最新競馬ニュース

【フェブラリー】ノンコ夢叶えたJRA・GI初V!

SANSPO.COM:2018年2月19日(月) 05:06

 1,251

 第35回フェブラリーステークス(18日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金1億円=出走16頭)今年最初のJRA・GIは、内田博幸騎乗の4番人気ノンコノユメがゴール前の激戦を制し、JRA・GI初制覇。関東馬は1998年グルメフロンティア以来、20年ぶりの勝利となった。タイム1分36秒0(良)。連覇を狙った1番人気のゴールドドリームはクビ差の2着に敗れた。

 ゴール前、王者を追い詰めるジョッキーと馬の迫力に、スタンドがどよめいた。3頭の激しい攻防。大外のノンコノユメが、昨年の覇者ゴールドドリームをクビ差かわしてゴールした。大歓声に包まれたウイニングランで、内田騎手も思わずガッツポーズだ。

 「やっぱり騎手っていいですね。大レースになればなるほど騎手しか味わえない余韻がある。これを味わっちゃうとね」

 2014年にヴィクトリアマイルヴィルシーナで勝って以来3年9カ月、43戦ぶりのGIタイトルにジョッキーも感慨深い表情をみせた。

 スタートしてすぐ後方に下げて馬群の外へ。内田騎手は「コーナーであまり外を回すのはロス。でもスタート直後の直線ならロスはないから。3コーナーまで砂をかぶせないように」誘導した。3~4コーナーで目前にいるゴールドドリームがスッと前にいくと、離されずに食らい付いて直線へ。大外に持ち出してノンコの持ち味、爆発的な末脚を引き出した。

 「あそこまできたら勝ってくれ、と願うしかない。神様と馬頼み。GIを勝つのは簡単なことじゃない。馬が勝てない時期も必死にケアしたスタッフに感謝です」

 ジョッキーが話すように、ノンコノユメも勝てない時期が続いた。3歳時に交流GIジャパンダートダービーを制したが、その後は激しい気性が災いした。陣営は4歳夏に去勢を決断したが、その後も勝てず、GIでは9連敗。「去勢して批判もされました。でも根岸Sで復活してフェブラリーSも勝てた。ホッとしましたね」。加藤征調教師は初めてのJRA・GIに安堵(あんど)の笑みを浮かべる。

 セン馬のため種牡馬になることはかなわない。今後は国内戦が濃厚だが、この勝利で米GIブリーダーズCクラシック(11月3日、チャーチルダウンズ、ダ2000メートル)の優先出走権を手に入れた。「それは興味がありますね」と調教師。ジョッキーも「乗せてもらえるなら僕もうれしいし、勉強します」と前向きだ。念願のタイトルを手にしたノンコノ“夢”は、世界にも広がっていく。 (柴田章利)



★18日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月20日()
オークス G1
5月19日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る