最新競馬ニュース

【ターコイズS】レース展望

SANSPO.COM:2017年12月11日(月) 21:17

 1,996

 中山では土曜メインに牝馬限定のGIIIターコイズS(16日、芝1600メートル)が行われる。オープン特別からGIIIに昇格して3年目。一昨年の勝ち馬シングウィズジョイは翌年のエリザベス女王杯で2着。昨年の勝ち馬マジックタイムもラストランとなった翌年の中山牝馬Sで2着と、ともにその後に好走。GIIIのハンデ戦とはいえ、先につながる可能性があるので、大いに注目したい。今年は上下7キロのハンデ差があり、混戦が予想される。

 ラビットラン(栗東・角居勝彦厩舎、3歳)は初の芝だったデビュー4戦目で2勝目をマークすると、重賞初挑戦となったローズSも快勝。続く前走の秋華賞でも道悪馬場に苦しみながらも、4着に健闘した。トップハンデタイの55キロは想定内。トリッキーな中山マイルで、直線の急坂を克服できるかがポイントになるが、最有力候補なのは確かだ。

 同じ3歳馬のリエノテソーロ(美浦・武井亮厩舎)も55キロ。交流GI全日本2歳優駿を制覇し、NHKマイルCでも2着と芝、ダートを問わずに活躍。ユニコーンS7着、オーバルスプリント5着、信越S7着とここ3戦は振るわないが、6日の1週前追いは美浦Wコースで5ハロン66秒6をマークして、本来の走りを取り戻しているムードだ。

 ワンブレスアウェイ(美浦・古賀慎明厩舎、4歳)は準オープンを連勝した後、重賞初挑戦となった前走の府中牝馬Sで10着。3カ月の休み明けで馬体も16キロ増だっただけに、仕方がない結果だった。中間はしっかりと乗り込まれており、巻き返しの可能性は十分。ハンデ54キロは妥当なところだろう。

 フロンテアクイーン(美浦・国枝栄厩舎、4歳)はクイーンC福島牝馬Sと重賞で2着が2回ある。夏に準オープンに降級後は3戦して3、2、2着と勝てずにいるが、不利があったり、脚を余したりと力を出し切れていない。福島牝馬Sが54キロだったことを考えれば、今回のハンデ53キロは恵まれた印象。格上挑戦は形だけで、侮れない存在だ。

 ミスパンテール(栗東・昆貢厩舎、3歳)はチューリップ賞ソウルスターリングの2着。その後は桜花賞16着、オークス10着、ローズS10着と低迷したが、準オープンの前走・清水Sを制してオープンに再昇級。GIIIでハンデ53キロなら、好勝負になっていい。

 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連競馬ニュース

新着競馬ニュース

人気競馬ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

7月15日()
函館記念 G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
54,384万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る