亀丸少年さんの競馬日記

首相官邸で結婚発表するあざとい政治家、その話題にダラダラと電波を流すテレビとノー天気で視ている視聴者?

 公開

46

おはようございます。

タイトルに書き込んだこと以上、本文で触れる気も起きないので、ここまで。今、国内外で起きている重大な、深刻な問題が山積しているのに、「視聴率」というノルマに追われ、権力には忖度する日本のメディア、テレビ局の姿勢にはあらためて落胆するだけですね。

で、話題を変えて、この夏の課題図書?について。



小熊 英二 (著)
「日本社会のしくみ 雇用・教育・福祉の歴史社会学」 (講談社現代新書)

<内容紹介>
「日本社会のしくみ」は、現代では、大きな閉塞感を生んでいる。女性や外国人に対する閉鎖性、「地方」や非正規雇用との格差などばかりではない。転職のしにくさ、高度人材獲得の困難、長時間労働のわりに生産性が低いこと、ワークライフバランスの悪さなど、多くの問題が指摘されている。

しかし、それに対する改革がなんども叫ばれているのに、なかなか変わっていかない。それはなぜなのか。そもそもこういう「社会のしくみ」は、どんな経緯でできあがってきたのか。この問題を探究することは、日本経済がピークだった時代から約30年が過ぎたいま、あらためて重要なことだろう。(中略)

本書が検証しているのは、雇用、教育、社会保障、政治、アイデンティティ、ライフスタイルまでを規定している「社会のしくみ」である。雇用慣行に記述の重点が置かれているが、それそのものが検証の対象ではない。そうではなく、日本社会の暗黙のルールとなっている「慣習の束」の解明こそが、本書の主題なのだ。 ――「序章」より

☆  ☆  ☆

この酷暑ですからね。映画と読書と、日曜の重賞レースの馬券勝負で過ごすこの夏です。

 コメント(1

古い順・新しい順

亀丸少年
2019年8月10日 6:41

おっと、また「北朝鮮が飛翔体2発発射と韓国報道」というニュースが!?

ナイス!  (1)

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント