最新競馬ニュース

【日本ダービー】“地方競馬の名手”森&佐藤はプレミアム

SANSPO.COM:2018年5月27日() 05:05

 1,278

 日本ダービーは、すべての競馬関係者が注目する大一番。地方競馬の名手たちも、例外ではない。今回は、昨年のダービーで勝ち馬レイデオロをズバッと予想した森泰斗騎手(37)=船橋=と、佐藤友則騎手(36)=笠松、下原理騎手(40)=兵庫=の3人が登場。いずれ劣らぬ腕達者が、難解な一戦を読み解いた。

★ダノンプレミアム

◆佐藤友則(笠松所属)

 ◎は(1)ダノンプレミアムですね。新馬戦を見たときに、川田騎手が最初からダービーを目標にしているんだな…という印象を受けました。楽にハナに行けるスピードがあるのに、あえて競馬を教え込んでいたなと。2400メートルを意識しているように感じました。

 その後の3戦も、“全部が強い”と思います。桁が違いましたね。弥生賞は2000メートルがどうかと思っていたのに、先行して折り合いがついて、上がりも速い。この馬が本命です。

 ◯(8)ブラストワンピースは、競馬が上手で欠点が見当たりません。何より大舞台に強い池添騎手ですからね。▲は(5)キタノコマンドールです。すみれSの脚は次元が違いました。この馬もミルコ(デムーロ騎手)ですね。3頭は全部ダービージョッキーの騎乗馬。勝ったことのある騎手は、レースに臨むメンタルも違うと思うんです。

 僕は笠松競馬という小さな競馬場のジョッキーです。僕を知って、興味を持ってくれた人には、ぜひ、笠松に見に来てほしいですね!

◆森泰斗(船橋所属)

 ◎は(1)ダノンプレミアムです。皐月賞を回避したのはちょっと誤算だったけど、(皐月賞は)馬場も悪かったから、そういう馬場を走った後の反動を気にしなくて済みますから。ちょっと掛かりそうなイメージがあるので、前に壁を作って進められる(1)番枠はいいと思う。(1)番枠だった朝日杯FSのときのようなイメージで乗れるし、能力は一枚上だとみています。

 ○は(17)ワグネリアン。弥生賞でダノンプレミアムと差のない競馬をしているし、一貫してダービーをイメージした競馬をしているなという印象があります。切れ味を生かすタイプなので、良馬場でやりたいと陣営は思っているはずだし、決め手比べになれば逆転もあるでしょう。

 ▲(8)ブラストワンピースは前走の毎日杯を見て、なかなか味のある競馬をしていて強さを感じました。直線で狭いところを割って、デビュー3戦目でこれだけの競馬はできない。別路線組ならこの馬ですね。

 穴は(16)ジェネラーレウーノ皐月賞はきついペースの中、最後まで頑張っていましたからね。後ろが牽制(けんせい)しあえば一発あっても不思議ではないと思います。 (24日に取材)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月17日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る