最新競馬ニュース

【マーメイドS】レース展望

SANSPO.COM:2018年6月4日(月) 18:45

 1,159

 2週目に入る阪神では日曜メインに牝馬限定のハンデGIIIマーメイドステークス(10日、芝2000メートル)が行われる。昨年こそ、ハンデ54から55キロの実績馬が1~3着を占めたが、格下の条件馬が軽ハンデを生かして馬券に絡むことも多く、狙いが絞りづらい難解なレースだ。

 今年も例年同様に混戦ムードだが、勢いがあるのが、前走のGIII福島牝馬Sで重賞ウイナーの仲間入りを果たしたキンショーユキヒメ(栗東・中村均厩舎、5歳)。1番人気のカワキタエンカが絶妙なペースで逃げ込みを図るところ、次位を0秒3上回るメンバー最速の上がり3ハロン35秒4の末脚を繰り出し、後方から一気に差し切りを決めた。

 メイショウサムソン産駒のタフな晩成タイプで、阪神芝2000メートルも昨年9月の準オープン・ムーンライトH勝ちなど【1・1・0・1】と堅実。唯一の着外も昨年のマーメイドSの小差4着だった。ハンデは当時から4キロ増の55キロだが、今の充実ぶりなら克服は可能だろう。エリザベス女王杯(11月11日、京都、GI、芝2200メートル)が行われる秋シーズンに向け、重賞連勝で弾みをつけたいところだ。

 トーセンビクトリー(栗東・角居勝彦厩舎、6歳)は前走の福島牝馬Sで0秒5差4着。好位で流れに乗りながら、ラストのひと伸びを欠いた。詰めの甘さは引き続き課題だが、今年は牡馬相手のアメリカジョッキークラブC5着など重賞3戦で5、4、4着と掲示板を確保しており、以前のもろさは解消されてきた。

 今回はトップハンデ56キロ。ハンデ戦でのこの斤量は2度経験して、昨年のこのレースの9着、2走前の中山牝馬S4着と振るわないが、相手関係はややくみしやすい印象で、侮れない存在だ。

 エマノン(栗東・平田修厩舎、5歳)は前走、1000万下の糺の森特別(京都芝1800メートル)を勝っての出走。格上挑戦だが、ハンデは50キロ。スワーヴリチャードの全姉と血統面からも注目したい馬だ。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月17日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る