最新競馬ニュース

【きさらぎ賞】平坦京都はツボにはまるヴェイズ!

SANSPO.COM:2018年1月31日(水) 05:07

 747

 京都の日曜メインは、クラシック登竜門として知られるきさらぎ賞(GIII、芝1800メートル)。注目は美浦から参戦するグローリーヴェイズだ。直線が平坦なコースを求めての西下で、デビュー戦で騎乗して勝ったミルコ・デムーロ騎手が騎乗するのも心強い。

 データからキャリア1戦の馬は苦戦傾向で、例年、芝1800メートル以上を経験した実績馬が強い。そこで浮かび上がるのが関東馬のグローリーヴェイズ。前走、こうやまき賞(中京芝1600メートル)では上がり最速の末脚で2着。今回のメンバーでは実力上位だ。

 「他馬よりゲートの出が遅く行き脚もつかなかったけど、切り替えて末脚を生かす競馬ができた。勝てれば理想だったけど、初戦と違う競馬ができてよかった」

 尾関調教師が敗戦の中で収穫を挙げた。中山芝1800メートルのデビュー戦は逃げ切ったが、2戦目は後方から。それでも戸惑うシーンはなく、上がり3ハロン33秒4の瞬発力を披露。スローな流れで、勝ち馬をアタマ差まで追い詰めた脚は光った。

 このレースでトレーナーがイメージしたのは1983年の三冠馬「ミスターシービー」。デビュー2戦を先行策で連勝したシービーは、ひいらぎ賞で大出遅れから追い込んで2着。ここで追い込み馬として目覚めた。その偉大な馬の名を出すあたりは、期待の表れでもある。

 理論派トレーナーらしく、京都遠征を選んだのも理由がある。「まだトモ(後肢)が緩く、前走は坂で勢いが鈍った感じだったので(直線が平坦の)京都へ。ミルコも乗れますから」。レッドファルクスが最優秀短距離馬を受賞し、29日のJRA賞表彰式の壇上にともに立ったM・デムーロ騎手への信頼は絶大だ。

 全休明けの30日は、南Aコースから坂路1本のキャンター。担当の竹内助手は「中京への輸送で馬体が減らなかったことは今回でも生きるはず。まだまだ奥があると思います」と伸びしろに期待する。

 3代母が3冠牝馬メジロラモーヌ。血統的なバックボーンも魅力だ。栄光の道は淀から始まる。(板津雄志)

きさらぎ賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月20日()
オークス G1
5月19日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る