最新競馬ニュース

【エプソムC】レース展望

SANSPO.COM:2018年6月4日(月) 18:48

 1,742

 3日の安田記念で東京競馬の5週連続GI開催が終了。今週の東京では日曜メインにエプソムカップ(10日、GIII、芝1800メートル)が行われる。GIIIながら、2011年1着ダークシャドウ(11年天皇賞・秋2着)、12年2着ダノンシャーク(14年マイルチャンピオンシップ優勝)、13年2着ジャスタウェイ(13年天皇賞・秋、14年ドバイデューティフリー、同安田記念優勝)、15年1着エイシンヒカリ(15年香港カップ、16年イスパーン賞優勝)、15年2着サトノアラジン(17年安田記念優勝)と後のGIで活躍する馬が目立ち、今年も見逃せない。

 過去10年で4歳馬が7勝、2着6回と活躍。今年は登録16頭中、4歳は2頭と少ないが、ともに有力候補だ。まず、ダイワキャグニー(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡)は東京で8戦して全5勝をマーク。そのうちプリンシパルS、キャピタルS、メイSとオープン特別を3勝。さらに今回と同じ東京芝1800メートルに絞れば、【3・0・0・1】で唯一の敗戦もGII毎日王冠の4着なら、中心にみていい。重賞初制覇のチャンスだ。

 もう1頭のサトノアーサー(栗東・池江泰寿厩舎、牡)は、きさらぎ賞、毎日杯2着、神戸新聞杯3着と重賞で好走しており、GIIIなら十分勝つ力がある。東京コースは2戦してダービー10着、前走のメイS3着と勝っていないが、芝1800メートルでは【1・2・1・0】と安定。久々を1度使って気配は確実に上向いている。陣営は春の目標としてこのレースを公言しており、初コンビの戸崎圭太騎手がどう乗るか興味深い。

 池江厩舎からは、スマートオーディン(牡5歳)も注目の参戦。屈腱炎による休養で、2年前のダービー6着以来、約2年ぶりの実戦になる。東京スポーツ杯2歳S、毎日杯、京都新聞杯と重賞3勝の実績はここなら上位。さすがに休養が長すぎる印象だが、潜在能力は明らかにGIレベルのものがあり、最終追い切りの動きが注目される。

 グリュイエール(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)は、前走で約2年1カ月ぶりの休養明けを克服。重賞級の能力をアピールした。休養前の名古屋城S(芝2200メートル)では、日本レコードをマーク。時計が速い今の東京コースはマッチするはずだ。芝1800メートルは【0・0・0・4】と振るわないものの、すっと好位につけられるスピードがあるだけに、問題はないだろう。丹念に乗り込まれており、前走の反動はなさそう。むしろ叩かれての上積みが見込める。

 ナイス!(0
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月17日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る