最新競馬ニュース

【京成杯AH】ひと叩きダノンプラチナ高騰!

SANSPO.COM:2017年9月6日(水) 05:03

 1,588

 今週から秋の中山開催が始まる。日曜メインは、サマーマイルシリーズの最終戦、京成杯オータムハンデキャップ。2014年の朝日杯FSを制したダノンプラチナが、一昨年の富士S以来1年11カ月ぶりの勝利を狙っている。9カ月半の休み明けだった前走の関屋記念は5着に敗れたが、見せ場たっぷりのレースぶり。ひと叩きされた上積みは大きく、今度こそ完全復活を遂げる。

 3年前の2歳王者ダノンプラチナが、9カ月半ぶりの実戦を叩かれ、上昇カーブを描いている。

 「前走を使った疲れやダメージもなく、ここまで順調に来ています。7カ月ぶりだった昨年(斤量58キロで0秒3差の3着)よりも、デキはいいですね」

 佐藤助手の表情が和らぐ。前走の関屋記念は勝ったマルターズアポジーから0秒3差の5着。スタートのタイミングが合わず、12番手からのレースとなったが、直線では最内を突いて追い込み、差を詰めた。逃げ→2番手の行った行ったの決着だったことを考えれば、展開にも泣かされた一戦だったといえる。

 「直線は突き抜けるかと思ったが、あと100メートルで止まった。それでも地力は見せてくれたし、順調に使っていければ」とはレース後の蛯名騎手。デビュー戦から続けて手綱を取る鞍上は、パートナーの能力を再認識するとともに、今後の手応えを口にしていた。

 1週前追い切りは、3頭併せの内を追走する形で、美浦坂路4ハロン52秒2の好時計。中と併入し、外に1秒1先着を果たした。「1回使って息もできて、動きも素軽かった」と国枝調教師。蹄(ひづめ)や脚元の不安も今はなく、前走を使った上積みはかなり大きいはずだ。

 日曜の特別登録の段階では除外対象だったが、月曜に斤量がトップハンデタイの58キロに決まり、フルゲート16頭の出走枠に入った。

 「斤量に関しては相手も58キロ、57・5キロを背負うし、上下差もそれほどありませんから。今後のことを考えれば、ここは勝ってほしいですね」と佐藤助手も力が入る。

 復帰戦の関屋記念で敗れはしたが、力は十分示した。これまでは賞金除外や脚部不安などで順調にレースを使うことが難しかったが、今回は違う。ダノンプラチナが一昨年10月の富士S以来の勝利で、GI馬の輝きを取り戻す。 (花田隆)

★京成杯AHの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

ナイス (2)

 ナイス!(2
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連ニュース

新着ニュース

人気ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

11月19日()
マイルCS G1
11月18日()
東スポ2歳S G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
149,796万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
68,375万円
5 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
6 サトノクラウン 牡5
48,604万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る