最新競馬ニュース

【中山大障害】オジュウチョウサンが史上初のJ・GI4勝目

SANSPO.COM:2017年12月23日() 14:58

 539

 12月23日の中山10Rで行われた第140回中山大障害(障害3歳以上オープン、、J・GI、芝4100メートル、定量、15頭立て、1着賞金=6600万円)は、石神深一騎手騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎)が連覇を達成。勝ちタイムの4分36秒1(良)はコースレコード(従来のレコードは1991年の中山大障害シンボリモントルーがマークした4分37秒2)。

 ハナに立ったアップトゥデイトが快調に逃げて、オジュウチョウサンは4番手を追走。道中は2番手以下を大きく離して、してやったりの逃げに持ち込んだと思えたが−。オジュウチョウサンが追撃を開始するが、なかなか差は詰まらず、アップトゥデイトは3〜4馬身のリードを保ったまま直線へ。ジワジワと差を詰めたオジュウチョウサンがゴール寸前で並びかけ、結果は半馬身差の差し切り勝ち。史上初の障害重賞8連勝で今年のJRAのジャンプ界の王座に就いた。

 J・GI・4勝は障害競走にグレード制を導入して以降では史上初(J・GI級の最多勝は、グレード制導入前に春・秋の2回行われていた中山大障害を5勝したバローネターフがいる)。障害重賞8連勝は、テイエムオペラオーの平地重賞の最多連勝記録に並ぶもの。障害重賞最多勝では、コウエイトライの8勝に並んだ。また、オジュウチョウサンに騎乗した石神深一騎手は今年の障害15勝目で、2年連続の最多勝利障害騎手が確定した。

 2着のアップトゥデイト(2番人気)から、遅れること大差で、3着にはルペールノエル(5番人気)が入った。

 中山大障害を勝ったオジュウチョウサンは、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエス。北海道平取町・坂東牧場の生産馬で、馬主は(株)チョウサン。通算成績は21戦11勝(うち障害19戦11勝)。重賞は2016年中山グランドジャンプ・J・GI、東京ジャンプS・J・GIII、東京ハイジャンプ・J・GII、中山大障害・J・GI、2017年阪神スプリングジャンプ・J・GII、中山グランドジャンプ・J・GI、東京ハイジャンプ・J・GIIに次いで8勝目。中山大障害和田正一郎調教師、石神深一騎手ともに2016年オジュウチョウサンに次いで2勝目。

 ◆石神深一騎手(1着 オジュウチョウサン)「勝つたびに周りから期待されてきて、負けるわけにいかないという雰囲気になっていました。勝てて良かったです。最後まで気を抜けなかったですし、直線は絶対に差すという気持ちで追いました。素晴らしい馬ですし、馬にありがとうと言いたいです」

★23日中山10R「中山大障害」の着順&払戻金はこちら

ナイス (3)

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

2月25日()
中山記念 G2
阪急杯 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
80,920万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 レイデオロ 牡4
51,492万円
5 サトノクラウン 牡6
48,604万円
6 スマートレイアー 牝8
47,984万円
7 オジュウチョウサン 牡7
46,665万円
8 レッドファルクス 牡7
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 ダノンプレミアム 牡3
11,180万円
2 タイムフライヤー 牡3
10,826万円
3 ラッキーライラック 牝3
10,282万円
4 タワーオブロンドン 牡3
8,627万円
5 ジャンダルム 牡3
7,367万円
6 ステルヴィオ 牡3
6,475万円
7 カシアス 牡3
6,404万円
8 ワグネリアン 牡3
5,646万円
9 ジェネラーレウーノ 牡3
5,554万円
10 オウケンムーン 牡3
5,176万円
» もっと見る