今週の競馬:注目レース

  • 桜花賞 G1
    4/12(
  • 阪神牝馬S G2
    4/11(
  • NZT G2
    4/11(
  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

★80代目の“桜の女王”に輝く馬は? 今年はレシステンシアなど23頭が登録



 今年の桜花賞は、1939年の創設以来80回目を迎える。これまでの桜花賞を10回単位で見ていくと、第40回(1980年)にはハギノトップレディの最少キャリアV、第50回(1990年)にはアグネスフローラの無敗V、第70回(2010年)には“牝馬三冠馬”となるアパパネの勝利など、記憶に残る印象的なレースが見られる。今年の桜花賞には、昨年の“2歳女王”レシステンシア(栗東・松下武士厩舎)など重賞ウイナー8頭を含む23頭の登録があるが、80代目の“桜の女王”に輝くのはどの馬だろうか。なお、桜花賞の10回単位の成績を見ると、1番人気馬は4勝、2着1回(勝率.571、連対率.714)で、第10回(1950年)、第50回(1990年)、第70回(2010年)にはフタ桁人気馬が3着に入っている。



★今年初戦のチューリップ賞は3着 巻き返し狙う“2歳女王”レシステンシア



 昨年の“2歳女王”レシステンシア(栗東・松下武士厩舎)が、2つ目のGIタイトル獲得を目指す。同馬は2歳時に新馬→ファンタジーS→阪神JFと3戦3勝の成績を残し、JRA賞最優秀2歳牝馬に輝いた。レシステンシアは今年初戦となったチューリップ賞で3着に敗れ、初黒星を喫したが、桜花賞で“2歳女王”の実力を発揮することができるかどうか。Vなら、最優秀2歳牝馬の桜花賞制覇は2010年アパパネ以来10年ぶり10頭目となる。なお、過去10年の桜花賞1~3着馬の前走を見ると、チューリップ賞組が6勝、2着6回、3着6回と他の組を圧倒している。



武豊騎手はレシステンシアとのコンビで参戦予定 最年長クラシック優勝記録の更新なるか



 レシステンシア(栗東・松下武士厩舎)には、歴代最多の桜花賞5勝を挙げている武豊騎手が騎乗する予定。武騎手が同馬に騎乗するのは新馬戦1着以来、4戦ぶりとなる。武騎手は、今年の桜花賞に騎乗すると騎乗回数は歴代最多の28回目となるが、そのうち乗り替わりとなる馬での参戦は6回目。1994年にはオグリローマン、1998年にはテン乗りのファレノプシスを“桜の女王”の座に導いているが、レシステンシアとのコンビでも勝利を挙げることができるかどうか。なお、同騎手の桜花賞当日の年齢は51歳0力月29日で、Vなら、安藤勝己元騎手が2011年の桜花賞で記録したクラシック競走での最年長優勝記録(51歳0カ月14日)を更新する。



★5戦3勝、2着2回で連対率100%をマーク チューリップ賞を制したマルターズディオサ



 マルターズディオサ(美浦・手塚貴久厩舎)は、昨年の阪神JFで2着に入り、今年初戦のチューリップ賞で重賞初制覇を果たすなど通算5戦3勝、2着2回で連対率100%をマークしている。キャリア5戦以上の連対率100%馬は、グレード制が導入された1984年以降の桜花賞で3勝、2着1回の成績を残しており、1989年シャダイカグラ、1992年ニシノフラワー、2006年キストゥヘヴンが優勝しているが、デビュー以来安定した戦績を誇るマルターズディオサは、桜花賞を制すことができるかどうか。なお、同馬にはクラシック初制覇を目指す田辺裕信騎手が騎乗する予定。



 また、マルターズディオサは、昨年産駒がデビューした新種牡馬キズナの産駒。グレード制が導入された1984年以降の桜花賞では、ベガ(トニービン産駒)、プリモディーネ(アフリート産駒)、マルセリーナディープインパクト産駒)、ジュエラーヴィクトワールピサ産駒)、アーモンドアイロードカナロア産駒)と5頭の新種牡馬産駒が優勝しているが、マルターズディオサは父キズナに初のビッグタイトルを贈ることができるかどうか(※キズナ産駒は、同馬の他にフィオリキアリ(栗東・清水久詞厩舎)が登録している)。



桜花賞3連覇狙うC.ルメール騎手 シンザン記念Vのサンクテュエールに騎乗予定



 C.ルメール騎手には、史上初の桜花賞3連覇がかかる。同騎手は2018年にアーモンドアイ、昨年はグランアレグリア桜花賞を制しており、2017年のオークスから牝馬限定戦のクラシック競走(桜花賞オークス)で騎乗機会4連勝中。ルメール騎手は、今年の桜花賞ではシンザン記念勝ち馬サンクテュエール(美浦・藤沢和雄厩舎)に騎乗する予定だが、今年も桜花賞を制すことができるかどうか。



 また、サンクテュエールを管理する藤沢和雄調教師は、昨年のグランアレグリアに続く桜花賞連覇がかかる。これまでに桜花賞を連覇した調教師は尾形藤吉元調教師(1953・54年)一人だけで、今年、藤沢調教師が桜花賞を勝てば66年ぶり2人目の同レース連覇となる。



★昨年は年明け初戦のグランアレグリアがV リアアメリア阪神JF以来、中125日で参戦



 リアアメリア(栗東・中内田充正厩舎)は、昨年12月8日の阪神JF以来、中125日での参戦となる。同馬は新馬→アルテミスSを連勝し、阪神JFでは1番人気に支持されたが、6着に敗れ初黒星を喫した。昨年の桜花賞では、前年の朝日杯FS3着以来、中111日で出走したグランアレグリアが勝ち、前走との間隔がもっとも長い桜花賞馬となったが、リアアメリアは今年初戦の桜花賞でどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。なお、リアアメリアには引き続き川田将雅騎手が騎乗する予定。



桜花賞5勝のディープインパクト産駒 重賞勝ち馬4頭など6頭が出走予定



 ディープインパクト産駒は、2011~14年の桜花賞で4連勝、昨年はグランアレグリアが優勝し、同レースの歴代最多勝種牡馬となっている。今年は、シンザン記念勝ち馬サンクテュエール(美浦・藤沢和雄厩舎)、フェアリーS勝ち馬のスマイルカナ(美浦・高橋祥泰厩舎)、クイーンC勝ち馬ミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎)、アルテミスS勝ち馬リアアメリア(栗束・中内田充正厩舎)と4頭の重賞ウイナーを含む6頭のディープ産駒が登録しているが、今年も桜花賞を制することができるかどうか。また、スマイルカナミヤマザクラの毛色は芦毛で、1994年オグリローマン以来、26年ぶり2頭目の“芦毛の桜花賞馬”が誕生するか注目される。



★3戦目での桜花賞Vなら40年ぶりの快挙 新馬→エルフィンS連勝のデアリングタクト



 2戦2勝のデアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)が無敗での桜花賞制覇を目指す。同馬は新種牡馬エピファネイアの産駒で、新馬→エルフィンSを連勝。グレード制が導入された1984年以降、エルフィンSの勝ち馬からは6頭が桜花賞を制しているが、デアリングタクトも“桜の女王”の座を射止めることができるかどうか。2歳戦が実施されるようになった1946年以降、デビュー3戦目での桜花賞制覇は1948年ハマカゼ、1980年ハギノトップレディが成し遂げており、デアリングタクトが勝てば、2頭と並ぶ桜花賞最少キャリア優勝記録となる。なお、同馬に騎乗予定の松山弘平騎手は、4月6日現在、JRAリーディング4位の35勝を挙げており、今年のJRA重賞で4勝をマークしている。



★重賞戦線で堅実な走りを見せる1勝馬 クラヴァシュドール&マジックキャッスル



 クラヴァシュドール(栗東・中内田充正厩舎)は4戦1勝という成績だが、サウジアラビアRC2着、阪神JF3着、チューリップ賞2着と重賞レースで毎回上位に入っている。また、マジックキャッスル(美浦・国枝栄厩舎)も4戦1勝という成績だが、ここまで連対率100%を誇り、ファンタジーS、クイーンCで2着に入っている。1勝馬は過去10年の桜花賞で3勝を挙げているが、重賞戦線で堅実な走りを見せているクラヴァシュドールマジックキャッスルは待望の2勝目をクラシックの舞台で挙げることができるかどうか。



 また、マジックキャッスルに騎乗予定の浜中俊騎手には、桜花賞初制覇がかかる。浜中騎手はオークス、ダービー、菊花賞では優勝経験があり、桜花賞を勝てば、クラシック完全制覇へ残すは皐月賞のみとなるが、“テン乗り”となるマジックキャッスル桜花賞馬に導くことができるかどうか。ちなみに、マジックキャッスルの母ソーマジックは2008年の桜花賞で3着に入っている。



★岩田親子がJRA・GIで2度目の対決 岩田望来騎手が勝てば、桜花賞最年少V



 今年の桜花賞には、岩田康誠・望来騎手親子が揃って参戦する予定。父の岩田康誠騎手がフィリーズレビュー勝ち馬エーポス(栗東・北出成人厩舎)、子の岩田望来騎手はケープコッド(美浦・高柳瑞樹厩舎)に騎乗する予定となっている。岩田親子のJRA・GIでの対決は昨年の阪神JFに続く2度目で、前回は岩田望来騎手(10着)が岩田康誠騎手(15着)に先着しているが、2度目の対決はどちらが先着するだろうか。



 また、岩田望来騎手のレース当日の年齢は19歳10カ月13日で、保田隆芳元騎手の持つ桜花賞最年少優勝記録(20歳0カ月21日)の更新がかかる。グレード制が導入された1984年以降、10代でJRA・GIを制した騎手は武豊騎手、岸滋彦元騎手、江田照男騎手の3人だが、岩田望来騎手は初のクラシック競走でどのような騎乗を見せるだろうか。



桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【桜花賞】レシステンシア“桜冠奪取”へ!松下師インタビュー 4月7日(火) 05:06

 クラシック開幕を告げる桜花賞が12日、阪神競馬場で行われる。昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ(JF)を制し、最優秀2歳牝馬に輝いたレシステンシアを管理する松下武士調教師(39)=栗東=に直撃インタビュー。史上10頭目となる2歳女王の“桜冠奪取”へ、並外れたスピードを生かしてぶっちぎる構えだ。4戦ぶりにコンビを組む武豊騎手(51)=栗東・フリー=も、歴代最多を更新する桜花賞6勝目へ燃えている。 (取材構成・宇恵英志)

 --いよいよ大一番。10年ぶり10頭目となるJRA最優秀2歳牝馬の桜花賞制覇に挑む

 「2走前に勝った阪神JFの時点で桜花賞レコードと同タイム(1分32秒7)で走っています。同じ競走条件で結果を残していますし、特に不安はありません。自分の競馬をするだけです」

 --前哨戦のチューリップ賞は3着だった

 「(道中のペースを抑えて)ためるレースをしましたが、鋭い反応はできませんでした。ただ、そういうことが分かったのは良かった。ステップレースらしいレースでしたし、悲観はしていません。走りながらパフォーマンスを上げるタイプと考えているので、何よりも本番前に競馬を使えたことが大きいですよ」

 --デビュー前から高い評価をされていた

 「(GI5勝の)父ダイワメジャー譲りのいい体をしていましたし、調教の動きも良かったですからね。2歳の頃と比べれば体が引き締まり、競走馬らしい形になっています。操縦性も良くなっています」

 --長所は

 「スタートが上手で、スピードがあるところですね。父、母(アルゼンチンGI勝ち馬)のスピードを十分に引き継いでいますね。自分でレースを作れる点は強みと考えています」

 --2日の1週前追い切りでは、武豊騎手が騎乗して坂路で4ハロン56秒0、ラスト1ハロン13秒0。中間の様子はどうか

 「馬場が悪かったのでタイムは遅いですが、いい動きでした。武豊騎手に“(前回騎乗した)新馬の頃よりも動きが良くなっているし、体を使えるようになっている”と言ってもらいました。1度レースを走って、状態は良くなっていますよ」

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 --好メンバーが集まるハイレベルの一戦だが

 「すべての馬がライバルですし、どの馬が一番の強敵かというのは言えませんが、未対戦の馬は気になります。(クイーンC勝ちの)ミヤマザクラ、(シンザン記念Vの)サンクテュエール、(エルフィンS勝ちの)デアリングタクトといったところですかね。一緒に走った場合に、相手がどれだけ走るのかという物差しが分かりませんので…」

 --レースの見通しは

 「前走の内容から(速いペースで先行して)後ろの馬に脚を使わせるレースをした方がいいのかなと考えています。直線の坂を苦にしませんし、仮に馬場が重くなっても対応できるパワーもある。逃げる形でもいいですし、他に先手を主張する馬がいるのであれば、控えることもできます。楽しみにしています」

★GI2勝目へ調整順調

 レシステンシアは全休日の6日、滋賀・栗東トレセンの自厩舎で静養した。金濱厩務員は「前走後は放牧に出て、帰ってきてからも問題なくきています。1週前もいい調教ができました」と順調さを伝える。

 前走のチューリップ賞は4戦目で初の敗戦(3着)を喫したが「競馬だし仕方ないですね。馬場状態は問わないし、他に行く馬がいれば、ハナを切らなくても競馬はできる」と巻き返しを誓う。

松下 武士(まつした・たけし) 1980(昭和55)年12月14日生まれ、39歳。大阪府出身。2003年に競馬学校厩務員課程入学。04年に栗東・安田伊佐夫厩舎で厩務員となり、同年2月から調教助手。武田博厩舎、清水久厩舎を経て、13年に5度目の挑戦で新規調教師免許試験合格。15年に栗東で厩舎を開業。JRA通算104勝、阪神JFのGI1勝を含む重賞6勝(6日現在)。

[もっと見る]

【現場記者走る】快速ミヤマザクラ開花女王!? 4月7日(火) 05:05

 GI勝ち馬を探る連載『現場記者走る』。クラシック初戦の桜花賞は大阪サンスポの斉藤弘樹記者(40)が担当。栗東トレセンで、初日はクイーンCを制したミヤマザクラに注目した。牡馬路線への挑戦プランも上がっていたほどの素質馬で、スピード、スタミナ、パワーを全て兼備。桜花賞馬にふさわしいその名の通り、一気に頂点に駆け上がる可能性を感じた。

 春のGIは高松宮記念大阪杯と2週連続で牝馬がワンツーフィニッシュと、“女の時代”を実感した。今週は3歳牝馬の頂点を決める桜花賞。クラシック競走としては1944年の菊花賞以来、76年ぶりの無観客開催となる。満開の桜の下にファンの歓声がないのは寂しいが、かなりの豪華メンバーが顔をそろえた。連載では、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮し、栗東に腰をすえてじっくりと狙いを絞っていきたい。

 阪神JFの上位3頭がそのまま上位を独占したチューリップ賞組は強力だが、別路線組にも魅力あふれる素質馬は多い。初日は、ディープインパクト産駒のミヤマザクラに注目した。

 デビュー2戦目の昨夏の札幌未勝利戦(芝2000メートル)を2歳コースレコードで5馬身差V。続く京都2歳Sは、クラシック戦線でも注目を集めるマイラプソディの2着に敗れたが、その結果次第では日本ダービー挑戦も視野に入っていたそうだ。田中博助手は「勝てばホープフルSに登録するような話もあったし、それくらいスケールは感じていた」と期待度の高さを証言した。

 牝馬路線に切り替えた前走のクイーンCで、重賞初制覇。初のマイルの流れにも戸惑うことなく2番手をキープし、長い府中の直線を堂々と押し切った。伯父に芝&ダートでGIを制したクロフネがおり、全兄には菊花賞3着馬ポポカテペトルをはじめ中長距離の活躍馬が並ぶ。血統背景からはスタミナとパワー型だが、ディープ産駒としては6頭目で誕生した初めての牝馬。「上と違うタイプに出て、スピード負けするとは思っていなかった」とうなずく。

 近3走はすべて4コーナー2番手から早めに抜け出す形だが、決して意図したものではなくスピードの違いによるもの。

 「前に馬がいたら、抜こうとする意思がすごく強い。GIの強いメンバーで早め先頭になることはないと思うし、初めてこの馬の本当の能力が見られそう。突き抜けるか、善戦止まりか。ある程度、今回でわかると思う」と同助手。半信半疑の言葉のなかにも、不安を大きく上回る期待値を感じた。 (斉藤弘樹)

桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【漆山“教授”のGI因数分解】サンクテュエールV筆頭候補 4月7日(火) 05:04

 東大卒の知性派、漆山貴禎記者がGI的中への解法を探る「漆山教授のGI因数分解」。春のクラシック開幕戦となる桜花賞は、ローテーションなどを分析し、現時点ではディープインパクト産駒のサンクテュエールをVの筆頭候補に挙げた。2歳女王レシステンシアチューリップ賞で3着に敗退し、今年は難解なレース。週末の漆山記者の結論に注目だ。

 節目の第80回を迎える桜花賞には、重賞ウイナー8頭を含む豪華メンバーが集った。まさに「百花繚乱」という表現がふさわしい。まずは昨年の最優秀2歳牝馬の取捨から論を進めていこう。

 (1)2歳女王、危うし!?

 チューリップ賞では単勝1・4倍の支持を集めた阪神JFレシステンシアが3着に敗れた。ソエ(骨膜炎)による調整遅れやスローペースなど複数の敗因が考えられるが、“赤門データ”からは本番でも黄信号が点灯する。これまでに3歳を迎えての初戦で連対を外して第1冠に臨んだ2歳女王は9頭いるが、1997年メジロドーベルの2着が最高と苦戦傾向だ。さらに付け加えれば、この9回中6回で阪神JF不出走組が制している。今年は新興勢力の台頭に注意したい。

 (2)隠れた好ステップ

 桜花賞の最重要トライアルといえばチューリップ賞だが、近年はシンザン記念で牡馬相手に好走した馬の存在感が高まっている。過去20年でシンザン記念3着以内の実績があった出走馬7頭のうち、5頭が桜花賞馬に輝いている。しかも、ディープインパクト産駒に絞ると2011年マルセリーナ、12年ジェンティルドンナと2戦2勝だ。

 (3)女傑超え

 もうひとつ忘れてはいけないのが、同じ京都マイルで行われるエルフィンSだ。歴代の勝ち馬からは、のちに6頭が桜花賞を制している。歴代の勝ちタイム上位10頭の桜花賞成績では、走破時計と本番での結果にはある程度の相関が認められる。今年は07年ウオッカを上回るレースレコードで決着した。

★注目馬

 シンザン記念を制したディープ産駒サンクテュエールは、3連覇のかかるルメール騎手の手綱も心強い。間隔をあけての参戦は、最近のトレンドに合致する。デアリングタクトはエルフィンSを圧巻の4馬身差で大勝。当時4着のエーポスフィリーズレビューでVとレベルも高かった。

 阪神JF組が上位を占めたチューリップ賞との比較や、他の新戦力の分析は週末までの課題としたい。 (漆山貴禎)



桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】エーポス、前走より上昇 4月7日(火) 05:03

 エーポスはトライアルのGII・フィリーズRで重賞初勝利。発馬で後手に回ったが、メンバー最速の末脚で突き抜けて新味を見せた。

 中村助手は「攻め馬でしまいが切れるタイプで、ジョッキーがそれを競馬でも引き出してくれた」と振り返る。マイル戦で勝ち鞍があり、距離延長は不問。同助手は「秋以降に良くなる感じですが、前走より力強さがある」と期待を寄せる。

 ウーマンズハートは、チューリップ賞6着からの巻き返しを期す。前走は末脚にかける形で展開が向かなかったが、昨夏の新潟2歳Sで披露した豪脚は侮れない。深川助手は「前走は(10キロ減と)減っていた馬体重が示す通り、トモの筋肉が戻り切っていなかった。良化は思ったよりスローだけど、1度使って少しずつ張りが出ているので、どこまでやれるか」と復調気配を伝えた。

 マルターズディオサは、同舞台で行われたチューリップ賞を制覇。阪神JF2着の無念を晴らし、ひと冬を越えての成長を示した。

 前走後は栗東に滞在して調整。中條厩務員は「精神的にだいぶ大人になって落ち着いていますね。ただ、環境の変化に慣れなくて、体がなかなか増えてこなかったのがどうかですね」と思案顔だった。



桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【桜花賞】桜最年長Vへ武豊「チャンス」 4月7日(火) 05:03

 武豊騎手は1週前追い切りでレシステンシアに騎乗し「動きはすごくいい。さすがだなと思った」と好感触。新馬戦V以来4戦ぶりのコンビに「デビュー戦のときより力強くなって、随分良くなった。前進気勢がすごくあるね」と成長ぶりを確認した。桜花賞5勝は歴代最多。クラシック競走最年長記録を更新する『51歳0カ月29日』でのVへ「2歳女王ですからね。同じ舞台で、チャンスがある馬が回ってきた」と腕を撫す。

 3日夜にJRA職員1人の新型コロナウイルス感染が判明し、同職員と接触していた騎手3人は先週末に乗り替わりとなった。武豊騎手は4日に「競馬は大事な娯楽。こういう状況だからこそ、競馬を続けていかないといけない」と決意表明。自らの手綱さばきでターフを盛り上げる。



桜花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 531ビュー

桜花賞】2012年以降の傾向

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ


<ポイント①>
・馬券絡みの勝負ラインは指数89。これを下回っている馬の好走は難しい。ただし、高指数の出にくいキャリア3戦以下の馬はその限りではない。指数89未満かつキャリア4戦以上の馬の成績は【0 0 1 69】

<ポイント②>
・指数1~4位のなかから2頭以上が馬券に絡むケースが多い。指数1~4位のワイドをボックス買いした際の回収率は147.5%

<ポイント③>
・2012年以降の3着以内馬は、そのほとんどが指数9位以内で、指数10位以下の馬券絡みは少ない。指数1~4位のなかから2頭以上が馬券に絡みやすい傾向を踏まえ、指数1~4位+指数1~4位+指数1~9位という組み立ての3連複フォーメーションを購入すると回収率466.1%


桜花賞の予想U指数はこちら⇒(桜花賞重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!


--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

4月6日(月) 10:24 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】桜花賞2020・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 205ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第80回 桜花賞 GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

4月5日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年04月05日号】特選重賞データ分析編(197)~2020年桜花賞~
閲覧 1,044ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 桜花賞 2020年04月12日(日) 阪神芝1600m外


<ピックアップデータ>

【“JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験がなかった馬の、前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2016年以降)】
○1位 [2-2-1-12](3着内率29.4%)
×2位以下 [0-0-0-40](3着内率0.0%)

 “JRA、かつG1のレース”において3着以内となった経験がある馬は2016年以降[2-2-3-6](3着内率53.8%)と堅実。一方、この経験がなかったにもかかわらず3着以内となった5頭は、いずれも前走の上がり3ハロンタイム順位が1位でした。大敗直後の馬や先行力の高さを活かしたいタイプは過信禁物と見るべきでしょう。

主な「○」該当馬→エーポスサンクテュエールデアリングタクト
主な「×」該当馬→チェーンオブラブミヤマザクラリアアメリア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“東京・京都・阪神、かつ重賞のレース”において“着順が2着以内、かつ上がり3ハロンタイム順位が3位以内”となった経験がある」馬は2016年以降[4-4-4-17](3着内率41.4%)
主な該当馬→エーポスリアアメリア

[もっと見る]

4月2日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020大阪杯
閲覧 1,083ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月5日(日) 阪神11R 第64回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


【優先出走馬】

ダノンキングリー(C)中4週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時と同じように追われている割に、伸び脚はそれほどでもない。ここを強く追われて、最終追い切りで馬なりでグイグイ伸びる動きに変わってくれば良いが……。


【以下、賞金順】

ブラストワンピース(A)中9週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時の力みが抜けて折り合いもしっかりついていて、一度使われての上積みがありそう。

ラッキーライラック(D)中4週
<1週前追い切り>
CW単走。もともと(映像から伝わってくる)こういった走りの馬だが、力強さがなく時計ほどの伸び脚はない。

クロノジェネシス(AA)中4週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。抜群の手応えで直線一気に伸び、併走馬を並ぶ間もなく抜き去り、大外を走っていた他厩舎の馬をもパス。

ワグネリアン(C)4ヶ月半
<1週前追い切り>
DPコース3頭併せの内。もともとこのコースでは良い動きは見せないが、前を走る2頭が速く追い抜けず。休み明けでまだ物足りなさが残る走り。

ヴェロックス※出走回避

ロードマイウェイ(B)中2週
<1週前追い切り>
坂路単走。前走時はおとなしく折り合いもついていたが、今回は押さえるのに苦労するくらい気合いが乗っている感じ。この気合いが良いほうに出れば。

マカヒキ(D)4ヶ月半
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。時計は出ているが動きに力強さがなく、伸び脚もイマイチ。

ステイフーリッシュ(C)中6週
<1週前追い切り>
坂路単走。手応えの割に終いの伸び脚がイマイチ。

クレッシェンドラヴ※出走回避

カデナ(C)中4週
<1週前追い切り>
坂路単走。勢いよく駆け上がってきたが、脚の回転の速さの割に伸びきれず。

レッドジェニアル(B)中10週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。押さえたままでも、最後まで抜かせず先着。

サトノソルタス(C)中2週
<1週前追い切り>
映像なし。中2週と間隔が詰まっていて、水、木、金、土、日と坂路で軽く乗られているが、追い切りと言えるのは日曜日の坂路くらい。ただそれも、終いの時計が少し出ている程度。

ジナンボー(B)中5週
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。終いもうひと伸びがほしい感じも、休み明けを一度使われての上積みはありそう。



◇今回は大阪杯編でした。
海外ではドバイワールドカップが中止になるなど、コロナウイルスの影響は日に日に増すばかり。このような状況下では、競馬開催中止という最悪の事態を避けるため(競馬関係者から感染者出てしまったら自粛しなくてはならないかもしれない)にも、観客を入れての競馬開催はなかなかできそうもなく、無観客競馬は長引くのではないかと思います。普段、競馬場で馬券を買っていてネット投票の術を持たない方もいると思いますが、このような人たちでも馬券が買えるように、これからはコンビニでも馬券を買えるようなシステムを考えたほうが良いのではないかと思います。実は、25年くらい前に私が東京で一人暮らしをしている時にコンビニを使った電話投票を試験的に行っていたことがあり、たまたま私が住んでいる家の近くのコンビニで会員を募集していたので申し込み、コンビニで馬券を買っていたことがありました。システムは、専用銀行口座を作りお金を入金しておき、コンビニに置かれている専用マークシートを塗り投票するとレシートが出てくる、とこんな感じだったと記憶しています。試験的だったので半年か1年で終わってしまいましたが、その後この“コンビニ投票システム”の話すら出てこないまま今に至っています。
現在、競馬場では『UMACA』というキャッシュレスで馬券が買えるシステムが出来上がっています。それを有効活用して、全国のコンビニに『UMACA投票機』を置くようにしたらどうかと思います。競馬場に毎週のようにきている年配の方たちで、『電話投票』は持っていないけど『UMACA』なら持っているという人たちもたくさんいると思います(競馬場を歩いていると、首から『UMACA』をぶら下げて歩いている年配の方たちを見かけることが思いの外多い感じがしています)。全国すべてのコンビニとはいかなくても、一つの市や町で3店舗(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで1店ずつ、駅前のコンビニに投票機を置くとか)ぐらいあれば、競馬場まで足を運ぶことを考えれば近いものだと思います。
誰もが予想しなかったこのような事態が今後も起こる可能性はいくらでもあると思いますし、その時にコンビニで馬券が買えるようになっていれば、今回カバーできない層の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。何よりも、昔から競馬場で馬券を買って日本の競馬を支えてきてくれた年配の方々も、引き続き競馬を楽しめるのではないかと思っています。スポーツくじがコンビニで買えるなら、馬券もコンビニで!なんとか農林水産省の方々には頑張ってもらいたいものです。もっとも、最良はこのような事態が収束し、今後起こらず、普通に競馬場で観戦できる平和で健康に生活できる日が続いていくことなのでしょうが(そして、“頼み”の(?)コンビニですら発症者が出ていたりするくらいの昨今ですしね^^;)。

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

3月19日(木) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】エーポスは岩田騎手の得意技がハマった/週末の重賞展望
閲覧 902ビュー

先週末は1年の中でもそれほど多くない4重賞の週末。

その中でも春のG1へ向けて、という意味では金鯱賞サートゥルナーリア。1.3倍の断然人気ではあったが、超スローの流れを問題なく折り合い直線は難なく抜け出して完勝、まずは今季初戦で順当なスタートを切った。

このあと、当初は香港遠征を予定していたようだが、昨今のコロナの影響で果たして次走はどうなるか。大阪杯に出走してくれば当然有力候補の一頭になる。

一方、同じ日曜日のフィリーズレビューエーポスが勝利。岩田騎手の十八番ともいえる、インに入れてズバッと差す競馬で完勝だったが、メンバーレベルはかなり低かった。ココの組は桜花賞戦線ではよほどのことがないと厳しそうだ。基本的には阪神JF組&チューリップ賞組&クイーンC組という構図だろう。

ちなみに鞍上の岩田騎手は内を突くイメージがあるが、実は2019年は1枠(白帽子)で42回騎乗したが未勝利だった。1枠だと流れに乗れず差し損ねることが多く、今回のエーポスのように極端にイン過ぎないところ(3枠5番)から内に入れてリズムを取っていくのがもっとも確率の高いパターンで、そういう意味で狙いどころでもあった。


~上位が固まってきた牝馬路線、混戦模様の牡馬路線

さて、今週末は金土日の変則開催となる。先週末は重賞×4レース、そして中4日で3日間開催というのはなかなか忙しない気がするが、桜花賞裏街道の最終切符を賭けたフラワーC、さらに阪神大賞典スプリングSと3つの重賞が行われる。

フラワーCはメンバー構成自体やや小粒な印象。ここでどれだけの内容を示してチューリップ賞組はクイーンC組に食い込んでいけるかどうかという一戦だろう。素質ならレッドルレーヴは上位に位置するが、タイプ的には桜花賞というよりはオークス路線で注目したい。

一方、牝馬より混沌としているのが牡馬路線。コントレイルサトノフラッグあたりの候補はいるが、全体にはまだ小粒でその他の路線にもチャンスがありそうだ。

スプリングS出走馬の中で面白そうなのはココロノトウダイ。クラシックというタイプではないだろうが、中山の1800mは条件的には合いそう。前走はイマイチ溜めが利かない競馬になってしまったが、今度は小回りに替わって巻き返しがあるか。

あとは人気でもヴェルトライゼンデには注目。弥生賞を見てもホープフルS組は全体的にイマイチな印象で、本馬はここでどれだけの結果を出せるか。小回りへの対応力も高いドリームジャーニー産駒で、ダービーよりは皐月賞向きと思えるだけに、今回の結果次第では本番でも期待できそうだ。

なお、3日間開催は油断しているとお金を使い過ぎてしまう(自分だけ?)ので、きちんと準備をして、狙いどころをあらかじめ定めてから臨みたい。2場での3日間なので、馬場が読めるところ、狙いやすいところから上手く絞っていきたい。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

3月13日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】チューリップ賞は桜花賞に直結する/週末の重賞展望
閲覧 766ビュー

先週末は東西でクラシックのトライアルレースが行われた。

その中でも注目を集めたのは西のチューリップ賞。昨年暮れの阪神JF上位4頭がすべて出走してきて、本番に向けても重要な一戦となった。

その中で断然の人気を集めたのは3戦3勝のレシステンシア。今回もスマイルカナが控えたためにスンナリ逃げることができたが、直線に入って突き放した前走と比べると伸び脚はイマイチ。最後は外から伸びて来たマルターズディオサ、内を突いてきたクラヴァシュドールに交わされて3着に敗れる波乱の結果となった。前走と比べると比較的ゆったりとした逃げを打った分後続に脚を使わせることができなかったのかもしれないが、それでも本番へ向けて少々不安の残る内容だった。

一方で勝ったマルターズディオサは前走に続いての好走。阪神JFでは離された2着だったが、今回は好位からしぶとく伸びて接戦を制した。前走が6番人気、今回も4番人気とあまり人気にならないタイプだがレースぶりは安定しており、順調ならば本番でも侮れない存在になりそうだ。

いずれにしても、本番さながらのメンバー構成で、チューリップ賞組は敗戦馬も含めて桜花賞まで忘れないでおきたい。レベルの低い別路線で好走した馬を狙うくらいなら、チューリップ賞で敗れた馬の方が穴馬としての魅力を感じる。


~週末の重賞展望、サートゥルナーリアに死角なし

さて、今週末は重賞が4レース、さらには阪神スプリングジャンプオジュウチョウサンvsシングンマイケルの注目対決もあるので早速展望へ。

注目はやはり金鯱賞サートゥルナーリア。有力各馬が海外遠征を選択する中で国内から始動することになったが、課題とされる左回りが果たしてどうなのか、改めて問われる一戦となる。

もっとも、結論から言えば何の問題もないだろう。ダービーと天皇賞(秋)は左右の周りの問題よりも気性面の課題が露呈したのが原因で、それでも最後差して来たダービーの内容を見ても決して左右の周りでどうこうというレベルではない。主戦のルメール騎手が改めて乗れるのも大きなプラスで、さらに言えば無観客競馬もこの馬にとっては追い風になりそうだ。というわけで、今回は普通に走れば結果はついてくるだろう。

むしろ相手が難解になるが、現時点では田辺騎手が2度目の手綱を取るニシノデイジー、前走は外を回しながらもそこそこ伸びていたサトノガーネットあたりに期待したい。

一方、阪神ではフィリーズレビューが行われる。正直なところ前述のチューリップ賞と比べるとかなりメンバーレベルは落ちる印象なので本番へ向けてという意味では微妙なところ。

ただ、馬券的な意味を抜きにすればアヌラーダプラには注目したい。能力だけなら間違いなくナンバーワン。フェアリーSでは掛かる気性がモロに出てしまったので距離短縮で見直しが可能だろう。

もっとも馬券的な意味では三浦騎手を重賞で本命にするのは少々怖い面もある。というのも昨年はついに年間100勝を達成した同騎手だが、重賞では全くといって良いほど結果を出せておらず、1~5番人気での重賞成績が(1-1-0-14)と散々だった。連対したのはともに5番人気馬騎乗時だったので、4番人気以内では一度も馬券に絡めていないことになる。

さすがにこれを偶然として片づけることはできず、それならば池添騎手が騎乗するヤマカツマーメイドの方が良いかもしれない。スケールは断然アヌラーダプラの方が上だが、レース巧者という点ではヤマカツに分がある。多頭数の競馬でもあるし、センスの良さを生かせれば逆転まであるかもしれない。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 65ビュー

クラシックの第一弾ということで一層気合が入ります。
むっちゃ気合入っています。

読むのに10分くらい掛かる記事になってしまいましたが、それだけ濃い考察ということでご容赦ください。

ご参考にどうぞ。

桜花賞(G1)2020年 予想のポイント
http://jeannekeiba.com/2020/04/ouka-syo/

4月7日(火) 14:30 はたと止まるさん
中央は桜花賞皐月賞天皇賞(^£)
閲覧 88ビュー

 やっぱ、この時期は一番わくわくするね。

 思う存分、想像したい。

 まずは、桜花賞か。ルメールかねぇ、今年も。

 皐月賞にサトノゴールド、出ないのはさびしいけど、サリオスかなぁ。ダーリントンホールも成長は見込めるね。

 天皇賞もヒシゲッコウ、ヒーリングマインドあたりも出て欲しかったが。
 岩田の渾身の騎乗が見られるか。

 東京スプリントは、菜七子がまたコパノキッキングに乗せてもらえるね。どうかなぁ。

[もっと見る]

4月7日(火) 09:51 グラニースミスさん
エリート ~阪神牝馬S GⅡ~
閲覧 167ビュー

世の中でエリートと呼ばれる人は、どこか控え目な奥ゆかしさがある。
東大出に出身校を聞けば、だいたい「一応」と最初につけることが多い。
能ある鷹は爪を隠す なんだなぁ。

昨年この競走と中山メインNZT、福島メイン 吾妻小富士賞 も
スーパー女傑「ウォッカ追悼競走」の副題が付与。
2勝クラスの吾妻小富士賞は、今年 吾妻小富士ステークス と変わりOPハンデ戦に。
日程も日曜11Rになり、芝1,200M → ダ1,700Mに変更された。
しかし、コロナ渦で特指が取り止めになり、国際だけになってしまった。(のっぺらぼうみたい)
4月7日(火曜)から30日(木曜)の間、全ての〇特指が取り止めになるので、
後々の番組でも影響があるかと。

第63回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス GⅡ
4歳上OP (国際) 牝 (指定) 別定 負担重量54kg
1.4.6以降のGⅠ1着馬2kg増、GⅡ1kg増 1.4.5以前のGⅠ1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

スカーレットカラー 55kg 府中牝馬S 1着
ダノンファンタジー 55kg ローズS 1着

過去に増量馬で馬券になったのは、ミッキークイーンとクィーンズバーンくらいで
3歳GⅠ1着歴とこのレースのリピーターだけが馬券になっている。
だから今回、増量馬はいらないかなぁ

2016年から5,500万に賞金増額
その2016年から連対馬はいずれも3歳GⅠ戦に出走歴があった(おーイイ感じ)
でッ
2019年 1着 ミッキーチャーム 54kg (秋華賞2着) → 前走中山牝馬S55kg
2018年 3着 リスグラシュー  54kg (桜花賞・秋華賞2着) → 前走東京新聞杯55kg

3GⅠ出走で2着歴、かつ今回斤量減
該当馬は、 シゲルピンクダイヤ (桜花賞8枠2着)
後は3歳GⅠ戦に出走歴のある馬へ流す感じでしょうかぁ。(やっぱりエリート)

このレースと同じ設定の府中牝馬Sに出走のサトノガーネット、府中牝馬Sでも1着馬と同枠でした。
この馬の枠順には注意したいですねぇ。

このレースは、未だ1勝馬、元エリートの斤量減の快走に期待でしょうかぁ?

では

[もっと見る]

4月7日(火) 09:19 ジャンヌさん
プロ4週目の結果
閲覧 126ビュー

プロデビューしてから4週間が経ちました。
この間の結果は不甲斐ないというしか無い。

しかし、本命対抗のチョイスは悪くないと思います。
当てたい、結果を出したいという気持ちで掛かり気味ですね。

的中率が少し高すぎます。
微調整して的中率を下げて回収率を上げる馬券を組み立てます。

その中でも勝負レースの成績は良いので、勝負レースは絶対に勝っていきます。

これからもよろしくお願いします。

今週は大得意な桜花賞。気合入ってますよ!

[もっと見る]

4月7日(火) 07:54 ビバ競馬さん
緊急事態宣言発令!競馬開催は大丈夫か?
閲覧 488ビュー

ついに、緊急事態宣言が発令される

日本の場合はヨーロッパと違い法的拘束力はないが、右ならえの国民性だけにある程度の効果はあるだろう

東京都はパチンコ店にも自粛要請

これってヤバくない?

今まで密閉、密集、密接の三密(あんみつみたい(>_

[もっと見る]

4月7日(火) 07:40 天火明命さん
桜花賞
閲覧 140ビュー

ディープインパクト産駒

[もっと見る]

  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 阪神競馬場では桜花賞前日の11日、同じ芝・外回り1600メートルを舞台にGIIサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sが行われる。1着馬にヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要なステップレースだ。

 サウンドキアラ(栗東・安達昭夫厩舎、5歳)は昨年10月の復帰後4戦3勝、3着1回で、京都金杯→京都牝馬Sと重賞を連勝中。馬体重も1走ごとに増えており、充実著しい。1日の1週前追い切りでは坂路4ハロン51秒2(ラスト1ハロン12秒6)の自己ベストを叩き出した。「テンションを上げないように気をつけて調整。京都でしか勝っていないので、阪神がどうか」と安達調教師は慎重だが、当地も【0・2・2・0】と堅実。重賞3連勝を飾れば、いよいよビッグタイトルが見えてくる。

 2歳女王ダノンファンタジー(栗東・中内田充正厩舎、4歳)は昨年の牝馬3冠で4、5、8着と尻すぼみの結果に終わった。秋華賞後は約半年の充電期間を置き、阪神ジュベナイルフィリーズ優勝など【4・0・0・1】の良績を残す阪神で再スタートを切る。2日にCWコースで6ハロン80秒7-12秒2(G前仕掛け)と、相変わらず動きは絶好だ。「休んだおかげで馬体はふっくら。精神的にも安定している」と片山裕也調教助手は心身両面での成長をアピール。2ハロン短縮も味方に巻き返すか。

 スカーレットカラー(栗東・高橋亮厩舎、5歳)はエリザベス女王杯7着→有馬記念15着とGIで苦戦したが、距離も微妙に長かったか。900メートル短縮で牝馬限定戦なら、上がり3ハロン33秒2の豪脚でぶち抜いた府中牝馬Sの再現があっていい。帰厩後にCWコースで6ハロンからの追い切りをすでに4本消化し、臨戦態勢は整っている。

 シゲルピンクダイヤ(栗東・渡辺薫彦厩舎、4歳)は京都牝馬Sで7着に終わったが、重馬場で切れ味を生かせなかったうえに1400メートルも忙しかったか。阪神マイルはチューリップ賞桜花賞と連続で2着した得意の舞台。先週の大阪杯を制して勢いに乗るミルコ・デムーロ騎手との新コンビで念願の重賞初Vを狙う。

 シャドウディーヴァ(美浦・斎藤誠厩舎、4歳)はマイル初挑戦の東京新聞杯で0秒1差2着と好走。当時3着のクリノガウディー高松宮記念で1位入線(4着降着)、5着のクルーガーダービー卿チャレンジT優勝とレベルも高かった。牝馬同士なら引き続き好勝負必至だろう。

 ビーチサンバ(栗東・友道康夫厩舎、4歳)はいまだ1勝馬だが、重賞で2着3回の実力派。前走・京都牝馬Sも内枠勢が軒並み苦戦する中、2番枠ながら後方からメンバー最速の上がり3ハロン34秒4で5着まで追い上げてきた。デビューVを飾った思い出の舞台で2勝目ゲットといきたい。

 トロワゼトワル(栗東・安田隆行厩舎、5歳)は2走前に京成杯オータムHを世界レコードで逃げ切った快速。2番手から進んだ前走・ターコイズSは最下位に終わったが、ここはすんなり先手を奪えそうな組み合わせだ。Bコースに替わった先週の阪神芝は前残りが目立っただけに、粘り込みに警戒したい。



サンスポ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【阪神牝馬S】重賞連勝中!完成期に向かうサウンドキアラ 4月6日(月) 10:54

 阪神では11日、ヴィクトリアマイルにつながる「第63回サンスポ杯阪神牝馬S」が行われる。混戦ムードが漂うが、勢いで他を圧倒しているのがサウンドキアラだ。京都金杯→京都牝馬Sと重賞を連勝中で、さらなる快進撃が期待される。

 デビューから堅実な走りを続け、昨春の1000万下V直後にヴィクトリアMに挑戦。18頭立て15番人気ながらも末脚を伸ばして0秒7差7着と健闘し、キラリと高素質をのぞかせた。

 そのあとは(1)(3)(1)(1)着の充実ぶりで、今年のヴィクトリアMに主役級として臨むべく、ここも通過点としたい。先週は時計のかかる坂路で4F51秒6、ラスト1F12秒6と申し分のない時計をマークした。

 「テンションを上げないように気をつけて調整している。1週前の坂路での動きも良かったし、状態面はいい。あとは阪神で勝っていないことくらいかな」と、安達調教師は仕上がりに自信を持っている。阪神は未勝利とはいえ【0・2・2・0】と決して苦手ではない。完成期に向かうディープインパクト産駒がGI獲りへまた一歩近づく。(夕刊フジ)

サンスポ杯阪神牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】特別登録馬 4月5日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 167ビュー

世の中でエリートと呼ばれる人は、どこか控え目な奥ゆかしさがある。
東大出に出身校を聞けば、だいたい「一応」と最初につけることが多い。
能ある鷹は爪を隠す なんだなぁ。

昨年この競走と中山メインNZT、福島メイン 吾妻小富士賞 も
スーパー女傑「ウォッカ追悼競走」の副題が付与。
2勝クラスの吾妻小富士賞は、今年 吾妻小富士ステークス と変わりOPハンデ戦に。
日程も日曜11Rになり、芝1,200M → ダ1,700Mに変更された。
しかし、コロナ渦で特指が取り止めになり、国際だけになってしまった。(のっぺらぼうみたい)
4月7日(火曜)から30日(木曜)の間、全ての〇特指が取り止めになるので、
後々の番組でも影響があるかと。

第63回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス GⅡ
4歳上OP (国際) 牝 (指定) 別定 負担重量54kg
1.4.6以降のGⅠ1着馬2kg増、GⅡ1kg増 1.4.5以前のGⅠ1着馬1kg増(2歳時の成績を除く)

スカーレットカラー 55kg 府中牝馬S 1着
ダノンファンタジー 55kg ローズS 1着

過去に増量馬で馬券になったのは、ミッキークイーンとクィーンズバーンくらいで
3歳GⅠ1着歴とこのレースのリピーターだけが馬券になっている。
だから今回、増量馬はいらないかなぁ

2016年から5,500万に賞金増額
その2016年から連対馬はいずれも3歳GⅠ戦に出走歴があった(おーイイ感じ)
でッ
2019年 1着 ミッキーチャーム 54kg (秋華賞2着) → 前走中山牝馬S55kg
2018年 3着 リスグラシュー  54kg (桜花賞・秋華賞2着) → 前走東京新聞杯55kg

3GⅠ出走で2着歴、かつ今回斤量減
該当馬は、 シゲルピンクダイヤ (桜花賞8枠2着)
後は3歳GⅠ戦に出走歴のある馬へ流す感じでしょうかぁ。(やっぱりエリート)

このレースと同じ設定の府中牝馬Sに出走のサトノガーネット、府中牝馬Sでも1着馬と同枠でした。
この馬の枠順には注意したいですねぇ。

このレースは、未だ1勝馬、元エリートの斤量減の快走に期待でしょうかぁ?

では

  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報
【NZT】レース展望

4月6日(月) 19:37

 中山では土曜メインに3歳馬によるGIIニュージーランドトロフィー(11日、芝1600メートル)が組まれている。3着馬までにNHKマイルC(5月10日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる重要な一戦。2016年の105万円超えなど、過去10年で3連単配当10万円以上が4度出ているように、波乱傾向も強いレース。3歳マイル王に向けてはもちろん、馬券的にも見逃せない。

 デビューから連勝中と底を見せていないのがルフトシュトローム(美浦・堀宣行厩舎、牡)。新馬戦、1勝クラスともに今回と同じ中山芝1600メートルで、好位から危なげなく抜け出した。いずれも上がり3ハロンはメンバー最速。祖母の半弟にディープインパクトがいるなど母系も活力があり、V3を決める可能性は十分にある。

 舞台適性ではハーモニーマゼラン(美浦・牧光二厩舎、牡)も上位だ。昨秋の未勝利戦、前走の1勝クラスを中山マイルでV。特に前走は先手を取って、直線で後続を突き放す好内容だった。同舞台のリステッド・ジュニアCでも2着と地力も証明している。1週前の1日には坂路4ハロン53秒4-11秒6と鋭く伸び、調整も順調。安定した先行力を武器に重賞タイトルを見据える。

 シーズンズギフト(美浦・黒岩陽一厩舎、牝)は、前走のフラワーCで3着に好走。福島の新馬戦、若竹賞を連勝したように、小回りコース向きの器用さを備えている。過去3戦は1800メートルと2000メートルだったので、初めてのマイルがポイントとなるが、センスある走りから対応できそうだ。

 ファルコンSで6着に敗れたウイングレイテスト(美浦・青木孝文厩舎、牡)だが、デイリー杯2歳S2着の実績からも、1600メートルに替わって反撃が望める。ファルコンS組では、出遅れもあって11着に終わったアブソルティスモ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)もサウジアラビアロイヤルC3着、こうやまき賞Vが光るマイルなら見直せる。

 朝日杯フューチュリティSで16着に敗れたペールエール(栗東・安田隆行厩舎、牡)は右回りの克服が鍵だが、新潟2歳S2着と実績は確かだ。

 その他、白梅賞を快勝したソウルトレイン(栗東・西村真幸厩舎、牡)、2走前に万両賞をレコードタイムをマークして圧勝したカリオストロ(栗東・加用正厩舎、牝)、新型コロナウイルス禍のドバイ渡航で2週間騎乗を自粛していたルメール騎手が騎乗するオーロラフラッシュ(美浦・藤沢和雄厩舎、牝)なども素質上位。6日現在、抽選対象(4/6)だが、弥生賞ディープインパクト記念5着で、新馬勝ちした1600メートルで反撃を期すオーロアドーネ(美浦・戸田博文厩舎、牡)も、出走枠に入れば侮れない。



【NZT】ルフトシュトローム底知れぬ潜在能力 4月6日(月) 10:51

 11日の中山では、NHKマイルCのTR「第38回ニュージーランドT」が行われる。3歳マイル王へとつながる一戦に、素質馬が集った。

 ルフトシュトロームは新馬戦→1勝クラスともに中山マイルで楽勝した。スッと好位につけ抜け出すセンスが光り、近親にディープインパクトがいる母系からもポテンシャルは底知れない。V3でGI舞台へ弾みをつけるか。

 巻き返したいのはファルコンS組。6着ウイングレイテスト、11着アブソルティスモはともに、重賞実績のあるマイルで反撃に出る。ほか中山マイルで2勝のハーモニーマゼランフラワーC3着のシーズンズギフトなども舞台適性から魅力だ。(夕刊フジ)

ニュージーランドTの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ニュージーランドトロフィー】特別登録馬 4月5日() 17:30

[もっと見る]

【NZT】ルフトシュトローム、Wコース快走4月3日(金) 05:03

 《美浦》新馬-1勝クラスを連勝したルフトシュトローム(堀、牡)は単走馬なりでWコース5ハロン67秒8-12秒6。「いい動き。前走の疲れも徐々に回復してきた」と森助手。

[もっと見る]

⇒もっと読む

展望コラムはまだありません。作成され次第公開致します。

閲覧 38ビュー

NHKマイルの前哨戦という位置にありながら、それほど活躍馬を出していないレースだが古馬になっても重賞戦線を賑わす馬は多数いる。

これといった傾向も見いだせず、スローなら内枠の先行馬というくらいか・・・、純粋に能力ありきのオーソドックスな予想をしていくつもり。



【有力馬検証】

・オーロラフラッシュ ルメール

常にメンバー上位の末脚を繰り出す切れ者というイメージ、東京の広いコース向きとも思えるが、2着に敗れた未勝利戦でコーナーを上昇していった脚をみれば中山でも充分勝負になりそうだ、東京スポーツ杯4着と重賞でも善戦している実績馬で、鞍上ルメールも心強く有力馬の一頭。

・シーズンズギフト 津村

初めてのマイルも、1800MのフラワーCでも掛かるそぶりをみせていた事を思えば、より適性はありそうだ、不安は距離面よりも能力面、重賞3着の実績あるもメンバーレベルは微妙に感じるところ、それと外を回す競馬しかできていないところを考えると内枠で競馬が上手な馬が活躍するレースだけに、人気するなら重い印はうちたくない馬だ。

・アブソルティスモ 北村宏

サウジアラビアRCでサリオスの3着があるも、展開に恵まれた印象、内枠でも引いてスロー先行ならと思うが、差しに回ると鋭さ不足。

③人気想定だが、この人気に終始するなら危険視したい馬だ。

・ルフトシュトローム 石橋

無敗の連勝馬でレース内容は大物感充分、メンバーレベル微妙も買ってみたくなる馬だ、先行して鋭い脚を使えるのも大きな魅力で、枠順次第ではこの馬から入るのもありだろう。

・ペールエール 未定

新潟2歳・デイリー杯と重賞好走し、朝日杯でも期待した馬だったが・・・、

どうも今年の4歳勢は、早くにデビューしていた馬よりサトノフラッグやサトノインプレッサのような遅めのデビュー組が強いのではないかという懸念がある。鞍上も未定で、この人気では手をだしづらい。



※:想定オッズでは5頭が単勝一桁台と波乱含みの様相だ、人気でも外せないのは、オーロラフラッシュとルフトシュトローム、後の3頭は枠順次第・・・、

いや、アブソルティスモ・ペールエールに関しては能力的に過剰人気かもしれません。



【注目馬検証】

・ハーモニーマゼラン 大野

先行競馬で結果を残していて、いかにも中山向き、多少ペースが厳しくなっても我慢できる根性と相手なりに走れる能力から、この人気なら妙味充分だ、内枠にでも入れば重い印を打ちたい馬。

・オーロアドーネ 三浦

1戦1勝で挑んだ弥生賞は5着も厳しい流れの中を四角先頭という積極策、最後は実績馬達に差されるも大健闘と言って良い内容。

メンバーがかなり低下した今回なら更なる前進が期待できる。



※:上位人気に死角が多く、コストパフォーマンス的には、この注目馬2頭を中心視してもと思っている、他にも妙味充分なところで、距離延長微妙も逃げると強いカリオストロ、前走の白梅賞でオーロラフラッシュに完勝のソウルトレインなど穴馬が豊富で楽しみ、中山1600Mという事で混戦だけに枠順の比重が大きく結論は確定してからになるだろう。

4月6日(月) 22:42 KSAさん
2020.4.6 仕事終わりの深夜作業
閲覧 50ビュー

「競馬推進部 予想課」更新
今夜はニュージーランドTの
過去10年傾向を研究。

最近、馬ニティ日記の
ペースが週一くらいに
落ちておる、
そこでふと思った!

毎日書くから日記なの
ではなかろうか。。。。

自分が書いているのは
週記。。?

とりあえず今週は、
「福島開催楽しみっす。」

この感受性の無さが
日記にならん原因か。。。

[もっと見る]

4月6日(月) 06:30 しんすけ48さん
阪神牝馬ステークス&ニュージーランドトロフィー&桜花賞①
閲覧 109ビュー

朝だ、朝だ、浅田飴!

せき こえ のどに浅田飴(^^♪

おっは~♪

何とかGI初当たり出来ましたよぉ~。

今週はクラシック第1弾の桜花賞なんで連勝と行きたいもんですな。

登録馬を見てみたら五指に余る有力馬、絞るのに苦労する割には配当面はあんまし見込めない気が・・・。

まあ今週ゆっくり考えましょ!

意外に週中に考えてたことが正解って事も多いしね。直前に変えて失敗するって感じ?

では会社行く準備しまっせ!

[もっと見る]

4月1日(水) 10:41 YASUの小心馬券さん
YASUの小心馬券 【有力馬検証】 ダービー卿CT 2020
閲覧 65ビュー

近3年の傾向として、直ぐ目につくのは高齢馬(7歳以上)の活躍がないことでしょう。前走で驚きの脚質転換をしたストーミーシーあたりは穴人気するなら評価を厳しくしたいところですね。

そしてハンデをみると、近年は斤量57キロ以上の活躍がなく、実績だけでハンデを背負ってしまう馬には注意が必要ですね。



【有力馬検証】

・プリモシーン デムーロ

昨年の2着馬で、ヴィクトリアマイル2着もある牝馬乍ら実績上位と言える馬で、関西遠征を除けばマイルでは大崩れしていない、人気も納得。

気になるのは、やはりコース適性と展開だ、中山で良績あるのは事実だが、やはり適性は東京の広いコースでこそと思える、昨年の2着もマルターズアポジーの速い流れで展開向いたとも言える。

今年のメンバーをみると昨年のように前半が56秒台で流れるとは想定できなく、人気を併せると軸馬として考えたくはない馬だ。

・マイスタイル 横山典

近2戦の惨敗が気になるが、1400Mの速い流れを先行した事が原因だと思っている、スワンSを3着に好走した事で陣営も1400Mに参戦させたのだろうが、そのスワンは前半57.8と緩めで流れた事が好走の要因とみています。今回は速い馬もいなくペースが落ち着きそうで同馬が逃げる展開までも考えられるなら大きく巻き返す余地は充分にありそうだ。

・レイエンダ 丸山

好走と凡走がはっきりしているタイプで人気になると買いづらいタイプだが、戦績をよく見ると凡走条件は意外にはっきりしている、遠征競馬と馬体重が490キロ以上の2点だ、今回は中山で遠征競馬ではないので

当日の馬体重次第で好走もありそうだ。

重賞好走も複数あり実績的には申し分ない馬。

・ジャンダルム 藤井

中山コース適性は抜群でマイルでも京成杯AH3着やOP特別も勝利しているが、前走の東風Sでの負け方は残念だった、58キロの斤量が応えたのか前半から同馬らしい先行力がみられず、直線も伸びきれない形での惨敗を見せられた後で、重い印はつけられない。

メンバーも強化され、たとえ先行策を取れたとしても能力比較自体にも不安はある。



※:想定オッズでは4頭が単勝一桁台で、やや混戦様相を示しているか・・・、この中ではマイスタイルの巻き返しがありそうで上位に取りたいが、人気馬を軸にするには、少し信頼度が低そうだ。

ジャンダルムは本当にこのオッズなら危険視レベル。



【注目馬検証】

・ケイアイノーティック 津村

かつてのGⅠ馬がもがいているが、近2戦は上り最速の脚を使えており能力の衰えはないとみている、NHKマイルを後方一気で勝利したことで、中山には参戦が少ないが、NZTのレースをみるとコーナーを上手に上昇して差し脚を伸ばしているように適性はあるのではないか。

鞍上が道中の位置取りを考えたレースが出来るようなら、ここで復活の可能性は大きく感じるのだが・・・。

GⅢでここまで人気が落ちるなら是非、馬券に加えておきたい。

・カツジ 松山

1年ぶりとなった前走で四角を手応え良く上昇していった姿に、改めて同馬の能力を感じさせられた、結果は息切れしてしまったが、叩いての上昇を期待させる走りであった。スローからの瞬発力勝負に秀でる王馬にとって、今回は展開は向きそうなメンバー構成で嵌まれば、NZT以来の勝利も夢ではない。



※:奇しくも、一昨年のNZTでワンツーした両馬が注目馬となったが、能力の割に人気がない狙い目充分な馬達ではないか。

注目馬には推奨しなかったがペプチドバンブーの前走の勝ちっぷりは評価したい、重賞で通用する能力があるかは未知だが魅力を感じてしまうのだ・・・。

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 4月11日(
  • 4月12日(
1回福島1日目 3回中山5日目 2回阪神5日目
9

野島崎特別

4歳以上2勝クラス 芝1800m

9

丹波特別

4歳以上2勝クラス 芝1600m

10

ひめさゆり賞

3歳1勝クラス 芝2000m

10

千葉日報杯

4歳以上2勝クラス 芝1200m

10

白鷺特別

4歳以上2勝クラス 芝2400m

11

福島中央テレビ杯

4歳以上2勝クラス ダ1700m

11

ニュージーランドT G2

3歳オープン 芝1600m

11

サンスポ杯阪神牝馬S G2

4歳以上オープン 芝1600m

12

桑折特別

4歳以上1勝クラス 芝1800m

1回福島2日目 3回中山6日目 2回阪神6日目
8

天王寺特別

4歳以上2勝クラス ダ1400m

9

印西特別

4歳以上2勝クラス ダ2400m

9

忘れな草賞 L

3歳オープン 芝2000m

10

飯盛山特別

4歳以上1勝クラス 芝2000m

10

美浦ステークス

4歳以上3勝クラス 芝1800m

10

大阪―ハンブルクC

4歳以上3勝クラス 芝1200m

11

吾妻小富士ステークス

4歳以上オープン ダ1700m

11

春雷ステークス L

4歳以上オープン 芝1200m

11

桜花賞 G1

3歳オープン 芝1600m

12

花見山特別

4歳以上2勝クラス 芝1200m

12

梅田ステークス

4歳以上3勝クラス ダ1800m

先週の競馬:注目レース

  • 大阪杯 G1
    4/5(
  • ダービーCT G3
    4/4(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

  ★大阪杯・11番人気4着

 《レース》道中はしんがり。直線でスルスルとインを突き、ラスト300メートルあたりで一瞬前が詰まりそうになったが、それでもインをキープして、最後まで上位に迫る目立つ脚勢を見せた。

 《次走ポイント》「いい手応えで良く伸びてくれただけに惜しかった。今週からBコースになってインが伸びていたので、外は回りたくなかった」と、内にこだわった鮫島駿騎手。上がり3F33秒5は最速で、次位のラッキーライラックより0秒4速かった。12キロの馬体増は成長の証しで、2月の小倉大賞典Vも含め6歳にして本格化か。宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)でも楽しめそうだ。 (水谷)

★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

ラッキーライラック一夜明けて 「疲れた感じはないですね」 4月6日(月) 09:36

 大阪杯でGI3勝目を挙げたラッキーライラック(栗・松永幹、牝5)は一夜明けた6日、栗東トレセンの自厩舎で元気な姿をみせた。丸内助手は「きのう、帰ってきてからは『ごはんが食べたい』って感じでした。今朝も確認した歩様は大丈夫で、疲れた感じはないですね」と安どの表情で語った。

 牡馬を蹴散らしてオルフェーヴルとの父子制覇を達成。同助手は「これまで牡馬には勝てなかったけど、香港ヴァーズ(2着)でやれるんだというのが分かった。早くからここが目標だと聞いていたので、いい準備ができました。GI3勝はなかなかできませんからね。2、3歳のときの危うさが抜けて、やっと完成したなという感じ」と目を細めた。次走は未定で近日中に放牧に出る。



★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【大阪杯】ラッキーライラック、牡馬蹴散らしV! 4月6日(月) 05:04

 大阪杯は、2番人気のラッキーライラックが好位から直線で内めをこじ開けて差し切り、GI3勝目をマークした。M・デムーロ騎手の好騎乗で牡馬混合のGIで初勝利を飾り、今後は中距離路線の王道を歩む。2着には4番人気のクロノジェネシス。GI昇格後4年目で牝馬が初勝利を飾り、12頭中2頭だけの牝馬が1、2位を占めた。

 自らの力で勝利の道をこじ開けた。無観客のなかラッキーライラックが馬群から抜け出し、GI3勝目。初めて牡馬混合戦で勝利を飾り、地力強化を高らかにアピールした。

 「GIを勝つのはやっぱりうれしいですね。いい勝ち方。強かった。今回は、仕上がっていたし、集中して走れていましたね」

 前走の中山記念(2着)に次ぐ2回目の騎乗で答えを出したM・デムーロ騎手が胸を張る。抜群のスタートから、ラチ沿いの3番手を確保。前半1000メートルが60秒4というスローな流れのなか、3コーナーでは、一気にペースが上がり、馬群が一団になった。直線では前がなかなか開かなかったが、ラスト1ハロンあたりで一瞬の隙をついて抜け出し、クロノジェネシスを振り切りトップゴールに飛び込んだ。

 「運がよかったですね。手応えは抜群だった」とジョッキーは、昨年のオークスラヴズオンリーユー)以来、約1年ぶりのGI制覇を喜んだ。また大阪杯はGI昇格後4回目だが、2年前のスワーヴリチャードに次ぐ2勝目になった。

 母国イタリアでは、新型コロナウイルスの感染者が10万人を超え、死者も1万人を超えている。この件については「しんどいですね。家族もだし、友達もだし、みんな心配。とにかく頑張ってほしい」とエールを送った。

 ラッキーライラックは2歳時に阪神JFを制したが、同期にアーモンドアイがおり、牝馬3冠は無冠だった。そこで昨秋から中距離にターゲットを絞り、エリザベス女王杯で約1年8カ月ぶりの白星を挙げるなど、再び花を咲かせた。松永幹調教師は「以前なら、馬群をこじ開けるような感じじゃなかった。精神的に強くなりましたね」と目を細める。デビュー時に480キロだった馬体重も520キロまでに成長。心身ともにたくましくなったのは何よりの強みだ。

 今後は未定だが「これぐらいの距離を走らせたいですね」と師は中距離路線の継続を示唆。撃破すべき強敵は多いが、現役最強馬の座がはっきりとみえてきた。 (山口大輝)★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

★アラカルト

 ◆松永幹夫調教師は、騎手&調教師でV 松永幹調教師は2014年(フラガラッハ6着)に次ぐ、2回目の出走でV。騎手時代は1995年(インターマイウェイ)に勝っており、内藤繁春、池江泰郎、高橋成忠(いずれも元調教師)に続いて4人目の騎手、調教師両方での大阪杯優勝となった。

 ◆M・デムーロ騎手 2018年(スワーヴリチャード)以来、2年ぶり3勝目。JRA・GIは2019年オークスラヴズオンリーユー)以来で通算31勝目。JRA重賞は東京新聞杯プリモシーン)に次ぐ今年3勝目で、通算94勝目。

★入場&売り上げ

 大阪杯の売り上げは、120億1269万7800円で前年比78・8%。2週連続で無観客でGI開催となったが、前年比増(100・4%)だった前週の高松宮記念とは一転した。

ラッキーライラック 父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレース、母の父フラワーアリー。栗毛の牝5歳。栗東・松永幹夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績15戦6勝(うち海外1戦0勝)。獲得賞金6億2726万4700円(うち海外6174万1700円)。重賞は2017年GIIIアルテミスS、GI阪神ジュベナイルフィリーズ、18年GIIチューリップ賞、19年GIエリザベス女王杯に次いで5勝目。大阪杯松永幹夫調教師が初勝利。ミルコ・デムーロ騎手は04年ネオユニヴァース、18年スワーヴリチャードに次いで3勝目。馬名は「五弁のライラックの花(幸運のシンボル)」。

[もっと見る]

【大阪杯】生産者ノーザンFが3連覇!中島場長TV観戦「強かった」 4月6日(月) 05:03

 大阪杯は、2番人気のラッキーライラックが好位から直線で内めをこじ開けて差し切り、GI3勝目をマークした。M・デムーロ騎手の好騎乗で牡馬混合のGIで初勝利を飾り、今後は中距離路線の王道を歩む。2着には4番人気のクロノジェネシス。GI昇格後4年目で牝馬が初勝利を飾り、12頭中2頭だけの牝馬が1、2位を占めた。

 生産者のノーザンファームは、18年スワーヴリチャード、19年アルアインに続く3連覇。北海道の同ファームでTV観戦した中島文彦場長は「強かったですね。いい位置で競馬ができたし、直線で抜け出してきたときには勝ったかなと思いました」と振り返った。2着も同ファーム生産のクロノジェネシスで、「牝馬がこのレベルの牡馬と互角にやれるんですから、たいしたものです。これからがますます楽しみになりました」と、あらためて喜びを口にした。

 本馬の半弟グランメテオール(牡2、父ダイワメジャー)は、今週中にも姉と同じ松永幹厩舎に入厩予定。1歳は全妹で、母のライラックスアンドレースは近日中にも全きょうだいにあたるオルフェーヴルの子を出産する予定だ。

★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【大阪杯】ブラストワンピース、直線伸びなく7着 4月6日(月) 05:02

 3番人気のブラストワンピースは7着。中団の後ろから進み、3コーナー過ぎで進出したが、直線で伸びがなかった。「こういう流れになるのは分かっていたので位置を取りに行きたかったのですが、周りも速かったですね。馬は精いっぱい頑張って走ってくれています」と川田騎手。大竹調教師は「一番嫌なパターンで去年(6着)と同じ形」と語った。次走は未定。

★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【大阪杯】クロノジェネシス2着…斉藤崇師、クビ差「悔しい」 4月6日(月) 05:02

 昨年の秋華賞クロノジェネシスは、3番手からそつなく乗られたが、クビ差の2着。ラッキーライラックが勝った昨年のエリザベス女王杯での初対決で5着に敗れていたが、リベンジを果たすことができなかった。

 「外枠((12)番)でしたが、理想の位置で競馬ができました。またがる前はテンションが高いと聞いていましたが、乗ってからは落ち着いていましたね。道中は折り合いを欠くことなく、抜け出してからも脚を使っていました」と北村友騎手は振り返る。

 斉藤崇調教師は「位置取りもよくて、いい感じでレースを進められました。4コーナーで早めに動かざるを得ない形になった分だけ、内で脚をためた馬に負けた感じですね。悔しいですが、次は勝てるよう頑張ります」と先を見据えた。次走は未定で、近日中にノーザンファームしがらきに放牧に出る。

★5日阪神11R【大阪杯】の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 1,463ビュー

先週末の高松宮記念ではなかなか珍しい経験をした。

当コラムでも大穴候補として推奨し、最終予想でも本命にした◎クリノガウディーが想定通りの走りで1位入線も、なんと降着。ゴール直後の歓喜から一転、不的中となってしまった。3連複13万馬券×300円が紙クズ(実際にはネット投票なので紙ではない)になった他、レース直後に多く届いていた祝福の声もどう反応して良いかわからなくなってしまった(苦笑)。配信している「競馬ノート」の読者の中には3連単を買っていた方も何人かいて、170万超の馬券が消えてしまったのはさすがにショックが大きかったかもしれない。



もっとも、降着自体はたまにあることだし、どんな理由であれ4着は4着なので20分くらいで立ち直れたのだが、各馬の走りがだいたい見立て通りだっただけにその推理を馬券に生かせなかったのが悔しいところだ。

さて、ちょっと愚痴になってしまったので回顧を。勝ったモズスーパーフレアは1200mでは極めてシンプルな穴のパターン。直近2走はいずれも差しが届く荒れた馬場で逃げて失速しており、その中でもとりわけ前走のシルクロードSは4着と良く粘っていた。今回スンナリ行けたことで一変は納得の結果だろう。

2着グランアレグリアも掛かる気性を考えれば1200mが合わないこともなく、道悪もスタミナを問われた分良かったとみている。道悪が良いわけではなく、1200mなら道悪、タフな馬場くらいの方が良いということ。

さらに言えばモズアスコットの出遅れも先週の当コラムで「ゲートが下手過ぎるデムーロ」と書いたように想定通りだった。デムーロ騎手は出遅れる可能性のある馬ではキッチリ出遅れてくれるので、馬券的にはありがたい存在だ。各指標をみても現状は喜んで買う騎手ではなく、基本的にはデムーロからの鞍上強化を狙う方がお得なのである。昨年暮れの香港国際競走ではデムーロ乗り替わりの馬が2勝を挙げたが、それも決して偶然ではない。

騎手に関してはイメージだけでなく、現在の力量や癖をキッチリと掴む必要がある。そして騎手の能力は絶対的なものでもないので、馬との相性やコース、距離なども含めて複合的に考える必要がある。

それは難しいというのであれば、是非、4/14(火)発売の新著『競馬記者では絶対に書けない騎手の取扱説明書』を読んでいただきたい。こちらではJRA所属のすべての騎手について触れているので、馬券の大いなる見方になってくれるはずだ。


〜波乱度は低い!? 大阪杯展望

さて、今週末は大阪杯アーモンドアイサートゥルナーリアなどの名前がないのは残念だが、中距離路線の有力各馬がまずまず揃った。

人気は上位拮抗という感じを想定しているが、その中で注目したいのはブラストワンピース。昨年6着と人気を裏切っているために少々買いづらいイメージもあるかもしれないが、阪神芝2000mを走るならば池添騎手よりも川田騎手の方が断然手が合うだろう。上手くゲートを決めて位置を取りに行く競馬ができれば、昨年とは異なるレースをできる可能性が高い。昨年のような外を回して届かないという競馬にはならず、先行して抜け出す競馬になるとみている。

安定感という点ではやはりダノンキングリーが一番だろうか。前哨戦が鮮やか過ぎたのは少し気にならないこともないが、それでもレース運びも上手く、2000mの距離もベストに近い。連複軸での信頼度という点ではブラストワンピースよりも上かもしれない。

その他、伏兵をあえて挙げるならば、近走力を付けてきているサトノソルタスだろうか。上手く流れに乗ってこられれば、2〜3着くらいに入れる可能性はありそうだ。

先週は波乱の決着となったが、今週はどちらかといえば堅い決着の可能性が高いと考えているので、買い方も重要になりそうだ。


※重賞の結論は、『TAROの競馬』にて無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

4月2日(木) 14:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2020大阪杯
閲覧 1,083ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はAA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


4月5日(日) 阪神11R 第64回大阪杯(4歳以上G1、芝2000m)


【優先出走馬】

ダノンキングリー(C)中4週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時と同じように追われている割に、伸び脚はそれほどでもない。ここを強く追われて、最終追い切りで馬なりでグイグイ伸びる動きに変わってくれば良いが……。


【以下、賞金順】

ブラストワンピース(A)中9週
<1週前追い切り>
南W併せ馬の内。前走時の力みが抜けて折り合いもしっかりついていて、一度使われての上積みがありそう。

ラッキーライラック(D)中4週
<1週前追い切り>
CW単走。もともと(映像から伝わってくる)こういった走りの馬だが、力強さがなく時計ほどの伸び脚はない。

クロノジェネシス(AA)中4週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。抜群の手応えで直線一気に伸び、併走馬を並ぶ間もなく抜き去り、大外を走っていた他厩舎の馬をもパス。

ワグネリアン(C)4ヶ月半
<1週前追い切り>
DPコース3頭併せの内。もともとこのコースでは良い動きは見せないが、前を走る2頭が速く追い抜けず。休み明けでまだ物足りなさが残る走り。

ヴェロックス※出走回避

ロードマイウェイ(B)中2週
<1週前追い切り>
坂路単走。前走時はおとなしく折り合いもついていたが、今回は押さえるのに苦労するくらい気合いが乗っている感じ。この気合いが良いほうに出れば。

マカヒキ(D)4ヶ月半
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。時計は出ているが動きに力強さがなく、伸び脚もイマイチ。

ステイフーリッシュ(C)中6週
<1週前追い切り>
坂路単走。手応えの割に終いの伸び脚がイマイチ。

クレッシェンドラヴ※出走回避

カデナ(C)中4週
<1週前追い切り>
坂路単走。勢いよく駆け上がってきたが、脚の回転の速さの割に伸びきれず。

レッドジェニアル(B)中10週
<1週前追い切り>
CW併せ馬の内。押さえたままでも、最後まで抜かせず先着。

サトノソルタス(C)中2週
<1週前追い切り>
映像なし。中2週と間隔が詰まっていて、水、木、金、土、日と坂路で軽く乗られているが、追い切りと言えるのは日曜日の坂路くらい。ただそれも、終いの時計が少し出ている程度。

ジナンボー(B)中5週
<1週前追い切り>
南W3頭併せの内。終いもうひと伸びがほしい感じも、休み明けを一度使われての上積みはありそう。



◇今回は大阪杯編でした。
海外ではドバイワールドカップが中止になるなど、コロナウイルスの影響は日に日に増すばかり。このような状況下では、競馬開催中止という最悪の事態を避けるため(競馬関係者から感染者出てしまったら自粛しなくてはならないかもしれない)にも、観客を入れての競馬開催はなかなかできそうもなく、無観客競馬は長引くのではないかと思います。普段、競馬場で馬券を買っていてネット投票の術を持たない方もいると思いますが、このような人たちでも馬券が買えるように、これからはコンビニでも馬券を買えるようなシステムを考えたほうが良いのではないかと思います。実は、25年くらい前に私が東京で一人暮らしをしている時にコンビニを使った電話投票を試験的に行っていたことがあり、たまたま私が住んでいる家の近くのコンビニで会員を募集していたので申し込み、コンビニで馬券を買っていたことがありました。システムは、専用銀行口座を作りお金を入金しておき、コンビニに置かれている専用マークシートを塗り投票するとレシートが出てくる、とこんな感じだったと記憶しています。試験的だったので半年か1年で終わってしまいましたが、その後この“コンビニ投票システム”の話すら出てこないまま今に至っています。
現在、競馬場では『UMACA』というキャッシュレスで馬券が買えるシステムが出来上がっています。それを有効活用して、全国のコンビニに『UMACA投票機』を置くようにしたらどうかと思います。競馬場に毎週のようにきている年配の方たちで、『電話投票』は持っていないけど『UMACA』なら持っているという人たちもたくさんいると思います(競馬場を歩いていると、首から『UMACA』をぶら下げて歩いている年配の方たちを見かけることが思いの外多い感じがしています)。全国すべてのコンビニとはいかなくても、一つの市や町で3店舗(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで1店ずつ、駅前のコンビニに投票機を置くとか)ぐらいあれば、競馬場まで足を運ぶことを考えれば近いものだと思います。
誰もが予想しなかったこのような事態が今後も起こる可能性はいくらでもあると思いますし、その時にコンビニで馬券が買えるようになっていれば、今回カバーできない層の売り上げを伸ばすことができるかもしれません。何よりも、昔から競馬場で馬券を買って日本の競馬を支えてきてくれた年配の方々も、引き続き競馬を楽しめるのではないかと思っています。スポーツくじがコンビニで買えるなら、馬券もコンビニで!なんとか農林水産省の方々には頑張ってもらいたいものです。もっとも、最良はこのような事態が収束し、今後起こらず、普通に競馬場で観戦できる平和で健康に生活できる日が続いていくことなのでしょうが(そして、“頼み”の(?)コンビニですら発症者が出ていたりするくらいの昨今ですしね^^;)。

それでは次回、桜花賞編でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論は、レース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

4月1日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年04月01日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(196)
閲覧 1,878ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、コーラルステークス・ダービー卿チャレンジトロフィー大阪杯の3レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年04月04日(土) 阪神11R コーラルステークス
【前走の着順別成績(2009年以降)】
●5着以内 [8-8-10-44](3着内率37.1%)
●6着以下・競走中止 [3-3-1-96](3着内率6.8%)
→前走好走馬は堅実。なお、前走の着順が6着以下・競走中止、かつ“阪神ダ1400m、かつ2勝クラス以上のレース”において連対経験のない馬は2009年以降[0-0-0-65](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。


▼2020年04月04日(土) 中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー
【馬齢別成績(2013年以降)】
●5歳以下 [7-5-6-36](3着内率33.3%)
●6歳以上 [0-2-1-55](3着内率5.2%)
→若い馬が優勢。高齢馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

3月31日(火) 19:04 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】大阪杯2020・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 737ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第64回 大阪杯 GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

3月30日(月) 18:00 覆面ドクター・英
大阪杯・2020
閲覧 1,461ビュー

高松宮記念は難しかったですね...。降着のクリノガウディーはG1になると張り切るんでしょうか。雨の後の内から乾くパターンともなると、栗東坂路48秒台という猛時計仕上げのモズスーパーフレアあたりも怖いなぁとは感じていましたが、コラムで要らないと記した手前もあって思い切れませんでした。まあ、常に逃げ馬というのは激走する可能性が高いわけで....。前にも書いたように、もし自分が騎手だったら、最短距離をある程度主導権を握って走れるので、逃げられる限り逃げの手を選ぶと思いますしね。

さて、大阪杯はフルゲートとならなそうですがG1馬が多数と上り馬が加わり楽しみな一戦です。阪神の内回り2000mというのはアンカツ騎手が得意としていたように、勝ちに行くと勝てないという難しいコースで、騎手の力量も結果にかなり関わってきそうです。


<全頭診断>
1番人気想定 ダノンキングリー:8戦5勝で前走の中山記念も快勝してきた。勝つ時はかなり強く見える勝ち方をするので、人気になりやすいタイプ。距離はもっと短い方が良いと思われ、前走でのその見た目のアピール度十分な勝ちっぷりを披露してしまっているぶん妙味は無く、ヒモ扱いが良いのではと考えている。

2番人気想定 ブラストワンピース新潟記念は相手が弱かったので大外というか外ラチ沿いをズコーンと差してきたが、基本的には直線は長くないほうが良い様子。距離的にもこのくらいが絶好の舞台では。メンタル的に海外は向かないと最初から思っていたので、凱旋門賞の惨敗はノーカウント。前走のAJCCも快勝したし、主役を張れる存在だろう。

3番人気想定 ラッキーライラック:昨秋はスミヨン騎手に乗り替わって迎えたエリザベス女王杯で、チューリップ賞以来となる勝ち星をあげた。香港でも2着して、中山記念でも2着と早熟というわけでなく、能力を高く維持し、好調を保ち続けてきているここまで。やや渋り気味な馬場も味方しそうで、好走は十分可能。

4番人気想定 クロノジェネシス:前走は相手がそれほどでなかったとはいえ、2馬身半差の完勝でまだまだ強くなってきている感じはある。馬場が渋っても平気で、ここもやれるのでは。

5番人気想定 ワグネリアン:昨秋のJCで3着と、本来長いであろう距離を友道厩舎の育成力でこなして好走した。距離はここの方が断然良く、5歳春という充実期間で頭まであるとみている一頭。

6番人気想定 ヴェロックス:昨年はクラシックで2着、3着、3着と好走したが、世代の王道路線の馬が、前走で小倉のハンデ戦G3小倉大賞典を使ってきたあたりで私としては「???」。そしてそこで1番人気9着と敗れ、成長力、状態に問題がある現状ではないだろうか。→回避予定のよう

7番人気想定 ロードマイウェイ:5連勝で昨年11月末のチャレンジCを制したが、休み明けの金鯱賞は2番人気10着と惨敗した。ひと叩きしたからといってここで通用はしないだろう。

8番人気想定 マカヒキ:3年前も昨年もこのレースでは4着と、そこそこやれる下地あるのだが……。瞬発力を生かす東京でも差し切れない現状で、7歳という年齢だけに上積みも期待できず、要らないとみる。

9番人気想定 ステイフーリッシュ:瞬発力は無いが先行してしぶといタイプで、G1の厳しい流れはいいのかもしれない。前に行って、もたせるのが得意なオーストラリア仕込みの坂井騎手が、自厩舎の馬で張り切って頑張るシーンに期待も。

10番人気以下想定
カデナ:前走の小倉大賞典での勝利が約3年ぶりとなるが、完勝でここに来ての本格化もあり得る。穴で狙う価値はありそう。5戦3勝で弥生賞を制したように、当時は世代トップレベルと目されていた馬の復活で、色々とかみ合わずに低迷が続いたが、ここでもやれるだけの器だと思うのだが。

サトノソルタス:ゆっくり強くなってきて昨秋に準オープン勝ち、前走金鯱賞サートゥルナーリアの2着と頑張っている。ただ2馬身差をつけられたように、まだトップレベルとは差があるのでは。

レッドジェニアル:昨春の京都新聞杯勝ちの後は結果を出せていないように、ここで激走というタイプではないか。

ジナンボーディープインパクト×アパパネという良血馬だが、まだ小倉大賞典で3着止まりというように力が足りないだろう。

クレッシェンドラヴ:もう6歳で、G3の福島ならやれるが、という馬でG1でどうこういう感じではないのでは。


<まとめ>
有力:ブラストワンピース

ヒモに:ダノンキングリーラッキーライラック

穴で:ステイフーリッシュカデナ

[もっと見る]

3月30日(月) 13:00 【ウマニティ】
【U指数的分析】大阪杯2020
閲覧 1,327ビュー

大阪杯】2012年以降の傾向(※G2時代の結果も含む)

過去傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ


<ポイント①>
・指数1位と2位は安定しており、毎年どちらか1頭あるいは両方が馬券に絡んでいる。指数1~2位は連対率50.0%、複勝率56.3%。複勝回収率109.4%

<ポイント②>
・2012年以降の3着以内馬は、ほとんどが6番人気以内。堅軸の指数1~2位+1~6番人気+1~6番人気のフォーメーションで馬連を購入すると馬連回収率201.9%、3連複回収率118.7%

<ポイント③>
・低指数馬は苦戦必至。10位以下は【0 0 1 31】。唯一の例外は、指数が伸びない傾向にある「古馬初対戦の3歳馬(明け4歳馬)」の条件に該当する2019年3着のワグネリアン


大阪杯の予想U指数はこちら⇒(大阪杯重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!


--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 66ビュー

今日行われた大阪杯♪

勝ったラッキーライラックと2着のクロノジェネシスは共に牝馬(o^^o)

牡馬をも圧倒した走りにアッパレでした☆

高松宮記念もモズスーパーフレアとグランアレグリアの牝馬決着!

今年は例年以上に牝馬の活躍があるかも知れませんね~

4月5日() 22:03 組合長さん
また牝馬
閲覧 47ビュー

先週に続き大阪杯も牝馬同士で決着。牡馬が古馬で成長しないのは、間違いなくデビューを早くし、頂点をダービーに据えていること。これでは、いつまでたっても凱旋門賞など無理な気がします。

[もっと見る]

4月5日() 18:22 ひろあやはさん
大阪杯 結果日記
閲覧 125ビュー

久しぶりの日記です。大阪杯、ウマコロもリアルも的中しました。
ラッキーからクロノ、ワグのワイドで勝負しました。
ダノンは、騎手がノリさんだったのとダノンはG1では、イマイチな結果が多いので、評価を落としました。やはり、サンデーレーシングやキャロットの馬がG1では、よくきますね。また、来週も頑張りたいと思います。ありがとうございました。

[もっと見る]

4月5日() 18:05 タッさん
大阪杯結果
閲覧 108ビュー

皆さんこんにちは。m(__)m

又々ちぐはぐな結果に、ですが安い配当。😓(笑)

1着△5

2着×12

3着◯8


でした。牝馬2頭を週末に評価下げがいたかった。(>_

[もっと見る]

4月5日() 18:01 ちびざるさん
【GⅠ】大阪杯の結果
閲覧 110ビュー


1着:⑤ラッキーライラック
2着:⑫クロノジェネシス
3着:⑧ダノンキングリー


私の◎にした ③ブラストワンピースは7着でした。
1着の⑤ラッキーライラックは△
2着の⑫クロノジェネシスは△
3着の⑧ダノンキングリーは〇
でした。

買い目は
馬連フォーメーション
③⑧→④⑤⑨⑫

でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○


 まずはに③ブラストワンピースに関して。
スタートはまずまず悪くはなかったと思います。
内枠で大型馬ゆえに良い位置が取れませんでしたね。
道中は中団やや後ろの外という位置取りになってしまいました。
スローペースだったこともあり
早めに動いて行きましたが終始外を回らされた分
直線では伸びを欠いた形になりましたね。
今回は3番枠が仇になった形になりましたね。
早めに好位が取れるような速い二の脚は大型馬ゆえに
厳しいですね。
AJCCのように上手く立ち回れませんでしたね。
外枠だったら多少は違ったかもしれませんでしたね。


1着の⑤ラッキーライラックについて
好スタートから3番手から4番手につけました。
この位置取りが楽に取れたのは大きかったですね。
道中も折り合いがついていました。
楽な手ごたえで直線へ。
直線では、他馬が追い出される中
追い出さず、馬なりで前をスッと差を詰めてから
追い出されていました。
この辺りもミルコ・デムーロ騎手は上手いですね。
周りも見えていたと思います。


2着の⑫クロノジェネシスについて
まずは、馬体重の発表時点で
450キロ台だったのは大きかったですね。
レースはスタートは好スタートから
外枠だったこともあり早めにインに切れ込みながら
ポジションを取りに行きました。
無理にポジションを取りに行った感じではなく、
楽に取りに行けたのが大きかったと思います。
4コーナーから直線ではやはり外目を通り形になりました。
直線では、脚を使った伸びましたが、勝ち馬には及びませんでした。
やはり勝ち負けの差は、内、外の差だと思います。
北村友一騎手も悪い騎乗ではなかったと思います。
運もなかったと思います。


3着の⑧ダノンキングリーについて
この馬にしては、スタートが良かったですね
これまでで一番ってくらいのゲートの出でしたね。
スタートが良すぎた分、好位に付けるつもりが
思わぬ逃げとなってしまいましたね。
枠の並び順で押し出されてしまったようにも見えましたし
横山典騎手も誰もいかないなら好スタートだったし
無理して抑えるより行ってしまえって感じだったかもしれませんね。
スローペースにしたまでは良かったですが、ジナンボーが畝に直後にいたのが
この馬にとっては結果的に、厳しかったかもしれませんね。
2番手~3番手で運べたら・・・って感じですね。
この馬の良さは行かせなかったように感じました。

的中された方々、本当におめでとうございます。

[もっと見る]

大阪杯は牝馬でワンツー勝利
閲覧 146ビュー

大阪杯は、2番人気牝馬ラッキーライラック、4番人気牝馬クロノジェネシスで決まり
荒れないレースだった。
M.デムーロおめでとう
ダノンキングリーは、2000mの逃げ粘りでスタミナ切れ(3着)、
1800mまで強いので、マイルのG1勝負しましょう。
カデナは先行集団が有利な展開の中、後方から追い込んで4着でした。
デイープインパクト産駒で、6歳になりました。
6歳を過ぎると活躍した馬があまりいないので、G2、G3で頑張りましょう。
来週の桜花賞はレシステンシアに武豊が騎乗予定
鮮やかなレゴードで逃げ切ることを期待しています。
レジェンド頑張れ!

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 ダービー卿チャレンジトロフィー(芝1600メートル)が4日、中山競馬場で16頭によって争われ、石橋騎乗で4番人気のクルーガーが好位から抜け出して2馬身差で快勝。4年ぶり2度目の重賞勝ちを飾った。2着は13番人気の伏兵ボンセルヴィーソ。ハナ差3着がレイエンダで、1番人気プリモシーンは5着に終わった。

 長い苦難の道を経て、8歳馬が鮮やかな復活劇だ。4番人気のクルーガーが、好位追走から直線で抜け出して2馬身差の完勝。2016年のマイラーズC以来、約4年ぶりに勝利の美酒を味わった。

 「返し馬で初めて感触を確かめたけど、いい馬だと思いました。直線で進路があいてからの伸びはすごかったですね」

 端正な顔をほころばせたのは前日の3日に36歳になったばかりの石橋騎手。自ら最高の形でバースデーを祝った。(4)番の好枠を生かして好位を進み、ハイペースに巻き込まれないように「無理にはついていかなかった」という好判断。「前にいる人気馬の動き次第かな…と思ったので、慌てずに」運んで、最後の伸びを引き出した。

 デビュー当初から素質の高さで評判を呼んでいた逸材だが、故障で長期休養が相次いだ。昨年はオーストラリアに2度遠征。GIクイーンエリザベスSではGI25連勝の名牝ウィンクスの2着に健闘したが、勝ち星からは遠ざかっていた。

 「オーストラリアに行って、目に見えて変わったということはないですが、精神的にどっしりしてきたし、普段扱っていても8歳なのかな、というほど」

 昨年のフィアーノロマーノに続く連覇を飾った高野調教師は、ベテランの頑張りに最敬礼。「とはいえ、8歳ですから。ダメージをしっかり取って、今後のことは考えたい」と、次走は明言を避けたが、勝利の味を思い出したのは大きい。完全復活を果たした古豪が、マイル路線に新たな風を巻き起こす。 (柴田章利)

クルーガー 父キングカメハメハ、母アディクティド、母の父ディクタット。黒鹿毛の牡8歳。栗東・高野友和厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績26戦6勝。獲得賞金2億7225万1000円(うち海外7215万5000円)。重賞は2016年GIIマイラーズCに次いで2勝目。ダービー卿CTは高野友和調教師が19年フィアーノロマーノに次いで2勝目。石橋脩騎手は12年ガルボに次いで2勝目。馬名は「賢者(ドイツ語)。賢い競走馬に育ってほしいと願いをこめて」。

★4日中山11R「ダービー卿CT」の着順&払戻金はこちら

【ダービーCT】プリモシーン、緩い馬場に泣き5着 4月5日() 05:03

 東京新聞杯を快勝して1番人気に推されたプリモシーンは、中団に待機したものの直線はジリジリとしか伸びず。5着を確保するのが精いっぱいだった。M・デムーロ騎手は「3~4コーナーはすごくいい感じだったけど、(良の発表以上に)馬場が重かったぶん、坂で止まって甘くなった」と見た目以上に緩くなった芝に敗因を求めた。

★4日中山11R「ダービー卿CT」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ダービーCT】レースを終えて…関係者談話 4月5日() 05:03

 ◆木幡巧騎手(ボンセルヴィーソ2着)「2走前(淀短距離S5着)に脚を使えていたので、道中はためて乗った。4コーナーもうまくさばけたし、最後もしっかり脚を使ってくれた」

 ◆丸山騎手(レイエンダ3着)「周りが速かったので後ろからだったが、馬混みでもハミを取って集中できていた。追ってからもしっかりと脚を使って、収穫のあるレースだった」

 ◆津村騎手(ケイアイノーテック4着)「ゲートを出てから進みが悪く、3~4コーナーでもズブかったが、最後の1ハロンでまた来た。能力は上位なので気持ちの問題でしょう」

 ◆田辺騎手(ドーヴァー6着)「ペースが速くていいポジションが取れなかったが、切り替えてインからスムーズに上がっていった。流れひとつでいい競馬になるよ」

★4日中山11R「ダービー卿CT」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ダービーCT】13番人気ボンセルヴィーソが低評価覆し2着 木幡巧「道中はためて乗った」 4月4日() 18:21

 4月4日の中山11Rで行われた第52回ダービー卿チャレンジトロフィー(4歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、石橋脩騎手騎乗の4番人気クルーガー(牡8歳、栗東・高野友和厩舎)が快勝。タイムは1分32秒8(良)。



 13番人気の伏兵ボンセルヴィーソが低評価覆し2着に激走。スタートをきっちりと決めると、先行集団を見る絶好の位置をキープ。勝負どころで進出を開始すると、直線では鞍上の左ムチに応え懸命に脚を伸ばし勝ち馬には2馬身届かずも、レイエンダとの接戦の2着争いをハナ差制した。



 木幡巧也騎手「2走前(淀短距離S5着)に脚を使えていたので、道中はためて乗った。4コーナーもうまくさばけたし、最後もしっかり脚を使ってくれた」



★【ダービー卿CT】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダービーCT】レイエンダ接戦の2着争いにハナ差及ばず3着 丸山「収穫のあるレースだった」 4月4日() 18:20

 4月4日の中山11Rで行われた第52回ダービー卿チャレンジトロフィー(4歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、石橋脩騎手騎乗の4番人気クルーガー(牡8歳、栗東・高野友和厩舎)が快勝。タイムは1分32秒8(良)。



 ダービー馬レイデオロの全弟レイエンダは、上々のスタートから中団インでロスなくレースを進めると直線、じっくりとためた脚を一気に爆発させるもボンセルヴィーソとの接戦の2着争いにハナ差及ばず、悔しい3着となった。



 丸山元気騎手「周りが速かったので後ろからだったが、馬混みでもハミを取って集中できていた。追ってからもしっかりと脚を使って収穫のあるレースだった」



★【ダービー卿CT】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【ダービーCT】1番人気プリモシーンは重賞連勝ならず5着 Mデムーロ「きょう(の敗因)は馬場」 4月4日() 18:20

 4月4日の中山11Rで行われた第52回ダービー卿チャレンジトロフィー(4歳以上オープン、ハンデ、GIII、芝1600メートル、16頭立て、1着賞金=3900万円)は、石橋脩騎手騎乗の4番人気クルーガー(牡8歳、栗東・高野友和厩舎)が快勝。タイムは1分32秒8(良)。



 前走の東京新聞杯に続く重賞連勝を狙った1番人気のプリモシーンは道中、レイエンダと並んで中団を追走。3、4コーナーから一気に馬群の外を回り、全馬をまとめて差し切る勢いで進出するも、直線半ばで勢いが止まり5着に入線するのが精いっぱいだった。



 M.デムーロ騎手「3~4コーナーはすごくいい感じだったが、きょうは(良発表でも)馬場が重かったぶん、坂で止まった。きょう(の敗因)は馬場ですね」



★【ダービー卿CT】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 390ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


ダービー卿チャレンジ・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

4月1日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年04月01日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(196)
閲覧 1,878ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、コーラルステークス・ダービー卿チャレンジトロフィー大阪杯の3レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年04月04日(土) 阪神11R コーラルステークス
【前走の着順別成績(2009年以降)】
●5着以内 [8-8-10-44](3着内率37.1%)
●6着以下・競走中止 [3-3-1-96](3着内率6.8%)
→前走好走馬は堅実。なお、前走の着順が6着以下・競走中止、かつ“阪神ダ1400m、かつ2勝クラス以上のレース”において連対経験のない馬は2009年以降[0-0-0-65](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。


▼2020年04月04日(土) 中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー
【馬齢別成績(2013年以降)】
●5歳以下 [7-5-6-36](3着内率33.3%)
●6歳以上 [0-2-1-55](3着内率5.2%)
→若い馬が優勢。高齢馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 93ビュー


1着:④クルーガー
2着:⑤ボンセルヴィーソ
3着:⑥レイエンダ


私の◎にした⑦プリモシーンは5着でした。
1着の④クルーガーは〇
2着の⑤ボンセルヴィーソは無印
3着の⑥レイエンダは△
でした。

買い目は
馬連フォーメーション
⑦④→⑮⑥⑪⑫

でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○


 まずはに⑦プリモシーンに関して。
スタートはこの馬にしては悪くはなかったと思います。
道中は中団からの競馬。
4コーナーから直線にかけて徐々にポジションを上げていきましたが
外々を回わらされた分、届きませんでしたね。
展開も向かなかったですね。


1着の④クルーガーについて
好スタートから3番手から4番手につけました。
道中は4番手辺りのインからじっくり前を見ながらの競馬でした。
直線では、馬場の真ん中に出して鋭く伸びました。
今日は石橋騎手が上手く乗っていたと思います。
やはり力のいるマイル戦で力を発揮しますね。
勝った内容も良かったと思います。


2着の⑤ボンセルヴィーソについて
この激走には驚きました。(^^;
スタートから道中と終始、勝ち馬にピッタリとマークした形となりました。
直線で少し置いていかれるシーンもありましたが、その後良い脚を使っていましたね。
レイエンダとの叩き合いを制しての2着でした。
この2着は価値があると思いました。

的中された方々、本当におめでとうございます。

4月4日() 17:00 DEEBさん
恥ずかしい馬予想2020.04.04[結果]
閲覧 54ビュー

中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー GⅢ 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 7 ★プリモシーン…5着
○ 4 クルーガー…1着
▲ 2 ストーミーシー…7着
△ 3 ☆ジャンダルム…10着
×11 ケイアイノーテック…4着
[結果:ハズレ×]

阪神 5R 3歳1勝クラス(混合)(特指)
◎12 タガノハイライト…3着
○ 3 オーロラテソーロ…1着
▲ 9 ☆マティアス…5着
△ 1 サウンドプリズム…8着
× 4 ミツカネプリンス…9着
[結果:ハズレ×]

阪神 8R 三木ホースランドパークジャンプステークス 障害4歳以上オープン(混合)
◎11 ブレスアロット…6着
○ 7 ☆タガノエスプレッソ…1着
▲ 6 タガノグルナ…3着
△13 シゲルサツマイモ…7着
× 8 ☆メイショウバイタル…13着
[結果:アタリ△ 複勝 7 200円]

阪神 9R アザレア賞 3歳1勝クラス(混合)(特指)
◎ 4 フライライクバード…1着
○ 1 サトノシャローム…3着
× 2 ☆ハナビマンカイ…7着
[結果:ハズレ×]

阪神11R コーラルステークス (L) 4歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 5 レッドルゼル…1着
○ 6 デアフルーグ…8着
▲ 8 テーオーヘリオス…10着
△12 スマートオーディン…13着
×13 ニホンピロタイド…4着
[結果:ハズレ×]

阪神12R 4歳以上2勝クラス(混合)[指定]
◎ 2 パンコミード…5着
○ 4 ストロングライン…8着
× 5 ☆マイネルブロッケン…3着
[結果:アタリ△ 複勝 5 390円]

今日は、休みです。
競馬に集中します。
しかしながら、競馬のための新聞を買いに、外出しなくてはなりません。
不要不急ではない、仕方がない外出です。

[今日の結果:6戦0勝4敗2分]
ダメな結果です。
午前中に新聞を買いに、不要不急ではない外出をしましたが、いつも朝から開いてる飲み屋がお休みしてました。
残念です。

[もっと見る]

4月4日() 16:40 正義の魂さん
今日はちょいプラスも悔しい
閲覧 173ビュー

せっかく阪神9Rアザレア賞で、
フライライクバードの単勝1点大勝負が
的中したのに、欲を出して、阪神最終の
ストロングラインの複勝を、大量購入
してしまったものであるから、今日も
あまり大きなプラスには、なれなかった。

さらに中山最終で、ニシノコトダマの
複勝を買おうか迷い、やめたら、
この結果である。

中山メインのダービー卿チャレンジトロフィーでは、
クルーガーは、世界最弱の騎手でも
これだけの圧勝であるし、まともな騎手に
替えれば、GⅠ奪取も夢ではなかろう。

明日の大阪杯では、私の馬券守護神・
ブラストワンピースが出走予定であるので、
大いに楽しみにしている。

[もっと見る]

4月4日() 16:19 ぼんきちさん
ダービー卿チャレンジトロフィー結果
閲覧 104ビュー

③ジャンダルム 複勝100% ❌
収支ー10000円 回収率0%😭
今日は残念でした。明日大阪杯頑張ります!

[もっと見る]

4月4日() 13:57 ゼファーさん
第52回 ダービー卿チャレンジトロフィーGⅢ
閲覧 142ビュー

<馬場状態>

今週よりBコースを使用します。
コース変更に伴い、3コーナーから4コーナー内側以外の傷みは概ねカバーされ、全体的には良好な状態です。

連続開催13日目・・・雨にやられた開催も多く馬場は時計が掛かる状態か。

<馬券>

後ろから外通っては、直線の馬場が悪く詰めてこれないと読む。

ストーミーシー:◎
 番手から抜け出す。

カツジ:▲
 4角先頭

ジャンダルム:〇
 藤井 勘一郎

△:4.5.7.8.16

[もっと見る]

4月4日() 10:09 ちんぺーさん
4月4日(土) 重賞予想
閲覧 213ビュー

<中山11R ダービー卿チャレンジ>
 レース判定を見ると、単勝30倍以下が12頭、出走頭数が多く、単複人気順位差も多いことなどから、大波乱と想定する。
 馬連15位までが馬券圏内か。
 期待したい馬は、10番ムーンクエイク、09番ブラックムーン。
 09番は全馬券断層馬であり、10番単勝複勝直下に断層があり、期待したい。

[もっと見る]

先週の競馬:番組表

開催日
  • 4月4日(
  • 4月5日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 3回中山3日目
  • 2回阪神3日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
1
 セントクリーガー
8.2倍 (④人気)
5
 グッドラックスター
3.4倍 (②人気) 超凄馬
12
 ペイシャノリッジ
2.9倍 (①人気)
払戻
中山
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
9
 クィーンアドバンス
5.0倍 (③人気)
3
 トリッチトラッチ
3.7倍 (②人気)
14
 ロードオブイサチル
3.5倍 (①人気)
払戻
阪神
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
12
 コパノフィーリング
4.8倍 (③人気)
4
 アメリカンニーニャ
2.4倍 (①人気)
13
 ダノンボヌール
15.1倍 (⑥人気)
払戻
中山
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
10
 エメラルホープ
3.6倍 (②人気)
14
 ケイアイタカプナ
11.5倍 (⑥人気)
9
 クロフネシルエット
3.4倍 (①人気)
払戻
阪神
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2000m
7
 エブリワンブラック
3.8倍 (②人気)
4
 ニホンピロストーム
16.3倍 (⑦人気)
2
 ペイダート
10.7倍 (⑥人気)
払戻
中山
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
12
 ダウラギリ
2.2倍 (①人気)
8
 スリーハーバー
4.0倍 (②人気)
13
 ハッピーミニスター
4.6倍 (③人気)
払戻
阪神
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
13
 ユピテルルークス
3.6倍 (②人気)
6
 アウサンガテ
1.8倍 (①人気)
3
 ヴェントボニート
39.7倍 (⑦人気)
払戻
中山
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
10
 ハイエストエンド
2.2倍 (①人気)
16
 メジャーブレイク
4.3倍 (③人気)
4
 マイネルイリャルギ
3.7倍 (②人気)
払戻
阪神
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
3
 オーロラテソーロ
3.3倍 (②人気)
8
 ダイシンイナリ
11.4倍 (③人気)
12
 タガノハイライト
2.8倍 (①人気)
払戻
中山
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
11
 ルヴェルソー
4.0倍 (①人気)
7
 マリノソフィア
51.9倍 (⑪人気)
18
 ドリームメッセージ
5.1倍 (②人気)
払戻
阪神
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 ハイパーノヴァ
3.0倍 (②人気)
3
 スパンキーワールド
4.9倍 (③人気)
6
 ナイルデルタ
1.8倍 (①人気)
払戻
中山
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1800m
6
 ヴォートルエロー
11.2倍 (⑤人気)
11
 キタノオクトパス
4.6倍 (③人気)
4
 ヴィクトワールボス
30.6倍 (⑦人気)
払戻
阪神
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
11
 パーティナシティ
1.8倍 (①人気)
7
 ミスターウインディ
235.7倍 (⑪人気)
10
 ダノンインパルス
9.1倍 (③人気)
払戻
中山
7R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
6
 シャチ
37.7倍 (⑩人気)
2
 チアチアクラシカ
5.3倍 (③人気)
8
 アミークス
9.1倍 (④人気)
払戻
阪神
8R
三木ホースランドJS
障害4歳以上オープン 障3140m
7
 タガノエスプレッソ
7.2倍 (④人気)
4
 タガノアンピール
4.9倍 (②人気)
6
 タガノグルナ
3.8倍 (①人気)
払戻
中山
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 デストロイ
2.5倍 (①人気)
3
 ファンタスティック
8.6倍 (④人気)
10
 セイカヤマノ
3.9倍 (②人気)
払戻
阪神
9R
アザレア賞
3歳1勝クラス 芝2400m
4
 フライライクバード
1.8倍 (①人気)
3
 ディープボンド
12.7倍 (④人気)
1
 サトノシャローム
3.6倍 (②人気)
払戻
中山
9R
安房特別
4歳以上2勝クラス 芝2500m
8
 シークレットラン
2.3倍 (①人気)
9
 ディバインフォース
7.2倍 (⑤人気)
5
 テーオーフォルテ
6.2倍 (③人気)
払戻
阪神
10R
明石特別
4歳以上2勝クラス 芝2000m
9
 ショウナンバルディ
4.1倍 (②人気) 超凄馬
11
 エイシンルカーノ
41.9倍 (⑩人気)
6
 アドマイヤジョラス
3.4倍 (①人気)
払戻
中山
10R
湾岸ステークス
4歳以上3勝クラス 芝2200m
5
 キングオブコージ
3.6倍 (①人気)
7
 レッドアステル
5.2倍 (②人気)
16
 エアジーン
5.8倍 (③人気)
払戻
阪神
11R
コーラルステークス L
4歳以上オープン ダ1400m
5
 レッドルゼル
1.9倍 (①人気)
11
 サクセスエナジー
10.2倍 (④人気)
13
 バティスティーニ
16.4倍 (⑥人気)
払戻
中山
11R
ダービー卿チャレンジ G3
4歳以上オープン 芝1600m
4
 クルーガー
10.2倍 (④人気)
5
 ボンセルヴィーソ
51.6倍 (⑬人気)
6
 レイエンダ
11.8倍 (⑤人気)
払戻
阪神
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
3
 シェパードボーイ
3.4倍 (②人気)
8
 キタサンチャンドラ
21.9倍 (⑥人気)
5
 マイネルブロッケン
23.1倍 (⑦人気)
払戻
中山
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1200m
6
 トウカイパシオン
5.0倍 (③人気)
4
 ニシノコトダマ
7.2倍 (⑤人気)
11
 トッカータ
159.4倍 (⑭人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
9
 クィーンアドバンス
5.0倍 (③人気)
3
 トリッチトラッチ
3.7倍 (②人気)
14
 ロードオブイサチル
3.5倍 (①人気)
払戻
中山
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
10
 エメラルホープ
3.6倍 (②人気)
14
 ケイアイタカプナ
11.5倍 (⑥人気)
9
 クロフネシルエット
3.4倍 (①人気)
払戻
中山
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
12
 ダウラギリ
2.2倍 (①人気)
8
 スリーハーバー
4.0倍 (②人気)
13
 ハッピーミニスター
4.6倍 (③人気)
払戻
中山
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
10
 ハイエストエンド
2.2倍 (①人気)
16
 メジャーブレイク
4.3倍 (③人気)
4
 マイネルイリャルギ
3.7倍 (②人気)
払戻
中山
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2000m
11
 ルヴェルソー
4.0倍 (①人気)
7
 マリノソフィア
51.9倍 (⑪人気)
18
 ドリームメッセージ
5.1倍 (②人気)
払戻
中山
6R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1800m
6
 ヴォートルエロー
11.2倍 (⑤人気)
11
 キタノオクトパス
4.6倍 (③人気)
4
 ヴィクトワールボス
30.6倍 (⑦人気)
払戻
中山
7R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス 芝1600m
6
 シャチ
37.7倍 (⑩人気)
2
 チアチアクラシカ
5.3倍 (③人気)
8
 アミークス
9.1倍 (④人気)
払戻
中山
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 デストロイ
2.5倍 (①人気)
3
 ファンタスティック
8.6倍 (④人気)
10
 セイカヤマノ
3.9倍 (②人気)
払戻
中山
9R
安房特別
4歳以上2勝クラス 芝2500m
8
 シークレットラン
2.3倍 (①人気)
9
 ディバインフォース
7.2倍 (⑤人気)
5
 テーオーフォルテ
6.2倍 (③人気)
払戻
中山
10R
湾岸ステークス
4歳以上3勝クラス 芝2200m
5
 キングオブコージ
3.6倍 (①人気)
7
 レッドアステル
5.2倍 (②人気)
16
 エアジーン
5.8倍 (③人気)
払戻
中山
11R
ダービー卿チャレンジ G3
4歳以上オープン 芝1600m
4
 クルーガー
10.2倍 (④人気)
5
 ボンセルヴィーソ
51.6倍 (⑬人気)
6
 レイエンダ
11.8倍 (⑤人気)
払戻
中山
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1200m
6
 トウカイパシオン
5.0倍 (③人気)
4
 ニシノコトダマ
7.2倍 (⑤人気)
11
 トッカータ
159.4倍 (⑭人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
1
 セントクリーガー
8.2倍 (④人気)
5
 グッドラックスター
3.4倍 (②人気) 超凄馬
12
 ペイシャノリッジ
2.9倍 (①人気)
払戻
阪神
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
12
 コパノフィーリング
4.8倍 (③人気)
4
 アメリカンニーニャ
2.4倍 (①人気)
13
 ダノンボヌール
15.1倍 (⑥人気)
払戻
阪神
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ2000m
7
 エブリワンブラック
3.8倍 (②人気)
4
 ニホンピロストーム
16.3倍 (⑦人気)
2
 ペイダート
10.7倍 (⑥人気)
払戻
阪神
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝1600m
13
 ユピテルルークス
3.6倍 (②人気)
6
 アウサンガテ
1.8倍 (①人気)
3
 ヴェントボニート
39.7倍 (⑦人気)
払戻
阪神
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1400m
3
 オーロラテソーロ
3.3倍 (②人気)
8
 ダイシンイナリ
11.4倍 (③人気)
12
 タガノハイライト
2.8倍 (①人気)
払戻
阪神
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 ハイパーノヴァ
3.0倍 (②人気)
3
 スパンキーワールド
4.9倍 (③人気)
6
 ナイルデルタ
1.8倍 (①人気)
払戻
阪神
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1400m
11
 パーティナシティ
1.8倍 (①人気)
7
 ミスターウインディ
235.7倍 (⑪人気)
10
 ダノンインパルス
9.1倍 (③人気)
払戻
阪神
8R
三木ホースランドJS
障害4歳以上オープン 障3140m
7
 タガノエスプレッソ
7.2倍 (④人気)
4
 タガノアンピール
4.9倍 (②人気)
6
 タガノグルナ
3.8倍 (①人気)
払戻
阪神
9R
アザレア賞
3歳1勝クラス 芝2400m
4
 フライライクバード
1.8倍 (①人気)
3
 ディープボンド
12.7倍 (④人気)
1
 サトノシャローム
3.6倍 (②人気)
払戻
阪神
10R
明石特別
4歳以上2勝クラス 芝2000m
9
 ショウナンバルディ
4.1倍 (②人気) 超凄馬
11
 エイシンルカーノ
41.9倍 (⑩人気)
6
 アドマイヤジョラス
3.4倍 (①人気)
払戻
阪神
11R
コーラルステークス L
4歳以上オープン ダ1400m
5
 レッドルゼル
1.9倍 (①人気)
11
 サクセスエナジー
10.2倍 (④人気)
13
 バティスティーニ
16.4倍 (⑥人気)
払戻
阪神
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
3
 シェパードボーイ
3.4倍 (②人気)
8
 キタサンチャンドラ
21.9倍 (⑥人気)
5
 マイネルブロッケン
23.1倍 (⑦人気)
払戻

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 3回中山4日目
  • 2回阪神4日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
12
 ナスノフォルテ
4.1倍 (②人気)
1
 クリノテルチャン
16.0倍 (⑥人気)
11
 セレーネグランツ
6.7倍 (④人気)
払戻
阪神
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
8
 クーファアチャラ
24.4倍 (⑦人気)
6
 ジョウショーリード
22.4倍 (⑤人気)
16
 メイジュシンワ
159.3倍 (⑫人気)
払戻
中山
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
4
 ヨシオドライヴ
3.8倍 (②人気)
11
 メサテソーロ
16.9倍 (⑥人気)
7
 ヴァンデリオン
4.0倍 (③人気)
払戻
阪神
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
16
 ワイドカント
2.2倍 (①人気)
3
 モズナガレボシ
4.9倍 (②人気) 超凄馬
10
 レッドエランドール
22.0倍 (⑦人気)
払戻
中山
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
15
 ベルウッドヨウサン
9.2倍 (④人気)
13
 トリトン
1.4倍 (①人気) 超凄馬
2
 スマイリースマイル
6.6倍 (②人気)
払戻
阪神
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
12
 ユウゲン
26.8倍 (⑧人気)
3
 タイセイパワーズ
1.8倍 (①人気) 極凄馬
11
 エイシンファイター
18.3倍 (⑥人気)
払戻
中山
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2880m
10
 ノーザンクリス
15.8倍 (⑤人気)
6
 モルゲンロート
3.6倍 (②人気)
9
 フォワードカフェ
1.6倍 (①人気) 超凄馬
払戻
阪神
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m
18
 ダノンセレスタ
2.4倍 (①人気)
11
 ヒートオンビート
10.8倍 (⑤人気)
12
 クレイス
51.2倍 (⑦人気)
払戻
中山
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2200m
3
 アルディエンテ
1.5倍 (①人気) 超凄馬
15
 エクセレントラン
10.8倍 (③人気)
18
 マイロングタイム
21.0倍 (⑥人気)
払戻
阪神
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1800m
9
 キッズアガチャー
4.3倍 (②人気)
5
 ミッキーメテオ
4.0倍 (①人気)
2
 ロッキーサンダー
16.9倍 (⑧人気)
払戻
中山
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
7
 ダンシングプリンス
1.7倍 (①人気)
12
 フジノタカネ
6.7倍 (③人気)
14
 タニマサベーカ
724.4倍 (⑮人気)
払戻
阪神
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
3
 メイショウテンモン
22.2倍 (⑦人気)
1
 キタサンバルカン
1.5倍 (①人気)
7
 ドラウプニル
17.5倍 (⑤人気)
払戻
中山
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
2
 メイオール
4.9倍 (②人気)
9
 エリスライト
16.2倍 (⑥人気)
8
 ドリームインパクト
2.1倍 (①人気)
払戻
阪神
7R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1200m
9
 メイプルグレイト
4.1倍 (②人気)
8
 ラホーヤノキセキ
31.2倍 (⑧人気)
7
 レッドシャーロット
9.9倍 (④人気)
払戻
中山
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
9
 ビップデヴィット
31.3倍 (⑧人気)
11
 ジェイケイエース
3.8倍 (②人気)
4
 サミットプッシュ
5.8倍 (③人気)
払戻
阪神
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m
9
 ハッピーゴラッキー
4.4倍 (①人気)
14
 パラーティウム
6.2倍 (③人気)
3
 アリア
37.8倍 (⑬人気)
払戻
中山
9R
山吹賞
3歳1勝クラス 芝2200m
5
 エヴァーガーデン
2.4倍 (①人気)
2
 リスペクト
11.7倍 (⑤人気)
8
 サーストンカイドー
15.7倍 (⑦人気) 超凄馬
払戻
阪神
9R
千種川特別
4歳以上2勝クラス 芝1200m
4
 コウエイダリア
6.1倍 (⑤人気)
8
 トンボイ
5.9倍 (④人気)
7
 スキップ
23.3倍 (⑧人気)
払戻
中山
10R
浅草特別
4歳以上2勝クラス 芝1600m
12
 ロザムール
5.0倍 (②人気)
2
 バールドバイ
2.1倍 (①人気)
11
 スペキュラース
168.2倍 (⑫人気)
払戻
阪神
10R
難波ステークス
4歳以上3勝クラス 芝1800m
12
 セラピア
5.4倍 (③人気)
16
 ボッケリーニ
4.3倍 (②人気)
2
 エングレーバー
7.5倍 (④人気)
払戻
中山
11R
春風ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1200m
7
 ルッジェーロ
7.3倍 (④人気)
10
 シスル
10.3倍 (⑤人気)
2
 ロードラズライト
4.4倍 (②人気)
払戻
阪神
11R
大阪杯 G1
4歳以上オープン 芝2000m
5
 ラッキーライラック
4.1倍 (②人気)
12
 クロノジェネシス
5.2倍 (④人気)
8
 ダノンキングリー
3.8倍 (①人気)
払戻
中山
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
10
 タイキダイヤモンド
53.2倍 (⑬人気)
14
 ダイワインパルス
95.6倍 (⑯人気)
3
 リンガスビンゴ
38.0倍 (⑫人気)
払戻
阪神
12R
鳴門ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1400m
8
 エテルニテ
5.5倍 (③人気)
13
 フィールドセンス
4.7倍 (②人気)
10
 オンザロックス
11.6倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
12
 ナスノフォルテ
4.1倍 (②人気)
1
 クリノテルチャン
16.0倍 (⑥人気)
11
 セレーネグランツ
6.7倍 (④人気)
払戻
中山
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1200m
4
 ヨシオドライヴ
3.8倍 (②人気)
11
 メサテソーロ
16.9倍 (⑥人気)
7
 ヴァンデリオン
4.0倍 (③人気)
払戻
中山
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
15
 ベルウッドヨウサン
9.2倍 (④人気)
13
 トリトン
1.4倍 (①人気) 超凄馬
2
 スマイリースマイル
6.6倍 (②人気)
払戻
中山
4R
障害4歳以上未勝利
障害4歳以上未勝利 障2880m
10
 ノーザンクリス
15.8倍 (⑤人気)
6
 モルゲンロート
3.6倍 (②人気)
9
 フォワードカフェ
1.6倍 (①人気) 超凄馬
払戻
中山
5R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2200m
3
 アルディエンテ
1.5倍 (①人気) 超凄馬
15
 エクセレントラン
10.8倍 (③人気)
18
 マイロングタイム
21.0倍 (⑥人気)
払戻
中山
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1200m
7
 ダンシングプリンス
1.7倍 (①人気)
12
 フジノタカネ
6.7倍 (③人気)
14
 タニマサベーカ
724.4倍 (⑮人気)
払戻
中山
7R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
2
 メイオール
4.9倍 (②人気)
9
 エリスライト
16.2倍 (⑥人気)
8
 ドリームインパクト
2.1倍 (①人気)
払戻
中山
8R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス ダ1800m
9
 ビップデヴィット
31.3倍 (⑧人気)
11
 ジェイケイエース
3.8倍 (②人気)
4
 サミットプッシュ
5.8倍 (③人気)
払戻
中山
9R
山吹賞
3歳1勝クラス 芝2200m
5
 エヴァーガーデン
2.4倍 (①人気)
2
 リスペクト
11.7倍 (⑤人気)
8
 サーストンカイドー
15.7倍 (⑦人気) 超凄馬
払戻
中山
10R
浅草特別
4歳以上2勝クラス 芝1600m
12
 ロザムール
5.0倍 (②人気)
2
 バールドバイ
2.1倍 (①人気)
11
 スペキュラース
168.2倍 (⑫人気)
払戻
中山
11R
春風ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1200m
7
 ルッジェーロ
7.3倍 (④人気)
10
 シスル
10.3倍 (⑤人気)
2
 ロードラズライト
4.4倍 (②人気)
払戻
中山
12R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1800m
10
 タイキダイヤモンド
53.2倍 (⑬人気)
14
 ダイワインパルス
95.6倍 (⑯人気)
3
 リンガスビンゴ
38.0倍 (⑫人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
8
 クーファアチャラ
24.4倍 (⑦人気)
6
 ジョウショーリード
22.4倍 (⑤人気)
16
 メイジュシンワ
159.3倍 (⑫人気)
払戻
阪神
2R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1400m
16
 ワイドカント
2.2倍 (①人気)
3
 モズナガレボシ
4.9倍 (②人気) 超凄馬
10
 レッドエランドール
22.0倍 (⑦人気)
払戻
阪神
3R
3歳未勝利
3歳未勝利 ダ1800m
12
 ユウゲン
26.8倍 (⑧人気)
3
 タイセイパワーズ
1.8倍 (①人気) 極凄馬
11
 エイシンファイター
18.3倍 (⑥人気)
払戻
阪神
4R
3歳未勝利
3歳未勝利 芝2400m
18
 ダノンセレスタ
2.4倍 (①人気)
11
 ヒートオンビート
10.8倍 (⑤人気)
12
 クレイス
51.2倍 (⑦人気)
払戻
阪神
5R
3歳1勝クラス
3歳1勝クラス ダ1800m
9
 キッズアガチャー
4.3倍 (②人気)
5
 ミッキーメテオ
4.0倍 (①人気)
2
 ロッキーサンダー
16.9倍 (⑧人気)
払戻
阪神
6R
4歳以上1勝クラス
4歳以上1勝クラス 芝2000m
3
 メイショウテンモン
22.2倍 (⑦人気)
1
 キタサンバルカン
1.5倍 (①人気)
7
 ドラウプニル
17.5倍 (⑤人気)
払戻
阪神
7R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1200m
9
 メイプルグレイト
4.1倍 (②人気)
8
 ラホーヤノキセキ
31.2倍 (⑧人気)
7
 レッドシャーロット
9.9倍 (④人気)
払戻
阪神
8R
4歳以上2勝クラス
4歳以上2勝クラス ダ1400m
9
 ハッピーゴラッキー
4.4倍 (①人気)
14
 パラーティウム
6.2倍 (③人気)
3
 アリア
37.8倍 (⑬人気)
払戻
阪神
9R
千種川特別
4歳以上2勝クラス 芝1200m
4
 コウエイダリア
6.1倍 (⑤人気)
8
 トンボイ
5.9倍 (④人気)
7
 スキップ
23.3倍 (⑧人気)
払戻
阪神
10R
難波ステークス
4歳以上3勝クラス 芝1800m
12
 セラピア
5.4倍 (③人気)
16
 ボッケリーニ
4.3倍 (②人気)
2
 エングレーバー
7.5倍 (④人気)
払戻
阪神
11R
大阪杯 G1
4歳以上オープン 芝2000m
5
 ラッキーライラック
4.1倍 (②人気)
12
 クロノジェネシス
5.2倍 (④人気)
8
 ダノンキングリー
3.8倍 (①人気)
払戻
阪神
12R
鳴門ステークス
4歳以上3勝クラス ダ1400m
8
 エテルニテ
5.5倍 (③人気)
13
 フィールドセンス
4.7倍 (②人気)
10
 オンザロックス
11.6倍 (⑤人気)
払戻

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2020年4月5日、集計数:37,837レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
90,211万円
2 オジュウチョウサン 牡9
70,813万円
3 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
4 ラッキーライラック 牝5
56,552万円
5 マカヒキ 牡7
56,210万円
6 キセキ 牡6
55,914万円
7 ワグネリアン 牡5
50,624万円
8 サートゥルナーリア 牡4
50,059万円
9 フィエールマン 牡5
42,004万円
10 サングレーザー 牡6
41,309万円
» もっと見る

3歳
1 レシステンシア 牝3
11,585万円
2 サリオス 牡3
11,145万円
3 コントレイル 牡3
11,127万円
4 マルターズディオサ 牝3
9,736万円
5 タイセイビジョン 牡3
8,586万円
6 ヴェルトライゼンデ 牡3
7,463万円
7 サトノフラッグ 牡3
6,708万円
8 ラウダシオン 牡3
6,654万円
9 ワーケア 牡3
6,454万円
10 エーポス 牝3
6,438万円
» もっと見る