タコチャンゾウサンさんの競馬日記

競馬の税金について改めて考えた事

 公開

128

また最近競馬の税金が話題になっていたので改めて考え直して気づいた事

主に馬券購入者が『馬券の収支』をベースに税金を考えているのに対して
国税の側が『あたり馬券』をベースに税金を考えている

という違いがようやく最近気づきました
税金について馬券購入者と国税の側の対立の原因が分かった様な気がします

このことが税金で良く話題になる『見解の相違』ってやつですかね?

なんだかちょいと理解出来た様な気がするんだが
最初は?だった競馬の税金、今は国税の側が正しい様な気がしてきた・・・・

追記
『国税の側が正しい』って書いたのは現状の法律の中での話です
私も今の法律についてはもっと分かり易くならないかな~とか
競馬の税金高すぎねえ?(´・ω・`)とか思っているので
法律が変わる事があれば良いかな~と思ってます
いまいち言葉足らずでニュアンスが伝わらなかったかなと思い追記を書きました

 コメント(2

古い順・新しい順

教授
2022年6月24日 20:16

タコチャンゾウサンさん

こんばんは。
国税の個々のケースでの見解はおいといて、
法的にはすでに一時所得とする場合、雑所得とする場合の2種類が認められています。
その線引きがあいまいなのが現状、一番の問題なのでは?と思いました。

雑所得としてはずれ馬券を経費として認めるケースは、たぶん既に大阪の件以外にも
たくさん適用例があると推察されますが、「システムを利用した継続的な経済活動として」
という判例が狭すぎて、もう少しそれが拡大解釈されたらすっきりするのではないでしょうか。

WIN5のような高額馬券1件に課税する場合は「一時所得」、複数回、複数年に渡って
課税するケースは納税者が有利な納税方法を選択できる(いろいろ証明が必要として)という
前提で、それを具体化してもらえれば競馬ファンも「馬券離れ」しないのではと思います。

最悪なのは、「はずれ馬券を経費として認める」代わりに控除率をアップするという案ですね。
そうなったら私は馬券を買いません。

ナイス!  (2)
タコチャンゾウサン
2022年6月24日 21:18

教授さん
こんばんは

教授さんの指摘通りですね
ただ雑所得の範囲が広くなれば『ハズレ馬券が~』って話になって
『脱税が~』って話になりかねないので結局は一時所得のままの現状維持になるんじゃ
ないですかね~
 
PATとかで馬券買ってそこら辺の証明が簡単に出来て~って話になれば良いんですけどね楽だし

ビジネスとか考えて誰か参入しないのかなと
近頃IRうんちゃらあるんだけど儲からないから参入しないのかな?って感じです

ナイス!  (1)

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント