今週の競馬:注目レース

  • スプリンター G1
    9/29(
  • シリウスS G3
    9/28(
  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 スプリンターズS(29日、中山、GI、芝1200メートル)に登録のある桜花賞グランアレグリア(美浦・藤沢和雄厩舎、牝3歳)は、同レースを回避することが決まった。21日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブがホームページで発表した。

 18日に坂路で調教した後に左前脚の歩様が悪くなり、19日に予定していた追い切りを取りやめ。その後は経過を観察していたが、21日の朝も左前脚を気にするそぶりを見せていたことから、回避が決まった。今後は福島・ノーザンファーム天栄に放牧に出され、回復を図る。



グランアレグリアの競走成績はこちら

【スプリンター】イベリスがシャープな伸び披露9月20日(金) 12:36

 産経賞セントウルS3着イベリス(栗・角田、牝3)は20日、スプリンターズSに向けて1週前追い切りを行った。坂路で一杯に追われ4ハロン52秒6-11秒8とシャープな伸び。僚馬ブルーファンク(1勝クラス)と併入した。角田調教師は「1度使って体も維持しているし、順調に来ています」と話した。鞍上は引き続き浜中騎手。

スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【スプリンター】ダノンスマッシュ、力強く登坂 9月20日(金) 05:04

 《栗東》キーンランドCを制したダノンスマッシュ(安田隆、牡4)は坂路で単走。ゴール前で仕掛けられると、ラスト1ハロン12秒0(4ハロン52秒5)で力強く登坂した。安田隆調教師は、「動きはいいし、変わりなく順調です。前走は外を回って勝ちに行く競馬で、横綱相撲でしたね」とGI制覇へ期待を込めた。

 北九州記念2着ディアンドル奥村豊、牝3)は坂路で単走。4ハロン55秒3-11秒8としまいを伸ばした。奥村豊調教師は「ダメージをしっかりとって、きっちりやってきています。きょうは動ける状態にあるか確かめる程度でしたが、しっかり反応できていた」と納得の表情を浮かべた。

 ファンタジスト(梅田、牡3)は産経賞セントウルS2着からの参戦。単走ながら、ラスト1ハロン11秒9(4ハロン50秒1)とシャープな伸び脚で登坂した。梅田調教師は「1週前としては文句なし。調子はいいし、前走よりいい状態でいけると思う」と力を込めた。

 北九州記念4着モズスーパーフレア(音無、牝4)は、坂路で一杯に追われて4ハロン49秒7-12秒8の好時計。インディチャンプ(OP)に3馬身先着した。「50秒くらいかなと思ったけど切ってきたね。目いっぱいやって動きはよかった。体がまだ重いので、来週やって中山への輸送でどうなるかだね」と音無調教師は話した。

 《美浦》キーンランドC6着のセイウンコウセイ(上原、牡6)はWコースで5ハロン69秒2-11秒8(直一杯追う)とシャープな動きを披露した。「前走や昨年と比べても状態はいい。もまれてもやめなくなってきたので、実績のない中山でも頑張ってほしい」と上原調教師。

スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

グランアレグリア、挫跖でスプリンターズS出走微妙に 9月20日(金) 05:03

 スプリンターズSに登録している桜花賞グランアレグリア(美・藤沢和、牝3)は19日、左前肢に挫跖のような症状が見られたため、予定していた追い切りを見合わせて運動のみにとどめた。藤沢和調教師は「週末に調教して出否を決めるが、出走できるように努めたい。もし出走できないようなら、ルメールはタワーオブロンドンに乗ってもらうことになる」と説明した。

グランアレグリアの競走成績はこちら

[もっと見る]

ステルヴィオが右眼の炎症でスプリンターズS回避 9月19日(木) 12:24

 昨年のマイルCS勝ち馬で安田記念8着のステルヴィオ(美浦・木村哲也厩舎、牡4歳)が、登録のあるスプリンターズS(29日、中山、GI、芝1200メートル)を回避することになった。

 16日の追い切り後に右眼に炎症を負い、経過を観察していたものの19日の馬場入りを控える状況となったことから関係者が協議。回避を決定した。今後は馬の状態を見て決められる。



 木村哲也調教師「月曜に坂路で調教した後の午後から、右目がショボショボした感じになった。全休日も症状の改善がみられなかったので、水曜と木曜の調教は取りやめたが、残念ながら症状は悪化している。当初はウッドチップが当たったとか、馬房でこすりつけたとか考えたが、追い切りを重ねてきて免疫力が落ちてウイルスなどに感染したことも考えられるので、現在は理化学研究所に調べてもらっている。GIに向かってしっかりと調教ができる状態ではないので、オーナーサイドと相談して出走を見送ることになりました」



ステルヴィオの競走成績はこちら

[もっと見る]

【スプリンター】リナーテ動きシャープ! 9月19日(木) 05:03

 《栗東》キーンランドC3着リナーテ(須貝、牝5)は、坂路で単走。4ハロン52秒4-12秒5と、馬なりでシャープな伸び脚を披露した。須貝調教師は「先週にあれだけの時計(12日に坂路4ハロン49秒0-12秒5)を出しているし、今週は調整程度で。体もしっかりしてきて、ずっと安定したレースができている」と好ムードを伝えた。GI2勝馬サトノダイヤモンドの半妹が、GI初制覇へ着々と態勢を整えている。



スプリンターズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 293ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 スプリンターズステークス 2019年09月29日(日) 中山芝1200m外


<ピックアップデータ>

【“同年、かつ東京・京都・阪神、かつオープンクラスのレース”における連対経験の有無別成績(2015年以降)】
○あり [4-4-3-15](複勝率42.3%)
×なし [0-0-1-36](複勝率2.7%)

 中央場所の重賞・オープン特別を主戦場としてきた馬が中心。セントウルステークスを除くサマースプリントシリーズ対象レースや、高松宮記念における実績を過大評価しないよう心掛けるべきだと思います。また、今回と同じ中山の重賞・オープン特別で好走してきた馬もいまひとつ。オーシャンステークスなどを見てもわかる通り、東京・京都・阪神のレースと比べ低調なメンバー構成になりがちですから、こちらも過信禁物です。

主な「○」該当馬→イベリスダノンスマッシュディアンドル
主な「×」該当馬→セイウンコウセイミスターメロディモズスーパーフレア


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「前走の着順が5着以内」だった馬は2015年以降[4-2-4-29](複勝率25.6%)
主な該当馬→イベリスダノンスマッシュ

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 82ビュー

残念ながら我が爆益舎は本日、逆パーフェクトをやらかしました!
( • ̀ω•́ )
まぁ 逆パーフェクトとも言いますし、全損とも言いますし、丸ボウズとも言いますが・・
とにかく全24Rに参加して的中ゼロ!

コロシアムでは▼17万の損。
自腹のリアル馬券では▼17.000円の負けでした。

でも・・基本、馬連7点で万馬券狙いマクる的中率激低の手法ですので丸ボウズはたまにあります。
今日なんて2場開催の24Rだったからマシな方。
この夏、3場開催の時に36R丸ボウズを2度ほど食らいました (;'∀')アセアセ・・


さて、今日の反省は大荒れとなった中山10R内房S

これ・・嘘じゃなく軸馬をロジベルレスト or デザートスネークで迷いに迷ったんですよね。
結局迷った末にロジの方を軸馬に選んでしまいました。

ロジからは最低人気の⑧グラスブルースも相手に買ってたので、
もし軸馬にデザートスネークを選んでいれば馬連450倍的中だったわけです・・

デザートスネーク・・全然買えるじゃないですか。
前々走は1番人気を裏切りましたが敗因は落鉄。
前走は不向きの中京コースで凡走して人気落ち!
今日は過去3戦2勝と得意な中山コースでしたからね。

あと、このレースで不可解なのが人気を集めたカレンカカ!
4コーナー回ってから鞍上のデムーロ騎手が全く追わない。
直線半ばでは手綱を抑えていました。
実況の小林アナはG前で「カレンカカ、カレンカカ」と連呼してますがこれは間違い。
3着に突っ込んできたのは同枠のブライトンロックっすよ!

それにしてもデムーロジョッキーがカレンカカを全く追わなかったのはなぜでしょう? 
別に故障したとも思えないんですが・・


とにもかくにも、今週は全く冴えない成績に終わりました。
しかし来週は秋のGI第一弾 スプリンターズSです!

気を取り直して、来週から頑張ります。

では皆さま、土日の競馬お疲れ様でした (*⌒o⌒)♪
良い祝日をお過ごしください~

9月22日() 18:59 マキトさん
スプリンターズステークス出走予定馬
閲覧 70ビュー

難しいҨ(´-ω-`)

[もっと見る]

9月22日() 18:15 akiさん
9/29 スプリンターズステークス予想
閲覧 94ビュー

最近どん底絶不調の中での予想です。
グランアレグリアと、狙っていたステルビオが回避になりました。

その結果、ルメールがタワーオブロンドンに乗る様で、浜中はイベリスになるようです。

△ダノンスマッシュ 安定はしているが、坂コースではいまいち。
△タワーオブロンドン 使い詰めの疲れ不安。
-ミスターメロディ 高松宮はすべてが上手くいった。他の実績からしてフロックに思う。
◎ディアンドル 坂コースの方が良さそうだが強い馬と戦っていない。早いタイムの決着だと不安。
〇ファンタジスト 短距離仕様に戻す過程の2着は価値あり。前走以上が見込める。
-モズスーパーフレア ルメールなら◎、たまに中山で松若では無印。
-リナーテ コース適正なし。
-セイウンコウセイ コース適正なし。
▲イベリス 軽量で前残り期待。

ウマニティの大会単位でプラスにしたい。
実馬券は、ウマニティ予想とほぼ同金額で、買うレースは減らしています。
来週は4千円しか買えません。

今のところは、
◎〇から他の3頭へ決め打ち3点で行く予定です。

[もっと見る]

9月11日(水) 08:53 ユウキ先生さん
☆ローズSパート2(母の悲願を♪)☆
閲覧 317ビュー

今週行われるローズSで期待しているのは『アルティマリガーレ』!!

アルティマ!と言えば思い出されるのがアルティマトゥーレ(*^-^*)

現役時代セントウルSとシルクロードSの重賞を2勝した馬☆

牝馬ながら牡馬に交じっての勝利は価値がありました!

しかしながらG1ではスプリンターズSと高松宮記念で共に5着・・・。

その仔がこの秋母の悲願だったG1制覇へ挑みます(^^♪

まずはトライアルであるこのレースで何が何でも出走権を取りたいところ(^^♪

注目します~~

[もっと見る]

9月10日(火) 23:46 ちびざるさん
【雑感】競走馬の能力について・・・・。
閲覧 220ビュー

先週の日曜のメインからセントウルステークスを回顧。
勝ったのは、タワーオブロンドンでした。
五分のスタートで、スムーズに中団のポジションにつけました。
千二の流れにも慣れてきたこともあり、楽な手ごたえで直線へ。
直線を向いて仕掛けられると素晴らしい伸び脚でゴール板を駆け抜けました。
まさに1頭だけ次元が違った感じでした。
スプリント能力の高さを見せつけた1戦でした。
中1週のローテーションは気になりましたが、テンションも高くなく、力を発揮できたと思います。
夏のスプリント戦を3戦したので、この後。中2週でスプリンターズステークスは
流石に厳しいとは思いますね。
となるとマイルチャンピオンシップか香港スプリントが有力だと思いますが、果たしてどうでしょう。
もちろん、スプリンターズステークスに出走すれば、有力の1頭だとは思います。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、競走馬の能力について
先週の日曜日の中山第3Rの新馬戦にマイPOG馬であるベルウッドヨウサン号が出走しました。
4番人気の評価でしたが、結果は競走中止でした。映像を確認したのですが、「ジョッキー下馬」のアナウンスは聞こえませんでした。
どうも、途中で走るのを止めてしまったようです。他の板では「熱中症だった」とかありますが・・・・。
さて競走馬の能力の中に闘争心という要素もあると思います。他の馬に競りかけられたら抜かせまいというのもそうでしょうし
走りたい気持ちもこれに含まれると思います。先日のベルウッドヨウサン号にはそれが欠けていたように感じました。
スタートも遅れ気味でジョッキーがムチを入れてもそれに応える感じがありませんでした。最後は走ること自体を止めてしまった
とのことなので事態は深刻だと思います。熱中症が原因で走れなくなったのなら良いのですが・・・。
これなら外傷での競走中止のがまだ良かったって感じです。外傷なら怪我が治れば、また走れるのですが
こと内面の問題(走る気が起こらない)なら競走馬としては致命傷のような気がします。
次があるかどうかは分かりませんが、まずは、調教で遅れずにしっかり走れるように闘争心を兼ね備えたうえで
レースに出走してほしいですね。


最後に、朝日杯セントライト記念について。現時点での私の注目馬は、ニシノデイジーですね。
2歳時には、札幌2歳ステークスと東京スポーツ杯2歳ステークスを制し、GⅠホープフルステークスでは
3着と好走しました。しかし、3歳になり気性的にうるさい面が顔を出し始め、凡走が続いているのが現状。
休み明けで、中山コースの2200Mと好走条件はそろってはいると思います。
気性的には使い詰めていくよりは、初戦のが力は出せそうな感じがします。
メンバー的にもここで勝ち負けできないと次走以降はかなり厳しくなると思います。
あとは鞍上が誰になるか。オーナーもダービーまでは「勝浦騎手で行く」と言っていたので
ダービーの結果からすると別の騎手なのかもしれませんが、ただ、サートゥルナーリアと接戦だったので
継続騎乗の可能性もありますね。この辺りも注目したいですね。

[もっと見る]

9月10日(火) 00:21 かんをつくすさん
セントウルステークス勝ち馬
閲覧 72ビュー

スプリンターズステークスには繋がらない

だが・・・

レコード勝ちなら話は別なのかもしれない

[もっと見る]

  • 特別登録
  • 重賞攻略
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

⇒もっと読む

閲覧 233ビュー

 日本テレビ盃は、JBCクラシックの前哨戦。実績馬にとっては、この先のJBCクラシック→チャンピオンズC→東京大賞典へと続く始動戦になります。つまり、実績馬にとって、このレースの位置付けは叩き台。基本的には夏場に順調にレースを使われている上り馬が活躍しています。

 しかし、上がり馬が出走してくることがそれほど多くないのも事実。特に、ブリーダーズゴールドCが牝馬限定戦へと様変わりした近年はその傾向がより強く、夏の上がり馬はこの後に行われるシリウスSや翌週の白山大賞典へと駒を進めることが多くなりました。休養明けの実績馬同士の対戦図式になることがとても多くなったのです。

 ただし、同年のマーキュリーCの優勝馬がここに出走してくれば有力。過去10年では、2009年のマコトスパルビエロが1着、2013年のソリタリーキングが2着、遡れば2005年のこのレースの優勝馬サカラ―トもマーキュリーCの勝ち馬でした。

 さらに同年7月以降の中央のオープン勝ち馬も有力。該当馬は2015年のサウンドトゥルーのみですが、同馬はこのレースで同年の帝王賞帝王賞馬クリソライトに3馬身、フェブラリーSの優勝馬コパノリッキーに10馬身差をつけて圧勝しました。前走で中央のオープンで勝利した馬も、この舞台では信頼できることになります。

 また、休養明けの実績馬同士の対戦図式の場合は、より直近の6月末に行われる帝王賞の上位馬が優勢となります。帝王賞は上半期のダートの総決算で、日本テレビ盃よりも格上のレースですから、その傾向はより顕著。同年の帝王賞で3着以内だった馬の過去10年の成績は【4・1・4・0】で3連複の軸馬としては信頼できます。

 1着の該当馬は、2010-2011年のフリオーソ、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2018年のケイティブレイブ。2着の該当馬は、2015年のクリソライト。3着馬の該当馬は、2009年のボンネビルレコード、2016年、2018年のサウンドトゥルー、2017年のケイティブレイブです。遡れば2008年も帝王賞でワン、ツーを決めたフリオーソとボンネビルレコードが着順が入れ替わる形で、ともに連対しています。

 しかし、帝王賞で3コーナー先頭だった馬に限れば、さらに信頼できます。その成績は過去10年で【2・1・0・0】で、2011年のスマートファルコン、2013年のワンダーアキュート、2015年のクリソライトがそのパターンで連対。2008年のフリオーソもそうです。これは単に逃げて上位入線するような馬は強いというのもありますが、帝王賞と比べると日本テレビ盃のほうが、前哨戦らしく前有利の流れになりやすいというのもあるでしょう。

 さらに滅多に出走してきませんが、前走で中央のグレードレースで連対していた馬の活躍も目立ちます。2012年の勝ち馬ソリタリーキング、2010年の2着馬トランセンドは、5月に行われていた東海Sの連対馬。現在は、東海S平安Sとの施行時期が入れ替わり、平安Sが5月。それらが出走してくれば、信頼してもいいでしょう。

 まとめると、優先すべきは、同年の夏のマーキュリーCや中央のオープンを勝利した馬。それらが出走していない場合は、帝王賞3着以内の馬、特に逃げて3着以内の馬が有力で、その次が平安Sの連対馬ということになります。

 また、日本テレビ盃は、一昨年こそ4番人気のアポロケンタッキーが優勝したものの、2005年以降は1~3番人気馬が連対。4番人気馬が優勝した一昨年も配当が低く、過去11年とも馬複配当3桁台で決着しています。データからは穴馬が推せないレースですが、強いてあげるなら、帝王賞で3番人気以内に支持されながらも人気を裏切った馬の巻き返しでしょう。

 2010年のスマートファルコン、2017年のアポロケンタッキーサウンドトゥルー帝王賞で3番人気以内に支持されながらも4着以下に敗れて、このレースで連対を果たしています。このタイプは人気以上の走りが見せられるので、警戒したほうがいでしょう。

 他では、2012年のマグニフィカ、2014年のグラッツィアのように、こでまで逃げてグレードレースを優勝したことがある馬も4番人気で3着と善戦しています。マグニフィカハジャパンダートダービーを逃げ切り勝ちした馬、グラッツィア武蔵野Sを逃げ切り勝ちした馬です。とにかく逃げ馬が好走しやすいレースなので、今回も逃げられる可能性が高いならば、ヒモ穴として馬券に加えることをオススメします!


 まとめるとこうなります!
 
 ●本命候補
 ・同年のマーキュリーC優勝馬。
 ・中央の同年7月以降のオープン特別の勝ち馬。
 ・前走の帝王賞で3着以内だった馬。
  (特に、3コーナー先頭で3着以内だった馬は有力)
 ・前走の平安Sで連対していた馬。
 
 ●穴馬候補
 ・同年の帝王賞で3番人気以内に支持されながらも4着以下だった馬。
 ・逃げてダートグレード勝ちの実績がある馬で、今回逃げられる可能性が高い馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

⇒もっと読む

閲覧 14ビュー

シリウスSと同条件を
得意とするプロ予想家には
◎U指数プロが登場!

U指数が有効な攻略法と言える!

~~~~~~~~~~
グリム
モズアトラクション
タイムフライヤー
~~~~~~~~~~

【人気】は
1番人気が強いレースとして知られており、抜群の安定感を見せつけている
1倍台の断然人気は4戦4勝と圧倒的
上位人気同士で決まる年も多く、本命傾向のかなり強いレース

今週の競馬:番組表

開催日
  • 9月28日(
  • 9月29日(
4回中山8日目 4回阪神8日目
9

カンナステークス

2歳オープン 芝1200m

9

戎橋特別

3歳以上2勝クラス 芝1400m

10

茨城新聞杯

3歳以上2勝クラス 芝2000m

10

道頓堀ステークス

3歳以上3勝クラス 芝1200m

11

秋風ステークス

3歳以上3勝クラス 芝1600m

11

シリウスステークス G3

3歳以上オープン ダ2000m

4回中山9日目 4回阪神9日目
9

サフラン賞

2歳1勝クラス 芝1600m

9

兵庫特別

3歳以上2勝クラス 芝2400m

10

勝浦特別

3歳以上2勝クラス 芝1200m

10

竹田城ステークス

3歳以上3勝クラス ダ2000m

11

スプリンターズS G1

3歳以上オープン 芝1200m

11

ポートアイランドS L

3歳以上オープン 芝1600m

12

鋸山特別

3歳以上2勝クラス ダ1800m

先週の競馬:注目レース

  • オールカマー G2
    9/22(
  • 神戸新聞杯 G2
    9/22(
  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 9月22日の中山11Rで行われた第65回産経賞オールカマー(3歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6700万円)は、丸山元気騎手騎乗の4番人気スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは2分12秒0(良)。



 重賞3勝目を狙ったミッキースワローは、最内枠からスタートし後方2番手を追走。中山の短い直線をメンバー最速の上がり3ハロン33秒4の末脚で猛追するも1馬身3/4差届かず2着に敗れた。



 菊沢一樹騎手「流れが少し向かなかったけど、この馬の形で競馬をしました。上がり勝負のなかでも(外から)しっかりと脚を使っていますからね」



★【産経賞オールカマー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【オールカマー】6番人気グレイルが3着 戸崎「この馬の競馬はできた」 9月22日() 19:01

 9月22日の中山11Rで行われた第65回産経賞オールカマー(3歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6700万円)は、丸山元気騎手騎乗の4番人気スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは2分12秒0(良)。



 戸崎圭太騎手騎乗の6番人気グレイルが3着入線。最後の直線で馬群を割って力強く駆け上がりレイデオロとの接戦をハナ差制した。



 戸崎圭太騎手「ペースが遅くて前残りになったが、しまいは狭いところを割ってよく伸びた。この馬の競馬はできたと思う」



★【産経賞オールカマー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【オールカマー】連覇狙ったレイデオロは4着 福永「自分が頑張らせることができなかったのかも」 9月22日() 19:01

 9月22日の中山11Rで行われた第65回産経賞オールカマー(3歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6700万円)は、丸山元気騎手騎乗の4番人気スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは2分12秒0(良)。



 福永祐一騎手と初コンビで連覇を狙ったレイデオロは、ゲートを五分に出るも後方でレースを進め、3コーナー手前から動いていき懸命に追い上げるも4着だった。



 福永祐一騎手「返し馬からリラックスして走れていました。いつもはばたつくスタートも五分に決めてくれましたが、そこから進まない感じで…。3コーナー手前で前を射程に入れて、4コーナーも悪くない形だったのですが、直線は後ろからもかわされていますからね。初めて乗ったので分かりませんが、いつもはそこから踏ん張って走れる馬。きょうは自分が頑張らせることができなかったのかもしれません」



★【産経賞オールカマー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【オールカマー】ウインブライト凱旋Vならずまさかの9着 松岡「距離が長かった」 9月22日() 19:00

 9月22日の中山11Rで行われた第65回産経賞オールカマー(3歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6700万円)は、丸山元気騎手騎乗の4番人気スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは2分12秒0(良)。



 GI初制覇を飾った香港のクイーンエリザベス2世C以来4カ月ぶりのレースとなったウインブライトは、好スタートを切り好位の外を追走。勝負どころで早くも手応えが怪しくなり直線はズルズルと後退。得意の中山で力を発揮できずまさかの9着に終わった。



 松岡正海騎手「距離が長かったですね。一番いい位置にいられたし、あとは逃げた馬を捕まえるだけだと思っていたけど…」



★【産経賞オールカマー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【オールカマー】格上挑戦のトニーファイブは10着 菜七子「よく頑張ってくれた」 9月22日() 19:00

 9月22日の中山11Rで行われた第65回産経賞オールカマー(3歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6700万円)は、丸山元気騎手騎乗の4番人気スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が逃げ切り勝ち。タイムは2分12秒0(良)。



 2勝クラスから2階級の格上挑戦となったトニーファイブは、スティッフェリオを先に行かせて2番手を追走するも早々と脱落し大差のしんがり負け。藤田菜七子騎手の重賞初Vはまた次の機会に持ち越しとなった。



 藤田菜七子騎手「スタートが速いので、楽にポジションを取れました。格上挑戦でよく頑張ってくれています」



★【産経賞オールカマー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【オールカマー】4番人気スティッフェリオが単騎逃げVで波乱演出! 9月22日() 15:57

 9月22日の中山11Rで行われた第65回産経賞オールカマー(3歳以上オープン、GII、芝・外2200メートル、別定、10頭立て、1着賞金=6700万円)は、丸山元気騎手騎乗の4番人気スティッフェリオ(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎)が好スタートから先手を奪い、前半1000メートル通過が61秒8というマイペースに持ち込み、直線に入っても後続を寄せ付けずに逃げ切り勝ちを収めた。タイムは2分12秒0(良)。この優勝で天皇賞・秋(10月27日、GI、東京競馬場、芝2000メートル)の優先出走権を獲得。充実期を迎えたステイゴールド産駒が堂々の主役で盾取りに向かう。

 1馬身3/4差の2着にはミッキースワロー(3番人気)、さらにハナ差遅れた3着にグレイル(6番人気)が続き、1番人気に支持されたレイデオロは4着、2番人気のウインブライトは9着大敗した。

 オールカマーを勝ったスティッフェリオは、父ステイゴールド、母シリアスアティテュード、母の父ムトトという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は(有)社台レースホース。通算成績は23戦8勝。重賞は2018年福島記念・GIII、19年小倉大賞典・GIIIに次いで3勝目。オールカマーは、音無秀孝調教師、丸山元気騎手ともに初優勝。

 ◆丸山元気騎手(1着 スティッフェリオ)「やりました!馬の雰囲気、リズムがとても良く、反応も良くていいレースができました。強いメンバーが相手でどれくらいやれるかというところで作戦がうまくいきましたね。小回りコースで結果を出してきた馬ですが、広いコースでも結果を出せましたし、もっと上のGIも勝ちたいと思っています」



★【産経賞オールカマー】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 374ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


産経賞オールカマー・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

神戸新聞杯・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

9月20日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】【復調】デムーロは”馬”より”時期”で買う/オールカマー展望
閲覧 913ビュー

秋競馬2週目、久々の3日間開催となった先週末は、東西で2つの重要トライアルが行われた。

阪神のローズSは人気のダノンファンタジーが制し、2~3着にも春の実績組が入線。中山のセントライト記念はダービーで逃げて失速していたリオンリオンが、主戦横山典騎手の鮮やかな手綱で内から抜け出した。2着はダービー以来のサトノルークス、3着は無敗でプリンシパルSを制して以来となったザダルが入った。東西のトライアルともに上がり馬は一蹴された形で、実績組が上位を占める形となった。

その中でも、印象的だったのはやはりセントライト記念だろうか。2週連続で横山典騎手が制したわけだが、

「逃げ馬が内枠を連れて来る」

と書いた先週に引き続き、

「横山典が内枠を連れて来る」

というレースとなった。2~3着に入ったサトノルークスザダルの2頭は直線で横山典騎手が開いた進路をなぞるように追い上げてきており、ともに1枠の2頭だった。今開催はインの馬場状態が非常に良いが、その傾向を見事に掴んでの重賞2週連続制覇。元祖・中山マイスターの騎乗ぶりには今週末も注目したい。


~今開催勝率5割のデムーロ

さて、秋競馬も2週が終わったが、今開催久々に元気なところが目立つのが、ミルコ・デムーロ騎手だ。2週前の当コラムにて、「不振脱出の兆しがみえる」と書いたが、ハッキリとその兆候が見られる。

現在の4回中山開催では18回騎乗し、早くも9勝の固め打ち。勝率50%、連対率は61.1%と非常に高い確率で好走している。単複の回収率も楽々と100%を超えており、夏の不振時のような取りこぼしのシーンが減っている。その証拠に、今開催はまだ3着が一度もない。キッチリ勝ち負けに絡んでいるということだ。特に月曜の最終レース、イルヴェントデーアで制した中山芝1200mの一戦などは、ゲートでやや遅れて外から押し上げて差し切るデムーロらしいスタイルだった。

以前も書いた通り、とにかくデムーロは気分屋な面があり好不調の波が激しい。安定のルメールと比べると買いどころが難しいのだが、だからこそ時期を見極める必要がある。デムーロで大事なのは、”馬”よりも”時期””調子”なのだ。

今後ビッグレースが続いていくシーズンだが、今まさに買い時となっている。なんだかんだ言っても腕はJRA屈指。かつてのようにリズムよく押し上げて長くいい脚を引き出すデムーロスタイルが戻ってきているので、デムーロ人気が戻ってくる前に早めに馬券をモノにしておきたい。

そして追い風となるのが、今週末の雨予報だ。デムーロは広く知られたように道悪に強い。タフな馬場でも馬をのめらせない技術があることがその要因の一つだが、あらゆる条件が追い風になっている今の中山開催では、とりあえずデムーロ、というスタンスで臨んでも良いかもしれない。特に芝のデムーロは人気でも素直に買いとみる。


~安定感ならレイデオロが一枚上

秋の開催3週目となる今週末は、東で古馬によるG1前哨戦、オールカマー。そして西では菊花賞へ向けての最重要トライアル、神戸新聞杯が行われる。

神戸新聞杯は少頭数となり、恐らく断然人気を集めるであろうサートゥルナーリアヴェロックスの一騎打ちムード。ともに順調に夏を越した印象で、馬券を買いたいというよりは、この秋の競馬に向けてよく見ておきたい一戦だ。

一方でメンバーが揃って面白そうなのは東のオールカマーだ。10頭立てと頭数こそ落ち着いたものの、昨年の覇者でG1・2勝の実績を誇るレイデオロ、中山2200mで重賞制覇の実績があり、七夕賞で久々の勝利を挙げたミッキースワロー、海外G1を制して臨むウインブライトなどなど、なかなかの好メンバーが揃った印象だ。

その中で、注目はやはりレイデオロ。今回はルメール騎手がサートゥルナーリア騎乗のため福永騎手となるが、やや底力に欠ける面はあるものの常に自分の力は出し切れるタイプで、ココは最有力候補だろう。海外帰りとなるウインブライト、まだ全幅の信頼までは置けないミッキースワローよりは、安定感で一枚上回る。

無理に伏兵を探すレースでもないが、3頭以外ならスティッフェリオには少しだけ期待したい。春の2戦はさすがにG1で相手も強かったが、これくらいの舞台なら通用の能力はある。持ち味である立ち回りの上手さと先行力を生かして、前述の有力馬たちに割って入る可能性もありそうだ。

個人的にはゴーフォザサミットもまだ見限れない面がある。昨年のダービー以後のパフォーマンスにはガッカリさせられてばかりだが、能力的にはG2くらいなら楽に通用する馬。そろそろ復活の兆しを見せてほしい。


※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

9月18日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年09月18日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(168)
閲覧 1,490ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、ききょうステークス、ながつきステークス、芙蓉ステークス、神戸新聞杯オールカマーの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年09月21日(土) 阪神09R ききょうステークス
【前走の枠番別成績(2016年以降)】
●1~5枠 [2-3-3-9](複勝率47.1%)
●6~8枠 [1-0-0-11](複勝率8.3%)
→前走で外枠に入っていた馬は人気を裏切りがち。多少なりともストレスフルなレースを経由してきた方が良いのかもしれません。


▼2019年09月21日(土) 中山11R ながつきステークス
【前走の馬体重別成績(2015年以降)】
●480kg未満 [1-0-1-21](複勝率8.7%)
●480kg以上 [3-4-3-27](複勝率27.0%)
→3勝クラスのレースだったものの、ほぼ同じ時期に中山ダ1200mで施行された2015~2018年のながつきステークスは大型馬が優勢。小柄な馬は評価を下げるべきでしょう。


▼2019年09月22日(日) 中山09R 芙蓉ステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2015年以降)】
●8番手以内 [4-4-4-15](複勝率44.4%)
●9番手以下 [0-0-0-7](複勝率0.0%)
→前走で後方のポジションからレースを進めていた馬は過信禁物。特別登録を行った馬のうち、前走の4コーナー通過順が8番手以内だったのは、アルファウェーブオーソリティトランシルヴァニアルトロヴァイユの4頭です。


▼2019年09月22日(日) 阪神11R 神戸新聞杯

[もっと見る]

9月16日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年09月16日号】特選重賞データ分析編(168)~2019年産経賞オールカマー~
閲覧 1,407ビュー



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 産経賞 オールカマー 2019年09月22日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【前走との間隔別成績(2012年以降)】
×中5週以内 [0-0-0-36](複勝率0.0%)
○中6週以上 [7-7-7-49](複勝率30.0%)

 前走との間隔が中5週以内だった馬は、1994~2008年の15年間に限ると[9-11-12-62](複勝率34.0%)。どちらかと言えば信頼できる存在でした。しかし、2009~2011年には[1-0-2-15](複勝率16.7%)と好走率が低下し、2012年以降は好走例ゼロ。こうした傾向がいきなり覆るとも思えませんから、8月中旬以降のレースに出走した馬は評価を下げるべきでしょう。

主な「○」該当馬→エンジニアグレイルミッキースワローレイデオロ
主な「×」該当馬→ゴーフォザサミットショウナンバッハ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「出走数が26戦以内」だった馬は2012年以降[7-7-7-42](複勝率33.3%)
主な該当馬→ミッキースワローレイデオロ

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 53ビュー


1着:⑨スティッフェリオ
2着:①ミッキースワロー
3着:④グレイル



私の◎にした⑦ウインブライトは9着でした。
1着の⑨スティッフェリオは無印
2着の①ミッキースワローは▲
3着の④グレイルは△

でした。

買い目は
ワイド流し
⑦→③④②


でしたので、予想は、ハズレました。_| ̄|○


 まずは⑦ウインブライトに関して、パドックの感じも悪くはなかったですね。
スタートも悪くはなかったと思います。早々と好位に付けて
前を見る絶好のポジションだったと思います。
ただ、3コーナー過ぎから手が動いていたのは気になりましたね。
案の定、直線では、ズルズル後退。
距離なのか、プラス11キロの馬体重が影響したのか
よく分からないですね。
前に行く馬なので惨敗もあるとはいえ、負けすぎの感じはしますね。
この一叩きで変わると思いますが、次走が気になりますね。
左回りの天皇賞か香港か有馬記念か。
ただ今回のレース結果で有馬記念は無くなったかな・・・・・。(^^;


1着の⑨スティッフェリオに関しては、丸山騎手が思い切って
ハナに行きましたね。逃げ馬不在の中で、押し出される形でしたが
マイペースで行けたのが良かったと思います。
余力十分で直線を向けたので、最後まで脚が残ってしましたね。


2着の①ミッキースワローについては
この馬の競馬はできたと思います。
最後の上がり3ハロンは33.4秒と最速で迫ってきましたが
相手に余力が残っていたので仕方ないですね。
これで復調を印象付けたと思います。
菊沢騎手も上手く乗っていると思いましたね。
この馬とも手が合っていると思います。


4着に敗れたレイデオロに関してスタートしてからの位置取りは後ろ過ぎた感じでしたね。
後、外外を回ってきたのもこの馬にとっては厳しかったかもしれませんね。
あの位置でも昨年のようにインに潜り込めれば、もう少し脚が使えたと思います。
ルメール騎手と福永騎手の差が出た感じでしたね。


的中された方々、本当におめでとうございます

9月22日() 17:59 fedo_loveさん
産経賞オールカマー備忘録
閲覧 45ビュー

【予想】
◎8レイデオロ/福永
〇1ミッキースワロー/菊沢
▲7ウインブライト/松岡
▼3クレッシェンドラヴ/内田
△9スティッフェリオ/丸山
→3連複8軸に6点

【結果】
①スティッフェリオ
②ミッキースワロー
③グレイル/戸崎
④レイデオロ・・・
⑤クレッシェンドラヴ

⑨ウインブライト

【的中】
なし。。。( ;∀;)

【振返り】
上位人気3頭で軸選びを考えるも、ウインブライトは得意中山だけど初の外回りでそろそろ?ミッキースワローは調教良かったけど好凡のサイクルがあって?、で乗り替わりが引っかかったもののこのメンバーで3着内は、とレイデオロに◎しました。
レイデオロ、後ろから3頭目から中盤で中団まで押し上げ、ウインブライトをマークして追走しましたが、そのウインブライトが最後に大失速。転じて外からきたミッキースワローと坂を上って何とか3着か・・と思ったら、最後の最後伸び脚を欠き内からグレイルに差されてしまい4着で、夢散( ;∀;)しのぎ切れずのハナ差だったので、これは悔しいですね。。。はぁぁ・・・。。。ルメールだったら、は禁句ですかね?
スティッフェリオ、緩急をつけながら逃げて最後まで脚がもちました。このメンバーの中で最軽量の馬体、1着は想像できませんでした、お見事でした。ミッキースワローも、レイデオロを見ながらになった分届かなかった感じですが、菊沢騎手で好走が続きましたので恐れ入りました。3着グレイル、前走と相次ぐ乗り替わりでどうかと切りましたが、昨年のセントライト記念の再現とばかり3着に、いやはやまいりました。。。(*´Д`)大敗のウインブライト、大丈夫だったかな?

振返りますと、昨年の今日の2レースから日記をはじめていました。1年記念日の今日は連勝で!と行きたかったのですが、残念でした。。。レイデオロは今日勝てばオールカマー連覇だったのですね、そうは問屋がおろさないか。

◆丸山元気騎手(1着 スティッフェリオ)「やりました!馬の雰囲気、リズムがとても良く、反応も良くていいレースができました。強いメンバーが相手でどれくらいやれるかというところで作戦がうまくいきましたね。小回りコースで結果を出してきた馬ですが、広いコースでも結果を出せましたし、もっと上のGIも勝ちたいと思っています」

4着 レイデオロ(福永祐一騎手)
「せっかくの騎乗依頼で結果を出すことができず申し訳ありませんでした。状態は良くて、返し馬も良い感じでした。スタートは五分でしたがその後進んで行ってくれませんでした。3コーナー手前から動かしていって、4コーナーに入ったところでは悪くなかったのですが、ラストは後ろに差されました。4コーナーから直線に向くあたりで、この馬はいつもは踏ん張るのですが、そこを頑張らせることができず、すみませんでした」

(藤沢和雄調教師)
「返し馬では元気に走っていたけれど、行きっぷりが良くなかったです。休み明けでも体も思ったほど大きくなっていなかったし、もう少し楽について行けると思ったんですが、本人に行く気がなかったですね」

[もっと見る]

9月22日() 15:10 ロジャさん
オールカマー
閲覧 73ビュー

馬券はオールカマーを買います。神戸新聞杯はヴェロックスの単勝のみ買いました。

[もっと見る]

9月22日() 14:07 たっきゅん0906さん
オールカマーの出馬表見て
閲覧 88ビュー

ミッキーは前走は相手に恵まれてた様な
レイデオロはここではモノが違い過ぎるから本気出したら無敵かもね!
ただ目標はここじゃないよね・・・ でも強いし無様なレースはしないだろうね。

悩ましいのがウインブライト。
松岡危機がプレッシャーにもなりそうだけど。
軸にしたら面白いけどレイデオロで勝てるのかな?
やはりG1目標だろうけど。

中山2200は得意不得意出るコース。騎手本願ならば地の利がある騎手かな?

雨降り出したらミッキー切ります。ステイに。

皆さんオールカマーは馬券もだけど見て楽しみましょうか٩(*´︶`*)۶

[もっと見る]

9月22日() 11:51 ちんぺーさん
9月22日(日) 重賞予想
閲覧 119ビュー

東西どちらの重賞も堅めの決着と想定するが、ここでは頭数の多いオールカマーを予想する。

<中山11R オールカマー>
 馬連8位までが馬券圏内か。
 期待したい馬は、09番スティッフェリオ、02番ゴーフォザサミット、10番ショウナンバッハ。
 特に10番は全馬券断層馬であり、期待値が高い。
 

[もっと見る]

9月22日() 07:25 山崎エリカさん
本日の見所(オールカマーなど)
閲覧 256ビュー

2019年 神戸新聞杯 オールカマー
________________

●神戸新聞杯

セントライト記念は上がり馬が集う舞台に対して、神戸新聞杯は日本ダービーの上位馬が集う舞台。また、本番・菊花賞にも繋がるレースで、過去10年の菊花賞の優勝馬のうち、9頭がこのレースで3着以内の馬でした。今年もここから菊花賞馬が誕生するのか?

また、今年は皐月賞と日本ダービー上位のサートゥルナーリア、ヴェロックスの2強の牙城を覆せる馬が現れるのかも焦点となって来ます。優先出走権のある実績馬にとってトライアルは、いわば脚慣らしの一戦のようなもの。菊花賞本番はともかく、何としても出走権を手にしたい伏兵馬の一発は十分あるでしょう。

基本的にトライアルは「本番では能力不足だけど、ここでは足りるという馬を狙う」のがコツであり、該当馬がいなければ、実績馬が勝ち負けするというのが構図です。しかし、やみくもに上がり馬を勝っても馬券は当たりません。

神戸新聞杯のポイントは、今回が始動戦の馬が多いトライアルのため、あまりペースが上がらないこと。今年はともかく、近年の日本ダービーはスローペースになることが多いのですが、神戸新聞杯はそれ以上のスローペースになることが多いです。これが日本ダービーで上がり2位以内の瞬発力型の馬が活躍している理由でしょう。

該当馬は、2010年のエイシンフラッシュ(1着)、ローズキングダム(2着)、2011年のオルフェーヴル(1着)、ウインバリアシオン(2着)、2012年ゴールドシップ(1着)、2014年のワンアンドオンリー(1着)、2016年のサトノダイヤモンド(1着)、2018年のエタリオウ(2着)など。

また、前記該当馬が不在の場合は、しばしば逃げ馬が活躍しています。該当馬は、2009年のリーチザクラウン(2着)、2010年のビッグウィーク(3着)、2015年のリアファル(1着)、2018年のメイショウテッコン(3着)など。

ただし、この傾向は良馬場でのもの。天気予報どおりに雨が降って馬場が悪化すれば、多少なりともペースが上がるので、ただ瞬発力がある、スピードがある馬ばかりではなく、総合力(距離適性)が問われるレースになるでしょう。今回はどこまで馬場が悪化するかが定かではないので、前記事項に距離適性も絡めて予想を組み立てたいです。


●オールカマー

オールカマーは先週のセントライト記念と同距離コースで行われます。先週のセントライト記念の傾向で、「超スローペースが発生しやすい」と綴りましたが、想定よりも馬場が回復せず、重馬場になったことで平均ペースまで上がりました。もちろん、楽に先手を奪ったリオンリオンのハナをアトミックホースが奪ったのもあります。

スタートしてすぐコーナーならば、隊列がスムーズに形成されたのですが、中山芝2200mは最初の1コーナーまで約432mもあるので、それほどスピードがない馬でもハナを奪えるということが影響しているでしょう。このように最初のストレートが長いコースは、騎手の采配ひとつでペースが上がる場合もあるのですが、トライアルやステップレースは、どの陣営も無理をさせたくないので、スローペースになりやすい傾向があります。

また、今秋の中山は、開幕週の京成杯オータムHでレコードタイムを記録したように、超々高速馬場。中山芝コースも行った、行ったのオンパレードだったように、良馬場想定ならば4コーナーで前の位置が取れていないと厳しいものがあります。

今回せ逃げるのは、逃げなければ持ち味が生きないトニーファイブが濃厚ですが、同馬の実力では4コーナーまで息が持たない可能性大。4コーナーでどの馬が先頭にいて、2番手は何なのかを読み切ることが馬券のポイントとなるでしょう。

ちなみに他サイトでのものになりますが、オールカマーのコラムを掲載しているので、まだ、ご覧になっていない方は、ぜひ、ご一読ください。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=160581

[もっと見る]

  • 出馬表
  • 重賞攻略
  • 結果・払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入
  • 新着ニュース
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 9月22日の阪神11Rで行われた第67回神戸新聞杯(3歳オープン、GII、芝・外2400メートル、牡・牝、8頭立て、1着賞金=5400万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が快勝。タイムは2分26秒8(良)。



 ダービー3着のヴェロックスは、サートゥルナーリアを前に見る絶好の位置を追走し、直線に入ると鞍上のゴーサインに応え必死に追い上げるもさらに引き離され3馬身差の2着と完敗だった。



 川田将雅騎手「(1コーナーあたりでの)力みが強かったのですが、前哨戦としてはいい内容だったと思います。サートゥルナーリアは本当に強いと改めて感じましたね」



★【神戸新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

【神戸新聞杯】ワールドプレミア上がり最速タイで3着 武豊「いい脚を使ってくれた」 9月22日() 18:59

 9月22日の阪神11Rで行われた第67回神戸新聞杯(3歳オープン、GII、芝・外2400メートル、牡・牝、8頭立て、1着賞金=5400万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が快勝。タイムは2分26秒8(良)。



 若葉S2着以来6カ月半ぶりの出走となったワールドプレミアは、後方2番手でじっくりと脚をため、直線大外に持ち出すと勝ち馬と同じ上がり3ハロン最速タイ32秒3の末脚を繰り出し3着に入り、菊花賞の優先出走権を獲得した。



 武豊騎手「(ラストで)いい脚を使ってくれました。距離も大丈夫でした」



★【神戸新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】レッドジェニアル菊切符獲得ならず4着 酒井「最後は速い脚の差」9月22日() 18:58

 9月22日の阪神11Rで行われた第67回神戸新聞杯(3歳オープン、GII、芝・外2400メートル、牡・牝、8頭立て、1着賞金=5400万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が快勝。タイムは2分26秒8(良)。



 京都新聞杯の勝ち馬レッドジェニアルは、リズム良く3番手で積極的にレースを進め、勝負の直線しぶとく脚を伸ばすも4着まで。惜しくも上位3頭までに与えられる菊花賞の優先出走権を得ることはできなかった。



 酒井学騎手「スローになると思い、いいポジションで運んで折り合いました。よく頑張っていますが、最後は速い脚の差です」



★【神戸新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】サートゥルナーリアが3馬身差で快勝 9月22日() 15:47

 9月22日の阪神11Rで行われた第67回神戸新聞杯(3歳オープン、GII、芝・外2400メートル、牡・牝、8頭立て、1着賞金=5400万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が2番手追走から直線入り口で先頭に立ち、後続を突き離した。タイムは2分26秒8(良)。

 シフルマンが引っ張った前半の5ハロンは63秒4のゆったりとした流れ。サートゥルナーリアは早め先頭から上がり3ハロンをメンバー最速タイの32秒3でまとめて秋初戦をクリアした。

 3馬身差の2着には4番手から追いすがったヴェロックス(2番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に大外から差を詰めたワールドプレミア(3番人気)。上位3頭が菊花賞(10月20日、GI、京都競馬場、芝3000メートル)の優先出走権を獲得した。

 神戸新聞杯を勝ったサートゥルナーリアは、父ロードカナロア、母シーザリオ、母の父スペシャルウィークという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は6戦5勝。重賞は2018年ホープフルS・GI、2019年皐月賞・GIに次いで3勝目。神戸新聞杯は、角居勝彦調教師は2013年エピファネイアに次いで2勝目、クリストフ・ルメール騎手は2015年リアファル、2016年サトノダイヤモンド、2017年レイデオロに次いで4勝目。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 サートゥルナーリア)「強かったですね。きょうは彼の強さを出してくれました。とりあえず、前に馬がいてくれたのがよかったし、向こう正面から冷静に走っていました。3、4コーナーから段々加速してすごくいい脚をつかってくれた。スタートもよかったですね。スタート前からリラックスして、ゲートの中でも落ち着いていました。大きなレースはスタートが大事になるので、よかったです。次のレースはわからないけど、スーパーホースだと思います」

 ◆角居勝彦調教師(1着 サートゥルナーリア)「上手にスタートを切ってくれましたね。折り合いも問題なかった。ひと夏を越して体もしっかりして、帰ってきたときに良くなっていた。これで距離もなんとかなったと思います。我慢が利けば、いい上がりを使えますね。(次は)オーナーと相談しながらになると思います」



★【神戸新聞杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【神戸新聞杯】入線速報(阪神競馬場)9月22日() 15:39

阪神11R・神戸新聞杯(4回阪神7日目 阪神競馬場  芝・右外2400m サラ系3歳オープン)は、1番手3番サートゥルナーリア(単勝1.4倍/1番人気)、2番手5番ヴェロックス(単勝2.6倍/2番人気)、3番手8番ワールドプレミア(単勝13.2倍/3番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連3-5(1.3倍) 馬単3-5(2.1倍) 3連複3-5-8(3.2倍) 3連単3-5-8(7.0倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2019092209040711
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【有名人の予想に乗ろう!】神戸新聞杯 大井の帝王、霜降り明星ほかズラリ!競馬通の芸能人・著名人がファイナルジャッジ!9月22日() 09:50

※当欄では神戸新聞杯について、競馬好きとして知られる芸能人、著名人の皆さんの予想を紹介していきます。迷ったときは彼らの予想に乗るのも手。参考になさってください。


【的場文男(大井競馬騎手)】
◎③サートゥルナーリア

【霜降り明星・粗品】
◎③サートゥルナーリア
3連単フォーメーション
③⑤→③⑤→①④⑧

【霜降り明星・せいや】
◎⑧ワールドプレミア
複勝


【田中裕二(爆笑問題)】
◎④レッドジェニアル
○③サートゥルナーリア
▲⑤ヴェロックス
△⑥シフルマン
△①ジョウショームード
馬連1頭軸流し・3連単1頭軸流しマルチ
④→①③⑤⑥

【杉本清】
◎③サートゥルナーリア

【林修】
注目馬
ヴェロックス

【大久保洋吉(元JRA調教師)】
◎③サートゥルナーリア
○⑤ヴェロックス
▲⑧ワールドプレミア
△②ユニコーンライオン
△⑥シフルマン

【佐藤哲三(元JRA騎手)】
◎③サートゥルナーリア

【稲富菜穂】
◎③サートゥルナーリア
○⑧ワールドプレミア
▲⑥シフルマン
△⑤ヴェロックス
△④レッドジェニアル

【斉藤慎二(ジャングル ポケット)】
◎⑤ヴェロックス
3連単
⑤→③→④

【キャプテン渡辺】
◎⑤ヴェロックス
3連単
⑤→③→④

【安田和博(デンジャラス)】
◎⑥シフルマン

【ビタミンS お兄ちゃん】
◎③サートゥルナーリア
3連単
③→⑤→④
③→④→⑤

【ギャロップ林】
◎⑤ヴェロックス
3連単
⑤→③→④
⑤→④→③

【こいで(シャンプーハット)】
◎⑤ヴェロックス
3連単フォーメーション
⑤→②③→②③

【てつじ(シャンプーハット)】
◎④レッドジェニアル
馬単
ヴェロックス→④
3連単
⑤→④→③

【浅越ゴエ】
◎⑤ヴェロックス
3連単
⑤→③→⑧
③→⑤→⑧

【盛山晋太郎(見取り図)】
◎⑤ヴェロックス
3連単フォーメーション
⑤→②④⑥→③

【リリー(見取り図)】
◎⑥シフルマン
複勝


【鈴木麻優(元岩手競馬騎手)】
◎⑤ヴェロックス

【熊崎晴香(SKE48)】
◎⑧ワールドプレミア
○⑤ヴェロックス
▲③サートゥルナーリア
△①ジョウショームード
△④レッドジェニアル

【守永真彩】
◎⑤ヴェロックス
3連複
③-④-⑤

【目黒貴子】
◎⑤ヴェロックス



ウマニティ重賞攻略チーム

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 374ビュー

ウマニティオリジナルのスピード指数=U指数が掲載されたネット競馬新聞【U指数競馬新聞】を下記からダウンロードできます。
※4/11より無料会員登録が必要になりました。無料会員登録はこちらからどうぞ。


産経賞オールカマー・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

神戸新聞杯・GIIのU指数競馬新聞はこちら(PDFファイル)
U指数競馬新聞

9月20日(金) 14:00 TARO
【TAROの競馬研究室】【復調】デムーロは”馬”より”時期”で買う/オールカマー展望
閲覧 913ビュー

秋競馬2週目、久々の3日間開催となった先週末は、東西で2つの重要トライアルが行われた。

阪神のローズSは人気のダノンファンタジーが制し、2~3着にも春の実績組が入線。中山のセントライト記念はダービーで逃げて失速していたリオンリオンが、主戦横山典騎手の鮮やかな手綱で内から抜け出した。2着はダービー以来のサトノルークス、3着は無敗でプリンシパルSを制して以来となったザダルが入った。東西のトライアルともに上がり馬は一蹴された形で、実績組が上位を占める形となった。

その中でも、印象的だったのはやはりセントライト記念だろうか。2週連続で横山典騎手が制したわけだが、

「逃げ馬が内枠を連れて来る」

と書いた先週に引き続き、

「横山典が内枠を連れて来る」

というレースとなった。2~3着に入ったサトノルークスザダルの2頭は直線で横山典騎手が開いた進路をなぞるように追い上げてきており、ともに1枠の2頭だった。今開催はインの馬場状態が非常に良いが、その傾向を見事に掴んでの重賞2週連続制覇。元祖・中山マイスターの騎乗ぶりには今週末も注目したい。


~今開催勝率5割のデムーロ

さて、秋競馬も2週が終わったが、今開催久々に元気なところが目立つのが、ミルコ・デムーロ騎手だ。2週前の当コラムにて、「不振脱出の兆しがみえる」と書いたが、ハッキリとその兆候が見られる。

現在の4回中山開催では18回騎乗し、早くも9勝の固め打ち。勝率50%、連対率は61.1%と非常に高い確率で好走している。単複の回収率も楽々と100%を超えており、夏の不振時のような取りこぼしのシーンが減っている。その証拠に、今開催はまだ3着が一度もない。キッチリ勝ち負けに絡んでいるということだ。特に月曜の最終レース、イルヴェントデーアで制した中山芝1200mの一戦などは、ゲートでやや遅れて外から押し上げて差し切るデムーロらしいスタイルだった。

以前も書いた通り、とにかくデムーロは気分屋な面があり好不調の波が激しい。安定のルメールと比べると買いどころが難しいのだが、だからこそ時期を見極める必要がある。デムーロで大事なのは、”馬”よりも”時期””調子”なのだ。

今後ビッグレースが続いていくシーズンだが、今まさに買い時となっている。なんだかんだ言っても腕はJRA屈指。かつてのようにリズムよく押し上げて長くいい脚を引き出すデムーロスタイルが戻ってきているので、デムーロ人気が戻ってくる前に早めに馬券をモノにしておきたい。

そして追い風となるのが、今週末の雨予報だ。デムーロは広く知られたように道悪に強い。タフな馬場でも馬をのめらせない技術があることがその要因の一つだが、あらゆる条件が追い風になっている今の中山開催では、とりあえずデムーロ、というスタンスで臨んでも良いかもしれない。特に芝のデムーロは人気でも素直に買いとみる。


~安定感ならレイデオロが一枚上

秋の開催3週目となる今週末は、東で古馬によるG1前哨戦、オールカマー。そして西では菊花賞へ向けての最重要トライアル、神戸新聞杯が行われる。

神戸新聞杯は少頭数となり、恐らく断然人気を集めるであろうサートゥルナーリアヴェロックスの一騎打ちムード。ともに順調に夏を越した印象で、馬券を買いたいというよりは、この秋の競馬に向けてよく見ておきたい一戦だ。

一方でメンバーが揃って面白そうなのは東のオールカマーだ。10頭立てと頭数こそ落ち着いたものの、昨年の覇者でG1・2勝の実績を誇るレイデオロ、中山2200mで重賞制覇の実績があり、七夕賞で久々の勝利を挙げたミッキースワロー、海外G1を制して臨むウインブライトなどなど、なかなかの好メンバーが揃った印象だ。

その中で、注目はやはりレイデオロ。今回はルメール騎手がサートゥルナーリア騎乗のため福永騎手となるが、やや底力に欠ける面はあるものの常に自分の力は出し切れるタイプで、ココは最有力候補だろう。海外帰りとなるウインブライト、まだ全幅の信頼までは置けないミッキースワローよりは、安定感で一枚上回る。

無理に伏兵を探すレースでもないが、3頭以外ならスティッフェリオには少しだけ期待したい。春の2戦はさすがにG1で相手も強かったが、これくらいの舞台なら通用の能力はある。持ち味である立ち回りの上手さと先行力を生かして、前述の有力馬たちに割って入る可能性もありそうだ。

個人的にはゴーフォザサミットもまだ見限れない面がある。昨年のダービー以後のパフォーマンスにはガッカリさせられてばかりだが、能力的にはG2くらいなら楽に通用する馬。そろそろ復活の兆しを見せてほしい。


※一部重賞の最終結論は、ブログ『TAROの競馬』にて無料公開します。


○TARO プロフィール

大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』
(KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。

[もっと見る]

9月19日(木) 15:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2019神戸新聞杯
閲覧 628ビュー



こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
今回も前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に各馬コメントをしていきたいと思います。


9月22日(日) 阪神11R 第67回神戸新聞杯(3歳G2・牡牝・芝2400m)

【登録頭数:11頭】(フルゲート:18頭)

サートゥルナーリア(A)[4ヵ月:ダービー4着、東京芝2400m]
ダービー4着以来の休み明け。皐月賞時の休み明けと同じような感じで、約1ヶ月前から時計を出して入念に乗り込まれているこの中間だが、すべて単走での追い切りとなっているのがこれまでの調教内容と違う点。このあたりは、ダービー当日のテンションの上がり方を意識してのものだと思われる。この馬は能力が高いので、調教でも走り過ぎるところがあり、併せ馬を行うと調教助手でも押さえるのに苦労するぐらい(押さえられない)、力んで走り切ってしまう。単走に変えてきたのは、やはりその部分を考慮してのものだろう。1週前追い切り見てもルメール騎手が騎乗して走る気満々と言った感じの動きで、この走る気持ちをいい方に向けることができれば、力は1頭抜けていると思う。

ヴェロックス(B)[4ヵ月:ダービー3着、東京芝2400m]
ダービー3着以来のレースで、これまで通り3週前から週2本は速い時計を出してきていて、乗り込み量豊富で、調子は良さそう。2週前、1週前と強めに追われて好時計も出ていて、1週前の走りを見てもやや硬さは感じたものの、しっかりと伸びていて順調に調整されている様子を窺わせた。

レッドジェニアル(B)[4ヵ月:ダービー8着、東京芝2400m]
ダービー8着以来のレースで、3週前から時計を出してしっかり乗り込まれていて2週前、1週前と併せ馬で先着。1週前追い切りはCWを長めからだったが、一杯に追われての内容で直線では併走馬を一気に突き放した。動きは重い感じもなく、仕上がりも良さそう。

シフルマン(B)[3ヵ月:京橋特別1着、阪神芝2000m]
3走前の若葉Sではヴェロックスには離されたが、ワールドプレミアとはそれほど差のない内容。その後2連勝して能力のあるところは見せてきた。今回は3ヵ月ぶりの休み明け。2週前、1週前とCWを長めから好時計が出ていて、映像はなかったがこれまでのレース前と比べても時計は速く、大型馬でも仕上がりは良さそう。

ユニコーンライオン(D)[中8週:松前特別1着、函館芝2000m]
函館で2連勝して、そこから間隔をとっての参戦。間隔の割にトレセンでの本数は少なめで、1週前追い切りの動きを見ると先着しているが走りに硬さがあり、動きは物足りなく見えた。

ヴィント(E)[4ヵ月:ダービー14着、東京芝2400m]
抽選で出走できたダービー以来の出走。この中間は乗り込み量が豊富で、1週前にはジョッキー騎乗で先着も時計は物足りず。時計的には2勝馬のままで、大きな格上挑戦といった感じ。

カリボール(C)[中1週:野分特別2着、阪神芝2000m]
休み明けの前走時はかなり入念に乗り込まれてきていて状態は良さそうだった。この中間は、中1週で速い時計は出ていないが坂路では軽く乗られていて、最終追い切りの動きを見て反動がないかを判断したい。

ジョウショームード(E)[中2週:玄海特別5着、小倉芝2000m]
夏場も使われてきている馬で、この中間は調教の時計もかかってきていて上積みはなさそう。

レッドサイオン(C)[中8週:1勝クラス1着、函館芝1800m]
函館で2連勝してその後は函館と美浦で調整されており、乗り込み量は豊富。時計的にはそれほど目立つところはないが、1週前には同厩のセントライト記念出走組と併せ馬を行い、気合いの入った見劣らない動きを見せていて調子は良さそう。

ワールドプレミア(C)[6ヵ月半:若葉S2着、阪神芝2000m]
若葉S後は、春のクラシックには出走せず休養。春に無理をしなかったためか、この中間は3週前から併せ馬で強めに追われており、しっかり乗り込めるようになってきた。ただ、動き自体は1週前追い切りではまだ重たい印象もあって、使われて良くなる感じかもしれない。

キタサンバルカン(E)[中4週:出雲崎特別4着、新潟芝2000m]
重賞でも条件戦でもなかなか勝ち切れないところのある1勝馬。この中間の調教内容を見ても物足りない時計しか出せておらず、状態自体に問題があるようにも思う。



◇今回は神戸新聞杯編でした。
秋競馬も始まり、来年のクラシックに向けて素質馬たちが続々とデビューしてくる季節となりました。JRAの新馬戦といえばほとんど全てがお昼前後に各競馬場で行われています。“新馬戦キラー”というキャッチコピーを頂いているだけあって、新馬戦を中心に予想を行っている私としては、お昼はゴールデンタイムのようなもの。10分(2場開催時は15分)ごとに違う競馬場で順番にレースが行われていくあの時間は、メインレースが順番に行われていく時間とは違う独特の楽しみがあります。
そんな昼時を過ごしていていつも思うことがあるのですが、それはお昼の新馬戦3レースの勝ち馬を当てる馬券を発売したら面白いのではないかということです。“メイクデビュートリプル”とか“メイクデビューWIN3”なんて名前で、それぞれの競馬場の指定した新馬戦(3場開催時はそれぞれの競馬場で1Rずつ、2場開催時はそれぞれ1+2R)の勝ち馬を当てる馬券で、今行っている『2歳単勝』よりもインパクトがあるのではないかと思っていますがどうでしょうか? WIN5よりも当てやすく、かつ不確定要素が多い新馬戦ならではの大荒れも期待できて、お昼の目玉になるのではないかと思います。
このコラムで書いたところでそれほど影響力がある訳ではないとは思いますが、こういったアイディアのタネが面白そうだと思った方々それぞれの発信によって何らかの形でJRAに届き、いつかそんな馬券が発売される日が来たりしたら幸せですね。

それでは次回、スプリンターズS編(予定)でお会いしましょう。


神戸新聞杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。
※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

9月18日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2019年09月18日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(168)
閲覧 1,490ビュー



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、ききょうステークス、ながつきステークス、芙蓉ステークス、神戸新聞杯オールカマーの5レースです。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2019年09月21日(土) 阪神09R ききょうステークス
【前走の枠番別成績(2016年以降)】
●1~5枠 [2-3-3-9](複勝率47.1%)
●6~8枠 [1-0-0-11](複勝率8.3%)
→前走で外枠に入っていた馬は人気を裏切りがち。多少なりともストレスフルなレースを経由してきた方が良いのかもしれません。


▼2019年09月21日(土) 中山11R ながつきステークス
【前走の馬体重別成績(2015年以降)】
●480kg未満 [1-0-1-21](複勝率8.7%)
●480kg以上 [3-4-3-27](複勝率27.0%)
→3勝クラスのレースだったものの、ほぼ同じ時期に中山ダ1200mで施行された2015~2018年のながつきステークスは大型馬が優勢。小柄な馬は評価を下げるべきでしょう。


▼2019年09月22日(日) 中山09R 芙蓉ステークス
【前走の4コーナー通過順別成績(2015年以降)】
●8番手以内 [4-4-4-15](複勝率44.4%)
●9番手以下 [0-0-0-7](複勝率0.0%)
→前走で後方のポジションからレースを進めていた馬は過信禁物。特別登録を行った馬のうち、前走の4コーナー通過順が8番手以内だったのは、アルファウェーブオーソリティトランシルヴァニアルトロヴァイユの4頭です。


▼2019年09月22日(日) 阪神11R 神戸新聞杯

[もっと見る]

9月17日(火) 10:34 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】神戸新聞杯2019・GIIのネット競馬新聞を無料公開!
閲覧 363ビュー

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。



■今週の注目重賞レース/第67回 神戸新聞杯 GIIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

⇒もっと読む

閲覧 44ビュー

1着:③サートゥルナーリア
2着:⑤ヴェロックス
3着:⑧ワールドプレミア



私の◎にした③サートゥルナーリアは1着でした。
2着の⑤ヴェロックスは〇
3着の⑧ワールドプレミアは▲

でした。

買い目は
馬連
③→⑤


でしたので、予想は、的中しました。(^^;


 まずは③サートゥルナーリアに関して、今日は、パドックから落ち着いていました。
返し馬からゲートインでも問題なかったですね。
これだけ落ち着いていたので、絶好のスタートでしたね。
2番手をキープして折り合いも問題なく、3コーナー過ぎあたりで
馬なりで差を詰めて直線へ。
直線でも持ったままで、先頭に立つと、直線半ばで促すとさらに伸びましたね。
着差を広げて最後は、手綱を緩める余裕まで見せる楽勝でした。
前哨戦としては、最高のレースだったと思います。
ルメール騎手は見事に距離の不安を一掃しましたね。
問題は次ですね。GⅠのファンファーレと歓声に冷静でいられるかどうか。


2着の⑤ヴェロックスに関しては、展開も向かなかったですね。
超スローの上がり勝負では分が悪いと思います。
それでもこの差は決定的ような気がします。
今日のレースは、勝ち馬の後ろという位置取りはこれで良かったのかって感じもしましたね。
スローペースで頭を上げるシーンもあり折り合いも欠いた感じでした。
思い切ってサートゥルナーリアよりも前の位置で競馬をしたら違った結果になったかもしれませんが
ただ、先にヘタル可能性もあるので仕方なかったかもしれませんね。
菊花賞もスローペースになる可能性が大きいので折り合いを欠くシーンがあったのは気になりますね。
その辺りも川田騎手がどう修正してくるか注目ですね。


3着の⑧ワールドプレミアは、菊花賞の権利を取りましたね。
今日の流れでは厳しいかなと思いましたが、最後は伸びてきましたね
上がり3ハロンも勝ち馬と同じ上がり最速を計測していました。
これは本番が楽しみですね。
この馬も血統的に距離が心配されていましたが、以前から反応が悪い部分があるので
今日の結果から問題はなさそうですね。
本番も期待できると思います。


的中された方々、本当におめでとうございます

9月22日() 17:17 fedo_loveさん
神戸新聞杯備忘録
閲覧 33ビュー

【予想】
◎3サートゥルナーリア/ルメール
〇5ヴェロックス/川田
△4レッドジェニアル/酒井
 8ワールドプレミア/武
 6シフルマン/松山
→3連単3,5→3,5→4,8,6の6点

【結果】
①サートゥルナーリア
②ヴェロックス
③ワールドプレミア
④レッドジェニアル
⑥シフルマン

【的中】
3連単3→5→8💮 1,000×7.0

【振返り】
2強は疑いようがないとしてはじめはサートゥルナーリア1着固定しましたが、小心者ゆえヴェロックス1着も保険にかけて。3着にダービー出走馬のレッドジェニアル、阪神でヴェロックスの2着があるワールドプレミア、阪神で2走して1,3着のシフルマンを選びました。が、パドックではどれもパッとしなくて、とくにワールドプレミアはだいぶチャカついてて、その分レッドジェニアルにあつく投票しました。
サートゥルナーリア、スタートでつまづいてダービーでの出遅れが頭をよぎりました。しかしルメール騎手、見事に立て直し早々に2番手まで上げ、前走を払拭させようとしたように思えました。そのあとは、ヴェロックス、レッドジェニアルにマークされながらも進出し、最後は危なげなく3馬身差をつけての1着。2着ヴェロックスとは着差以上に力の差がついた感じです。あとはスタートだけ、でしょうか。菊花賞はルメール騎手がニシノデイジー騎乗で決まってますし、天皇賞に向かうらしいですね。3着のワールドプレミア、外に振られながらサートゥルナーリアと同じ上りで追い上げました。3月以来の休み明けと考慮すれば、力をつけているようです。レッドジェニアルは馬体が増えてましたが、今後適応してくれば。

[もっと見る]

5,6番人気逆ならまんまだったな神戸新聞杯
閲覧 53ビュー

5,6番人気逆なら1~8着が全部人気順になったんだがな

オールカマーはステイゴールド産駒でもウインブライトではなくスティッフェリオが来ちゃいましたね。やっぱり海外帰り組は買うべきじゃないなあ

[もっと見る]

9月22日() 16:13 ロジャさん
神戸新聞杯
閲覧 25ビュー

サートゥルナーリアは、左より右周りの方が良いのかな?次の天皇賞秋でわかる。
ルメール騎手はアーモンドアイに乗るだろうから、外国人騎手になるのだろうか?

[もっと見る]

9月22日() 16:13 3edsanchonさん
うわっ!珍しい!神戸新聞杯
閲覧 38ビュー

あわや、人気通りの決着も決着!1-8人気並ぶ所でしたね。
8連単の6番人気辺りですかね?(笑)

[もっと見る]

9月22日() 11:35 グリーンセンスセラさん
🐎無料情報 当たりはずれあり。 自己責任で。2019年9月22日...
閲覧 136ビュー

━━━━ 9月22日(日) ━━━━


中山11R
オールカマー(G2)

◎ 8番 レイデオロ
○ 7番 ウインブライト
▲ 3番 クレッシェンドラヴ
△ 1番 ミッキースワロー
△ 2番 ゴーフォザサミット
△ 4番 グレイル
△ 9番 スティッフェリオ

三連複軸1頭流し

軸:8
相手:1, 2, 3, 4, 7, 9


---------------------------------------


阪神11R
神戸新聞杯(G2)

◎ 5番 ヴェロックス
○ 3番 サートゥルナーリア
▲ 2番 ユニコーンライオン
△ 4番 レッドジェニアル
△ 6番 シフルマン
△ 8番 ワールドプレミア

三連複軸1頭流し

軸:5
相手:2, 3, 4, 6, 8



🐴新サイトお試し2019年9月22日(日) *は軸馬 /は相手馬

中山9R 3歳以上1000万下 /02 04 *09 14 15 16 14:35発走
中山10R 内房S /01 02 04 *08 13 15 15:10発走
中山11R 産経賞オールカマー(G2) 01 02 /03 07 *08 09 15:45発走
中山12R 3歳以上1000万下 /01 09 10 *12 14 16 16:25発走
阪神9R 甲東特別 02 05 /06 07 10 *11 14:25発走
阪神10R 西宮S 02 04 *05 /08 09 10 15:00発走
阪神11R 神戸新聞杯(G2) 02 *03 04 05 06 /08 15:35発走
阪神12R 3歳以上1000万下 01 02 /11 12 13 *16 16:10発走

[もっと見る]

先週の競馬:番組表

開催日
  • 9月21日(
  • 9月22日(

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 4回中山6日目
  • 4回阪神6日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
4
 ファストボウラー
3.7倍 (②人気)
2
 シゲルカセイ
9.0倍 (④人気)
9
 メイショウマサヒメ
2.7倍 (①人気)
払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
6
 フェイバリット
19.4倍 (⑧人気)
12
 モルタル
5.1倍 (②人気)
10
 ショウナンマリオ
10.8倍 (⑥人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
11
 シャドウブロッサム
1.5倍 (①人気)
1
 コルテジア
48.8倍 (⑧人気)
3
 ロードベイリーフ
7.4倍 (②人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
4
 グレイトホーン
4.4倍 (③人気)
14
 ブンロート
2.6倍 (①人気)
5
 ブルーノジュネス
15.1倍 (④人気)
払戻
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
3
 ソウルトレイン
5.2倍 (②人気)
2
 ドゥーベ
1.4倍 (①人気)
4
 ヴァイスリヒト
7.5倍 (④人気)
払戻
中山
3R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
10
 ロンゴノット
2.5倍 (①人気)
2
 エースレイジング
9.9倍 (③人気)
11
 ドノスティア
11.3倍 (⑤人気)
払戻
阪神
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 ルプレジール
5.0倍 (③人気)
4
 サルサレイア
3.0倍 (②人気)
8
 メイショウカスガ
6.6倍 (④人気)
払戻
中山
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
9
 コウギョウブライト
1.3倍 (①人気) 超凄馬
8
 アメリカンツイスト
6.9倍 (②人気)
14
 アマデウス
10.3倍 (③人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
7
 ロータスランド
2.9倍 (①人気)
10
 スワーヴドン
4.9倍 (③人気)
14
 セウラサーリ
16.8倍 (⑥人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
3
 エバービクトリアス
21.2倍 (⑥人気)
8
 キングサーガ
1.4倍 (①人気)
12
 レッドアダン
6.0倍 (②人気)
払戻
阪神
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
12
 デンコウハピネス
25.1倍 (⑨人気)
8
 メジャーハリケーン
15.8倍 (⑦人気)
6
 サイモンミラベル
12.7倍 (⑤人気)
払戻
中山
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2200m
9
 ヴァイスブリッツ
6.0倍 (④人気)
13
 キタサンバルカン
2.9倍 (①人気)
10
 プルクラ
3.7倍 (②人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
6
 オーヴェルニュ
1.6倍 (①人気) 超凄馬
5
 プエルタデルソル
5.4倍 (②人気)
10
 ハイクアウト
6.8倍 (③人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 スピアザゴールド
7.6倍 (④人気)
6
 トレイントレイン
12.8倍 (⑥人気)
8
 フィルストバーン
2.8倍 (①人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2000m
6
 ダンスディライト
4.4倍 (②人気)
7
 ニューポート
7.7倍 (⑤人気)
2
 シャイニーピース
34.1倍 (⑥人気)
払戻
中山
8R
清秋ジャンプS
障害3歳以上オープン 障3210m
3
 ディライトフル
2.4倍 (①人気) 超凄馬
9
 トラキアンコード
4.0倍 (③人気)
8
 トーヨーピース
14.0倍 (⑤人気)
払戻
阪神
9R
ききょうステークス
2歳オープン 芝1400m
6
 プリンスリターン
16.5倍 (④人気)
3
 ワンスカイ
6.8倍 (③人気)
4
 シャレード
1.7倍 (①人気)
払戻
中山
9R
九十九里特別
3歳以上2勝クラス 芝2500m
4
 ステイブラビッシモ
8.7倍 (③人気)
7
 サンシロウ
8.9倍 (④人気)
2
 エフェクトオン
6.3倍 (②人気)
払戻
阪神
10R
夕月特別
3歳以上2勝クラス 芝1800m
5
 ブランノワール
1.8倍 (①人気)
1
 タンタラス
3.4倍 (②人気)
3
 コパカティ
8.0倍 (④人気)
払戻
中山
10R
セプテンバーS
3歳以上3勝クラス 芝1200m
2
 エスターテ
9.9倍 (⑤人気)
9
 エンゲージリング
10.6倍 (⑥人気)
3
 ホープフルサイン
7.5倍 (③人気)
払戻
阪神
11R
大阪スポーツ杯
3歳以上3勝クラス ダ1400m
8
 ビックリシタナモー
9.4倍 (⑤人気)
7
 タガノジーニアス
30.0倍 (⑨人気)
4
 フィールドセンス
5.3倍 (④人気)
払戻
中山
11R
ながつきステークス
3歳以上オープン ダ1200m
13
 ゴールドクイーン
10.7倍 (④人気)
11
 ヒロシゲゴールド
3.1倍 (②人気)
4
 ラインシュナイダー
42.0倍 (⑩人気)
払戻
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ2000m
3
 コマビショウ
2.1倍 (①人気)
4
 スズカフロンティア
12.8倍 (④人気)
7
 グラットシエル
4.8倍 (②人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m
7
 モルフェオルフェ
11.3倍 (⑤人気)
14
 ブレイブメジャー
2.7倍 (①人気)
3
 サトノフォース
4.3倍 (②人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
6
 フェイバリット
19.4倍 (⑧人気)
12
 モルタル
5.1倍 (②人気)
10
 ショウナンマリオ
10.8倍 (⑥人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
4
 グレイトホーン
4.4倍 (③人気)
14
 ブンロート
2.6倍 (①人気)
5
 ブルーノジュネス
15.1倍 (④人気)
払戻
中山
3R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1800m
10
 ロンゴノット
2.5倍 (①人気)
2
 エースレイジング
9.9倍 (③人気)
11
 ドノスティア
11.3倍 (⑤人気)
払戻
中山
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
9
 コウギョウブライト
1.3倍 (①人気) 超凄馬
8
 アメリカンツイスト
6.9倍 (②人気)
14
 アマデウス
10.3倍 (③人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
3
 エバービクトリアス
21.2倍 (⑥人気)
8
 キングサーガ
1.4倍 (①人気)
12
 レッドアダン
6.0倍 (②人気)
払戻
中山
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2200m
9
 ヴァイスブリッツ
6.0倍 (④人気)
13
 キタサンバルカン
2.9倍 (①人気)
10
 プルクラ
3.7倍 (②人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 スピアザゴールド
7.6倍 (④人気)
6
 トレイントレイン
12.8倍 (⑥人気)
8
 フィルストバーン
2.8倍 (①人気)
払戻
中山
8R
清秋ジャンプS
障害3歳以上オープン 障3210m
3
 ディライトフル
2.4倍 (①人気) 超凄馬
9
 トラキアンコード
4.0倍 (③人気)
8
 トーヨーピース
14.0倍 (⑤人気)
払戻
中山
9R
九十九里特別
3歳以上2勝クラス 芝2500m
4
 ステイブラビッシモ
8.7倍 (③人気)
7
 サンシロウ
8.9倍 (④人気)
2
 エフェクトオン
6.3倍 (②人気)
払戻
中山
10R
セプテンバーS
3歳以上3勝クラス 芝1200m
2
 エスターテ
9.9倍 (⑤人気)
9
 エンゲージリング
10.6倍 (⑥人気)
3
 ホープフルサイン
7.5倍 (③人気)
払戻
中山
11R
ながつきステークス
3歳以上オープン ダ1200m
13
 ゴールドクイーン
10.7倍 (④人気)
11
 ヒロシゲゴールド
3.1倍 (②人気)
4
 ラインシュナイダー
42.0倍 (⑩人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス 芝1600m
7
 モルフェオルフェ
11.3倍 (⑤人気)
14
 ブレイブメジャー
2.7倍 (①人気)
3
 サトノフォース
4.3倍 (②人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
4
 ファストボウラー
3.7倍 (②人気)
2
 シゲルカセイ
9.0倍 (④人気)
9
 メイショウマサヒメ
2.7倍 (①人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1600m
11
 シャドウブロッサム
1.5倍 (①人気)
1
 コルテジア
48.8倍 (⑧人気)
3
 ロードベイリーフ
7.4倍 (②人気)
払戻
阪神
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
3
 ソウルトレイン
5.2倍 (②人気)
2
 ドゥーベ
1.4倍 (①人気)
4
 ヴァイスリヒト
7.5倍 (④人気)
払戻
阪神
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
2
 ルプレジール
5.0倍 (③人気)
4
 サルサレイア
3.0倍 (②人気)
8
 メイショウカスガ
6.6倍 (④人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
7
 ロータスランド
2.9倍 (①人気)
10
 スワーヴドン
4.9倍 (③人気)
14
 セウラサーリ
16.8倍 (⑥人気)
払戻
阪神
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
12
 デンコウハピネス
25.1倍 (⑨人気)
8
 メジャーハリケーン
15.8倍 (⑦人気)
6
 サイモンミラベル
12.7倍 (⑤人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
6
 オーヴェルニュ
1.6倍 (①人気) 超凄馬
5
 プエルタデルソル
5.4倍 (②人気)
10
 ハイクアウト
6.8倍 (③人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝2000m
6
 ダンスディライト
4.4倍 (②人気)
7
 ニューポート
7.7倍 (⑤人気)
2
 シャイニーピース
34.1倍 (⑥人気)
払戻
阪神
9R
ききょうステークス
2歳オープン 芝1400m
6
 プリンスリターン
16.5倍 (④人気)
3
 ワンスカイ
6.8倍 (③人気)
4
 シャレード
1.7倍 (①人気)
払戻
阪神
10R
夕月特別
3歳以上2勝クラス 芝1800m
5
 ブランノワール
1.8倍 (①人気)
1
 タンタラス
3.4倍 (②人気)
3
 コパカティ
8.0倍 (④人気)
払戻
阪神
11R
大阪スポーツ杯
3歳以上3勝クラス ダ1400m
8
 ビックリシタナモー
9.4倍 (⑤人気)
7
 タガノジーニアス
30.0倍 (⑨人気)
4
 フィールドセンス
5.3倍 (④人気)
払戻
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ2000m
3
 コマビショウ
2.1倍 (①人気)
4
 スズカフロンティア
12.8倍 (④人気)
7
 グラットシエル
4.8倍 (②人気)
払戻

レース結果

  • 全開催競馬場
  • 4回中山7日目
  • 4回阪神7日目
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
1
 セイシェルノユウヒ
7.1倍 (②人気)
5
 ディープハーモニー
46.2倍 (⑪人気)
8
 ロードグリュック
2.0倍 (①人気) 超凄馬
払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
12
 エスニックソング
4.1倍 (②人気)
14
 ペルシャンジュエル
58.0倍 (⑩人気)
10
 カナライズ
6.6倍 (④人気)
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m
8
 カリオストロ
5.8倍 (②人気) 超凄馬
13
 クリノアマリリス
30.8倍 (⑧人気)
10
 フィナールショコラ
13.3倍 (⑦人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m
7
 シュルルヴァン
2.6倍 (①人気)
9
 テンジュイン
15.0倍 (⑥人気)
3
 ユニティコ
5.7倍 (③人気)
払戻
阪神
3R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1400m
9
 タマモツワモノ
4.1倍 (②人気)
2
 ヴェーラ
2.1倍 (①人気)
7
 ミステリオーソ
61.0倍 (⑫人気)
払戻
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
5
 レインカルナティオ
2.7倍 (①人気)
10
 リスペクト
68.8倍 (⑨人気)
7
 リメインオブザデイ
37.7倍 (⑥人気)
払戻
阪神
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障2970m
9
 マルクデラポム
7.8倍 (③人気) 超凄馬
2
 テイエムリボー
1.7倍 (①人気)
8
 リボンナイト
43.4倍 (⑨人気)
払戻
中山
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
9
 アポロビビ
2.4倍 (①人気)
5
 エリンアクトレス
3.7倍 (②人気)
7
 エースロッカー
14.4倍 (⑥人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
6
 チュウワノキセキ
18.8倍 (⑤人気)
10
 ビットクラッシャー
46.7倍 (⑦人気)
7
 アラジンバローズ
2.0倍 (①人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
13
 アヌラーダプラ
1.7倍 (①人気)
3
 ダイワミラクル
6.2倍 (③人気)
8
 ラキ
11.3倍 (④人気)
払戻
阪神
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
10
 オーシャンズルーラ
4.4倍 (②人気)
4
 ラタンドレス
47.2倍 (⑩人気)
11
 ペイシャクレア
7.5倍 (③人気)
払戻
中山
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
6
 シティーオブスター
2.7倍 (①人気)
9
 カウンターエア
25.7倍 (⑧人気)
11
 ホウオウトゥルース
5.0倍 (②人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m
16
 ソシアルクラブ
3.8倍 (②人気) 超凄馬
2
 ナリス
15.4倍 (④人気)
6
 リーゼントアイリス
195.4倍 (⑰人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m
2
 ユナカイト
1.5倍 (①人気) 超凄馬
14
 レオンドーロ
15.0倍 (④人気)
9
 アピールバイオ
35.1倍 (⑥人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ2000m
5
 ワイルドシング
6.3倍 (④人気)
10
 テーオーポシブル
4.4倍 (①人気)
4
 セロシア
5.9倍 (③人気)
払戻
中山
8R
芙蓉ステークス
2歳オープン 芝2000m
4
 オーソリティ
2.0倍 (①人気)
6
 ウインカーネリアン
4.0倍 (③人気)
5
 サペラヴィ
29.1倍 (⑥人気)
払戻
阪神
9R
甲東特別
3歳以上2勝クラス 芝1600m
5
 ブルベアトリュフ
29.1倍 (⑦人気)
1
 シュバルツボンバー
14.1倍 (⑥人気)
10
 スラッシュメタル
13.6倍 (⑤人気)
払戻
中山
9R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1800m
4
 アシャカトブ
5.5倍 (③人気)
15
 アフターバーナー
11.3倍 (⑥人気)
3
 レトロフィット
10.6倍 (⑤人気)
払戻
阪神
10R
西宮ステークス
3歳以上3勝クラス 芝2000m
4
 ジェシー
2.5倍 (①人気)
9
 ハナズレジェンド
6.1倍 (③人気)
7
 シャルルマーニュ
8.9倍 (④人気)
払戻
中山
10R
内房ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1800m
12
 デザートスネーク
12.5倍 (④人気)
9
 グラスブルース
129.4倍 (⑮人気)
5
 ブライトンロック
49.7倍 (⑫人気)
払戻
阪神
11R
神戸新聞杯 G2
3歳オープン 芝2400m
3
 サートゥルナーリア
1.4倍 (①人気)
5
 ヴェロックス
2.6倍 (②人気)
8
 ワールドプレミア
13.2倍 (③人気)
払戻
中山
11R
産経賞オールカマー G2
3歳以上オープン 芝2200m
9
 スティッフェリオ
11.2倍 (④人気)
1
 ミッキースワロー
4.9倍 (③人気)
4
 グレイル
21.4倍 (⑥人気)
払戻
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
16
 アヴァンティスト
3.0倍 (①人気)
12
 コウエイアンカ
10.1倍 (⑤人気)
15
 サンマルペンダント
171.5倍 (⑯人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
12
 アルーアキャロル
3.9倍 (①人気)
16
 ミスパイロ
7.1倍 (④人気)
14
 アルベルティーヌ
7.5倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
中山
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1200m
12
 エスニックソング
4.1倍 (②人気)
14
 ペルシャンジュエル
58.0倍 (⑩人気)
10
 カナライズ
6.6倍 (④人気)
払戻
中山
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1200m
7
 シュルルヴァン
2.6倍 (①人気)
9
 テンジュイン
15.0倍 (⑥人気)
3
 ユニティコ
5.7倍 (③人気)
払戻
中山
3R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1800m
5
 レインカルナティオ
2.7倍 (①人気)
10
 リスペクト
68.8倍 (⑨人気)
7
 リメインオブザデイ
37.7倍 (⑥人気)
払戻
中山
4R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1200m
9
 アポロビビ
2.4倍 (①人気)
5
 エリンアクトレス
3.7倍 (②人気)
7
 エースロッカー
14.4倍 (⑥人気)
払戻
中山
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝1600m
13
 アヌラーダプラ
1.7倍 (①人気)
3
 ダイワミラクル
6.2倍 (③人気)
8
 ラキ
11.3倍 (④人気)
払戻
中山
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1800m
6
 シティーオブスター
2.7倍 (①人気)
9
 カウンターエア
25.7倍 (⑧人気)
11
 ホウオウトゥルース
5.0倍 (②人気)
払戻
中山
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m
2
 ユナカイト
1.5倍 (①人気) 超凄馬
14
 レオンドーロ
15.0倍 (④人気)
9
 アピールバイオ
35.1倍 (⑥人気)
払戻
中山
8R
芙蓉ステークス
2歳オープン 芝2000m
4
 オーソリティ
2.0倍 (①人気)
6
 ウインカーネリアン
4.0倍 (③人気)
5
 サペラヴィ
29.1倍 (⑥人気)
払戻
中山
9R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1800m
4
 アシャカトブ
5.5倍 (③人気)
15
 アフターバーナー
11.3倍 (⑥人気)
3
 レトロフィット
10.6倍 (⑤人気)
払戻
中山
10R
内房ステークス
3歳以上3勝クラス ダ1800m
12
 デザートスネーク
12.5倍 (④人気)
9
 グラスブルース
129.4倍 (⑮人気)
5
 ブライトンロック
49.7倍 (⑫人気)
払戻
中山
11R
産経賞オールカマー G2
3歳以上オープン 芝2200m
9
 スティッフェリオ
11.2倍 (④人気)
1
 ミッキースワロー
4.9倍 (③人気)
4
 グレイル
21.4倍 (⑥人気)
払戻
中山
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
12
 アルーアキャロル
3.9倍 (①人気)
16
 ミスパイロ
7.1倍 (④人気)
14
 アルベルティーヌ
7.5倍 (⑤人気)
払戻
開催場・レース名 1着 2着 3着 払戻
阪神
1R
2歳未勝利
2歳未勝利 ダ1800m
1
 セイシェルノユウヒ
7.1倍 (②人気)
5
 ディープハーモニー
46.2倍 (⑪人気)
8
 ロードグリュック
2.0倍 (①人気) 超凄馬
払戻
阪神
2R
2歳未勝利
2歳未勝利 芝1400m
8
 カリオストロ
5.8倍 (②人気) 超凄馬
13
 クリノアマリリス
30.8倍 (⑧人気)
10
 フィナールショコラ
13.3倍 (⑦人気)
払戻
阪神
3R
2歳新馬
2歳新馬 ダ1400m
9
 タマモツワモノ
4.1倍 (②人気)
2
 ヴェーラ
2.1倍 (①人気)
7
 ミステリオーソ
61.0倍 (⑫人気)
払戻
阪神
4R
障害3歳以上未勝利
障害3歳以上未勝利 障2970m
9
 マルクデラポム
7.8倍 (③人気) 超凄馬
2
 テイエムリボー
1.7倍 (①人気)
8
 リボンナイト
43.4倍 (⑨人気)
払戻
阪神
5R
2歳新馬
2歳新馬 芝2000m
6
 チュウワノキセキ
18.8倍 (⑤人気)
10
 ビットクラッシャー
46.7倍 (⑦人気)
7
 アラジンバローズ
2.0倍 (①人気)
払戻
阪神
6R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ1400m
10
 オーシャンズルーラ
4.4倍 (②人気)
4
 ラタンドレス
47.2倍 (⑩人気)
11
 ペイシャクレア
7.5倍 (③人気)
払戻
阪神
7R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス 芝1600m
16
 ソシアルクラブ
3.8倍 (②人気) 超凄馬
2
 ナリス
15.4倍 (④人気)
6
 リーゼントアイリス
195.4倍 (⑰人気)
払戻
阪神
8R
3歳以上1勝クラス
3歳以上1勝クラス ダ2000m
5
 ワイルドシング
6.3倍 (④人気)
10
 テーオーポシブル
4.4倍 (①人気)
4
 セロシア
5.9倍 (③人気)
払戻
阪神
9R
甲東特別
3歳以上2勝クラス 芝1600m
5
 ブルベアトリュフ
29.1倍 (⑦人気)
1
 シュバルツボンバー
14.1倍 (⑥人気)
10
 スラッシュメタル
13.6倍 (⑤人気)
払戻
阪神
10R
西宮ステークス
3歳以上3勝クラス 芝2000m
4
 ジェシー
2.5倍 (①人気)
9
 ハナズレジェンド
6.1倍 (③人気)
7
 シャルルマーニュ
8.9倍 (④人気)
払戻
阪神
11R
神戸新聞杯 G2
3歳オープン 芝2400m
3
 サートゥルナーリア
1.4倍 (①人気)
5
 ヴェロックス
2.6倍 (②人気)
8
 ワールドプレミア
13.2倍 (③人気)
払戻
阪神
12R
3歳以上2勝クラス
3歳以上2勝クラス ダ1200m
16
 アヴァンティスト
3.0倍 (①人気)
12
 コウエイアンカ
10.1倍 (⑤人気)
15
 サンマルペンダント
171.5倍 (⑯人気)
払戻

超凄馬、極凄馬とは?

ウマニティが独自に開発した高精度スピード指数=U指数(ウマニティVIPクラブ会員向けコンテンツ)をもとに、U指数1位馬が指数2位馬との間につけた指数差が「2.0以上」の時に1位馬は 超凄馬 超凄馬となり、「4.0以上」になるとさらに格上の 極凄馬 極凄馬に指定されます。

<『凄馬』の成績>

超凄馬 超凄馬…勝率36%、複勝率69%を誇る軸馬候補!
極凄馬 極凄馬…凄馬の極み、断然の軸馬!勝率46%、複勝率77%
(集計期間:2008年6月1日~2019年9月22日、集計数:36,148レース分)

●開催日の凄馬をメールで無料配信中!

会員登録(無料)後に配信メール設定から凄馬メール(毎週開催日前日、開催終了翌日)をお受け取りいただけます。
※ウマニティ会員登録(無料)がお済みでない方はコチラ
※ウマニティ会員の方はコチラ(各種メール設定)

会員登録(無料)でできること
データベース検索

キーワード検索

» さくいん検索

開催スケジュール
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡7
100,070万円
2 レイデオロ 牡5
87,155万円
3 アーモンドアイ 牝4
74,871万円
4 オジュウチョウサン 牡8
66,681万円
5 スワーヴリチャード 牡5
58,813万円
6 リスグラシュー 牝5
58,398万円
7 キセキ 牡5
52,914万円
8 マカヒキ 牡6
51,710万円
9 アルアイン 牡5
51,170万円
10 ブラストワンピース 牡4
50,950万円
» もっと見る

3歳
1 アドマイヤマーズ 牡3
27,353万円
2 サートゥルナーリア 牡3
25,716万円
3 ダノンファンタジー 牝3
23,621万円
4 グランアレグリア 牝3
19,878万円
5 ダノンキングリー 牡3
17,411万円
6 ラヴズオンリーユー 牝3
17,295万円
7 ヴェロックス 牡3
16,304万円
8 クロノジェネシス 牝3
14,611万円
9 リオンリオン 牡3
13,748万円
10 ファンタジスト 牡3
13,439万円
» もっと見る