藤沢雄二さんの競馬日記

重賞は甘くない…~POG第14節~

2018年9月16日 7:53 公開

32

先週の出走がなかったことで先送りにしていた先々週のPOGの出走結果です。
結果が思わしくないと、タブレットを叩く指も重くなるんですw


【出走結果】
・9月1日 新潟2R
△シティーオブスター 4着 2.04.5・重(1着馬とのタイム差+0.3)
単勝オッズ 3.2倍(2番人気)
【採点:4.5】
《ラップタイム》12.9-11.5-12.5-13.4-12.8-12.6-12.4-12.3-11.7-12.1

新潟の最終週の未勝利戦に登場したシティーオブスターは4着でした。

《戸崎圭太騎手》
前目でレースをすることも考えていたのですが、ハミを取っていかなかったですね。
ずっとそういう感じで走っていました。

乗り役の手腕の問題というよりは馬の方に問題があるようなレースでした。
初戦が逃げたはいいがピッタリとマークされて息が入らなかった、そんなレースだったからてっきり今回も前に行くモノだと思っていたらまさか進んでいかないとは…(-""-;)

この敗因が重馬場によるものなのか左回りによるものなのかはわからないけど、単純に気分の問題だとしたら厄介ですよね。

前に行った3頭の隊列が変わらないままフィニッシュしてしまって、結果的に脚を余して4着だから“言い訳”にはなるのだろうけど、3~4コーナーで置かれ気味になったのが前残りを許した原因だと思うと、新馬戦の前の「長くいい脚を使える」という陣営のコメントは一体なんだったのかと思いたくなる。

相手関係からすれば正直、不満な結果ですよ。
とにかく使った上積みに期待するしかないですね。


・9月2日 小倉11R
△ジャカランダシティ 10着 1.09.9・良(1着馬とのタイム差+1.0)
単勝オッズ 9.9倍(5番人気)
【採点:4.0】
《ラップタイム》11.9-10.4-11.1-11.7-11.7-12.1

小倉2歳Sに挑戦したジャカランダシティは10着に終わりました。

《ブレントン・アヴドゥラ騎手》
終始、外を回るしかなかったからね。
番手を上げられず。今日は枠に負けてしまった。

セブタリアンの外枠発走が影響したかどうかは定かではないけど、出遅れて枠なりの追走。
見ていた分には、思ったよりは馬群が縦長にならなかった印象があるのだけど、あんな形になるのだったら確かに外枠が響いた感はある。
でもね、どうせ出遅れたのだったら腹を括って最後方からラチ沿いにつけるという手もあっただろうに。

アヴドゥラのゲームプランが先行だったのかもしれないけど、コメントを読むと融通が利かなかった印象はあるし、さりとて内枠を引けて馬群の中で競馬ができたとしても勝っていたとはとても言いがたいわけで。

ただこっちも、この一戦だけで適性を判断しようとは思っていない。
もともと早めに勝ち上がってくれたあとは短距離路線をダラダラと使ってほしいと思っていたので、重賞のここを勝てなければ掲示板を外してしまうなら6着も10着も一緒なわけで。もちろん、せめて5着は欲しかったけど、そこまでのタラレバを言えるような内容でもなかったし。

レース後は放牧に出ましたが、とりあえずこの先は数多く使ってくれれば…とは思っています。


※第14節終了時
5-7-3-12/27
《指名馬の騎手成績》
クリストフ・ルメール:1-2-0-1
福永祐一:1-1-1-1
内田博幸:1-1-0-0
川田将雅:1-0-0-0
田辺裕信:1-0-0-0
戸崎圭太:0-2-0-3
ジョアン・モレイラ:0-1-0-1
北村宏司:0-0-1-2
横山典弘:0-0-1-1
北村友一:0-0-0-2
ブレントン・アヴドゥラ:0-0-0-1

《人気度数》
1番人気:4-1-1-1
2番人気:0-4-0-5
3番人気:1-2-2-3
4番人気:0-0-0-2
5番人気:0-0-0-1

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント