最新競馬ニュース

【大阪杯】スワーヴ万全!GI初Vへミルコ「すごくいい」

SANSPO.COM:2018年3月29日(木) 05:12

 2,568

 GI昇格2年目を迎える大阪杯の追い切りが28日、東西トレセンで行われた。栗東では、昨年のダービー2着のスワーヴリチャードがCWコースで上々の動きを披露。前哨戦の金鯱賞を快勝し、初のGIタイトル奪取へ態勢が整った。余力十分に俊敏な動きを見せたアルアインが調教評価『S』となった。

 ゴールを駆け抜ける軽やかな脚どりが、すべてを物語っていた。スワーヴリチャードが、いざ初GIタイトルへ万全。手綱を取ったM・デムーロ騎手が白い歯をのぞかせた。

 「いつも通り。すごくいい感じでしたね。体がパンパンでムキムキ。大人になって、ずるくなったところはあるけど、すごく力があります」

 CWコースでゆったりしたスタートからスピードに乗ると、余裕の手応えで直線へ。我慢させるように、鞍上がグッと手綱をおさえながらゴールを目指した。馬なりで6ハロン83秒3、3ハロン39秒3-12秒3をマーク。1週前の22日に同コースで3頭併せでしっかりと負荷をかけられており、レースに向けて体調は右肩上がりだ。

 見届けた庄野調教師は「前回(金鯱賞)と同じか、それ以上。手脚も伸びていい動きでした。前走を使ったあと、動きも良くなりました」と上積みを強調する。10キロ増だった520キロの馬体重も「余裕はありましたが、成長分もありました」と証言する。

 阪神芝2000メートルで未勝利を勝ったが、全4勝中3勝が左回り。有馬記念は直線で苦しくなり、右にモタれた。今回の舞台は右回りで直線が短い内回りコース。ベストの舞台ではないが、「ジョッキーも今回が4戦目。余裕を持った競馬ができるんじゃないか。そうなれば、最後に苦しくならず、モタれる面も解消されるのではと思います」とトレーナーは期待を込めた。

 「こんなに強い馬にはなかなか乗れないので、そろそろGIを勝ちたい」とM・デムーロ騎手も意気込んでいる。あとはGI馬5頭の豪華メンバーを蹴散らすだけ。初のGIタイトルを、自信満々につかみにいく。 (山口大輝)

★大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月17日()
函館SS G3
ユニコーンS G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る