ちびざるさんの競馬日記

【雑感】ダノンキングリーについて・・・・。

 公開

219

先週の日曜のメインから大阪杯を回顧。
勝ったのは、ラッキーライラックでした。
好スタートをするも行く馬に行かせて控える競馬。
道中は好位から競馬を進め、ギリギリまで追い出しを
待ちました。それでも加速していましたからね。
ステッキを入れられるとさらに一伸びしたように見えました。
この辺のミルコ・デムーロ騎手は上手いですね。
そしてキッチリ残すあたりも流石ですね。
好位で折り合えるようになってきたのは大きいですね。


さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、ダノンキングリーについて。
好スタートから思わぬ形で逃げることになりました。
結果は最後失速して3着。
レース後の横山典騎手のコメントでも「スタートが誤算だった」と言っていましたが
掛かってしまったというふうにも取れます。
前走の中山記念で好スタートから好位からの競馬が出来ていたので
同様に行ければと踏んでいたのかもしれませんね。
他馬と馬体を合わせたことでスイッチが入ってしまったのかもしれませんね。
おそらく、戸崎騎手はその辺りを注意して騎乗していたかもしれませんね。
掛かるくらいなら出遅れてもいいくらいに思っていたかもしれません。
問題は、この後、戸崎騎手に戻ったときにどういうレースをするかですね。
ここ2戦が好位。逃げと前目からの競馬をしてしまっているので
馬が学習してしまった可能性があります。
次走は戸崎騎手とのコンビでどういうレースをするのか注目したいですね。

余談ですが、横山典騎手の脚質転換で思い出すのがワンアンドオンリーですかね。
皐月賞で強烈な差し脚で突っ込んできて4着だったのを見てダービーはこの馬かと思いましたが
ダービーでは好位からの競馬で勝ったものの皐月賞の印象が強く期待したレースではなかったように思いました。
その後のレースでは好位からの競馬でも全く良いところがなかったように思います。
ダノンキングリーにはこうならないでほしいですね。
共同通信杯や毎日王冠で見せた脚をまた見せて欲しいですね。


最後に、桜花賞について。現時点での私の注目馬は、デアリングタクトですね。
前走のエルフィンステークスは1着でした。内容も後方から他馬をねじ伏せる内容で強いの一言でした。
タイムも1分33秒6も優秀だと思います。
エピファネイア産駒なので気性の荒さがどこで顔を出すのか心配な面はありますが
スケールの大きさを感じるレースぶりに期待の方が大きいですね。

 ナイス!(23

もっと見る

 コメント(2

古い順・新しい順

TERAMAGAZINE
2020年4月7日 22:04

ダノックス(ダノン)は古馬G1を勝ち切るのはやはり難しいですね。

前哨戦のG2は強いのですが…
G2優勝賞金(+α)とG1の2着・3着賞金の違いをよくよく計算すれば…

「G2は(余力を残さず)全力で優勝賞金(+α)を獲りに行く!」
「メンバー強化のG1は、2着・3着なら上々」
(能力は高いし血統も優秀なので、余力少ない中でのメンバー強化G1でも行ける)←実際に馬券圏内

ダノックス(株式会社オービック・野田順弘代表取締役会長/CEO)は
コンピュータ管理の「システムインテグレーター」企業です。
(今期の決算も含めてずっと売り上げ絶好調)ですから
ビジネスとしては正解なのでしょうが…

1番人気に押し上げてくれるファンの気持ちを
ぜひとも考えて頂きたいです…

ナイス!  (4)
ちびざる
2020年4月8日 22:14

TERAMAGAZINEさん、コメントありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありません。m(__)m
確かに言われる通りですね。
ダノンの冠の馬って、GⅡ。GⅢは強いけどGⅠでは今一歩って感じですね。
そういう考えだったんですね。
妙に納得してしまいました。(笑)
馬主なんてそんなものなんでしょうね。(^^;
ファンのことなど考えていないと思います。

ナイス!  (0)

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬日記

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント