最新競馬ニュース

【天皇賞・春】クリンチャー、「菊」上回るデキ

SANSPO.COM:2018年4月26日(木) 05:07

 1,538

 伝統の一戦、天皇賞・春の追い切りが25日、東西トレセンで行われた。栗東では阪神大賞典3着のクリンチャーが、坂路で力強い脚さばきを披露。予定通りの馬なり調整で息を整えた。サンケイスポーツ調教評価は最高の『S』となった。美浦ではアルバートが力強い動きを見せた。枠順は26日に確定。27日に金曜発売が実施される。

 降りしきる雨の中、クリンチャーが、坂路を力強く駆け上がった。阪神大賞典3着からの巻き返しへ、馬なりで態勢を整えた。

 「55秒を切ったくらいでしたが、最後までいい走りを持続していました。もっと楽に時計が出るくらいでしたよ」

 初コンタクトとなった三浦騎手が、納得の表情で切り出した。単走で折り合い、リズムよく運んでいく。手綱は終始抑えられたままだったが、地面をかき込む力強いフットワーク。4ハロン54秒9(ラスト1ハロン12秒6)と時計は目立たなかったが、先週はCWコースで6ハロン83秒8-12秒2ときっちり負荷をかけられており、仕上がりに不安はない。「1週前はCWコースで追い切って、当週は坂路で仕上げるという、菊花賞(2着)と同じパターンでやりました」と宮本調教師が語る、長めをゆったりと乗り込む“長距離仕様”だ。

 菊花賞の後は無理をせずに有馬記念を見送り、大山ヒルズで放牧。4歳になり、確かな成長曲線を描いてきた。「体がしっかりして、トモ(後肢)もパンとしてきました。完成の域にきたと思うし、走るフォームもしっかりしてきました」と長谷川助手は目を細める。

 騎乗予定だった武豊騎手が今週から騎乗停止。突然舞い込んできた依頼に、三浦騎手が「オーナー、調教師も含めて勝ちに行く気持ちが強いですし、任された以上は僕も勝ちに行きたい」と思いを込めると、宮本調教師も「持っているスタミナには優れたものがある。菊花賞のときより状態も良いし、時計勝負になっても大丈夫」と自信をみなぎらせる。

 いざ、古馬王道路線の主役へ。伝統の長距離戦を制し、強い4歳世代の先頭を走り続けていく。 (長田良三)



★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月20日()
オークス G1
5月19日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る