山崎エリカさんの競馬予想 3勝3勝3勝3勝 3勝 最新の競馬予想を見る≫
2019年7月27日()23:40発走(日本時間)
キングジョージ6世&クイーンエリザベスS
アスコット 4R
芝・右 2390m 3歳以上
最終更新日時:7月27日()22:50
必要ゴールド(VIP会員&プレミアム会員)500G
必要ゴールド(一般会員)1000G
着順 馬名 性齢 重量 騎手 オッズ 予想印 一言コメント
1 8 11 エネイブル 牝5 59.0 L.デットーリ 1.2
2 2 9 クリスタルオーシャン 牡5 60.0 J.ドイル 6.1
3 7 4 ヴァルトガイスト 牡5 60.0 P.ブドー 23.4
4 6 5 サルウィン 牡5 60.0 J.クローリー 326.1
5 4 10 ハンティングホーン 牡4 60.0 S.ヘファナン 230.8
6 1 6 シュヴァルグラン 牡7 60.0 O.マーフィー 16.7
7 11 8 ノルウェー 牡3 55.5 W.ローダン 179.7
8 5 2 モランド セ6 60.0 P.J.マクドナルド 271.6
9 3 3 デフォー セ5 60.0 A.アッゼニ 19.1
10 10 7 アンソニーヴァンダイク 牡3 55.5 R.ムーア 8.2
11 9 1 マジックワンド 牝4 59.0 D.オブライエン 95.1

無料予想公開範囲

なし(ゴールド利用者のみ)

コメント

 キングジョージ6世&クイーンエリザベスSは、三角形のおむすび型が特徴的なアスコットの芝2390mで行われます。芝2390mは三角形の左辺付近がスタート地点となり、スタートから三角形の頂点にあたる最初のコーナーの中間まで坂を下ります。下り坂は約20m。これはおおよそビルの5階から1階までです。

 そこから400mほど続く緩やかなコーナーを抜け、次の直線に入ると、今度は一転して上り坂。2度目の最終コーナーを抜けて、最後の約500mある直線に入っても急勾配の上り坂となっており、ゴール前の200mのみが平坦。三角形の頂点にあたる最低地点(スウィンリーボトム)と、最高地点のゴールとの高低差は22.25mで、これは中山競馬場(高低差5.3m)の4倍強。このため数ある英国の競馬場の中でも非常にタフなコースとなっています。

 前半で坂を下って、後半で坂を上るコースというのは、前半のペースが上がりやすいため、逃げ、先行馬にはとても厳しいコース。さらに路盤は粘土質ですから、水を含むと一気に時計を要します。本日の馬場発表は、現時点でGood to Soft(稍重)。今回断然1番人気に支持されているのはエネイブルですが、同馬はここまでタフな馬場を経験したことはありません。昨年の凱旋門賞はSoft(重馬場)でしたが、シャンティイとアスコットではタフさが違います。

 この馬が人気を裏切るとすれば、休養明け好走後でもあるここでしょう。鞍上が天下のデットーリ騎手ですから、今回はなるべく差す形の騎乗をすると見ていますが、オブライアン厩舎のラビット、ハンティングボーンがレースメイクする中での先行策となると、さらに苦しい競馬となるでしょう。

 よって、◎には、昨年のサンクルー大賞典(日本の宝塚記念に該当)の優勝馬(7)ヴァルトガイストを推します。この馬は昨秋のフォア賞も制しており、次走の凱旋門賞でもエネイブルと0.3秒差(4着)。その後のBCターフや香港ヴァーズでは勝ち馬から離された5着でしたが、立て直された前々走のガネー賞では、2着スタディオブマンに4馬身半差を付けの完勝と結果を出しました。

 前走・プリンスオブウェールズSは休養明け好走のダメージもあったようで、勝ち馬クリスタルオーシャンは離されはしたものの、クリスタルオーシャンは道悪の鬼。今回は前走時ほど馬場が悪くありません。また、ヴァルトガイスト自身も前走で道悪を経験したことで、今回のタフな馬場もこなしやすくなるでしょう。能力、ローテーション、タフな馬場適性を総合的に考えた結果、この馬が本命という結論に至りました。

 〇は、一昨年のこのレース勝ちや凱旋門賞2連覇、さらに昨秋のBCターフも制した(8)エネイブル。この馬が強いことは周知のとおり。しかし、一昨年のこのレースはそこまで馬場がタフではない中で結果を出したもの。3歳時で斤量にも恵まれていました。また、昨秋の凱旋門賞は休養明け2戦目で結果を出しましたが、始動戦に脚元への負担を減らすAWのセプテンバーSを選択した陣営の好判断によるもの。しかし、今回は休養明けの前走・エクリプスSで強豪マジカルを撃破と、この馬の力の九分以上は出し切っており、二走ボケを起こす危険性もあります。これまでこの馬を◎にしてきた私ですが、今回ばかりは評価を下げます。

 ▲は、デビューから15戦全て3着以内の安定感を誇る(2)クリスタルオーシャン。この馬は昨年のこのレースでは2着に敗れていますが、直線で早め先頭に立って抜け出したことで、勝ち馬ポエッツワードの目標になったもの。最後の最後でポエッツワードに前に出られても、もうひと踏ん張りしたしぶとい内容は、とても褒められます。前走のプリンスオブウェールズSでもマジカルを相手に、2番手から直線早め先頭に立ち、そのまま押し切ってのゴールイン。まさに道悪の鬼で、初G1制覇を果たしました。この馬はアスコットのようなタフなコース&馬場はとても得意としていますが、前走で能力を出し切っており、余力の面での不安があるので狙い下げました。

 以下特注馬として、3走前の英ダービートライアル、そして前々走の英ダービーを連覇した(10)アンソニーヴァンダイク。この馬は前走の愛ダービーでは、同厩舎のソヴリンの逃げ切りを許しましたが、逃げ馬有利の展開に恵まれたもの。大舞台の今回は、さすがに前走のようなスローペースにはならないと見ています。この馬は3歳馬で前記した馬よりも能力比較で見劣りますが、それらは先行型。前が競り合って崩れるようなことがあれば、この馬にもチャンスが巡ってくるでしょう。

 あとは△に日本国内のG1勝ちはジャパンCのみですが、芝3000m以上では3度の天皇賞(春)を含めて全て3着以内の(1)シュヴァルグラン。この馬は国内のステイヤー路線でキタサンブラックなどの強豪を相手に結果を出してきたのは、日本馬の中ではかなりスタミナのある部類だから。前走のドバイシーマクラシックもスワーヴリチャードとともに中団からしぶとく伸びて、オールドペルシアンに食らいついての2着は、十分に褒められる内容でした。

 ドバイシーマクラシックで4着に敗れたハンティングホーンは、クリスタルオーシャンが勝ったプリンスオブウェールズSでも4着と善戦していることから、シュヴァルグランがここでも通用する能力があるのは確か。しかし、メイダンよりもコース&馬場がタフなアスコットでも、スタミナが不足する休養明けで通用するかというというと疑問もあります。押さえ程度の評価が妥当でしょう。

買い目

複勝 通常 07 5,000円 07 240円 的中!
馬連 通常 07 - 08 1,500円
馬連 通常 02 - 07 1,500円
馬連 通常 07 - 10 1,500円
馬連 通常 01 - 07 500円

合計金額

購入:10,000円  払戻:12,000円  収支:2,000円

この予想は?

 
2ナイス

予想閲覧

77ビュー