最新競馬ニュース

【シルクロード】レース展望

SANSPO.COM:2018年1月22日(月) 18:30

 1,957

 関西圏は2回京都競馬に入り、日曜メインにシルクロードS(28日、GIII、芝1200メートル)が行われる。3月25日の高松宮記念(中京、GI、芝1200メートル)に向けて重要な一戦だ。

 中心になるのはダイアナヘイロー(栗東・福島信晴厩舎、牝5歳)。昨年半ばに本格化し、500万下から4連勝でGIII北九州記念を制覇。続く前走のスプリンターズSは15着に惨敗したが、勝ったレッドファルクスと0秒7差なら悲観する結果ではない。今回は4カ月ぶりのレースだが、順調に乗り込みを消化。17日の1週前追い切りでは、栗東坂路で4ハロン51秒9−12秒2の好時計をマークした。京都芝は【2・4・1・0】と全て馬券に絡んでおり、安定感は抜群。ハンデの55キロも想定内だ。2月いっぱいで定年になる福島調教師に2015年のアンバルブライベン以来となるシルクロードS2勝目をプレゼントする可能性は十分ある。

 セイウンコウセイ(美浦・上原博之厩舎、牡5歳)は昨年、シルクロードS2着後に高松宮記念で重賞&GI初制覇。その後は函館スプリントS4着、スプリンターズS11着、スワンS14着、京阪杯7着と精彩を欠いているが、京阪杯は勝ったネロから1馬身差なら復調の兆しを見せたといえる。GIウイナーだけにトップハンデ58キロも仕方がないところだろう。京都芝は【2・1・0・2】、コンビを組む松田大作騎手とは【2・1・0・1】と、ともに相性がいい。好勝負が期待できる。

 前走のJBCスプリントでGI初制覇を成し遂げたニシケンモノノフ(栗東・庄野靖志厩舎、牡7歳)も興味深い存在だ。芝では3戦してすずらん賞10着、シンザン記念8着、クロッカスS7着とさえないが、横山典弘騎手の進言もあっての参戦。力をつけた今はマークが必要だ。ハンデ57.5キロはやむを得ないだろう。

 ファインニードル(栗東・高橋義忠厩舎、牡5歳)は2走前の産経賞セントウルSで重賞初制覇を飾った。前走のスプリンターズSでは外枠の不利もあって12着に終わったが、調整は順調。57キロのハンデでも見直したい一頭だ。

 昨年、アイビスサマーダッシュを制覇し、セントウルSでも2着に好走したラインミーティア(美浦・水野貴広厩舎、牡8歳)=57キロ=はスプリンターズSで13着だったが、スタートでつまずく不利あっただけに度外視できる。4カ月ぶりでも乗り込みは順調で侮れない。

 ナックビーナス(美浦・杉浦宏昭厩舎、牝5歳)は前走のカーバンクルSで連覇を達成。ハンデ54キロも許容範囲で、重賞初制覇を飾っても不思議はない。今回は勝浦正樹騎手とのコンビで臨む。

 ロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡5歳)は初めての1200メートルとなったカーバンクルSで3着。スタートが遅く器用さに欠けるが、上がり3ハロン33秒6はメンバー中最速で、ハイペースの前崩れで瞬発力比べになればチャンスが出てくる。ハンデ57キロも背負い慣れた重量だ。

ナイス (6)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月12日(月)
クイーンC G3
2月11日()
京都記念 G2
共同通信杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る