亀丸少年さんの競馬日記

「取り越し苦労は傲慢である」かあ。間もなく読み終える文庫本『身体の言い分』から。

 公開

63

おはようございます。

間もなく読み終えますが、今読んでいる『身体の言い分』内田樹・池上六朗(毎日新聞社)の中から、思わず膝を叩いて(本当は、心の中だけで)、納得したのが、

「取り越し苦労は傲慢である」

という部分で、以下にその内容を引用して、ご紹介を。

『取り越し苦労は怒りや嫉妬と同じくらい人間の心身を蝕む
 有害なものなのです。
 取り越し苦労って要するに時間を先取りすることだから、
 未来というのは何が起こるかわからない
 から、未来なのに、それをわかったつもりになって、その上、
 起こるか起こらないか、わからないことのうちのマイナスの要素
 だけを確実に起こることだと思い込んで苦しむわけですから・・・
 取り越し苦労って、かなり危険なものだということが。
 取り越し苦労をしている人って、傲慢な人間だと思うんです。
 何が起こるか自分はわかっていると思っている点でまず傲慢だし、
 お気軽にすごしているほかの人間に比べて、自分のほうが
 ずっと濃密で重厚な人生を送っていると思っている点でも態度
 悪いですよ。
 だからぼくは、取り越し苦労をしてぐちぐち言っている人間には絶対
 同情しない。』

☆  ☆  ☆

競馬、特に馬券勝負でもいるじゃないですか、勝負レースの選択、その予想に集中しないで、「このレースは難しい」とか「勝負するなら他のレースの方が良いかな」とか、取り越し苦労をしてぐちぐち言っている人間が(苦笑)ほら、あなたも顔が浮かびませんか、何人か...

 コメント(0

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

新着競馬日記

人気競馬日記

ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント