最新競馬ニュース

【オークス】東西調教ウオッチャー

SANSPO.COM:5月19日(金) 05:03

 2,729

 今週の東西調教ウオッチャーは、注目のオークスが対象レース。美浦トレセンから東京サンスポの柴田記者、栗東トレセンから大阪サンスポの正木記者、関西競馬エイトの籔本トラックマンが参戦。好調教馬をピックアップした。

 正木 3歳牝馬の長距離GI。デキは大事やな。

 籔本 体調のよさなら、サンスポ賞フローラSで3連勝を飾ったモズカッチャン。坂路の攻め時計は地味ですが、使うごとにズブさが抜けて馬がシャキッとしてきました。ハミをかけたときの脚の回転力も鋭さを増しています。

 正木 俺もモズカッチャンは不気味だと思うが、桜花賞12着のアドマイヤミヤビの大変身を信じたいな。先週、M・デムーロ騎手を背にしたCWコース追い(6ハロン84秒2−11秒9)は馬なりでも“ズバッ”と切れていたし、今週の坂路でも、遅い時計ながらストライドが実によく伸びていた。

 籔本 桜花賞2着のリスグラシューはフォームにブレがなく、高いレベルで安定。今週のCWコースでの追い切りは、手脚の長さを生かして走れるので、先週までの坂路調教よりもよく見えました。美浦はどうですか?

 柴田 フローレスマジックは戸崎騎手が騎乗してWコースで6ハロン80秒3−12秒4。前半からかなり負荷をかけ、それでいてラストも止まっていません。繊細な牝馬だけに、このハード追いが吉と出るかどうかですが、意欲は評価できますね。同コースのソウルスターリングは最後の1ハロン12秒3が秀逸。反応が鋭く、桜花賞のときほど馬場入り前の気負いがなかった点にも好感が持てます。

オークスの枠順はこちら 調教タイムも掲載

ナイス (1)

 ナイス!(1
 コメント(0

 コメントを書く

コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

関連ニュース

新着ニュース

人気ニュース

会員登録(無料)でできること

レース情報

今週の注目レース

7月2日()
ラジNIK賞 G3
CBC賞 G3

⇒今週の番組表へ

先週のレース結果

6月25日()
宝塚記念 G1
6月24日()
東京ジャンプ G3

⇒先週の番組表へ

総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
14,744万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
10 モズカッチャン 牝3
11,403万円
» もっと見る