~

どうやったらそんな馬券取れる???どうやったらその3連単を取れる???

取った方に教えてもらいたいです!!

今年は果たしてどんな結果が~~~☆

[もっと見る]

12月9日(月) 17:24 チュパぺんこさん
今週
閲覧 257ビュー

ターコイズステークス買います。朝日杯フューチュリティステークスはターコイズステークス次第かな?

[もっと見る]

12月9日(月) 06:12 しんすけ48さん
朝日杯フューチュリティステークス&ターコイズステークス①
閲覧 366ビュー

おはよ♪

週が明けてもうた💦

昨日は香港スプリントのみの的中で当たってマイナス・・・。

まあタコ助で終わるよりはましですな、来週も楽しめるしね。

と言う訳で今年も残すところ後僅か。

体調を崩さぬよう頑張って参りましょ!

出来ればスカッと大当たりをしたいんでJRAさん、お頼もうしますぅ~(^^♪

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 12月14日(
  • 12月15日(
5回中山5日目 4回中京5日目 5回阪神5日目
9

ひいらぎ賞

2歳1勝クラス 芝1600m

9

さざんか賞

2歳1勝クラス 芝1200m

10

香取特別

3歳以上2勝クラス ダ2400m

10

豊川特別

3歳以上1勝クラス 芝1600m

10

蛍池特別

3歳以上2勝クラス 芝2000m

11

ターコイズステークス G3

3歳以上オープン 芝1600m

11

三河ステークス

3歳以上3勝クラス ダ1400m

11

タンザナイトS

3歳以上オープン 芝1200m

12

中京日経賞

3歳以上2勝クラス 芝1400m

5回中山6日目 4回中京6日目 5回阪神6日目
9

舞浜特別

3歳以上2勝クラス ダ1200m

9

北摂特別

3歳以上2勝クラス 芝1200m

10

北総ステークス

3歳以上3勝クラス ダ1800m

10

寒椿賞

2歳1勝クラス ダ1400m

10

元町ステークス

3歳以上3勝クラス 芝1600m

11

ディセンバーS L

3歳以上オープン 芝1800m

11

浜松ステークス

3歳以上3勝クラス 芝1200m

11

朝日フューチュリティ G1

2歳オープン 芝1600m

12

尾張特別

3歳以上2勝クラス 芝2200m

12

高砂特別

3歳以上2勝クラス ダ1200m

先週の競馬:注目レース

  • 阪神JF G1
    12/8(
  • カペラS G3
    12/8(
  • 中日新聞杯 G3
    12/7(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 密着取材でGI勝ち馬を探る連載『東西現場記者走る』。朝日杯FSは、大阪サンスポの斉藤弘樹記者(40)が担当する。栗東トレセンで迎えた初日は、ダイワメジャー産駒のペールエールに注目。父譲りの力強さを備え、状態面もピークに近い。ゲート、レースセンスともに高く、今の馬場にも合いそうだ。

 前回密着を担当したジャパンCワグネリアン)から、チャンピオンズC(インティ)、阪神JFクラヴァシュドール)と、GIの本命馬が3週連続で3着…。もどかしい気持ちだが、40歳を迎えて最初の密着担当。何とかスカッと勝ち馬を導き出して、詰めの甘さを払拭したい。

 朝日杯FSと同舞台の阪神JFは、レシステンシアが1分32秒7の2歳コースレコードで圧逃。連載初日は、同じダイワメジャー産駒のペールエールに注目した。

 3番手から横綱相撲で抜け出した昨年の勝ち馬も同産駒のアドマイヤマーズ。脚質的にも似た存在で、先行馬が簡単に止まらない今の馬場は合いそう。山下助手を直撃すると、「馬格があってしっかりしているし、ダイワメジャーらしい力強さがありますね」というコメント。500キロ近くある迫力十分の好馬体からも、父の良さを受け継いでいるようだ。

 前走のD杯2歳Sは、好位から伸びきれず3着。それでも、インをロスなく立ち回った差し馬が上位になった展開を思えば、悲観する内容ではない。加えて、最大目標の一戦に向けて、中間は攻めの姿勢を貫いているのは強調材料。1週前はCWコースの3頭併せで一杯に追われて、6ハロン79秒8-11秒8の猛時計。年長馬で重賞ウイナーのトロワゼトワルを豪快に抜き去った。「初めてあそこまでやりました。まだ伸びしろがあるなかで、あれだけ動けますからね」と同助手。まさに勝負仕上げで、デビュー以来最高のデキで臨めそう。

 今回、人気が予想されるライバル勢は末脚を伸ばすタイプが多く、「ゲートセンスが良く、操縦性が高い」と山下助手が話すセールスポイントが生きそう。展開面で優位に立てそうで、確実に上位争いに顔をのぞかせてきそうな1頭だ。 (斉藤弘樹)



朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

レシステンシア、阪神JF制覇一夜明けカイバもりもり 12月10日(火) 05:00

 8日の阪神JFを無傷の3連勝で制したレシステンシア(栗・松下、牝2)は、一夜明けた9日朝、栗東トレセンの自厩舎で疲れを癒やした。

 「カイバも食べていますし、見た目には疲れは見せていません」と金濱厩務員。5馬身差の圧逃劇に、「最初から『違うな』と思わせる馬でしたが、強かったですね。この仕事をしていてもGIを勝つ馬には出会えませんから。別世界です」と感無量。今後は放牧に出て、来春は桜花賞(4月12日、阪神、GI、芝1600メートル)が目標となりそう。



★8日阪神11R「阪神JF」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪神JF】レシステンシア、ウオッカ超えレコードで2歳女王 12月9日(月) 05:08

 阪神ジュベナイルフィリーズが8日、阪神競馬場で16頭により争われ、逃げた4番人気のレシステンシアが2着に5馬身差をつける圧勝で2歳女王に輝いた。走破タイム1分32秒7は2歳コースレコード。6番人気のマルターズディオサが2着に入り、1番人気に推されたリアアメリアは6着に終わった。

 戦前の3強ムードを吹き飛ばす、圧巻の逃走劇だ。4番人気のレシステンシアが、1分32秒7の2歳コースレコードで駆け抜け、新馬戦&ファンタジーSに続く3戦無敗で2歳女王の座に就いた。北村友騎手も笑顔でパートナーをたたえる。

 「強かったです。先行するスピードは十分あると思っていました。道中は手前を替えてばかりいてフワフワして半信半疑でしたが、直線では最後まで脚を使ってくれるかな、と」

 トップスタートから先手を奪うと、600メートルを33秒7のハイペースで通過。鞍上も速いと感じていたが、「リラックスさせて運ぶことだけ考えていました」。直線に向くと後続を一気に突き放し、5馬身差V。日本ダービーを制した歴史的女傑ウオッカのレコード(1分33秒1)を0秒4も更新した。

 殊勲の鞍上は今年の大阪杯アルアイン)で悲願のJRA・GI初制覇を果たしたばかりだが、秋華賞クロノジェネシス)に続き、あれよあれよという間に3勝目。「いい馬に乗せていただく機会が増え、期待に応えたいという思いで一生懸命やってきました。もっともっと勝ちたい」。貪欲に、さらなる飛躍を誓う。

 「これ以上は体が細くなるというギリギリまで仕上げました。夢のようで言葉にならない感じ。チャンスはあると思っていたけど、レコードとは…」。開業5年目のGI初制覇に、松下調教師も歓喜の笑みを浮かべる。

 今後は未定だが、来春には同じ舞台の桜花賞(4月12日)が自然と視界に入る。「来年に夢がつながる勝ち方」と指揮官が言えば、鞍上も「まだまだ粗削りですが、ポテンシャルを秘めています」。ウオッカ超えを果たした無敗のスピード女王が、来春まで突っ走る。 (千葉智春)

★入場&売り上げ

 阪神JFの売り上げは124億9249万7100円で、前年比106・8%とプラスだった。今回で今年の平地GIは21レースを終了し、売り上げ増は12レース目。入場者も3万1689人で、前年比116・5%と大幅に増えた。

レシステンシア 父ダイワメジャー、母マラコスタムブラダ、母の父リザードアイランド。鹿毛の牝2歳。栗東・松下武士厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績3戦3勝。獲得賞金1億270万8000円。重賞は2019年GIIIファンタジーSに次いで2勝目。阪神JF松下武士調教師、北村友一騎手ともに初勝利。馬名は「アルゼンチンにある州都の名。母の生産国より連想」。



★8日阪神11R「阪神JF」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪神JF】ノーザンF吉田副代表、JRA年間新GI17勝「うれしい」 12月9日(月) 05:07

 生産者のノーザンファーム・吉田俊介副代表は「あのラップで逃げて、最後は突き放してしまうんですから何と言っていいのか…。スピードの持続力が抜けているんでしょう」と驚きを隠さない。同ファームはこれで秋華賞クロノジェネシス)からJRA・GI実施機会8連勝。JRAの年間GI勝利数も昨年の16勝を上回る17勝の新記録を達成した。「なかなか挑戦できないことなのでうれしいです」と笑みを浮かべた。

 オーナーの(有)キャロットファームは、チャンピオンズCに続く2週連続のGI制覇。「出来すぎです」と、秋田博章代表は頬を緩めた。

 なお、現1歳の半弟グラティアス(父ハーツクライ)は美浦の加藤征弘厩舎に入厩予定となっている。



★8日阪神11R「阪神JF」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪神JF】リアアメリア、伸びみられず6着 12月9日(月) 05:06

 単勝1・8倍と1番人気に支持されたリアアメリアは6着。道中は後方3番手を追走。4コーナーから外に持ち出して、直線勝負にかけたが、上がり3ハロン35秒7と本来の伸びは見られなかった。「中間の調整過程も良かったですし、返し馬も抜群でしたが、レースでは終始進まず、競馬が終わってしまいました。その原因をこれから探したいです」と川田騎手。中内田調教師は「返し馬まではいい感じでしたが、レースでは馬が進んでいきませんでした。競馬をしていないので…。レース後も馬に異常はないので、これから敗因を考えます」と首をひねった。



★8日阪神11R「阪神JF」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【阪神JF】レースを終えて…関係者談話 12月9日(月) 05:06

 ◆藤岡佑騎手(クラヴァシュドール3着)「状態は申し分なかった。現状では力が及ばなかったが、操縦性を含めて素質は高いのでこの先逆転してくれれば」

 ◆ビュイック騎手(ウーマンズハート4着)「道中は勝ち馬を射程に入れながらでしたが、突き放された。現状は勝った馬が強かった。距離は延びても大丈夫です」

 ◆武豊騎手(ヤマカツマーメイド5着)「馬のデキも枠もよかったから、レースも思い通りに運べた。よく頑張っている」

 ◆鮫島駿騎手(カワキタアジン7着)「理想的な位置が取れて、ロスなく立ち回って力は出してくれた。来年が楽しみですね」

 ◆福永騎手(クリスティ8着)「理想的なレースはできたが、これからというところでいつもの反応がなかった。体が重かった感じ」

 ◆幸騎手(ジェラペッシュ9着)「最後は伸びきれなかった。初めての騎乗で敗因は分かりませんが、いい馬ですのでこれから良くなると思う」

 ◆岩田望騎手(ボンボヤージ10着)「積極的に前で運びました。馬もまだ経験が浅く、来年の成長に期待したいと思います」

 ◆松山騎手(オータムレッド11着)「ペースが速くて、少し忙しいような感じでした」

 ◆藤岡康騎手(ロータスランド12着)「楽に2番手を取れましたが、道中は少し(ハミを)かむところがあった。レコード決着の中で最後は苦しくなりました」

 ◆川須騎手(ヒメサマ13着)「パドックからイレ込みがきつくてゲートに入るまで続いていた。それがレースで出てしまいました」

 ◆和田騎手(スウィートメリナ14着)「ゲートは出たけれど左に張っていた。距離は少し長いのかもしれません」

 ◆岩田康騎手(エレナアヴァンティ15着)「大外枠で逃げにこだわらなくていいという指示。3コーナーまでは楽な感じでしたが…」

 ◆池添騎手(ルーチェデラヴィタ16着)「イレ込みがきつく、フケ(発情)がきていたみたいです」





★8日阪神11R「阪神JF」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,018ビュー

チャンピオンズカップは、無敗のクリソベリルが馬群を割って抜け出し、見事に古馬を一蹴した。”ポイントは展開”と先週の当コラムで書いたが、インティが内枠を引いたことによりスンナリ隊列が決まりスローペース。結果として力のある好位勢が順当に上位を占めた。

ダート競馬は基本的に先行有利。実際、ダートのチャンピオンと言われる馬の大半は先行馬で、だからこそ今回のように一線級が集い、かつペースが落ち着けば波乱の可能性は低くなる。

もっとも、この結果が東京大賞典にまで結びつくかは微妙なところ。勝ったクリソベリルは早々に回避が発表されたが、2着以下の馬たちの着順も次走で入れ替わる可能性は十分にある。その中でも4着チュウワウィザード、6着オメガパフュームの巻き返しには大いに注目したい。ともに今回は脚を余した印象が強く、大井のダート2000mの方が力を発揮できるだろう。


~2歳G1のポイントは人気=実力とならないこと

さて、今週末は阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF)。ココから年末まで、有馬記念を除く3つのJRA・G1はすべて2歳戦となるので、今回は2歳戦のポイントも含めて展望していきたい。

2歳G1というとキャリアの浅い馬たちの争いになるため、馬券的には敬遠されがちだ。よくわからないから…という理由で買わないという選択も確かにアリだが、少々それではもったいないと考えている。

というのも、キャリアが浅いからこそ、能力=人気とはならないケースが多々あるためだ。本来なら力のある馬でも何らかの事情により人気にならないことも多く、もしその馬の能力を見抜くことができれば、本来なら強い馬を人気薄で買えるという古馬戦ではなかなか見られないシチュエーションが訪れる。

例えばもう10年前になるが3冠牝馬のアパパネ阪神JFを制しているが、人気は2番目だった。では、当時の1番人気馬は? と問われて、即答できるファンはなかなかいないだろう。答えは、シンメイフジ。その後の成績を見れば明らかにアパパネの方が能力上位だったが、新潟2歳Sの派手なパフォーマンスが評価され、ファンの期待が大きかったのはシンメイフジの方だった。

こんな話を書くと、今年の上位人気勢はあまりアテにならないのかと思われそうだが、今週に関していえば無敗のリアアメリアウーマンズハートを筆頭に粒揃いの好メンバーが揃った印象が強く、波乱の可能性は低いように思う。そもそも、当レースは出走メンバーのレベルが高ければ波乱度は下がる。過去5年で見ても、6番人気以下で馬券に絡んだのは2015年のウインファビュラスただ一頭。近年は牝馬のレベルが上がっている上に外回りコースでの一戦だけに、伏兵馬が突如として走るケースは多くない。

ただ、リアアメリアウーマンズハートはほぼ互角。新馬戦の勝ちっぷりでいえばむしろウーマンズハートの方が上と言える内容で、リアアメリアの方が引き離して1番人気になるとすれば、この2頭の優劣は少なくとも人気ほどの差はないので、妙味はウーマンズハートということになる。

基本的には穴を探すレースではないとはいえ、人気薄の中で注目馬を挙げるならばロータスランドには可能性を感じる。初戦の内容からもレースセンスが高く、前走は1400mで敗れたがマイル向きの印象が強い。上手く先行できれば、一発があるかもしれない。

いずれにしても素質馬が多い今年の2歳牝馬戦線。今回のメンバーに加えて、出走して来なかったが素質的には互角以上のアヌラーダプラ、さらには1戦1勝のスカイグルーヴあたりが順調に成長して来春を迎えれば、クラシック戦線が楽しみになる。クラシックを見据える意味でも注目したい一戦だ。

阪神JFの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

12月4日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年12月04日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(179)
閲覧 1,912ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、師走ステークス・中日新聞杯・リゲルステークス・カペラステークス阪神JFの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年12月07日(土) 中山11R 師走ステークス
【“同年、かつJRA、かつ出走頭数が13頭以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [3-4-3-19](複勝率34.5%)
●なし [1-0-1-33](複勝率5.7%)
→年明け以降の戦績を素直に評価した方が良さそう。勝ち切れていない馬はもちろん、少頭数のレースしか勝っていない馬も過信禁物と見るべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
中山ダ1800m×アイルハヴアナザー×前走9着以内
→複勝率37.3%、複勝回収率155%


▼2019年12月07日(土) 中京11R 中日新聞杯
【“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [2-2-2-9](複勝率40.0%)
●なし [0-0-0-17](複勝率0.0%)
→現在の施行条件に戻った2017年以降は実績馬が優勢。特別登録を行った馬のうち“2019年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験があるのは、アイスバブルタニノフランケルマイネルサーパスラストドラフトランドネロードヴァンドールの6頭です。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

12月4日(水) 16:00 覆面ドクター・英
阪神JF・2019
閲覧 1,822ビュー

まずは先週の回顧から。チャンピオンズCは、やはりクリソベリル強かったですね。単勝が思った以上についたのはラッキーでした(2倍を切る断然1番人気になるかと思っていましたが、2番人気で4.4倍)。育成の進歩や早くから活躍する血統の導入が進み(資金を回収できないかもしれない晩成型血統は嫌われ)、古馬になってもう一段階強くなる一流馬も減りました。ダービー馬も古馬になってからは低迷とかもよくあり、早熟うんぬんでなく、早い時期から潜在能力のMAX近いところまでいかに持っていくか、いかに引き出すかの競争になってきたという印象で、もう「古馬の壁」という概念は古いのかもしれませんね。

今週は阪神JFに加えて香港G1が4つ行われ、「5G1デー」という競馬好きには、たまらない一日。ですが、一度にたくさんG1があると楽しいけど、資金はある程度限られていて5倍あるわけではないので、実は売り上げ観点からは日本のように毎週のようにバラけて行われるスタイルのほうが各レースの売り上げは上がるのかもしれません。

それでは恒例の全頭診断へ


<全頭診断>
1番人気想定 リアアメリア:新馬戦では、川田騎手が「わざと出遅れて後ろからの競馬を試した」との発言もあった中で完勝。前走アルテミスSでは、スローの流れもどうにか折り合って運び、ラストは鋭く伸びて2戦2勝とした。ディープインパクト産駒×ノーザンF生産×中内田厩舎×川田騎手と、毎年似たような馬を見ている気がするが(またマイラーなのかもしれないが)、この距離なら大丈夫だろう。

2番人気想定 ウーマンズハート:夏の新潟で新馬戦、新潟2歳Sと速い上がりで差し切り2戦2勝。まだやや幼さを見せながらの連勝で、ハーツクライ産駒だけに3か月半経ってさらに成長している可能性も。西浦調教師も、ラストイヤーに大物が出てきて嬉しいんじゃないでしょうか。それにしても、初期のダビスタでは騎手として名前のあった西浦師が、もう調教師定年間近ですか......時代の流れを感じますねぇ。

3番人気想定 クラヴァシュドール:新馬勝ちの次戦には牡馬相手のサウジアラビアRCで、1番人気で牡馬の世代最上位グループにいるサリオスにこそ敗れたものの、この馬も鋭く伸びてはいた。リアアメリアと同じ中内田厩舎で、こちらは、じわじわ力をつけていくハーツクライ産駒。中内田厩舎のワンツーもありえるだろう。

4番人気想定 レシステンシア:新馬戦、ファンタジーSと1400mで連勝してきた。ダイワメジャー×デインヒル系牝馬の血統構成通り、ハイペースを前で粘るのが得意なタイプで、瞬発力勝負となりやすいこのレースの適性はイマイチとみられる。将来的にはスプリンター路線か。胴が詰まっているタイプではなく、案外距離自体はこなすのかもしれないが。

5番人気想定 ヤマカツマーメイド:すでに5戦消化して前走ファンタジーSでは伸び負けての4着。ヤマカツエースなど走る馬を多数輩出する母だが、兄弟も早い時期から走りながらも強くなるのはゆっくりという晩成傾向でもあり、瞬発力勝負のこのレースへの適性は高くないのでは。

6番人気想定 クリスティ:アイビーSでは牡馬の世代上位グループにいるワーケアに負けたが、しっかりと伸びていた。マイルはやや忙しいかもしれないが、エンジンがかかるといい末脚を繰り出すタイプで通用しておかしくない。

7番人気想定 ヴィースバーデン:新馬勝ちの後の萩Sでは4着といまひとつ。418kgの小さい馬で調教も軽く、あまり上積みは無いのでは。

8番人気想定 マルターズディオサ:新馬戦は逃げるもここでも人気になるウーマンズハートに差されて3馬身半離されての2着に終わる。ただ、2戦目は追い込みで未勝利勝ち、3戦目の1勝クラスも差して連勝を飾っているように、キズナ産駒らしく末脚にいいものがあり、ここも通用。

9番人気想定 ロータスランド:父ロベルト系のマル外で血統だけ見るとダート寄りかと思われる馬。瞬発力勝負は向かないのでは。

10番人気以下想定
ルーチェデラヴィタ:6月の阪神で新馬勝ち、8月に札幌でオープンのコスモス賞勝ちと連勝したが、アルテミスSは輸送がよくなかったのか6着と伸びきれなかった。調教は動けており、巻き返しもあるのではないか。

メデタシメデタシ:新馬勝ち後の万両賞で5着に敗れ、連闘では使って来ないか。

オータムレッド:6月の函館で新馬勝ち、8月には札幌でオープンのクローバー賞勝ちと連勝で臨んだアルテミスSは6番人気で5着だった。輸送がダメだった可能性もあり、穴で狙えるか。

エレナアヴァンティ:6月に福島で新馬勝ち、8月に新潟でオープンのダリア賞勝ちと連勝したが新潟2歳Sで逃げて5着、ファンタジーSでは逃げて15着と惨敗で、スプリンターのようでマイルは向かず要らないだろう。

ボンボヤージ:2戦目で未勝利勝ちしただけだが、ファンタジストの下で道中16番手から鋭く差し切っての勝利。潜在能力はありそうで、出走が叶えば穴で狙いたい。

カワキタアジン:未勝利勝ちのみで1勝クラスでも前走5着と冴えず、ヘニーヒューズ産駒だけにダート転向がよさそう。

スウィートメリナ:3戦目でハナ差でようやく未勝利を勝っただけなので、ここでは要らない。

ヒメサマ:未勝利勝ちのみで1勝クラスの秋明菊賞11着惨敗と力が足りない。

ジェラペッシュ:サウジアラビアRCで4着、1勝クラスの赤松賞で3着と上位陣とはまだ差がありそう。

サノハニー:ダートの未勝利勝ちのみで初芝がG1というのはいくらなんでも無理では。


<まとめ>
有力:リアアメリアウーマンズハートクラヴァシュドール

ヒモに:クリスティマルターズディオサ

穴で:ルーチェデラヴィタオータムレッドボンボヤージ

[もっと見る]

12月3日(火) 18:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019阪神ジュベナイルフィリーズ
閲覧 1,293ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



12月8日(日) 阪神11R 第71回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1、2歳牝馬、芝1600m)


【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)

ウーマンズハート<B>(3ヶ月半)
新潟2歳Sからの休み明けで乗り込みは豊富。これまでは新馬戦の1週前追い切りがCWだった以外は坂路で乗られてきた馬だが、この中間は2週前、1週前と2週連続CWを併せ馬での追い切りと内容を変えてきた。終いの伸び脚は坂路での追い切りの時と比べると物足りない感じあり。
<1週前追い切り>
CW3頭併せの外。かなり行きたがる感じで直線も力みがある走りだったが、追われてからバネの効いた伸び脚。

リアアメリア<A>(中5週)
前走+20キロも太め感はなく成長分といった感じ。レースでも追い切りでも無理に押さえ込もうとすると頭を上げて嫌がるところを見せるが、今回は多頭数でペースも速くなりそう。ここ2戦のような展開にはならない可能性が高く、1週前追い切りさながらに気分よく追走できるのではないかと思う。
<1週前追い切り>
CW単走。今回は押さえ込むことはせず気分よく走らせながら折り合いをつける内容。力強さがあり、終いまでしっかり伸びて迫力のある走りに見えた。

レシステンシア<A>(中4週)
この中間は中4週で、1週前に一杯に追うことができた点は順調といって良い。これなら最終追い切りは馬なりで十分。
<1週前追い切り>
坂路単走。終いをビッシリと追われての伸び脚は、前2走と比べても一番良い。

エレナアヴァンティ<C>(中4週)
前走時はデビューからの3戦と違い、本数を乗られている割に終いの時計が優秀な追い切りがなかった。この中間は1週前に終い速い時計が出ていて、前走時よりは良さそう。
<1週前追い切り>
南W3頭併せの中。ほぼ馬なりで先着も走りに硬さあり。

オータムレッド <E>(中5週)
新馬、クローバー賞の時は強めに追われていたが前走、今回と強めに追われた追い切りがなく、前走-8キロでトモのあたりが寂しく映った。今回、関西への長距離輸送も控えていてこれ以上馬体重を減らしたくないのかもしれない。
<1週前追い切り>
南W3頭併せの中。左回りの追い切りに比べれば、まだ走りは良いが手応えもそれほどなく力強さに欠ける。

クラヴァシュドール<B>(中8週)
前走時と比べても間隔に余裕があり、2週前、1週前とCWを長めから併せ馬で追われて先着と余裕がある内容。
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。終い軽く押すとスッと伸びて先着。

ルーチェデラヴィタ<C>(中5週)
新馬戦時から坂路では一杯に追われれば好時計の出る馬。この中間は1週前に一杯に追われていながら、終いの時計は物足りない。
<1週前追い切り>
坂路単走。力みがある感じだが重心が低い走りで伸び脚も良く、時計は物足りないが前走時より動きは良い。

マルターズディオサ<D>(中9週)
これまでの3戦は坂路やPコースで終い好時計が出ていたが、この中間は乗り込み量の割に南Wでの時計は平凡で目立つ追い切りがない。
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。外2頭と比べると手応えで見劣る。

ヤマカツマーメイド<C>(中4週)
ここ2戦のパドックを見ると、馬体重の割に細く見えて馬体は減らしたくない感じ。これまで追い切りで遅れていることがあると負けているので、併せ馬では先着している時のほうが良い。
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。併せて先着も前脚が高く、地面をしっかり踏み込めていない走りで力強さがない。

ヴィースバーデン<E>(中5週)
小柄な馬で前2走は1週前にCWでの併せ馬だったが、この中間は坂路のみでの調整。これ以上馬体重を減らしたくないため、坂路で控えめに乗られているような感じ。
<1週前追い切り>
映像なし

カワキタアジン<B>(中2週)
2走前は緩い感じの馬体に見えたが、+16キロの前走時は乗り込まれていたので緩さは感じなかったが、まだ絞れる馬体という印象。今回、中2週で馬体が絞れてくるようなら、前2走より走れそう。
<1週前追い切り>
坂路で併せ馬。楽な手応えで持ったままグーンと伸びて、一度使われての上積みがありそう。

クリスティ<B>(中6週)
前走時は+18キロも太め感はなかったが、やや集中力を欠くようなところがあった。それでも2着に好走しており、1週前追い切りでは素軽く先着していて、叩き2戦目での上積みがありそう。
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。スッと反応できていて、追われてからも前に伸びる感じの走りで素軽さもあり。

サノハニー<E>(中3週)
未勝利勝ちの前走時は、多少良い時計が出ていたが、この中間は南Wで追い切られて先着こそ果たすも時計は平凡。輸送もあるので直前は強めに追えないことを考えると、1週前にこの時計では仕上がりに不安あり。
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。先着も走りに硬さがあり、伸び脚イマイチ。

ジェラペッシュ<D>(中2週)
前走時の追い切りでは併走相手の動きがかなり良かったこともあるが、この馬に関してはもうひと伸びほしい感じだった。新馬、未勝利とおとなしかったパドックでは、ここ2戦間隔が詰まっていることが影響しているのか、カリカリした面が出ている。今回、中2週で長距離輸送があることを考えると、さらにイレ込みがきつくなる可能性が高い。
<1週前追い切り>
映像なし

スウィートメリナ<D>(中3週)
新馬戦から調教では目立つ時計が出ていない馬だが、今回の1週前追い切りでは好時計が出ていて調子は良さそう。パドックでは、新馬戦、2戦目と落ち着いて歩けていたところから、前走時はチャカチャカした面が出てきていて、今回関西への輸送もありさらにうるさくなる可能性あり。
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。併せて先着も見た目で分かるくらい小柄で、非力な感じの走り。

ヒメサマ<E>(中2週)
小柄な馬で、前走時は休み明けで馬体が増えていたが緩い感じに見えた。今回、中2週で馬体は締まってくると思うが、そのぶん力強さを欠くことにはなりそう。
<1週前追い切り>
映像なし

ボンボヤージ <D>(中2週)
もともと坂路では時計の出る馬だが、この中間は終いの時計がかかっている点が物足りない。
<1週前追い切り>
坂路で併せ馬。軽量の見習い騎手が騎乗して勢いよく駆け上がってきたが、終い脚が上がって走りのバランスが崩れる。

メデタシメデタシ<D>(連闘)
先週の万両賞に出走し5着。調教では時計が出ていたが末脚不発に終わっている。切れる馬なので、直線の短いコースのほうがその武器が活きる感じ。
<1週前追い切り>
坂路で併せ馬。終い先着も併走相手の手応えを見ると何とか先着といった感じで、動きは重い印象。

ロータスランド<B>(中7週)
角居厩舎の馬だが坂路中心に乗られてきた馬。この中間は1週前にCWで併せ馬、日曜日に坂路で好時計と、この厩舎流の調整内容できていて順調そう。最終追い切りもCWで併せ馬なら、期待が持てるかもしれない。
<1週前追い切り>
CW3頭併せの中。ゆったり入って直線で追われると、反応良く一気に突き放す。



◇今回は阪神ジュベナイルフィリーズ編でした。
先月インフルエンザの予防接種を受けたのですが、そこから体調を崩してしまい熱が下がらない日が2週間ほど続きました。点滴を打ってもらったり、血液検査やMRI、エコー、尿検査などなどいろいろ検査して、結局は異常なしとのことでひと安心。どうやら、私の場合は疲れが溜まっていたところにインフルエンザのワクチンが入ってきて、体の中で大暴れしてしまった、という感じだったようです。体調を崩しやすい季節ですので、皆様も健康には気をつけて下さいね。
さて、早いもので12月となりました。今年も「ウマニティ杯くりーく賞(第4回)」「河内一秀記念(第2回)」の2レースを開催することとなりましたのでここでお知らせをさせて頂きます。今年は【12月30日(月)】に、笠松競馬場(当日のメインレースは、2歳牝馬重賞ライデンリーダー記念)で行いますので、お楽しみに。昨年同様に、予想コンテストなど何か賞品付きの企画もできたらと考えています(詳細は今後のこのコラムで発表していきますのでご期待下さい)。

それでは次回、朝日杯フューチュリティステークス編でお会いしましょう。


阪神JF出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

12月3日(火) 14:00 【ウマニティ】
【U指数的分析】阪神ジュベナイルフィリーズ2019
閲覧 1,554ビュー

【阪神ジュベナイルフィリーズ2019】2012年以降の傾向

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは阪神ジュベナイルフィリーズです。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ
●U指数に関する書籍が発売されました! ⇒詳細はこちら


<ポイント①>
・指数88以上が信頼でき、【4.0.2.7】で勝率30.1%、複勝率46.2%、単勝回収率215.4%、複勝回収率99.2%と優秀。人気を裏切った指数88未満の代表例は以下の通り。

2012年 指数85.4 コレクターアイテム 1番人気4着
2012年 指数84.1 サンブルエミューズ 2番人気8着
2013年 指数85.6 レーヴデトワール  3番人気9着
2014年 指数83.5 コートシャルマン  3番人気10着
2015年 指数82.9 デンコウアンジュ  2番人気7着
2018年 指数83.2 シェーングランツ  3番人気4着

<ポイント②>
・高指数の馬が活躍している一方、上位独占というケースはない。連勝馬券は上位人気からヒモ荒れを狙うのが得策。指数1~3位を1列目、指数4位以下を2列目に配置したフォーメーションを購入した際の馬連回収率は139.2%、馬単回収率は232.1%。

<ポイント③>
・指数83.5以下の好走はほとんど見られない。例外は新馬戦を1番人気で勝利した1戦1勝馬(12年3着のレッドセシリア等)。この手のタイプは指数こそ低いものの、未知の可能性にあふれているので、切るのは賢明ではない。これを除くと【0.0.1.49】となる。基本的に低指数馬は不要と考えていい。



阪神JFの予想U指数はこちら⇒(阪神ジュベナイルフィリーズ重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

12月2日(月) 10:24 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】阪神ジュベナイルF2019・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 557ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第71回 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 178ビュー

【朝日杯フューチュリティ】阪神芝1600m

『阪神』での施行に替わって6年目☆///
中山マイルの枠番による不利(外枠不利)を解消する為のものです。
先週の2歳牝馬「阪神JF」と同じ条件。
下記の≪消去法≫≪好走条件≫の絞り込みで近5年とも
☆3つ以上の中から阪神JF・朝日杯FSどちらも必ず連対馬が出てます。
プラス朝日杯には絞り込みと能力判別で『絶対条件』と呼べる条件がある。
阪神外回りに適した先週の≪消去法≫でまずは絞り込み♪

≪消去法≫
(その1)芝での連対率50%以上(ダートを外して考える)

(その2)前走-0.6秒以上離されて負けた馬または2ケタ着順

(その3)新馬戦、未勝利組は前走1600m以上かつ上がり1位が必要

(その4)過去10年で全頭が1600m以上で2着馬に着差〔-0.1〕以上をつけた経験があった。
 勝った距離が1400m以下の場合はスーパーホーネット以外〔-0.2秒〕以上の差があった!

(その5)前走または前々走どちらかで“上がり3F”3位以内は不可欠

(その6)前走が新馬・未勝利戦勝ちの3着以内は2001年以降1頭(警戒は①人気1着のみでOK)

【朝日杯条件】
(その7)新馬戦で3番人気以内か上り3位以内《新馬の時から素質があった》(3着以内馬全馬)

≪好走条件≫
☆近2走以内に『1着かつ上がり最速』の馬が毎年1頭は絡む
○サリオス○タイセイビジョン○ラウダシオン○レッドベルジュール

☆1800m以上距離の連対経験
○ウイングレイテスト○ジュンライトボルト○レッドベルジュール

☆近2走ともに上がり1.2位の馬
○サリオス○ジュンライトボルト○タイセイビジョン○ラウダシオン○レッドベルジュール

☆2走前が「①人気1着」
○ウイングレイテスト○エグレムニ

≪騎手≫
☆3戦以上で同一騎手が乗った
○ウイングレイテスト○トリプルエース○ビアンフェ○ペールエール
☆単勝1ケタ人気馬の外国人ジョッキー騎乗【7-5-4-12】
○サリオス○レッドベルジュール

≪≪有力候補≫≫
【☆5つ】
なし
【☆4つ】
☆レッドベルジュール
【☆3つ】
☆サリオス ☆ウイングレイテスト
【☆2つ】
☆タイセイビジョン ☆ペールエール ☆ラウダシオン ☆ジュンライトボルト

【見解】
今年は阪神JF同様、朝日杯FSも☆5つ以上はナシ
昨年は☆5つ、アドマイヤマーズの勝利でした。
先週の阪神JFでレシステンシアに該当したデータ【5-2-1-3】(阪神JFでのデータ)
・キャリア3戦以内
・前走重賞連対
・ノーザンF生産馬
に当てはまる馬は
☆サリオス ☆タイセイビジョン ☆レッドベルジュールの3頭
どれも人気通りですね、ですが阪神JFほどは社台グループだけで決まる確率は低いレース。
上記の3頭のうち何頭絡むか?

12月8日() 17:21 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2019.12.08[結果]
閲覧 106ビュー

中山 9R チバテレ杯  3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎12 フィードバック…1着
○ 2 データヴァリュー …13着
▲ 6 カナシバリ…2着
△10 スピアザゴールド…3着
× 8 ブリッツェンシチー …5着
[結果:アタリ○ 馬連 6-12 1,290円]

中山10R 常総ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 7 サトノエルドール…3着
○ 9 ハナズレジェンド…7着
▲ 4 コスモカレンドゥラ…6着
[結果:ハズレ△]

中山11R カペラステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 4 ゴールドクイーン…5着
○ 7 コパノキッキング…1着
▲15 ヒロシゲゴールド…6着
△12 テーオージーニアス…2着
× 1 ドリュウ…8着
[結果:ハズレ△]

阪神 6R 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 グラナリー …5着
○ 3 カーフライターク…8着
▲ 5 ☆サダムスキャット …1着
[結果:アタリ△ 複勝 5 170円]

阪神 9R オリオンステークス 3歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎10 トーセンカンビーナ…5着
○ 1 バイマイサイド…4着
▲ 5 イペルラーニオ…10着
△11 ルナステラ…7着
[結果:ハズレ△]

阪神10R 堺ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 7 エオリア…2着
○ 8 グアン…8着
▲12 ビルジキール…1着
△ 6 シロニイ…5着
[結果:アタリ○ 馬連 7-12 3,040円]

阪神11R 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ 2歳オープン(国際)牝(指定)
◎15 リアアメリア…6着
○ 7 ロータスランド…12着
▲10 クラヴァシュドール…3着
× 6 ☆クリスティ…8着
× 4 ☆レシステンシア…1着
[結果:アタリ△ 複勝 4 310円]

阪神12R 妙見山特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎16 ジャスティン…1着
○13 サンライズカラマ…8着
▲ 4 ヒルノサルバドール…2着
△12 アッティーヴォ…9着
× 1 クインズマラクータ…7着
☆ 5 キクノウェスター …16着
[結果:アタリ○ 馬連 4-16 1,410円]

中京11R 飛騨ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 メモリーコロネット…7着
○11 アンリミット…4着
▲ 3 ジョーアラビカ…3着
△ 1 ミュージアムヒル…10着
× 7 アクアミラビリス…2着
[結果:ハズレ△]

中京12R 栄特別 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 2 ノストラダムス…7着
○12 ミスマリア…2着
▲14 マイネルウィルトス…3着
△16 サンレイポケット…1着
×13 ヤップヤップヤップ…9着
[結果:ハズレ△]

今日は、拘置所に行ってきます。
帰って来たら、気合を入れずに競馬します。

[今日の結果:10戦3勝5敗2分]
プラスにはならなかったけど、なんとか、かんとかの結果でした。

[もっと見る]

12月8日() 16:41 ジュン☆彡さん
今日(12/8)のよそコロ勝負レース設定は3場(中山、中京、阪神)...
閲覧 56ビュー

       払戻金
[勝負]中山11R
カペラS G3 0円

[勝負]中京11R
飛騨S     0円

[勝負]阪神11R
阪神JF G1 0円

💬各メインレースは情けない結果に・・・😖

中山12R
3歳上2勝ク  110,100円
(回収率1101%✌)

中京12R
栄特別    25,100円
(回収率251%✌)

阪神12R
妙見山特別  30,700円
(回収率307%✌)

💬中山12Rなんかプロ予想家並~😁
 (自画自賛~🙇)
   

[もっと見る]

12月8日() 16:00 タッさん
阪神ジュベナイルF の結果
閲覧 106ビュー

皆さんこんにちは。m(__)m

またまた予想通りの結果。ちーん😓(笑)

リア買い✂️4番で敗北。

ウマニティイ予想は当たり🎯ましたが…………

どうも競馬眼力がない😭


△4←1着

×9←2着

◯10←3着

▲3←4着

1無印←5着

◎15←6着

でも何故かな⁉️久しぶりにウマニティイプラス収支\(^^)/(笑)

リア買い散々惨敗。ちーん😓(笑)

[もっと見る]

12月8日() 16:00 ブルースワンさん
強い 速い (〇o〇;)(〇o〇;) G1とG3
閲覧 98ビュー

カペラSの

コパノキッキング

阪神JFの

レシステンシア

どっちも完勝

何の心配もなかったね😊

反対に

ゴールドクイーン

リアアメリア

どうした??

ゴールドクイーンはスタート

リアアメリアは大外枠・多頭数

が原因??

それよりも藤田騎手は謙虚だね

G1に隠れた所で勝つあたりいいね😊

[もっと見る]

12月8日() 11:55 ユウキ先生さん
☆阪神JFパート4(結論)☆
閲覧 378ビュー

阪神JF予想します!!

やはりリアアメリアとウーマンズハートを◎○でいきたいと思います(^^♪

どちらも重賞勝ち馬ですし能力も相当高いと思います!

当初の予定通りに3着に二桁人気が飛び込んで波乱を期待します♪♪

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 菜七子やった! JRAただ一人の女性ジョッキー、藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎所属=が8日、中山のカペラステークスでコパノキッキングに騎乗して勝ち、JRAの重賞初制覇を果たした。女性騎手として史上初のJRA平地重賞勝利の快挙を達成しただけでなく、節目の通算100勝にもあと1勝と肉薄。菜七子がジョッキーの歴史を塗り替えていく。

 寒風が吹く中山競馬場が温かい拍手と歓声に包まれた。「ナナコおめでとう!」の声に迎えられ、藤田菜七子騎手が最愛の相棒コパノキッキングと恥ずかしそうに引き揚げてくる。デビューから3年9カ月。ついに念願の中央競馬の重賞を手に入れた。JRAの女性騎手として初の快挙だ。

 「キッキングありがとう、という気持ちです。乗せ続けてくれた関係者の皆さんに感謝しています」

 今年のフェブラリーSからコンビを組んで6戦目。勝てないレースもあったが、感激のJRA重賞Vに自然と愛馬へ感謝の言葉が出た。

 通算99勝目となったレースは完璧な内容だった。スタートを決めたが、他の速い馬を前に行かせて4番手の外めで進める。他馬より重い58キロを背負っていたが、直線は粘り込む先行馬を楽々と捕らえ、後続を2馬身半も突き放してフィニッシュした。

 「行ければ逃げ馬の2番手、と思っていましたけど、周りも速くて、それらの馬の後ろに。行けなかったときのことも考えていましたし、スムーズに外に出せて、結果的に馬が強かった。きょうはキッキングに勝たせてもらいました」。改めてパートナーの能力を示せたことにホッとした表情を見せた。

 キッキングを管理する村山調教師も「馬とジョッキーが一緒に力をつけてくれています。追い出すタイミングもばっちり。理想どおりに完璧に乗ってくれましたね」と賛辞を惜しまない。

 勝てなくて思い悩んだこともあった。8月のクラスターCで3着に敗れたときだ。「どうしたら勝てるか」。自分なりに考え抜き、東京盃の逃げ切りにつなげた。

 ところが、前走のGI・JBCスプリントではゴール寸前に差されて2着。「勝てたのかもしれない、と考えると悔しかった」。負けん気の強さが顔をのぞかせた。その悔しさも、今回の勝利で吹き飛んだ。

 今後については「まだ白紙。時間もあるのでオーナーと相談して決めたい」と村山師は話すが、菜七子とコパノキッキングの名コンビは、さらに注目されることになる。「素晴らしい馬に乗せていただいて、私自身も少しずつ成長させてもらっています。これからもキッキングを応援してあげてください」と菜七子。この人馬のコンビ愛は、来年もファンに感動を与えてくれるはずだ。(柴田章利)

★8日中山11R「カペラS」の着順&払戻金はこちら

 ◆師匠の根本康広調教師 「簡単に勝つね(笑)。馬が菜七子を信頼しているし、菜七子も馬を信頼している。コパさんが負けても乗せてくれて太っ腹ですよ。負けたら乗り替わりだったら、不安になって思い切った乗り方もできなかっただろうからね。8月に亡くなった自分の妻が『騎手は大変だよ』と、ずっと菜七子にハッパをかけてくれていた。きっと喜んでいるでしょう」

★100勝王手

 菜七子は8日現在、JRAで89勝し、地方競馬での指定レースの10勝を合わせると99勝。節目の100勝は今週末達成という可能性は十分ある。さらに101勝に達すると見習い騎手卒業となり、一般レースでの負担重量の減量が3キロから2キロと女性限定の“特典”のみとなる。

★ふじた・ななこアラカルト

 ◆プロフィル 1997(平成9)年8月9日生まれ、22歳。身長157センチ、体重45キロ。血液型A。茨城県出身。競馬学校騎手課程32期生として2016年3月、JRAでは16年ぶりの女性騎手として美浦・根本康広厩舎所属でデビュー。同月24日の浦和競馬で初勝利を挙げ、4月10日の福島9RでJRA初勝利をマーク。

 ◆世界一 今年6月末にスウェーデンで開催された『ウィメンズジョッキーズワールドカップ』(全5戦)で海外初勝利を含む2勝を挙げて優勝。世界一に輝いた。

 ◆JRA女性騎手記録 デビューした3月のスプリングSモウカッテル9着)で最短重賞騎乗記録を作る。17年には14勝を挙げ、牧原由貴子騎手の11勝を抜く年間最多勝。18年8月25日に通算最多勝記録を塗り替える35勝目。19年はフェブラリーS(コパノキッキング5着)でGI初騎乗。同年10月の東京盃(コパノキッキング)で交流重賞初勝利を挙げた。

 ◆空手の有段者 空手は初段。剣道も二段の腕前。趣味は音楽鑑賞、読書、睡眠で、座右の銘は『日進月歩』。

コパノキッキング 父スプリングアットラスト、母セラドン、母の父ゴールドヘイロー。黒鹿毛のセン4歳。栗東・村山明厩舎所属。米国産。馬主は小林祥晃氏。戦績は15戦9勝(うち地方4戦1勝)。獲得賞金2億6460万9000円(うち地方6867万円)。重賞は2018年のGIIIカペラS、19年のGIII根岸S、交流GII東京盃に次いで4勝目。カペラSは村山明調教師が14年ダノンレジェンド、18年コパノキッキングに次いで3勝目、藤田菜七子騎手は初勝利。馬名は「冠名+キックする」。

【カペラS】Dr.コパ、菜七子は「完璧な騎乗」 12月9日(月) 05:10

 菜七子に重賞を勝たせたい-。その一心で騎乗を依頼し続けた馬主のDr.コパこと小林祥晃氏(72)は、「きょうは僕と(村山)調教師の運気が最高。菜七子は普通だったから、普通に乗ってくれば勝てると思っていた」。風水研究家らしい表現で勝利を喜んだ。

 「彼女は本当にうまくなった。1年間ずっとキッキングを託し、2つの重賞を勝ってくれた。きょうは完璧な騎乗です」

 今後は未定だが、今年5着のフェブラリーSは慎重な姿勢。目標となるダート短距離戦がないので、ドバイゴールデンシャヒーン(3月28日、UAEメイダン、GI、ダ1200メートル)などへの出走もありそうだ。



★8日中山11R「カペラS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【カペラS】レースを終えて…関係者談話 12月9日(月) 05:09

 ◆丸山騎手(テーオージーニアス2着)「ペースが速くて追走はきつかったが、直線で外に持ち出してからの伸び脚はよかった」

 ◆三浦騎手(シュウジ3着)「行く馬が多かったので控える競馬をした。しまいもしっかりと脚を使っているし、中山のダートも合っていますね」

 ◆内田騎手(レッドアネラ4着)「スタートが速かったので下げずに2番手から。重賞でもやれる馬」

 ◆古川騎手(ゴールドクイーン5着)「いつもより行きっぷりが良くなかった。この時計(1分9秒3)で走れない馬じゃないからね。少し気難しい面が出ちゃったのかな」



★8日中山11R「カペラS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【カペラS】菜七子やった!コパノキッキングの鞍上でJRA重賞初V 12月8日() 16:07

 12月8日の中山11Rで行われた第12回カペラステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1200メートル、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、藤田菜七子騎手騎乗の2番人気コパノキッキング(セン4歳、栗東・村山明厩舎)が好位4番手から直線に向くと持ち前の末脚を発揮して完勝。昨年に続く連覇を果たすとともに、コンビを組んだ藤田菜七子は女性騎手として史上初となるJRA重賞初制覇を成し遂げた。タイムは1分09秒3(良)。

 2馬身半差の2着にはテーオージーニアス(5番人気)、さらにハナ差遅れた3着にシュウジ(7番人気)が続き、逃げた1番人気のゴールドクイーンは5着に敗れた。

 カペラSを勝ったコパノキッキングは、父スプリングアットラスト、母セラドン、母の父ゴールドヘイローという血統。米国・レイリー・マクドナルド氏の生産馬で、馬主は小林祥晃氏。通算成績は15戦9勝。重賞は2018年カペラS・GIII、19年根岸S・GIII、東京盃・GIIIに次いで4勝目。

 ◆藤田菜七子騎手(1着 コパノキッキング)「行ければ(逃げ馬の)番手の競馬を、と思っていましたしそれなりに出して行けました。(コパノキッキングが)一番強いと思って乗っていましたし、一歩一歩伸びてくれました。この一年乗せてくれて悔しい思いもしたこともありますが、コパノキッキングにはありがとうと言いたいですし、勝つことができてとてもうれしいです。少しずつではありますが、(自分も)成長している感じがしますので、これからも応援してくれるとうれしいです」



★8日中山11R「カペラS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【カペラステークス】入線速報(中山競馬場) 12月8日() 15:23

中山11R・カペラステークス(5回中山4日目 中山競馬場  ダート・右1200m サラ系3歳以上オープン)は、1番手7番コパノキッキング(単勝3.4倍/2番人気)、2番手12番テーオージーニアス(単勝5.5倍/3番人気)、3番手14番シュウジ(単勝30.6倍/7番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連7-12(9.0倍) 馬単7-12(15.5倍) 3連複7-12-14(66.4倍) 3連単7-12-14(240.8倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019120806050411
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】カペラS2019 JRA唯一のダート6ハロン重賞!ヒキが強いのは誰!? 12月8日() 10:00


※当欄ではカペラSについて、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。



【杉本清】
◎⑫テーオージーニアス

【佐藤哲三(元JRA騎手)】
◎④ゴールドクイーン

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑦コパノキッキング

【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎④ゴールドクイーン

【天童なこ】
◎⑮ヒロシゲゴールド

【目黒貴子】
◎④ゴールドクイーン



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,912ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、師走ステークス・中日新聞杯・リゲルステークス・カペラステークス阪神JFの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年12月07日(土) 中山11R 師走ステークス
【“同年、かつJRA、かつ出走頭数が13頭以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [3-4-3-19](複勝率34.5%)
●なし [1-0-1-33](複勝率5.7%)
→年明け以降の戦績を素直に評価した方が良さそう。勝ち切れていない馬はもちろん、少頭数のレースしか勝っていない馬も過信禁物と見るべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
中山ダ1800m×アイルハヴアナザー×前走9着以内
→複勝率37.3%、複勝回収率155%


▼2019年12月07日(土) 中京11R 中日新聞杯
【“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [2-2-2-9](複勝率40.0%)
●なし [0-0-0-17](複勝率0.0%)
→現在の施行条件に戻った2017年以降は実績馬が優勢。特別登録を行った馬のうち“2019年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験があるのは、アイスバブルタニノフランケルマイネルサーパスラストドラフトランドネロードヴァンドールの6頭です。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 161ビュー

昨日、全国の競馬場やウインズ・エクセルで開門時、一斉に2020年JRAカレンダーが配布されました。
恒例行事なので、私も地元中山でGetしました。(写真)

2020年度のJRAカレンダーは12頭の名馬が美しく共演していますが、これも主催者の「公正競馬の確保」っていうヤツなのだと痛感しました。この内容を見て、「やっぱりなぁ~」と思いました。

~先週日記で取り上げた馬~
第55回 中日新聞杯 GⅢ サトノソルタス 5着
第12回 カペラステークス GⅢ コパノキッキング 1着
第71回 阪神競馬場開設70周年記念 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ 
クラヴァシュドール 3着 ウーマンズハート 4着

阪神JF は第71回、71年前の1948年、国民の祝日に関する法律 いわゆる 祝日法が公布、施行年でした。

祝日といえば、今年の体育の日は10月14日(10月の第2月曜日)でした。
内閣府(今とても話題の)のHPを見ると、制定時は1964年の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日だったのが、ハッピーマンデー制度で今に至ります。
しかし、2020年より「スポーツの日」に名称変更され、同年のみ東京オリンピックの開会式当日に当たる
7月24日に変更されると公表されています。体育の日の名称は「今年で最後」ということでした。

思い出せば、今年の10/14(祝)は、3日間開催が予定されていましたが、台風19号直撃で東京競馬は12・13日が中止され、12日分は15日に、13日は21日に代替順延されました。
政府はこの台風の被害に対し、激甚災害、特定非常災害の適用を行い、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)を超えて過去最大の適用をしました。こんな時に?と感じながら、主催者は10/14(祝)に何が何でも競馬を開催させたかったように思います。

今年は平成と令和の狭間の改元な特別な年です。2年も前から準備されて、改元を向かえています。
国のやっていることなので、それは競馬も同様であると思います。

■中日新聞杯 1着馬 サトノガーネット → 10/14(祝)府中牝馬S  1着同枠馬スカーレットカラー 
(民間の騎手想定と枠順確定の騎手が異なっていました。)
(偶然なのか、サトノガーネット騎乗の坂井瑠星騎手の父、英光氏の引退式が今週12/2大井で行われた。)

■阪神JF 1着馬 レシステンシア → 10/14(祝)メイクデビュー新馬 1着馬。(出走馬中、唯一でした)
わざわざ「阪神競馬場開設70周年記念」の副題をつけていました。

最後に
■カペラステークス で、コパノキッキングが1着になり、このレースを連覇しました。
鞍上藤田菜七子騎手は、JRA重賞初勝利となりましたが、日本人女性騎手の中央重賞制覇は初めてのことで、歴史的な日になりましたが、この馬も2018年10月14日 京都12R藤森ステークスで1着となって、オープン馬となっていました。

競馬は、農林水産省の行っている国家事業です。
公正確保と言っていますから、主催者発表の情報を収集するわけですが、
まだまだ「木を見て森を見ず」のようです。
森は想像よりも深いようです。

さて、冒頭で「やっぱりなぁ~と思った」と書きました。
体育の日が、祝日のきっかけは、1964年東京五輪です。JRAカレンダーのテーマや意味もこれです。
興味のある方は、「1964年の競馬」を調べてみてください。


では

12月8日() 19:13 ユウキ先生さん
☆菜七子騎手悲願のⅤ♪香港では近藤オーナー追悼のV☆
閲覧 66ビュー

今日の競馬は日本で!香港で!嬉しい出来事がありましたね(^^♪

まずはカペラSでコパノキッキング騎乗の藤田菜七子騎手がJRA初の重賞勝利(*^-^*)

スタートと共に逃げ戦法を打って出ましたが先に行く馬が何頭かいて好位に控える形となりました!

最後の直線で逃げた馬達が沈んでいく中、好騎乗で見事差しきりました♪

本当におめでとうございます(^_-)-☆次はやはり最高峰のG1の舞台での勝利を楽しみにしています☆

香港国際競走では4レース中なんと3頭も日本馬が勝利しました☆

香港ヴァーズでのグローリーヴェイズ!!香港カップでのウインブライト!!

そして何と言っても香港マイルでのアドマイヤマーズの勝利には感動がありました(^^♪

同じく出走したインディチャンプやノームコアより人気がなく相手も香港を代表するビューティージェネレーションがいる中でのV☆

先日亡くなった近藤オーナーへ捧げる追悼の勝利でした☆

何かの記事で近藤オーナーは海外の競馬の中でも香港が特に好きだったとありました!

日本でも香港でも競馬ファンに感動を与えてくれた週でした(*^^*)

来週も楽しい競馬が開催されますように~~~♪

[もっと見る]

12月8日() 18:47 かじやまてつやさん
カペラステークスを観戦しました。
閲覧 41ビュー

藤田菜七子騎手のJRA重賞初制覇の可能性が高いと思い、
中山競馬場に行きました。

期待通り勝利してくれて、早朝から出かけた甲斐がありました。

[もっと見る]

12月8日() 17:34 ちびざるさん
【GⅢ】カペラステークスの結果
閲覧 48ビュー

1着:⑦コパノキッキング
2着:⑫テーオージーニアス
3着:⑭シュウジ


私の◎にした⑦コパノキッキングは1着でした。
2着の⑫テーオージーニアスは▲
3着の⑭シュウジは無印

でした。

買い目は
馬連フォーメーション
⑦④→⑬①③⑩


でしたので、予想は、的中しました。(´▽`) ホッ


 まずはに⑦コパノキッキングに関して。
スタートはまずまず。前には行かず好意に控える形。
前を行く馬を見る形で直線へ。
直線で追い出されると前を捕らえ、突き放しました。
ここは完勝でしたね。
斤量58キロも関係なかったですね。
スタートして好位に控えた藤田菜七子騎手の判断も良かったですね。
この競馬を見るとやっぱり強いですね。


2着の⑫テーオージーニアスについて。
スタートして道中は後方からの競馬。
直線の最後の最後で凄い脚を使いましたね。
キッチリ2着を確保しました。
展開にも恵まれた感はありますが、直線に賭ける競馬が良かったですね。
力は付けていると思います。
次走も注目したいですね。


的中された方々、本当におめでとうございます。

[もっと見る]

12月8日() 17:21 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2019.12.08[結果]
閲覧 106ビュー

中山 9R チバテレ杯  3歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎12 フィードバック…1着
○ 2 データヴァリュー …13着
▲ 6 カナシバリ…2着
△10 スピアザゴールド…3着
× 8 ブリッツェンシチー …5着
[結果:アタリ○ 馬連 6-12 1,290円]

中山10R 常総ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 7 サトノエルドール…3着
○ 9 ハナズレジェンド…7着
▲ 4 コスモカレンドゥラ…6着
[結果:ハズレ△]

中山11R カペラステークス GⅢ 3歳以上オープン(国際)(指定)
◎ 4 ゴールドクイーン…5着
○ 7 コパノキッキング…1着
▲15 ヒロシゲゴールド…6着
△12 テーオージーニアス…2着
× 1 ドリュウ…8着
[結果:ハズレ△]

阪神 6R 2歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 グラナリー …5着
○ 3 カーフライターク…8着
▲ 5 ☆サダムスキャット …1着
[結果:アタリ△ 複勝 5 170円]

阪神 9R オリオンステークス 3歳以上3勝クラス(混合)[指定]
◎10 トーセンカンビーナ…5着
○ 1 バイマイサイド…4着
▲ 5 イペルラーニオ…10着
△11 ルナステラ…7着
[結果:ハズレ△]

阪神10R 堺ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 7 エオリア…2着
○ 8 グアン…8着
▲12 ビルジキール…1着
△ 6 シロニイ…5着
[結果:アタリ○ 馬連 7-12 3,040円]

阪神11R 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ 2歳オープン(国際)牝(指定)
◎15 リアアメリア…6着
○ 7 ロータスランド…12着
▲10 クラヴァシュドール…3着
× 6 ☆クリスティ…8着
× 4 ☆レシステンシア…1着
[結果:アタリ△ 複勝 4 310円]

阪神12R 妙見山特別 3歳以上2勝クラス(混合)(特指)
◎16 ジャスティン…1着
○13 サンライズカラマ…8着
▲ 4 ヒルノサルバドール…2着
△12 アッティーヴォ…9着
× 1 クインズマラクータ…7着
☆ 5 キクノウェスター …16着
[結果:アタリ○ 馬連 4-16 1,410円]

中京11R 飛騨ステークス 3歳以上3勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 メモリーコロネット…7着
○11 アンリミット…4着
▲ 3 ジョーアラビカ…3着
△ 1 ミュージアムヒル…10着
× 7 アクアミラビリス…2着
[結果:ハズレ△]

中京12R 栄特別 3歳以上1勝クラス(混合)[指定]
◎ 2 ノストラダムス…7着
○12 ミスマリア…2着
▲14 マイネルウィルトス…3着
△16 サンレイポケット…1着
×13 ヤップヤップヤップ…9着
[結果:ハズレ△]

今日は、拘置所に行ってきます。
帰って来たら、気合を入れずに競馬します。

[今日の結果:10戦3勝5敗2分]
プラスにはならなかったけど、なんとか、かんとかの結果でした。

[もっと見る]

12月8日() 16:41 ジュン☆彡さん
今日(12/8)のよそコロ勝負レース設定は3場(中山、中京、阪神)...
閲覧 56ビュー

       払戻金
[勝負]中山11R
カペラS G3 0円

[勝負]中京11R
飛騨S     0円

[勝負]阪神11R
阪神JF G1 0円

💬各メインレースは情けない結果に・・・😖

中山12R
3歳上2勝ク  110,100円
(回収率1101%✌)

中京12R
栄特別    25,100円
(回収率251%✌)

阪神12R
妙見山特別  30,700円
(回収率307%✌)

💬中山12Rなんかプロ予想家並~😁
 (自画自賛~🙇)
   

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 中日新聞杯(GIII、芝2000メートル)が7日、中京競馬場で16頭によって争われ、坂井騎乗の8番人気サトノガーネットが、直線一気の競馬で重賞初勝利を決めた。2着は3番人気のラストドラフトで、1番人気のアイスバブルは9着だった。

★レースを終えて…関係者談話

 ◆坂井騎手(サトノガーネット1着)「昨年の春に未勝利を勝たせてもらったときから重賞でも通用すると思っていました。もう少し前でレースをしたいと思っていましたが、進んでいかなかったのであの位置(14番手)からに。外へ出すといい脚を使ってくれました。まだまだ上(のクラス)でもやれると思います」

 ◆マーフィー騎手(ラストドラフト2着)「調教でも乗っていたし、すごくいい馬ですね。勝ったと思ったのですが、最後でフワッとしてしまったのが残念」

 ◆吉田隼騎手(アイスストーム3着)「直線はよく伸びているが、最後は勝ち馬にマークされていたぶんでしょうか」

 ◆吉田豊騎手(ショウナンバッハ4着)「人気馬の後ろで運んでいたのですが…。もう少し早めに追い出していればよかったですね」

 ◆秋山騎手(サトノソルタス5着)「ラストで前がゴチャついてしまいました。残念です」

 ◆藤岡康騎手(ランドネ6着)「いいスタートを切れたので、そのままハナへ行って、この馬のペースで運ぶことができました」

 ◆スミヨン騎手(アイスバブル9着)「好位で運んでほしいという指示だったので、一瞬の脚を生かそうとしたが、その場面がなかった」

 ◆太宰騎手(ロードヴァンドール13着)「行けたらハナへ行こうと思っていたのですが、つまずいてスムーズに行き脚がつきませんでした」

サトノガーネット 父ディープインパクト、母ビートリックスキッド、母の父ヴィクトリーノート。黒鹿毛の牝4歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬。馬主は(株)サトミホースカンパニー。戦績は16戦5勝。獲得賞金1億92万5000円。重賞は初勝利。中日新聞杯矢作芳人調教師、坂井瑠星騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+宝石の一種」

【中日新聞杯】良血ラストドラフトはアタマ差の2着 マーフィー「最後でフワッとしてしまった」 12月7日() 18:34

 12月7日の中京11Rで行われた第55回中日新聞杯(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、坂井瑠星騎手騎乗の8番人気サトノガーネット(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分59秒2(良)。



 京成杯優勝馬で桜花賞マルセリーナを母に持つ良血ラストドラフトは、スタートを決めて6、7番手のインを追走。直線は馬群を割って堂々と抜け出しゴールに迫るも勝ち馬の強襲にあってアタマ差の2着に敗れた。



 O.マーフィー騎手「調教でも乗っていましたし、すごくいい馬ですね。勝ったと思ったのですが、最後でフワッとしてしまったのが残念です。結果が出せなくて申し訳ありません」



★【中日新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【中日新聞杯】吉田隼騎手と初コンビのアイスストームが3着「広いコースの方が良さそう」 12月7日() 18:34

 12月7日の中京11Rで行われた第55回中日新聞杯(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、坂井瑠星騎手騎乗の8番人気サトノガーネット(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分59秒2(良)。



 吉田隼人騎手と初コンビを組んだアイスストームは、道中は後方でじっくりとレースを進めると、外を回ってジワジワと脚を伸ばし3着に入線した。



 吉田隼人騎手「直線はよく伸びていますが、最後は勝ち馬にマークされていたぶんでしょうか。競馬が上手ですし、広いコースの方が良さそうですね。この感じならチャンスが来ると思いますよ」



★【中日新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【中日新聞杯】スミヨン騎乗で1番人気のアイスバブルは9着「一瞬の脚を生かそうとしたが…」 12月7日() 18:33

 12月7日の中京11Rで行われた第55回中日新聞杯(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、坂井瑠星騎手騎乗の8番人気サトノガーネット(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が重賞初制覇。タイムは1分59秒2(良)。



 1番人気のアイスバブルは、好位につけて積極的にレースを進めるも、直線伸び切れずまさかの9着に終わった。



 C.スミヨン騎手「正直、調教の段階からダッシュ力がないと感じていました。好位で運んでほしいという指示でしたので、一瞬の脚を生かそうとしましたが、その場面がなかったです。いろんな距離を使っているので馬が戸惑っているのか、今ひとつつかみどころがありません」



★【中日新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【中日新聞杯】8番人気の伏兵サトノガーネットが直線一気伸びで重賞初V 12月7日() 16:19

 12月7日の中京11Rで行われた第55回中日新聞杯(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、坂井瑠星騎手騎乗の8番人気サトノガーネット(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が向こう正面後方3番手の待機策から、直線はいったん先頭に立ったラストドラフト(3番人気)の外から豪快に伸びてアタマ差で重賞初制覇を飾った。タイムは1分59秒2(良)。

 アタマ+クビ差の3着にはアイスストーム(2番人気)が続き、1番人気に支持されたアイスバブルは9着に敗れた。

 中日新聞杯を勝ったサトノガーネットは、父ディープインパクト、母ビートリックスキッド、母の父ヴィクトリーノートという血統。北海道白老町・(有)社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、馬主は(有)サトミホースカンパニー。通算成績は16戦5勝。

 ◆坂井瑠星騎手(1着 サトノガーネット)「昨年の春に未勝利を勝たせてもらった時から、重賞でも通用すると思っていました。きょうは結果を出せて良かったです。もう少し前でレースをしたいと思っていましたが、進んで行かなかったのであの位置からに。促しつつではありましたが、外へ出すといい脚を使ってくれました。まだまだ上でもやれると思います」



★【中日新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【中日新聞杯】入線速報(中京競馬場) 12月7日() 15:39

中京11R・中日新聞杯(4回中京3日目 中京競馬場  芝・左2000m サラ系3歳以上オープン)は、1番手4番サトノガーネット(単勝14.0倍/8番人気)、2番手9番ラストドラフト(単勝6.8倍/3番人気)、3番手7番アイスストーム(単勝5.9倍/2番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連4-9(69.8倍) 馬単4-9(151.2倍) 3連複4-7-9(132.4倍) 3連単4-9-7(1056.2倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019120707040311
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 319ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


中日新聞杯・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

12月4日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年12月04日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(179)
閲覧 1,912ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、師走ステークス・中日新聞杯・リゲルステークス・カペラステークス阪神JFの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年12月07日(土) 中山11R 師走ステークス
【“同年、かつJRA、かつ出走頭数が13頭以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2015年以降)】
●あり [3-4-3-19](複勝率34.5%)
●なし [1-0-1-33](複勝率5.7%)
→年明け以降の戦績を素直に評価した方が良さそう。勝ち切れていない馬はもちろん、少頭数のレースしか勝っていない馬も過信禁物と見るべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
中山ダ1800m×アイルハヴアナザー×前走9着以内
→複勝率37.3%、複勝回収率155%


▼2019年12月07日(土) 中京11R 中日新聞杯
【“同年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2017年以降)】
●あり [2-2-2-9](複勝率40.0%)
●なし [0-0-0-17](複勝率0.0%)
→現在の施行条件に戻った2017年以降は実績馬が優勢。特別登録を行った馬のうち“2019年、かつJRA、かつ重賞のレース”において3着以内となった経験があるのは、アイスバブルタニノフランケルマイネルサーパスラストドラフトランドネロードヴァンドールの6頭です。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 161ビュー

昨日、全国の競馬場やウインズ・エクセルで開門時、一斉に2020年JRAカレンダーが配布されました。
恒例行事なので、私も地元中山でGetしました。(写真)

2020年度のJRAカレンダーは12頭の名馬が美しく共演していますが、これも主催者の「公正競馬の確保」っていうヤツなのだと痛感しました。この内容を見て、「やっぱりなぁ~」と思いました。

~先週日記で取り上げた馬~
第55回 中日新聞杯 GⅢ サトノソルタス 5着
第12回 カペラステークス GⅢ コパノキッキング 1着
第71回 阪神競馬場開設70周年記念 農林水産省賞典 阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ 
クラヴァシュドール 3着 ウーマンズハート 4着

阪神JF は第71回、71年前の1948年、国民の祝日に関する法律 いわゆる 祝日法が公布、施行年でした。

祝日といえば、今年の体育の日は10月14日(10月の第2月曜日)でした。
内閣府(今とても話題の)のHPを見ると、制定時は1964年の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日だったのが、ハッピーマンデー制度で今に至ります。
しかし、2020年より「スポーツの日」に名称変更され、同年のみ東京オリンピックの開会式当日に当たる
7月24日に変更されると公表されています。体育の日の名称は「今年で最後」ということでした。

思い出せば、今年の10/14(祝)は、3日間開催が予定されていましたが、台風19号直撃で東京競馬は12・13日が中止され、12日分は15日に、13日は21日に代替順延されました。
政府はこの台風の被害に対し、激甚災害、特定非常災害の適用を行い、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)を超えて過去最大の適用をしました。こんな時に?と感じながら、主催者は10/14(祝)に何が何でも競馬を開催させたかったように思います。

今年は平成と令和の狭間の改元な特別な年です。2年も前から準備されて、改元を向かえています。
国のやっていることなので、それは競馬も同様であると思います。

■中日新聞杯 1着馬 サトノガーネット → 10/14(祝)府中牝馬S  1着同枠馬スカーレットカラー 
(民間の騎手想定と枠順確定の騎手が異なっていました。)
(偶然なのか、サトノガーネット騎乗の坂井瑠星騎手の父、英光氏の引退式が今週12/2大井で行われた。)

■阪神JF 1着馬 レシステンシア → 10/14(祝)メイクデビュー新馬 1着馬。(出走馬中、唯一でした)
わざわざ「阪神競馬場開設70周年記念」の副題をつけていました。

最後に
■カペラステークス で、コパノキッキングが1着になり、このレースを連覇しました。
鞍上藤田菜七子騎手は、JRA重賞初勝利となりましたが、日本人女性騎手の中央重賞制覇は初めてのことで、歴史的な日になりましたが、この馬も2018年10月14日 京都12R藤森ステークスで1着となって、オープン馬となっていました。

競馬は、農林水産省の行っている国家事業です。
公正確保と言っていますから、主催者発表の情報を収集するわけですが、
まだまだ「木を見て森を見ず」のようです。
森は想像よりも深いようです。

さて、冒頭で「やっぱりなぁ~と思った」と書きました。
体育の日が、祝日のきっかけは、1964年東京五輪です。JRAカレンダーのテーマや意味もこれです。
興味のある方は、「1964年の競馬」を調べてみてください。


では

12月8日() 17:36 fedo_loveさん
中日新聞杯備忘録
閲覧 33ビュー

【予想】
◎3カヴァル/丸山
〇11タニノフランケル/松若
▲16マイネルサーパス/丹内
▼6アイスバブル/スミヨン
△1ロードヴァンドール/太宰
 12ショウナンバッハ/吉田豊
→馬連ボックス3,11,16,6の6点、3連複3-11-16、6を軸に10点の計11点

【結果】
①サトノガーネット/坂井
②ラストドラフト/マーフィー
③アイスストーム/吉田隼
④ショウナンバッハ
⑦マイネルサーパス
⑨アイスバブル
⑫カヴァル
⑬ロードヴァンドール
⑭タニノフランケル・・・

【的中】
なし。。。

【振返り】
惨敗です、何もありませんが、ショウナンバッハ、頑張ってますね。
あとはタニノフランケル、応援してたけど、ここまでかな。。。

[もっと見る]

12月8日() 01:12 穴党専者さん
中日新聞杯 〇◎✌( ‘-^ )
閲覧 37ビュー


✌( ‘-^ )

[もっと見る]

12月8日() 01:11 穴党専者さん
中日新聞杯 〇◎✌( ‘-^ )
閲覧 30ビュー


✌( ‘-^ )

[もっと見る]

12月7日() 22:09 ユウキ先生さん
☆カペラSパート2(中央初なるか!)☆
閲覧 83ビュー

今日行われた中日新聞杯!

藤田菜七子騎手騎乗のミスマンマミーアは10着に敗れました

12番人気だっただけに人気以上の結果は良しとしましょう☆

明日はカペラSでコパノキッキングに騎乗~

こちらは人気上位!

女性騎手初の中央重賞勝利期待しています~♪

[もっと見る]

12月7日() 18:43 勝万舟さん
今、中日新聞杯の予選的中者一覧を見て来たぉ😍
閲覧 83ビュー

僕ちん配当額としては二位に居たんだぉ😍

オープン以上のレベル方が多いね。

にしても、三連系の予想の点数が多いこと!40~50点は当たり前。中には100点近い方もチラホラと。

一点予想の方は、単勝に一万円賭けている。やはり何処かでサトノガーネットの情報
僕ちんと同じ様に仕留めたんだぉ😍 一点に一万円賭けられるのも凄いぉ😱

三連系の点数では、僕ちん5点のが最小点数だったぉ😍 3連複に1200円×5点。
実はワイド一点4=9に4000円(リアルでは購入せず)付けてたんだぉ😍 3連複のリアル金額は200円だぉ😱

予想コロは、自由にやれるとしても3連単マルチ買い?買う訳無えか。50点60点90点もね。
こう言う方々は、リアルではどの馬券種で、一点幾ら注ぎ込むのかなぁって思うんだぉ😴
90点9000円の予算ありゃ、
僕ちんは10レース 分賭けているぉ😍

[もっと見る]

先週の競馬:番組表

開催日
  • 12月7日(
  • 12月8日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 5回中山3日目
  • 4回中京3日目
  • 5回阪神3日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
7
 エアダンルース
2.9倍 (①人気)
4
 エターナルダイヤ
8.3倍 (④人気)
9
 グレートコート
3.8倍 (②人気)
払戻
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
13
 ナムラボス
10.5倍 (⑤人気)
10
 シルバージャック
2.6倍 (①人気)
6
 アスターホルン
14.4倍 (⑥人気)
払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
2
 アナザーエンド
4.7倍 (②人気)
8
 アウトウッズ
1.2倍 (①人気) 極凄馬
7
 スリーピート
12.6倍 (④人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
2
 ニュートンテソーロ
1.7倍 (①人気) 超凄馬
1
 サトノワールド
7.5倍 (③人気)
5
 ニーズヘッグ
19.9倍 (⑤人気)
払戻
中京
2R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
14
 アオイツヤヒメ
14.2倍 (⑦人気)
16
 ロブラリア
11.8倍 (⑤人気)
13
 エイシンポジション
4.4倍 (③人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
7
 ミヤジコクオウ
1.1倍 (①人気) 極凄馬
3
 キングダムウイナー
11.2倍 (③人気)
8
 ナムラカミカゼ
8.3倍 (②人気)
払戻
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
5
 デジマノハナ
3.4倍 (①人気)
10
 マスターワーク
4.2倍 (②人気)
15
 ウインキートス
5.4倍 (③人気)
払戻
中京
3R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
8
 ザベストエバー
27.1倍 (⑪人気)
6
 スナークスター
5.6倍 (②人気)
15
 ブルーシューズ
33.8倍 (⑫人気)
払戻
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m
9
 マジックスピーチ
37.5倍 (⑨人気)
3
 コンウィ
12.6倍 (④人気)
1
 クリノルネサンス
13.9倍 (⑤人気)
払戻
中山
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
6
 ヴェンチュラスター
3.7倍 (③人気)
10
 タイキラッシュ
3.1倍 (①人気) 極凄馬
9
 ダノンファスト
3.5倍 (②人気)
払戻
中京
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障3000m
5
 ルグランフリソン
1.3倍 (①人気) 極凄馬
11
 メイショウジザイ
6.4倍 (②人気)
1
 ハイドロフォイル
11.7倍 (④人気)
払戻
阪神
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
2
 ショウナンラペット
213.8倍 (⑫人気)
9
 ミスビアンカ
17.6倍 (④人気)
8
 バトーデュシエル
1.7倍 (①人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1800m
3
 テルツェット
6.9倍 (②人気)
2
 ルヴェルソー
11.3倍 (⑥人気)
10
 エンデュミオン
2.3倍 (①人気)
払戻
中京
5R
障害3歳以上オープン
障害3歳以上オープン 障3300m
5
 プラチナアッシュ
3.2倍 (②人気)
14
 マイネルアトゥー
2.2倍 (①人気)
2
 ホシルミエール
237.4倍 (⑬人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m
5
 マテンロウディーバ
3.1倍 (①人気)
6
 タッチザモーメント
19.9倍 (⑥人気)
3
 ヴィルトゥオシタ
6.2倍 (④人気)
払戻
中山
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1200m
6
 ヴァルゴスピカ
5.3倍 (④人気)
13
 ロイヤルパープル
2.7倍 (①人気)
15
 グルアーブ
30.9倍 (⑦人気)
払戻
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1900m
6
 ストロングライン
1.4倍 (①人気)
2
 クリノカポネ
12.4倍 (④人気)
1
 マイサンシャイン
14.7倍 (⑥人気)
払戻
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
4
 エイシンアメンラー
12.4倍 (⑦人気)
12
 ワンダーコンパス
7.5倍 (⑤人気)
10
 エイシンファイター
11.4倍 (⑥人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
9
 ティターヌ
11.6倍 (⑤人気)
15
 チェリートリトン
5.2倍 (④人気)
10
 デストロイ
39.5倍 (⑪人気)
払戻
中京
7R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
8
 メイショウボサツ
7.2倍 (④人気)
12
 オールザワールド
2.6倍 (①人気)
9
 ハクサンキングス
22.3倍 (⑦人気)
払戻
阪神
7R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
8
 エレヴァテッツァ
4.6倍 (③人気)
1
 ディヴィナシオン
4.5倍 (②人気) 超凄馬
3
 アズマエピカリス
23.8倍 (⑥人気)
払戻
中山
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
6
 シスル
3.9倍 (②人気)
10
 カフェライジング
29.9倍 (⑧人気)
3
 グラスレオ
81.8倍 (⑭人気)
払戻
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m
6
 スーパーブレイク
62.1倍 (⑩人気)
12
 ナンヨープランタン
11.7倍 (③人気)
9
 マイネルプリンチペ
16.1倍 (⑥人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ2000m
9
 タイサイ
2.2倍 (①人気)
11
 ペガサス
10.1倍 (⑤人気)
12
 スピンドクター
26.6倍 (⑦人気)
払戻
中山
9R
黒松賞
2歳1勝クラス 芝1200m
5
 デンタルバルーン
4.1倍 (③人気)
4
 プリンスチャーム
2.6倍 (①人気)
9
 コスモカッティーボ
11.9倍 (⑤人気)
払戻
中京
9R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
4
 ゴールデンライオン
6.4倍 (③人気)
10
 シールドヴォルト
7.2倍 (④人気)
9
 ディープスピリッツ
35.7倍 (⑧人気)
払戻
阪神
9R
エリカ賞
2歳1勝クラス 芝2000m
9
 ヒュッゲ
4.6倍 (③人気)
6
 チュウワノキセキ
9.7倍 (⑤人気)
3
 ディアスティマ
3.9倍 (②人気)
払戻
中山
10R
アクアラインS
3歳以上3勝クラス ダ1200m
7
 ヒデノヴィーナス
4.2倍 (①人気)
15
 サザンヴィグラス
13.5倍 (⑦人気)
5
 マイネルラック
68.0倍 (⑬人気)
払戻
中京
10R
つわぶき賞
2歳1勝クラス 芝1400m
10
 ペコリーノロマーノ
8.0倍 (⑤人気)
4
 フェアレストアイル
3.1倍 (①人気)
14
 リネンファッション
5.2倍 (③人気)
払戻
阪神
10R
境港特別
3歳以上2勝クラス 芝2200m
7
 メイショウタカトラ
125.4倍 (⑪人気)
3
 ウォーターパルフェ
13.5倍 (⑤人気)
1
 レイエスプランドル
8.0倍 (③人気)
払戻
中山
11R
師走ステークス L
3歳以上オープン ダ1800m
12
 ナムラカメタロー
4.8倍 (③人気)
2
 マイネルユキツバキ
4.6倍 (②人気)
11
 メイショウワザシ
3.4倍 (①人気)
払戻
中京
11R
中日新聞杯 G3
3歳以上オープン 芝2000m
4
 サトノガーネット
14.0倍 (⑧人気)
9
 ラストドラフト
6.8倍 (③人気)
7
 アイスストーム
5.9倍 (②人気)
払戻
阪神
11R
リゲルステークス L
3歳以上オープン 芝1600m
13
 ストロングタイタン
37.7倍 (⑩人気)
11
 キョウヘイ
57.5倍 (⑫人気)
16
 サウンドキアラ
2.5倍 (①人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝2000m
5
 ジャコマル
13.9倍 (⑥人気)
12
 シークレットラン
3.4倍 (②人気)
3
 エトワール
2.6倍 (①人気)
払戻
中京
12R
鳥羽特別
3歳以上2勝クラス 芝1200m
2
 マルカテノール
59.1倍 (⑬人気)
18
 ワールドフォーラブ
7.7倍 (③人気)
5
 サンノゼテソーロ
2.3倍 (①人気) 超凄馬
払戻
阪神
12R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
13
 ドウドウキリシマ
3.4倍 (①人気)
5
 ハッピーゴラッキー
5.2倍 (③人気)
3
 セカンドエフォート
3.8倍 (②人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
7
 エアダンルース
2.9倍 (①人気)
4
 エターナルダイヤ
8.3倍 (④人気)
9
 グレートコート
3.8倍 (②人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
2
 ニュートンテソーロ
1.7倍 (①人気) 超凄馬
1
 サトノワールド
7.5倍 (③人気)
5
 ニーズヘッグ
19.9倍 (⑤人気)
払戻
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
5
 デジマノハナ
3.4倍 (①人気)
10
 マスターワーク
4.2倍 (②人気)
15
 ウインキートス
5.4倍 (③人気)
払戻
中山
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
6
 ヴェンチュラスター
3.7倍 (③人気)
10
 タイキラッシュ
3.1倍 (①人気) 極凄馬
9
 ダノンファスト
3.5倍 (②人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1800m
3
 テルツェット
6.9倍 (②人気)
2
 ルヴェルソー
11.3倍 (⑥人気)
10
 エンデュミオン
2.3倍 (①人気)
払戻
中山
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1200m
6
 ヴァルゴスピカ
5.3倍 (④人気)
13
 ロイヤルパープル
2.7倍 (①人気)
15
 グルアーブ
30.9倍 (⑦人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
9
 ティターヌ
11.6倍 (⑤人気)
15
 チェリートリトン
5.2倍 (④人気)
10
 デストロイ
39.5倍 (⑪人気)
払戻
中山
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
6
 シスル
3.9倍 (②人気)
10
 カフェライジング
29.9倍 (⑧人気)
3
 グラスレオ
81.8倍 (⑭人気)
払戻
中山
9R
黒松賞
2歳1勝クラス 芝1200m
5
 デンタルバルーン
4.1倍 (③人気)
4
 プリンスチャーム
2.6倍 (①人気)
9
 コスモカッティーボ
11.9倍 (⑤人気)
払戻
中山
10R
アクアラインS
3歳以上3勝クラス ダ1200m
7
 ヒデノヴィーナス
4.2倍 (①人気)
15
 サザンヴィグラス
13.5倍 (⑦人気)
5
 マイネルラック
68.0倍 (⑬人気)
払戻
中山
11R
師走ステークス L
3歳以上オープン ダ1800m
12
 ナムラカメタロー
4.8倍 (③人気)
2
 マイネルユキツバキ
4.6倍 (②人気)
11
 メイショウワザシ
3.4倍 (①人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝2000m
5
 ジャコマル
13.9倍 (⑥人気)
12
 シークレットラン
3.4倍 (②人気)
3
 エトワール
2.6倍 (①人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
13
 ナムラボス
10.5倍 (⑤人気)
10
 シルバージャック
2.6倍 (①人気)
6
 アスターホルン
14.4倍 (⑥人気)
払戻
中京
2R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
14
 アオイツヤヒメ
14.2倍 (⑦人気)
16
 ロブラリア
11.8倍 (⑤人気)
13
 エイシンポジション
4.4倍 (③人気)
払戻
中京
3R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
8
 ザベストエバー
27.1倍 (⑪人気)
6
 スナークスター
5.6倍 (②人気)
15
 ブルーシューズ
33.8倍 (⑫人気)
払戻
中京
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障3000m
5
 ルグランフリソン
1.3倍 (①人気) 極凄馬
11
 メイショウジザイ
6.4倍 (②人気)
1
 ハイドロフォイル
11.7倍 (④人気)
払戻
中京
5R
障害3歳以上オープン
障害3歳以上オープン 障3300m
5
 プラチナアッシュ
3.2倍 (②人気)
14
 マイネルアトゥー
2.2倍 (①人気)
2
 ホシルミエール
237.4倍 (⑬人気)
払戻
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1900m
6
 ストロングライン
1.4倍 (①人気)
2
 クリノカポネ
12.4倍 (④人気)
1
 マイサンシャイン
14.7倍 (⑥人気)
払戻
中京
7R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
8
 メイショウボサツ
7.2倍 (④人気)
12
 オールザワールド
2.6倍 (①人気)
9
 ハクサンキングス
22.3倍 (⑦人気)
払戻
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m
6
 スーパーブレイク
62.1倍 (⑩人気)
12
 ナンヨープランタン
11.7倍 (③人気)
9
 マイネルプリンチペ
16.1倍 (⑥人気)
払戻
中京
9R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
4
 ゴールデンライオン
6.4倍 (③人気)
10
 シールドヴォルト
7.2倍 (④人気)
9
 ディープスピリッツ
35.7倍 (⑧人気)
払戻
中京
10R
つわぶき賞
2歳1勝クラス 芝1400m
10
 ペコリーノロマーノ
8.0倍 (⑤人気)
4
 フェアレストアイル
3.1倍 (①人気)
14
 リネンファッション
5.2倍 (③人気)
払戻
中京
11R
中日新聞杯 G3
3歳以上オープン 芝2000m
4
 サトノガーネット
14.0倍 (⑧人気)
9
 ラストドラフト
6.8倍 (③人気)
7
 アイスストーム
5.9倍 (②人気)
払戻
中京
12R
鳥羽特別
3歳以上2勝クラス 芝1200m
2
 マルカテノール
59.1倍 (⑬人気)
18
 ワールドフォーラブ
7.7倍 (③人気)
5
 サンノゼテソーロ
2.3倍 (①人気) 超凄馬
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
2
 アナザーエンド
4.7倍 (②人気)
8
 アウトウッズ
1.2倍 (①人気) 極凄馬
7
 スリーピート
12.6倍 (④人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
7
 ミヤジコクオウ
1.1倍 (①人気) 極凄馬
3
 キングダムウイナー
11.2倍 (③人気)
8
 ナムラカミカゼ
8.3倍 (②人気)
払戻
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m
9
 マジックスピーチ
37.5倍 (⑨人気)
3
 コンウィ
12.6倍 (④人気)
1
 クリノルネサンス
13.9倍 (⑤人気)
払戻
阪神
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
2
 ショウナンラペット
213.8倍 (⑫人気)
9
 ミスビアンカ
17.6倍 (④人気)
8
 バトーデュシエル
1.7倍 (①人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m
5
 マテンロウディーバ
3.1倍 (①人気)
6
 タッチザモーメント
19.9倍 (⑥人気)
3
 ヴィルトゥオシタ
6.2倍 (④人気)
払戻
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
4
 エイシンアメンラー
12.4倍 (⑦人気)
12
 ワンダーコンパス
7.5倍 (⑤人気)
10
 エイシンファイター
11.4倍 (⑥人気)
払戻
阪神
7R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
8
 エレヴァテッツァ
4.6倍 (③人気)
1
 ディヴィナシオン
4.5倍 (②人気) 超凄馬
3
 アズマエピカリス
23.8倍 (⑥人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ2000m
9
 タイサイ
2.2倍 (①人気)
11
 ペガサス
10.1倍 (⑤人気)
12
 スピンドクター
26.6倍 (⑦人気)
払戻
阪神
9R
エリカ賞
2歳1勝クラス 芝2000m
9
 ヒュッゲ
4.6倍 (③人気)
6
 チュウワノキセキ
9.7倍 (⑤人気)
3
 ディアスティマ
3.9倍 (②人気)
払戻
阪神
10R
境港特別
3歳以上2勝クラス 芝2200m
7
 メイショウタカトラ
125.4倍 (⑪人気)
3
 ウォーターパルフェ
13.5倍 (⑤人気)
1
 レイエスプランドル
8.0倍 (③人気)
払戻
阪神
11R
リゲルステークス L
3歳以上オープン 芝1600m
13
 ストロングタイタン
37.7倍 (⑩人気)
11
 キョウヘイ
57.5倍 (⑫人気)
16
 サウンドキアラ
2.5倍 (①人気)
払戻
阪神
12R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
13
 ドウドウキリシマ
3.4倍 (①人気)
5
 ハッピーゴラッキー
5.2倍 (③人気)
3
 セカンドエフォート
3.8倍 (②人気)
払戻

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 5回中山4日目
  • 4回中京4日目
  • 5回阪神4日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
9
 デルマサファイア
4.3倍 (②人気)
8
 ゴラッソゴール
11.0倍 (④人気)
5
 バルドダンサー
3.6倍 (①人気) 極凄馬
払戻
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
1
 ハイアーグレード
7.4倍 (③人気)
10
 ウォーターラーテル
3.0倍 (②人気)
9
 スマートラビリンス
8.9倍 (④人気)
払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m
8
 ウインカムトゥルー
1.8倍 (①人気) 極凄馬
9
 ルールシェーバー
20.2倍 (⑥人気)
11
 アブレイズヒーロー
7.3倍 (③人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
2
 モルタル
2.0倍 (①人気)
14
 アイアムイチリュウ
4.1倍 (②人気)
6
 サニートーク
16.4倍 (⑤人気)
払戻
中京
2R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
4
 ウォークザライン
17.2倍 (⑥人気)
9
 ロイヤルパールス
27.1倍 (⑨人気)
2
 リトルモンスター
2.8倍 (①人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
12
 ロッキーサンダー
2.5倍 (①人気) 超凄馬
2
 リトルクレバー
5.6倍 (③人気)
3
 タッシーアキヒート
99.8倍 (⑩人気)
払戻
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m
2
 エレガンテレイナ
6.1倍 (③人気)
1
 シアープレジャー
98.4倍 (⑬人気)
13
 テンジュイン
8.3倍 (④人気) 超凄馬
払戻
中京
3R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
2
 スズカカナロア
4.3倍 (②人気)
4
 サトノユニゾン
1.6倍 (①人気)
15
 シャイニーブランコ
27.4倍 (⑥人気)
払戻
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m
13
 ナイントゥファイブ
9.0倍 (⑤人気)
5
 ロードベイリーフ
3.6倍 (②人気)
9
 ヒルノエドワード
3.5倍 (①人気) 超凄馬
払戻
中山
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
18
 クロスセル
7.4倍 (④人気)
12
 スペースシップ
8.2倍 (⑤人気)
5
 ウインアルカンナ
88.6倍 (⑪人気)
払戻
中京
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障3000m
10
 スリーコーズライン
14.0倍 (⑤人気)
1
 ゲインスプレマシー
2.8倍 (①人気)
7
 ウォーターミリオン
15.6倍 (⑦人気)
払戻
阪神
4R
2歳新馬
2歳新馬 芝1200m
5
 グランマリアージュ
13.0倍 (④人気)
2
 アイティナリー
1.7倍 (①人気)
8
 ジェドゥラシャンス
13.6倍 (⑤人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
9
 インターミッション
2.3倍 (①人気)
4
 ランナウェイ
4.2倍 (②人気)
8
 コスモブルーノーズ
16.3倍 (⑤人気)
払戻
中京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
3
 テンピン
10.7倍 (⑤人気)
2
 エムテイオー
4.1倍 (②人気)
5
 トレゾア
16.3倍 (⑦人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1800m
5
 アメリカンシード
6.1倍 (③人気)
4
 ワイドカント
6.9倍 (④人気)
6
 マルカエイペックス
9.9倍 (⑤人気)
払戻
中山
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
6
 ミュアウッズ
2.2倍 (①人気)
9
 ルコントブルー
17.1倍 (⑥人気)
10
 セイウンヒロイン
5.3倍 (②人気)
払戻
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
10
 グラスミルキー
6.7倍 (④人気)
2
 コスタネラ
3.6倍 (②人気)
5
 ワインレッドローズ
7.0倍 (⑤人気)
払戻
阪神
6R
2歳1勝クラス
2歳1勝クラス ダ1200m
5
 サダムスキャット
4.2倍 (②人気)
1
 エンプティチェア
23.0倍 (⑦人気)
6
 プレジールドビブル
65.9倍 (⑧人気)
払戻
中山
7R
2歳1勝クラス
2歳1勝クラス ダ1800m
13
 ヤウガウ
22.4倍 (⑦人気)
6
 フルデプスリーダー
12.7倍 (④人気)
5
 ショウナンマリオ
7.9倍 (③人気)
払戻
中京
7R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
15
 ウインドラブリーナ
15.0倍 (⑥人気)
5
 ガリレイ
6.5倍 (②人気)
16
 タイセイメガロス
8.3倍 (③人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
6
 ペプチドフシチョウ
6.8倍 (⑤人気)
9
 アマリリステソーロ
4.3倍 (②人気)
4
 ビオレイメル
6.7倍 (④人気)
払戻
中山
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
2
 レヴァンテ
3.3倍 (①人気)
1
 フロイデ
71.2倍 (⑫人気)
16
 ナムラアイアイサー
3.7倍 (②人気)
払戻
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
4
 エイシンヨッシー
7.4倍 (③人気)
11
 レオンコロナ
2.5倍 (①人気)
1
 ユノディエール
13.0倍 (⑥人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m
10
 ソシアルクラブ
1.4倍 (①人気) 超凄馬
2
 ミエノウインウイン
7.3倍 (②人気)
6
 ハッシュゴーゴー
11.6倍 (④人気)
払戻
中山
9R
チバテレ杯
3歳以上2勝クラス ダ1800m
12
 フィードバック
2.3倍 (①人気)
6
 カナシバリ
14.0倍 (⑥人気)
10
 スピアザゴールド
11.7倍 (④人気)
払戻
中京
9R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1400m
3
 ブルスクーロ
2.3倍 (①人気)
11
 エイシンゾーン
14.7倍 (⑥人気)
12
 カーサデルシエロ
10.4倍 (⑤人気)
払戻
阪神
9R
オリオンステークス
3歳以上3勝クラス 芝2400m
3
 バレリオ
5.6倍 (③人気)
7
 エーティーラッセン
27.5倍 (⑧人気)
4
 スヴァルナ
7.7倍 (⑤人気)
払戻
中山
10R
常総ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1800m
1
 シャドウディーヴァ
5.7倍 (②人気)
5
 プレシャスブルー
48.4倍 (⑨人気)
7
 サトノエルドール
2.2倍 (①人気)
払戻
中京
10R
浜名湖特別
3歳以上2勝クラス ダ1800m
2
 バーンスター
5.0倍 (②人気)
4
 フィルストバーン
8.0倍 (④人気)
11
 ゲンパチルシファー
2.1倍 (①人気)
払戻
阪神
10R
堺ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1800m
12
 ビルジキール
12.9倍 (⑥人気)
7
 エオリア
4.2倍 (②人気)
1
 メイショウササユリ
17.6倍 (⑦人気)
払戻
中山
11R
カペラステークス G3
3歳以上オープン ダ1200m
7
 コパノキッキング
3.4倍 (②人気)
12
 テーオージーニアス
5.5倍 (③人気)
14
 シュウジ
30.6倍 (⑦人気)
払戻
中京
11R
飛騨ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1400m
6
 ワンアフター
20.8倍 (⑦人気)
7
 アクアミラビリス
3.1倍 (②人気)
3
 ジョーアラビカ
8.1倍 (③人気)
払戻
阪神
11R
阪神ジュベナイルF G1
2歳オープン 芝1600m
4
 レシステンシア
11.2倍 (④人気) 超凄馬
9
 マルターズディオサ
43.7倍 (⑥人気)
10
 クラヴァシュドール
4.8倍 (③人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m
2
 トゥザフロンティア
6.0倍 (④人気)
3
 インテンスライト
4.0倍 (②人気)
5
 コスモヨハネ
35.6倍 (⑨人気)
払戻
中京
12R
栄特別
3歳以上1勝クラス 芝2000m
16
 サンレイポケット
6.4倍 (③人気)
12
 ミスマリア
3.4倍 (①人気)
14
 マイネルウィルトス
7.1倍 (⑤人気)
払戻
阪神
12R
妙見山特別
3歳以上2勝クラス ダ1400m
16
 ジャスティン
3.1倍 (①人気)
4
 ヒルノサルバドール
6.6倍 (④人気)
6
 ヨドノビクトリー
6.8倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
9
 デルマサファイア
4.3倍 (②人気)
8
 ゴラッソゴール
11.0倍 (④人気)
5
 バルドダンサー
3.6倍 (①人気) 極凄馬
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
2
 モルタル
2.0倍 (①人気)
14
 アイアムイチリュウ
4.1倍 (②人気)
6
 サニートーク
16.4倍 (⑤人気)
払戻
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m
2
 エレガンテレイナ
6.1倍 (③人気)
1
 シアープレジャー
98.4倍 (⑬人気)
13
 テンジュイン
8.3倍 (④人気) 超凄馬
払戻
中山
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m
18
 クロスセル
7.4倍 (④人気)
12
 スペースシップ
8.2倍 (⑤人気)
5
 ウインアルカンナ
88.6倍 (⑪人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
9
 インターミッション
2.3倍 (①人気)
4
 ランナウェイ
4.2倍 (②人気)
8
 コスモブルーノーズ
16.3倍 (⑤人気)
払戻
中山
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
6
 ミュアウッズ
2.2倍 (①人気)
9
 ルコントブルー
17.1倍 (⑥人気)
10
 セイウンヒロイン
5.3倍 (②人気)
払戻
中山
7R
2歳1勝クラス
2歳1勝クラス ダ1800m
13
 ヤウガウ
22.4倍 (⑦人気)
6
 フルデプスリーダー
12.7倍 (④人気)
5
 ショウナンマリオ
7.9倍 (③人気)
払戻
中山
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
2
 レヴァンテ
3.3倍 (①人気)
1
 フロイデ
71.2倍 (⑫人気)
16
 ナムラアイアイサー
3.7倍 (②人気)
払戻
中山
9R
チバテレ杯
3歳以上2勝クラス ダ1800m
12
 フィードバック
2.3倍 (①人気)
6
 カナシバリ
14.0倍 (⑥人気)
10
 スピアザゴールド
11.7倍 (④人気)
払戻
中山
10R
常総ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1800m
1
 シャドウディーヴァ
5.7倍 (②人気)
5
 プレシャスブルー
48.4倍 (⑨人気)
7
 サトノエルドール
2.2倍 (①人気)
払戻
中山
11R
カペラステークス G3
3歳以上オープン ダ1200m
7
 コパノキッキング
3.4倍 (②人気)
12
 テーオージーニアス
5.5倍 (③人気)
14
 シュウジ
30.6倍 (⑦人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m
2
 トゥザフロンティア
6.0倍 (④人気)
3
 インテンスライト
4.0倍 (②人気)
5
 コスモヨハネ
35.6倍 (⑨人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
1
 ハイアーグレード
7.4倍 (③人気)
10
 ウォーターラーテル
3.0倍 (②人気)
9
 スマートラビリンス
8.9倍 (④人気)
払戻
中京
2R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
4
 ウォークザライン
17.2倍 (⑥人気)
9
 ロイヤルパールス
27.1倍 (⑨人気)
2
 リトルモンスター
2.8倍 (①人気)
払戻
中京
3R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
2
 スズカカナロア
4.3倍 (②人気)
4
 サトノユニゾン
1.6倍 (①人気)
15
 シャイニーブランコ
27.4倍 (⑥人気)
払戻
中京
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障3000m
10
 スリーコーズライン
14.0倍 (⑤人気)
1
 ゲインスプレマシー
2.8倍 (①人気)
7
 ウォーターミリオン
15.6倍 (⑦人気)
払戻
中京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
3
 テンピン
10.7倍 (⑤人気)
2
 エムテイオー
4.1倍 (②人気)
5
 トレゾア
16.3倍 (⑦人気)
払戻
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
10
 グラスミルキー
6.7倍 (④人気)
2
 コスタネラ
3.6倍 (②人気)
5
 ワインレッドローズ
7.0倍 (⑤人気)
払戻
中京
7R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
15
 ウインドラブリーナ
15.0倍 (⑥人気)
5
 ガリレイ
6.5倍 (②人気)
16
 タイセイメガロス
8.3倍 (③人気)
払戻
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
4
 エイシンヨッシー
7.4倍 (③人気)
11
 レオンコロナ
2.5倍 (①人気)
1
 ユノディエール
13.0倍 (⑥人気)
払戻
中京
9R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1400m
3
 ブルスクーロ
2.3倍 (①人気)
11
 エイシンゾーン
14.7倍 (⑥人気)
12
 カーサデルシエロ
10.4倍 (⑤人気)
払戻
中京
10R
浜名湖特別
3歳以上2勝クラス ダ1800m
2
 バーンスター
5.0倍 (②人気)
4
 フィルストバーン
8.0倍 (④人気)
11
 ゲンパチルシファー
2.1倍 (①人気)
払戻
中京
11R
飛騨ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1400m
6
 ワンアフター
20.8倍 (⑦人気)
7
 アクアミラビリス
3.1倍 (②人気)
3
 ジョーアラビカ
8.1倍 (③人気)
払戻
中京
12R
栄特別
3歳以上1勝クラス 芝2000m
16
 サンレイポケット
6.4倍 (③人気)
12
 ミスマリア
3.4倍 (①人気)
14
 マイネルウィルトス
7.1倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m
8
 ウインカムトゥルー
1.8倍 (①人気) 極凄馬
9
 ルールシェーバー
20.2倍 (⑥人気)
11
 アブレイズヒーロー
7.3倍 (③人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
12
 ロッキーサンダー
2.5倍 (①人気) 超凄馬
2
 リトルクレバー
5.6倍 (③人気)
3
 タッシーアキヒート
99.8倍 (⑩人気)
払戻
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m
13
 ナイントゥファイブ
9.0倍 (⑤人気)
5
 ロードベイリーフ
3.6倍 (②人気)
9
 ヒルノエドワード
3.5倍 (①人気) 超凄馬
払戻
阪神
4R
2歳新馬
2歳新馬 芝1200m
5
 グランマリアージュ
13.0倍 (④人気)
2
 アイティナリー
1.7倍 (①人気)
8
 ジェドゥラシャンス
13.6倍 (⑤人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1800m
5
 アメリカンシード
6.1倍 (③人気)
4
 ワイドカント
6.9倍 (④人気)
6
 マルカエイペックス
9.9倍 (⑤人気)
払戻
阪神
6R
2歳1勝クラス
2歳1勝クラス ダ1200m
5
 サダムスキャット
4.2倍 (②人気)
1
 エンプティチェア
23.0倍 (⑦人気)
6
 プレジールドビブル
65.9倍 (⑧人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
6
 ペプチドフシチョウ
6.8倍 (⑤人気)
9
 アマリリステソーロ
4.3倍 (②人気)
4
 ビオレイメル
6.7倍 (④人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m
10
 ソシアルクラブ
1.4倍 (①人気) 超凄馬
2
 ミエノウインウイン
7.3倍 (②人気)
6
 ハッシュゴーゴー
11.6倍 (④人気)
払戻
阪神
9R
オリオンステークス
3歳以上3勝クラス 芝2400m
3
 バレリオ
5.6倍 (③人気)
7
 エーティーラッセン
27.5倍 (⑧人気)
4
 スヴァルナ
7.7倍 (⑤人気)
払戻
阪神
10R
堺ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1800m
12
 ビルジキール
12.9倍 (⑥人気)
7
 エオリア
4.2倍 (②人気)
1
 メイショウササユリ
17.6倍 (⑦人気)
払戻
阪神
11R
阪神ジュベナイルF G1
2歳オープン 芝1600m
4
 レシステンシア
11.2倍 (④人気) 超凄馬
9
 マルターズディオサ
43.7倍 (⑥人気)
10
 クラヴァシュドール
4.8倍 (③人気)
払戻
阪神
12R
妙見山特別
3歳以上2勝クラス ダ1400m
16
 ジャスティン
3.1倍 (①人気)
4
 ヒルノサルバドール
6.6倍 (④人気)
6
 ヨドノビクトリー
6.8倍 (⑤人気)
払戻

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2019年12月8日、集計数:36,799レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 アーモンドアイ 牝4
90,211万円
3 スワーヴリチャード 牡5
89,132万円
4 レイデオロ 牡5
88,155万円
5 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 マカヒキ 牡6
56,210万円
8 キセキ 牡5
52,914万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 サートゥルナーリア 牡3
31,176万円
2 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
3 クロノジェネシス 牝3
26,043万円
4 カレンブーケドール 牝3
25,685万円
5 ダノンキングリー 牡3
25,281万円
6 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
7 ヴェロックス 牡3
21,907万円
8 ラヴズオンリーユー 牝3
19,950万円
9 グランアレグリア 牝3
19,878万円
10 ワールドプレミア 牡3
19,473万円
» もっと見る