最新競馬ニュース

【阪神牝馬S】ミスパンテール、ノリで重賞3連勝!

SANSPO.COM:2018年4月8日() 05:02

 549

 第61回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(7日、阪神11R、GII、4歳上牝馬オープン国際(指)、別定、芝・外1600メートル、1着本賞金5500万円、1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権 =出走13頭)横山典弘騎乗で4番人気のミスパンテールが先手を取って最後までしぶとく粘り、後続の猛追をしのいでV。重賞3連勝を飾って、ヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイム1分34秒8(良)。アタマ差2着は11番人気のレッドアヴァンセ。1番人気リスグラシューはさらにクビ差の3着だった。

 レース直前に降ってきた雨の中、4番人気のミスパンテールが意表をつく逃げの戦法に出て、重賞3連勝を飾った。

 「いつも通り。先生と相談して試したいこともあったし、直線を向いても手応えが良かった」

 冷静な口調で横山典騎手が切り出した。好スタートからハナに立ち、マイペースに持ち込む。手応え良く直線を迎えると、鞍上の期待に応えるように力強く伸びて、後続を完封した。

 「ああいう接戦になると思っていたし、これで競馬にも注文がつかなくなった」

 レースを見守った昆調教師も喜びをかみしめた。2歳7月の札幌で新馬戦を勝ち、7カ月ぶりとなったチューリップ賞で2着。「長い間休んでいて2着だったからな。化け物だと思ったよ」と師も驚きを隠せなかった。続く桜花賞では16着と大敗したが、立て直されて秋から重賞3勝を含む4連勝。頂点が見えてきた。

 「次が勝負ですから」

 短い言葉の中にもトレーナーの目は次の大一番を見据えていた。GI馬を撃破し、次はヴィクトリアマイルへ。伸び盛りの4歳が、古馬牝馬戦線の主役を担っていくことになりそうだ。 (長田良三)

ミスパンテール 父ダイワメジャー、母エールドクラージュ、母の父シンボリクリスエス。鹿毛の牝4歳。栗東・昆貢厩舎所属。北海道日高町・三城牧場の生産馬。馬主は寺田千代乃氏。戦績9戦5勝。獲得賞金1億6848万2000円。重賞は2017年GIIIターコイズS、18年GIII京都牝馬Sに次いで3勝目。サンケイスポーツ杯阪神牝馬Sは昆貢調教師、横山典弘騎手ともに初勝利。馬名は「女性+豹(フランス語)。女豹」。

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

4月22日()
マイラーズC G2
フローラS G2
4月21日()
福島牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ラッキーライラック 牝3
20,461万円
2 アーモンドアイ 牝3
17,596万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
5 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
6 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
7 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
8 サンリヴァル 牡3
9,338万円
9 ジャンダルム 牡3
8,777万円
10 ジェネラーレウーノ 牡3
8,709万円
» もっと見る