Race Info > 【愛知杯】マドレ重賞3勝目 角居厩舎ワンツー|Racing News

Latest News

【愛知杯】マドレ重賞3勝目 角居厩舎ワンツー
Information sources:SANSPO.COM 
 comment 0     like 0

 20日の中京11Rで行われた第52回愛知杯(3歳上牝馬オープン、GIII、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=3500万円)は、藤岡康太騎手騎乗の1番人気ディアデラマドレ(4歳、栗東・角居勝彦厩舎)がゴール前で差し切り勝ち。タイムは2分4秒4(重)。

 大雨が降りしきるなか、見事な母子制覇が達成された。ゴール前、馬群から鮮やかに差し切ったのはディアデラマドレ。1番人気に応え、7年前に制した母ディアデラノビアに続く母子制覇を成し遂げた。

 レースはサンシャインの逃げで幕を開け、ケイティバローズマイネオーラムが続く。人気のディアデラマドレは後方3番手あたりからのレースとなった。直線に向くと、ハンデ戦らしく横一線の叩き合い。馬場の真ん中からシャトーブランシュが抜け出しを図ったが、内に切れ込んで末脚を伸ばしたキャトルフィーユも迫る。しかし、それらをまとめてかわしたのが人気のデイアデラマドレ。ゴール寸前で馬群から抜け出すと、あっという間に差し切って3度目の牝馬重賞Vを果たした。1馬身差の2着にも2番人気のキャトルフィーユが入り、角居厩舎の人気2頭によるワンツーフィニッシュ。2着と1/2馬身差の3着には、最後に猛然と追い込んだ10番人気のスイートサルサが入っている。

 ディアデラマドレは、父キングカメハメハ、母ディアデラノビア、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)キャロットファームの所有馬。通算成績は13戦6勝。重賞はGIIIマーメイドS、GII府中牝馬S(2014年)に次いで3勝目。角居勝彦調教師は07年ディアデラノビアに次いで愛知杯2勝目。藤岡康太騎手は初勝利。

 藤岡康騎手は「返し馬の段階から、すごく雰囲気が良かったですからね。直線で少し前がふさがる場面がありましたが、前があいてからはしっかりと伸びてくれました」とコンビを組んで5度目の勝利となった愛馬を称えていた。

★20日中京11R「愛知杯」の着順&払戻金はこちら

like (0)
 

Comments to this news

You need to be an Umanity member(Free) to post your comments.
There are no comments yet.

Race info

This week watch race

30 Sep
SPRINTERS ST G1
29 Sep
SIRIUS STAKE G3

⇒This week Race card

Last week result

23 Sep
ALL COMERS G2
KOBE SHIMBUN G2

⇒Last week race card