最新競馬ニュース

【マーメイドS】レイホーロマンス、しっかりデモ12秒7

SANSPO.COM:2018年6月7日(木) 05:09

 652

 マーメイドSの追い切りが6日、東西トレセンで行われた。栗東では重賞初制覇を目指すレイホーロマンスが、降りしきる雨の中、坂路で素軽いフットワークを披露。万全をアピールして最終調整を終えた。トーセンビクトリーはCWコース単走で馬なりながら力強い動きを見せて、サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』となった。

 降りしきる雨を、ものともしない。レイホーロマンスが軽快なフットワークで坂路を駆け上がった。見届けた橋田調教師が納得の表情でうなずく。

 「先週、しっかりやっているからね。動きはしっかりしていたし、良かったですよ」

 単走でリズム良く走り出し、ブレのないフォームでラップを刻む。時計を要する馬場でもしっかりとした脚で、軽く気合を付けられるとラスト1ハロン12秒7(4ハロン53秒7)をマークした。

 先週は岩崎騎手が騎乗し、CWコースで一杯に追われて6ハロン80秒9-11秒5の好時計を叩きだし、きっちり態勢を整えてきた。村井助手は「今週は僕が乗りましたが、変わらず順調。(中6週の)リフレッシュ明けでも動ける態勢ですよ」と仕上がりの良さに自信を見せる。

 今年に入ってから地力強化が顕著だ。愛知杯ではメンバー最速の上がりで2着。中山牝馬Sでは前残りの展開を大外から追い込んで3着と存在感を示した。トレーナーは「(体の)中身ができてきた。体幹がしっかりしているから、大きい馬にぶつかってもひるむことがない」と成長を実感。前走の福島牝馬Sは勝負どころでごちゃついて5着に終わったが、「敗因ははっきりしている」と村井助手に落胆の色はない。

 「1800メートルより2000メートルが向いていると思うし、いつでもしまいにはじける脚はある。競馬も柔軟に対応できる」

 橋田調教師は、初の重賞タイトル獲得へ力を込めた。同厩の半兄スズカデヴィアス(父キングカメハメハ)は先月の新潟大賞典で7歳にして重賞初制覇。お兄ちゃんに続け-。本格化の気配が漂う5歳牝馬が、いよいよ真の実力を発揮しそうだ。(長田良三)

★マーメイドステークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月17日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る