グリーンセンスセラさんの競馬日記

> ダノンマジェスティ打倒に燃える「2頭」

2018年1月31日 17:33 公開

175

JRA南井克巳厩舎の「秘密兵器」がきさらぎ賞で爆発!? ダノンマジェスティ打倒に燃える「2頭」がコワい
─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2018年1月31日 15時0分 http://biz-journal.jp/gj/2018/01/post_5703.html

 毎年、クラシックを狙う有名馬や良血馬が集結するきさらぎ賞(G3)。今年は良血馬・ダノンマジェスティに人気が集中しているようだ。

 昨年の皐月賞馬・アルアインの全弟であるダノンマジェスティ。前走では2着に3・1/2馬身差をつけて快勝。最後の直線で外にもたれてしまい若さを露呈したものの、それを補って余りある才能を垣間見せていた。

 そして陣営はきさらぎ賞では万全を期すべく、ハミを替えるなど対策を立てて臨む。「スポニチ」の取材に平井助手は気性難があるわけではないと話し、「左手前だとバランスが取れないんです。今度はリングハミにします」と説明してハミ交換の効果に期待しており、さらに「ダービーにいきたい馬。ここで負けていたら、上でどうこうは言えませんからね」と断言していた。

 すでに遙か先の頂きを見据えているダノンマジェスティ陣営。しかし、将来性の高さには目をみはるものがある一方、まだ馬体のゆるさが指摘されるなど、完璧な状態とは言い難いのも事実。先を見つめるあまり今回のレースで足下をすくわれる可能性もあるという。

「今回のレースには、ダノンマジェスティに負けず劣らずの将来性を秘めた馬たちが出走します。まず対抗馬としてあげられるのはカツジです。デイリー杯2歳S(G2)では後のホープフルS(G1)で2着に入るジャンダルムに惜敗。そして昨年暮れには朝日杯フューチュリティS(G1)に出走を予定したものの故障でレースを回避していました。

 ですが、あのときに陣営が回避しため大事には至らず早期復帰が可能になり、さらに休養中に大きく成長をうながすこともできたそうです。まさに怪我の功名で、同馬の陣営はここで勝利をして賞金の加算を狙っているようです」(競馬誌ライター)


🏇次のページ 南井克巳厩舎の「秘密兵器」がきさらぎ賞で

 実力もありつつ運も味方につけたのであればさらに侮れない存在だ。そしてもう1頭、勝利を目指すべく虎視眈々と準備を進めている馬もいるという。

「管理する南井克巳厩舎の秘密兵器・サトノフェイバーですよ。前走ではスタートからハナを奪うと他馬に先頭を譲ることなくそのままゴールイン。2着に3馬身差をつける圧巻の走りで勝利をつかみ取りました。南井厩舎から他厩舎への移籍が決定している調教助手のひとりは『重賞でもいい勝負をする』と確信しているようで、『移籍は早まったのかもしれない』と同馬との別れを惜しむほどその素質に惚れ込んでいたといいます。

 騎乗するのは昨年、テイエムジンソクブレイクの鞍上として一躍脚光をあびた古川吉洋騎手。上り調子騎手と素質馬のコンビが波乱を巻き起こす可能性も高いです」(現場記者)

 多くの素質馬がしのぎを削るきさらぎ賞。クラシック制覇に向けて幸先のいいスタート切ることができるのはどの馬になるのだろうか?

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬日記

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント