今週の競馬:注目レース

  • チャンピオン G1
    12/6(
  • ステイヤーズ G2
    12/5(
  • チャレンジC G3
    12/5(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2016年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 世紀の一戦となったジャパンカップが終わり、気付けば12月に突入。今年も残すところあと1カ月弱となりました。

新良(以下、新) 早いですねぇ。今年は好不調の波が激しい時期もありましたが、やはりラストはバシッと締めたいところ。好調モードのまま一年を終えられるように、気合いを入れて臨みます。

編 よろしくお願いします。完全的中を目指しましょう!(笑)

新 最大限努力します(苦笑)。

編 まずは、ダート路線のトップホースが集結したチャンピオンズカップの注目の乗り替わりを教えてください。クリソベリルカフェファラオといった人気どころは継続騎乗ですが、それ以外に面白そうな候補はたくさんいそうな雰囲気です。

新 そうなんですよ。半数以上の9頭が乗り替わりですからね。なんとか、馬券に絡む馬を指名したいと思っています。

編 結論はどうなりましたか?

新 私はルメール騎手から藤岡佑介騎手に乗り替わる①タイムフライヤーに注目しています。

編 ルメール騎手にはカフェファラオがいますので、これはいわゆるやむを得ずの乗り替わりというやつですね。

新 はい。問題は誰にバトンタッチされるかなんですが、藤岡佑騎手なら不安なし。というよりむしろ、好感が持てる乗り替わりと評価していいでしょう。

編 その根拠をお聞かせいただけますか?

新 藤岡佑騎手は2019年以降、中京ダ1800mで27.3%という高い勝率をあげています。ごくシンプルに、得意舞台ということです。さらに、その前はルメール騎手が3戦連続騎乗していた点も強調材料になります。

編 それだけ馬が高い評価を受けていたということであると?

新 おっしゃる通りです。今回は藤岡佑騎手にチェンジすることによって、確実に人気を落としますからね。それも、プラスに考えられるわけです。

編 配当妙味が増すということですね。相手は一気に強化されますが、馬はこのメンバー相手でも通用するでしょうか?

新 さすがに勝ち負け必至と言えるレベルではありませんが、フェブラリーS5着や、夏場の2連勝の内容からも、まったく圏外ではないと思います。内目を通った馬が馬券になりやすいこのコースで内枠を引けたのも大きいですし、ロスなく運んで直線で前が壁にならなければ、一発があっても驚けないでしょう。

編 わかりました。鞍上の立ち回りにも注目ですね。今週はチャンピオンズカップ以外にも土曜日に2重賞組まれていますが、そちらはいかがでしょう?

新 ピックアップしたいのはチャレンジカップのほうです。私は北村友一騎手から武豊騎手に乗り替わる①ヒンドゥタイムズが面白いと思っています。

編 騎乗停止中の北村友騎手の代打を武豊騎手が務めるかたちですね。あれ? 先週の京都2歳Sも同じような……。

新 そうなんです。推奨して2着に入ったラーゴムと同じ乗り替わりパターン。しかも、馬の所属厩舎まで一緒です。

編 なるほど。もう一丁に期待というわけですね。

新 はい。武豊騎手は2019年以降、阪神芝2000mで勝率30.3%と実績は文句なし。馬も当コースは2勝2着1回と高い適性を示しています。テン乗りですが、まったく心配する必要はないでしょう。このコンビであれば、先週の再現かそれ以上の結果が望めると思います。

編 条件的に十分にありそうですね。土日重賞連続的中に期待しましょう。


★その他の注目乗り替わり★
土曜阪神12R ⑧ジョーフォレスト(ルメール→川田将雅
日曜阪神10R ラルナブリラーレ武藤雅吉田隼人


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

【チャンピオン】クリソベリルは坂路で調整 12月4日(金) 13:25

 国内8戦無敗のクリソベリルは、4ハロン59秒9-15秒5で登坂。大きな体を柔らかく使い、調子の良さをうかがわせた。浜田助手は「追い切ったあとも状態は変わらず、予定通りにここまでこられました。(外めの〔8〕枠(15)番も)好位の外につけるにはかえっていいんじゃないですか」と力を込めた。

★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャンピオン】3年前の覇者ゴールドドリームは元気よく登坂 12月4日(金) 13:24

 3年前にこのレースを制したGI5勝馬ゴールドドリームは、栗東坂路を元気いっぱいに駆け上がり、4ハロン62秒3-16秒1をマーク。平田調教師は「脚元もスカッとして、いい状態やね。馬は申し分ないね」とデキに自信をのぞかせた。

★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ズバリ!調教診断(最終版)】チャンピオンズカップ2020 トップ評価はチュウワウィザード! 僅差の2番手にクリソベリルが続く 12月4日(金) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが、毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はチャンピオンズカップ・調教予想(最終版)をお届けします!


日曜日に行われるチャンピオンズカップの出走馬の追い切りについて、1頭ずつ考察していきます。予想の際にお役立てください。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

タイムフライヤー【B】
栗東CW単走。少し前肢の出が窮屈に映るものの、促されてからの反応はスムーズで、最後まで集中力を切らすことなく走り抜いた。稽古映えするタイプなので過大評価はしづらいが、漂う気配は上質の部類。侮れない存在だ。

ゴールドドリーム【B】
栗東坂路単走。序盤としまいに手前の切り替えでスムーズさを欠いたが、道中のステップは軽快で活気も十分。ブレの少ないフォームで駆ける姿は見映えがする。順調とみてよさそうだ。

メイショウワザシ【B】
栗東坂路単走。ラストでバランスを崩して減速しかけたことはマイナスだが、道中の前肢を速いピッチでかき込む、力強い走りは目を引いた。大きな上積みまではどうかも、雰囲気は決して悪くない。良い意味での平行線だろう。

エアアルマス【B】
栗東坂路単走。序盤の走りこそ地味だったが、鞍上に促されたあとの伸び脚には光るものがあった。実戦を叩いて、調子が上向いているのは間違いない。あとは、他馬がいる場合に落ち着きを保てるか否か。そのあたりが焦点となろう。

クリンチャー【B】
栗東坂路単走。序盤こそモタモタしていたものの、中盤以降は小気味の良い脚運びを見せた。やや気負い気味ではあるが、いい頃の躍動感ある走りが戻りつつあり、状態は着実に上昇している。軽んじて扱えない1頭といえよう。

エアスピネル【C】
栗東坂路併走。四肢の可動域が狭く、リズムに乗り切れない走り。加速ラップを刻んだとはいえ、元来稽古駆けする馬とすれば、物足りなさを感じてしまう。一変を望むのは難しいかもしれない。

カフェファラオ【B】
美浦南W併走。折り合い重視の調整で、僚馬とほぼ並んだ形でゴールした。1週前追いと比べて、少し競る気配が薄いような気もするが、脚さばきはスムーズ。ストライドも広くとれており、デキ落ちはなさそう。この馬なりにいい状態を維持している。

サンライズノヴァ【B】
栗東坂路併走。ほぼ馬任せの軽めの内容ながら、一定のリズムを保って駆け抜けた。見た目は地味だが、追いかけてくるクリソベリルに馬体を寄せられても、気負うことなく走る姿から、折り合い面の心配はしなくてもよさそう。及第点の仕上がりと判断したい。

アルクトス【B】
美浦坂路併走。行きっぷり良く好タイムをマークした。少し前進気勢に過ぎる気もするが、脚さばきはスムーズ。前後のバランスもとれている。攻め巧者なので過度の評価はできないものの、気配は決して悪くない。

アナザートゥルース【B】
美浦南W併走。推進力が上に逃げる完歩が目につくものの、首をしっかり使えているので、走り全体のリズムは悪くない。抜け出したあとも集中を切らすことなく、脚を伸ばしていた点は評価できる。いい仕上がり具合ではないか。

チュウワウィザード【A】
栗東坂路併走。中盤から一定のリズムを保ち、持続的に脚を伸ばしていた点は高く評価できる。最後はやや体勢不利の形となったが、これは相手を褒めるべきだろう。少なくとも前年(4着)の最終追い時より雰囲気はいい。

モズアスコット【B】
栗東坂路単走。息を整える程度の内容ながら、気負うところなく制御の利いた走りを見せた。やや頭の位置は高いものの、回転鋭い脚さばきは健在だし、前後左右のバランスもとれている。現状の力を出せる態勢とみたい。

インティ【C】
栗東CW併走。頭を低く保っている点はいいのだが、直線半ばで手前を替えてからは、集中力が途切れ気味。そのぶん、しまいの伸びを欠いてしまった。現状維持の範囲内という感が強く、勝ち負けまではどうか。

ヨシオ【F】
連闘。良化途上だった前走を叩いて、それなりの上積みは見込めそうだが、中央のダートでは2ケタ着順が続いている現況。G1の舞台が適しているとは言い難く、善戦を超えるイメージは浮かんでこない。

クリソベリル【A】
栗東坂路併走。追走遅れの形になったものの、追い抜くことが目的の調整ではないうえに、先行していたのは末脚自慢のサンライズノヴァ。深刻に捉える必要はない。昨年の同時期と比べて、楽に時計を出せるようになっているし、威圧感も増している。優に合格点だろう。

サトノティターン【D】
美浦南W併走。鞍上の合図に対する反応が鈍く、しまいにかけての伸びは今ひとつ。力むことなく走れている点は評価できるが、もう少し覇気を出してほしいのも確か。良化途上の感は否めず、今回は様子見が正解のように思える。


【調教予想からの注目馬】
A判定は2頭。トップ評価は⑪チュウワウィザードとする。前後の連動性が高いフォームと前肢の力強いかき込みは目を引くものがあった。ここ目標にキッチリと仕上げてきた印象を持つ。

クリソベリルも差はない。夏負けが尾を引き、体調回復に苦心していた昨秋と比べると、順調度の面では今年のほうが上。その当時より稽古で楽に時計が出せるようになっていることも好感が持てる。

<注目馬>
チュウワウィザード クリソベリル

[もっと見る]

【チャンピオン】カフェファラオ、王者の条件揃った! 12月4日(金) 05:00

 今週もルメール、今年も3歳馬だ! 中央ダートの頂上決戦、チャンピオンズC(6日、中京、GI、ダート1800メートル)の枠順が3日、確定した。メンバー中ただ一頭の3歳馬で〔4〕枠(7)番のカフェファラオ(美浦・堀宣行厩舎、牡)はこの日、茨城・美浦トレセンのWコースで最終追い切りを行い、5ハロン68秒8を計時。臨戦態勢を整えた。鞍上は史上最多タイとなる年間GI8勝&GI4連勝中のルメール騎手。3歳馬が2年続けて勝利を収めているこのレースで、きっちりと世代交代を果たす。



 ダート戦線の王座を奪うため、若き君主が強豪古馬に立ち向かう。メンバーでただ1頭の3歳馬カフェファラオが、最終追い切りで力強い走りを見せ、態勢を整えた。

 冬の冷気が漂う午前10時過ぎに、美浦Wコースへ登場。後ろに僚馬カフェカエサル(2歳1勝クラス)を引き連れてスタートした。気負いのない走りで動きは終始スムーズだ。直線で外に持ち出されたところで内から一旦、併走相手が前に出たが、ゴール前でもうひと伸びして併入した。5ハロン68秒8-12秒6の時計は水準級だが、馬体の張りは上々だ。11月26日の1週前追い切りでは、同コースで6ハロン81秒8-11秒9の好タイムをマーク。前走、休み明けのシリウスSを使ったことに加え、この中間は精力的に追われており、気配は確実に上向いている。

 「(賞金加算のため)武蔵野Sに出走することも視野に入れていたし、前走後は在厩で乗り込み量は十分です。なので最後は微調整。自分のリズムを守って、予定通りの内容ですね」と調教を見届けた堀調教師。この日の枠順抽選では〔4〕枠(7)番に決まったが「枠順は気にしていません」ときっぱり。自分のレースに徹するのみだ。

 デビュー戦が逃げて2着に10馬身差。2戦目のヒヤシンスSは、スタートひと息も直線で一気に差し切った。3戦目のユニコーンSは、2番手から5馬身差の圧勝。走るたびに大物感を見せつけた。ジャパンダートダービーではまさかの7着に敗れたが、トレーナーは「今にして思えば一番の原因は状態面だったと思う」と振り返る。

 前走のシリウスSで初めて年長馬と対戦。中団から鋭い脚で抜け出した。ここまで5戦4勝。「能力はあるけど経験が少ない。今回は経験のあるGI馬がたくさんいますからね。すべてがうまくいって初めて戦えると思っています」と堀調教師は意気込みを語る。

 このチャンピオンズCは3歳馬が連勝中で、能力さえあれば通用する。鞍上は前走に続き、現在GI4連勝中と絶好調のルメール騎手。カフェファラオが他のGIウイナー8頭を含む強豪馬たちを倒し、中央ダート界の世代交代を果たす可能性は大いにある。

 

◆3歳馬が連勝中…チャンピオンズCは2018年ルヴァンスレーヴ、19年クリソベリルと3歳馬が連勝している。中京ダート1800メートル戦になった14年以降では【2・1・0・8】で勝率18・2%、連対率27・3%で、どちらも他の世代より好成績を残している。



★ルメールトーク

 --前走のシリウスSで初コンビV

 「コーナー4つ(のコース)でも我慢できたし、スムーズなレースをしました。休み明けでエンジンのかかりが少し遅かったけど、ラストはいい脚を使いましたね」

 --GIで古馬と対戦

 「(相手の)レベルが高いけど、いいコンディションならチャンスはあります。最初から能力を見せていたけど、まだパワーアップできます」

 --3歳でも通用する手応えがある

 「(前走は)追い切りに乗って、まだコンディションがトップじゃないと感じました。それでも勝ったし、パワーアップしたらビッグチャンス」

 --強敵がいる

 「クリソベリルはめちゃくちゃ強い。でも競馬だから。スムーズなら勝てるかもしれません」

 --勝てば自身GIの新記録となる5連勝&年間GI9勝

 「素晴らしいですね。(これまで騎乗した)馬がいいコンディションだったので、トップパフォーマンスができました。ビッグチャンスでも、馬が良くなかったり馬場やペースによっては勝つことはできません。11月は全部良かった。それは珍しいこと。自信はいつも持っています」

★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャンピオン】枠順の明暗 12月4日(金) 04:57

 <栗東トレセン>

 クリソベリルは〔8〕枠(15)番。JCダート時代を含めても3着が最高だが、音無調教師は「もう少し内がよかった。それでも外の先行馬を見ながら進めば、外々を回ることにはならないだろう」と気を取り直した。

 チュウワウィザードは〔6〕枠(11)番。「内で包まれるより、ここの方がいい。ゲートの中でもおとなしいので偶数、奇数も関係ない」と山口助手。

 タイムフライヤーは15年2着の〔1〕枠(1)番。松田調教師は「1~2コーナーまでじっとしていたいので、レースを組み立てやすい」と満足げ。

 クリンチャーは昨年Vの〔3〕枠(5)番。「内めに入ったけど、前走のように早めに馬群をさばいて外へ持ち出せる形なら」と宮本調教師。

 モズアスコットは〔6〕枠(12)番。「後入れの偶数番で良かった。斤量も前走の59キロから57キロになるし、速い馬2頭(インティヨシオ)が外にいるから、それらを見ながらになるかな」と安藤助手。

 ゴールドリームは〔1〕枠(2)番。「いいんじゃないかな。ここならロスなく運べるからね。最近はスタートも安定している」と堀部助手。

 エアスピネルは〔3〕枠(6)番。「偶数枠で良かった。コーナーが4つあるので、外を回らされなくていい」と笹田助手。

 インティは〔7〕枠(13)番。野中助手は「外枠ですね。ずっと内枠が続いていたので。状態はいいですよ」と話した。

 ジャパンC15着ヨシオは〔7〕枠(14)番。木下助手は「他にもテンに速い馬がいてハナには行けないでしょうが、連闘の疲れはありません」と語った。

 <美浦トレセン>

 アルクトスは〔5〕枠(9)番。3年前のV馬番で「スタートは上手なので、どこでも良かった。決まった枠で最善を尽くすだけ」と栗田調教師。

 アナザートゥルースは〔5〕枠(10)番。2008年が最後のVも「後入れの偶数の真ん中で文句なしですね」と宗方助手。

 サトノティターンは大外の〔8〕枠(16)番。「当日の馬場状態もあるので、現時点でいえることはありません」と堀調教師。

★チャンピオンズCの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 207ビュー



歴史的一戦として注目されたジャパンカップアーモンドアイが勝利。厳しい流れ、そしてタフな馬場も難なくこなして力強く抜け出して来たのだから、文句なしの引退レースだった。2着コントレイル、3着デアリングタクトもそれぞれ厳しい競馬の中で最後に伸びて来て地力を見せた。

”意外とスンナリ決まらない”

と評した3強対決だが、今年に関していえばそのような傾向を超える各馬の地力が上回り、スンナリ決まった名勝負だった。

もっとも、3強以外の健闘ぶりも見逃せない。

逃げてレースを盛り上げたキセキには敢闘賞をあげたいし、4着カレンブーケドール、5着グローリーヴェイズもそれぞれ持ち味を発揮して今後に期待を抱かせる内容だった。

特に4着のカレンブーケドールの力強い走りと最後までバテない持久力は印象に残った。スタートでやや遅れ4コーナーで早めに仕掛けていく競馬だったが、ラストまで脚を使いあと一歩まで迫った。決め手勝負だと分が悪いので、小回りの有馬記念に出走してくるようなら改めて期待してみたい。

5着グローリーヴェイズも、逃げ馬を追い掛ける厳しい立場だったが、その中でよく粘っていた。まだ国内G1には手が届かないが、来年の主役になれるだけの内容だったように思う。

チャンピオンズカップ展望

さて、今週末はダート王決定戦チャンピオンズカップ。昨年の覇者クリソベリル、2着ゴールドドリーム、3着インティ、4着チュウワウィザードが揃って出走、新興勢力のカフェファラオやダートに活路を見出したクリンチャーらと激突する構図となる。

衆目一致の注目はやはり国内無敗のクリソベリルだろう。サウジ遠征は不発に終わったが、大井ダート2000mの帝王賞JBCクラシックを連勝しココに臨んで来る。昨年のチャンピオンズカップではインの苦しいところからこじ開けて抜け出しており、今年も当然有力だろう。

もっとも、超大型馬で決して器用なタイプではないだけに、スピード比べになると不安もある。昨年はあとひと息及ばなかったゴールドドリーム、脚を余した感のあるチュウワウィザードも流れ次第でチャンスはありそうだ。また、3歳のカフェファラオは包まれた際に不安があるが、スムーズな競馬をできれば能力は通用しそう。世代交代ができるか注目が集まる。

中京ダートは週によってかなり極端な傾向が出るケースがある。今週末の馬場状態には注目したい。

さて、最後に注目馬を2頭挙げておきたい。

クリソベリル

わざわざココで挙げるまでもないかもしれないが、やはり今年も有力。中距離経験を積んできた分位置取りが心配になるが、強気な川田騎手ならばキッチリ位置を取って運んでくれるはずだ。外枠も包まれる心配がないという点では安心感がある。

アナザートゥルース

穴を狙うレースではないことは承知の上だが…一撃ならアナザートゥルースが怖い。近走は展開が向かないレースが続いているが、それでも大崩れしていないのは地力の高さゆえだろう。スピードもありどちらかと言えば中央のダートの方が合う。不調でもなんだかんだシーズンに一度はG1で持って来るデムーロ騎手の手腕にも期待したい。

※週末の重賞の結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

12月2日(水) 20:00 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~クイーン賞2020~
閲覧 529ビュー

 牝馬限定のダートグレードでは唯一、ハンデ戦で行われるクイーン賞。このレースは前走JBCレディスクラシックの上位馬に優先出走権があるが、ハンデを背負わされることを嫌って出走して来ないことも少なくない。また、JBCレディスクラシックの優勝馬は、一昨年のアンジュデジールのように、牡馬相手のチャンピオンズカップに出走することも多く、この隙にこれまで牝馬限定の交流重賞の出走枠に入れなかった馬が、新規参戦してくることも多い。

 しかし、同年のJBCレディスクラシックで3着以内だった馬が出走してくれば有力。2011年のJBCレディスクラシック創設以降の過去9年で【1・2・2・0】と複勝率100%を誇る。1着の該当馬は、2013年のアクティビューティ、2014年のトロワボヌール。2着の該当馬は、2012年のクラーベセクレタ、2015年のトロワボヌール。3着の該当馬は、2011年のカラフルデイズ、2017年のラインハートだ。

 また、前走JBCレディスクラシックの4~5着も活躍しており、それらの成績は過去9年で【1・2・2・2】。1着の該当馬は、2016年のトロワボヌール。2着の該当馬は、2013年のカラフルデイズ、2014年のアクティビューティ。3着の該当馬は、2014年のブルーチッパー、2017年のアンジュデジールだ。

 4~5着だった馬の共通項は、同年のGⅡで連対実績があるか、GⅢの優勝勝ちの実績があるか、JBCレディスクラシックの直前のレースで連勝しているかのどれか。一方、JBCレディスクラシックで4着に敗れた2011年のパールシャドウと2019年のミッシングリンクは前記の条件を満たしていない。

 つまり、馬券の中心は、前走JBCレディスクラシックで3着以内の馬。その次が4~5着以内の馬だが、同年のGⅡで連対実績があるか、GⅢの優勝勝ちの実績があるか、JBCレディスクラシックの直前のレースで連勝していない限りは当てにしづらい。また、JBCレディスクラシックで3着以内や条件を満たしたJBCレディスクラシックの4~5着馬が2頭以上出走していない場合には、一気に波乱度が高まり、人気薄馬が馬券に絡む傾向があるので注意しよう。実際に前記の該当馬が1頭だった2012年、2013年、2016年と前記の該当馬がゼロだった昨年は全て3連単万馬券決着となっている。

 その他に昨年のこのレースで3角1~4番手以内の馬が1~4着を独占したように、ハイペースでも前から押し切れていることが多い。特に、前走のJBCレディスクラシックで2番手以内でレースを運んだ馬が、相手弱化のここで巻き返して来るケースが目立っている。その成績は過去9年で【2・0・2・0】。1着の該当馬は、2017年のプリンシアコメータ、2018年のアイアンテーラー。3着の該当馬は、2014年のブルーチッパー、2018年のサルサディオーネだ。

 さらにこのレースは3コーナー先頭だった馬が活躍しており、その成績は過去10年で【4・2・2・2】。該当馬が中央の古馬だった場合は人気になるが、中央の3歳馬だったり、地方馬だった場合には人気になっていない。2013年に逃げ切り勝ちした、中央の3歳馬レッドクラウディアは6番人気。昨年も大井のレイジーアクセルが逃げ切っているが同馬は4番人気。その他にも2013年に大井のサクラサクラサクラが7番人気で逃げて2着、2015年に船橋のノットオーソリティが5番人気で逃げて3着と人気以上の走りを見せている。今回で逃げられると思われる馬は、人気がなければ無条件に「買い」だ。

 最後にもっと人気薄のパターンを紹介しよう。2012年のアドマイヤインディ(12番人気)、2016年のタイムビヨンド(8番人気)、遡れば2009年もパノラマビューティ(10番人気)、2010年のトウホクビジン(10番人気)など、8番人気以下で3着に食い込んでいる馬は全て地方馬であり、次の共通項があった。(1)前走でダートグレード出走かそれ以外なら3着以内、(2)ハンデが51~52kg、(3)差し、追い込み馬ということ。

 パノラマビューティ、トウホクビジンの活躍は、JBCレディスクラシック創設前だが、アドマイヤインディ、タイムビヨンドが3着に好走した年は、JBCレディスクラシックで5着以内だった馬が、1頭しか出走していなかったことも共通項かもしれない。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 1.前走のJBCレディスクラシックで3着以内の馬。
 2.前走のJBCレディスクラシックで5着以内の馬。
  (同年のG2で連対実績があるか、G3勝ちの実績があるか、JBCレディスクラシックの手前のレースで連勝していることが条件)
 3.前走のJBCレディスクラシックで3角2番手以内だった馬。

 ●穴馬候補
 1.今回で逃げられる中央の3歳か地方馬。
 2. 前走でダートグレード出走かそれ以外なら3着以内、ハンデ51~52kg、差し、追い込み馬の条件を全て満たした地方馬。
  ※本命候補の1~2の条件をクリアした馬が1頭以下だと、より期待できる。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

12月2日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年12月02日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(230)
閲覧 809ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、ステイヤーズステークス・チャレンジカップ・ラピスラズリステークス・チャンピオンズカップ・りんくうステークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年12月05日(土) 中山11R スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス
【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2010年以降)】
●3位以内 [4-5-4-12](3着内率52.0%)
●4~6位 [4-2-5-26](3着内率29.7%)
●7位以下 [2-3-1-71](3着内率7.8%)
→前走の末脚に注目したい一戦。大敗直後の馬はもちろん、先行力の高さを活かしたいタイプも過信禁物と見るべきでしょう。


▼2020年12月05日(土) 阪神11R チャレンジカップ
【前走の着順別成績(2014年以降)】
●5着以内 [4-6-3-30](3着内率30.2%)
●6着以下 [2-1-2-36](3着内率12.2%)
→前走好走馬が優勢。なお、前走の着順が6着以下、かつ前走の距離が2200m以下だった馬は2014年以降[0-0-0-33](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

11月30日(月) 10:25 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】チャンピオンズカップ2020・GIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 388ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第21回 チャンピオンズカップ GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

11月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年11月29日号】特選重賞データ分析編(230)~2020年チャンピオンズカップ~
閲覧 1,320ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 チャンピオンズカップ 2020年12月06日(日) 中京ダ1800m


<ピックアップデータ>

【前走の条件別成績(2015年以降)】
○“国内、かつG1・G2のレース” [5-2-3-24](3着内率29.4%)
ד国内、かつG1・G2のレース”以外 [0-3-2-38](3着内率11.6%)

 2014年のホッコータルマエを含め、チャンピオンズカップの名称で施行されるようになってからの優勝馬は、前走の条件が“国内、かつG1・G2のレース”だった馬ばかり。古馬ダート戦線の実績馬は大半が地方のダートグレード競走を主戦場としているわけですし、武蔵野ステークス組やみやこステークス組を信頼し過ぎないよう心掛けるべきでしょう。

主な「○」該当馬→インティクリソベリルゴールドドリーム
主な「×」該当馬→カフェファラオクリンチャーサンライズノヴァ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が3着以内」だった馬は2015年以降[4-4-3-31](3着内率26.2%)
主な該当馬→カフェファラオクリソベリルクリンチャーサンライズノヴァ

[もっと見る]

11月24日(火) 15:28 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】~浦和記念2020~
閲覧 970ビュー

 暮れの大一番、東京大賞典へ向けての前哨戦となる浦和記念。この時期は、中央ではチャンピオンズカップが行われ、トップクラスはそちらに出走するため、GⅡとしては中央勢が手薄。このため南関東のトップクラスが、ここを狙って出走してくることが多い。

 過去10年の優勝馬を見ても、2011年のボランタス、2014年のサミットストーン、2015年のハッピースプリントと地方勢が3勝。2着も2017年のヒガシウィルウィンを始め、4頭が入線している。古馬の中距離路線は特に中央勢が席巻している中、地方馬のこの活躍は驚異的なレベルと言える。

 中央馬も含めてどのような馬がこのレースで勝ち負けしているのかを見ていくと、過去1年以内の古馬混合GⅠで3着以内の実績があった馬がとにかく活躍している。その成績は過去10年で【5・0・2・1】。1着の該当馬は2010年のスマートファルコン、2011年のボランタス、2015年のハッピースプリント、2019年のケイティブレイブ、2018年のオールブラッシュ。3着の該当馬は、2012年のランフォルセ、2017年のオールブラッシュだ。

 唯一の4着以下馬は2018年のアポロケンタッキー(4着)だが、同馬は前走のJBCクラシックで1.8秒差の大敗を喫していた馬。前走であまりに大敗しているようなことがなければ、本命馬として信頼できるだろう。

 他に過去1年以内(前年の浦和記念以降)のG2の連対馬も活躍。それらの成績は過去10年で【2・4・1・3】と、これだけ見るとそこまででもないが、過去1年以内のGⅠで3着以内の実績馬が不在の年ほど、このタイプが活躍している。同年のダイオライト記念の2着馬ピイラニハイウェイと前年の名古屋グランプリの2着馬エイシンモアオバーがワン、ツーを決めた2012年も、同年のブリーダーズゴールドカップの2着馬シビルウォーが2着、前年の名古屋グランプリの優勝馬エイシンモアオバーが3着だった2013年も、過去1年以内のG1で3着以内の実績馬が不在だった。

 最後にこのレースで穴を開ける地方馬を紹介しよう。最有力は2月に行われる金盃に次ぐ、長距離2400mで行われる同年の東京記念の3着以内馬だ。同レースは南関東では数少ない長距離重賞だけあって、地方のトップクラスが出走する。つまり、その中で3着以内の実績があることは、地方の超一流を示す。

 実際に2011年に4番人気で優勝したボランタスは、同年の東京記念の3着馬。2014年に6番人気で優勝したサミットストーンも、同年の東京記念の2着馬だった。遡れば2009年に5番人気で2着したルーズリンドも、同年の東京記念の勝ち馬だけに、東京記念で3着以内だった馬はとにかく注意したほうがいいだろう。


 まとめるとこうなる!

 ●本命候補
 ・過去1年以内のG1で3着以内の実績がある馬。
 ・過去1年以内のG1で3着以内の実績馬が不在の場合、過去1年以内のG2で連対した馬。

 ●穴馬候補
 ・同年の東京記念で3着以内の馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 64ビュー

ジャパンカップは終わったが、まだまだGⅠ5レースある

あっという間に過ぎると言われる師走

競馬も先手必勝で行きたい

ダート中距離ナンバーワンを争うチャンピオンズカップ

勝つのは、外枠は気になるが国内無敗のクリソベル

相手はクリソベルより前で勝負したいチュウワウィザード

その他出走表付の詳しい予想は

https://blue0220.xyz/

で確認して下さい

コロナに翻弄された一年だったけど、最後の12月競馬は勝って終わりたい

お互いに頑張りましょう💪

12月4日(金) 16:14 末三さん
スンナリ行くカナ・・・ 末三の第21回チャンピオンズカップ...
閲覧 106ビュー

先週のジャパンカップでは予想がスンナリと決まり

そして世紀の一戦が見れたことに嬉しかった末三です。

 ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪


私が生きているうちにもう二度とないでしょうねぇ。

アーモンドアイのような最強牝馬。

そして産まれてくる仔を応援していきたいものです。

 (;^_^A アセアセ・・・



今週のGⅠレースは第21回チャンピオンズカップですが、スンナリと

決まるのでしょうか・・・?

では、さっそく。

 ヽ( ´ ▽ ` )ノ 



【末三評価】

中京 第21回 チャンピオンズカップより

A評価 ・・・ クリンチャー タイムフライヤー

B評価 ・・・ ゴールドドリーム サンライズノヴァ チョウワウィザード

C評価 ・・・ ごめんなさい、その他の出走馬たち


【末三短評】

今週のGⅠレースはチャンピオンズカップということで末三がおススメ

したい馬は(@_@)/ずばり! A評価の2頭

まずクリンチャーはダート馬らしい動きで坂路を駆け上がり、引き続き好調キープ。

あとはヤネしだい。

次にタイムフライヤーだがCコースで復調気配ムンムンの抜群な動きを披露。

前走は久々をマイナス体重で人気を裏切った形となったが、今回馬体回復あらば

巻き返し可能か。

さぁ、それでは最終判断は当日のパドックと返し馬にて馬体と気配を確認したのち

馬券検討や。

 (* ̄0 ̄*)ノ オォー!!

[もっと見る]

12月4日(金) 11:36 グラニースミスさん
正式名称 ~チャンピオンズカップGⅠ~
閲覧 176ビュー

外務省のHPに記載されている正式な国名を元にすると、
世界一長い国名は意外にもヨーロッパのイギリスです。
「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」
これがイギリスの正式国名の和訳です。

チャンピオンズカップ 競馬番組表では 
ジャパン・オータムインターナショナル 第21回チャンピオンズカップ
ジャパン・オータムインターナショナルは、JRAが実施している
エリ女からチャンピオンズカップまでの4戦の国際競走シリーズです。

今年のジャパン・オータムインターナショナルの結果は、
エリザベス女王杯 レーティング1位、1番人気、ラッキーライラック 1着
マイルCS レーティング1位、1番人気、グランアレグリア 1着
ジャパンカップ レーティング1位、1番人気、アーモンドアイ 1着

ここまで3戦は、レーティング1位、1番人気の牝馬が1着になっています。
しかも騎手は、すべてルメール、生産者はノーザンファーム 揃ってますねぇ(^^♪

【昨年のチャレンジカップHPの結果】
クリソベリル1着、インティ3着、オメガパフューム6着、チュウワウィザード4着
ゴールドドリーム2着、ウェスタールンド9着、ヴェンジェンス7着、タイムフライヤー8着

昨年 第21回 チャンピオンズカップ 3歳牡馬 クリソベリル 55kg 1着
今年 第22回 チャンピオンズカップ 3歳牡馬 カフェファラオ 56kg
定量戦で同じ3歳馬なのに、負担重量が違います。アローワンスの減量がありました。

【恒例のJRA HP出走馬情報】
クリソベリル → 昨年1着馬、レーティング119で1位、ノーザンF、国内戦は負けなし
チュウワウィザード → ノーザンF
クリンチャー → みやこS1着〇優取得、芝ダ重賞勝ち
ゴールドドリーム → 3歳秋以降、国内に限れば1桁馬番で4・3・1・0、ノーザンF
カフェファラオ → 3歳馬昨年よりも増量、JRAでは無敗、鞍上ルメール
エアアルマス → 今年代替東海S1着馬
サンライズノヴァ → 武蔵野S1着〇優取得
モズアスコット → 天皇誕生日のフェブラリーSGⅠ勝ち馬

クリソベリル は川田騎手、カフェファラオは、ルメール
レーティングは1位はクリソベリル、カフェファラオは8位 うーん
1番人気が続いているので、素直に行くべきなんでしょうか。
それとも、ルメールなんでしょうか?

殺虫剤の1番人気は、キンチョー
キンチョーの正式社名は、大日本除虫菊株式会社です。
意外でした

では

[もっと見る]

12月4日(金) 11:36 グラニースミスさん
正式名称 ~チャンピオンズカップGⅠ~
閲覧 112ビュー

外務省のHPに記載されている正式な国名を元にすると、
世界一長い国名は意外にもヨーロッパのイギリスです。
「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」
これがイギリスの正式国名の和訳です。

チャンピオンズカップ 競馬番組表では 
ジャパン・オータムインターナショナル 第21回チャンピオンズカップ
ジャパン・オータムインターナショナルは、JRAが実施している
エリ女からチャンピオンズカップまでの4戦の国際競走シリーズです。

今年のジャパン・オータムインターナショナルの結果は、
エリザベス女王杯 レーティング1位、1番人気、ラッキーライラック 1着
マイルCS レーティング1位、1番人気、グランアレグリア 1着
ジャパンカップ レーティング1位、1番人気、アーモンドアイ 1着

ここまで3戦は、レーティング1位、1番人気の牝馬が1着になっています。
しかも騎手は、すべてルメール、生産者はノーザンファーム 揃ってますねぇ(^^♪

【昨年のチャレンジカップHPの結果】
クリソベリル1着、インティ3着、オメガパフューム6着、チュウワウィザード4着
ゴールドドリーム2着、ウェスタールンド9着、ヴェンジェンス7着、タイムフライヤー8着

昨年 第21回 チャンピオンズカップ 3歳牡馬 クリソベリル 55kg 1着
今年 第22回 チャンピオンズカップ 3歳牡馬 カフェファラオ 56kg
定量戦で同じ3歳馬なのに、負担重量が違います。アローワンスの減量がありました。

【恒例のJRA HP出走馬情報】
クリソベリル → 昨年1着馬、レーティング119で1位、ノーザンF、国内戦は負けなし
チュウワウィザード → ノーザンF
クリンチャー → みやこS1着〇優取得、芝ダ重賞勝ち
ゴールドドリーム → 3歳秋以降、国内に限れば1桁馬番で4・3・1・0、ノーザンF
カフェファラオ → 3歳馬昨年よりも増量、JRAでは無敗、鞍上ルメール
エアアルマス → 今年代替東海S1着馬
サンライズノヴァ → 武蔵野S1着〇優取得
モズアスコット → 天皇誕生日のフェブラリーSGⅠ勝ち馬

クリソベリル は川田騎手、カフェファラオは、ルメール
レーティングは1位はクリソベリル、カフェファラオは8位 うーん
1番人気が続いているので、素直に行くべきなんでしょうか。
それとも、ルメールなんでしょうか?

殺虫剤の1番人気は、キンチョー
キンチョーの正式社名は、大日本除虫菊株式会社です。
意外でした

では

[もっと見る]

12月4日(金) 06:16 しんすけ49さん
イルミネーションジャンプステークス&ステイヤーズステーク...
閲覧 117ビュー

おはよ~♪

やったね(^^♪

昨日届きました。

switchのダービースタリオン!

週末に競馬予想とともに楽しみましょうね。

まずは今夜はイルミネーションジャンプステークスとステイヤーズステークスとチャレンジカップだね。

ではではぁ~。

[もっと見る]

12月4日(金) 02:38 ノートン(さとしのパさん
チャンピオンズカップ現段階予想
閲覧 354ビュー

最初に前回の日記でナイス10
いただきありがとうございます。
では、書きます。
知っておくべきポイント

高枠1.2.3.4.6
先行、逃げ有利

最後の直線に再び上り坂とアップダウンが激しいため、スタミナを持つ先行馬が圧倒的に有利。G1のチャンピオンズCは先行争いが激しく、差し・追い込み馬の台頭もある。

未だ連覇を達成した馬は一頭もいません。
(JRAの悪意を感じますw)

有力馬の見解
4.エアアルマス
調教評価B、高枠、脚質先行
推定3F前半376で4位
後半378で12位
高枠を活かしてどこまで粘れるか

5.クリンチャー
調教評価B、高枠、脚質先行
推定3F前半381で12位
後半369で5位
最後の直線7.8より先に動けば2.3着の可能性あり!

7.カフェファラオ
調教評価A、高枠、脚質先行
推定3F前半380で9位
後半366で3位
1着候補筆頭
ちくしょー!今週もまたルメールかよ!w

8.サンライズノヴァ
調教評価B、高枠、脚質追い込み
推定3F前半388で16位
後半365で2位
位置取りしだいで馬券内

11チュウワウィザード
調教評価B、高枠、脚質先行
推定3F前半379で7位
後半368で4位
7をピッタリマークすれば
勝ち負け!
7に対抗できるのはこの馬しかいない

15クリソベリル
調教評価B、脚質先行
推定3F前半377で5位
後半363で1位
この最悪の条件で勝てれば本物
頑張って5着掲示板確保か?
(JRAの悪意を感じますw)

最後に私の現段階予想は添付画像の通り
最終結論は予想コロシアムにて

以上ご覧いただきありがとうございました。

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 ボスジラは夏の札幌でメキメキ力をつけ、2600メートルの札幌日経OP2着から、丹頂Sで2馬身突き抜けた。距離は長いほどいいタイプだ。

 そのあとは間隔が空いたが、「予定していたアルゼンチン共和国杯を、軽い輸送熱が出たので自重した。しっかり乗り込んで、坂路の動きもいい。長距離は向くし、力を出し切れれば」と国枝調教師は力が入る。厩舎の宝だったアーモンドアイが引退した翌週に、新星が勝てれば最高だ。(夕刊フジ)



ステイヤーズSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

【ステイヤーズ】厩舎の話 12月4日(金) 04:54

 ◆アドマイヤアルバ・宮田師「前走を使って動きが良くなり、前進気勢も出てきた」

 ◆アルバート・橋口師「ひと叩きされたことで体が絞れた。得意の舞台なら楽しみ」

 ◆オセアグレイト・菊川師「久々を使われてかなり良化。どこまでやれるか楽しみ」

 ◆オーシャンビュー・伊藤伸師「中1週でもダメージはない」

 ◆ゴールドギア・伊藤圭師「状態はいい。スタミナには自信がある」

 ◆ダンビュライト・音無師「菊花賞は経験しているが、この距離は初めてで未知な部分はある」

 ◆ヒュミドール・小手川師「充実期でどんどん良化。今年の目標はここと決めていたし、3600メートルも問題ありません」

 ◆ボスジラ・国枝師「アルゼンチン共和国杯を予定していたが、軽い輸送熱で大事をとった。しっかり乗り込み、坂路の動きも良かった」

 ◆ポンデザール・堀師「十分に乗り込んできたので直前は微調整。距離は合っている」

 ◆メイショウテンゲン・池添兼師「この馬なりに動いている。距離延長に期待する」

 ◆ルミナスウォリアー・萱野師「転厩初戦で比較できないが、動きはいい。ただ、年齢的に上がり目はどうか」

ステイヤーズSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ステイヤーズ】ヒュミドール軽快「確認だけ」 12月3日(木) 04:49

 今夏に芝路線へ変更後3戦2勝のヒュミドールは、美浦Wコースで5ハロン71秒7-13秒7を単走で計時。馬なりで軽めながら、動きは軽快だった。

 小手川調教師は「やりすぎないように、もう確認だけです。馬が充実期で、どんどん良くなっていますね」と満足そう。「前走が1800メートルで思いのほか強かったけど、今年の目標はステイヤーズSと定めていたし、3600メートルも問題ありません」と期待を込めた。

ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【ステイヤーズ】追って一言 12月3日(木) 04:48

 ◆アドマイヤアルバ・宮田師「前走を使って動きが良くなり、前進気勢も出てきた」

 ◆アルバート・橋口師「ひと叩きされたことで体が絞れた。9歳でも活気があり、得意の舞台なら楽しみ」

 ◆オセアグレイト・菊川師「軽めでもいい動き。久々を使われてかなり良化している。距離に不安はないし、どこまでやれるか楽しみ」

 ◆オーシャンビュー・伊藤伸師「中1週でもダメージはない」

 ◆ゴールドギア・伊藤圭師「状態はいい。前走もそれほど負けていないし、スタミナには自信がある」

 ◆サンデームーティエ・稲垣師「稽古は坂路でしまい重点。長期休養明けを1度使った効果はあるし、前々にいく形でどこまで粘れるか」

 ◆ダンビュライト・音無師「馬場の悪い時間帯だったがいい動きをしてくれた。菊花賞(5着)は経験しているが、この距離は初めてで未知な部分はある」

 ◆ボスジラ・国枝師「アルゼンチン共和国杯を予定していたが、軽い輸送熱で大事をとった。しっかり乗り込み、坂路の動きも良かった」

 ◆ポンデザール・堀師「十分に乗り込んできたので、直前は微調整。距離は合っていると思います」

 ◆メイショウテンゲン・池添兼師「ラストで気合をつけた。この馬なりに動いている。距離延長に期待する」

 ◆ルミナスウォリアー・萱野師「転厩初戦で比較できないが、動きはいい。ただ、年齢的に上がり目はどうか」

ステイヤーズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャンピオンズC&ステイヤーズS&チャレンジC】レースの注目点 12月2日(水) 16:54

★連覇狙うクリソベリルなど多彩なメンバーが登録 ダート路線の王者決定戦チャンピオンズC



 12月6日、中京ではダートのGI、チャンピオンズCが実施される。同レースは、2013年まで「ジャパンCダート」として実施されてきたが、2014年からはチャンピオンズCに改称され、舞台を中京へと移して実施されている。今年のチャンピオンズCには、連覇を狙うクリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、“統ーダートGI”5勝の実績を誇るゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)に加え、今年のJRAダート重賞で2勝を挙げているモズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)、サンライズノヴァ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)、カフェファラオ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)、芝&ダート双方の重賞を制した実績をもつタイムフライヤー(牡5歳、栗東・松田国英厩舎)、クリンチャー(牡6歳、栗東・宮本博厩舎)など3歳から7歳の5世代・18頭が登録しているが、ダート路線の王者決定戦を制すのはどの馬だろうか。なお、チャンピオンズCでは、舞台を中京に移した2014年以降、“統ーダートGI”勝ち馬が6年連続で1着となっている。



★国内ではデビューから負けなしの8戦8勝 史上2頭目の連覇に挑むクリソベリル



 クリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、チャンピオンズC連覇に挑む。同馬は、デビューから6連勝で昨年のチャンピオンズCを制した後、初の海外遠征となった今年2月のサウジCで7着に敗れ、初の敗戦を喫した。クリソベリルはその後、帝王賞JBCクラシックと“統ーダートGI”を連勝し、国内での成績を8戦8勝としているが、今年もチャンピオンズCを制して、国内での連勝を更に伸ばすことができるかどうか。Vなら、クリソベリルに騎乗予定の川田将雅騎手は7年連続のJRA・GI制覇となる。なお、チャンピオンズCを連覇すれば、2010・11年(当時の名称はジャパンCダート)のトランセンド以来、9年ぶり2頭目となる。



★“統一ダートGI”5勝のゴールドドリーム 3年ぶりのチャンピオンズC制覇なるか



 現役トップの“統ーダートGI”5勝を誇るゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)が、2017年以来2度目のチャンピオンズC制覇に挑む。同馬は、2017年にフェブラリーS、チャンピオンズCを制し、史上7頭目のJRAダートGI2勝馬となった。ゴールドドリームはその後も“統ーダートGI”を中心に出走を続けており、昨年のチャンピオンズCでも2着に入っている。ゴールドドリームは今年、サウジC6着、平安S3着、南部杯6着という成績だが、3年ぶりにチャンピオンズCを制すことができるかどうか。Vなら、史上10頭目の“統ーダートGI”6勝以上馬、並びにカネヒキリトランセンド(4勝)以来3頭目のJRAダートGI3勝以上馬となる。なお、ゴールドドリームには和田竜二騎手が騎乗する予定。



★中京のダート戦では3戦2勝 昨年3着の雪辱を狙うインティ



 今年のチャンピオンズCには、昨年の勝ち馬クリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、同2着馬ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)、同3着馬インティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)、同4着馬チュウワウィザード(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)が登録している。チャンピオンズCに前年の1~4着馬が揃って出走すれば、2013年、2015年に続く3回目となる。2013年は前年2着のワンダーアキュートが最先着(2着)、2015年は前年4着のサンビスタが1着となったが、今年はどのような結果となるだろうか。



 インティは、昨年のフェブラリーSを制した後は勝利から遠ざかっているが、中京のダート戦で3戦2勝という成績を挙げており、昨年のチャンピオンズCでは逃げてクリソベリルから0.2秒差の3着に入っている。インティは昨年に続き武豊騎手とのコンビで出走を予定しているが、前年のリベンジを果たすことができるかどうか。



★2年連続JRAダート戦のリーディングサイヤー ゴールドアリュール産駒は3頭が出走予定



 種牡馬ゴールドアリュールは、2018年、2019年と2年連続でJRAダート戦でのリーディングサイヤーとなり、現在実施されている“統ーダートGI”12レースでは全日本2歳優駿を除く11レースを制している。同産駒は今年のJRAダート戦でも好成績を挙げており、11月29日現在のJRAダート戦種牡馬成績では2位となっている。ゴールドアリュール産駒はチャンピオンズCで歴代最多の3勝を挙げているが、今年もチャンピオンズCで好成績を挙げて、3年連続のJRAダート戦リーディングサイヤーに前進することができるかどうか。なお、同産駒はクリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)、サンライズノヴァ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)と“統ーダートGI”勝ち馬3頭が出走する予定。



 なお、JRAダート戦種牡馬成績で首位に立っているヘニーヒューズの産駒はサトノギャロス(牡4歳、栗東・西園正都厩舎)が登録している(チャンピオンズCのフルゲートは16頭で、同馬は11月29日現在、出走馬決定順で18番目となっている)。



★“統一ダートGI”で堅実な成績 戸崎圭太騎手とのコンビで挑むチュウワウィザード



 チュウワウィザード(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)は、“統ーダートGI”で6戦2勝、2着1回、3着2回と堅実な走りを見せており、昨年のチャンピオンズCでは4着に入っている。同馬は、今年は川崎記念1着、帝王賞3着、JBCクラシック3着という成績を残しているが、昨年4着に敗れたチャンピオンズCで勝利を挙げることができるかどうか。なお、チャンピオンズC優勝馬の前走を見ると、“JBCクラシック組”は最多の5勝を挙げている。



 チュウワウィザードに騎乗予定の戸崎圭太騎手は、“統ーダートGI”で通算8勝を挙げているが、JRAで実施されるフェブラリーS、チャンピオンズCでは未勝利となっている。同騎手は今回が7回目のチャンピオンズC騎乗となるが、同レース初勝利を挙げることができるかどうか。



フェブラリーS勝ち馬3頭が登録 ゴールドドリームインティ、モズアスコット



 今年のチャンピオンズCには、2017年のフェブラリーS勝ち馬ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)、2019年のフェブラリーS勝ち馬インティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)、今年のフェブラリーS勝ち馬モズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)が登録している。3頭のフェブラリーS勝ち馬がチャンピオンズCに出走すれば、2008年、2013年に続き3回目となるが、どの馬が先着するだろうか。なお、モズアスコットが勝てば、史上4頭目の同一年フェブラリーS&チャンピオンズC制覇となる。



 また、モズアスコットは2018年の安田記念勝ち馬で、芝&ダート双方でGI勝利を挙げている。今年のチャンピオンズCには、2017年ホープフルS勝ち馬タイムフライヤー(牡5歳、栗東・松田国英厩舎)も登録しており、同馬にはモズアスコット以来の芝&ダートGI制覇がかかる。タイムフライヤーは8月のエルムSでダート重賞初制覇を飾ったが、芝に続きダートでもGIを制すことができるかどうか。



★2年ぶり4回目の勝利を目指す関東勢 南部杯を制したアルクトスなど5頭が登録



 チャンピオンズCは今年で21回目を迎えるが、過去20回の勝ち馬を見ると、関西馬が16勝を挙げており、関東馬は3勝にとどまっている。今年のチャンピオンズCには、前走の南部杯で“統ーダートGI”初制覇を遂げたアルクトス(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎)、2016年の勝ち馬サウンドトゥルーの弟で、チャンピオンズCきょうだい制覇がかかるアナザートゥルース(セン6歳、美浦・高木登厩舎)など5頭の関東馬が登録しているが、2018年ルヴァンスレーヴ以来、2年ぶり4回目の勝利を挙げることができるかどうか。なお、アルクトスには田辺裕信騎手、アナザートゥルースにはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。



★2018・19年と2年連続Vの3歳馬 今年は力フェファラオ、デュードヴァンが登録



 チャンピオンズCでは、2018年ルヴァンスレーヴ、2019年クリソベリルと3歳馬が2年連続で勝利を挙げている。今年はシリウスSを制した力フェファラオ(牡、美浦・堀宣行厩舎)、ユニコーンS2着のデュードヴァン(牡、美浦・加藤征弘厩舎)と2頭の3歳馬が登録しているが、今年の3歳勢も勝利を挙げることができるかどうか(※デュードヴァンは11月29日現在、チャンピオンズC(フルゲート16頭)の出走馬決定順で17番目となっている)。



 力フェファラオはデビュー以来5戦4勝という成績で、ジャパンダートダービー7着が唯一の敗戦となっている。デビュー6戦目でチャンピオンズCを勝てば、昨年クリソベリルが記録した同レースの最少キャリア優勝記録に並ぶが、JRAの競馬場で無敗の力フェファラオは古馬の強豪たちを破ってGI初制覇を遂げることができるかどうか。なお、同馬にはC.ルメール騎手が騎乗する予定。



★今年のJRA“古馬ダート重賞”で最多勝の6歳馬 ダート戦で安定した成績残すクリンチャー



 今年実施されたJRA“古馬ダート重賞”では、6歳馬が最多の5勝を挙げている。チャンピオンズCには、今年のJRA“古馬ダート重賞”勝ち馬であるモズアスコット(牡、栗東・矢作芳人厩舎)、サンライズノヴァ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)、クリンチャー(牡、栗東・宮本博厩舎)を含む5頭の6歳馬が登録しているが、好走することができるかどうか。



 このうち、クリンチャーは3歳時に皐月賞4着、ダービー13着、菊花賞2着と三冠レースすべてに出走し、4歳時にはフランスの凱旋門賞に挑戦(17着)するなど、デビューから芝のレースに出走を続けてきた。同馬は今年2月の仁川Sからはダート戦に出走を続け、7戦1勝、2着4回、3着1回と安定した走りを見せている。果たして、クリンチャーは芝では成し遂げていないGI制覇をダートの舞台で叶えることができるかどうか。なお、同馬には三浦皇成騎手が騎乗する予定。



★1番人気馬が7連勝中のJRA・GI チャンピオンズCは過去20年で1番人気馬が7勝



 今秋のJRA・GIレースは、スプリンターズSからジャパンCまでの7戦すべてで1番人気馬が勝利を挙げており、1985年菊花賞~1986年桜花賞と並び、グレード制が導入された1984年以降のJRA・GIでの1番人気馬の最多連勝記録となっている。チャンピオンズCで1番人気馬が勝てば、グレード制導入以降で初の8連勝となるが、JRA・GIでの1番人気馬の連勝は継続されるだろうか。なお、チャンピオンズCは、2000年の創設以降20年で1番人気馬が7勝を挙げている。



ステイヤーズS4勝目を目指すアルバート ステイヤーズS初参戦の岩田康誠騎手が騎乗予定



 アルバート(牡9歳、栗東・橋口慎介厩舎)が、ステイヤーズS4勝目を目指す。同馬は2015年の同レースで重賞初勝利を挙げて以降、主に芝2500メートル以上のレースに出走し、2016・17年のステイヤーズSを勝利して同一重賞3連覇を遂げている。アルバートは2018年は出走取消、昨年は2着となっているが、3年ぶりにステイヤーズSを勝利し、同レース4勝目を挙げることができるだろうか。Vなら、同一JRA重賞4勝はコウエイトライオジュウチョウサン以来3頭目の達成で、平地重賞では初の快挙となる。なお、アルバートに騎乗予定の岩田康誠騎手はステイヤーズS初参戦となるが、芝3000メートル以上の平地重賞で現役2位タイの9勝を挙げている。

[もっと見る]

【重賞データ分析】ステイヤーズステークス2020 減点なしはアルバート、シルヴァンシャー、ダンビュライト、ボスジラ、メイショウテンゲンの5頭 12月1日(火) 12:00

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はステイヤーズS・データ予想をお届けします!


【性別】
2010年以降の3着以内延べ30頭の性別を確認すると、いずれも牡・せん馬。牝馬は【0.0.0.6】と苦戦している。サンプル数が少ないとはいえ、傾向的に牝馬は強調できない。

【馬齢】
2010年以降の3着以内延べ30頭の馬齢をみると、3歳から11歳まで幅広い。ただし、7歳以上の好走は過去の当レースで3着以内の経験、もしくは天皇賞(春)で連対歴があった馬に限定される。覚えておきたいポイントのひとつだ。

【前走着順】
2010年以降の1~3着馬の前走着順を検証すると、G1・G2なら不問だが、それ以外の場合は5着が最低ライン。例外は2019年1着のモンドインテロ1頭のみ(前走・丹頂S8着)。同馬は前年3着のリピーター。相応の舞台実績がないうえに、前走G3以下で掲示板を逃していた馬は見送りが賢明だろう。

【前走人気】
前走の単勝人気についてはG1・G2なら問わないが、それ以外であれば6番人気がボーダーライン。2010年以降、この条件を満たしていなかった馬は、いずれも複勝圏外に終わっている。

【近走成績】
2010年以降、4~5走前の間にG2連対またはG1 3着内歴があった馬を除くと、近3走ともG2以下のレースで複勝圏外だった馬が、当レースで2着連対圏に入ったケースはゼロ。該当馬は評価を控えめにしたい。


【データ予想からの注目馬】
上記5項目で減点がないのは、アルバートシルヴァンシャーダンビュライトボスジラメイショウテンゲンの5頭。現時点の最上位にはシルヴァンシャーを挙げたい。2010年以降、前走G2 4着以内馬は3勝を含む4連対とマズマズの成績。近4年連続で複勝圏を確保している、前走京都大賞典組であることも加点材料だ。

以下は、ダンビュライトボスジラの2頭横並びの評価となる。残りの2頭、アルバートメイショウテンゲンは、近10回未勝利の前走2秒以上大敗馬。それだけに過信できない印象を持つ。連下限定の狙いとして割り切るのが正解かもしれない。

<注目馬>
シルヴァンシャー ダンビュライト ボスジラ

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 89ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


ステイヤーズS・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

チャレンジカップ・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

12月2日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年12月02日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(230)
閲覧 809ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、ステイヤーズステークス・チャレンジカップ・ラピスラズリステークス・チャンピオンズカップ・りんくうステークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年12月05日(土) 中山11R スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス
【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2010年以降)】
●3位以内 [4-5-4-12](3着内率52.0%)
●4~6位 [4-2-5-26](3着内率29.7%)
●7位以下 [2-3-1-71](3着内率7.8%)
→前走の末脚に注目したい一戦。大敗直後の馬はもちろん、先行力の高さを活かしたいタイプも過信禁物と見るべきでしょう。


▼2020年12月05日(土) 阪神11R チャレンジカップ
【前走の着順別成績(2014年以降)】
●5着以内 [4-6-3-30](3着内率30.2%)
●6着以下 [2-1-2-36](3着内率12.2%)
→前走好走馬が優勢。なお、前走の着順が6着以下、かつ前走の距離が2200m以下だった馬は2014年以降[0-0-0-33](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 81ビュー

今週の注目馬。


5日(土曜日)

中山
2R レッドウッドヒル
7R グラドゥアーレ

阪神
10R サダムスキャット


6日(日曜日)

阪神
2R フェブキラナ
10R ラルナブリラーレ



(参考)

中京(土)
2R アレナマエストロ

阪神(土)
12R シンゼンマックス

中山(日)
4R コスモマイン

中京(日)
8R トレーンベアラー

阪神(日)
7R ジオフロント



(重賞)

ステイヤーズS
アルバート、リッジマン

チャレンジC
ブラヴァス、レイパパレ

チャンピオンズC
クリソベリル、ゴールドドリーム



(特別)

中京(日)
5R トゥールアンレール

阪神(日)
3R パタゴニア(POG馬、筆頭)



(補足)

レッドウッドヒル…初戦が勝ち馬とは位置取りの差だけのクビ差2着。前走は必勝体制もまさかの前残りを許す0.3秒差の3着。2戦共に上がり最速の脚は使っており、引き続きルメールでもう敗けられないでしょう。

ラルナブリラーレ…今回は昇級初戦ですが、これまで5着以下が一度も無い馬で、近6戦全てで上がり3位以内をマークしており、ここも好走が期待出来ます。
前走は3ヶ月半の休み明けながら、前半34.0のハイペースの4番手から上がり最速で抜け出して後続に4馬身差をつける完勝でした。
これまではいかにも相手なりな感じでしたが、いよいよ本格化したのではと感じさせます。

12月3日(木) 21:43 組合長さん
重賞騎手で買うなら ステイヤーズS
閲覧 136ビュー

中山芝3600m

横山典弘(2-1-0-2)40.0% 60.0% 60.0%
田辺裕信(0-2-0-4) 0.0% 33.3% 33.3%
戸崎圭太(0-1-0-4) 0.0% 20.0% 20.0%
吉田豊 (0-1-1-4) 0.0% 16.7% 33.3%



特殊条件のため今回騎乗馬がいる騎手で連対実績から探りますが、中山マイスターともいえる横山典騎手に期待。騎乗のオセアグレイトは叩いて状態をアップさせての参戦。距離は長いほど良いタイプで、絶好の狙い目。

[もっと見る]

12月3日(木) 21:00 プラス1さん
先読み予想(2020/12/5、2020/12/6)
閲覧 288ビュー

今週のチャンピオンズカップGⅠは エアアルマスに注目でしょうか




予想プログラム的には


スポーツニッポン賞ステイヤーズステークスGⅡは ゴールドギア
チャレンジカップGⅢは ヒンドゥタイムズ


ラピスラズリステークスは ケープコッド


あたりを挙げてますが、どうなるでしょうか。

[もっと見る]

12月3日(木) 07:00 Hayaさん
【~術はある~】(2020.12.3.)(ステイヤーズS、チャレンジ...
閲覧 96ビュー

おはようございます!(=^・^=)
いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。
ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。

本格的な寒波?が押し寄せた今週も、週末は暖かいみたいですね?
ただ、もうすぐそこには、”冬至” (21日)、クリスマス(25日)を迎えます。

我が懐は、吹きさらしで風通しが良く凍えていますが?何か?

<冬至(トウジ)とは?>
12月21、22日頃 冬至は「日短きこと至〔きわま〕る」という意味です。日短きこと至るとは、一年で一番太陽が出ている時間が短い日ということです。別の言い方をすると、この日は一年で最も夜である時間が長いということになります。そのため、昔の人々は生命の終わる時期だと考えていたようです。現在でもその厄を払うためにかぼちゃやお汁粉を食べて、体を温めることで栄養をとり無病息災を願う風習が続いています。

【リニューアル週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇)
水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇)
木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
木曜日 : 週末の重賞(刻を見極めるラップ篇)
金曜日 : 週末の重賞(過去ラップ分析篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

*各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。
木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更
金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更
ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更

※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/

宜しくお願い致します。

【“総合分析”予想 第11期最終結果】
第11期(11月7日~11月29日)8日間(京王杯2歳S~京阪杯)13戦

最終週末は、当てる事ができたのか!?

土曜、G3京都2歳Sでは、5番グロリアムンディ軸で勝負!
ワイド(5-1,8,9)  馬連(5 - 9)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

土曜「京都2歳S」の軸馬グロリアムンディ、後方待機から直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、思ったほど伸びを欠き4着入線まで…。優勝ワンダフルタウン(3人気)、2着ラーゴム(2人気)本命戦。反省点として、軸馬の選択!? 「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」のではなく、「下手な予想、数撃っても当たらない!?」のが現状。ハイブリッド新聞推定後半3ハロン1位ラーゴムを軸馬に選択すべきだった…残念。



日曜、G1ジャパンカップでは、5番デアリングタクト軸で勝負!
ワイド(5-15)  馬連(5 - 2,6,15)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「ジャパンカップ」の軸馬デアリングタクト、中団追走後直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びてはいるが3着入線まで…。優勝アーモンドアイ、2着コントレイルが入り本命戦!!反省点として、軸馬の選択!? 前日「京都2歳S」でもカキコしたように、ハイブリッド新聞推定後半3ハロン1位コントレイルを選択すべきだった…残念。



日曜、G3京阪杯では、8番ジョーカナチャン軸で勝負!
ワイド(8-9-13)BOX  馬連(8 - 9,13)
結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。

日曜「京阪杯」の軸馬ジョーカナチャン、スタート後先頭に立って軽快に逃げて直線へ…突き抜けるはずが、馬群に沈み込み12着惨敗…。優勝フィアーノロマーノ(3人気)、2着カレンモエ(1人気)で本命戦も3着ジョーアラビカ(12人気)が入って波乱決着!?反省点として、馬券種の選択!? ワイドBOXを購入するより、枠連BOX(4-5-7)なら当たっていた。確かに、偶然同枠馬が入線しているのだが、当たれば良いわけで…残念。ちなみに払戻金(枠連5-7)860円でした。



週末、3戦3敗惨敗。つくづく実感することは、馬券の買い方が下手!! データから導き出された数字を横目に、下手な予想ばかりで当たらない現実?? 来期は「ハイブリッド新聞推定後半3ハロン1位」の馬を軸に予想を展開します。



過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
【着別度数】単勝回収率/複勝回収率
ステイヤーズS=中山(芝)3600=【5-1-1-3】127%/99%
チャレンジC=阪神(芝)2000=【1-0-0-2】116%/46%
チャンピオンズC=中京(ダ)1800=【1-3-0-2】31%/100%


【ラップ分析試行錯誤中】
【ラップ分析実戦 結果検証篇】
<G1 ジャパンカップ (タイム2分23秒0)の回顧>
LAP(前半 3F35.3秒)
LAP(後半 3F37.8秒)
デアリングタクト(3着)松山弘平騎手のコメント
「落ち着いていましたし、雰囲気は1番でした。スタート良く、いい位置で折り合いもついて、流れに乗れました。ただ、これまであまり見せていなかったのですが、内へ内へもたれていました。苦しくなったのだと思います。それでも強い相手に引けをとらない競馬ができました。これからの馬ですし、成長してほしいです」
(杉山晴紀調教師)
「序盤の展開は言うことがありませんでした。3歳牝馬同士なら、ジョッキーも手綱を持ったまま行けるのですが、この相手だと早めに動く形になります。コントレイルと並んで動いて行きたかったのですが、コントレイルが少し寄れたこともあって、内にもたれてしまいました。今後はそのあたりを課題にして、調教を進めたいと思います。3着という結果に、悔しいという感情はありませんが、内にもたれたのは残念です。もたれなければ、もう少し2着とは際どかったと思います」

<重賞ラップ分析実戦篇>
チャンピオンズC 中京(ダ)1800㍍(3歳以上OP)
<傾 向>
3歳馬、古馬を交えたダートホースの頂点を決めるレース!!
<ポイント>
国内無敗クリソベリル 連覇へ万全!!
<注目馬>
クリソベリル(牡4、栗東)
デビューから国内では負け知らずの8連勝で、GI/JpnI・4勝目を挙げた。まだまだ伸び盛りの4歳馬。連覇の期待が掛かる。

【重賞レースの馬番コンピポイント篇】
(ステイヤーズS)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数5位"

ただし、指数値57~55に限定。
過去10年内(1-1-2-6/10)
勝率10%/連対率20%/複勝率40%/回収率104%
近5年内 (1-0-2-2/5)
勝率20%/連対率20%/複勝率60%/回収率167%

2年連続出現中だけに、今年は期待薄!?

(チャレンジC)
注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数10位"

ただし、指数値49限定。

過去10年内(0-1-2-1/4)
勝率0%/連対率25%/複勝率75%/回収率532%
近5年内 (0-0-2-0/2)
勝率0%/連対率0%/複勝率100%/回収率725%

出現率の低くさが難点だが、4年ぶりの出現に期待大!!

(チャンピオンズC)
注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数4位"

ただし、指数値59~57に限定。
過去10年内(1-1-2-6/10)
勝率10%/連対率20%/複勝率40%/回収率154%
近5年内 (1-0-2-2/5)
勝率20%/連対率20%/複勝率60%/回収率205%

昨年(4着)、外れただけに今年は期待大!!

詳細は、ブログまで訪問して下さい。
ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/
宜しくお願い致します。

[もっと見る]

12月2日(水) 23:46 ユウキ先生さん
☆ステイヤーズS(今年は中心不在!)☆
閲覧 121ビュー

土曜の中山メインはステイヤーズS♪

芝・3600メートルと国内では最長距離レースです!

もちろんスピードよりスタミナが重要なレース☆そしてそのスタミナを活かすかどうかも騎手次第♪

乗り役もカギとなってきます!

今年は抜きでた馬がいないのでどの馬にもチャンスあり♪波乱の匂いもプンプンしています(^^)じっくり軸馬から決めていきたいです☆

[もっと見る]

12月2日(水) 22:18 グラニースミスさん
ヨクワカラナイ ~ステイヤーズS~
閲覧 366ビュー

難しいレースでよくわからないなので、
タイトルをカタカナにしてみた
でも、まったく見当がつなかい

瞑想?迷走?していら、先週のジャパンカップGⅠで見つけた
5着 グローリーヴェイズ
8着 キセキ
この2頭は、前走京都大賞典を走っていた。

今年の京都大賞典GⅡ指定 17頭立て
1着 グローリーヴェイズ
2着 キセキ
16着 モンドインテロ 5枠
17着 アルバート 5枠

京都大賞典5枠の2頭はシンガリとブービー
昨年のステイヤーズSGⅡ特指 13頭立て
1着 モンドインテロ 
2着 アルバート
だったりする。だから何?と言われると困るけれど…
このレースのこの先は、なんだか不透明、ヨクワカラナイ

【昨年のスポーツニッポン賞ステイヤーズSの結果】
アルバート2着、リッジマン11着、モンドインテロ1着、オジュウチョウサン6着
ヴァントシルム7着、メイショウテンゲン4着、チェスナットコート10着、レイホーロマンス8着
1・2着馬は掲載されていましたが、3着エイシンクリックは、載っていませんでした。

今年は、グレード別定戦なのに牡馬は全頭56kg (牝馬54kg)
早い話が、この1年間、重賞で賞金加算している馬は、いませーんって事。
重賞勝ち馬の実績は、1年以上前って事になる
だから、よくわからない

【恒例のJRA HP出走馬情報】
ポンデザール → 唯一の牝馬、2,600mは4戦4勝
ボスジラ → 2,500m以上は6戦4連対
メイショウテンゲン → 昨年唯一の3歳馬として出走、今年ダイヤモンドS2着歴、条件戦経験無
アルバート → このレースを過去3連覇している9歳馬
シルヴァンシャー → 出走登録中最少キャリアの11戦の良血馬
ダンビュライト → 過去の2,200mGⅡ重賞を2勝している馬
タイセイトレイル → 2,600m戦は、5戦すべて複勝圏内
リッジマン → 2018年の1着馬

枠順が出ても、オッズが出ても、これだッ!!という感じがしないかも知れません
ひらがなでも、カタカナでも なんだか難しいですねぇ


では

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

当企画のコンセプトにつきましては、コチラにてご確認ください。今週も“勝ち逃げ馬券師”新良武志氏に、注目の乗り替わりをピックアップしてもらいます。
※データは2016年以降の結果をもとに集計


編集部(以下、編) 世紀の一戦となったジャパンカップが終わり、気付けば12月に突入。今年も残すところあと1カ月弱となりました。

新良(以下、新) 早いですねぇ。今年は好不調の波が激しい時期もありましたが、やはりラストはバシッと締めたいところ。好調モードのまま一年を終えられるように、気合いを入れて臨みます。

編 よろしくお願いします。完全的中を目指しましょう!(笑)

新 最大限努力します(苦笑)。

編 まずは、ダート路線のトップホースが集結したチャンピオンズカップの注目の乗り替わりを教えてください。クリソベリルカフェファラオといった人気どころは継続騎乗ですが、それ以外に面白そうな候補はたくさんいそうな雰囲気です。

新 そうなんですよ。半数以上の9頭が乗り替わりですからね。なんとか、馬券に絡む馬を指名したいと思っています。

編 結論はどうなりましたか?

新 私はルメール騎手から藤岡佑介騎手に乗り替わる①タイムフライヤーに注目しています。

編 ルメール騎手にはカフェファラオがいますので、これはいわゆるやむを得ずの乗り替わりというやつですね。

新 はい。問題は誰にバトンタッチされるかなんですが、藤岡佑騎手なら不安なし。というよりむしろ、好感が持てる乗り替わりと評価していいでしょう。

編 その根拠をお聞かせいただけますか?

新 藤岡佑騎手は2019年以降、中京ダ1800mで27.3%という高い勝率をあげています。ごくシンプルに、得意舞台ということです。さらに、その前はルメール騎手が3戦連続騎乗していた点も強調材料になります。

編 それだけ馬が高い評価を受けていたということであると?

新 おっしゃる通りです。今回は藤岡佑騎手にチェンジすることによって、確実に人気を落としますからね。それも、プラスに考えられるわけです。

編 配当妙味が増すということですね。相手は一気に強化されますが、馬はこのメンバー相手でも通用するでしょうか?

新 さすがに勝ち負け必至と言えるレベルではありませんが、フェブラリーS5着や、夏場の2連勝の内容からも、まったく圏外ではないと思います。内目を通った馬が馬券になりやすいこのコースで内枠を引けたのも大きいですし、ロスなく運んで直線で前が壁にならなければ、一発があっても驚けないでしょう。

編 わかりました。鞍上の立ち回りにも注目ですね。今週はチャンピオンズカップ以外にも土曜日に2重賞組まれていますが、そちらはいかがでしょう?

新 ピックアップしたいのはチャレンジカップのほうです。私は北村友一騎手から武豊騎手に乗り替わる①ヒンドゥタイムズが面白いと思っています。

編 騎乗停止中の北村友騎手の代打を武豊騎手が務めるかたちですね。あれ? 先週の京都2歳Sも同じような……。

新 そうなんです。推奨して2着に入ったラーゴムと同じ乗り替わりパターン。しかも、馬の所属厩舎まで一緒です。

編 なるほど。もう一丁に期待というわけですね。

新 はい。武豊騎手は2019年以降、阪神芝2000mで勝率30.3%と実績は文句なし。馬も当コースは2勝2着1回と高い適性を示しています。テン乗りですが、まったく心配する必要はないでしょう。このコンビであれば、先週の再現かそれ以上の結果が望めると思います。

編 条件的に十分にありそうですね。土日重賞連続的中に期待しましょう。


★その他の注目乗り替わり★
土曜阪神12R ⑧ジョーフォレスト(ルメール→川田将雅
日曜阪神10R ラルナブリラーレ武藤雅吉田隼人


【プロフィール】
新良武志(しんら・たけし)
かつてはどこにでもいる競馬ファンの1人だったが、データベースソフト【TARGET】との出合いを経て、眠っていた馬券師としての素質が開花。騎手・種牡馬にウマニティU指数を組み合わせた独自のデータ活用術を考案し、常勝スタイルを確立させる。2015年秋にメディアデビュー。雑誌、WEBを中心に精力的に予想家活動を行っている。著書に『毎日コツコツ勝ち逃げリーマン馬券術』(ベストセラーズ)、『ジョッキー未来予測2019』(秀和システム)。
最新情報は『“新良式”データ馬券ブログ』で公開中。

【チャレンジC】良血ブラヴァス本格化 12月4日(金) 11:13

 キングカメハメハ×ヴィルシーナの良血ブラヴァスが、新潟記念に続き一気の重賞連勝を狙う。

 「放牧に出して、ここ目標に障害練習を取り入れながら順調にやれている。動きも相変わらずいい。ラストに坂がある阪神は合うし、パンパンの馬場よりは、少し時計がかかるくらいのほうがいいので、5週目の馬場も歓迎」と友道調教師。Pコースの最終追いは馬なりで6F77秒6と仕上げに抜かりはない。(夕刊フジ)



チャレンジCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャレンジC】厩舎の話 12月4日(金) 04:53

 ◆エヒト・森師「相手は強いけど、この馬本来の走りができれば、もっと走れると思う」

 ◆キングニミッツ・小崎師「しっかり乗り込んでいる。スタミナを生かしてどこまで粘れるか」

 ◆サトノクロニクル・池江師「状態は問題ない。馬が嫌気をさしている感じだし、今回はブリンカーをつけてみる」

 ◆ジェネラーレウーノ・矢野師「前走を使って肩の筋肉に張りが出てきた。持久力を生かす、思い切ったレースをしてほしい」

 ◆ナイママ・武藤師「体調は高いレベルで安定していて中1週も全く問題ない。早めの競馬でしぶとさを生かせれば」

 ◆ヒンドゥタイムズ武豊騎手「非常に乗りやすくて、動きも良かった。チャンスはある」

 ◆ブラヴァス・安田助手「無理せずに時計が出たし、元気がいい。障害練習の効果も感じるし、長くいい脚を使える長所を生かしたい」

 ◆レイパパレ・高野師「攻めでも走る気が感じられます。ただ、経験したことがない条件で相手も強化されるだけに…」

 ◆ロードクエスト・小島師「少しもたついたが仕上がりは悪くない。周りが早めに動いてスムーズに外に出せれば」

チャレンジCの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャレンジC】レイパパレ、力強い脚取り12秒7 12月3日(木) 04:47

 デビューから無傷の4連勝中のレイパパレは、栗東坂路でゴール前追われて4ハロン53秒6-12秒7。小柄な牝馬ながら最後までフットワークは力強く、調教評価は最高の『S』となった。

 「単走で前の馬を目標に1ハロン動かしました。“やり過ぎず、やらなさ過ぎず”で走る気もありますね」と高野調教師。今回は重賞、コーナー4つのコース形態、2000メートルの距離と“初ものづくし”が鍵となるだけに「経験したことのない条件。一気に相手も強化されるし、チャレンジです」と素質に期待している。

チャレンジCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【チャレンジC】追って一言 12月3日(木) 04:46

 ◆エヒト・森師「動きは良かった。相手は強いけど、この馬本来の走りができれば、もっと走れると思う」

 ◆キングニミッツ・小崎師「しっかり乗り込んでいる。芝は以前に札幌で使ってるし、スタミナを生かしてどこまで粘れるか」

 ◆サトノクロニクル・池江師「状態は問題ない。馬が嫌気をさしている感じだし、今回はブリンカーをつけてみる」

 ◆ジェネラーレウーノ・矢野師「調教は動くし、心臓もできている。前走を使って肩の筋肉に張りが出てきた。持久力を生かす、思い切ったレースをしてほしい」

 ◆ナイママ・武藤師「体調は高いレベルで安定していて中1週も全く問題ない。早めの競馬でしぶとさを生かせれば」

 ◆ヒンドゥタイムズ武豊騎手「非常に乗りやすくて、動きも良かった。気持ちいいキャンターをするし、チャンスはあると思う」

 ◆ブラヴァス・安田助手「無理せずに時計が出たし、元気がいい。障害練習の効果も感じるし、長くいい脚を使える長所を生かしたい」

 ◆ロードクエスト・小島師「少しもたついたが、仕上がりは悪くない。周りが早めに動いてスムーズに外に出せれば」

[もっと見る]

【チャンピオンズC&ステイヤーズS&チャレンジC】レースの注目点 12月2日(水) 16:54

★連覇狙うクリソベリルなど多彩なメンバーが登録 ダート路線の王者決定戦チャンピオンズC



 12月6日、中京ではダートのGI、チャンピオンズCが実施される。同レースは、2013年まで「ジャパンCダート」として実施されてきたが、2014年からはチャンピオンズCに改称され、舞台を中京へと移して実施されている。今年のチャンピオンズCには、連覇を狙うクリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、“統ーダートGI”5勝の実績を誇るゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)に加え、今年のJRAダート重賞で2勝を挙げているモズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)、サンライズノヴァ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)、カフェファラオ(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)、芝&ダート双方の重賞を制した実績をもつタイムフライヤー(牡5歳、栗東・松田国英厩舎)、クリンチャー(牡6歳、栗東・宮本博厩舎)など3歳から7歳の5世代・18頭が登録しているが、ダート路線の王者決定戦を制すのはどの馬だろうか。なお、チャンピオンズCでは、舞台を中京に移した2014年以降、“統ーダートGI”勝ち馬が6年連続で1着となっている。



★国内ではデビューから負けなしの8戦8勝 史上2頭目の連覇に挑むクリソベリル



 クリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が、チャンピオンズC連覇に挑む。同馬は、デビューから6連勝で昨年のチャンピオンズCを制した後、初の海外遠征となった今年2月のサウジCで7着に敗れ、初の敗戦を喫した。クリソベリルはその後、帝王賞JBCクラシックと“統ーダートGI”を連勝し、国内での成績を8戦8勝としているが、今年もチャンピオンズCを制して、国内での連勝を更に伸ばすことができるかどうか。Vなら、クリソベリルに騎乗予定の川田将雅騎手は7年連続のJRA・GI制覇となる。なお、チャンピオンズCを連覇すれば、2010・11年(当時の名称はジャパンCダート)のトランセンド以来、9年ぶり2頭目となる。



★“統一ダートGI”5勝のゴールドドリーム 3年ぶりのチャンピオンズC制覇なるか



 現役トップの“統ーダートGI”5勝を誇るゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)が、2017年以来2度目のチャンピオンズC制覇に挑む。同馬は、2017年にフェブラリーS、チャンピオンズCを制し、史上7頭目のJRAダートGI2勝馬となった。ゴールドドリームはその後も“統ーダートGI”を中心に出走を続けており、昨年のチャンピオンズCでも2着に入っている。ゴールドドリームは今年、サウジC6着、平安S3着、南部杯6着という成績だが、3年ぶりにチャンピオンズCを制すことができるかどうか。Vなら、史上10頭目の“統ーダートGI”6勝以上馬、並びにカネヒキリトランセンド(4勝)以来3頭目のJRAダートGI3勝以上馬となる。なお、ゴールドドリームには和田竜二騎手が騎乗する予定。



★中京のダート戦では3戦2勝 昨年3着の雪辱を狙うインティ



 今年のチャンピオンズCには、昨年の勝ち馬クリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、同2着馬ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)、同3着馬インティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)、同4着馬チュウワウィザード(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)が登録している。チャンピオンズCに前年の1~4着馬が揃って出走すれば、2013年、2015年に続く3回目となる。2013年は前年2着のワンダーアキュートが最先着(2着)、2015年は前年4着のサンビスタが1着となったが、今年はどのような結果となるだろうか。



 インティは、昨年のフェブラリーSを制した後は勝利から遠ざかっているが、中京のダート戦で3戦2勝という成績を挙げており、昨年のチャンピオンズCでは逃げてクリソベリルから0.2秒差の3着に入っている。インティは昨年に続き武豊騎手とのコンビで出走を予定しているが、前年のリベンジを果たすことができるかどうか。



★2年連続JRAダート戦のリーディングサイヤー ゴールドアリュール産駒は3頭が出走予定



 種牡馬ゴールドアリュールは、2018年、2019年と2年連続でJRAダート戦でのリーディングサイヤーとなり、現在実施されている“統ーダートGI”12レースでは全日本2歳優駿を除く11レースを制している。同産駒は今年のJRAダート戦でも好成績を挙げており、11月29日現在のJRAダート戦種牡馬成績では2位となっている。ゴールドアリュール産駒はチャンピオンズCで歴代最多の3勝を挙げているが、今年もチャンピオンズCで好成績を挙げて、3年連続のJRAダート戦リーディングサイヤーに前進することができるかどうか。なお、同産駒はクリソベリル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)、サンライズノヴァ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)と“統ーダートGI”勝ち馬3頭が出走する予定。



 なお、JRAダート戦種牡馬成績で首位に立っているヘニーヒューズの産駒はサトノギャロス(牡4歳、栗東・西園正都厩舎)が登録している(チャンピオンズCのフルゲートは16頭で、同馬は11月29日現在、出走馬決定順で18番目となっている)。



★“統一ダートGI”で堅実な成績 戸崎圭太騎手とのコンビで挑むチュウワウィザード



 チュウワウィザード(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)は、“統ーダートGI”で6戦2勝、2着1回、3着2回と堅実な走りを見せており、昨年のチャンピオンズCでは4着に入っている。同馬は、今年は川崎記念1着、帝王賞3着、JBCクラシック3着という成績を残しているが、昨年4着に敗れたチャンピオンズCで勝利を挙げることができるかどうか。なお、チャンピオンズC優勝馬の前走を見ると、“JBCクラシック組”は最多の5勝を挙げている。



 チュウワウィザードに騎乗予定の戸崎圭太騎手は、“統ーダートGI”で通算8勝を挙げているが、JRAで実施されるフェブラリーS、チャンピオンズCでは未勝利となっている。同騎手は今回が7回目のチャンピオンズC騎乗となるが、同レース初勝利を挙げることができるかどうか。



フェブラリーS勝ち馬3頭が登録 ゴールドドリームインティ、モズアスコット



 今年のチャンピオンズCには、2017年のフェブラリーS勝ち馬ゴールドドリーム(牡7歳、栗東・平田修厩舎)、2019年のフェブラリーS勝ち馬インティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)、今年のフェブラリーS勝ち馬モズアスコット(牡6歳、栗東・矢作芳人厩舎)が登録している。3頭のフェブラリーS勝ち馬がチャンピオンズCに出走すれば、2008年、2013年に続き3回目となるが、どの馬が先着するだろうか。なお、モズアスコットが勝てば、史上4頭目の同一年フェブラリーS&チャンピオンズC制覇となる。



 また、モズアスコットは2018年の安田記念勝ち馬で、芝&ダート双方でGI勝利を挙げている。今年のチャンピオンズCには、2017年ホープフルS勝ち馬タイムフライヤー(牡5歳、栗東・松田国英厩舎)も登録しており、同馬にはモズアスコット以来の芝&ダートGI制覇がかかる。タイムフライヤーは8月のエルムSでダート重賞初制覇を飾ったが、芝に続きダートでもGIを制すことができるかどうか。



★2年ぶり4回目の勝利を目指す関東勢 南部杯を制したアルクトスなど5頭が登録



 チャンピオンズCは今年で21回目を迎えるが、過去20回の勝ち馬を見ると、関西馬が16勝を挙げており、関東馬は3勝にとどまっている。今年のチャンピオンズCには、前走の南部杯で“統ーダートGI”初制覇を遂げたアルクトス(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎)、2016年の勝ち馬サウンドトゥルーの弟で、チャンピオンズCきょうだい制覇がかかるアナザートゥルース(セン6歳、美浦・高木登厩舎)など5頭の関東馬が登録しているが、2018年ルヴァンスレーヴ以来、2年ぶり4回目の勝利を挙げることができるかどうか。なお、アルクトスには田辺裕信騎手、アナザートゥルースにはM.デムーロ騎手が騎乗する予定。



★2018・19年と2年連続Vの3歳馬 今年は力フェファラオ、デュードヴァンが登録



 チャンピオンズCでは、2018年ルヴァンスレーヴ、2019年クリソベリルと3歳馬が2年連続で勝利を挙げている。今年はシリウスSを制した力フェファラオ(牡、美浦・堀宣行厩舎)、ユニコーンS2着のデュードヴァン(牡、美浦・加藤征弘厩舎)と2頭の3歳馬が登録しているが、今年の3歳勢も勝利を挙げることができるかどうか(※デュードヴァンは11月29日現在、チャンピオンズC(フルゲート16頭)の出走馬決定順で17番目となっている)。



 力フェファラオはデビュー以来5戦4勝という成績で、ジャパンダートダービー7着が唯一の敗戦となっている。デビュー6戦目でチャンピオンズCを勝てば、昨年クリソベリルが記録した同レースの最少キャリア優勝記録に並ぶが、JRAの競馬場で無敗の力フェファラオは古馬の強豪たちを破ってGI初制覇を遂げることができるかどうか。なお、同馬にはC.ルメール騎手が騎乗する予定。



★今年のJRA“古馬ダート重賞”で最多勝の6歳馬 ダート戦で安定した成績残すクリンチャー



 今年実施されたJRA“古馬ダート重賞”では、6歳馬が最多の5勝を挙げている。チャンピオンズCには、今年のJRA“古馬ダート重賞”勝ち馬であるモズアスコット(牡、栗東・矢作芳人厩舎)、サンライズノヴァ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)、クリンチャー(牡、栗東・宮本博厩舎)を含む5頭の6歳馬が登録しているが、好走することができるかどうか。



 このうち、クリンチャーは3歳時に皐月賞4着、ダービー13着、菊花賞2着と三冠レースすべてに出走し、4歳時にはフランスの凱旋門賞に挑戦(17着)するなど、デビューから芝のレースに出走を続けてきた。同馬は今年2月の仁川Sからはダート戦に出走を続け、7戦1勝、2着4回、3着1回と安定した走りを見せている。果たして、クリンチャーは芝では成し遂げていないGI制覇をダートの舞台で叶えることができるかどうか。なお、同馬には三浦皇成騎手が騎乗する予定。



★1番人気馬が7連勝中のJRA・GI チャンピオンズCは過去20年で1番人気馬が7勝



 今秋のJRA・GIレースは、スプリンターズSからジャパンCまでの7戦すべてで1番人気馬が勝利を挙げており、1985年菊花賞~1986年桜花賞と並び、グレード制が導入された1984年以降のJRA・GIでの1番人気馬の最多連勝記録となっている。チャンピオンズCで1番人気馬が勝てば、グレード制導入以降で初の8連勝となるが、JRA・GIでの1番人気馬の連勝は継続されるだろうか。なお、チャンピオンズCは、2000年の創設以降20年で1番人気馬が7勝を挙げている。



ステイヤーズS4勝目を目指すアルバート ステイヤーズS初参戦の岩田康誠騎手が騎乗予定



 アルバート(牡9歳、栗東・橋口慎介厩舎)が、ステイヤーズS4勝目を目指す。同馬は2015年の同レースで重賞初勝利を挙げて以降、主に芝2500メートル以上のレースに出走し、2016・17年のステイヤーズSを勝利して同一重賞3連覇を遂げている。アルバートは2018年は出走取消、昨年は2着となっているが、3年ぶりにステイヤーズSを勝利し、同レース4勝目を挙げることができるだろうか。Vなら、同一JRA重賞4勝はコウエイトライオジュウチョウサン以来3頭目の達成で、平地重賞では初の快挙となる。なお、アルバートに騎乗予定の岩田康誠騎手はステイヤーズS初参戦となるが、芝3000メートル以上の平地重賞で現役2位タイの9勝を挙げている。

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 89ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


ステイヤーズS・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

チャレンジカップ・GIIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

12月2日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年12月02日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(230)
閲覧 809ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、ステイヤーズステークス・チャレンジカップ・ラピスラズリステークス・チャンピオンズカップ・りんくうステークスの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2020年12月05日(土) 中山11R スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス
【前走の上がり3ハロンタイム順位別成績(2010年以降)】
●3位以内 [4-5-4-12](3着内率52.0%)
●4~6位 [4-2-5-26](3着内率29.7%)
●7位以下 [2-3-1-71](3着内率7.8%)
→前走の末脚に注目したい一戦。大敗直後の馬はもちろん、先行力の高さを活かしたいタイプも過信禁物と見るべきでしょう。


▼2020年12月05日(土) 阪神11R チャレンジカップ
【前走の着順別成績(2014年以降)】
●5着以内 [4-6-3-30](3着内率30.2%)
●6着以下 [2-1-2-36](3着内率12.2%)
→前走好走馬が優勢。なお、前走の着順が6着以下、かつ前走の距離が2200m以下だった馬は2014年以降[0-0-0-33](3着内率0.0%)と上位に食い込めていません。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 32ビュー

《コロガシ&推奨馬》

★中山10R・北総S
推奨馬◎⑩ダノンファストで勝負!!
相手は○③キタノオクトパス、▲②エクリリストワール、△①ラストマン、△⑥ブライトンロック、△⑫カナシバリの5頭
馬単
⑩→③②各1500円
⑩→①⑥⑫各700円
③②→⑩各500円
これが的中したら全額を
 ↓↓
★阪神11R・チャレンジカップ(GⅢ)
馬単
⑦→①⑪各40%
①⑪→⑦各10%

※途中で外れたらまた5千円からスタートします。

12月4日(金) 12:54 エロボンさん
今週の注目馬。
閲覧 81ビュー

今週の注目馬。


5日(土曜日)

中山
2R レッドウッドヒル
7R グラドゥアーレ

阪神
10R サダムスキャット


6日(日曜日)

阪神
2R フェブキラナ
10R ラルナブリラーレ



(参考)

中京(土)
2R アレナマエストロ

阪神(土)
12R シンゼンマックス

中山(日)
4R コスモマイン

中京(日)
8R トレーンベアラー

阪神(日)
7R ジオフロント



(重賞)

ステイヤーズS
アルバート、リッジマン

チャレンジC
ブラヴァス、レイパパレ

チャンピオンズC
クリソベリル、ゴールドドリーム



(特別)

中京(日)
5R トゥールアンレール

阪神(日)
3R パタゴニア(POG馬、筆頭)



(補足)

レッドウッドヒル…初戦が勝ち馬とは位置取りの差だけのクビ差2着。前走は必勝体制もまさかの前残りを許す0.3秒差の3着。2戦共に上がり最速の脚は使っており、引き続きルメールでもう敗けられないでしょう。

ラルナブリラーレ…今回は昇級初戦ですが、これまで5着以下が一度も無い馬で、近6戦全てで上がり3位以内をマークしており、ここも好走が期待出来ます。
前走は3ヶ月半の休み明けながら、前半34.0のハイペースの4番手から上がり最速で抜け出して後続に4馬身差をつける完勝でした。
これまではいかにも相手なりな感じでしたが、いよいよ本格化したのではと感じさせます。

[もっと見る]

12月4日(金) 11:36 グラニースミスさん
正式名称 ~チャンピオンズカップGⅠ~
閲覧 176ビュー

外務省のHPに記載されている正式な国名を元にすると、
世界一長い国名は意外にもヨーロッパのイギリスです。
「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」
これがイギリスの正式国名の和訳です。

チャンピオンズカップ 競馬番組表では 
ジャパン・オータムインターナショナル 第21回チャンピオンズカップ
ジャパン・オータムインターナショナルは、JRAが実施している
エリ女からチャンピオンズカップまでの4戦の国際競走シリーズです。

今年のジャパン・オータムインターナショナルの結果は、
エリザベス女王杯 レーティング1位、1番人気、ラッキーライラック 1着
マイルCS レーティング1位、1番人気、グランアレグリア 1着
ジャパンカップ レーティング1位、1番人気、アーモンドアイ 1着

ここまで3戦は、レーティング1位、1番人気の牝馬が1着になっています。
しかも騎手は、すべてルメール、生産者はノーザンファーム 揃ってますねぇ(^^♪

【昨年のチャレンジカップHPの結果】
クリソベリル1着、インティ3着、オメガパフューム6着、チュウワウィザード4着
ゴールドドリーム2着、ウェスタールンド9着、ヴェンジェンス7着、タイムフライヤー8着

昨年 第21回 チャンピオンズカップ 3歳牡馬 クリソベリル 55kg 1着
今年 第22回 チャンピオンズカップ 3歳牡馬 カフェファラオ 56kg
定量戦で同じ3歳馬なのに、負担重量が違います。アローワンスの減量がありました。

【恒例のJRA HP出走馬情報】
クリソベリル → 昨年1着馬、レーティング119で1位、ノーザンF、国内戦は負けなし
チュウワウィザード → ノーザンF
クリンチャー → みやこS1着〇優取得、芝ダ重賞勝ち
ゴールドドリーム → 3歳秋以降、国内に限れば1桁馬番で4・3・1・0、ノーザンF
カフェファラオ → 3歳馬昨年よりも増量、JRAでは無敗、鞍上ルメール
エアアルマス → 今年代替東海S1着馬
サンライズノヴァ → 武蔵野S1着〇優取得
モズアスコット → 天皇誕生日のフェブラリーSGⅠ勝ち馬

クリソベリル は川田騎手、カフェファラオは、ルメール
レーティングは1位はクリソベリル、カフェファラオは8位 うーん
1番人気が続いているので、素直に行くべきなんでしょうか。
それとも、ルメールなんでしょうか?

殺虫剤の1番人気は、キンチョー
キンチョーの正式社名は、大日本除虫菊株式会社です。
意外でした

では

[もっと見る]

12月4日(金) 11:36 グラニースミスさん
正式名称 ~チャンピオンズカップGⅠ~
閲覧 112ビュー

外務省のHPに記載されている正式な国名を元にすると、
世界一長い国名は意外にもヨーロッパのイギリスです。
「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」
これがイギリスの正式国名の和訳です。

チャンピオンズカップ 競馬番組表では 
ジャパン・オータムインターナショナル 第21回チャンピオンズカップ
ジャパン・オータムインターナショナルは、JRAが実施している
エリ女からチャンピオンズカップまでの4戦の国際競走シリーズです。

今年のジャパン・オータムインターナショナルの結果は、
エリザベス女王杯 レーティング1位、1番人気、ラッキーライラック 1着
マイルCS レーティング1位、1番人気、グランアレグリア 1着
ジャパンカップ レーティング1位、1番人気、アーモンドアイ 1着

ここまで3戦は、レーティング1位、1番人気の牝馬が1着になっています。
しかも騎手は、すべてルメール、生産者はノーザンファーム 揃ってますねぇ(^^♪

【昨年のチャレンジカップHPの結果】
クリソベリル1着、インティ3着、オメガパフューム6着、チュウワウィザード4着
ゴールドドリーム2着、ウェスタールンド9着、ヴェンジェンス7着、タイムフライヤー8着

昨年 第21回 チャンピオンズカップ 3歳牡馬 クリソベリル 55kg 1着
今年 第22回 チャンピオンズカップ 3歳牡馬 カフェファラオ 56kg
定量戦で同じ3歳馬なのに、負担重量が違います。アローワンスの減量がありました。

【恒例のJRA HP出走馬情報】
クリソベリル → 昨年1着馬、レーティング119で1位、ノーザンF、国内戦は負けなし
チュウワウィザード → ノーザンF
クリンチャー → みやこS1着〇優取得、芝ダ重賞勝ち
ゴールドドリーム → 3歳秋以降、国内に限れば1桁馬番で4・3・1・0、ノーザンF
カフェファラオ → 3歳馬昨年よりも増量、JRAでは無敗、鞍上ルメール
エアアルマス → 今年代替東海S1着馬
サンライズノヴァ → 武蔵野S1着〇優取得
モズアスコット → 天皇誕生日のフェブラリーSGⅠ勝ち馬

クリソベリル は川田騎手、カフェファラオは、ルメール
レーティングは1位はクリソベリル、カフェファラオは8位 うーん
1番人気が続いているので、素直に行くべきなんでしょうか。
それとも、ルメールなんでしょうか?

殺虫剤の1番人気は、キンチョー
キンチョーの正式社名は、大日本除虫菊株式会社です。
意外でした

では

[もっと見る]

12月4日(金) 06:55 あらこんさん
★チャレンジカップ★
閲覧 120ビュー

★チャレンジカップは…
☆ブラヴァス☆レイババレ、ヒンドゥタイムズ、ロードクエスト、ジェネラーレウーノ☆サトノクロニクル、ナイママ
☆マークは…データから有力
・サトノクロニクル→3年前の同レース勝ち馬
・ジェネラーレウーノ→芝2000mでは【3-0-1-0】
・ナイママ→芝での好走は洋芝に限定
・ヒンドゥタイムズ→阪神芝2000m【2-1-0-0】
・ブラヴァス→阪神芝2000m【1-1-0-0】但馬Sではヒンドゥタイムズに先着
・レイパパレ
逃げの手に出た前走はほとんど手綱を動かすことなく勝利。秋華賞除外の無念を晴らすか
・ロードクエスト
2年以上馬券圏内から遠ざかる現状。
今週は川田Jですかね〜

[もっと見る]

12月4日(金) 06:16 しんすけ49さん
イルミネーションジャンプステークス&ステイヤーズステーク...
閲覧 117ビュー

おはよ~♪

やったね(^^♪

昨日届きました。

switchのダービースタリオン!

週末に競馬予想とともに楽しみましょうね。

まずは今夜はイルミネーションジャンプステークスとステイヤーズステークスとチャレンジカップだね。

ではではぁ~。

[もっと見る]

今週の競馬:番組表

開催日
  • 12月5日(
  • 12月6日(

 は会員登録(無料)でご覧頂けます。は月額1008円のVIPクラブ会員専用コンテンツです。


最新レース

⇒超凄馬、極凄馬とは?

  • 全開催競馬場
  • 5回中山1日目
  • 3回中京1日目
  • 6回阪神1日目
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m 16頭
9:50
13時間前
 
6
ファイアダンサー
8
ウィズインリーチ
15
ロングジャーニー
2.0
3.2
7.8
MY新聞
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 16頭
9:55
13時間前
 
13
ラブオブマイライフ
4
スクウェアセイル
3
バイオレットジンク
2.0
3.5
6.4
MY新聞
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m 16頭
10:05
13時間前
 
12
ヒヤ
10
マイネルグスタフ
2
シゲルソウサイ
2.3
4.4
7.5
MY新聞
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 16頭
10:15
13時間前
 
16
レッドウッドヒル
14
コトブキアルニラム
11
バンブトンローズ
1.4
5.3
10.1
MY新聞
中京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m 16頭
10:25
13時間前
 
4
ディニータ
13
アレナマエストロ
12
スズカキンシャサ
3.1
3.3
4.8
MY新聞
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 12頭
10:35
14時間前
 
9
グリュースゴット
2
アスカノミライ
1
エイシンディーデイ
1.6
5.6
6.5
超凄馬 MY新聞
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m 13頭
10:45
14時間前
 
6
タイセイコマンド
13
アポロミラクル
1
フェアビアンカ
2.5
3.4
4.8
MY新聞
中京
3R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1900m 10頭
10:55
14時間前
 
9
テンピン
3
タニノシェクハンド
6
バイシュラバナ
3.3
3.8
5.2
MY新聞
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m 16頭
11:05
14時間前
 
2
サトノアイ
10
キャロライナリーパ
3
トーホウディアス
1.6
6.2
8.6
MY新聞
中山
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 16頭
11:15
14時間前
 
4
ピースマッチング
12
ローズボウル
9
ナックイルシーブ
1.4
8.1
9.3
極凄馬 MY新聞
中京
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m 16頭
11:25
14時間前
 
3
キネシクス
8
ヴィアルークス
4
ゲンパチミーティア
2.5
3.0
4.7
MY新聞
阪神
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m 11頭
11:35
15時間前
 
9
レッドジェネシス
1
ヘネラリーフェ
11
スズカトップバゴ
1.5
5.5
5.8
超凄馬 MY新聞
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1200m 16頭
12:05
15時間前
 
6
レイハリア
4
ムーンティアーズ
14
ゲットバック
3.2
3.2
7.3
MY新聞
中京
5R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m 16頭
12:15
15時間前
 
15
ロゼキルシュ
4
メイショウカササギ
5
ゴーゴーレイワ
3.3
4.6
6.5
MY新聞
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m 13頭
12:25
15時間前
 
1
ルグランタンゴ
2
スマートブリーズ
5
エイシンピクセル
1.8
4.7
8.0
MY新聞
中山
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1200m 14頭
12:35
16時間前
 
4
リュヌダムール
1
ルージュジェイム
2
ノーブルハーバー
2.1
4.0
6.6
MY新聞
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1400m 18頭
12:45
16時間前
 
1
クリアサウンド
13
ホーリーライン
4
リヴェール
2.2
5.4
6.8
MY新聞
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m 10頭
12:55
16時間前
 
6
リヴェット
5
ユアヒストリー
7
ヴェラート
2.7
5.0
5.6
MY新聞
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m 16頭
13:05
16時間前
 
11
ベイビーボス
8
グラドゥアーレ
15
ラフィンクロンヌ
2.1
4.2
5.9
MY新聞
中京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 13頭
13:15
16時間前
 
8
カフェスペランツァ
2
ダイワミラクル
1
チェリートリトン
2.8
3.7
5.7
MY新聞
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m 15頭
13:25
16時間前
 
4
エスケーアタランタ
14
コールザチューン
3
キュウドウクン
4.1
6.2
6.6
MY新聞
中山
8R
イルミネーションJS
障害3歳以上オープン 障3570m 11頭
13:40
17時間前
 
4
マイブルーヘブン
7
ブラックワンダー
1
エンシュラウド
1.4
10.3
14.1
極凄馬 MY新聞
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m 16頭
13:50
17時間前
 
10
ロードエクスプレス
2
アイムポッシブル
5
イプシランテ
3.3
3.8
5.8
MY新聞
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝2000m 8頭
14:00
17時間前
 
4
アルテラローザ
8
エイシンルカーノ
7
レーガノミクス
2.0
3.9
8.0
MY新聞
中山
9R
葉牡丹賞
2歳1勝クラス 芝2000m 12頭
14:15
17時間前
 
7
カランドゥーラ
4
ヴィゴーレ
1
ルドヴィクス
3.4
4.7
5.1
MY新聞
中京
9R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m 16頭
14:25
17時間前
 
5
ロードシャムロック
10
エターナルハート
7
ヒメノカリス
2.7
4.6
5.3
MY新聞
阪神
9R
鳥取特別
3歳以上2勝クラス ダ2000m 12頭
14:35
18時間前
 
11
ウインダークローズ
7
ヴィアメント
4
アジャストザルート
1.8
3.0
9.9
MY新聞
中山
10R
北総ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1800m 16頭
14:50
18時間前
 
10
ダノンファスト
6
ブライトンロック
3
キタノオクトパス
2.9
3.3
5.0
MY新聞
中京
10R
浜名湖特別
3歳以上2勝クラス ダ1800m 16頭
15:00
18時間前
 
8
アドマイヤビーナス
1
ソングオブザハート
10
ピクシーメイデン
2.6
4.4
5.6
MY新聞
阪神
10R
御影ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1400m 16頭
15:10
18時間前
 
2
サダムスキャット
14
グレートウォリアー
12
ファシネートゼット
2.1
4.0
11.4
MY新聞
中山
11R
ステイヤーズS G2
3歳以上オープン 芝3600m 15頭
15:25
18時間前
 
2
シルヴァンシャー
4
ボスジラ
3
ポンデザール
3.4
3.8
4.2
MY新聞
中京
11R
浜松ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1200m 18頭
15:35
19時間前
 
2
クーファウェヌス
6
アンブロジオ
15
メイショウミモザ
3.9
4.9
6.1
MY新聞
阪神
11R
チャレンジカップ G3
3歳以上オープン 芝2000m 11頭
15:45
19時間前
 
7
レイパパレ
11
ブラヴァス
1
ヒンドゥタイムズ
1.4
3.2
12.5
MY新聞
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m 11頭
16:00
19時間前
 
2
グレイトオーサー
9
フジマサリアル
1
アルトリウス
2.9
3.4
6.4
MY新聞
中京
12R
栄特別
3歳以上1勝クラス 芝2000m 18頭
16:10
19時間前
 
14
ダンディズム
11
ペプチドヒミコ
7
イルーシヴゴールド
2.1
6.8
7.2
MY新聞
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m 16頭
16:20
19時間前
 
8
ジョーフォレスト
6
シンゼンマックス
15
ジオラマ
2.7
3.3
5.3
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m 16頭
9:50
13時間前
 
6
ファイアダンサー
8
ウィズインリーチ
15
ロングジャーニー
2.0
3.2
7.8
MY新聞
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 16頭
10:15
13時間前
 
16
レッドウッドヒル
14
コトブキアルニラム
11
バンブトンローズ
1.4
5.3
10.1
MY新聞
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m 13頭
10:45
14時間前
 
6
タイセイコマンド
13
アポロミラクル
1
フェアビアンカ
2.5
3.4
4.8
MY新聞
中山
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 16頭
11:15
14時間前
 
4
ピースマッチング
12
ローズボウル
9
ナックイルシーブ
1.4
8.1
9.3
極凄馬 MY新聞
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1200m 16頭
12:05
15時間前
 
6
レイハリア
4
ムーンティアーズ
14
ゲットバック
3.2
3.2
7.3
MY新聞
中山
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1200m 14頭
12:35
16時間前
 
4
リュヌダムール
1
ルージュジェイム
2
ノーブルハーバー
2.1
4.0
6.6
MY新聞
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m 16頭
13:05
16時間前
 
11
ベイビーボス
8
グラドゥアーレ
15
ラフィンクロンヌ
2.1
4.2
5.9
MY新聞
中山
8R
イルミネーションJS
障害3歳以上オープン 障3570m 11頭
13:40
17時間前
 
4
マイブルーヘブン
7
ブラックワンダー
1
エンシュラウド
1.4
10.3
14.1
極凄馬 MY新聞
中山
9R
葉牡丹賞
2歳1勝クラス 芝2000m 12頭
14:15
17時間前
 
7
カランドゥーラ
4
ヴィゴーレ
1
ルドヴィクス
3.4
4.7
5.1
MY新聞
中山
10R
北総ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1800m 16頭
14:50
18時間前
 
10
ダノンファスト
6
ブライトンロック
3
キタノオクトパス
2.9
3.3
5.0
MY新聞
中山
11R
ステイヤーズS G2
3歳以上オープン 芝3600m 15頭
15:25
18時間前
 
2
シルヴァンシャー
4
ボスジラ
3
ポンデザール
3.4
3.8
4.2
MY新聞
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m 11頭
16:00
19時間前
 
2
グレイトオーサー
9
フジマサリアル
1
アルトリウス
2.9
3.4
6.4
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 16頭
9:55
13時間前
 
13
ラブオブマイライフ
4
スクウェアセイル
3
バイオレットジンク
2.0
3.5
6.4
MY新聞
中京
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m 16頭
10:25
13時間前
 
4
ディニータ
13
アレナマエストロ
12
スズカキンシャサ
3.1
3.3
4.8
MY新聞
中京
3R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1900m 10頭
10:55
14時間前
 
9
テンピン
3
タニノシェクハンド
6
バイシュラバナ
3.3
3.8
5.2
MY新聞
中京
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m 16頭
11:25
14時間前
 
3
キネシクス
8
ヴィアルークス
4
ゲンパチミーティア
2.5
3.0
4.7
MY新聞
中京
5R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m 16頭
12:15
15時間前
 
15
ロゼキルシュ
4
メイショウカササギ
5
ゴーゴーレイワ
3.3
4.6
6.5
MY新聞
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1400m 18頭
12:45
16時間前
 
1
クリアサウンド
13
ホーリーライン
4
リヴェール
2.2
5.4
6.8
MY新聞
中京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 13頭
13:15
16時間前
 
8
カフェスペランツァ
2
ダイワミラクル
1
チェリートリトン
2.8
3.7
5.7
MY新聞
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m 16頭
13:50
17時間前
 
10
ロードエクスプレス
2
アイムポッシブル
5
イプシランテ
3.3
3.8
5.8
MY新聞
中京
9R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m 16頭
14:25
17時間前
 
5
ロードシャムロック
10
エターナルハート
7
ヒメノカリス
2.7
4.6
5.3
MY新聞
中京
10R
浜名湖特別
3歳以上2勝クラス ダ1800m 16頭
15:00
18時間前
 
8
アドマイヤビーナス
1
ソングオブザハート
10
ピクシーメイデン
2.6
4.4
5.6
MY新聞
中京
11R
浜松ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1200m 18頭
15:35
19時間前
 
2
クーファウェヌス
6
アンブロジオ
15
メイショウミモザ
3.9
4.9
6.1
MY新聞
中京
12R
栄特別
3歳以上1勝クラス 芝2000m 18頭
16:10
19時間前
 
14
ダンディズム
11
ペプチドヒミコ
7
イルーシヴゴールド
2.1
6.8
7.2
MY新聞
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1400m 16頭
10:05
13時間前
 
12
ヒヤ
10
マイネルグスタフ
2
シゲルソウサイ
2.3
4.4
7.5
MY新聞
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 12頭
10:35
14時間前
 
9
グリュースゴット
2
アスカノミライ
1
エイシンディーデイ
1.6
5.6
6.5
超凄馬 MY新聞
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m 16頭
11:05
14時間前
 
2
サトノアイ
10
キャロライナリーパ
3
トーホウディアス
1.6
6.2
8.6
MY新聞
阪神
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m 11頭
11:35
15時間前
 
9
レッドジェネシス
1
ヘネラリーフェ
11
スズカトップバゴ
1.5
5.5
5.8
超凄馬 MY新聞
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m 13頭
12:25
15時間前
 
1
ルグランタンゴ
2
スマートブリーズ
5
エイシンピクセル
1.8
4.7
8.0
MY新聞
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m 10頭
12:55
16時間前
 
6
リヴェット
5
ユアヒストリー
7
ヴェラート
2.7
5.0
5.6
MY新聞
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m 15頭
13:25
16時間前
 
4
エスケーアタランタ
14
コールザチューン
3
キュウドウクン
4.1
6.2
6.6
MY新聞
阪神
8R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝2000m 8頭
14:00
17時間前
 
4
アルテラローザ
8
エイシンルカーノ
7
レーガノミクス
2.0
3.9
8.0
MY新聞
阪神
9R
鳥取特別
3歳以上2勝クラス ダ2000m 12頭
14:35
18時間前
 
11
ウインダークローズ
7
ヴィアメント
4
アジャストザルート
1.8
3.0
9.9
MY新聞
阪神
10R
御影ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1400m 16頭
15:10
18時間前
 
2
サダムスキャット
14
グレートウォリアー
12
ファシネートゼット
2.1
4.0
11.4
MY新聞
阪神
11R
チャレンジカップ G3
3歳以上オープン 芝2000m 11頭
15:45
19時間前
 
7
レイパパレ
11
ブラヴァス
1
ヒンドゥタイムズ
1.4
3.2
12.5
MY新聞
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m 16頭
16:20
19時間前
 
8
ジョーフォレスト
6
シンゼンマックス
15
ジオラマ
2.7
3.3
5.3
MY新聞

 は会員登録(無料)でご覧頂けます。は月額1008円のVIPクラブ会員専用コンテンツです。


最新レース

⇒超凄馬、極凄馬とは?

  • 全開催競馬場
  • 5回中山2日目
  • 3回中京2日目
  • 6回阪神2日目
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m 16頭
9:50
1日前
 
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 13頭
9:55
1日前
 
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m 16頭
10:05
1日前
 
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 16頭
10:15
1日前
 
中京
2R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m 16頭
10:25
1日前
 
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 12頭
10:35
1日前
 
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m 16頭
10:45
1日前
 
中京
3R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 10頭
10:55
1日前
 
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m 17頭
11:05
1日前
 
中山
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m 16頭
11:15
1日前
 
中京
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m 18頭
11:25
1日前
 
阪神
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障2970m 7頭
11:35
1日前
 
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m 16頭
12:05
1日前
 
中京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m 14頭
12:15
1日前
 
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m 9頭
12:25
1日前
 
中山
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m 12頭
12:35
1日前
 
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 10頭
12:45
1日前
 
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1400m 10頭
12:55
1日前
 
中山
7R
2歳1勝クラス
2歳1勝クラス ダ1200m 15頭
13:05
1日前
 
中京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2200m 18頭
13:15
1日前
 
阪神
7R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m 11頭
13:25
1日前
 
中山
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 16頭
13:35
1日前
 
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m 16頭
13:45
1日前
 
阪神
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 9頭
13:55
1日前
 
中山
9R
舞浜特別
3歳以上2勝クラス ダ1800m 16頭
14:05
1日前
 
中京
9R
こうやまき賞
2歳1勝クラス 芝1600m 8頭
14:15
1日前
 
阪神
9R
さざんか賞
2歳1勝クラス 芝1200m 10頭
14:30
1日前
 
中山
10R
市川ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1600m 12頭
14:40
1日前
 
中京
10R
中京日経賞
3歳以上2勝クラス 芝1200m 18頭
14:50
1日前
 
阪神
10R
逆瀬川ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1800m 11頭
15:05
1日前
 
中山
11R
ラピスラズリS L
3歳以上オープン 芝1200m 16頭
15:20
1日前
 
中京
11R
チャンピオンズカップ G1
3歳以上オープン ダ1800m 16頭
15:30
1日前
 
15
クリソベリル
2
ゴールドドリーム
7
カフェファラオ
1.4
8.5
9.4
MY新聞
阪神
11R
りんくうステークス
3歳以上オープン ダ1200m 16頭
15:45
1日前
 
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝2500m 12頭
16:00
1日前
 
中京
12R
鳴海特別
3歳以上2勝クラス ダ1400m 16頭
16:15
1日前
 
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1400m 11頭
16:20
1日前
 
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m 16頭
9:50
1日前
 
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 16頭
10:15
1日前
 
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m 16頭
10:45
1日前
 
中山
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m 16頭
11:15
1日前
 
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m 16頭
12:05
1日前
 
中山
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m 12頭
12:35
1日前
 
中山
7R
2歳1勝クラス
2歳1勝クラス ダ1200m 15頭
13:05
1日前
 
中山
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 16頭
13:35
1日前
 
中山
9R
舞浜特別
3歳以上2勝クラス ダ1800m 16頭
14:05
1日前
 
中山
10R
市川ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1600m 12頭
14:40
1日前
 
中山
11R
ラピスラズリS L
3歳以上オープン 芝1200m 16頭
15:20
1日前
 
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝2500m 12頭
16:00
1日前
 
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
中京
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 13頭
9:55
1日前
 
中京
2R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m 16頭
10:25
1日前
 
中京
3R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 10頭
10:55
1日前
 
中京
4R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m 18頭
11:25
1日前
 
中京
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1400m 14頭
12:15
1日前
 
中京
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 10頭
12:45
1日前
 
中京
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2200m 18頭
13:15
1日前
 
中京
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m 16頭
13:45
1日前
 
中京
9R
こうやまき賞
2歳1勝クラス 芝1600m 8頭
14:15
1日前
 
中京
10R
中京日経賞
3歳以上2勝クラス 芝1200m 18頭
14:50
1日前
 
中京
11R
チャンピオンズカップ G1
3歳以上オープン ダ1800m 16頭
15:30
1日前
 
15
クリソベリル
2
ゴールドドリーム
7
カフェファラオ
1.4
8.5
9.4
MY新聞
中京
12R
鳴海特別
3歳以上2勝クラス ダ1400m 16頭
16:15
1日前
 
開催場・レース名 発走時間 予想オッズ 凄馬 ネット競馬新聞
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m 16頭
10:05
1日前
 
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m 12頭
10:35
1日前
 
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m 17頭
11:05
1日前
 
阪神
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障2970m 7頭
11:35
1日前
 
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m 9頭
12:25
1日前
 
阪神
6R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1400m 10頭
12:55
1日前
 
阪神
7R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝2000m 11頭
13:25
1日前
 
阪神
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m 9頭
13:55
1日前
 
阪神
9R
さざんか賞
2歳1勝クラス 芝1200m 10頭
14:30
1日前
 
阪神
10R
逆瀬川ステークス
3歳以上3勝クラス 芝1800m 11頭
15:05
1日前
 
阪神
11R
りんくうステークス
3歳以上オープン ダ1200m 16頭
15:45
1日前
 
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1400m 11頭
16:20
1日前
 

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2020年11月29日、集計数:39,854レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

最新の天気・馬場

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 アーモンドアイ 牝5
151,956万円
2 オジュウチョウサン 牡9
78,186万円
3 グランアレグリア 牝4
72,022万円
4 ラッキーライラック 牝5
69,247万円
5 キセキ 牡6
66,256万円
6 フィエールマン 牡5
63,378万円
7 ブラストワンピース 牡5
57,236万円
8 クロノジェネシス 牝4
57,002万円
9 マカヒキ 牡7
56,210万円
10 サートゥルナーリア 牡4
52,359万円
» もっと見る

3歳
1 コントレイル 牡3
79,611万円
2 デアリングタクト 牝3
47,318万円
3 サリオス 牡3
33,089万円
4 レシステンシア 牝3
20,813万円
5 ラウダシオン 牡3
19,965万円
6 オーソリティ 牡3
15,779万円
7 ヴェルトライゼンデ 牡3
15,081万円
8 タイセイビジョン 牡3
14,621万円
9 ウインマリリン 牝3
13,921万円
10 サトノフラッグ 牡3
13,424万円
» もっと見る