最新競馬ニュース

【AJCC】ダンビュライト、ミルコで初タイトルへ

SANSPO.COM:2018年1月17日(水) 05:06

 1,858

 今週の日曜は中山競馬場で、伝統のGIIアメリカジョッキークラブカップが行われる。注目は、前走で待望の2勝目を挙げて勢いに乗る、明け4歳のダンビュライト。昨年の牡馬クラシック戦線を沸かせた実力馬が、絶好調のミルコ・デムーロ騎手を鞍上に迎え、初の重賞制覇へ意欲十分だ。

 昨年のクラシック戦線をにぎわしたダンビュライトが、いざ重賞初制覇へ。飛躍の4歳シーズンに向けて、音無調教師が力を込めた。

 「GIでも3着にきているし、それなりに力は持っている。ここから(が勝負)だね」

 昨年は皐月賞3着、ダービー6着、菊花賞5着と、牡馬クラシックで上位争いを繰り広げた。強い相手にもまれた経験が生きたのが前走の準オープン。好位追走から4コーナーで先頭に立つ横綱相撲で後続を完封。デビュー戦以来の2勝目を飾った。

 中間は順調で「本当に丈夫でタフな馬。前走を使って、もうひとつ良くなっています」と調整役の濱田助手は好調をアピールする。

 斤量比較でもアドバンテージがある。2015年の有馬記念馬ゴールドアクターの57キロ、同世代でセントライト記念を制したミッキースワローの56キロに対し、斤量は55キロ。「斤量が軽いし、そこに期待」とトレーナーも喜んでいた。

 今回、初コンビを組むのはM・デムーロ騎手。先週日曜は自己最多となる1日6勝を挙げ、メインの日経新春杯では初騎乗のパフォーマプロミスを重賞初Vに導いた。今回も初騎乗となるが、JRA重賞74勝のうち、初騎乗で31勝を挙げるだけに心配はいらない。

 今年は昨年末の騎乗停止があり、8日から騎乗したが、これまで24戦8勝で勝率は33・3%を誇る。昨年の勝率25・7%はJRAでトップ。大舞台で圧倒的な勝負強さを見せる名手に、音無調教師も一任する構えだ。

 「スタートがいい馬なので前付けする形になっているけど、ミルコは自分の乗り方をするんじゃないかな。もう少し瞬発力もあると思うし、どんな形になっても対応できると思う」

 春のGI舞台に臨むために、是が非でも賞金を加算したい一戦。最強のジョッキーを迎えたダンビュライトの快進撃がここから始まる。 (斉藤弘樹)

★アメリカJCCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

5月20日()
オークス G1
5月19日()
平安S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る