亀丸少年さんの競馬日記

料理家の辰巳芳子さんについて何も知らなかったのですが、今朝の「サワコの朝」を視て、印象に残りました。

2018年7月14日 8:15 公開

39

たぶん、料理界では有名で、「知らない」などというと失礼な奴だ、と言われそうですが、隠さずに正直に。

で、今放送が終わったばかりの「サワコの朝」を視て、その言葉の数々、考え方、人となりが静かにでも強く印象に残りました。

で、その放送を視ながら、辰巳芳子さんの言葉をネットで検索してみたら、6年目の糸井重里氏との対談の中でこんな内容が。

『私はね、「いのち」とは「時間のなかにある」と思っているんです。』

『たとえば、私がこの取材を受けている時間、あなたが、この取材をなさっている時間、
それが本当に「真心をこめた時間」であるか否か。』

『それいかんによって「時間の値打ち」が、つまりは「いのちの値打ち」が、決まってしまう。
 だから、いいかげんな取材をすれば、「今ここにある、あなたの人生」そのものが、いいかげんなもの  に、なってしまう。』

☆  ☆  ☆

引用していたら切りが無いので、このあたりで止めておきますが、「いのち」とは「時間のなかにある」という部分が、心にグサリと。

大袈裟なこと、目立つことではなくて、静かで、目立たない、でも自分自身で納得できるような時間を過ごす、それに努めることしかないんですね、きっと。

こういう話を聞ける、そこから思いが広がるから、やはり「サワコの朝」は見逃せない番組です。

 コメント(2

古い順・新しい順

DBオーナー
2018年7月14日 8:59

そうなんですね。見てみようと思いました。

ナイス!  (1)
亀丸少年
2018年7月14日 9:28

自分の知らなかったこと、知らなかった人のことを新たに知ることが大切だと、あらためて(^.^)(-.-)(__)

ナイス!  (0)

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント