今週の競馬:注目レース

  • 東京優駿 G1
    5/31(
  • 目黒記念 G2
    5/31(
  • 葵ステークス G
    5/30(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

5月31日(日)東京競馬場で行われる日本ダービー(G1)出走予定馬の調教後の馬体重がJRAから発表された。事前馬体重は以下の通り。

(枠番・馬番・馬名・調教後馬体重・前走馬体重・計量日)
1 1 サトノインプレッサ(484キロ・482キロ・5/27)
1 2 アルジャンナ(460キロ・456キロ・5/28)
2 3 ワーケア(496キロ・494キロ・5/28)
2 4 レクセランス(484キロ・482キロ・5/28)
3 5 コントレイル(466キロ・462キロ・5/27)
3 6 ヴェルトライゼンデ(494キロ・486キロ・5/28)
4 7 ブラックホール(432キロ・432キロ・5/28)
4 8 ビターエンダー(470キロ・464キロ・5/28)
5 9 ダーリントンホール(526キロ・516キロ・5/27)
5 10 コルテジア(468キロ・460キロ・5/27)
6 11 ガロアクリーク(498キロ・498キロ・5/27)
6 12 サリオス(534キロ・536キロ・5/28)
7 13 ディープボンド(494キロ・482キロ・5/28)
7 14 マイラプソディ(506キロ・504キロ・5/27)
7 15 サトノフラッグ(490キロ・488キロ・5/28)
8 16 マンオブスピリット(486キロ・490キロ・5/28)
8 17 ヴァルコス(498キロ・498キロ・5/28)
8 18 ウインカーネリアン(490キロ・484キロ・5/27)

(JRA発表)

【日本ダービー】コントレイルは〔3〕枠(5)番 5月28日(木) 15:55

 日本ダービーの枠順が28日に決まり、4戦無敗で皐月賞を制したコントレイルは、〔3〕枠(5)番に入った。

 矢作調教師は「言うことないんじゃないかな。Cコースになって、明らかに内が有利なのは分かっているし、本来はスタートセンスがすごくいい馬でゲートも速いしね」と歓迎した。

★ダービーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】父ディープインパクト以来の無敗2冠制覇へ!コントレイルは3枠5番 枠順確定 5月28日(木) 14:17

 5月31日に東京競馬場で行われるクラシック2冠目「第87回日本ダービー」(GI、東京11R、3歳オープン、牡・牝、定量、芝2400メートル、1着賞金2億円)の枠順が28日に確定した。



 デビュー以来4戦4勝で1冠目の皐月賞を制し、父ディープインパクト以来、史上7頭目となる無敗の2冠を狙うコントレイル(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は3枠5番、半馬身差の2着に敗れた皐月賞からの逆転を狙うサリオス(美浦・堀宣行厩舎、牡)は6枠12番、弥生賞を制した武豊騎手との再コンビで巻き返しを期すサトノフラッグ(美浦・国枝栄厩舎、牡)は7枠15番に決定。



 そのほか、皐月賞をパスし万全の態勢で臨むワーケア(美浦・手塚貴久厩舎、牡)は2枠3番、皐月賞で3着に健闘したガロアクリーク(美浦・上原博之厩舎、牡)6枠11番、プリンシパルSを勝ってダービーへの最終切符を手に入れたビターエンダー(美浦・相沢郁厩舎、牡)は4枠8番、京都新聞杯勝ち馬のディープボンド(栗東・大久保龍志厩舎、牡)は7枠13番、青葉賞2着で元メジャーリーガー佐々木主浩氏所有のヴァルコス(栗東・友道康夫厩舎、牡)は8枠17番となっている。



 2017年生まれの3歳馬7262頭の頂点に立つのはどの馬か-。注目の日本ダービーは31日、東京競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。



日本ダービーの枠順はこちら

[もっと見る]

【ズバッと!言いたい放題】日本ダービー 5月28日(木) 11:42

 しの 先週は無敗の2冠牝馬が誕生。果たして牡馬はどうでしょう?

 大王 コントレイルは中山2000メートルの皐月賞を、力でねじ伏せる驚きの強さ。東京は東スポ杯2歳Sをレコード勝ちしているし、レースぶりから距離延長も問題ない。

 水谷 「一戦ごとに体力がつき、われわれの想定を超えた進化を遂げている」と矢作さん。

 しの 中距離なら相当なレベルですね。ただ、ラップが緩んだレースでかなり手綱に緊張感があったのが気になって…。調教師も以前は「2000メートルまでの馬だと思っていた」みたいだし。

 大王 2着サリオスはマイル3連勝のインパクトが強すぎて、そちらがベストなのではと感じる。それでも絶対能力が高いから好勝負かな。

 東京サンスポ・漆山 レーン騎手は、「大きな馬体でパワフル。広い東京の馬場は向くと思う」と。ただ、個人的にはあの体型で12Fはどう? 手前をあまりうまく替えないのも気になる。

 しの 瞬発力勝負ならチャンスはあると思っていますが…。

 漆山 攻め気配抜群なのは3着ガロアクリーク。「デビュー前より幅が出て、精神的にも成長。距離は分からないが状態はすごくいい」と野中騎手。血統だけで人気を落とすなら狙い目か。

 東京サンスポ・片岡 2番人気5着のサトノフラッグは、きっちり立て直されてきた。けいこは馬なりでも、これ以上攻める必要はなさそうなくらいの仕上がりだ。

 大王 東京10Fの未勝利戦をレコードV。変わっておかしくない。

 片岡 皐月組以外ではワーケア。弥生賞2着から直行やけど、週2回しっかり時計を出して仕上がりに不安はなさそう。

 大王 皐月賞で消耗していないのはいいし、ルメールが乗るのも怖い。

 しの 展開のカギを握るのはビターエンダー? 共同通信杯ではダーリントンホールにハナ差負けしたけど、ゴール前で差し返そうとしていた。上がりの速い競馬に持ち込んでしぶとさを生かせれば面白そう。

 大王 ダーリントンは皐月で10キロ減。体が戻れば反撃がありそうだね。大物感あるヴェルトライゼンデも東京で楽しみ。

 水谷 ヴェルトは「軸がしっかりしてブレなくなった」と池添騎手。

 しの 最も距離がしっくりくるのがヴァルコスです。青葉賞はずっと外を回って、早めにポジションを上げての2着。

 水谷 それならディープボンドや。京都新聞杯勝ちだけでなく、1勝馬で皐月賞に臨み、3着からは0秒7差になった経験が生きるはず。

 片岡 皐月4着のウインカーネリアンも忘れたらあかん。落ち着いていて雰囲気も上々。今週もウインが大穴!?

 水谷 とうとうダービーも無観客。入場人員が最多やった90年を取材した身としては感慨深い。あのときは記者席から人間の頭しか見えず酔いそうな気分やったなあ。

 しの 吸い込まれそうになりますよね。このまま落ちても死ななそうって♪

 水谷 それはちゃうやろ…。(夕刊フジ)



日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】キーマンズトーク・コントレイル福永祐一騎手 5月28日(木) 11:40

 いよいよ3日後の31日、東京競馬場で「第87回日本ダービー」(GI、芝2400メートル)が行われる。今年の競馬の祭典は、皐月賞コントレイルが、父ディープインパクト以来15年ぶりとなる無敗2冠を達成できるかが焦点。手綱を取る福永祐一騎手(43)は、自信と緊張とともに大一番を迎える。

 --皐月賞で見事な無敗1冠を達成。スタート後のダッシュがつかずに意外なほど後方からになったが、サリオスとのマッチレースを制した

 福永祐一騎手「レース前日が水が浮くような馬場だったので、当日もどんな馬場コンディションになるのか気になっていた。もともとスタートは悪くないけど、内枠((1)番)でコースコンディションが悪く、二の脚がつかなかったんだ。でも、今までのレースとは違う形で、イメージしていた競馬とは違う内容で勝ち切ってくれた」

 --その時点でダービーも強く意識

 「外を回って距離のロスはあったけど、とてもいい脚を使ってくれたからね。(ダービー、菊花賞と延びていく)距離を含めて、レースぶりに幅が出たと思う」

 --追い切りは先週20日に騎乗。CWコースでステイフーリッシュ(同日の目黒記念に出走)を相手に1馬身先着した

 「動きは良かった。タイム(6F79秒9、ラスト1F12秒3)は速くなったが、無理をさせていないので、息づかいも良かった。モタれる面もなく、順調に調整できているね」

 --舞台は中山の2000メートルから、東京の2400メートルに替わる

 「2戦目の重賞(東スポ杯2歳S)で強い勝ち方をしているので、東京に替わるのはまったく問題ないと思う。最初は血統的にも、走法的にも、2000メートルが限界なんじゃないかと思っていたけど、皐月賞の前から、牧場と厩舎が連携して、フォームをいい形に変えてくれた。皐月賞の走りなら、距離に融通性が利かせられると思った」

 --どのようなフォームに

 「いい筋肉がついたことで、バランスのいいフォームになった。フォームひとつで変わるもんだね。(菊花賞の)3000メートルでもイケるんじゃないかと感じた。もう僕が迷うことはなくなった」

 --Vへ目指すレースの組み立ては

 「馬に関しては不安な点がないので、レースへの迷いもない。今の東京は馬場がいいので、馬にも戸惑いはないと思う。位置取りは決めつけていない。いいスタートから流れに乗れたなら、下げる必要はないだろう」

 --自身21回目のダービーで、一昨年のワグネリアンに続く2勝目の大きなチャンス

 「オークスでは無敗の2冠馬(デアリングタクト)が生まれた。こちらも無敗の皐月賞馬で当然1番人気。先週のレース終わりから“いよいよダービーだな”という気持ちになってきたし、ピリピリした緊張感で横隔膜が上がってくるような胸の高まりはこういう立場でないと感じられない。そういう馬でダービーを迎えられるのは名誉なこと。楽しみながら、週末まで過ごしたい」

 --ファンもテレビの前で無敗2冠の瞬間を待っている

 「たくさんのファンの方に競馬場で観ていただきたかったが、画面越しになっても、少しでも“いいレースを見ることができた”と言ってもらえるように、コントレイルといい走りがしたいね」(夕刊フジ)

 ふくなが・ゆういち 1976年12月9日生まれ。滋賀県出身。96年3月1日に栗東・北橋修二厩舎から騎手デビューし、現在はフリー。99年に桜花賞プリモディーネ)でGI初制覇を飾り、2018年のダービーをワグネリアンで制した。JRA通算2302勝、うち重賞139勝、GI26勝。父は変幻自在の騎乗で“天才”と称された福永洋一元騎手(71)。



日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】サリオス逆転へ万全 5月28日(木) 11:35

 頂上決戦での逆転へ、皐月賞2着サリオスが美浦Wコースで鋭く反応。好仕上がりをアピールした。

 曇り空の下、3週続けて手綱を取るレーン騎手を背に、3馬身先行するセントレオナードを目標に4Fから加速した。息ピッタリに馬なりで差を詰め、内から余力十分に併入フィニッシュだ。

 思惑どおりの動きにジョッキーも大満足。「前走でも成長を感じたが、あれからさらに間違いなく良くなっている。さらに強い馬になった。距離もチャレンジだけど、万全の準備ができているし対応できると思う」と絶賛し、「無観客なのは残念だけど、ダービーを楽しみにしてください」と戴冠を力強く宣言した。(夕刊フジ)



日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 368ビュー



オークスは本命を打ったデアリングタクトは、人気でも予想通り強かったですし、2着のウインマリリンまでは良かったのですが、3着ウインマイティーが道悪要員と考えていたので……。忘れな草賞勝ち馬は、昔は重要でも最近は以前ほどではないと軽視したのが、やはり失敗でした。和田騎手の前で長く脚を使わせる騎乗も巧かったですしね。ただ馬連・馬単が結構ついたのはありがたく、2番人気11着デゼル、3番人気15着クラヴァシュドール、4番人気7着ミヤマザクラあたりを軽視できたところが奏功しました。ダービーは3連単でビシッと当てられるよう頑張ります。


<全頭診断>
1番人気想定 コントレイル:4戦全勝で、ここ2戦はホープフルS、皐月賞とG1を連勝している。前走は、福永騎手にしては珍しく、大胆というか大雑把な外を回す騎乗であっさり勝っており、力が上ということを分かっての騎乗か。別路線の強豪も現れず、連勝は止まらなそうで、ここも最有力。

2番人気想定 サリオス:前走皐月賞ではコントレイルに半馬身競り負けたが、朝日杯FS勝ち馬で距離不安を指摘されながらの好走。「いざ得意の東京で」と今回は巻き返しに気合いの入るところだろうが、相手は強く、逆転はないのでは(コントレイルさえいなければ・・・というタイプで、毎度善戦するも勝てずというタイプになりそう)。

3番人気想定 サトノフラッグ:弥生賞勝ちで臨んだ皐月賞では2番人気5着といまひとつ。あまり速い脚を使う感じではなく、ここは人気で評価を下げるべきタイプか。今年は弥生賞のレベルが低かったと思われ、皐月賞5着というのは妥当な位置づけなのでは。

4番人気想定 ワーケア:ホープフルS3着、レベルが低かったとみられる既出の弥生賞2着と人気で消して妙味か。デビュー前後は大物と言われていたが、人気先行で正直そう強い馬でないのでは。

5番人気想定 ヴェルトライゼンデ:ホープフルSでコントレイルの2着だったが、相手は持ったままの楽勝。そして皐月賞では8着と、上位陣とは少し差があるとみる。前走時は正直、もう少しやれるかと見ていたが。馬場のせいだったのかもしれないが、今回消して妙味か。

6番人気想定 ガロアクリーク皐月賞3着で美味しい馬券を運んでくれたが、上位2頭とは3馬身半の差。逆転は厳しそうだが、キンシャサノキセキ産駒だからとなめられそうでまた3着は十分ありえる存在。母父キングマンボで距離は問題なくこなせそう。軽い馬場のスピード勝負なら引き続きやれて良く、ここも人気を落としての妙味があるのでは。

7番人気想定 アルジャンナ:東スポ杯2歳Sはコントレイルの2着だったが、相手は5馬身差の楽勝。その後、きさらぎ賞3着、毎日杯2着とそれなりに頑張ってはいるが、大駆けはあまり期待できなさそう。

8番人気想定 ビターエンダー:あまりレベルの高くなかったプリンシパルS勝ち馬で、皐月賞での先行して14着を見ても実力が足りない。

9番人気想定 ダーリントンホール皐月賞は6着までだったが、共同通信杯勝ちがあるように“大箱”で巻き返しがあるかもしれない存在。調教もよく、穴で期待できる。

10番人気以下想定
サトノインプレッサ:NHKマイルCは多頭数の外枠など色々大変だったにせよ惨敗で、この距離になって激走ということもないのでは。

ディープボンド京都新聞杯では断然人気のアドマイヤビルゴを倒したが、皐月賞が10着だったように今年の京都新聞杯のレベルは高くなかった。

ヴァルコス:大物感のないノヴェリスト産駒という点が残念な感じはあるが、母母がウインドインハーヘア(ディープインパクトの母)でもあり、この距離が得意な友道厩舎の育成もあり、ここで通用するだけの力があるのでは。

コルテジアきさらぎ賞勝ち馬だが、皐月賞で7着と力落ちる。

マイラプソディ:昨秋は、新馬勝ちに続いてオープンの野路菊S、京都2歳Sと3連勝したが、共同通信杯4着、皐月賞13着と下降。最近、増えてきた早い時期から走るが、すぐしぼむハーツクライ産駒では。

ウインカーネリアン皐月賞では17番人気という人気薄で4着と激走したがフロックでなく、じわじわ力をつけてきた感じがあって、再度の好走も期待できる。

レクセランス:すみれS勝ち直後の皐月賞では11着と惨敗で、スタートが良くなかったにしても逆転は期待薄。

マンオブスピリット京都新聞杯2着馬だが、まだ幼い感じがあり良くなるのは秋か。

ブラックホール:札幌2歳S勝ち馬だが、その後はぱっとしない感じで激走は期待できず。


<まとめ>
皐月賞上位馬+青葉賞最先着(2着)の馬で決着するのではとの枠順確定前(本稿執筆時点)での見立て。あとは京都新聞杯1、2着馬が食い込んでくるか程度では(食い込んでこない可能性の方が高いと思うが)。

最有力:コントレイル(相当な不利など無ければ、この相手には負けないのでは)

ヒモに:サリオスガロアクリーク

穴で:ヴァルコスウインカーネリアンダーリントンホール

5月27日(水) 17:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020日本ダービー(東京優駿)
閲覧 1,209ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


5月31日(日)東京11R 第87回日本ダービー東京優駿) (3歳G1・芝2400m)


【登録頭数:23頭】(フルゲート:18頭)


<優先出走馬>

ヴァルコス [動きA時計A] 中3週 (新馬480キロ→前走498キロ)
青葉賞からの中3週となるが、この中間も2週前、1週前、そして間の日曜日と本数をかなり乗られている。前走の疲れを心配するどころか、前走を使われての上積みが期待できそうな内容。1週前追い切りも素軽さが出て、前走時以上に良い動きに見えた。

ウインカーネリアン [動きD時計B] 中5週 (新馬476キロ→前走484キロ)
今年に入って使い詰めできていて、今回は中5週と間隔には余裕あり。ただ、単走馬なりでの追い切りばかりで、疲れがあるかもしれない。あとは左回りでの追い切りの動きを見ると、右回りほど手応えがなく、右回りのほうが向いている馬かもしれない。

ガロアクリーク [動きB時計B] 中5週 (新馬500キロ→前走498キロ)
この中間も前走時と同じような調整内容。1週前追い切りでは、終い伸びて先着したものの、まだ動きが重い感じあり。

コントレイル [動きA時計A] 中5週 (新馬456キロ→前走462キロ)
この中間は、2週前が坂路で先着、1週前がCWを長めから終い追われて好時計で先着。休み明けの前走を使われて、反応が良くなった印象で上積みアリ。

サトノフラッグ [動きA時計C] 中5週 (新馬494キロ→前走488キロ)
この中間も南Wを中心に乗り込まれてきているが、これまでと比べると時計がかかっている。ただ、1週前の動きを見ると素軽さがあり楽に先着していて、悪い感じはない。左回りのほうが動きが良い印象を受ける。

サリオス [動きB時計B] 中5週 (新馬534キロ→前走536キロ)
これまでもトレセンでは豊富に乗り込まれて出走してきた馬。この中間も、3週前から追い切られて乗り込み量は十分。大きな馬で、前走時のパドックではお腹のあたりにまだ余裕を感じさせていたが、1週前に先行して素軽い動きを見せており、使われて良くなっている印象。ただ、これまでは併せ馬で強めに追われて遅れたことがなかった馬なので、まだ馬体に余裕があるということかもしれない。それでも、追い切りの動きからは、左回りでスムーズに走れている感じがする。

ビターエンダー [動き映像なし時計D] 中2週 (新馬466キロ→前走464キロ)
この中間は、間隔も詰っていて1週前は坂路で軽く乗られて、日曜日も南Wで馬なりというメニュー。前走時のパドックではスッキリと仕上がった馬体だったので、これ以上減らしたくないところだろう。


<賞金上位馬>

ヴェルトライゼンデ [動きC時計B] 中5週 (新馬490キロ→前走486キロ)
この中間も、追い日以外にも日曜、火曜と時計を出して入念な乗り込み。ただ1週前の映像からは、終いもうひと伸びほしい印象を受ける。

ディープボンド [動きB時計B] 中2週 (新馬486キロ→前走482キロ)
中1週、中2週、中2週と間隔が詰まったローテーションが続き、馬体も減り続けているが、1週前には坂路を軽めに乗られて日曜日にはCWで時計を出してと、疲れを感じさせない内容と動き。

サトノインプレッサ [動き映像なし時計C] 中2週 (新馬484キロ→前走482キロ)
前走時はソエを気にしていたようで、坂路での時計も物足りないものが多かった。今回、中2週と間隔も詰まり、1週前は金曜日に時計を出しているが坂路には入れず。少なからずまだソエの影響は残っている感じはある。

マイラプソディ [動きB時計B] 中5週 (新馬502キロ→前走504キロ)
皐月賞から中5週と余裕のあるローテーションで使われていて、この中間も乗り込み豊富。1週前には3頭併せの中から終い伸びて先着と、前走時と比べると良くなっている印象

コルテジア [動きA時計A] 中5週 (新馬450キロ→前走460キロ)
この中間は2週前、1週前と併せ馬で先着。1週前追い切りでは手応え抜群で終いもしっかり伸びていて、前走からの上積みが期待できそう。

ダーリントンホール [動きB時計B] 中5週 (新馬516キロ→前走516キロ)
この中間も追い切りでは速い時計が出ているが、気合いが乗り過ぎているところがあり、もう少しリラックスして走れないと距離が延びることがマイナスになってしまう可能性もある。

ワーケア [動きD時計C] 3ヶ月 (新馬484キロ→前走494キロ)
皐月賞を使わず弥生賞からの参戦で、間隔に余裕。そのため乗り込み量は豊富だが、2週前はオークス出走組と併せて物足りない動きだった。1週前も、併走相手の手応えと比べると見劣り、終いも伸びきれず。

レクセランス [動きE時計C] 中5週 (新馬484キロ→前走482キロ)
この中間もCWを中心に乗り込まれていて、1週前追い切りでは終い伸びきれず併走遅れ。坂路では速い時計の出ない馬で、パドックでも馬体重の割にトモが寂しく映り、そのあたりが成長してこないと厳しい印象を受ける。

ブラックホール [動きC時計B] 中5週 (新馬418キロ→前走432キロ)
この中間もしっかり追い切られていて状態は良さそうだが、このメンバーの中に入ると小柄な馬で、まだ力強さが足りない印象がある。

マンオブスピリット [動きE時計D] 中2週 (新馬488キロ→前走490キロ)
この中間は、間隔も詰っているので馬なりでの調整で時計も平凡。動きに関しても力強さがなく、終い首が上がり気味で前走の疲れが抜けきれていない感じ。

アルジャンナ [動きD時計C] 中8週 (新馬460キロ→前走456キロ)
この中間も坂路での調整。1週前は伸びきれず重い感じの走りだった。


<除外対象馬>

キメラヴェリテ [動きD時計D] 中5週 (新馬512キロ→前走538キロ)
この中間は、坂路での時計がこの馬としては物足りない。

ダノンファラオ [動き映像なし時計E] 連闘 (新馬526キロ→前走520キロ)
先週京都で出走。芝のレースは走ったことがなく、先週の追い切りの時計も物足りない

ブラックマジック [動き映像なし時計D] 中4週 (新馬434キロ→前走440キロ)
連勝中も、この中間はDコース、Pコースで軽めの調整と、南Wでの調整ではなく時計も平凡。

メイショウボサツ [動きC時計C] 中3週 (新馬442キロ→前走462キロ)
今年の入っての3戦は調教で好時計が出ていたが、この中間は速い時計が出なくなっており、疲れもありそう。

エヒト [動き映像なし時計C] 中3週 (新馬470キロ→前走448キロ)
前走未勝利勝ちも、デビュー戦から大きく馬体が減っていてこれ以上減らしたくない。追い切りも金曜日まで時計を出しておらず、上積みはなさそう。



◇今回は東京優駿日本ダービー)編でした。
今年のダービーは無観客での開催となり、私にとっても第60回から毎年東京競馬場で観戦し続けてきた記録が途切れてしまう年となりました。これまで27年続けてきたことなので、残念ではありますが、2月29日から無観客での開催が始まった時点でこのようなこともあり得るとは覚悟していました。今は、気持ちを切り替えてこのように思うことにしています。
来年から、また東京競馬場で観戦できるようになれば、生きている限りあと何年、何十年か、毎年東京競馬場に観戦を続けていくことに。そう考えると、今年が自宅でテレビ観戦する最後のダービーになるかもしれない――と。
思えば、競馬を観るようになって、テレビ観戦したダービーはアイネスフウジントウカイテイオーミホノブルボンの3回のみ。だいぶ前になりますが、どの年も昨日のことのように記憶に残っています。その頃と比べれば、今は積み重ねてきたたくさんの歴史によって、ダービーの重みをさらに感じることができます。今年は、違う意味で、貴重で、記憶に残るダービーとなりそうです。皆様にとっても良いダービーになりますように!!

『ダービー@ホーム』
福永祐一騎手

D.レーン騎手


『a beautiful race』


それでは次回、宝塚記念(予定)編でお会いしましょう。

日本ダービー出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

5月25日(月) 11:00 【ウマニティ】
【U指数的分析】日本ダービー2020
閲覧 1,724ビュー

日本ダービー東京優駿)】2012年以降の傾向

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ


<ポイント①>
・基本的にU指数上位馬を信頼できるレース。毎年必ず3位以内の馬が1頭以上3着以内に入っており、2018年以外は1位か2位のいずれかあるいは両方が馬券に絡んでいる。U指数上位総崩れは想定しないほうがいい。

<ポイント②>
・低指数馬の激走はほとんどない。指数90未満は【0.0.0.18】。指数10位以下は【1.1.2.68】。指数10以下の低指数馬同士の組み合わせは期待薄。絡めるとしてもヒモまで。

<ポイント③>
・レース傾向を鑑みると、安定感抜群の指数1~3位、それ以外の指数上位、人気に関わらず指数90以上の馬を満遍なくカバーするのが理想的。指数1~3位+指数95以上+指数90以上という3連複フォーメーションを購入した際の回収率は764.7%。


日本ダービーの予想U指数はこちら⇒(日本ダービー重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!


--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

5月25日(月) 10:20 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】東京優駿2020・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 821ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第87回 東京優駿日本ダービー) GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

5月22日(金) 11:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020オークス(優駿牝馬)
閲覧 1,872ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



5月24日(日) 東京11R 第81回優駿牝馬オークス) (3歳G1・牝馬・芝2400m)

【登録頭数:25頭】(フルゲート:18頭)

【優先出走馬】

ウインマリリン(B)中3週
1週前追い切りはモヤで終いしか見ることはできなかったが、しっかり伸びて疲れはなさそうな走り。乗り込み量も多く、引き続き良い状態をキープできている感じ。

クラヴァシュドール(C)中5週
この中間も、2週前に坂路、1週前にCWを長めから併せ馬。1週前の動きを見ると多少首が高く、強く追われることはなかった。輸送を考慮し、大きく馬体を減らしたくないという意図が見え隠れする内容。

スマイルカナ(B)中5週
この中間は乗り込み量豊富で、2週前には馬なりで速い時計。1週前にはモヤで時計は計測されていないものの、映像を見るに強めにビッシリと追ってきた印象で状態は良さそう

デアリングタクト(A)中5週
この中間は輸送を考慮してか、1週前に単走で強めに追われて好時計。毛艶が良く、ガッチリ押さえたまま好時計が出ている。やや硬い感じには映るものの、前走時よりは良くなっているように見えた。

デゼル(B)中2週
未勝利、前走とかなり入念な乗り込みの馬。今回はというと、中2週と間隔が詰まっているが、日曜日にCWを長めから併せて好時計&先着と、調子落ちはなさそう。前走時のパドックで絞れていた馬体は、これ以上大きく減ってしまうとどうかといった印象。再度の東京への輸送があり、その辺りが気になるところ。

ホウオウピースフル(C)中3週
中3週も乗り込み豊富。1週前追い切りは、終いもうひと伸びほしい動きにも見せているが、前走でも似たような感じだったので、それほど大きな変化はなさそう。

ミヤマザクラ(C)中5週
これまで1週前は併せ馬で追い切られてきたが、今回は単走での追い切り。時計は出ているが、これまでとの比較では乗り込み量が少なく、前走時の疲れを取れるのに時間がかかったのかもしれない。


【賞金上位馬】

マルターズディオサ(A)中5週
この中間は美浦での調整に戻り南W、坂路と乗り込み量豊富。1週前追い切りではインターミッションには遅れたものの、ワーケアには先着を果たし、動き良く好時計をマーク。状態は良さそう。

サンクテュエール(C)中5週
前走時は速い時計がかなり出ていてトレセンでの乗り込み本数も多かった馬。この中間は、牧場で調整されてトレセンではそれほど速い時計は出していない。1週前追い切りもモヤで時計は記録されていないが、動き自体はしっかりとした脚取りに映り、出来は悪くなさそう。

アブレイズ(A)中8週
2戦2勝でフラワーカップからの参戦。乗り込み量は豊富で、2週前、1週前とジョッキー騎乗で併せ馬を消化し、ともに好時計で先着。これまでは坂路中心で追い切られてきていたが、この中間はCWでの追い切りに変えてきている。距離を意識した感じのメニューもしっかりと消化し、状態は良さそう。

ウインマイティー(A)中5週
この中間は、前走時以上にしっかりと乗り込まれて2週前、1週前と併せ先着。1週前追い切りでは、大外を回って力強く僚馬をパス。状態は前走時以上に良さそう。

ウーマンズハート(C)中5週
馬体重の増減が激しい馬で、輸送もあるのでこの中間は坂路を馬なりでの調整。1週前追い切りも、これまではCWを併せ馬で追い切られていたが、今回は坂路単走。あまり速くならないように押さえての内容となっていて、気性的な不安を意識しての調整に感じる。

リアアメリア(A)中5週
前走時は、馬体も絞れていて仕上りは良さそうだった。この中間も乗り込み量は豊富で、1週前追い切りは坂路で素軽い動きを披露。休み明けを一度使われての上積みがありそう。

マジックキャッスル(D)中5週
前走時は速い時計が多く出ていたが、この中間は軽めの調整が多い。1週前追い切りも、併走相手と比べると走りに勢いがない感じ。小柄な馬なので、これ以上馬体を減らしたくないのかもしれない。

インターミッション(A)中5週
この中間は乗り込み豊富で、1週前追い切りでは南W3頭併せで大外を先行してワーケアマルターズディオサに抜かせない好内容。出来はかなり良さそう。

チェーンオブラブ(D)中5週
この中間は美浦に戻っての調整。乗り込み量は少なく、1週前追い切りでは先着したもののフラフラするようなところもあり、疲れが抜けるのに時間が掛かったような印象。


【抽選対象馬(2/8)】

フィオリキアリ(E)中5週
今回は1週前追い切りがCWだったが、併せ先着したものの伸び脚が物足りず。

リリーピュアハート(D)中5週
この中間も坂路で速い時計は出ているが、モタモタしたところがあり全体に動きが重い感じ。



◇今回はオークス編でした。
先週土曜、5/16 高知12R ファイナルレースで、1週前に10ヶ月休養から復帰の別府真衣騎手が久しぶりの勝利。通算700勝以上と、日本人女性騎手の中でも名古屋の宮下瞳騎手と並びトップクラスの実力をもつ同騎手の復活は、高知競馬にとっても地方競馬にとっても明るいニュースとなりそうです。地方競馬ではたくさんの女性騎手が各地の競馬場で頑張っていますし、JRAではご存知藤田菜七子騎手が女性騎手1人で頑張っています。
その菜七子騎手の師匠である根本調教師と昨年お話をする機会があり、菜七子騎手についてこんなことを語っていました。「たくさん騎乗依頼を頂いて勝てない時期が続くと精神的な疲れが溜まっていく。だから極力、競馬以外の仕事は受けないようにして、競馬に集中させてあげたいんだ」――と。
勝負の世界は男女関係なく、また基本的に負けることが多く、観ている側からでは分からない大変さはあると思いますし、精神的にも苦しい時はあると思います。それでも華やかで夢のある世界であり、多くの人たちを勇気づけたり感動させてくれる存在であることは間違いありません。
今週はオークスが行われますが、中央・地方関係なく、実力のある女性騎手が、桜花賞オークスに騎乗してきて、レースがより一層華やかになる時代というのも見てみたいものです。

それでは次回、東京優駿日本ダービー)編でお会いしましょう。


オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 4ビュー

東京芝2400M
ルメール(21-14-9-32)27.6% 46.1% 57.9%
M.デム(11-6-11-26)20.4% 31.5% 51.9%
石橋脩 (6-5-7-36) 11.1% 20.4% 33.3%
川田将雅(5-6-3-15) 17.2% 37.9% 48.3%
横山典弘(5-3-1-39) 10.4% 16.7% 18.8%
福永祐一(5-0-7-34) 10.9% 10.9% 26.1%
池添謙一(4-1-1-12) 22.2% 27.8% 33.3%
武豊  (3-1-1-23) 10.7% 14.3% 17.9%
浜中俊 (3-0-1-8)  25.0% 25.0% 33.3%
レーン (2-1-2-11) 12.5% 18.8% 31.3%
松山弘平(1-0-0-6)  14.3% 14.3% 14.3%

ここは勝率2割超えの3人に注目。ルメール騎手はデビュー時から何もなければワーケアでと力を入れていた馬。皐月賞パスが吉と出ればおいしい馬券になりそうです。Mデムーロ騎手は反対に皐月賞で手応えを掴んでの継続騎乗のダーリントンホール。馬格がある馬のほうが好結果が多いデムーロ騎手にとってはぴったりの馬で、注目です。池添騎手のヴェルトライゼンデは絶好枠を引き当てました。何を隠そう彼もダービージョッキー。内枠に入ると成績が好転する騎手で、大穴ならこの馬かも。

5月28日(木) 19:30 ジュン☆彡さん
🐎今週のMy POG馬出走情報🎠
閲覧 27ビュー

 
🐴メメントモリ
05月31日(日)
京都6R
500万下(芝・1200m)
12:55発走

🐴シャドウブロッサム
05月31日(日)
京都6R 
500万下(芝・1200m)
12:55発走

💬メメントモリ🆚シャドウブロッサム
 🌰の背比べ~😔❔

🐴サリオス
05月31日(日)
東京11R 
東京優駿(芝・2400m)
15:40発走

🐴ワーケア
05月31日(日)
東京11R 
東京優駿(芝・2400m)
15:40発走

💬サリオス&ワーケア
 My POG馬
 なんと👑ダービー👑
 3歳頂上決戦進出!!
 🎠🐎ワンツーなら
 嬉しいけど~( ´∀`)
 ワーケアは2枠3番
 サリオスは6枠12番
 馬連③-⑫買っとく❔
   

[もっと見る]

5月28日(木) 17:01 爆音小僧さん
九州ダービー栄城賞
閲覧 71ビュー

★今週はダービーウイーク。
地方競馬もダービーウイーク。
地方競馬のネット投票を持っているので中央を含めなんとしても全勝したいけど。。。

日曜は東京優駿と佐賀競馬場の九州ダービー。
その九州ダービーは
◎10ミスカゴシマ
〇12オドルキツネ
▲07トップレベル
△03・04
当日変更もあるかも?

今週も頑張りましょうね。

[もっと見る]

5月28日(木) 15:36 青龍白虎さん
待望の東京優駿枠順発表
閲覧 186ビュー

あちゃあ3枠5番
デイープ産駒の
コントレール
何か当たった気分
😁✌

[もっと見る]

5月28日(木) 13:50 青龍白虎さん
暇人の浅知恵2
閲覧 148ビュー

種牡馬の東京優駿成績
調べました。
面白いのは
3枠5号馬
デイープインパクト➡1着
ハーツクライ➡2着
オルフェーヴル➡1着
以上が3枠5号馬
キズナ➡1枠1号馬➡1着
エフパアネイア➡5枠9号馬➡9着
シンボリックリストエス
6枠11号馬➡2着
✌な感じ
上記以外の種牡馬は
東京優駿に出ていない

[もっと見る]

5月28日(木) 12:39 サンダーガルチさん
ダービー出走有力馬 配合診断⑦ ヴァルコス
閲覧 239ビュー

日本ダービー出走有力馬の配合診断、7回目は佐々木主浩
の持ち馬、ヴァルコスです。

主な成績 青葉賞 2着

主なクロス
Nijinsky 5×4

Northern Dancer 6・5×5・5

母ランズエッジは0勝馬だが、母がウィンドインハーヘア
で、言わずと知れたディープインパクトの母である。

つまり、ディープインパクトの半妹という良血馬であった。

父ノヴェリストは、日本に導入されて以降、ろくな馬を出
していないが、これは、同馬がドイツ系の血で占められて
おり、日本には対応できる牝馬がいないからだと思われる。

このような日本にない血の種牡馬を入れるのなら、似たよ
うな血統の牝馬も同時に輸入しなければ走らないと思う。

ヴァルコスの場合、Nijinskyの5×4によって最低限の能
力は確保されている。Nijinskyのクロスはブエナビスタの
ように日本でも重賞で活躍する例が多い。

NijinskyのキーホースであるHyperion、Mahmoudなどが、
父母の底流に適度に配置されている。特にスタミナを伝え
るとされる母の母の母方にHyperionがあるのは、頼もしい。

また、優秀なスピードの血、Menowもクロスしており、
Nijinskyのスピード能力も再現されている。

ただ、ノヴェリストの父Monsunドイツの血が全くクロスし
ておらず、この部分が大きな欠陥となっている。ここが果
たしてどう出るか。

全体的には日本向きの質の高い血を持っているだけに、本
番でも上位に食い込む可能性は秘めている。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 いよいよ3日後の31日、東京競馬場で「第87回日本ダービー」(GI、芝2400メートル)が行われる。今年の競馬の祭典は、皐月賞コントレイルが、父ディープインパクト以来15年ぶりとなる無敗2冠を達成できるかが焦点。手綱を取る福永祐一騎手(43)は、自信と緊張とともに大一番を迎える。

 --皐月賞で見事な無敗1冠を達成。スタート後のダッシュがつかずに意外なほど後方からになったが、サリオスとのマッチレースを制した

 福永祐一騎手「レース前日が水が浮くような馬場だったので、当日もどんな馬場コンディションになるのか気になっていた。もともとスタートは悪くないけど、内枠((1)番)でコースコンディションが悪く、二の脚がつかなかったんだ。でも、今までのレースとは違う形で、イメージしていた競馬とは違う内容で勝ち切ってくれた」

 --その時点でダービーも強く意識

 「外を回って距離のロスはあったけど、とてもいい脚を使ってくれたからね。(ダービー、菊花賞と延びていく)距離を含めて、レースぶりに幅が出たと思う」

 --追い切りは先週20日に騎乗。CWコースでステイフーリッシュ(同日の目黒記念に出走)を相手に1馬身先着した

 「動きは良かった。タイム(6F79秒9、ラスト1F12秒3)は速くなったが、無理をさせていないので、息づかいも良かった。モタれる面もなく、順調に調整できているね」

 --舞台は中山の2000メートルから、東京の2400メートルに替わる

 「2戦目の重賞(東スポ杯2歳S)で強い勝ち方をしているので、東京に替わるのはまったく問題ないと思う。最初は血統的にも、走法的にも、2000メートルが限界なんじゃないかと思っていたけど、皐月賞の前から、牧場と厩舎が連携して、フォームをいい形に変えてくれた。皐月賞の走りなら、距離に融通性が利かせられると思った」

 --どのようなフォームに

 「いい筋肉がついたことで、バランスのいいフォームになった。フォームひとつで変わるもんだね。(菊花賞の)3000メートルでもイケるんじゃないかと感じた。もう僕が迷うことはなくなった」

 --Vへ目指すレースの組み立ては

 「馬に関しては不安な点がないので、レースへの迷いもない。今の東京は馬場がいいので、馬にも戸惑いはないと思う。位置取りは決めつけていない。いいスタートから流れに乗れたなら、下げる必要はないだろう」

 --自身21回目のダービーで、一昨年のワグネリアンに続く2勝目の大きなチャンス

 「オークスでは無敗の2冠馬(デアリングタクト)が生まれた。こちらも無敗の皐月賞馬で当然1番人気。先週のレース終わりから“いよいよダービーだな”という気持ちになってきたし、ピリピリした緊張感で横隔膜が上がってくるような胸の高まりはこういう立場でないと感じられない。そういう馬でダービーを迎えられるのは名誉なこと。楽しみながら、週末まで過ごしたい」

 --ファンもテレビの前で無敗2冠の瞬間を待っている

 「たくさんのファンの方に競馬場で観ていただきたかったが、画面越しになっても、少しでも“いいレースを見ることができた”と言ってもらえるように、コントレイルといい走りがしたいね」(夕刊フジ)

 ふくなが・ゆういち 1976年12月9日生まれ。滋賀県出身。96年3月1日に栗東・北橋修二厩舎から騎手デビューし、現在はフリー。99年に桜花賞プリモディーネ)でGI初制覇を飾り、2018年のダービーをワグネリアンで制した。JRA通算2302勝、うち重賞139勝、GI26勝。父は変幻自在の騎乗で“天才”と称された福永洋一元騎手(71)。



日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【目黒記念】ノーブルマーズCWで意欲的調整 5月28日(木) 04:46

 ノーブルマーズは、CWコースで単走追い。ゴール前で仕掛けられると、ラスト1ハロン11秒7(6ハロン81秒5)をマークした。本来は坂路調整が主体だが、この中間は3週連続でコース追い。意欲的な調整過程が印象的だ。「CWコースで長めにやって、いい動き。仕上がったと思う」と宮本調教師。

 今年は重賞で2戦連続4着と、7歳でもまだまだ衰えは見られない。一昨年が2着で、舞台適性も十分。「東京との相性は悪くないし、何とかいい競馬を」と続けた。

目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【目黒記念】追って一言 5月28日(木) 04:46

 ◆アイスバブル・池江師 「瞬時に反応できなかったけど、坂路では特に動かないので。上積みはあると思う」

 ◆アフリカンゴールド・西園師 「いい動き。コース実績もあるし、リズム良く運べれば」

 ◆ウラヌスチャーム斎藤誠師 「馬体回復がうまくいって、稽古はいい動き。逃げなくていいし、自分のタイミングで動いていければ」

 ◆オセアグレイト・菊川師 「中2週でもいい状態。東京は得意だし、ハンデも55キロなら改めて」

 ◆キングオブコージ・安田翔師 「1週前に強い負荷をかけて、最終追いはリラックスさせることに専念。左回りも特に気になりません」

 ◆サトノクロニクル・池江師 「動きは良かった。気分良く行くよりも、メリハリをつけた方がいいかなと思う」

 ◆ステイフーリッシュ・矢作師 「とても順調にきた。積極的にいきたいが、ハンデを背負っているのがどうか」

 ◆タイセイトレイル・矢作師 「順調にきている。ハンデが55キロなので期待している」

 ◆ニシノデイジー・高木師 「いい感じだった。ある程度ペースが流れてリズム良く走れれば楽しみ」

 ◆バラックパリンカ・横畑助手 「いい動きだった。2歳の頃から左回りは合うと思っていたので、東京は歓迎です」

 ◆ボスジラ・国枝師 「前走は思ったほど走れなかった。東京の2500メートルで54キロなら前走よりも戦いやすい」

 ◆ポポカテペトル・友道師 「この馬なりに動いていたし、具合はいい。前走は距離が長かった。2400メートル前後がいいと思う」

目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【古馬次走報】ゴールドドリームは帝王賞へ 5月27日(水) 04:46

 ★平安S3着ゴールドドリーム(栗・平田、牡7)は、帝王賞(6月24日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ。4着ヒストリーメイカー(栗・新谷、牡6)は、ジュライS(7月18日、阪神、L、ダ1800メートル)。7着ダンツゴウユウ(栗・谷、牡6)は、三宮S(6月20日、阪神、OP、ダ1800メートル)に向かう。

 ★サウジC7着クリソベリル(栗・音無、牡4)は、28日に帰厩して帝王賞へ。

 ★天皇賞・春7着モズベッロ(栗・森田、牡4)は宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)へ。

 ★メイS1着アイスストーム(栗・吉村、牡5)、2着ソーグリッタリング(栗・池江、牡6)、5着エメラルファイト(美・相沢、牡4)、7着のゴーフォザサミット(美・藤沢和、牡5)はエプソムC(6月14日、東京、GIII、芝1800メートル)に向かう。

 ★烏丸S(3勝クラス)1着ミスマンマミーア(栗・寺島、牝5)は、登録している目黒記念を自重してマーメイドS(6月14日、阪神、GIII、芝2000メートル)が有力。

 ★京王杯SC11着レッドアンシェル(栗・庄野、牡6)は、CBC賞(7月5日、阪神、GIII、芝1200メートル)で連覇を狙う。

 ★都大路S2着バイオスパーク(栗・浜田、牡5)は、函館記念(7月19日、函館、GIII、芝2000メートル)へ。

 ★韋駄天S1着ライオンボス(美・和田郎、牡5)は、アイビスSD(7月26日、新潟、GIII、芝1000メートル)で同レースの連覇を目指す。5着ナランフレグ(美・宗像、牡4)、7着ラブカンプー(栗・森田、牝5)も同レースへ。

 ★韋駄天S8着トウショウピスト(美・土田、牡8)、栗 東 S 14 着ダイメイフジ(栗・森田、牡6)は、函館SS(6月21日、函館、GIII、芝1200メートル)に向かう。

 ★マイラーズC4着ロードクエスト(美・小島、牡7)は登録がある安田記念を自重し、31日の安土城S(京都、L、芝1400メートル)に出走する。

 ★栗 東 S 10 着ドリュウ(美・土田、牡5)は、天保山S(6月13日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。

[もっと見る]

【目黒記念】レース展望 5月25日(月) 17:16

 ダービーの後に行われる伝統のハンデGII、目黒記念(31日、東京、芝2500メートル)。今回で134回目となるが以前は年2回(春、秋)行われていたため。ダービーの熱気の余韻は今年は無観客のためないが、古馬中距離の熱戦が繰り広げられる。

 トップハンデ57・5キロを背負うステイフーリッシュ(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)は、2018年の京都新聞杯を最後に2年も勝ち星から遠ざかっている。だが、その間にすべて重賞で15戦して【0・4・4・7】の成績。あと一歩のレースが続いているが、勝てないまでも、これだけの成績を残しているために重いハンデが課されるのは仕方ないところだ。これまでにも57・5キロで函館記念福島記念を走って3、2着ならハンデ自体は気にしなくていいだろう。ただ、左回りで勝ったのは新馬戦の中京芝2000メートルだけ。切れる脚に欠けるため、東京の瞬発力勝負は分が悪く、この切れ味のなさが、惜敗になっている要因でもある。今回はGIIでトップハンデで東京。堅実に上位争いできるとは思うが、勝ちきるには克服すべき条件が多い。

 タイセイトレイル(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)は、同じ舞台の昨年のアルゼンチン共和国杯で2着。スローペースで流れる中、後方からメンバー最速の上り3ハロン33秒5の脚を使った。その後はジャパンCこそ相手が強く15着だったが、日経新春杯4着、ダイヤモンドS5着、阪神大賞典6着、メトロポリタンS3着と堅実。ハンデも55キロなら、今回も崩れることはなさそうだ。

 中長距離で着実に力をつけてきたオセアグレイト(美浦・菊川正達厩舎、牡4歳)は、ダイヤモンドSが早めに動いて後続の目標にされての3着。前走のメトロポリタンSは逆にスローの展開で動けない位置に入ってしまい、脚を余す5着だった。素質としては重賞を勝てるだけのものがある馬。東京も得意なコースで、今回はルメール騎手を配して必勝態勢だ。ただ、GIII3着までしか実績がないのにハンデ55キロはやや見込まれた印象もある。

 メトロポリタンSを勝ったウラヌスチャーム(美浦・斉藤誠厩舎、牝5歳)が不気味な存在。これまでの追い込みから、前走は一転して逃げ切った。外枠からスローの逃げに持ち込んだのは横山典弘騎手の好判断。ベテラン騎手のエスコートで久々の勝利を手にできたのは大きい。今回は若手の注目株・松山弘平騎手になるが、どんなレースをするかに注目したい。

 その横山典弘騎手が騎乗して開花したキングオブコージ(栗東・安田翔伍厩舎、牡4歳)の勢いがすごい。3走前からコンビを組んで3連勝。距離も2000メートルから2500メートルまでこなしていて、ジョッキーとの息はぴったりだ。オープンに昇級して54キロは多少見込まれた感じもあり、東京にも実績がないが、それも今の勢いなら克服してしまいそうだ。

 長距離路線で安定しているボスジラ(美浦・国枝栄厩舎、牡4歳)は、東京の切れ味勝負向き。一昨年の2着馬ノーブルマーズ(栗東・宮本博厩舎、牡7歳)、ダービー5着があるニシノデイジー(美浦・高木登厩舎、牡4歳)など、中長距離重賞の常連の顔もあり、なかなかの激戦が予想される。



[もっと見る]

【目黒記念】目指すは秋のGIロード!キングオブコージに注目 5月25日(月) 11:39

 東京ダービーデーのラストを飾るのは古馬伝統の長距離戦「第134回目黒記念」。混戦必至のフルゲート戦となりそうだが、注目は3連勝中の上がり馬キングオブコージだ。

 昨春、未勝利V直後に毎日杯に挑戦(9着)したように陣営の評価は高かった。2勝目まで時間は要したが、1勝クラス脱出の3走前は、目標のレースを使えなかったために距離を2000メートルに延ばしたのが奏功。好位から危なげなく抜け出した。続く2500メートル→2200メートル戦も上位の末脚であっさり突破した。

 「前走はポジションを取りに行き、さらに折り合って、最後まで脚を使ってくれた。まだ緩さが残っている分、左回りを上手に走れるかという課題はあるが、ハンデ戦のここは力を試すいい機会だ」と、安田翔調教師の期待は大きい。

 20日の1週前追いはCWコース6F77秒6の猛時計で、好調キープは明らか。「もともと背中のいい馬で、ここへきて調教でしっかり負荷をかけられるようになってきたのが大きい。秋以降が楽しみになるレースを期待したい」とトレーナー。鞍上は3走前から騎乗している横山典騎手で、秋のGIロードを盛り上げるタッグともなっていきそうだ。(夕刊フジ)



[もっと見る]

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 11ビュー

東京芝2500M
横山典弘(3-0-0-9) 25.0% 25.0% 25.0%
福永祐一(2-1-1-5) 22.2% 33.3% 44.4%
M.デム(1-1-2-3) 14.3% 28.6% 57.1%
ルメール(1-0-1-4) 16.7% 16.7% 33.3%
レーン (1-0-0-0) 100.% 100.% 100.%

ここは横山典騎手に代わってから3連勝と別馬となったキングオブコージ。斤量も恵まれており、人気になる前の先物買いをしても面白い一頭です。

5月28日(木) 07:00 Hayaさん
【~術はある~】(2020.5.28.)(葵S、東京優駿~日本ダービ...
閲覧 245ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週末は競馬の祭典『東京優駿~日本ダービー』が施行される。世代トップに輝くのは、どの馬なのか!?

その攻略法のひとつとして、『皐月賞3着内の馬or皐月賞5番人気以内の馬』に注目。
今年出走メンバーで該当するのは、
皐月賞1~3着
コントレイル、サリオス、ガロアクリーク
皐月賞1~5番人気
コントレイル、サトノフラッグ、サリオス、ヴェルトライゼンデ、クリスタルブラック(未出走)

まとめると 
コントレイル、サリオス、ガロアクリーク、サトノフラッグ、ヴェルトライゼンデ 以上の5頭。

また、穴馬として皐月賞以外『前走、4角5番手以内の馬』にも注目。
(当日の枠順が馬番7番以内に限る)
毎日杯2着 アルジャンナ(4角4番手)、
プリンシL1着 ビターエンダー(4角3番手)、
青葉賞2着 ヴァルコス(4角3番手) 以上3頭。

ちなみに、昨年のダービー優勝馬1枠1番ロジャーバローズ(京都新聞杯2着 4角1番手)は穴馬に該当。ダービー2着ダノンキングリー(皐月賞3着)、3着ヴェロックス(皐月賞2着)でした。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 途中経過】
第5期(4月25日~5月31日)12日間(福島牝馬S~目黒記念:全15戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3平安ステークスでは、7番ゴールドドリーム軸で勝負!
ワイド( 7 ⇒ 5,10,11 ) 馬連( 7 ⇒ 10,11 )
結果は、ワイド馬券W的中!(420円/590円)

土曜「平安ステークス」の軸馬ゴールドドリーム、先行追走から直線で弾けて優勝…のはずが、伸びきれず3着入線!ただ、ワイド馬券W的中!(5-7\420/7-11\590)反省点として、軸馬選択の失敗!? 一見、当てているので良いはずだが、仮に軸馬がオメガパフュームだったら、馬連(\2100)も…。例年とは違い、G1クラスの豪華メンバーでの争い!ゴールドドリームvsオメガパヒューム の天秤でゴールドを選択…残念。


日曜、G1優駿牝馬~オークスでは、4番デアリングタクト軸で勝負!
馬連( 4 - 1,2,6,10,18 )
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「優駿牝馬~オークス」の軸馬デアリングタクト、中団追走から直線で弾けて優勝!!狙い通り先行で粘っているはずのミヤマザクラ(7着)がいない??変わってウインマリリンが粘って2着入線…残念。
反省点として、相手馬選択に失敗!? 相手馬では、4着入線リアアメリアが最高着順。勝手な見解だが、「前走、重馬場で善戦した馬は消耗度が激しく次のレースに悪い影響が出る」という見方があり、今回桜花賞(重馬場)で善戦した馬の評価を見直していたはずだが、優勝馬デアリングタクトだけでは…残念。ちなみに、下記は桜花賞からオークスへ出走した結果(着順)。
(桜花賞着順 - 馬 名 - オークス着順)
桜花賞1着デアリングタクト=1着
桜花賞2着レシステンシア=NHKマイルC2着(その後、骨折が判明)
桜花賞3着スマイルカナ=16着
桜花賞4着クラヴァシュドール=15着
桜花賞5着ミヤマザクラ=7着
桜花賞6着サンクテュエール=13着
桜花賞7着フィオリキアリ=14着
桜花賞8着マルターズディオサ=10着
桜花賞10着リアアメリア=4着
桜花賞11着チェーンオブラブ=6着
桜花賞12着マジックキャッスル=5着
桜花賞14着インターミッション=18着
桜花賞16着ウーマンズハート=12着

とりあえず片目だけ、2戦=1勝1敗。 ここまで落ち込むのは久々だけに一気に巻き返し、気持ち良く終わりたい!? 残り3戦、すべて当ててスッキリ!! 


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
葵ステークス=京都(芝)1200=C(73)内枠有利
日本ダービー=東京(芝)2400=A(78)内枠有利
目黒記念=東京(芝)2500=B(74)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G3平安ステークス (タイム1分56秒0)の回顧>
LAP(前半3F 33.0)
LAP(後半3F 36.1)

ヒストリーメイカー(4着)
中団後方追走から直線で上がり3ハロン36秒2(4位タイ)で追い上げるも4着まで…残念。
位置取りがもう少し前目なら、着順も違っていたはず!? ちなみに3着馬ゴールドドリームと上がり3ハロンタイムは同じだった。

<重賞ラップ分析実戦篇>
重賞 葵ステークス 京都(芝)右1200㍍

<傾 向>
舞台となる京都1200mは高速決着になることが多い。ゆえに、スピードと瞬発力を兼ね備えた馬が狙い目となる。
<ポイント>
ここ4年は連続して牝馬が勝利して、2頭以上馬券に絡む活躍!!
<注目馬>
抽選対象馬ビップウインク(牝3、栗東・清水久詞)
芝1200㍍戦に距離短縮して連勝中!! 馬体重490㌔前後の大型馬、前走タイム1分09秒0(中山)は、上がり3ハロン(1位)34秒6で2着馬に0秒6着差勝ち!! 

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(葵ステークス)
注目したのは、"馬番コンピ指数2位"
条件として"指数値64 or 63" の場合のみ
過去10年内3回 的中率100%/回収率233%

さらに"馬番コンピ指数12位"にも注目!!
条件として"指数値47"の場合のみ
過去10年内2回 的中率100%/回収率1120%

複勝で狙うのだが、いずれにしても出現率が低いのが難点!?

(東京優駿~日本ダービー)
注目したのは、"馬番コンピ指数2~3位"

条件として、指数値65~60の場合のみ

過去10年内6回 的中率83%/回収率200%
近5年内 4回 的中率100%/回収率202%

狙うのは "複勝" で勝負!?

(目黒記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数5~6位"
条件として "指数値57 or 56" の場合のみ
過去10年内6回 的中率83%/回収率260%
近5年内 2回 的中率100%/回収率385%

近2年連続出現していないだけに、今年出現すれば??
複勝で狙う!!

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

5月28日(木) 06:34 しんすけ48さん
葵ステークス&東京優駿&目黒記念④
閲覧 185ビュー

おはよ♪

疲れ果てておりまする。後2日持つでせうか?

何とか頑張りましょうね、ダービーだしね。

今のところ穴馬が見つからないのでコントレイルから行きましょうかね?

馬連3~4点、三連複4~5点って感じ?

サリオスとアルジャンナは買おうかな?

後1~2頭をどうするか?を考えて行きますね。

洗濯物も畳んだんで休みたい気待ちも畳んで会社行く準備しましょ(^^♪

[もっと見る]

目黒記念
閲覧 91ビュー

目黒記念

芝2500m GⅡ 4歳以上ハンデ 東京競馬場

サンデーサイレンス系    5-9-7
ミスタープロスペクター系  2-0-2
ヘイルトゥリーズン系    2-0-0
ナスルーラ系        1-1-0
ノーザンダンサー系     0-0-1

傾向としては連対までなら5歳馬
ハンデ頭は不振、くるパターンは前年の勝ち馬の場合だけかな(ヒットザターゲット3着)
重賞成績は最近関係なくなっている。上がり馬でも問題ない

登録馬の個人的な評価

57.5
ステイフーリッシュ
(左回りでどうかもあるしハンデ頭で距離延長でどうなるか?GⅡまでの実績は高い)

56
ノーブルマーズ
(距離実績はあるので注意、踏ん張る流れになれば浮上すると思うが、今の馬場では不安はある)

ニシノデイジー
(コースは合うと思っているので、穴馬として外せないかな、ただ久しく馬券に絡んでないんですよね)

サトノクロニクル
(復帰して4戦目そろそろ激走しそうな感じなので、タフな展開になれば地力もあるはずなので)

ミライヘノツバサ
(コースは向くと思うが、速い時計と瞬発力を求められるのが苦手なので)

メートルダール
(距離延長は微妙ですが叩き2走目で展開が向けば差し込める可能性はあるかなと)

55
アフリカンゴールド
(上積みあれば東京コースは合うはずなので、理想は前に行けるかどうか)

タイセイトレイル
(前走の瞬発力に見どころがあったので、相手強化でも善戦タイプなので侮れないと思う)

アイズバブル
(ちょっと個人的にはスランプな気がするので、ただ前走の脚33.7で兆しは見えたのかなと思うところもあるから穴候補かな)

オセアグレイト
(前走は進路見つけられずにもったいない競馬内容。ルメール騎手で期待は出来ると思う)

ポポカテペトル
(スローペース向きな馬ですが、あまり瞬発力がないので、今回の条件では厳しいのかな、展開と馬場次第となりそう)

54
ウラヌスチャーム
(前走みたいに逃げるかどうかが気になるところ、コースと距離延長はさほど問題ないと思う)

キングオブコージ
(3連勝中で上がり馬ですから、勢いは無視できないと思う。気になるのは東京コースに替わることだけかな実績が乏しいので)
 
ボスジラ
(東京コースと距離短縮で巻き返せるか?タフな展開になりやすいここも馬的には向くと思うので)

バラックパリンカ
(上がり馬でどうか?左回りで輸送もあるから楽ではないと思う。瞬発力勝負では辛いので積極的な競馬をするかなと)

53
アドマイヤアルバ
(相手強化なのでしんどいと思うし距離的にも微妙と思う。)

[もっと見る]

5月27日(水) 15:59 浪花のクマさん
今週の武豊J騎乗予定馬(想定)
閲覧 189ビュー

今週も東京で騎乗!
土日とも3鞍騎乗予定・・ダービーのサトノフラッグ
も期待したいが・・ウマ二ティPOG指名のサリオス、
ワーケア、マイラプソディ も頑張って欲しい・・


5/30(土)東京
① スイートクラス (3歳未勝利)
⑨ ジャパンスウェプト (富嶽賞) ⑦
⑪ ルッジェーロ (欅ステークス) ⑮
⑪ レインボーフラッグ (欅ステークス)東京 ⑨

5/31(日)東京
⑧ ファストライフ (青嵐賞) ⑧
⑪ サトノフラッグ (東京優駿・GⅠ) ③
⑫ ボスジラ (目黒記念・GⅡ) ⑤

[もっと見る]

5月27日(水) 09:43 グラニースミスさん
ニコニコ?ニヤニヤ? ~目黒記念GⅡ~
閲覧 202ビュー

ダービーDayの最終12Rなので、
このレース直前は、気分が高揚しているといいなぁ~と妄想。

春季競馬番組の最終レース
突発的なコロナで、番組変更が多発しました。
2/29から無観客競馬
4/11から特指の中止 等々
本来であれば、富士SのGⅡ昇格と春季GⅡ・GⅢの特指変更がメインだったのに・・・

「特指定戦への変更」
年明けから、計15レース。大きく分けて、4つのグループに分類されています。
(1) GⅡ 別定戦  (2) GⅡハンデ戦 (3) GⅢ 別定戦 (4) GⅢ ハンデ戦
目黒記念は(2)に該当します。
このパターンは、変更15レース中、1つしかありません。
第67回 日経新春杯 GⅡ(国際)(特指) ハンデ
第134回 目黒記念 GⅡ(国際)(特指) ハンデ

134を2で割ると67になります。
その昔、目黒記念は1年に2度行われていた時期があったので、
この件からも参考にしていいのではと推理します。
また日経新春杯時は、小倉では12日間開催期間というのも追い風だと妄想

第67回 日経新春杯 GⅡ(国際)(特指) ハンデ
1着 モズベッロ → 前走3勝クラス4着
2着 レッドレオン → 前走3勝クラス1着
3着 エーティーラッセン → 前走3勝クラス2着
馬券になった馬は、条件馬だった。
また、古馬になっての重賞出走歴がなく、2・3歳時に京都の重賞に出走していました。

そんなことを妄想して、目黒記念を眺めると面白い馬がいます
バラックパリンカ → 前走御堂筋S(3勝クラス)1着 特指中止レース
今年の小倉12日間開催中にも、京都で出走歴があります。
さらに3歳時に青葉賞出走 2着ランフォザローゼス逆番

そしてそして、
JRAのHP今週の注目レース 
8頭になぜか条件馬のバラックパリンカ キングオブコージ が掲載
www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2020/0531_2/horse.html
ポポカテペトルの全弟ボスジラ や 重賞勝ちのミライヘノツバサ を差し置いてです。

きっと人気がないようなので、この馬と同枠・対角馬をニコニコ?ニヤニヤ?しながら
枠順を待ちたいと思います。


では

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 ◆アルムブラスト・高橋文師 「坂路1本目が速くなったが、2本を合わせて予定通り。能力は引けを取らないが乗り難しい」

 ◆エグレムニ・川須騎手 「上がり重点。しっかりと動いており、追うごとに良化しています」

 ◆エレナアヴァンティ・宗像師 「前走後はじっくり乗り込んだ。気持ち的に1200メートル仕様。条件はいい」

 ◆カバジェーロ・橋口師 「攻め駆けする馬に先着した。成長しているし、意識して前に出していく形がいい」

 ◆グリンデルヴァルト・坂口師 「当週はサッとした。前走はしまいで切れたし、能力は確かです」

 ◆ケープコッド・高柳瑞師 「桜花賞(13着)の後はここを目標にしてきた。スタートを決めて流れに乗りたい」

 ◆サヴァイヴ・押田助手 「乗り込み十分。前走を見ても勝負根性がいい」

 ◆シオミチクレバ・牧浦師 「しまい重点の調整で、動きは良かった。スムーズなら」

 ◆ゼンノジャスタ・浅見助手 「いつも通り、調整程度。状態は変わらず。1200メートルはいいんじゃないかな」

 ◆デンタルバルーン・牧浦師 「リラックスして走っていたし、動きは良かった。距離短縮で前進を」

 ◆ビアンフェ・中竹師 「よく動いていた。スプリンターらしい体になってきたね。良馬場で改めて」

 ◆ビップウインク・押田助手 「気がいいし、きっちりと仕上がると思う。あとは折り合いが鍵」

 ◆ペコリーノロマーノ・池内助手 「距離は問題ない。今回はハミを工夫してみる」

 ◆レジェーロ・西村師 「具合はいい。京都のようなコースは合うと思うよ。良馬場の方が力を出せる」

 ◆ワンスカイ斎藤誠師 「挫跖でひと息入った影響はない。距離はベストだし、スムーズに流れに乗れれば…」

★葵Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【葵ステークス】レース展望 5月25日(月) 17:42

 京都では土曜メインに3歳馬による重賞、葵S(30日、芝1200メートル)が行われる。重賞になって3回目で未格付けだが、以前は目標がなくなりがちだった3歳のスプリンターたちにとって、春の総決算となる一戦として定着しつつある。

 実績最上位はビアンフェ(栗東・中竹和也厩舎、牡)。函館2歳Sを逃げ切って、京王杯2歳Sでも逃げてレコード決着の2着と、スピードは世代トップクラスだ。その後の朝日杯フーチュリティS(7着)は距離が長く、ファルコンS(9着)は重馬場で自慢の快速を発揮できずと、敗因ははっきりしている。約2カ月半ぶりのレースだが、乗り込みは順調で十分力を発揮できるはずだ。

 速さでは負けていないのが、リステッド・マーガレットSを逃げ切ったエレナアヴァンティ(美浦・宗像義忠厩舎、牝)。母ドリームカムカムは8勝した活躍馬だが、そのうち7勝が芝1200メートルだった。エレナは1400メートルのダリア賞も勝っているが、1200メートルのほうがよりよさそう。直線が平坦の京都も好材料だ。

 興味深いのはビップウインク(栗東・清水久詞厩舎、牝)だろう。芝2000メートルでデビューし、マイル戦を2度使ったが好結果が出ず、1200メートルに路線を変更して連勝。特に前走の中山芝1200メートル(1勝クラス)は、大外枠からずっと外を回らされながら、直線で先行勢を差し切るどころか、3馬身半も突き抜ける圧勝だった。先行激化が必至なメンバー構成なので、この馬の末脚には注意が必要だ。

 芝1200メートルで3勝しているケープコッド(美浦・高柳瑞樹厩舎、牝)、オープン・カンナS勝ちがあるアルムブラスト(美浦・高橋文雅厩舎、牡)も十分出番がありそう。小倉2歳S優勝馬マイネルグリット(栗東・吉田直弘厩舎、牡)はその後、精彩を欠いているのが気掛かりだが、上位争いをしても不思議はない。

 抽選対象(25日現在、13頭中11頭が出走可能)の馬では、2番人気だったマーガレットSは折り合いを欠いて7着に敗れたが、未勝利、朱竹賞と芝1200メートルで連勝しているシオミチクレバ(栗東・牧浦充徳厩舎、牝)、未勝利勝ち後、京都芝1200メートルの1勝クラスも勝っているサヴァイヴ(栗東・清水久詞厩舎、牡)、デビューから5戦して掲示板を外していないワンスカイ(美浦・斎藤誠厩舎、牡)のレースぶりが注目される。



★葵Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【葵ステークス】特別登録馬 5月24日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 245ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週末は競馬の祭典『東京優駿~日本ダービー』が施行される。世代トップに輝くのは、どの馬なのか!?

その攻略法のひとつとして、『皐月賞3着内の馬or皐月賞5番人気以内の馬』に注目。
今年出走メンバーで該当するのは、
皐月賞1~3着
コントレイル、サリオス、ガロアクリーク
皐月賞1~5番人気
コントレイル、サトノフラッグ、サリオス、ヴェルトライゼンデ、クリスタルブラック(未出走)

まとめると 
コントレイル、サリオス、ガロアクリーク、サトノフラッグ、ヴェルトライゼンデ 以上の5頭。

また、穴馬として皐月賞以外『前走、4角5番手以内の馬』にも注目。
(当日の枠順が馬番7番以内に限る)
毎日杯2着 アルジャンナ(4角4番手)、
プリンシL1着 ビターエンダー(4角3番手)、
青葉賞2着 ヴァルコス(4角3番手) 以上3頭。

ちなみに、昨年のダービー優勝馬1枠1番ロジャーバローズ(京都新聞杯2着 4角1番手)は穴馬に該当。ダービー2着ダノンキングリー(皐月賞3着)、3着ヴェロックス(皐月賞2着)でした。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。<(_ _)>

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 途中経過】
第5期(4月25日~5月31日)12日間(福島牝馬S~目黒記念:全15戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3平安ステークスでは、7番ゴールドドリーム軸で勝負!
ワイド( 7 ⇒ 5,10,11 ) 馬連( 7 ⇒ 10,11 )
結果は、ワイド馬券W的中!(420円/590円)

土曜「平安ステークス」の軸馬ゴールドドリーム、先行追走から直線で弾けて優勝…のはずが、伸びきれず3着入線!ただ、ワイド馬券W的中!(5-7\420/7-11\590)反省点として、軸馬選択の失敗!? 一見、当てているので良いはずだが、仮に軸馬がオメガパフュームだったら、馬連(\2100)も…。例年とは違い、G1クラスの豪華メンバーでの争い!ゴールドドリームvsオメガパヒューム の天秤でゴールドを選択…残念。


日曜、G1優駿牝馬~オークスでは、4番デアリングタクト軸で勝負!
馬連( 4 - 1,2,6,10,18 )
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「優駿牝馬~オークス」の軸馬デアリングタクト、中団追走から直線で弾けて優勝!!狙い通り先行で粘っているはずのミヤマザクラ(7着)がいない??変わってウインマリリンが粘って2着入線…残念。
反省点として、相手馬選択に失敗!? 相手馬では、4着入線リアアメリアが最高着順。勝手な見解だが、「前走、重馬場で善戦した馬は消耗度が激しく次のレースに悪い影響が出る」という見方があり、今回桜花賞(重馬場)で善戦した馬の評価を見直していたはずだが、優勝馬デアリングタクトだけでは…残念。ちなみに、下記は桜花賞からオークスへ出走した結果(着順)。
(桜花賞着順 - 馬 名 - オークス着順)
桜花賞1着デアリングタクト=1着
桜花賞2着レシステンシア=NHKマイルC2着(その後、骨折が判明)
桜花賞3着スマイルカナ=16着
桜花賞4着クラヴァシュドール=15着
桜花賞5着ミヤマザクラ=7着
桜花賞6着サンクテュエール=13着
桜花賞7着フィオリキアリ=14着
桜花賞8着マルターズディオサ=10着
桜花賞10着リアアメリア=4着
桜花賞11着チェーンオブラブ=6着
桜花賞12着マジックキャッスル=5着
桜花賞14着インターミッション=18着
桜花賞16着ウーマンズハート=12着

とりあえず片目だけ、2戦=1勝1敗。 ここまで落ち込むのは久々だけに一気に巻き返し、気持ち良く終わりたい!? 残り3戦、すべて当ててスッキリ!! 


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
葵ステークス=京都(芝)1200=C(73)内枠有利
日本ダービー=東京(芝)2400=A(78)内枠有利
目黒記念=東京(芝)2500=B(74)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G3平安ステークス (タイム1分56秒0)の回顧>
LAP(前半3F 33.0)
LAP(後半3F 36.1)

ヒストリーメイカー(4着)
中団後方追走から直線で上がり3ハロン36秒2(4位タイ)で追い上げるも4着まで…残念。
位置取りがもう少し前目なら、着順も違っていたはず!? ちなみに3着馬ゴールドドリームと上がり3ハロンタイムは同じだった。

<重賞ラップ分析実戦篇>
重賞 葵ステークス 京都(芝)右1200㍍

<傾 向>
舞台となる京都1200mは高速決着になることが多い。ゆえに、スピードと瞬発力を兼ね備えた馬が狙い目となる。
<ポイント>
ここ4年は連続して牝馬が勝利して、2頭以上馬券に絡む活躍!!
<注目馬>
抽選対象馬ビップウインク(牝3、栗東・清水久詞)
芝1200㍍戦に距離短縮して連勝中!! 馬体重490㌔前後の大型馬、前走タイム1分09秒0(中山)は、上がり3ハロン(1位)34秒6で2着馬に0秒6着差勝ち!! 

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(葵ステークス)
注目したのは、"馬番コンピ指数2位"
条件として"指数値64 or 63" の場合のみ
過去10年内3回 的中率100%/回収率233%

さらに"馬番コンピ指数12位"にも注目!!
条件として"指数値47"の場合のみ
過去10年内2回 的中率100%/回収率1120%

複勝で狙うのだが、いずれにしても出現率が低いのが難点!?

(東京優駿~日本ダービー)
注目したのは、"馬番コンピ指数2~3位"

条件として、指数値65~60の場合のみ

過去10年内6回 的中率83%/回収率200%
近5年内 4回 的中率100%/回収率202%

狙うのは "複勝" で勝負!?

(目黒記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数5~6位"
条件として "指数値57 or 56" の場合のみ
過去10年内6回 的中率83%/回収率260%
近5年内 2回 的中率100%/回収率385%

近2年連続出現していないだけに、今年出現すれば??
複勝で狙う!!

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

5月28日(木) 06:34 しんすけ48さん
葵ステークス&東京優駿&目黒記念④
閲覧 185ビュー

おはよ♪

疲れ果てておりまする。後2日持つでせうか?

何とか頑張りましょうね、ダービーだしね。

今のところ穴馬が見つからないのでコントレイルから行きましょうかね?

馬連3~4点、三連複4~5点って感じ?

サリオスとアルジャンナは買おうかな?

後1~2頭をどうするか?を考えて行きますね。

洗濯物も畳んだんで休みたい気待ちも畳んで会社行く準備しましょ(^^♪

[もっと見る]

葵ステークス
閲覧 72ビュー

葵ステークス

今回で3回目ですが、まだグレードはなしと、いつつくのかなぁ
芝1200M 3歳 京都競馬場

過去10年(OPの時も含む)
サンデーサイレンス系    4-4-4 
ノーザンダンサー系     2-4-0
ミスタープロスペクター系  2-1-3
ナスルーラ系        1-2-1
ヘイルトゥリーズン系    0-0-1(マジックシャトル)

この距離なのにサンデーサイレンス系が強い、それだけ仕上がりも早いし完成度もほかの系統より高いということなのかな

傾向としては・・・OP時と重賞昇格と比べるものかどうかはわからないが、内枠有利になってますね
外枠で勝利は12年のマコトナワラタナ6枠だけ
連対は4回(6枠~8枠)で勝つのは厳しいが連対までなら十分あるかな

登録馬の個人的な評価

ビアンフェ
(距離短縮と前が止まらない馬場コース設定はプラス。飛ばして進んで粘るレースになると思うが、57Kgの斤量だけが気掛かり)

エレナアヴァンティ
(京都の馬場は向きそうでこの馬も積極的に進めそうな馬、1200Mでなら安定感はあるので55Kgだけが少し不安)

ケープコッド
(距離はベストなので先行できれば力は出せそう。京都の軽い馬場に対応できるかどうかOP2勝は札幌、中山だったので)

アルムブラスト
(距離短縮はプラスと思うが今回休み明けでで輸送もあるので、少し不安はあるかなと)

マイネルグリット
(距離短縮で巻き返しがあるかどうかだけ、57Kgは最近の成績からと思うときついし人気もないが、気温が上がってきて馬が強い時に戻っている可能性もあるので)

エグレムニ
(京都コースなら穴馬の気配はするが、内枠で先行できれば)

グリンデルヴァルト
(まだOPで実績残せてないが徐々に強くなってきていて、状態も良くなっている。嵌まれば怖い馬)

サヴァイヴ
(連勝中ですが時計的にしんどいかも、先行してどこまで踏ん張れるかになりそう)

シオミチクレバ
(相手強化ですが前走のリステッドもそんなに負けてないので、先行できればチャンスはないことはなさそう)

ビップウインク
(1200Mで連勝中で勢いと魅力は高そう。相手強化ですがここ2戦の内容がいいのであっさり勝利もありえる。京都コースで差しになった時に少し不安だけ)

レジェ―ロ
(平坦コースで巻き返せるかどうか?相手強化で同型も多いので楽ではなさそうだが、距離とコースは合うはずなので)

ワンスカイ
(挫跖明けなので状態が気になるところ、経験値と地力でどこまで出来るか)

デンタルバルーン
(距離短縮で1発ありそう。京都の馬場で逃げればどれくらい粘れるか?楽しみな馬の1頭)

ゼンノジャスタ
(距離短縮で馬がどうなるか?経験値は上位なので安定して走ってはいるがどうも善戦続きなので)

トロワマルス
(輸送が上手くいけば面白いが、同型もいるし良馬場だとビップウインクに勝てなかったので)

ペコリーノロマーノ
(距離短縮でプラスになってくれればいいが、良馬場だと力は出せそうなので)

[もっと見る]

5月27日(水) 06:11 しんすけ48さん
葵ステークス&東京優駿&目黒記念③
閲覧 302ビュー

おはよ♪

疲れタレンティドガールはエリザベス女王杯馬よ♪

昔の3冠牝馬最終戦!お母さんがチヨダマサコにお兄さんがニッポーテイオー!

お姉たまにスリードーターでしたね、知っちょるけ?

・・・、ところでさ、

おかしな世の中ですなぁ~。

学校でアベノマスクの着用・持参を忘れたら指導が入る、アベノマスクの使用強要。

かたやテレビでの演出の区別も着かないバカな大人たち。顔見えなきゃ何やっても良いと思ってる。

遣って良い事と悪い事の線引きも出来ないやつら。事が起こったら慌てて足跡消すってね。

更に亡くなった後にも誹謗中傷を送り続けるバカもいるみたい。

前からおかしくなって来てるなぁ~とは思ってたけど酷い世の中になって来ましたね。

と言う訳で今日はダービーに触れずにこれにてドロン(^^♪

[もっと見る]

5月27日(水) 06:02 あらこんさん
★葵ステークス★
閲覧 114ビュー

★葵ステークスは…
ビアンフェ
ケープコッド
ぺコリーノロマーノ
エレナアヴァンティ
上位はこんな感じか……
昨年は、藤岡佑騎手が勝ちました!
幸騎手も狙い目ですね〜

[もっと見る]

5月26日(火) 09:42 グラニースミスさん
ドラセナ ~葵ステークス 重賞~
閲覧 191ビュー

春季京都競馬 最後の重賞競走
重賞だけど、まだ格付けがないのっべらぼう
3年目なので、来年は格付けされるけれど 京都開催は代替でどうなる?
終わりと始まりが交差する感じ

第3回 葵ステークス
まったく話題になっていなけれど、2011年の1着馬は ロードカナロア。
ロードカナロアの前走は、2011年4/16 小倉ドラセナ賞(500万下)を勝って、臨んだ。
このドラセナ賞、後にも先にもないレースで、小倉1200M戦。
妄想の始まり
2019年 1着馬 ディアンドル 未勝利1着歴
2018年 1着馬 ゴールドクイーン フェニックス賞1着歴
戦歴を調べるとどちらも小倉芝1200戦
それだけじゃなくて、小倉12日間開催期間中だった。

先週オークスでも取り上げたけれど、現3歳世代は2度の12日開催がある。
⓵ 2019年 7/27~9/1
⓶ 2020年 1/18~2/23
オークスの1~3着馬は、すべて⓶の期間に出走歴があった。

12日間開催の小倉1勝クラス勝ち馬
ニシノストーム、レジェーロ、サヴァイヴ の3頭

そういえば、現3歳世代のデビュー第1号は、オークス4着リアアメリア 牝馬だった。
牡馬の第1号は、カイトレッドだった。
重賞第1号は、函館2歳S GⅢ ビアンフェ。
GⅡ第1号は、京王杯2歳ステークス GⅡ タイセイビジョン
その京王杯の2着は、7枠ビアンフェで、同じ7枠にはカイトレッド 
今年の秋 使えるかなぁ~

オークスは、マイネル軍団の1~3着独占
1着馬デアリングタクトの同枠には、アブレイズ この馬も無敗馬でノースヒルズ
この世代重賞第1号は、ビアンフェもノースヒルズ。
ちなみにオークスでは、
2枠 表4番 裏15番 デアリングタクト
7枠 表15番 裏4番 チェーンオブラブ → 生産者はノースヒルズだったりする。

サヴァイヴ ってノースヒルズの生産馬です。
面白そうですね。
小倉競馬場のパドック真ん中って、ヤシの木?ソテツ?ドラセナ?
そんなところも悩んでいます。


これで、枠順発表を待とうと思います。


では

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 5月30日(
  • 5月31日(
2回東京11日目 3回京都11日目
1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1600m

1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1400m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 芝1600m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 芝1800m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 芝1400m

4

障害4歳以上未勝利

障害4歳以上未勝利 障3000m

4

3歳未勝利

3歳未勝利 芝1800m

5

3歳1勝クラス

3歳1勝クラス 芝1400m

5

3歳1勝クラス

3歳1勝クラス ダ1800m

6

3歳1勝クラス

3歳1勝クラス 芝2400m

6

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス 芝2200m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1600m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1200m

8

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ2100m

8

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス 芝1600m

9

富嶽賞

4歳以上2勝クラス ダ1400m

9

紫野特別

4歳以上2勝クラス 芝2000m

10

葉山特別

4歳以上2勝クラス 芝1600m

10

東大路ステークス

4歳以上3勝クラス ダ1800m

11

欅ステークス

4歳以上オープン ダ1400m

11

葵ステークス G

3歳オープン 芝1200m

12

4歳以上2勝クラス

4歳以上2勝クラス ダ1600m

12

4歳以上2勝クラス

4歳以上2勝クラス ダ1400m

2回東京12日目 3回京都12日目
1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1300m

1

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1200m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1600m

2

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1800m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 ダ1400m

3

3歳未勝利

3歳未勝利 芝2400m

4

3歳未勝利

3歳未勝利 芝2000m

4

障害4歳以上未勝利

障害4歳以上未勝利 障2910m

5

3歳1勝クラス

3歳1勝クラス ダ1600m

5

3歳1勝クラス

3歳1勝クラス ダ1400m

6

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1400m

6

3歳1勝クラス

3歳1勝クラス 芝1200m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス 芝1600m

7

4歳以上1勝クラス

4歳以上1勝クラス ダ1800m

8

青嵐賞

4歳以上2勝クラス 芝2400m

8

4歳以上2勝クラス

4歳以上2勝クラス 芝1400m

9

薫風ステークス

4歳以上3勝クラス ダ1600m

9

與杼特別

4歳以上2勝クラス ダ1900m

10

むらさき賞

4歳以上3勝クラス 芝1800m

10

安土城ステークス L

4歳以上オープン 芝1400m

11

東京優駿 G1

3歳オープン 芝2400m

11

白百合ステークス L

3歳オープン 芝1800m

12

目黒記念 G2

4歳以上オープン 芝2500m

12

朱雀ステークス

4歳以上3勝クラス 芝1200m

先週の競馬:注目レース

  • 優駿牝馬 G1
    5/24(
  • 平安S G3
    5/23(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

★“競馬の祭典”第87回日本ダービー 3歳馬7262頭の頂点に立つのはどの馬?



 5月31日、東京競馬場では3歳馬の頂点を決める「第87回日本ダービー」が実施される。2017年に生産されたサラブレッドは7262頭(持ち込み馬、輸入された外国産馬を含む)だが、そのうち一生に一度の大舞台に立つことができるのは、わずか18頭。今年のダービーには23頭の登録があり、重賞ウイナーは11頭を数える。ダービーでは1997年サニーブライアンから22年連続で重賞ウイナーが優勝していたが、昨年は12番人気の重賞未勝利馬ロジャーバローズが勝ち、重賞初制覇をダービーというビッグタイトルで飾った。果たして、今年のダービーを制し、3歳馬7262頭の頂点に立つのはどの馬だろうか。注目のスタートは午後3時40分。



★4戦4勝の皐月賞コントレイル 父に続き無敗での二冠制覇なるか



 皐月賞コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)は、デビュー以来4戦4勝で、今年の3歳世代7262頭のうち、唯一三冠馬になる資格を有している。同馬は、2歳時に3連勝でホープフルSを制し、JRA賞最優秀2歳牡馬を受賞。3歳になった今年はトライアルなどに出走せず皐月賞へ直行し、無敗の皐月賞馬となった。果たして、コントレイルは無敗のままダービーも制し、史上24頭目となる春の二冠馬に輝くことができるかどうか。なお、無敗で皐月賞&ダービーの二冠制覇となれば、コントレイルの父・ディープインパクト(2005年)以来15年ぶり7頭目となる。



★ダービー馬の産駒が2015年から5連勝中 3連覇狙うディープ産駒は6頭が登録



 「ダービー馬はダービー馬から」という格言があるように、近年のダービーではダービー馬の産駒が多く優勝しており、2015年ドゥラメンテ、2016年マカヒキ、2017年レイデオロ、2018年ワグネリアン、2019年ロジャーバローズと5年連続で親子2代のダービー馬が誕生している。今年のダービーには、2005年優勝ディープインパクトの産駒が皐月賞コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)ほか5頭、2013年優勝キズナの産駒がディープボンド(牡、栗東・大久保龍志厩舎)ほか1頭、2011年優勝オルフェーヴルの産駒はビターエンダー(牡、美浦・相沢郁厩舎)が登録しているが、今年もダービー馬の産駒からダービー馬が誕生するかどうか。なお、ディープインパクト産駒が勝てば、歴代最多タイのダービー6勝目、同一種牡馬の産駒によるダービー3連覇は史上3度目となる。



★前田晋二氏、福永騎手、矢作調教師はV経験あり コントレイルでダービー2勝目なるか



 皐月賞コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)を所有する馬主・前田晋二氏は、京都新聞杯勝ち馬ディープボンド(牡、栗東・大久保龍志厩舎)との2頭出しで2013年キズナ以来、7年ぶりのダービー制覇を狙う。また、コントレイルに騎乗予定の福永祐一騎手は2018年ワグネリアン、同馬を管理する矢作芳人調教師は2012年ディープブリランテでダービーを制しており、コントレイルがダービーを勝てば、馬主・騎手・調教師いずれもダービー2勝目となる。なお、コントレイルの生産牧場・株式会社ノースヒルズは2013年キズナ、2014年ワンアンドオンリーでダービー2勝を挙げている。



 コントレイルはデビューからの4戦すべてで1番人気に応えて勝利を挙げており、今回の単勝人気にも注目が集まる。ちなみに、今年の干支は子だが、子年のダービーでは1番人気馬が目下6回連続で連対しており、1960年のコダマ、1984年のシンボリルドルフは無敗で皐月賞&ダービーの二冠制覇を遂げている。



皐月賞コントレイルとは半馬身差の2着 2度目の対戦で逆転を狙うサリオス



 皐月賞で初黒星を喫したサリオス(牡、美浦・堀宣行厩舎)がダービーでリべンジを狙う。同馬は、昨年、デビューから3連勝で朝日杯FSを制し、今年は年明け初戦で皐月賞に出走。コントレイルとの無敗のGI馬対決が注目を集めたが、半馬身及ばず2着となった。今回、サリオスコントレイルは2度目の対戦となるが、皐月賞の雪辱を果たすことができるかどうか。なお、同馬の鞍上には、短期免許を取得して騎乗中のD.レーン騎手が予定されており、Vなら、短期免許を取得して参戦した騎手のダービー制覇は2003年のM.デムーロ騎手(ネオユニヴァース)以来17年ぶり2人目、サリオスを管理する堀宣行調教師は、2015年ドゥラメンテ以来5年ぶり2度目のダービー制覇となる。



 また、サリオス皐月賞出走時の馬体重が536キロ。成績広報に初めてダービーの馬体重が掲載された1971年以降のダービー馬の馬体重を見ると、最も体重が重かったのは1977年ラッキールーラの534キロで、サリオスの当日の馬体重にも注目が集まる。



川田将雅騎手との新コンビで参戦 皐月賞3着のガロアクリーク



 ガロアクリーク(牡、美浦・上原博之厩舎)は、皐月賞トライアルのスプリングSを制し、本番の皐月賞でも3着に入った。皐月賞3着馬は過去10年で8頭がダービーに出走して、2勝、2着2回と好成績をマークしているが、ガロアクリークはダービーでどのような走りを見せてくれるだろうか。なお、ガロアクリークの父は短距離戦で活躍したキンシャサノキセキで、同産駒が芝2400メートルのJRA重賞に出走するのは今回が初めてとなる。



 また、ガロアクリークにはテン乗りとなる川田将雅騎手が騎乗する予定となっている。ダービーは今年で87回目を迎えるが、これまでのダービー馬86頭で、テン乗りとなる騎手が騎乗していたのは3頭だけで、Vなら、1954年のゴールデンウエーブ以来、実に66年ぶりのこととなる。



★ダービー最多勝の武豊騎手 今年は皐月賞5着サトノフラッグに騎乗予定



 歴代最多のダービー5勝を誇る武豊騎手は、皐月賞5着のサトノフラッグ(牡、美浦・国枝栄厩舎)に騎乗する予定。同騎手はダービーの騎乗回数も歴代最多で、今回が通算31回目のダービー騎乗となる。サトノフラッグ武豊騎手のコンビは弥生賞ディープインパクト記念で1着となっているが、武豊騎手は6度目のダービー制覇を遂げることができるだろうか。



 また、サトノフラッグを管理する国枝栄調教師には、自身初の三冠レース制覇がかかる。同調教師は、2010年のアパパネ、2018年のアーモンドアイで牝馬クラシック4勝を挙げているが、三冠レースでは2018年ダービーでの3着(コズミックフォース)が最高成績となっている。



★ダービー父子制覇狙う大久保龍志調教師 京都新聞杯を制したディープボンドで参戦



 京都新聞杯勝ち馬ディープポンド(牡)を管理する大久保龍志調教師(栗東)の父・大久保正陽元調教師は、1994年のダービー馬ナリタブライアンの管理調教師で、大久保龍志調教 師にはダービー史上3組目の父子制覇がかかる。同調教師のダービー挑戦は2012年以来8年ぶりで、2007年にはアサクサキングスで2着に入っているが、親子2代でダービートレーナーになることができるかどうか。



 ディープボンドは2013年のダービー馬キズナの初年度産駒で、こちらも父子制覇がかか る。キズナは2013年の京都新聞杯を勝ち、ダービーも制したが、ディープポンドは父と同じように3歳馬の頂点に立つことができるだろうか。Vなら、新種牡馬産駒のダービー制覇は2009年のロジユニヴァース(父ネオユニヴァース)以来、11年ぶりとなる。なお、ディープボンドには和田竜二騎手が騎乗する予定となっている。



★New Approach産駒のダーリントンホール 外国産馬初のダービー制覇なるか



 共同通信杯勝ち馬で、皐月賞6着のダーリントンホール(牡、美浦・木村哲也厩舎)が、外国産馬初のダービー制覇を目指す。クラシック競走は内国産馬の資質向上を目的に創設されたが、ダービーでは2001年に外国産馬に門戸が開かれた。これまで外国産馬は13頭が出走し、2002年シンボリクリスエスの2着が最高成績となっているが、ダーリントンホールは歴史的勝利を挙げることができるかどうか。同馬にはダービー3勝目を目指すM.デムーロ騎手が騎乗する予定。なお、ダーリントンホールの父は2008年の英ダービー馬New Approachで、英ダービー馬の産駒が日本ダービーを勝てば、1972年ロングエース(父ハードリドン)以来、48年ぶり3頭目となる。



★10年連続参戦の池江泰寿調教師 ヴェルトライゼンデアルジャンナを登録



 池江泰寿調教師(栗東)は、2011年から9年連続でダービーに管理馬を出走させており、フルゲートが18頭となった1992年以降ではダービー最多連続年出走を記録している。池江調教師は今年のダービーにも、ホープフルS2着のヴェルトライゼンデ(牡)、毎日杯2着のアルジャンナ(牡)を登録しており、10年連続のダービー参戦となりそうだが、2011年オルフェーヴル以来2度目のダービー制覇を果たすことができるかどうか。



 また、皐月賞4着のウインカーネリアン(牡)を管理する鹿戸雄一調教師(美浦)、きさらぎ賞勝ち馬コルテジア(牡)を管理する鈴木孝志調教師(栗東)、京都新聞杯2着のマンオブスピリット(牡)を管理する斉藤崇史調教師(栗東)、すみれS勝ち馬レクセランス(牡)を管理する池添学調教師(栗東)は、ダービー初挑戦となる。ダービー初出走で勝利を挙げれば、2007年の角居勝彦調教師(ウオッカ)以来、13年ぶりとなるが、初のダービー参戦を勝利で飾ることができるかどうか。



★史上3人目の連覇を狙う浜中俊騎手 津村明秀騎手、坂井瑠星騎手はダービー初挑戦



 昨年のダービージョッキー浜中俊騎手が、史上3人目のダービー連覇を狙う。同騎手は昨年のダービーで12番人気のロジャーバローズを勝利に導き、自身初のダービー制覇を果たした。浜中騎手は、今年のダービーではアルジャンナ(牡、栗東・池江泰寿厩舎)に騎乗予定だが、武豊騎手(1998・99年)、四位洋文元騎手(2007・08年)に続く3人目の連覇を遂げることができるかどうか。なお、アルジャンナは通算4戦1勝だが、東スポ杯2歳S2着、きさらぎ賞3着、毎日杯2着と重賞で上位に入っている。



 また、プリンシパルS勝ち馬ビターエンダー(牡、美浦・相沢郁厩舎)に騎乗予定の津村明秀騎手、毎日杯勝ち馬サトノインプレッサ(牡、栗東・矢作芳人厩舎)に騎乗予定の坂井瑠星騎手は今回がダービー初挑戦となる。津村騎手はデビュー17年目、坂井騎手はデビュー5年目で初のダービー騎乗となるが、どのような手綱さばきを見せてくれるだろうか。なお、坂井騎手はダービーが実施される5月31日が23歳の誕生日。



★芝2400メートル戦で頭角を現したヴァルコス 青葉賞組初のダービー制覇なるか



 ヴァルコス(牡、栗東・友道康夫厩舎)は、昨年8月18日、小倉でのデビュー(2着)以降、芝1800メートル~2000メートル戦に出走を続けて4戦1勝という成績を残していたが、芝2400メートル戦に矛先を向けた3月のゆきやなぎ賞で2勝目を挙げると、続く青葉賞でも2着に入り、ダービーの優先出走権を獲得した。青葉賞はダービーと同じ東京芝2400メートルで実施されるトライアル競走だが、青葉賞組のダービー制覇はこれまで1度もなく、2着が最高成績となっている。ヴァルコスには前走に続き三浦皇成騎手が騎乗する予定だが、青葉賞組初のダービー制覇を果たすことができるかどうか。



 ヴァルコスを所有するのは元プロ野球選手の佐々木主浩氏。同馬主はヴィルシーナヴィブロスシュヴァルグランの3きょうだいでJRA・GI4勝を挙げているが、所有馬のダービー出走は今回が初めてとなる。なお、ダービーには著名人オーナーも数多く参戦しており、古くは政治家の河野一郎氏(1958年15着ミネノヒカリなど)、田中角栄氏(1969年19着マキノホープ)、作家の吉川英治氏(1955年3着ケゴンなど)、女優の高峰三枝子氏 (1952年8着スウヰイスー)、歌手の春日八郎氏(1962年15着スプリングエイト)、コメディアンの萩本欽一氏(1977年9着パリアッチ)、最近では歌手の北島三郎氏(名義は(有)大野商事) 所有のキタサンブラックが2015年のダービー(14着)に出走している。



★牝馬二冠制覇の松山弘平騎手 ダービーではコルテジアに騎乗予定



 24日に実施されたオークスは、無敗の桜花賞デアリングタクトが制し、史上2頭目の無敗での桜花賞オークス制覇となった。同馬に騎乗した松山弘平騎手は、今年のJRA重賞ではC.ルメール騎手と並ぶトップタイの7勝を挙げており、ダービーではコルテジア(牡、粟東・鈴木孝志厩舎)に騎乗する予定となっている。同一年のオークス&ダービーを勝てば、2017年のC.ルメール騎手以来3年ぶり6人目となるが、松山騎手はダービーも制すことができるかどうか。なお、松山騎手は2017年に皐月賞を制しており、ダービーを勝てば、クラシック完全制覇へ残すは菊花賞のみとなる。



 また、オークスでテン乗りのウインマリリンとのコンビで2着に入った横山典弘騎手は、ダービーでもテン乗りとなるマイラプソディ(牡、栗東・友道康夫厩舎)に騎乗する予定。同騎手のダービー当日の年齢は52歳3力月9日で、Vなら、増沢末夫元騎手が持つダービー最年長優勝記録(48歳7力月6日)を更新する。



★騎手リーディング首位に立ったC.ルメール騎手 デビュー以来コンビを組むワーケアに騎乗予定



 5月25日現在のJRA騎手リーディングを見ると、トップは77勝を挙げるC.ルメール騎手。今年のJRA騎手リーディングは2月に川田将雅騎手がトップに立ち、長くその座をキープしていたが、先週の開催でルメール騎手が6勝を挙げ、川田騎手を抜き首位に立った。ルメール騎手は、ダービーではワーケア(牡、美浦・手塚貴久厩舎)に騎乗する予定だが、2017年のレイデオロ以来、自身2度目のダービー制覇を遂げることができるかどうか。なお、同騎手はJRA通算1200勝まであと2勝に迫っている。



 ワーケアは昨年の6月9日、東京での新馬戦(1着)以来、ルメール騎手が手綱を取り続けており、前走の弥生賞ディープインパクト記念では2着に入っている。同馬がVなら、2歳戦が実施されるようになった1946年以降では、最もデビューが早いダービー馬となる。また、ワーケアは、前走から中83日、約3力月ぶりの出走。前走からの間隔が最も長かったダービー馬は1996年のフサイチコンコルド(中84日)で、ワーケアが勝てぱ同馬に次ぐ長期間隔Vとなる。



日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【ウマれ故郷から~愛を込めて~】大一番に期待膨らむカーネリアン 5月27日(水) 04:57

 日本ダービーに挑む駿馬に、生産牧場からエールを送る特別連載「ウマれ故郷から~愛を込めて~」。第2回は、皐月賞で17番人気ながら4着に健闘したウインカーネリアンのコスモヴューファーム(北海道新冠町)だ。オークスでは生産馬が2、3着と活躍。大一番への期待が膨らんでいる。

 ◇ 

 北海道新冠に本場、分場を構えるコスモヴューファームは、昨年の最優秀4歳以上牡馬ウインブライトの生産牧場として知られ、今年の3歳馬の活躍も目立つ。2頭が出走した24日のオークスウインマリリンが2着、ウインマイティーが3着。無敗で牝馬2冠を達成したデアリングタクトを最後まで苦しめた。

 「残り1ハロンではワンツーかも、と夢を見ました。勝った馬は強かったですが、2頭とも能力が高いことを証明してくれました」

 山口昌之マネジャー(42)が、手に汗握る大熱戦を振り返る。ダービーには皐月賞4着のウインカーネリアンが参戦。その子馬時代は…。

 「けんかをしたり、やんちゃな性格でした。その気の強さがいい方に出ているのでしょうね」

 育成の時期に入ると、競走馬として素質の高さも見せた。

 「背中が良く、動きは同世代でトップクラスでした。何よりゲート。発馬練習は世代で抜群に速かった。二の脚も速く、だから安定して好位で運べるのでしょう」

 皐月賞でも持ち前の先行力を見せ、4コーナーで先頭。17番人気の低評価を覆し4着に入り、5着以内に与えられるダービー切符をつかんだ。

 「使われつつ調子が上がってきたようですね。もちろん勝ってほしいですが、ダービーが簡単に勝てるレースではないことも分かっています。ひとつでも上の着順を目指し、皐月賞4着馬の意地を見せてほしい」

 今週も主役の皐月賞馬をヒヤッとさせるのか。それとも大金星か。牧場関係者は、新冠でウインカーネリアンの晴れ舞台をドキドキしながら見守る。(板津雄志)



日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【3歳次走報】デアリングタクト秋は秋華賞が目標 5月27日(水) 04:45

 ★オークス1着デアリングタクト(栗・杉山晴、牝)は、近日中に放牧へ。秋は秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)が目標でローズSを挟むプランもある。

 ★オークス2着ウインマリリン(美・手塚、牝)、3着ウインマイティー(栗・五十嵐、牝)、10着マルターズディオサ(美・手塚、牝)は、秋華賞が秋の最大目標になる。

 ★オークス18着インターミッション(美・手塚、牝)はマイル近辺の3勝クラスから再出発する見込み。16着スマイルカナ(美・高橋祥、牝)はしばらく様子を見て、状態次第で放牧か、ラジオNIKKEI賞(7月5日、福島、GIII、芝1800メートル)へ。

 ★オークスを除外されたエヴァーガーデン(美・高橋祥、牝)は函館か福島開催に向かう。

 ★23日京都の1勝クラス(芝1600メートル)を制したスマートリアン(栗・石橋、牝)は、トライアルを挟んで秋華賞へ。

 ★早苗賞1着バビット(栗・浜田、牡)は、ラジオN賞で重賞初挑戦。

 ★白百合Sに登録のあるクリスティ(栗・杉山晴、牝)は、関東オークス(6月10日、川崎、交流GII、ダ2100メートル)へ。

 ★鳳雛S5着キッズアガチャー(栗・田所、牡)は、ユニコーンS(6月21日、東京、GIII、ダ1600メートル)へ。

 ★スイートピーS11着オータムレッド(美・手塚、牝)は、葵Sの予定を切り替えてUHB杯(6月14日、函館、3勝クラス、芝1200メートル)へ。

 ★24日東京の1勝クラス(ダ1400メートル)を圧勝したタイキラッシュ(美・高木、牡)は、レース後に左前脚の膝の骨折が判明、休養に入ることになった。

 ★23日東京の1勝クラス(ダ2100メートル)を勝ったキタノヴィジョン(美・萱野、牡)はあす28日、北海道へ放牧に出てしばらく休養。

[もっと見る]

63年ぶりの快挙から一夜明け…デアリングタクト元気な姿見せる 5月25日(月) 14:27

 24日のオークスで63年ぶり史上2頭目となる無敗での牝馬2冠を達成したデアリングタクト(栗・杉山晴、牝3)は快挙から一夜明けた25日、栗東トレセンの馬房で元気な姿を見せた。

 「厩舎には(24日の深夜)午前0時過ぎに到着。馬運車のなかでも落ち着いていましたよ」と池水助手は目を細める。今後は放牧に出され、夏は休養。秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)を含めた秋のGIが視野に入る。同助手は「毎回、課題をクリアしてくれます。こちらの想像を軽々と超えてくれますね」と結んだ。



★24日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら★デアリングタクトの競走成績はこちら

[もっと見る]

【村瀬プレイバック】無敗3冠狙えるデアリングタクト 5月25日(月) 11:31

 オークスの◎デアリングタクトが見事に無敗2冠を達成した。

 ヒヤリとしたシーンは3回。内ばかりが伸びる今の東京でインのポジション争いが激しくなるのは当然だが、1角でミヤマザクラに、2角でリアアメリアに前に入られたときには一瞬、ダメかと思ったほど。直線でマルターズディオサの内にできたスペースに突っ込んだ松山Jの判断は素晴らしく、あそこで外を回していたらウインマリリンにイン差しを食らっていたかもしれない。

 無敗2冠の難しさを痛感させられたが、だからこそ、そこを乗り越えた人馬&陣営は称賛に値する。ぜひ夏を無事に越して無敗3冠を狙ってほしい。そう願うばかりだ。(夕刊フジ)



★24日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【オークス】63年ぶり!デアリングタクト無敗2冠 5月25日(月) 04:57

 63年ぶりの快挙だ。3歳最強牝馬を決めるオークスが24日、東京競馬場で18頭によって争われ、松山騎乗で単勝1・6倍の断然人気に推されたデアリングタクトが、直線で鮮やかに抜け出して快勝。通算成績を4戦4勝とし、1957年ミスオンワード以来2頭目となる無敗での牝馬クラシック2冠を達成した。2着は7番人気のウインマリリン、3着には13番人気のウインマイティーが入った。

 ◇

 静寂に包まれたウイニングランで、勝利をかみしめた。デアリングタクト桜花賞に続く完勝。松山騎手が、無人のスタンドを前に小さくガッツポーズをつくった。

 「僕自身、(GIで)初めての1番人気。多くの人の期待に応えたいと思っていました。ホッとしました」

 (4)番枠から好スタートを決めたが、最初のコーナーで外の馬に押され、ポジションを下げざるを得なかった。直線でも外に持ち出すことができず、中に切り替えるロス。それでも前があいてから、目の覚める豪脚を繰り出して差し切った。

 「1~2コーナーで狭くなったり、ぶつかったりしましたが、あそこで突っ張るより、ひとつ下げて脚をためることに専念しました。馬の力に助けられましたね」と鞍上は相棒に感謝だ。

 1957年のミスオンワード以来、63年ぶりとなる無敗での牝馬2冠。陣営にとって、一度はあきらめかけた夢だった。前走、重馬場の桜花賞(4月12日)を直線一気で快勝。その疲れで、デアリングはゲッソリとやせてしまった。15日に栗東近くへ放牧。その後、オークスに加えて日本ダービーにも登録する話が浮上したが、これも回復までの日数を“1週間でも多く稼ぐ”ため。杉山晴調教師は「トレセンに戻すけど、オークスはたぶん使いませんよ」と打ち明けるほど、一度は覚悟を決めた。

 しかし、月末に帰厩した後はカイバ食いが戻り、馬体も回復。またがった松山騎手が「乗り味が変わった」と驚くほどの変わり身を見せ、無傷で2冠達成。トレーナーは「自分の手元を離れましたね。ファンの、みんなの馬になりました」と目尻を下げた。

 今後については「まずは疲れを取って、3冠目に向けてどう立ち上げていくか、オーナーと相談です」と秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)で史上初となる無敗での牝馬3冠を目指すと宣言。松山騎手も「秋にはさらに楽しみが増えますし、さらに注目される。それに応えていきたいし、自分がそこにいられるように精進していきたい」と結んだ。

 大胆な末脚を武器に、歴史的名牝への階段を駆け上がっていく。(柴田章利)

★24日東京11R「オークス」の着順&払戻金はこちら





デアリングタクト 父エピファネイア、母デアリングバード、母の父キングカメハメハ。青鹿毛の牝3歳。栗東・杉山晴紀厩舎所属。北海道日高町・長谷川牧場の生産馬。馬主は(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング。戦績4戦4勝。獲得賞金2億9389万1000円。重賞は2020年桜花賞に次いで2勝目。オークス杉山晴紀調教師、松山弘平騎手ともに初勝利。馬名は「大胆な+Tactics(戦法)より。大胆な戦法。父、母名より連想」。

★無敗のオークス馬&最少キャリア優勝…無敗のオークス馬誕生は2019年(ラヴズオンリーユー)に続く2年連続で6頭目。4戦目での優勝は06年(カワカミプリンセス)、19年(ラヴズオンリーユー)に並ぶ最少キャリア。★松山弘平騎手…3回目の挑戦で初勝利。これまでの最高は13年フロアクラフトの5着。JRA・GIは桜花賞に続く今年2勝目で通算3勝目。★杉山晴紀調教師…初挑戦で初勝利。JRA・GIは桜花賞に続く今年2勝目で通算3勝目。★エピファネイア産駒…初出走でV。JRA・GI、JRA重賞ともに桜花賞デアリングタクト)に続く2勝目。★新種牡馬産駒のオークス制覇…グレード制を導入した1984年以降では、2018年アーモンドアイ(父ロードカナロア)以来、2年ぶり8回目。★馬主・(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング…所有馬初出走でV。JRA・GIは桜花賞に続く2勝目。JRA重賞は桜花賞に続く今年2勝目で通算4勝目。★生産牧場・長谷川牧場…初出走でV。JRA・GIは桜花賞に続いて通算2勝目。JRA重賞も桜花賞に続く勝利で、通算3勝目。★ヴェルメイユ賞への優先出走権…1着デアリングタクト、2着ウインマリリン、3着ウインマイティーにはフランスのパリロンシャン競馬場で開催されるGIヴェルメイユ賞(9月13日、芝2400メートル)への優先出走権が付与される。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 2,451ビュー

皆さん、こんにちは。ウマニティU指数攻略チームです。『予想力・回収率UP大作戦!』との連動企画コラム『U指数で斬る今週のひと鞍』をお送りします。U指数が持つ圧倒的なポテンシャルにご期待ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当コラムは『凄馬』のように推奨馬を個々に挙げるのではなく、期待値の高い連勝馬券の組み合わせを推奨するもの。過去データから導き出された回収率の高いパターンに合致するU指数配列のレースに注目し、当週土日に行われるレースのなかからオススメのひと鞍をピックアップします。丸ノリするもよし。アレンジするもよし。馬券購入の際の参考になさってください。
※データは2017年以降の結果をもとに集計。今年については前週までが対象
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今週の推奨レース】
■24日(日)京都12R 4歳以上2勝クラス■

このところ、ローカル場のレースばかりを取り上げてきましたが、久々に中央場所のレースに目を向けようと思います。今週のターゲットは、日曜日の京都最終レースです。「京都ダ1800m×4歳以上2勝クラス」という条件で、こちらは開幕週でも推奨し、的中をお届けすることができました。これを超えるオススメレースが今週は見当たらなかったので、再度プッシュする次第です。該当条件におけるU指数1位は勝率41.9%、連対率55.8%、複勝率74.4%、単回率181.9%、複回率130.5%という圧巻の成績を残しており、今年に限れば90.0%の複勝率を誇っています。まさに、1位を外して買うのは自殺行為に等しいレベル。真っ先に1位の単勝を押さえるのが鉄則です。

そして、連勝馬券は4週前と同じように総流しを推奨します。理由は、1位以外の上位勢が安定感に乏しいことと、2~3着に指数下位の人気薄が飛び込むケースが頻繁に見られることです。1位が抜け出したら、あとは順位にかかわらず人気のない馬が突っ込んでくることに期待。そんなドキドキ感も味わえます。1位からの総流し馬券をシミュレートすると、的中率はワイド74.4%、馬連55.8%、馬単41.9%、回収率はワイド173.7%、馬連286.9%、馬単467.3%とどれも破壊力満点。メインレースまでの戦績を鑑みて、どの券種で勝負するかを決めるといいでしょう。ワイドで逃げ切りを図るもよし、馬単で一発逆転を狙うもよし。皆さんの状況に応じて使い分けてください。

1位 テイエムチューハイ

★結論★
単勝 1位
ワイド・馬連・馬単流し 1位→全通り(各15点)


○重賞レースの『U指数』は無料会員向けで開放中!無料会員登録はコチラからどうぞ

○『U指数』掲載のネット新聞『U指数新聞』(PC版)のダウンロードはコチラ
(U指数新聞サンプル)


○『U指数』を全レース、フルに活用したいという方はウマニティVIPクラブへご入会ください

-------------------------------------------------------------------
ウマニティVIPクラブには『U指数』見放題以外にも特典が盛りだくさん!

(その他特典例)
予想に役立つ競馬エイトGallopの取材情報が手に入り・・・
      +
「予想コロシアム」に登録したあなたの予想を自動分析してくれる人気機能「分析データ」をフルで利用可能
・・・etc

といったメリットがある、1開催日あたり約120円でウマニティサイトをフル活用頂ける“ワンランク上”のサービスです。月額934円(税別)⇒入会はこちら(全特典について詳しくはこちら
-------------------------------------------------------------------

5月22日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】オークス展望:距離は不安も…自分の形あるスマイルカナに注目!
閲覧 1,855ビュー

先週のヴィクトリアマイルは、当コラムにて、

「盤石とは言い難いアーモンドアイ

として伏兵を探ったが、終わってみれば盤石の勝利であった。まったくもって見立て違いだったことをお詫びしたい。

久々の一戦だったが得意の東京の高速馬場、加えてスタートを決めるとスッと好位に付けることができた。この時点で既に勝負は半分決したようなものだったか。直線は後続を突き放すだけのワンサイドゲーム。終わってみれば4馬身差の圧勝劇で、一枚も二枚も能力が上だったということだろう。

また、4馬身離されたとはいえ2着サウンドキアラの充実ぶりも強く印象に残った。今年に入ってから重賞3連勝。いずれも好位からスッと抜け出す立ち回りセンスあふれる内容だったが、今回も大外枠ながらソツのない競馬でキッチリ2着確保。こちらは秋のマイルCSに是非出てきてほしいと思える内容だった。


〜裏開催の藤岡佑介騎手は引き続き狙い

また先週の当コラムで、現在のコロナ禍による東西の移動制限により裏開催で注目すべきジョッキーとして挙げた藤岡佑介騎手が、先週末も(4-7-1-5)と大活躍。土曜メインのベステンダンク(6番人気1着)など伏兵での好走も目立ち、裏開催では一枚上の存在感を見せている。

正直なところ藤岡佑介騎手の現在の技量でG1での乗り馬がいないのは不思議だが、今週も土日は京都での騎乗となる。「藤岡兄人気」もそこまでしないので、引き続き注意が必要だろう。

その他、穴っぽいジョッキーならば今週末はスワーヴアラミス平安Sにも騎乗する松田大作騎手、随所に頭脳プレーを見せてくれる坂井瑠星騎手にも注目したい。週末の移動制限は若手〜中堅クラス(松田騎手はベテランだが…)のジョッキーにはチャンスと言える状況。ココでアピールすることができれば、今後の飛躍への礎を作ることができるだろう。


オークス展望

さて、今週末はオークスが行われる。

デアリングタクトの無敗での桜花賞制覇から約1カ月半、当時の2着レシステンシアを除く上位勢がほぼ順当に集結し、楽しみな一戦になる。

そのデアリングタクトは当然注目。ただマイルでのあまりに力強い走りを見ても、距離延長に対しては不安も残るだけに、他の伏兵勢にもチャンスがありそうだ。

個人的に注目したいのはスマイルカナウインマリリンの2頭。

スマイルカナ桜花賞で9番人気の低評価を覆し3着と好走。デアリングタクト以上に距離への不安が付きまとうが、これまで逃げた時は全レース好走ととにかく自分の形を持っているのは強み。桜花賞は外の馬、差し馬に向いた流れをただ一頭粘っており、今度は良馬場でやれそうな点もプラスになる。展開のカギを握る馬という意味でも、この馬がどれくらいのペースを刻むのか注目したい。

ウインマリリンは前走のフローラSを好立ち回りで制したが、とにかく実戦に行ってしぶとく相手なりに走れるのが好印象。今回は主戦の横山武史騎手が騎乗停止により乗れないが、代役が父の横山典騎手ならば不安どころかむしろプラス材料だろう。距離に全く不安がないのも強みだ。

オークスの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

5月22日(金) 11:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020オークス(優駿牝馬)
閲覧 1,872ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。



5月24日(日) 東京11R 第81回優駿牝馬オークス) (3歳G1・牝馬・芝2400m)

【登録頭数:25頭】(フルゲート:18頭)

【優先出走馬】

ウインマリリン(B)中3週
1週前追い切りはモヤで終いしか見ることはできなかったが、しっかり伸びて疲れはなさそうな走り。乗り込み量も多く、引き続き良い状態をキープできている感じ。

クラヴァシュドール(C)中5週
この中間も、2週前に坂路、1週前にCWを長めから併せ馬。1週前の動きを見ると多少首が高く、強く追われることはなかった。輸送を考慮し、大きく馬体を減らしたくないという意図が見え隠れする内容。

スマイルカナ(B)中5週
この中間は乗り込み量豊富で、2週前には馬なりで速い時計。1週前にはモヤで時計は計測されていないものの、映像を見るに強めにビッシリと追ってきた印象で状態は良さそう

デアリングタクト(A)中5週
この中間は輸送を考慮してか、1週前に単走で強めに追われて好時計。毛艶が良く、ガッチリ押さえたまま好時計が出ている。やや硬い感じには映るものの、前走時よりは良くなっているように見えた。

デゼル(B)中2週
未勝利、前走とかなり入念な乗り込みの馬。今回はというと、中2週と間隔が詰まっているが、日曜日にCWを長めから併せて好時計&先着と、調子落ちはなさそう。前走時のパドックで絞れていた馬体は、これ以上大きく減ってしまうとどうかといった印象。再度の東京への輸送があり、その辺りが気になるところ。

ホウオウピースフル(C)中3週
中3週も乗り込み豊富。1週前追い切りは、終いもうひと伸びほしい動きにも見せているが、前走でも似たような感じだったので、それほど大きな変化はなさそう。

ミヤマザクラ(C)中5週
これまで1週前は併せ馬で追い切られてきたが、今回は単走での追い切り。時計は出ているが、これまでとの比較では乗り込み量が少なく、前走時の疲れを取れるのに時間がかかったのかもしれない。


【賞金上位馬】

マルターズディオサ(A)中5週
この中間は美浦での調整に戻り南W、坂路と乗り込み量豊富。1週前追い切りではインターミッションには遅れたものの、ワーケアには先着を果たし、動き良く好時計をマーク。状態は良さそう。

サンクテュエール(C)中5週
前走時は速い時計がかなり出ていてトレセンでの乗り込み本数も多かった馬。この中間は、牧場で調整されてトレセンではそれほど速い時計は出していない。1週前追い切りもモヤで時計は記録されていないが、動き自体はしっかりとした脚取りに映り、出来は悪くなさそう。

アブレイズ(A)中8週
2戦2勝でフラワーカップからの参戦。乗り込み量は豊富で、2週前、1週前とジョッキー騎乗で併せ馬を消化し、ともに好時計で先着。これまでは坂路中心で追い切られてきていたが、この中間はCWでの追い切りに変えてきている。距離を意識した感じのメニューもしっかりと消化し、状態は良さそう。

ウインマイティー(A)中5週
この中間は、前走時以上にしっかりと乗り込まれて2週前、1週前と併せ先着。1週前追い切りでは、大外を回って力強く僚馬をパス。状態は前走時以上に良さそう。

ウーマンズハート(C)中5週
馬体重の増減が激しい馬で、輸送もあるのでこの中間は坂路を馬なりでの調整。1週前追い切りも、これまではCWを併せ馬で追い切られていたが、今回は坂路単走。あまり速くならないように押さえての内容となっていて、気性的な不安を意識しての調整に感じる。

リアアメリア(A)中5週
前走時は、馬体も絞れていて仕上りは良さそうだった。この中間も乗り込み量は豊富で、1週前追い切りは坂路で素軽い動きを披露。休み明けを一度使われての上積みがありそう。

マジックキャッスル(D)中5週
前走時は速い時計が多く出ていたが、この中間は軽めの調整が多い。1週前追い切りも、併走相手と比べると走りに勢いがない感じ。小柄な馬なので、これ以上馬体を減らしたくないのかもしれない。

インターミッション(A)中5週
この中間は乗り込み豊富で、1週前追い切りでは南W3頭併せで大外を先行してワーケアマルターズディオサに抜かせない好内容。出来はかなり良さそう。

チェーンオブラブ(D)中5週
この中間は美浦に戻っての調整。乗り込み量は少なく、1週前追い切りでは先着したもののフラフラするようなところもあり、疲れが抜けるのに時間が掛かったような印象。


【抽選対象馬(2/8)】

フィオリキアリ(E)中5週
今回は1週前追い切りがCWだったが、併せ先着したものの伸び脚が物足りず。

リリーピュアハート(D)中5週
この中間も坂路で速い時計は出ているが、モタモタしたところがあり全体に動きが重い感じ。



◇今回はオークス編でした。
先週土曜、5/16 高知12R ファイナルレースで、1週前に10ヶ月休養から復帰の別府真衣騎手が久しぶりの勝利。通算700勝以上と、日本人女性騎手の中でも名古屋の宮下瞳騎手と並びトップクラスの実力をもつ同騎手の復活は、高知競馬にとっても地方競馬にとっても明るいニュースとなりそうです。地方競馬ではたくさんの女性騎手が各地の競馬場で頑張っていますし、JRAではご存知藤田菜七子騎手が女性騎手1人で頑張っています。
その菜七子騎手の師匠である根本調教師と昨年お話をする機会があり、菜七子騎手についてこんなことを語っていました。「たくさん騎乗依頼を頂いて勝てない時期が続くと精神的な疲れが溜まっていく。だから極力、競馬以外の仕事は受けないようにして、競馬に集中させてあげたいんだ」――と。
勝負の世界は男女関係なく、また基本的に負けることが多く、観ている側からでは分からない大変さはあると思いますし、精神的にも苦しい時はあると思います。それでも華やかで夢のある世界であり、多くの人たちを勇気づけたり感動させてくれる存在であることは間違いありません。
今週はオークスが行われますが、中央・地方関係なく、実力のある女性騎手が、桜花賞オークスに騎乗してきて、レースがより一層華やかになる時代というのも見てみたいものです。

それでは次回、東京優駿日本ダービー)編でお会いしましょう。


オークス出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

5月22日(金) 10:00 覆面ドクター・英
オークス・2020
閲覧 1,691ビュー


ヴィクトリアマイルも的中で今春は乗ってきました。穴で期待のセラピアは取り消しとなってしまいましたが、アーモンドアイはやはり圧倒的に強いし、2着3着もズバリで稼がせてもらいました。
以前は早さが大事かと思って、前週の日曜段階でほぼ仕上げていましたが、意外に(それが普通か・・・)読まれる方の多くは週の後半のようなので、水曜の追い切りまでみてからの原稿のほうが予想精度が上がり、良いようです。
北海道は引き続きコロナの件で、仕事はまだまだ大変ですが、終息したら予想コメントを各レースで入れられるよう頑張ります。


<全頭診断>
1番人気想定 デアリングタクト桜花賞でもレシステンシアをズバッと差し切っての3戦3勝と、全勝のままオークス参戦となる。マイルよりは中距離が元々良さそうなタイプで、ここも当然最有力。エピファネイア産駒は、シンボリクリスエスシーザリオから高い能力を引き継ぎ、また前進気勢を持つためか、思った以上にやれているという印象。正直もっとズブい感じの怠け者が多いのかと思っていたのだが、闘争心豊富で観ていて楽しい(エピファネイア自身は、福永騎手が折り合いを気にするあまり、下げ過ぎて現役時代を終わってしまったが、怯え逃げでなくボス逃げのタイプで、もっと前に行っていれば更に結果残せていたのではと、私自身は考えている馬)。能力が一枚上なので、負けなしでの二冠達成も十分期待できるのでは。

2番人気想定 デゼル:2戦2勝で、ディープインパクト×母がフランスのオークス馬という良血で、かつこの距離に強いトップ厩舎・友道厩舎ということもあるのだが、さすがにちょっと人気先行では、との印象。前走スイートピーSも後方から余裕の差し切りだったとはいえ、相手が正直かなり弱かった。先々楽しみではあるが、この段階でこの人気で、上りの速さに飛びつくのはちょっと早計では。

3番人気想定 クラヴァシュドール:阪神JF3着、チューリップ賞2着、桜花賞4着と世代上位の力はあるが、成長力がいまひとつな感じもあるし、ハーツクライ産駒だからといって距離延長がそう良さそうにも思えず。この人気だと妙味はなく、微妙な扱いの馬か。

4番人気想定 ミヤマザクラ:京都2歳Sで2着、クイーンC勝ち、桜花賞は5着止まりだったが、ポポカテペトルマウントロブソンの下のおなじみの芦毛馬。距離延長は当然良さそうなのだが、晩成血統で完成は先か。春時点だと、まだ物足りない走りのままかも。

5番人気想定 サンクテュエール:アルテミスS2着、シンザン記念勝ちの実績。前走の桜花賞6着は藤沢和厩舎の苦手な道悪ととることもできるが、この厩舎らしくマイル以下ベストと思われる。桜花賞でも終い止まっただけに、オークス向きとは感じない。

6番人気想定 リアアメリア:昨秋はアルテミスSを勝ったが阪神JF6着、桜花賞10着と成績は下降気味。アルテミスS勝ちの頃は世代トップレベル評価だったが、気難しさを増してきており、掛かる面もあってこの距離は向かない。

7番人気想定 ウインマリリン:4戦3勝で前走はフローラSを勝っての参戦。スクリーンヒーロー×フサイチペガサスと、地味だが能力を秘めそうな配合で、距離延長もそう苦にしないのでは。3勝すべてをあげている横山武騎手が騎乗停止で、父に乗り替わるのもいまやマイナスに思えるが・・・・・・。

8番人気想定 マルターズディオサ:阪神JF2着、チューリップ賞勝ちと人気以上に走ったが桜花賞は8着止まり。思っていた以上にスタミナ型に出ることが多いキズナ産駒だけに、この距離延長はプラスに出る可能性があり、穴にはいいのでは。

9番人気想定 ホウオウピースフルブラストワンピースの半妹で、フローラS2着とようやく上昇してきた。距離をこなす力もありそうで、穴で楽しみ。

10番人気以下想定
スマイルカナ:フェアリーS勝ち、桜花賞でも道悪で差しにくい馬場状態を生かして3着と粘り込んだ。ただ、東京の長い直線を粘り込めるだけの力はなさそう。

リリーピュアハート:早い時期から福永騎手がこの馬でオークスに行きたいと言っていたように、母父ガリレオでもあり距離適性十分。同じ東京2400mのゆりかもめ賞勝ちもあり、前走の忘れな草賞3着は距離不足か(笑) 前走で権利をとれずだが、抽選を通って出てくるようならヒモで買いたい馬。(→出走確定)

アブレイズ:2戦2勝でフラワーC勝ち。約2ヶ月空いたキズナ×ジャングルポケットのスタミナ配合で、状態さえ良ければ穴で狙えるか。

マジックキャッスルディープインパクト×ソーマジックという、それなりの活躍は手堅い血統だが……。ファンタジーS2着、クイーンC2着と頑張ってきたが、桜花賞は12着とトップレベルとは少し差がある感じ。デビュー戦が福島1200mだったように、2400m向きではない。

ウインマイティーゴールドシップ産駒らしく距離延長の忘れな草賞を勝ち、重馬場巧者であることも示した。この距離は更に良さそう。道悪での穴候補か。

ウーマンズハート:昨夏の新潟2歳S勝ちの頃は期待されていたのだが、阪神JF4着、チューリップ賞6着、桜花賞16着とトップとは離される一方。晩成と思われているハーツクライ産駒でも、早い時期から活躍する反面、やる気を無くしてしまう(気性の問題で尻すぼみになる)、結果的には早熟に映る馬も結構いて、そのタイプに思える。

チェーンオブラブ:フェアリーS2着がオープンでは最高着順で、チューリップ賞9着、桜花賞14着と厳しそう。

フィオリキアリ桜花賞でのめりながらも最後方から7着まで押し上げてきて、キズナ産駒らしくこの距離になるのはいいのかも。

インターミッション:アネモネS勝ちで臨んだ桜花賞が13番人気14着と、まだ上とは差がある状況。



<まとめ>
最有力:デアリングタクト

ヒモに:ミヤマザクラウインマリリン

穴で:マルターズディオサリリーピュアハートアブレイズホウオウピースフル

[もっと見る]

5月20日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年05月20日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(203)
閲覧 2,119ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、平安ステークス・メイステークス・鳳雛ステークス・韋駄天ステークス・オークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年05月23日(土) 京都11R 平安ステークス
【出走数別成績(2013年以降)】
●24戦以内 [7-5-4-47](3着内率25.4%)
●25戦以上 [0-2-3-43](3着内率10.4%)
→キャリアの浅い馬が中心。なお、出走数が25戦以上、かつ前走の着順が6着以下だった馬は2013年以降[0-0-0-27](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。


▼2020年05月23日(土) 東京11R メイステークス
【馬齢別成績(2016年以降)】
●4歳 [3-1-2-6](3着内率50.0%)
●5~6歳 [1-2-1-17](3着内率19.0%)
●7歳以上 [0-1-1-21](3着内率8.7%)
→若い馬ほど信頼できる一戦。高齢馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
東京芝1800m×キングカメハメハ×前走9着以内
→3着内率45.0%、複勝回収率155%


▼2020年05月24日(日) 京都10R 鳳雛ステークス
【“同年、かつJRA、かつ1600m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [6-6-6-19](3着内率48.6%)
●なし [0-0-0-21](3着内率0.0%)
→年明け以降の戦績を素直に評価した方が良さそう。また、枠番が1枠だった馬は2014年以降[0-0-0-6](3着内率0.0%)と期待を裏切りがちです。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

5月18日(月) 11:00 【ウマニティ】
【U指数的分析】オークス2020
閲覧 2,581ビュー

オークス優駿牝馬)】2012年以降の傾向

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ


<ポイント①>
・2012年以降で2着連対した16頭のうち11頭がU指数5位以内。基本的に指数上位馬を信頼できるが、指数上位馬は人気も上位というケースが多く、配当妙味はない。U指数を考慮せずに見ても、ふたケタ人気馬の馬券絡みは数えるほどで、人気サイドで決まりやすいレースであることがわかる。よって、指数上位の人気馬を中心に手堅く攻めるのがベター。

<ポイント②>
・軸馬の絞り込みは難しいが、頼れるのは高指数の桜花賞直行組。なかでも指数90以上かつ桜花賞で5番人気以内だった馬の期待値が高く、単勝回収率182.7%、複勝回収率107.3%を記録。連続好走にせよ凡走からの巻き返しにせよ、桜花賞で高い支持を集めていた馬が底力を見せる傾向にある。

<ポイント③>
・低指数馬が3着に入ることはあるが、2着連対圏に食い込んでくる可能性は低い。取捨の基準は、指数90という壁を越えているかどうか。90未満の馬は【1.2.4.61】となっている。例外は14年1着のヌーヴォレコルト(前走桜花賞3着)、17年2着のモズカッチャン(前走フローラS1着)、19年2着のカレンブーケドール(前走スイートピーS1着)と主要ローテでしっかり結果を残している。実績のない低指数馬は基本的に軽視のスタンスで問題ない。


オークスの予想U指数はこちら⇒(オークス重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!


--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 76ビュー

ダービーは『血統のみ』で見たら父にシンボリクリスエスを持つコルテジアだな。シンボリクリスエスはやたら東京2400に影響力あるみたいで、母父くらいでも十分なくらい力を発揮する。最近で言えば先週のオークス馬デアリングタクトの父父だったりする。コルテジアの母父はダービー&ジャパンカップ馬でオークス馬も出したジャングルポケットなので、まあ、及第点、特別良いとは思わない。とにかく父シンボリクリスエスが良い

そういう点でも父オルフェーヴル、母にエピファネイアの全妹であるロザリンドを持つオーソリティ回避は悲しい。母父シンボリクリスエス、母母シーザリオ、母母父スペシャルウィークという東京2400のための血統で青葉賞をあの状況からあのタイムで勝ったのだから

まあ私はビターエンダー本命なのでコルテジアは買っても2,3着ですね

5月28日(木) 07:00 Hayaさん
【~術はある~】(2020.5.28.)(葵S、東京優駿~日本ダービ...
閲覧 245ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週末は競馬の祭典『東京優駿~日本ダービー』が施行される。世代トップに輝くのは、どの馬なのか!?

その攻略法のひとつとして、『皐月賞3着内の馬or皐月賞5番人気以内の馬』に注目。
今年出走メンバーで該当するのは、
皐月賞1~3着
コントレイル、サリオス、ガロアクリーク
皐月賞1~5番人気
コントレイル、サトノフラッグ、サリオス、ヴェルトライゼンデ、クリスタルブラック(未出走)

まとめると 
コントレイル、サリオス、ガロアクリーク、サトノフラッグ、ヴェルトライゼンデ 以上の5頭。

また、穴馬として皐月賞以外『前走、4角5番手以内の馬』にも注目。
(当日の枠順が馬番7番以内に限る)
毎日杯2着 アルジャンナ(4角4番手)、
プリンシL1着 ビターエンダー(4角3番手)、
青葉賞2着 ヴァルコス(4角3番手) 以上3頭。

ちなみに、昨年のダービー優勝馬1枠1番ロジャーバローズ(京都新聞杯2着 4角1番手)は穴馬に該当。ダービー2着ダノンキングリー(皐月賞3着)、3着ヴェロックス(皐月賞2着)でした。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 途中経過】
第5期(4月25日~5月31日)12日間(福島牝馬S~目黒記念:全15戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3平安ステークスでは、7番ゴールドドリーム軸で勝負!
ワイド( 7 ⇒ 5,10,11 ) 馬連( 7 ⇒ 10,11 )
結果は、ワイド馬券W的中!(420円/590円)

土曜「平安ステークス」の軸馬ゴールドドリーム、先行追走から直線で弾けて優勝…のはずが、伸びきれず3着入線!ただ、ワイド馬券W的中!(5-7\420/7-11\590)反省点として、軸馬選択の失敗!? 一見、当てているので良いはずだが、仮に軸馬がオメガパフュームだったら、馬連(\2100)も…。例年とは違い、G1クラスの豪華メンバーでの争い!ゴールドドリームvsオメガパヒューム の天秤でゴールドを選択…残念。


日曜、G1優駿牝馬~オークスでは、4番デアリングタクト軸で勝負!
馬連( 4 - 1,2,6,10,18 )
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「優駿牝馬~オークス」の軸馬デアリングタクト、中団追走から直線で弾けて優勝!!狙い通り先行で粘っているはずのミヤマザクラ(7着)がいない??変わってウインマリリンが粘って2着入線…残念。
反省点として、相手馬選択に失敗!? 相手馬では、4着入線リアアメリアが最高着順。勝手な見解だが、「前走、重馬場で善戦した馬は消耗度が激しく次のレースに悪い影響が出る」という見方があり、今回桜花賞(重馬場)で善戦した馬の評価を見直していたはずだが、優勝馬デアリングタクトだけでは…残念。ちなみに、下記は桜花賞からオークスへ出走した結果(着順)。
(桜花賞着順 - 馬 名 - オークス着順)
桜花賞1着デアリングタクト=1着
桜花賞2着レシステンシア=NHKマイルC2着(その後、骨折が判明)
桜花賞3着スマイルカナ=16着
桜花賞4着クラヴァシュドール=15着
桜花賞5着ミヤマザクラ=7着
桜花賞6着サンクテュエール=13着
桜花賞7着フィオリキアリ=14着
桜花賞8着マルターズディオサ=10着
桜花賞10着リアアメリア=4着
桜花賞11着チェーンオブラブ=6着
桜花賞12着マジックキャッスル=5着
桜花賞14着インターミッション=18着
桜花賞16着ウーマンズハート=12着

とりあえず片目だけ、2戦=1勝1敗。 ここまで落ち込むのは久々だけに一気に巻き返し、気持ち良く終わりたい!? 残り3戦、すべて当ててスッキリ!! 


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
葵ステークス=京都(芝)1200=C(73)内枠有利
日本ダービー=東京(芝)2400=A(78)内枠有利
目黒記念=東京(芝)2500=B(74)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G3平安ステークス (タイム1分56秒0)の回顧>
LAP(前半3F 33.0)
LAP(後半3F 36.1)

ヒストリーメイカー(4着)
中団後方追走から直線で上がり3ハロン36秒2(4位タイ)で追い上げるも4着まで…残念。
位置取りがもう少し前目なら、着順も違っていたはず!? ちなみに3着馬ゴールドドリームと上がり3ハロンタイムは同じだった。

<重賞ラップ分析実戦篇>
重賞 葵ステークス 京都(芝)右1200㍍

<傾 向>
舞台となる京都1200mは高速決着になることが多い。ゆえに、スピードと瞬発力を兼ね備えた馬が狙い目となる。
<ポイント>
ここ4年は連続して牝馬が勝利して、2頭以上馬券に絡む活躍!!
<注目馬>
抽選対象馬ビップウインク(牝3、栗東・清水久詞)
芝1200㍍戦に距離短縮して連勝中!! 馬体重490㌔前後の大型馬、前走タイム1分09秒0(中山)は、上がり3ハロン(1位)34秒6で2着馬に0秒6着差勝ち!! 

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(葵ステークス)
注目したのは、"馬番コンピ指数2位"
条件として"指数値64 or 63" の場合のみ
過去10年内3回 的中率100%/回収率233%

さらに"馬番コンピ指数12位"にも注目!!
条件として"指数値47"の場合のみ
過去10年内2回 的中率100%/回収率1120%

複勝で狙うのだが、いずれにしても出現率が低いのが難点!?

(東京優駿~日本ダービー)
注目したのは、"馬番コンピ指数2~3位"

条件として、指数値65~60の場合のみ

過去10年内6回 的中率83%/回収率200%
近5年内 4回 的中率100%/回収率202%

狙うのは "複勝" で勝負!?

(目黒記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数5~6位"
条件として "指数値57 or 56" の場合のみ
過去10年内6回 的中率83%/回収率260%
近5年内 2回 的中率100%/回収率385%

近2年連続出現していないだけに、今年出現すれば??
複勝で狙う!!

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

5月28日(木) 00:04 ちびざるさん
【雑感】デアリングタクトについて・・・・。
閲覧 190ビュー

先週の日曜のメインからオークスを回顧。
勝ったのは、デアリングタクトでした。
五分のスタートから今回は後方からの競馬。
道中も上手く流れには乗れていたと思います。
直線を向いて外に持ち出したかったが、リアアメリアにロックされる形に。
進路があくまで我慢し、馬群がばらけた間隙を縫って、ゴーサイン。
その後の伸びは溜めた分、これまでのレースで見たことのない伸びで
キッチリ差し切りました。
着差以上の強さでしたね。
今年はコロナ渦の影響で、国内に専念のこと。
無敗の三冠牝馬誕生なるか注目ですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、そのデアリングタクトについて。
レース後、ネット上では、凱旋門賞とか、地上波では、アーモンドアイに勝てるのはこの馬。
とか言われていますが、果たしてどうなのでしょうか。
個人的な見解ですが、
まずは、アーモンドアイに勝てるかということですが
これは現時点では、さすがに厳しい気がします。
条件により単純な比較はできないとは思いますが、持ち時計に差があるのは否めない。
先週のヴィクトリアマイルを見ても好位から抜け出す競馬が板についてきた
アーモンドアイを負かすのは牡馬でも難しいと思います。
直接対決を見てみたいとは思いますが、実現するのでしょうか。

もう一つの凱旋門賞については、こちらのが面白いと思います。
血統的にも父エピファネイアは重馬場のジャパンカップを圧勝し、次年のドバイワールドカップに出走しています。
どちらかといえばパワータイプだったかと思います。エピファネイアの父は
シンボリクリスエス。産駒にルヴァンスレーヴを筆頭にダートでも活躍馬を出しているように
こちらもパワータイプ。以前、日記でルヴァンスレーヴで欧州の芝のレースで見てみたいと書いたと思います。
デアリングタクトも重馬場でも最後までしっかり伸びていましたし欧州の芝は合っていると思います。
あとは、凱旋門賞を勝ちに行くなら、もう少し前で競馬が出来るかですね。
オークスの位置からでは厳しいと思います。ディープインパクトでさえ差し切れなかったですからね。
勝機を見出すなら前目からの競馬ができるかだと思います。
この辺は、秋以降、気性の成長次第かと思います。


最後に、日本ダービーについて。現時点での私の注目馬は、コントレイルですね。
前走の皐月賞は1着でした。
先週のデアリングタクトに続いて無敗で皐月賞を制覇しました。
その皐月賞は1番枠で後方から競馬で鞍上がミスったかと思いましたが
捲りの競馬で難なく勝ちました。
この馬の凄さは、鞍上のミスを帳消しにする走るをすることですかね。
少々の騎乗ミスはお構いなしって感じですからね。
この一番でもそうなるのか。注目したいですね。
あとは距離。ホープフルステークスの時に調教師がマイル前後がベストと言っていたように思います。
それでも完成度の高さで勝ちました。完成度の高さで2400Mまで克服するのか
こちらも注目したいですね。
個人的には、鞍上の騎乗ミスに注目してしまうかも・・・。(^^;

[もっと見る]

5月27日(水) 10:35 トーホーアマさん
ダービー ~過去傾向~
閲覧 93ビュー

先週はストレート負けを喫し凹みました。
相当流れ悪く、100パーセント超えたもののここ2週で85%回収なってしまいトータル12万負けとなりました。

5月に入っての重賞に関しても

天皇賞◎トーセンカンビーナ 5着
新潟大賞典◎トーセンスーリや・プレシャスブルー 1・3着
NHKマイル ◎ソウルトレイン 10着
京王杯◎セイウンコウセイ 5着
VM ◎トロワゼトル・ダノンファンタジー 4.5着
平安S◎スワーヴアラミス 5着
オークス ◎マジックキャッスル・マルタ―ズデイオーサ 5着・10着

と 5着病に悩まされてます。人気以上に走って掲示板に乗ってる馬なのであと一つ何かかみ合ってほしいなと思う。
週中で取り上げてる馬は(対抗)は調子は良さそう。

ダービー過去傾向(14~

 平均単勝配当  2040.0円 (6件)
 平均複勝配当  494.4円 (18件)
 平均枠連配当  2266.7円 (12件)
 平均馬連配当  4050.0円 (12件)
 平均馬単配当  11828.3円 (12件)
 平均3複配当  94690.0円 (18件)
 平均3単配当  531815.0円 (18件)

去年のロジャーバローズ90倍の馬が大荒れ演出みせて平均配当をあげたのかなと印象。

メモ
・調教量Aが調子よい
・紐あれはしやすい
・後ろロジック強い
・全印入りがよし
・皐月からの巻き返し馬が馬券。


・皐月からの巻き返し馬が馬券。皐月→ダービー着順

18年 ワグネリアン 4着→1着
17年 レイデオロ  5着→1着
    スワーヴリチャード 6着→2着
15年 サトノクラウン 6着→3着
14年 ワン&オンリー 4着→1着

これら共通事項がもうひとつ

18年 ワグネリアン(11-10-12)7着
17年 レイデオロ (16-16-14) 5着
   スワーヴリチャード(9-11-10)6着
15年 サトノクラウン (12-13-9) 6着
14年 ワン&オンリー (18-17-12) 4着


位置取りで9-12位以内で届かなかった馬たちの巻き返し。
勿論嵌らない年、去年・16年みたいな年もあるがここら辺は1つの狙い。

何か明確な事情での皐月の順位

18年 ワグネリアン 7着 (皐月当日馬場悪。明確な前残り馬場)
17年 レイデオロ (ダービー1本縛り。調教師も明言)
    スーヴ(当時右回り苦手。)
15年 サトノクラウン(位置取り・大外ロスが大きい)

と、何か皐月での敗因に明確な理由付けがある馬が巻き返しそう。
もともとは先行もできる馬がよし。


該当馬
・コルテジア
・ダーリントンホール
・ヴェルトライゼンデ

コルテジア 皐月内馬場全滅の中、唯一走ってきて最後にも抜いてる馬いる前向きさ。
ダーリントンホール 前走出遅れ。
ヴェルトライゼンテ 大外



オークスみたいなレースになるのではないかなと思う。
差し―差し―差しとかではなく、ペース的にもスローレースがベースなので前残り警戒。


週中気になる馬
サリオス

ここ2年、1番人気 ダノンプレミア 1番人気 サートルナーリア は2頭とも距離不安ささやかれてた中、しっかり飛んだ。今回のコントレイルも騎手は1800m、矢作は2000mがこの馬の適性とは言ってたのでどうか。

個人的には脚長コントレイルが凱旋門挑戦よりも、この超短足、同寸体の馬が凱旋門挑戦してほしいとかなり思うのでこの馬に期待。中々こんな馬体の馬で能力ある馬出てこない思う。

[もっと見る]

私、2日前のウイン5は後から考えるといい線いってた。。。
閲覧 21ビュー

オークスは桜花賞の勝ちっぷりをみて「松山の馬」と決めいた。
新潟1000は「かつしゅん(鮫島)」の腕が凄いのと馬が凄いのでライオンボス

普段は全く意識しないウイン5だが、5つのうち、2つ確定してるとなれば欲が出た。

京都10レースと11レースを見て、「坂井が10レース勝ったら、11レースも勢いで勝やろう」と思い坂井、坂井で

残る東京10レースは何も予想せず「荒れてくれ」と思い全通り14通り、

100円×14通り買った

結果は京都の坂井2つが外れ、あと3レースは的中。

今日知ったが、坂井って日曜日、10レース迎えるまで3勝挙げてたのか。。。。

昔、坂井が安土?ステークスで大本命馬に乗ってスタート大きく出遅れたのに2着に持ってきたのを見て、競馬通に「坂井って誰や?」聞くと「将来、彼はトップ騎手になるで」言うてた。やっぱ、上手い人なんやなぁ

[もっと見る]

5月26日(火) 18:10 ビバ競馬さん
楽しむ競馬回収作戦、63年ぶりという快挙オークスの回顧。
閲覧 50ビュー

いよいよダービーウィーク。オークスも何度か見直したらやはりデアリングタクトは強い

しかし、それを上回る牡馬の強さを見せ付ける圧倒的パフォーマンスをコントレイルに期待したい

オークスの詳しい回顧は

https://blue0220.xyz

を読んで下さい

週末のダービーはお互いに的中🎯させて美酒を味わいましょう

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 平安S(ダ1900メートル)が23日、京都競馬場で14頭によって争われ、3番人気で北村友騎乗のオメガパフュームが、59キロの最重量を背負って豪快に差し切り、東京大賞典から連勝で重賞5勝目をマーク。連覇がかかる帝王賞(6月24日、大井、交流GI、ダ2000メートル)に向けて好発進を決めた。2着は5番人気のヴェンジェンス、3着は2番人気のゴールドドリームが入り、1番人気のロードレガリスは10着に敗れた。

 春の青空に包まれた淀のダートで、芦毛の馬体が躍動した。交流GI3勝を誇るオメガパフュームが貫禄の差し切り。新型コロナウイルス感染拡大防止による移動制限のため、主戦のM・デムーロ騎手に替わって手綱を任された北村友騎手は、ホッとした表情を浮かべる。

 「スタートが良く、予想以上にいいポジションで進められました。追い切りの時と同じように、すごく反応が良く、最後まで長くいい脚を使ってくれました。59キロを背負ってこのパフォーマンスですし、すごく力のある馬だと思います」

 好スタートから楽に中団馬群をキープ。道中の手応えも十分で、抑え切れない感じで直線へ向かう。余裕を持って鞍上がゴーサインを下すと、先に抜け出したヴェンジェンスを猛追する。メンバー最速の上がり3ハロン35秒5の脚を使い、最後は余力たっぷりに1馬身1/4差をつけてゴール。ゴールドドリームや上がり馬など豪華メンバーがそろった一戦で、地力上位をアピールした。

 同じく59キロを背負った昨年は3着だったが、東京大賞典の連覇から5カ月ぶりで挑んだ今年はリベンジに成功。馬体重を考慮しながらの調整だった昨年とは違い、1年を経て馬体が充実。安田翔調教師は「馬が成長して、走りの効率が良くなりました。馬体がしぼまないようになりましたし、馬もしっかり応えてくれました」と充実ぶりに目を細める。

 今後は在厩したまま調整が進められ、帝王賞(6月24日、大井、交流GI、ダ2000メートル)連覇を狙う。「本番に向けて結果と内容を伴ういいレースができました」とトレーナーは手応え十分。本格化を遂げたオメガパフュームが、ダート界の真の頂点を目指して突き進む。(斉藤弘樹)

オメガパフューム 父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス、母の父ゴールドアリュール。芦毛の牡5歳。栗東・安田翔伍厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は原禮子氏。戦績16戦8勝(うち地方5戦3勝)。獲得賞金4億2591万4000円(うち地方2億6375万円)。重賞は2018年GIIIシリウスS、交流GI東京大賞典、19年交流GI帝王賞、交流GI東京大賞典に続く5勝目。平安S安田翔伍調教師、北村友一騎手ともに初勝利。馬名の意味・由来は「冠名+香水。母名より連想」。

★23日京都11R「平安S」の着順&払戻金はこちら

【平安S】ゴールドドリームは収穫十分の3着 5月24日() 04:50

 2番人気のゴールドドリームは、4番手からジリジリと伸びたものの、3着に終わった。「調教の時点で少し物足りない感じでしたが、レースでの手応えは良かったですね。位置を取りに行った分、勝ち馬に蓋をされる形になったけど、そこからは脚を伸ばしてくれました。これを使って良くなると思います」と藤岡佑騎手は納得の表情。平田調教師も「(海外遠征後の久々で)完調一歩手前だったからね。GIの叩き台と思えば、いい競馬はしてくれた」と、次走予定の帝王賞を見据えていた。

★23日京都11R「平安S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【平安S】レースを終えて…関係者談話 5月24日() 04:49

 ◆幸騎手(ヴェンジェンス2着)「自分が思っていたより前の位置になりましたが、最後まで力のある内容だったと思います。次が楽しみ」

 ◆畑端騎手(ヒストリーメイカー4着)「いつもより折り合いがついていたぶん、最後はいい脚でした。右にモタれる面も少しましになっていました」

 ◆松田騎手(スワーヴアラミス5着)「いい形で運べましたし、バッタリ止まっているわけではないですからね。メンバーも今回はしっかりしていましたから」

 ◆北村宏騎手(マグナレガーロ6着)「緩さがあると聞いていましたが、その通りの印象でした。その中でこれだけ踏ん張ってくれて、まだ変わる余地があると思います。上でもやれる感じでした」

 ◆酒井騎手(ダンツゴウユウ7着)「ポンと出ましたが、このメンバーですし我慢させる競馬をしました。3、4コーナーの動きはズブかったけど、最後は脚を使ってくれました」

 ◆池添騎手(ロードレガリス10着)「ゲートを出た瞬間から耳を絞って進んで行きませんでした。気の悪さを出して、集中させられませんでした。申し訳ないです」

★23日京都11R「平安S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【平安S】7歳馬ヴェンジェンスが2着 幸「最後まで力のある内容だった」 5月23日() 18:43

 5月23日の京都11Rで行われた第27回平安ステークス(GIII、4歳以上オープン、ダート1900メートル、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、北村友一騎手騎乗の3番人気オメガパフューム(牡5歳、栗東・安田翔伍厩舎)がGI馬の実力を見せつけ重賞5勝目。タイムは1分56秒0(良)。



 昨年のみやこS優勝馬ヴェンジェンスは、7歳馬ながらも衰えを知らない走りを見せ2着。好スタートを切ると3番手のポジションをとり、終始リラックスした走り。手応えよく直線を向かえ、抜け出しを図るも外からきた勝ち馬にねじ伏せられた。



 幸英明騎手「自分が思っていたよりも前の位置になりましたが、最後まで力のある内容だったと思います。次が楽しみ」



★【平安S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【平安S】GI5勝馬ゴールドドリームは3着 藤岡佑「これを使って良くなる」 5月23日() 18:42

 5月23日の京都11Rで行われた第27回平安ステークス(GIII、4歳以上オープン、ダート1900メートル、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、北村友一騎手騎乗の3番人気オメガパフューム(牡5歳、栗東・安田翔伍厩舎)がGI馬の実力を見せつけ重賞5勝目。タイムは1分56秒0(良)。



 2月にサウジアラビアで実施されたサウジC6着以来、約3力月ぶりの出走となったGI5勝馬ゴールドドリームは道中4、5番手を追走。直線で馬群の間から抜け出しを図るも上位2頭に及ばす1馬身1/4差+2馬身差の3着に終わった。



 藤岡佑介騎手「勝ち馬に蓋をされる形でしたが、そこからは脚を伸ばしてくれました。これを使って良くなると思います」



★【平安S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【平安S】ロードレガリス10着で連勝ストップ 池添謙「集中させられなかった」 5月23日() 18:41

 5月23日の京都11Rで行われた第27回平安ステークス(GIII、4歳以上オープン、ダート1900メートル、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、北村友一騎手騎乗の3番人気オメガパフューム(牡5歳、栗東・安田翔伍厩舎)がGI馬の実力を見せつけ重賞5勝目。タイムは1分56秒0(良)。



 GI馬2頭を差し置いて1番人気に推されたロードレガリスは、ゲートをしっかり出るも進んで行かず後方から。向正面で早くもムチが入るなどチグハグな競馬で見せ場なく10着に終わり、大井所属時からの連勝は6でストップした。



 池添謙一騎手「ゲートを出た瞬間から耳を絞り、進んでいきませんでした。気の悪さを出し、集中させられませんでした。申し訳ないです」



★【平安S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,855ビュー

先週のヴィクトリアマイルは、当コラムにて、

「盤石とは言い難いアーモンドアイ

として伏兵を探ったが、終わってみれば盤石の勝利であった。まったくもって見立て違いだったことをお詫びしたい。

久々の一戦だったが得意の東京の高速馬場、加えてスタートを決めるとスッと好位に付けることができた。この時点で既に勝負は半分決したようなものだったか。直線は後続を突き放すだけのワンサイドゲーム。終わってみれば4馬身差の圧勝劇で、一枚も二枚も能力が上だったということだろう。

また、4馬身離されたとはいえ2着サウンドキアラの充実ぶりも強く印象に残った。今年に入ってから重賞3連勝。いずれも好位からスッと抜け出す立ち回りセンスあふれる内容だったが、今回も大外枠ながらソツのない競馬でキッチリ2着確保。こちらは秋のマイルCSに是非出てきてほしいと思える内容だった。


〜裏開催の藤岡佑介騎手は引き続き狙い

また先週の当コラムで、現在のコロナ禍による東西の移動制限により裏開催で注目すべきジョッキーとして挙げた藤岡佑介騎手が、先週末も(4-7-1-5)と大活躍。土曜メインのベステンダンク(6番人気1着)など伏兵での好走も目立ち、裏開催では一枚上の存在感を見せている。

正直なところ藤岡佑介騎手の現在の技量でG1での乗り馬がいないのは不思議だが、今週も土日は京都での騎乗となる。「藤岡兄人気」もそこまでしないので、引き続き注意が必要だろう。

その他、穴っぽいジョッキーならば今週末はスワーヴアラミス平安Sにも騎乗する松田大作騎手、随所に頭脳プレーを見せてくれる坂井瑠星騎手にも注目したい。週末の移動制限は若手〜中堅クラス(松田騎手はベテランだが…)のジョッキーにはチャンスと言える状況。ココでアピールすることができれば、今後の飛躍への礎を作ることができるだろう。


オークス展望

さて、今週末はオークスが行われる。

デアリングタクトの無敗での桜花賞制覇から約1カ月半、当時の2着レシステンシアを除く上位勢がほぼ順当に集結し、楽しみな一戦になる。

そのデアリングタクトは当然注目。ただマイルでのあまりに力強い走りを見ても、距離延長に対しては不安も残るだけに、他の伏兵勢にもチャンスがありそうだ。

個人的に注目したいのはスマイルカナウインマリリンの2頭。

スマイルカナ桜花賞で9番人気の低評価を覆し3着と好走。デアリングタクト以上に距離への不安が付きまとうが、これまで逃げた時は全レース好走ととにかく自分の形を持っているのは強み。桜花賞は外の馬、差し馬に向いた流れをただ一頭粘っており、今度は良馬場でやれそうな点もプラスになる。展開のカギを握る馬という意味でも、この馬がどれくらいのペースを刻むのか注目したい。

ウインマリリンは前走のフローラSを好立ち回りで制したが、とにかく実戦に行ってしぶとく相手なりに走れるのが好印象。今回は主戦の横山武史騎手が騎乗停止により乗れないが、代役が父の横山典騎手ならば不安どころかむしろプラス材料だろう。距離に全く不安がないのも強みだ。

オークスの結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

5月22日(金) 10:12 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞】平安ステークス2020・GIIIの枠順が確定!ネット競馬新聞を一般会員の方に公開!
閲覧 371ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


平安ステークス・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

[もっと見る]

5月20日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年05月20日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(203)
閲覧 2,119ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、平安ステークス・メイステークス・鳳雛ステークス・韋駄天ステークス・オークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年05月23日(土) 京都11R 平安ステークス
【出走数別成績(2013年以降)】
●24戦以内 [7-5-4-47](3着内率25.4%)
●25戦以上 [0-2-3-43](3着内率10.4%)
→キャリアの浅い馬が中心。なお、出走数が25戦以上、かつ前走の着順が6着以下だった馬は2013年以降[0-0-0-27](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。


▼2020年05月23日(土) 東京11R メイステークス
【馬齢別成績(2016年以降)】
●4歳 [3-1-2-6](3着内率50.0%)
●5~6歳 [1-2-1-17](3着内率19.0%)
●7歳以上 [0-1-1-21](3着内率8.7%)
→若い馬ほど信頼できる一戦。高齢馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統偏差値』要注目種牡馬】
東京芝1800m×キングカメハメハ×前走9着以内
→3着内率45.0%、複勝回収率155%


▼2020年05月24日(日) 京都10R 鳳雛ステークス
【“同年、かつJRA、かつ1600m以上、かつ出走頭数が10頭以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [6-6-6-19](3着内率48.6%)
●なし [0-0-0-21](3着内率0.0%)
→年明け以降の戦績を素直に評価した方が良さそう。また、枠番が1枠だった馬は2014年以降[0-0-0-6](3着内率0.0%)と期待を裏切りがちです。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 245ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

今週末は競馬の祭典『東京優駿~日本ダービー』が施行される。世代トップに輝くのは、どの馬なのか!?

その攻略法のひとつとして、『皐月賞3着内の馬or皐月賞5番人気以内の馬』に注目。
今年出走メンバーで該当するのは、
皐月賞1~3着
コントレイル、サリオス、ガロアクリーク
皐月賞1~5番人気
コントレイル、サトノフラッグ、サリオス、ヴェルトライゼンデ、クリスタルブラック(未出走)

まとめると 
コントレイル、サリオス、ガロアクリーク、サトノフラッグ、ヴェルトライゼンデ 以上の5頭。

また、穴馬として皐月賞以外『前走、4角5番手以内の馬』にも注目。
(当日の枠順が馬番7番以内に限る)
毎日杯2着 アルジャンナ(4角4番手)、
プリンシL1着 ビターエンダー(4角3番手)、
青葉賞2着 ヴァルコス(4角3番手) 以上3頭。

ちなみに、昨年のダービー優勝馬1枠1番ロジャーバローズ(京都新聞杯2着 4角1番手)は穴馬に該当。ダービー2着ダノンキングリー(皐月賞3着)、3着ヴェロックス(皐月賞2着)でした。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
金曜日 : 週末の重賞(有力馬ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。<(_ _)>

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 途中経過】
第5期(4月25日~5月31日)12日間(福島牝馬S~目黒記念:全15戦)

週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3平安ステークスでは、7番ゴールドドリーム軸で勝負!
ワイド( 7 ⇒ 5,10,11 ) 馬連( 7 ⇒ 10,11 )
結果は、ワイド馬券W的中!(420円/590円)

土曜「平安ステークス」の軸馬ゴールドドリーム、先行追走から直線で弾けて優勝…のはずが、伸びきれず3着入線!ただ、ワイド馬券W的中!(5-7\420/7-11\590)反省点として、軸馬選択の失敗!? 一見、当てているので良いはずだが、仮に軸馬がオメガパフュームだったら、馬連(\2100)も…。例年とは違い、G1クラスの豪華メンバーでの争い!ゴールドドリームvsオメガパヒューム の天秤でゴールドを選択…残念。


日曜、G1優駿牝馬~オークスでは、4番デアリングタクト軸で勝負!
馬連( 4 - 1,2,6,10,18 )
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「優駿牝馬~オークス」の軸馬デアリングタクト、中団追走から直線で弾けて優勝!!狙い通り先行で粘っているはずのミヤマザクラ(7着)がいない??変わってウインマリリンが粘って2着入線…残念。
反省点として、相手馬選択に失敗!? 相手馬では、4着入線リアアメリアが最高着順。勝手な見解だが、「前走、重馬場で善戦した馬は消耗度が激しく次のレースに悪い影響が出る」という見方があり、今回桜花賞(重馬場)で善戦した馬の評価を見直していたはずだが、優勝馬デアリングタクトだけでは…残念。ちなみに、下記は桜花賞からオークスへ出走した結果(着順)。
(桜花賞着順 - 馬 名 - オークス着順)
桜花賞1着デアリングタクト=1着
桜花賞2着レシステンシア=NHKマイルC2着(その後、骨折が判明)
桜花賞3着スマイルカナ=16着
桜花賞4着クラヴァシュドール=15着
桜花賞5着ミヤマザクラ=7着
桜花賞6着サンクテュエール=13着
桜花賞7着フィオリキアリ=14着
桜花賞8着マルターズディオサ=10着
桜花賞10着リアアメリア=4着
桜花賞11着チェーンオブラブ=6着
桜花賞12着マジックキャッスル=5着
桜花賞14着インターミッション=18着
桜花賞16着ウーマンズハート=12着

とりあえず片目だけ、2戦=1勝1敗。 ここまで落ち込むのは久々だけに一気に巻き返し、気持ち良く終わりたい!? 残り3戦、すべて当ててスッキリ!! 


過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
葵ステークス=京都(芝)1200=C(73)内枠有利
日本ダービー=東京(芝)2400=A(78)内枠有利
目黒記念=東京(芝)2500=B(74)内枠有利

【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G3平安ステークス (タイム1分56秒0)の回顧>
LAP(前半3F 33.0)
LAP(後半3F 36.1)

ヒストリーメイカー(4着)
中団後方追走から直線で上がり3ハロン36秒2(4位タイ)で追い上げるも4着まで…残念。
位置取りがもう少し前目なら、着順も違っていたはず!? ちなみに3着馬ゴールドドリームと上がり3ハロンタイムは同じだった。

<重賞ラップ分析実戦篇>
重賞 葵ステークス 京都(芝)右1200㍍

<傾 向>
舞台となる京都1200mは高速決着になることが多い。ゆえに、スピードと瞬発力を兼ね備えた馬が狙い目となる。
<ポイント>
ここ4年は連続して牝馬が勝利して、2頭以上馬券に絡む活躍!!
<注目馬>
抽選対象馬ビップウインク(牝3、栗東・清水久詞)
芝1200㍍戦に距離短縮して連勝中!! 馬体重490㌔前後の大型馬、前走タイム1分09秒0(中山)は、上がり3ハロン(1位)34秒6で2着馬に0秒6着差勝ち!! 

【今週末の重賞レースの馬番コンピ指数ポイント篇】

(葵ステークス)
注目したのは、"馬番コンピ指数2位"
条件として"指数値64 or 63" の場合のみ
過去10年内3回 的中率100%/回収率233%

さらに"馬番コンピ指数12位"にも注目!!
条件として"指数値47"の場合のみ
過去10年内2回 的中率100%/回収率1120%

複勝で狙うのだが、いずれにしても出現率が低いのが難点!?

(東京優駿~日本ダービー)
注目したのは、"馬番コンピ指数2~3位"

条件として、指数値65~60の場合のみ

過去10年内6回 的中率83%/回収率200%
近5年内 4回 的中率100%/回収率202%

狙うのは "複勝" で勝負!?

(目黒記念)
注目したのは、"馬番コンピ指数5~6位"
条件として "指数値57 or 56" の場合のみ
過去10年内6回 的中率83%/回収率260%
近5年内 2回 的中率100%/回収率385%

近2年連続出現していないだけに、今年出現すれば??
複勝で狙う!!

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

5月25日(月) 16:52 ビバ競馬さん
楽しむ競馬回収作戦•『先週の重賞回顧』平安ステークス
閲覧 31ビュー

デアリングタクト63年ぶりという無敗の桜花賞、オークス二冠

結構、強い牝馬、男まさりの女傑がいたけどこんなに難しい記録だったんですかね

ただ、もっと凄いパフォーマンスを期待していたので、ちょっと意外でした

今日は平安ステークスの回顧

実績組と新興勢力の対決でしたが、まだまだ譲れないという結果でしたね

詳しい回顧は

https://blue0220.xyz

を読んで下さい

いよいよ、ダービー

コントレイル圧巻のパフォーマンスが観られるのか

週末が楽しみ

[もっと見る]

5月23日() 22:08 うまあつしさん
平安ステークス
閲覧 134ビュー

◎ヴェンジェンスも、オメガパフュームは斤量59キロを嫌って痛恨の切り💦
明日はオークス頑張ります!

[もっと見る]

5月23日() 21:53 トーホーアマさん
オークスー
閲覧 81ビュー

平安Sはスワーヴアラミス5着でした。
4着のヒストリーメイカーの穴パターンで来る馬が3着だったらだいぶ後悔はしてましたが、まあまあ。
実績馬強かったと印象。スワーヴアラミスはどっかで重賞馬券なるでしょう。
最近1日1度マンバ券はとれててもそれでも収支マイナスが多い。

過去6年 1人気全連帯中
4番 デアリングタクト

・後ろロジック◎が過去6年。後ろロジック趨勢。
4番 デアリングタクト

中1馬券内絡みやすい
10番 ミヤマザクラ

JRDBの過去傾向
1着逆転あるとすればあがり1.2.3位

1位 デアリングタクト
2位 マジックキャッスル
3位 デゼル


JRDB 穴馬来るなら

12番 マジックキャッスル
17番 マルタ―ズデイオーサ

この2頭はちょっと匂う。

本命 4番 デアリングタクト
対抗 10番 ミヤマザクラ
単穴 1.12番 デゼル・マジックキャッスル
穴  17番 マルタ―ズデイオーサ


3連単
4→1・2・10・12→1.2.5.8.10.11.16.17.18(32点)


12・17から 3連複ワイド馬連


本当は4の2着固定も買いたいが、逆転候補の馬が本当に見当たらないので1着固定だけ。
L質ミヤマザクラに期待はできるがレースみてもしっくりこない。
この3単は記念に。

12.マジックキャッスル
17・マルタ―ズデイオーサ

からの券種をメインに組み立てたい。

[もっと見る]

5月23日() 17:36 ちびざるさん
【GⅢ】平安ステークスの結果
閲覧 74ビュー


1着:⑤オメガパフューム
2着:⑪ヴェンジェンス
3着:⑦ゴールドドリーム


私の◎にした②ロードレガリスは10着でした。
1着の⑤オメガパフュームは〇
2着の⑪ヴェンジェンスは無印
3着の⑦ゴールドドリームは▲

でした。

買い目は
馬連フォーメーション
②⑤→⑦⑧⑩⑫

でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○


 まずはに②ロードレガリスに関して。
スタートは五分に出ましたが、後方グループからの競馬。
道中も後方のまま、後方三頭で追走していましたが
三頭の真ん中の間に挟まれたことでやる気をなくした感じでしたね。
直線を向くころには最後方まで下がってしまいました。
流石にこの位置からでは厳しいですね。
内枠もこの馬には良くなかったのかもしれませんね。
スタートからの位置取りは仕方ないにしても
どこかで外に出して捲り気味に上がって行きたかったですが、
乗り替わりの影響もあったかもしれませんね。


1着の⑤オメガパフュームについて
好スタートから好位からの競馬。
道中も抜群の手ごたえで直線へ。
直線半ばで前を行く馬を交わして1馬身1/4差で勝ちました。
斤量差を考えると完勝でしたね。
帝王賞に向けて最高の前哨戦だったと思います。
この馬は乗り替わりが良かったと思います。
後ろから行ったら差し届かない可能性がありましたが
北村友一騎手の斤量のことを考えれた、好判断だったと思います。


2着の⑪ヴェンジェンスについて。
好スタートから好位の先団へ。
道中も好位をキープしたまま直線へ
早めに前を捕らえましたが、勝ち馬が外から来られて
抵抗したものの力尽きました。
それでも京都は走りますね。
もう一段後ろからの競馬でも良かったかと思いますが
スタートが決まったので仕方なかったかもしれませんね。


3格の⑦ゴールドドリームについて。
好位からの競馬でしたが、道中もスムーズだったと思いますが
直線での追い出しが遅れたのか
後ろにいた勝ち馬が外に出して先に動いた後から来ているので
道中の位置取りからすれば先に動いても良かったように思うのですが・・・。
海外遠征後ということのあって反応が今一つだったのかもしれませんね。
次走はもう少し良くなると思います。


的中された方々、本当におめでとうございます。

[もっと見る]

5月23日() 16:39 HYPER LAPさん
平安ステークス 回顧 ロードレガリスの敗因
閲覧 73ビュー

まずは、1人気 ロードレガリスの敗因を見てみましょう。
アルデバランのレース指数は
前半-4 全体-1 ラスト加速-2 合計-7
-7は、3勝クラスの馬も出せる
私の軸は ヴェンジェンスは 合計-13
を東海S で出しています。
今日のLAP構成は、
前半-7 全体-4 ラスト加速-8 合計-19
完全にG1クラスの数字を出しています。
前走-7からでは、かなりキツイ上げ幅でしたね。
オメガ ゴールドは、流石の馬券内でした。

[もっと見る]

先週の競馬:番組表

開催日
  • 5月23日(
  • 5月24日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 1回新潟5日目
  • 2回東京9日目
  • 3回京都9日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
1
 マスラオ
11.4倍 (④人気)
13
 ストレイライトラン
14.1倍 (⑤人気)
7
 コウユーホクト
1.5倍 (①人気) 超凄馬
払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
4
 ラボンダンス
10.0倍 (⑤人気)
1
 スズカスペクトル
4.9倍 (②人気)
14
 ハイスピードカム
17.2倍 (⑨人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
12
 ルミナスナイト
3.2倍 (②人気)
7
 セルフィー
1.9倍 (①人気)
16
 スティルアリス
5.9倍 (③人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
11
 ワンダーシエンプロ
5.0倍 (③人気)
6
 シェーン
1.9倍 (①人気)
12
 フォギーデイ
4.2倍 (②人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
15
 フルールドネージュ
2.3倍 (①人気)
3
 マタギ
8.7倍 (⑤人気)
11
 ヴィータブリランテ
6.5倍 (③人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
5
 ディランズソング
2.1倍 (①人気)
6
 ジオパークアポロ
172.2倍 (⑫人気)
3
 サンドストーム
100.1倍 (⑨人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
9
 アルカウン
4.1倍 (②人気)
8
 ヴェーラ
2.0倍 (①人気)
10
 メイショウギンレイ
37.4倍 (⑨人気)
払戻
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
7
 ダブルアンコール
2.6倍 (①人気)
9
 ルーターズ
24.6倍 (⑧人気)
8
 メモリーオブブルー
19.3倍 (⑥人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
9
 グーガルドリームズ
3.7倍 (①人気)
6
 ミスターサンド
4.6倍 (③人気)
15
 セイウンソルジャー
55.3倍 (⑪人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上オープン
障害4歳以上オープン 障3290m
1
 マイネルアトゥー
4.8倍 (③人気)
4
 フォワードカフェ
3.8倍 (②人気)
9
 マイネルヴァッサー
92.2倍 (⑫人気)
払戻
京都
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1900m
4
 メイショウコジョウ
18.9倍 (⑦人気)
12
 メイショウカズサ
1.8倍 (①人気)
5
 オーバーリミット
6.3倍 (②人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
1
 レリスタット
2.6倍 (②人気)
11
 ジュンキャノン
47.6倍 (⑨人気)
7
 サクラマス
113.2倍 (⑫人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
15
 キングダムウイナー
14.2倍 (⑦人気)
2
 ヴァシリアス
9.0倍 (④人気)
12
 ジチュダケテソーロ
3.4倍 (②人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
13
 ラインハイト
2.5倍 (②人気)
11
 シュルシャガナ
1.9倍 (①人気)
8
 モルトルバート
85.5倍 (⑦人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
1
 ソスピタ
4.0倍 (②人気)
8
 レッドラルジュ
2.3倍 (①人気)
17
 サクラアスター
18.2倍 (⑥人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
5
 プティシュシュ
2.2倍 (①人気)
15
 フォワードアゲン
7.2倍 (④人気)
7
 スーパーフライヤー
3.7倍 (②人気)
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
6
 スマートリアン
2.0倍 (①人気)
2
 オーマイダーリン
18.2倍 (⑥人気)
12
 ノルカソルカ
9.0倍 (④人気)
払戻
東京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ2100m
8
 キタノヴィジョン
3.8倍 (①人気)
1
 ジャッジ
7.3倍 (④人気)
12
 アメリカンフェイス
8.8倍 (⑤人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
5
 ハナブショウ
2.7倍 (①人気)
7
 ノーブルプルート
41.2倍 (⑩人気)
12
 ミキノモンテカルロ
6.1倍 (④人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
8
 カリンカ
30.2倍 (⑧人気)
3
 ベストクィーン
6.0倍 (④人気)
2
 アックアアルタ
5.1倍 (③人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
10
 バイキングクラップ
4.5倍 (②人気)
4
 マイネルミュトス
1.8倍 (①人気) 超凄馬
1
 リゼブルー
8.5倍 (④人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1000m
15
 トーホウレジーナ
5.5倍 (②人気)
7
 バカラクイーン
5.6倍 (③人気)
13
 エヴァイエ
3.8倍 (①人気)
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
13
 ダノンインパルス
6.5倍 (③人気)
3
 エヴァキュアン
17.2倍 (⑥人気)
2
 アイタイ
32.8倍 (⑩人気)
払戻
東京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
14
 ロブラリア
12.8倍 (⑦人気)
7
 ディナミーデン
5.5倍 (③人気)
6
 パイオニアバローズ
3.1倍 (①人気)
払戻
新潟
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
1
 タピゾー
6.7倍 (④人気)
3
 ユキノアンビシャス
7.9倍 (⑤人気)
2
 ウインドオブホープ
16.6倍 (⑦人気)
払戻
京都
9R
メルボルントロフィー
3歳1勝クラス 芝2400m
9
 アイアンバローズ
4.4倍 (②人気)
5
 キングオブドラゴン
16.5倍 (⑦人気)
6
 ディアマンミノル
10.8倍 (⑤人気)
払戻
東京
9R
カーネーションカップ
3歳1勝クラス 芝1800m
2
 パラスアテナ
3.6倍 (②人気)
6
 セイウンヴィーナス
5.8倍 (③人気)
8
 カトゥルスフェリス
2.1倍 (①人気)
払戻
新潟
10R
早苗賞
3歳1勝クラス 芝1800m
4
 バビット
16.8倍 (⑤人気)
7
 ロータスランド
6.9倍 (④人気)
1
 エンデュミオン
51.1倍 (⑫人気)
払戻
京都
10R
シドニートロフィー
4歳以上3勝クラス ダ1200m
8
 トップウイナー
20.6倍 (⑧人気)
1
 メイショウミライ
3.5倍 (①人気)
12
 メイプルグレイト
12.3倍 (⑤人気)
払戻
東京
10R
高尾特別
4歳以上2勝クラス 芝1400m
5
 リリーバレロ
2.1倍 (①人気)
10
 トーセンリスト
4.9倍 (③人気)
1
 セイウンリリシイ
50.1倍 (⑧人気)
払戻
新潟
11R
大日岳特別
4歳以上2勝クラス 芝1200m
14
 フォッサマグナ
3.6倍 (①人気)
10
 ファンタジステラ
20.4倍 (⑦人気)
9
 レジーナファースト
9.0倍 (⑤人気)
払戻
京都
11R
平安ステークス G3
4歳以上オープン ダ1900m
5
 オメガパフューム
5.3倍 (③人気)
11
 ヴェンジェンス
8.6倍 (⑤人気)
7
 ゴールドドリーム
4.3倍 (②人気) 極凄馬
払戻
東京
11R
メイステークス
4歳以上オープン 芝1800m
7
 アイスストーム
7.6倍 (⑤人気)
8
 ソーグリッタリング
5.2倍 (③人気)
6
 ザダル
5.1倍 (②人気)
払戻
新潟
12R
荒川峡特別
4歳以上1勝クラス 芝2400m
8
 ロゼフェニックス
16.3倍 (⑦人気)
3
 クリノオウジャ
3.0倍 (①人気) 超凄馬
2
 カイザースクルーン
7.0倍 (③人気)
払戻
京都
12R
オーストラリアT
4歳以上2勝クラス 芝1800m
6
 ドラグーンシチー
7.9倍 (④人気)
7
 デクレアラー
16.9倍 (⑧人気)
14
 ギャツビー
95.2倍 (⑬人気)
払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1600m
12
 シネマソングス
5.7倍 (②人気)
1
 ラティーンセイル
2.6倍 (①人気)
15
 ニシノアメイズ
12.1倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
1
 マスラオ
11.4倍 (④人気)
13
 ストレイライトラン
14.1倍 (⑤人気)
7
 コウユーホクト
1.5倍 (①人気) 超凄馬
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
11
 ワンダーシエンプロ
5.0倍 (③人気)
6
 シェーン
1.9倍 (①人気)
12
 フォギーデイ
4.2倍 (②人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
9
 アルカウン
4.1倍 (②人気)
8
 ヴェーラ
2.0倍 (①人気)
10
 メイショウギンレイ
37.4倍 (⑨人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上オープン
障害4歳以上オープン 障3290m
1
 マイネルアトゥー
4.8倍 (③人気)
4
 フォワードカフェ
3.8倍 (②人気)
9
 マイネルヴァッサー
92.2倍 (⑫人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
15
 キングダムウイナー
14.2倍 (⑦人気)
2
 ヴァシリアス
9.0倍 (④人気)
12
 ジチュダケテソーロ
3.4倍 (②人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
5
 プティシュシュ
2.2倍 (①人気)
15
 フォワードアゲン
7.2倍 (④人気)
7
 スーパーフライヤー
3.7倍 (②人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
5
 ハナブショウ
2.7倍 (①人気)
7
 ノーブルプルート
41.2倍 (⑩人気)
12
 ミキノモンテカルロ
6.1倍 (④人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1000m
15
 トーホウレジーナ
5.5倍 (②人気)
7
 バカラクイーン
5.6倍 (③人気)
13
 エヴァイエ
3.8倍 (①人気)
払戻
新潟
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
1
 タピゾー
6.7倍 (④人気)
3
 ユキノアンビシャス
7.9倍 (⑤人気)
2
 ウインドオブホープ
16.6倍 (⑦人気)
払戻
新潟
10R
早苗賞
3歳1勝クラス 芝1800m
4
 バビット
16.8倍 (⑤人気)
7
 ロータスランド
6.9倍 (④人気)
1
 エンデュミオン
51.1倍 (⑫人気)
払戻
新潟
11R
大日岳特別
4歳以上2勝クラス 芝1200m
14
 フォッサマグナ
3.6倍 (①人気)
10
 ファンタジステラ
20.4倍 (⑦人気)
9
 レジーナファースト
9.0倍 (⑤人気)
払戻
新潟
12R
荒川峡特別
4歳以上1勝クラス 芝2400m
8
 ロゼフェニックス
16.3倍 (⑦人気)
3
 クリノオウジャ
3.0倍 (①人気) 超凄馬
2
 カイザースクルーン
7.0倍 (③人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
12
 ルミナスナイト
3.2倍 (②人気)
7
 セルフィー
1.9倍 (①人気)
16
 スティルアリス
5.9倍 (③人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
5
 ディランズソング
2.1倍 (①人気)
6
 ジオパークアポロ
172.2倍 (⑫人気)
3
 サンドストーム
100.1倍 (⑨人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2100m
9
 グーガルドリームズ
3.7倍 (①人気)
6
 ミスターサンド
4.6倍 (③人気)
15
 セイウンソルジャー
55.3倍 (⑪人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
1
 レリスタット
2.6倍 (②人気)
11
 ジュンキャノン
47.6倍 (⑨人気)
7
 サクラマス
113.2倍 (⑫人気)
払戻
東京
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
1
 ソスピタ
4.0倍 (②人気)
8
 レッドラルジュ
2.3倍 (①人気)
17
 サクラアスター
18.2倍 (⑥人気)
払戻
東京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ2100m
8
 キタノヴィジョン
3.8倍 (①人気)
1
 ジャッジ
7.3倍 (④人気)
12
 アメリカンフェイス
8.8倍 (⑤人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
10
 バイキングクラップ
4.5倍 (②人気)
4
 マイネルミュトス
1.8倍 (①人気) 超凄馬
1
 リゼブルー
8.5倍 (④人気)
払戻
東京
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
14
 ロブラリア
12.8倍 (⑦人気)
7
 ディナミーデン
5.5倍 (③人気)
6
 パイオニアバローズ
3.1倍 (①人気)
払戻
東京
9R
カーネーションカップ
3歳1勝クラス 芝1800m
2
 パラスアテナ
3.6倍 (②人気)
6
 セイウンヴィーナス
5.8倍 (③人気)
8
 カトゥルスフェリス
2.1倍 (①人気)
払戻
東京
10R
高尾特別
4歳以上2勝クラス 芝1400m
5
 リリーバレロ
2.1倍 (①人気)
10
 トーセンリスト
4.9倍 (③人気)
1
 セイウンリリシイ
50.1倍 (⑧人気)
払戻
東京
11R
メイステークス
4歳以上オープン 芝1800m
7
 アイスストーム
7.6倍 (⑤人気)
8
 ソーグリッタリング
5.2倍 (③人気)
6
 ザダル
5.1倍 (②人気)
払戻
東京
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1600m
12
 シネマソングス
5.7倍 (②人気)
1
 ラティーンセイル
2.6倍 (①人気)
15
 ニシノアメイズ
12.1倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
4
 ラボンダンス
10.0倍 (⑤人気)
1
 スズカスペクトル
4.9倍 (②人気)
14
 ハイスピードカム
17.2倍 (⑨人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
15
 フルールドネージュ
2.3倍 (①人気)
3
 マタギ
8.7倍 (⑤人気)
11
 ヴィータブリランテ
6.5倍 (③人気)
払戻
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1400m
7
 ダブルアンコール
2.6倍 (①人気)
9
 ルーターズ
24.6倍 (⑧人気)
8
 メモリーオブブルー
19.3倍 (⑥人気)
払戻
京都
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1900m
4
 メイショウコジョウ
18.9倍 (⑦人気)
12
 メイショウカズサ
1.8倍 (①人気)
5
 オーバーリミット
6.3倍 (②人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
13
 ラインハイト
2.5倍 (②人気)
11
 シュルシャガナ
1.9倍 (①人気)
8
 モルトルバート
85.5倍 (⑦人気)
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
6
 スマートリアン
2.0倍 (①人気)
2
 オーマイダーリン
18.2倍 (⑥人気)
12
 ノルカソルカ
9.0倍 (④人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
8
 カリンカ
30.2倍 (⑧人気)
3
 ベストクィーン
6.0倍 (④人気)
2
 アックアアルタ
5.1倍 (③人気)
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
13
 ダノンインパルス
6.5倍 (③人気)
3
 エヴァキュアン
17.2倍 (⑥人気)
2
 アイタイ
32.8倍 (⑩人気)
払戻
京都
9R
メルボルントロフィー
3歳1勝クラス 芝2400m
9
 アイアンバローズ
4.4倍 (②人気)
5
 キングオブドラゴン
16.5倍 (⑦人気)
6
 ディアマンミノル
10.8倍 (⑤人気)
払戻
京都
10R
シドニートロフィー
4歳以上3勝クラス ダ1200m
8
 トップウイナー
20.6倍 (⑧人気)
1
 メイショウミライ
3.5倍 (①人気)
12
 メイプルグレイト
12.3倍 (⑤人気)
払戻
京都
11R
平安ステークス G3
4歳以上オープン ダ1900m
5
 オメガパフューム
5.3倍 (③人気)
11
 ヴェンジェンス
8.6倍 (⑤人気)
7
 ゴールドドリーム
4.3倍 (②人気) 極凄馬
払戻
京都
12R
オーストラリアT
4歳以上2勝クラス 芝1800m
6
 ドラグーンシチー
7.9倍 (④人気)
7
 デクレアラー
16.9倍 (⑧人気)
14
 ギャツビー
95.2倍 (⑬人気)
払戻

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 1回新潟6日目
  • 2回東京10日目
  • 3回京都10日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
5
 デトロイトテソーロ
2.9倍 (①人気)
2
 オパールシャルム
3.3倍 (②人気)
9
 サトノジヴェルニー
4.2倍 (③人気)
払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
3
 トモジャアルマンド
4.1倍 (②人気)
16
 メイショウマサカツ
35.9倍 (⑪人気)
12
 デンコウユジーヌ
9.0倍 (⑤人気)
払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
4
 サンキーウエスト
2.5倍 (①人気)
8
 クーレクー
4.3倍 (③人気)
6
 タッカーメイヴィス
47.1倍 (⑩人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
5
 ヤサカパフィー
6.3倍 (⑤人気)
1
 ワークアンドビート
4.6倍 (②人気) 超凄馬
9
 ストームシップ
23.9倍 (⑦人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
7
 メイショウケアラシ
5.1倍 (③人気)
16
 オンザフェーヴル
1.7倍 (①人気)
12
 オウケンブリザード
18.4倍 (⑤人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
13
 ロワマージュ
6.4倍 (④人気)
8
 サウンドトラック
7.7倍 (⑤人気)
5
 ブラックトマホーク
4.2倍 (②人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
7
 ライトマイファイア
4.5倍 (③人気)
10
 マイネルイリャルギ
2.4倍 (①人気)
6
 メイショウヨカゼ
14.4倍 (⑥人気)
払戻
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
12
 ムジカ
2.7倍 (②人気)
1
 ダンツイノーバ
1.9倍 (①人気)
5
 ヤマニンプティパ
27.3倍 (⑤人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
4
 アイブランコ
3.7倍 (②人気)
8
 トロワシャルム
3.2倍 (①人気)
13
 スワーヴカエサル
4.7倍 (④人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
10
 ダノンキングダム
2.1倍 (①人気) 超凄馬
2
 ザメイダン
13.9倍 (⑥人気)
8
 ルンルンキャット
11.1倍 (⑤人気)
払戻
京都
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
15
 コンフィテーロ
3.8倍 (②人気) 超凄馬
1
 マルタクロス
42.6倍 (⑩人気)
3
 ハートフルオブラブ
58.3倍 (⑫人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m
2
 ルカ
1.9倍 (①人気)
10
 スターリーゴールド
38.9倍 (⑨人気)
4
 アネモネテソーロ
28.4倍 (⑧人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
15
 アドマイヤミモザ
4.0倍 (②人気)
5
 カサドーラ
16.2倍 (⑤人気)
7
 ブランシュフルール
5.8倍 (③人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
8
 ウインサンフラワー
2.8倍 (①人気)
12
 アズマエピカリス
79.2倍 (⑪人気)
2
 ヒルノアントラ
10.4倍 (⑤人気)
払戻
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
15
 タイキラッシュ
1.4倍 (①人気) 超凄馬
13
 メタルスパーク
6.2倍 (③人気)
6
 ペルシャンジュエル
34.1倍 (⑥人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2200m
8
 パーディシャー
1.8倍 (①人気) 超凄馬
1
 ホウオウトラスト
57.4倍 (⑪人気)
7
 マイネルシエル
8.9倍 (④人気)
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1200m
14
 カリニート
18.6倍 (⑦人気)
3
 ファイヤーテーラー
3.0倍 (①人気)
16
 ヴィグラスカイザー
22.0倍 (⑧人気)
払戻
東京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
7
 サクラトゥジュール
1.6倍 (①人気) 超凄馬
3
 チアチアクラシカ
7.8倍 (③人気)
5
 ラキャラントシス
12.8倍 (⑤人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
1
 トゥルボー
3.2倍 (②人気)
11
 ワインレッドローズ
11.4倍 (⑤人気)
7
 フラッグアドミラル
3.0倍 (①人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1900m
6
 ゴールデンウェル
7.3倍 (④人気)
5
 ヒミノブルー
1.8倍 (①人気)
8
 イシュタルゲート
5.2倍 (③人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
12
 モレッキ
7.9倍 (⑤人気)
4
 ホウオウトゥルース
13.3倍 (⑥人気)
6
 クロヒョウ
57.7倍 (⑨人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1400m
13
 タガノスカイハイ
9.5倍 (④人気)
15
 ダンシングチコ
3.0倍 (①人気)
10
 ミッドサマーハウス
3.6倍 (②人気)
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
4
 ジョニーズララバイ
6.1倍 (②人気)
2
 アーズローヴァー
13.3倍 (⑦人気)
15
 クーファウェヌス
4.4倍 (①人気)
払戻
東京
8R
調布特別
4歳以上2勝クラス 芝1800m
3
 ドナアトラエンテ
1.5倍 (①人気)
5
 クインズサン
4.1倍 (②人気)
7
 ショワドゥロワ
46.5倍 (⑦人気)
払戻
新潟
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
12
 アヴォンリー
7.2倍 (④人気)
1
 メイショウカササギ
59.4倍 (⑩人気)
11
 タガノジェロディ
2.5倍 (①人気)
払戻
京都
9R
御室特別
4歳以上2勝クラス 芝2000m
9
 オスカールビー
35.4倍 (⑦人気)
8
 コパカティ
6.0倍 (②人気)
7
 ティグラーシャ
1.4倍 (①人気) 超凄馬
払戻
東京
9R
丹沢ステークス
4歳以上3勝クラス ダ2100m
4
 バスカヴィル
1.9倍 (①人気)
8
 ヴィジョンオブラヴ
6.3倍 (④人気)
2
 パイロキネシスト
23.3倍 (⑦人気)
払戻
新潟
10R
二王子特別
4歳以上1勝クラス 芝1800m
12
 レッドアルマーダ
35.9倍 (⑨人気)
8
 アキノコマチ
176.9倍 (⑫人気)
6
 オールイズウェル
3.3倍 (②人気)
払戻
京都
10R
鳳雛ステークス L
3歳オープン ダ1800m
13
 ミヤジコクオウ
4.1倍 (①人気)
11
 ダイメイコリーダ
7.5倍 (⑤人気)
8
 バンクオブクラウズ
22.1倍 (⑧人気)
払戻
東京
10R
フリーウェイS
4歳以上3勝クラス 芝1400m
4
 アビーム
4.5倍 (②人気)
8
 カルリーノ
6.8倍 (④人気)
14
 ネリッサ
16.6倍 (⑧人気)
払戻
新潟
11R
韋駄天ステークス
4歳以上オープン 芝1000m
10
 ライオンボス
2.8倍 (①人気)
14
 ジョーカナチャン
6.8倍 (⑤人気)
12
 ダイメイプリンセス
13.7倍 (⑥人気)
払戻
京都
11R
烏丸ステークス
4歳以上3勝クラス 芝2400m
6
 ミスマンマミーア
6.2倍 (③人気)
11
 ショウリュウイクゾ
2.7倍 (①人気)
15
 シルヴァーソニック
12.9倍 (⑦人気)
払戻
東京
11R
優駿牝馬 G1
3歳オープン 芝2400m
4
 デアリングタクト
1.6倍 (①人気)
16
 ウインマリリン
28.5倍 (⑦人気)
7
 ウインマイティー
60.5倍 (⑬人気)
払戻
新潟
12R
火打山特別
4歳以上2勝クラス ダ1200m
13
 スズカモナミ
13.6倍 (⑥人気)
10
 ガウル
7.1倍 (④人気)
9
 ホイールバーニング
24.5倍 (⑪人気)
払戻
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
1
 マイネルカイノン
13.2倍 (⑦人気)
13
 ロワシーナ
4.5倍 (②人気)
8
 テイエムチューハイ
49.3倍 (⑭人気)
払戻
東京
12R
是政特別
4歳以上2勝クラス ダ2100m
11
 ネオブレイブ
6.1倍 (④人気)
7
 ロードストライク
48.7倍 (⑪人気)
9
 グレンマクナス
5.2倍 (③人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
新潟
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1200m
5
 デトロイトテソーロ
2.9倍 (①人気)
2
 オパールシャルム
3.3倍 (②人気)
9
 サトノジヴェルニー
4.2倍 (③人気)
払戻
新潟
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
5
 ヤサカパフィー
6.3倍 (⑤人気)
1
 ワークアンドビート
4.6倍 (②人気) 超凄馬
9
 ストームシップ
23.9倍 (⑦人気)
払戻
新潟
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
7
 ライトマイファイア
4.5倍 (③人気)
10
 マイネルイリャルギ
2.4倍 (①人気)
6
 メイショウヨカゼ
14.4倍 (⑥人気)
払戻
新潟
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2890m
10
 ダノンキングダム
2.1倍 (①人気) 超凄馬
2
 ザメイダン
13.9倍 (⑥人気)
8
 ルンルンキャット
11.1倍 (⑤人気)
払戻
新潟
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
15
 アドマイヤミモザ
4.0倍 (②人気)
5
 カサドーラ
16.2倍 (⑤人気)
7
 ブランシュフルール
5.8倍 (③人気)
払戻
新潟
6R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2200m
8
 パーディシャー
1.8倍 (①人気) 超凄馬
1
 ホウオウトラスト
57.4倍 (⑪人気)
7
 マイネルシエル
8.9倍 (④人気)
払戻
新潟
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
1
 トゥルボー
3.2倍 (②人気)
11
 ワインレッドローズ
11.4倍 (⑤人気)
7
 フラッグアドミラル
3.0倍 (①人気)
払戻
新潟
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1400m
13
 タガノスカイハイ
9.5倍 (④人気)
15
 ダンシングチコ
3.0倍 (①人気)
10
 ミッドサマーハウス
3.6倍 (②人気)
払戻
新潟
9R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
12
 アヴォンリー
7.2倍 (④人気)
1
 メイショウカササギ
59.4倍 (⑩人気)
11
 タガノジェロディ
2.5倍 (①人気)
払戻
新潟
10R
二王子特別
4歳以上1勝クラス 芝1800m
12
 レッドアルマーダ
35.9倍 (⑨人気)
8
 アキノコマチ
176.9倍 (⑫人気)
6
 オールイズウェル
3.3倍 (②人気)
払戻
新潟
11R
韋駄天ステークス
4歳以上オープン 芝1000m
10
 ライオンボス
2.8倍 (①人気)
14
 ジョーカナチャン
6.8倍 (⑤人気)
12
 ダイメイプリンセス
13.7倍 (⑥人気)
払戻
新潟
12R
火打山特別
4歳以上2勝クラス ダ1200m
13
 スズカモナミ
13.6倍 (⑥人気)
10
 ガウル
7.1倍 (④人気)
9
 ホイールバーニング
24.5倍 (⑪人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
東京
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
4
 サンキーウエスト
2.5倍 (①人気)
8
 クーレクー
4.3倍 (③人気)
6
 タッカーメイヴィス
47.1倍 (⑩人気)
払戻
東京
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1600m
13
 ロワマージュ
6.4倍 (④人気)
8
 サウンドトラック
7.7倍 (⑤人気)
5
 ブラックトマホーク
4.2倍 (②人気)
払戻
東京
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
4
 アイブランコ
3.7倍 (②人気)
8
 トロワシャルム
3.2倍 (①人気)
13
 スワーヴカエサル
4.7倍 (④人気)
払戻
東京
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m
2
 ルカ
1.9倍 (①人気)
10
 スターリーゴールド
38.9倍 (⑨人気)
4
 アネモネテソーロ
28.4倍 (⑧人気)
払戻
東京
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
15
 タイキラッシュ
1.4倍 (①人気) 超凄馬
13
 メタルスパーク
6.2倍 (③人気)
6
 ペルシャンジュエル
34.1倍 (⑥人気)
払戻
東京
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
7
 サクラトゥジュール
1.6倍 (①人気) 超凄馬
3
 チアチアクラシカ
7.8倍 (③人気)
5
 ラキャラントシス
12.8倍 (⑤人気)
払戻
東京
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1600m
12
 モレッキ
7.9倍 (⑤人気)
4
 ホウオウトゥルース
13.3倍 (⑥人気)
6
 クロヒョウ
57.7倍 (⑨人気)
払戻
東京
8R
調布特別
4歳以上2勝クラス 芝1800m
3
 ドナアトラエンテ
1.5倍 (①人気)
5
 クインズサン
4.1倍 (②人気)
7
 ショワドゥロワ
46.5倍 (⑦人気)
払戻
東京
9R
丹沢ステークス
4歳以上3勝クラス ダ2100m
4
 バスカヴィル
1.9倍 (①人気)
8
 ヴィジョンオブラヴ
6.3倍 (④人気)
2
 パイロキネシスト
23.3倍 (⑦人気)
払戻
東京
10R
フリーウェイS
4歳以上3勝クラス 芝1400m
4
 アビーム
4.5倍 (②人気)
8
 カルリーノ
6.8倍 (④人気)
14
 ネリッサ
16.6倍 (⑧人気)
払戻
東京
11R
優駿牝馬 G1
3歳オープン 芝2400m
4
 デアリングタクト
1.6倍 (①人気)
16
 ウインマリリン
28.5倍 (⑦人気)
7
 ウインマイティー
60.5倍 (⑬人気)
払戻
東京
12R
是政特別
4歳以上2勝クラス ダ2100m
11
 ネオブレイブ
6.1倍 (④人気)
7
 ロードストライク
48.7倍 (⑪人気)
9
 グレンマクナス
5.2倍 (③人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
京都
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
3
 トモジャアルマンド
4.1倍 (②人気)
16
 メイショウマサカツ
35.9倍 (⑪人気)
12
 デンコウユジーヌ
9.0倍 (⑤人気)
払戻
京都
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
7
 メイショウケアラシ
5.1倍 (③人気)
16
 オンザフェーヴル
1.7倍 (①人気)
12
 オウケンブリザード
18.4倍 (⑤人気)
払戻
京都
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1800m
12
 ムジカ
2.7倍 (②人気)
1
 ダンツイノーバ
1.9倍 (①人気)
5
 ヤマニンプティパ
27.3倍 (⑤人気)
払戻
京都
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
15
 コンフィテーロ
3.8倍 (②人気) 超凄馬
1
 マルタクロス
42.6倍 (⑩人気)
3
 ハートフルオブラブ
58.3倍 (⑫人気)
払戻
京都
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
8
 ウインサンフラワー
2.8倍 (①人気)
12
 アズマエピカリス
79.2倍 (⑪人気)
2
 ヒルノアントラ
10.4倍 (⑤人気)
払戻
京都
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1200m
14
 カリニート
18.6倍 (⑦人気)
3
 ファイヤーテーラー
3.0倍 (①人気)
16
 ヴィグラスカイザー
22.0倍 (⑧人気)
払戻
京都
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1900m
6
 ゴールデンウェル
7.3倍 (④人気)
5
 ヒミノブルー
1.8倍 (①人気)
8
 イシュタルゲート
5.2倍 (③人気)
払戻
京都
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝1200m
4
 ジョニーズララバイ
6.1倍 (②人気)
2
 アーズローヴァー
13.3倍 (⑦人気)
15
 クーファウェヌス
4.4倍 (①人気)
払戻
京都
9R
御室特別
4歳以上2勝クラス 芝2000m
9
 オスカールビー
35.4倍 (⑦人気)
8
 コパカティ
6.0倍 (②人気)
7
 ティグラーシャ
1.4倍 (①人気) 超凄馬
払戻
京都
10R
鳳雛ステークス L
3歳オープン ダ1800m
13
 ミヤジコクオウ
4.1倍 (①人気)
11
 ダイメイコリーダ
7.5倍 (⑤人気)
8
 バンクオブクラウズ
22.1倍 (⑧人気)
払戻
京都
11R
烏丸ステークス
4歳以上3勝クラス 芝2400m
6
 ミスマンマミーア
6.2倍 (③人気)
11
 ショウリュウイクゾ
2.7倍 (①人気)
15
 シルヴァーソニック
12.9倍 (⑦人気)
払戻
京都
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
1
 マイネルカイノン
13.2倍 (⑦人気)
13
 ロワシーナ
4.5倍 (②人気)
8
 テイエムチューハイ
49.3倍 (⑭人気)
払戻

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2020年5月24日、集計数:38,341レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
101,093万円
2 オジュウチョウサン 牡9
77,453万円
3 フィエールマン 牡5
57,306万円
4 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
5 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
6 マカヒキ 牡7
56,210万円
7 キセキ 牡6
55,914万円
8 ワグネリアン 牡5
50,624万円
9 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
10 インディチャンプ 牡5
43,167万円
» もっと見る

3歳
1 デアリングタクト 牝3
29,389万円
2 コントレイル 牡3
24,590万円
3 レシステンシア 牝3
20,813万円
4 ラウダシオン 牡3
17,541万円
5 サリオス 牡3
16,249万円
6 タイセイビジョン 牡3
14,031万円
7 ウインマリリン 牝3
12,321万円
8 オーソリティ 牡3
9,951万円
9 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
10 ガロアクリーク 牡3
9,475万円
» もっと見る