最新競馬ニュース

【函館SS】ゴッド一撃!岩田&須貝師タッグ

SANSPO.COM:2018年6月12日(火) 05:03

 2,860

 今週16日に6週間、計12日の函館開催がスタートする。関東馬も関西馬も入り交じった洋芝での戦いが見ものだ。開幕週のメインはサマースプリントシリーズの初戦、函館スプリントステークス(17日、GIII、芝1200メートル)。過去3年のデータから浮上してくるのは、須貝尚介調教師&岩田康誠騎手のタッグで挑む伏兵アドマイヤゴッドだ。

 今週16日からスタートする函館競馬。開幕週のメイン・函館スプリントSは“神コンビ”に要注目だ。

 2015~17年の函館開催で、目覚ましい成績を残しているのは岩田康誠騎手(44)=栗・フリー。49勝を挙げ、2位に17勝差をつける断然のトップだ。15年には函館記念ダービーフィズ)→函館2歳Sブランボヌール)と重賞連勝を飾り、リーディングを獲得している。また、厩舎別では須貝尚介調教師(52)=栗東=が12勝で首位。昨年は6勝を挙げ、13年以来4度目のリーディングに輝いた。

 前3年の当地連対率が33%を超す両者の強力タッグで、アドマイヤゴッドが重賞Vを狙う。全5勝中2勝を北海道シリーズで挙げる洋芝巧者で、昨年は準オープンの函館日刊スポーツ杯を快勝。また、岩田騎手とのコンビでも2勝と相性は上々だ。

 オープン入り後は連対こそないものの、昨秋の産経賞セントウルSでは0秒2差5着に健闘し、前走・京王杯SCではレコード決着の中、0秒4差9着。GIIでも差のない競馬をしており、GIIIなら流れひとつで一気の台頭がある。

 須貝師&岩田のタッグは一昨年、シュウジで臨んだこのレースで悔しいハナ差2着に終わった。そのリベンジもかかる開幕週の電撃戦。短い函館の夏を、いきなりの大花火で盛り上げてくれそうだ。

★函館競馬場

 芝コースの直線距離は262・1メートル(Aコース使用時)とJRA全10場の中で最も短く、小回りならではのスリリングな熱戦が繰り広げられる。また、全10場の中で唯一、スタンドから海(津軽海峡)を眺望することができることでも有名。場内には競走馬用の温泉施設もある。所在地は北海道函館市駒場町12-2でJR函館駅からバス、市電で約25分。

★2018年北海道シリーズ

 函館で今週16日~7月22日(6週12日間)、札幌で7月28日~9月2日(同)の全12週24日間で行われる。函館開催期間は俳優のトークショーや、お笑い芸人のライブステージ、著名馬の来場などイベント盛りだくさん。詳しくはJRAホームページで。





函館スプリントSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月17日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る