最新競馬ニュース

【日本ダービー】エポカドーロ、ダノンプレミアムなど21頭が登録

SANSPO.COM:2018年5月14日(月) 11:59

 866

 競馬の祭典、3歳牡馬の頂点を決める「第85回日本ダービー」の登録が13日に締め切られ、総勢21頭がエントリーした。3冠初戦の皐月賞は断然人気と目されていたダノンプレミアムが回避して、優勝したのはエポカドーロ。2冠目はそのプレミアムが戦列に戻り、さらにハイレベルなレースが展開されそうだ。

 ダノンプレミアムの回避で不穏なムードが漂っていた皐月賞で、エポカドーロはハイペースで飛ばす3頭を前に見ながら4番手をキープ。直線で先頭に立つと危なげなく押し切り、3冠馬オルフェーヴルの血のすごさを改めて見せつけた。

 中間の初時計となった先週10日は坂路馬なりで4F57秒9、ラスト1F13秒2。藤原英調教師が「動きはまあまあかな。皐月賞が目標で、最高のパフォーマンスをしてくれたから。体は減っていないが、左回りを含めていろいろな面が初めて。操縦性はあるけどね」と慎重なのは、ダノンが登場してくることもあるのだろう。父オルフェの底力に期待する2冠チャレンジとなりそうだ。

 ダノンプレミアムは無傷4連勝で、世代最強の能力をアピールしてきた。皐月賞回避の原因となった挫跖の影響が心配されるが、本来の動きを取り戻しつつある。10日のCWコースでは、6F84秒1、ラスト1F11秒6で併入。「反応は良かったし、久々のコース追いでも違和感はなかった」と、猿橋助手も安堵の表情を見せている。

 エポカに比べて、東京のサウジアラビアRCを勝っているのは有利。朝日杯FS、弥生賞とも圧巻の強さだったし、レース直前の追い切りで何の不安も見えなければ、堂々1番人気の可能性もありそうだ。

 ほかにも魅力的な素質馬がズラリ。無傷3連勝で毎日杯を制したブラストワンピースは、同2着のギベオンがNHKマイルCで2着に入ったことからも評価が高まっている。いかにもステイゴールド産駒らしい渋さで京都新聞杯を勝ったステイフーリッシュは、距離が延びるほど良さを発揮してきそうだ。

 皐月賞掲示板組も当然マークが必要だが、なかでもビートたけしが名付け親のキタノコマンドールの、キャリア3戦目で5着になった内容はほめられていい。上がり3F34秒8は最速タイだった。(夕刊フジ)

★日本ダービーの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月20日()
オークス G1
5月19日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る