最新競馬ニュース

【ローズS】タッチングスピーチが重賞初制覇!

SANSPO.COM:2015年9月20日() 15:46

 1,400

 20日の阪神11Rで行われた第33回関西テレビ放送賞ローズステークス(3歳牝馬オープン、GII、芝1800メートル、17頭立て、1着賞金=5000万円、秋華賞トライアル=3着までに優先出走権)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の7番人気タッチングスピーチ(栗東・石坂正厩舎)が外から豪快に差し切って重賞初制覇。2着ミッキークイーン、3着トーセンビクトリーとともに秋華賞(10月18日、京都、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分45秒2(良)。

 クラシックホースも良血馬も蹴散らして、新たなヒロイン候補が誕生した。後方2番手追走から直線一気の差し切りを決めたのはタッチングスピーチ。新コンビのルメール騎手に導かれて、鮮やかに重賞初制覇を決めた。

 レースは内からシングウィズジョイが先手を取ったが、外からレッツゴードンキが並びかけ、これをかわしていく。クイーンズリングプレミオテーラーメジャーガラメキなどが好位につけて、スタートでやや立ち遅れた人気のミッキークイーンは最後方からのレースとなった。速いペースで流れ、先行した馬の多くは直線半ばで苦しくなる展開。レッツゴードンキは粘りを見せたものの、ゴール前は様相がガラリと一変した。その中から有力馬2頭を従えて堂々と抜け出したのがタッチングスピーチだ。道中は後方2番手でミッキークイーンのすぐ前に位置しての直線勝負。外に持ち出されるとグイグイと末脚を伸ばし、オークス馬の追撃を退けてゴールに飛び込んだ。1馬身1/2差の2着がミッキークイーン。さらに1馬身1/4差の3着が2番人気のトーセンビクトリーだった。桜花賞レッツゴードンキは4着に終わっている。

 タッチングスピーチは、父ディープインパクト、母リッスン、母の父Sadler’s Wellsという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、(有)サンデーレーシングの所有馬。通算成績は6戦3勝。重賞初勝利。石坂正調教師は2012年ジェンティルドンナに次いでローズS2勝目、クリストフ・ルメール騎手は初勝利。

 ルメール騎手は「きょうはスタートはあまり良くなかったけど、ペースがとてもよかった。タッチングスピーチはリラックスして、ちょっと(距離は)忙しかったけど、いっぱいマイルの馬がいてペースが速かった。彼女はそのタイプが大好き。(ミッキークイーンの猛追は)見た。大外から。怖かったね。けど、タッチングスピーチは長くいい脚を使うし、スタミナがある。とてもいいコンディションで、追い切りも反応がすごかった。秋華賞も楽しみです。スタミナ、瞬発力もあり、とてもいい馬です」と本番に向けて手応え十分の表情だった。

★20日阪神11R「ローズステークス」の着順&払戻金はこちら

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月17日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る