最新競馬ニュース

【オークス】レース展望

SANSPO.COM:2018年5月14日(月) 17:59

 2,616

 東京のGI・5連戦の3戦目は、3歳牝馬の頂上決戦・オークス(20日、芝2400メートル)。桜花賞は4戦全勝の2歳女王ラッキーライラックの1強ムードだったが、結果はアーモンドアイの差し切り勝ちとなった。形勢は逆転したものの、オークスでもこの2頭が中心になりそうだ。

 史上14頭目の牝馬春2冠がかかるアーモンドアイ(美浦・国枝栄厩舎)は、デビュー戦こそ2着に敗れたが、その後未勝利、シンザン記念桜花賞と3連勝。牡馬が相手だったシンザン記念はスローペースにもかかわらず、後方から直線一気の内容で勝った。桜花賞も後方から外を回って1馬身3/4差。デビューから4戦全てで上がり3ハロン最速の脚を発揮しており、直線の長い東京でその威力が増すことは想像に難くない。あとは父が短距離馬のロードカナロアという点がどうかだが、折り合いがつくタイプ。母フサイチパンドラオークス2着馬なので、2400メートルをあっさり克服してしまう可能性は十分ある。

 ラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)の桜花賞は、人気を背負っての最内枠でもあり、先行して抜け出す競馬をしたが、結果的に相手が一枚上だった。それでも、距離適性という点ではアーモンドアイより上だろう。父が3冠馬オルフェーヴルで、距離延長は好材料。ライバルは破壊力こそ強烈でも追い込み一手だけに、脚質に自在性があるのは大きなアドバンテージになる。

 トライアルのサンケイスポーツ賞フローラSを勝って評価が急上昇しているのがサトノワルキューレ(栗東・角居勝彦厩舎)だ。フローラSは2着との差こそクビだったが、スローの流れの中、最後方から直線一気という圧巻の内容。デビュー2戦目の梅花賞(3着)、3戦目のゆきやなぎ賞(1着)と、すでに2度も芝2400メートルを経験しているのは強みだ。2頭をまとめて破る可能性を秘めている。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月20日()
オークス G1
5月19日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る