最新競馬ニュース

【東西現場記者走る】ランドネ&カンタービレ高速府中仕様

SANSPO.COM:2018年5月17日(木) 05:08

 1,578

 GI連載企画でオークスの密着3日目は、最終追い切りのチェック。栗東トレセンに滞在中の東京サンスポ、板津雄志記者(38)は、角居厩舎の伏兵2頭に注目した。ランドネ、カンタービレともに単走、馬なり調整だったが、上々の仕上がりをアピール。馬券に絡むシーンがあっても不思議ではない。

 サトノワルキューレに注目が集中する3頭出しの角居厩舎だが、ランドネ、カンタービレもそれぞれ前走を勝って参戦を決めた実力馬で侮れない。最終追い切りをじっくりとチェックした。

 スイートピーS快勝のランドネは折り合いがポイント。坂路の行き出しでテンションが上がりかけたが、内田騎手がうまくなだめて4ハロン54秒9-13秒1をマーク。手綱を抑えて地味な印象ながらも、外国産馬らしいパワフルなフットワークは迫力があった。鞍上に早速、感触を直撃だ。

 「それほど速くない時計でおさまったのはいいこと。速いところに行くと気の強さを出すけど、集中力はあった。素質は確か。スタミナもある」

 関東の名手は、パートナーと共有したわずかな時間で多くの情報をインプット。「制御してやろうとするとムキになる。たとえペースが速くてもその馬が理想的に走れるポジション、リズムがある。それを大事に…」とイメージを膨らませる。

 今の東京コースはかなり時計が速い。オークスと同じ芝2400メートルで行われた先週の緑風Sは2分22秒9の超高速決着。それを逃げ切ったのが内田騎手だ。「狙っていた」と伏兵の差し馬を逃げに転じさせ、単勝1・9倍の大本命を見事に抑えた。スピードを秘めるランドネで再び人気馬を翻弄するか。

 また、ランドネの父ブレイムも、米GIのBCクラシックでそれまで19戦19勝だったゼニヤッタに生涯唯一の黒星をつけた。血統的にも“大物食い”の相ありだ。

 フラワーCを勝ったカンタービレは坂路4ハロン52秒4-12秒3を単走、馬なりでマーク。角居厩舎の3頭の中でも安定した取り口ができるタイプで、追い切りに駆けつけた田辺騎手も「競馬で見たイメージよりリラックスしていたし、上の反応を待っている感じで良かった」と乗りやすさを強調。「きゃしゃな牝馬なので軽い芝の方がいいかも」と東京替わりはプラスに出そう。

 ディープインパクト×ガリレオは、先日の英2000ギニーを制した日本産馬サクソンウォリアーと同じトレンド配合でこちらも魅力があふれている。 (板津雄志)

★オークスの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月20日()
オークス G1
5月19日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る