最新競馬ニュース

【京都記念】レースの注目点

SANSPO.COM:2018年2月7日(水) 17:56

 1,490

★4歳勢はGI馬4頭を含む5頭 ダービー馬が勝てば70年ぶりの快挙



 11日に実施される京都記念(GII)には、昨年のダービー馬で、JRA賞・最優秀3歳牡馬を受賞したレイデオロ(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、皐月賞馬のアルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)、秋華賞を制したディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)、エリザベス女王杯勝ち馬モズカッチャン(牝4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)と4頭のGI馬が登録している。



 京都記念に4頭のGI馬が出走すれば、グレード制が導入された1984年以降では初めてのことだが、果たしてどのような結果になるだろうか。なお、4歳勢は他にも菊花賞2着のクリンチャー(牡4歳、栗東・宮本博厩舎)が登録している。



 また、レイデオロには短期騎手免許を取得して来日するD.バルジュー騎手が騎乗予定。バルジュー騎手はJRA通算111勝を挙げており、2003年の朝日杯フューチュリティS(GI)などJRA重賞では4勝をマークしている。ダービー馬が京都記念を勝てば、1948年(春)のマツミドリ以来70年ぶりとなるが、レイデオロは今年初戦を白星で飾ることができるだろうか。

M.デムーロ勝てば3連覇!今年はモズカッチャンとコンビ



 M.デムーロ騎手には京都記念(GII)3連覇がかかっている。同騎手は2016、17年の京都記念サトノクラウンとのコンビで優勝。今年はエリザベス女王杯(GI)を制したモズカッチャン(牝4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)に騎乗する予定となっている。



 モズカッチャンは、重賞初挑戦となったサンスポ賞フローラS(GII)で勝利を挙げて以降、牝馬限定戦の重賞に出走を続けており、牡・牝混合の重賞に出走するのは今回が初めてとなるが、デムーロ騎手は同馬を勝利に導き3連覇を達成することができるだろうか。



 なお、モズカッチャンが勝てば、同レースが年1回の実施となった1984年以降では3頭目の牝馬による京都記念制覇となる。

皐月賞アルアインは川田騎手との初コンビで参戦



 皐月賞馬のアルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)には、“テン乗り”となる川田将雅騎手が騎乗予定。



 アルアインは前走から騎手が替わったことが3回あり、いずれも連対を果たしているが、川田騎手とのコンビでも好成績を挙げることができるだろうか。



 Vなら、同馬を管理する池江調教師は13年連続のJRA重賞制覇となる。



京都記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

ナイス (5)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月18日()
フェブラリー G1
小倉大賞典 G3
2月17日()
ダイヤモンド G3
京都牝馬S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る